砂漠の狐、ロンメルの実像

ナチスは大嫌いですが、
最近、ロンメルの存在を知り、
ロンメルだけはすごく好きになりつつあります。

頭がいい、ヒトラーの命令を無視してまで捕虜を大切にする、
部下、兵卒をいたわる、最後までナチ党に加入しなかった……
などなど。

これらのロンメルの姿は史実なのでしょうか。
美化されたものでしょうか。

ロンメルの非人道的行為や悪徳があれば教えてください。
(戦争自体、非人道だと言われればもとも子もありませんが……)

逆にロンメルの美徳や人道的行為があれば教えてください。

ロンメルの悪徳、美徳、両方を知りたいです。
ノンフィクションのみでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ロンメルの非人道的行為・・・


・ロンメルの「地雷好き」は敵味方にはよく知られており
 彼の担当する戦線では巧妙かつ大量に敷設されました。
 イギリス兵にはロンメルの地雷原を「悪魔の花園」と呼んでいたそうです。
 ノルマンディでは、ある日部下数人と防衛施設の視察に出かけた際
 広々とした草原に咲き乱れる花々を見て、部下の一人が
 「閣下。ご覧ください。なんてのどかで素晴らしい景色ではありませんか。」
 と言ったところ、ロンメルは
 「そうだな。・・・少佐、メモしたまえ。ここに地雷5000個を埋めるんだ。」
 と冷静に言ったそうです。

今でこそ地雷は悪評高いですが、当時は「最も安くつく効果的な防衛兵器」として
見られていましたので、こんな事を彼の非人道的行為に挙げるのは無理がありますし
戦争ですからね・・・。
彼の非人道的行為は、おそらくほとんど挙げられないでしょう。
ただ、戦後に地雷除去作業に強制労働させられたドイツ兵捕虜たちは不満だったでしょうが。

詳細は忘れましたが、1980年ごろドイツのテレビ討論会で「ロンメルの評価」が
行われたことがあります。
そこでは、
「ロンメルが反ナチ活動や政権転覆、ヒトラー暗殺にどのくらい加担していたかは不明だが、
あまり積極的では無かった様である。
彼が最後までヒトラー心棒者だった可能性も捨てきれない。」という意見もあったそうです。

いじわるな見方をすれば、ロンメルの神格化されたイメージは意識的に作られた面も
あります。
それを行ったのは
・ナチスの宣伝省や当時の軍広報。
・チャーチルや英米のマスコミ。
・『ロンメル将軍』の著作者デズモンド・ヤング
・戦後の西ドイツ陸軍再建とNATOの幹部職にも就いたシュパイデル。
・戦後ドイツの長期政権与党CDU
ナチスの宣伝省は、
死傷者が増大する東部戦線の悲惨な実像を国民に覆い隠すために
ロンメルの戦果や騎士道的な振る舞いをことさら大げさに報道した節がある。
チャーチルは、
ロンメルを神格化することによって、それに勝利すればイギリス軍の評価はもっと上がるし、
ひいては自分の評価も上がる結果になることを狙った。
実際、戦線の英軍将校たちからは「チャーチルはロンメルをほめすぎだ。兵士たちは
ロンメルが現れただけで勝てないと思ってしまう」と嘆いたそうです。
デズモンド・ヤングは、
捕虜としてロンメルに丁重に扱われた事に感激し、戦後に非常に美化された話ばかり
集めて『ロンメル将軍』を出版した。これが戦後のロンメル評価の出発点になった。
シュパイデルは、
戦時中ヒトラー暗殺の首謀者として、戦後西ドイツ首相のアデナウアーに重用された将軍。
ロンメルの参謀もしていた時期があった。
彼は、ロンメルを「反ヒトラーの隠れた指導者」として宣伝し、新しいドイツ国防軍の
精神的支柱にそえた。
CDUドイツキリスト教民主同盟は、
現在まで長くドイツの政権与党として、反ナチスを党のスローガンに掲げており、
ロンメルを「正しいドイツ人」として扱った。
同党には、ロンメルの息子でシュトゥットガルト市長を20年も努めたマンフレート・ロンメル氏
も属している。

イギリスの歴史研究者デイヴィッド・アーヴィングは、著書『狐の足跡-ロンメル将軍の実像』で
戦後ドイツで、ロンメルがナチス抵抗派の英雄に祭り上げられた事や
ヒトラーとの親密な関係、政治的にも戦略家としてもロンメルは有能では無かったと批判しています。
また、専門家の間では
「ロンメルの有能さは、師団長レベルの話であり、エルアラメイン以降のロンメルはノルマンディ
 も含め全く精彩に欠ける。
 戦況の悪化や、英米軍の物量、ロンメル自身の健康悪化という要素もあるが、
 彼は戦術レベル以上の総合的な戦力(制空権、制海権、補給、情報力)の運営には不向きであった」
という評価もあるのは事実です。

しかし、それまでのドイツの将軍たちに多く見られた「後方でふんぞりかえって指揮する貴族的な司令官」
のイメージではなく、常に前線に立って兵士たちと共に戦い、少ない戦力で敵を翻弄したロンメルの姿は
やはり「英雄」に値する存在だとは思います。
先に記したロンメルに批判的なデイヴィッド・アーヴィングも、
さすがに戦場指揮官としてのロンメルの有能さは認めているようですし。

陰惨で過酷さを極め虐殺を繰り返したロシア戦線と異なり、明るくまぶしいばかりの風景が広がる地中海と、
中世の十字軍遠征にも似たエジプト遠征。
騎士道精神にあふれ敵味方から慕われ殉教者となったロンメルには、そうしたイメージがどうしても重なります。

あまり質問には沿わない内容の回答になりました。

ちなみに、ドイツの他の将軍にはロンメルに匹敵するような有能な将軍も何人かはいます。
マンシュタインもそのうちの一人でしょうが、なんとなく彼には
「後世の歴史を意識した貴族的なプロシア軍人」の臭いがします。
個人的には、モーデルが挙げられると思うのですが、不幸なことに彼の軍歴のほとんどは
過酷なロシア戦線であり、クルスクでの失敗やオランダ戦線とアルデンヌ攻勢での恨みも英米側に強いですから
あまり評価が高くならないのでしょう。
    • good
    • 1

美点は他の回答者さんがいっぱい書かれてらっしゃいますので、私は意外に知られていないエピソードをいくつか。



ロンメルが対仏戦で指揮した第七装甲師団はその神出鬼没な戦いぶりから「幽霊師団」と恐れられ、それは現在のドイツ軍の第七装甲師団にも引き継がれていますが、当の第七装甲師団は対仏戦で飛びぬけて高い損害率を出しています。これは、ロンメルが進め進めと部下の尻を叩きまくって部隊が必要以上にバラけ過ぎた(だからどこにでも神出鬼没に現れたのでフランス軍からは幽霊のように見えた)その側背をフランス軍戦車部隊に反撃されたためです。88ミリ高射砲で戦車部隊をやっつけるというあの有名な反撃方法をとっさに行えたたためフランス軍を食い止められましたが、もしそれができなかったらほぼ全滅に近い損害を受けていたことでしょう。

北アフリカで数に勝る英軍を打ち負かしましたが、英軍の規模を完全に読み間違えて過小評価し自分たちより数が少ないと思っていました。もし英軍の規模をほぼ正確に知っていたならかのロンメル閣下といえども反撃をためらったといわれています。

イタリア軍の将軍たちとの初めての夕食会で、あるイタリア軍の将軍から「そういえば、閣下は第一次大戦でブルーマックス(ドイツ軍で最高の勲章)を得たと聞きましたが」と話を振られ、「それはどこの戦いで得たのですか?」と聞かれて仕方なく「カポレットの戦いです」と返答しました。実はカポレットの戦いはイタリア陸軍の歴史で最も大きな敗北である屈辱的な戦いで、当時イタリアで「カポレット」といえばそれだけで「敗北」という意味になるほどでした。大敗北のきっかけは、たったひとつの中隊が八面六臂の大活躍をしたせいですが、その中隊長が他ならぬロンメルでした。夕食会はとても重苦しい空気になったそうです・笑。

ロンメルもいいけど、マンシュタインも名将ですよ。
    • good
    • 1

順不同で



・一次大戦から有能な山岳兵将校で、当時の帝政ドイツ最高の勲章を受勲しています。戦後に書かれた彼の著作は無名の元伍長も読みました。あと、スキーが達者でした。
・カメラ好きです。ライカをつかっている写真があり、製造番号がキリ番のライカをライツ社がロンメルに贈ったそうです。
・機械がすきで、オートバイをバラバラにしてガレージに部品をひろげてながめたあと、組み立ててエンジンかける趣味があります。
・奥方とはオートバイの二人のりして、いろいろなところにでかけています。
・ヒトラーの護衛隊隊長時代、ヒトラーから、自分の車に随伴する車は6台にしてくれと命令され、ナチス高官の乗った7台目をストップさせ、当然のことながら通せ通しませんとなったのですが、これがロンメルの人となりをヒトラー自身が知った最初のことだそうです。
・ポーランドのときもヒトラーの護衛をしていましたが、前線に行きたいと直訴して、7装甲師団師団長になります。
・マンシュタインという元帥がいます。マンシュタインとロンメル、それに誰か(失礼失念)が丘の上で3人たっていたときの立ち話に、マンシュタインが決心したら、自分は従います、という旨のことを言っています。これは、ヒトラーを国防軍で失脚させマンシュタイン政権をつくろうという密談で、戦後になってマンシュタインの副官が明かした事実です。
・ノルマンディでミソをつけましたが、なぜ当日現地にいなかったかというと、6月6日が奥様の誕生日で、フランスの靴をおみやげにドイツに帰っていたからでした。
・1940年のフランス侵攻のとき、第7装甲師団長でしたが、川に仮説橋をかけている時、自分も川に入って手を貸しました。師団長が足を濡らした、と大いに師団の士気が上がったそうです。
・北アフリカで名を馳せましたが、当初は劣勢なイタリア軍のフォローとして、仕方ないから師団2個だけ派遣、しかも1個は軽師団という本来より編成の少ない師団でした。なのでロンメルは戦車を陸揚げした港町でパレードさせるとき、大通りを通らせたら裏道通らせ、もう一回大通りをパレードさせるということをして、大軍団が来たように見せたかけたりしました。イギリスのスパイがこれにひっかかり、イタリア領リビアに進入していた英国は、逆にエジプト国境まで押し戻されます。
・なので、アフリカでは当初、在リビアドイツ軍部隊、という組織の長にすぎず、指揮系統でいくと、イタリア軍の指揮下にありました。後にアフリカ軍団になってもイタリア軍の指揮下にあったのですが、そのイタリア軍がドイツ南方総軍の指揮下にあるという、ややこしいことになりました。イタリア兵にも人気があったそうです。
・アフリカでは捕獲したイギリス製指揮トラックが気に入って、3台つかいました。
・一回車の運転手がまちがえて、単身英国の野戦病院に迷い込んでしまったのですが、周りを占領したようにふるまい、英国の軍医に薬品を手配すると言って、立ち去ることに成功しています。
・ロンメルが下手に成功したので、スエズ運河まで、そしてその先のソ連まで侵攻して、油田を確保する、といった方針ができてしまい、本来なら「イギリス軍をおさえているだけでよかった」はずが、アフリカにも本格的に兵力を割いてしまったことは、負の部分でしょう。
・ユンカーでもなく、陸軍大学も出ていないのに元帥になったので、相当ねたまれたそうです。自決させられたのは、これが遠因という人もいます。
    • good
    • 1

ヒトラーの命令を無視してまで捕虜を大切にする、


部下、兵卒をいたわる、最後までナチ党に加入しなかった……
などなど。
これらのロンメルの姿は史実なのでしょうか?
本当です。
美化されたものではありません。
ロンメルは、ヒトラー暗殺の濡れ衣を着せられ、ヒトラーに処刑されました。
もしロンメルが処刑されず、生きて西部方面司令官でいたなら、連合軍は、ノルマンジーで苦境に立たされていた事でしょう。
違った展開になったかもしれません。
最終的には、ドイツ軍は負けますけど・・・
ご参考まで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q思い出の日本酒を探してください

思い出の日本酒を探してください、今から15年前に
友人と飲んだ日本酒の味を探しています、
私は日本酒がまったく飲めないのですが、
友人に連れて行ってもらった日本酒バーで
初めて日本酒を飲めました。
記憶を思い出して、特徴を書きます
1 冷酒でりんごジュースみたいな味、
2 日本酒バーの冷蔵庫に保管
3 1パイ 1200円ぐらい、ワイングラスで飲みました
4 日本酒が飲めない私でも5合も飲めた
5 いままで試飲して、違った日本酒、
越乃寒梅 上善水如 呉春 久保田
6 今でも、日本酒はほとんど飲めません。

あいまいな記憶ですが、おねがいします

Aベストアンサー

#3です。
「ひめぜん」お気に入りのお酒になりそうで嬉しいです。
日本酒に悪いイメージ(べたべたする、飲むと頭が痛くなる、ツンと鼻にくるなど)を抱いている方によく勧めています。

でも15年前の、思い出のお酒ではなかったのでしょうか?
まあ何千とある銘柄、しかも今は作られていないのもあるでしょうから、探し出すのは大変ですね。

Q重耳の家臣、孤突・狐毛、狐偃の子孫のその後

宮城谷さんの晋の文公「重耳」を読みました。
孤突とその子狐毛、狐偃兄弟が活躍していましたが、この孤一族の子孫はその後どうなったのでしょうか。韓・魏・趙の三氏のようには繁栄しなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

史書にどうのっているかわかりませんが、宮城谷昌光は「沙中の回廊」で、文公の晩年以降に活躍した士会を取り上げています。その中で狐氏のその後についても書かれていますので、ご一読ください。史実としてどうかは、分かりませんが・・・。

Qお薦めの日本酒を教えてください。

日本酒について皆さんのご意見をお聞きします。
日本酒には、普通の日本酒や純米酒・吟醸酒等が有りますが、手ごろで(1.8リットルで2000円前後)おいしい日本酒を教えてください。
ところで、日本酒はそれだけで糖分のあるアルコールなのにそれを添加しているのでしょうか。私は、それが納得できなくて純米酒を飲んでいます。
できれば純米酒のおいしい日本酒を教えてください。

Aベストアンサー

 本醸造酒等でアルコールを添加する理由は、風味の幅が広がるから。確かに純米酒は瑞々しく一本気な飲み口ですが、ある意味ストレート過ぎる。本醸造酒の場合、確かに粗悪な醸造アルコールによっては悪酔いすることもありますが、旨い酒が各種あります。率直に『本醸造に始まり、本醸造に終わる。』という言葉にも一理あると思います。

 純米酒の蔵として、金沢・福光屋のリンクを貼ります。HPのほか、メルマガもあります。ここは『純米蔵宣言』した酒造メーカーで、端麗系の純米酒です。

 個人的には、宮城の一の蔵、浦霞、広島西条の賀茂鶴が好きです。一の蔵はHPを見ればわかりますが、『ひめぜん』『米米酒』など研究的な酒造りもしています。あと、盛岡・あさ開の『夢灯り』かな。食用米の”ひとめぼれ”を日本酒にしています。いずれも手頃なお値段です。

 ただ、これからのシーズンは『酒風呂』ですよ♪

参考URL:http://www.fukumitsuya.co.jp/

Qナチスのガス室は存在しなかった?

アウシュビッツ「ガス室」の真実/西岡昌紀 を読みました。
ナチスの「ユダヤ人絶滅計画」と「ガス室」は怪しい証言のみで物的証拠は何も無かった、ということですが、この本が出てから10年以上たってますが、いまだにこの2点の証拠は出ていませんか?
ナチスはユダヤ人を絶滅しようとしたのでは無くソ連に追い出したかっただけ、大量の死体はチフスによる死者だった、ユダヤ人は迫害されたがホロコーストでは無かったしポーランド人やソ連人も迫害された、ということでよろしいですか?

http://www.youtube.com/watch?v=2Jz8pHCQNTw

Aベストアンサー

No.13・16です。この場で細部について詳しく議論することは適切だとは思いませんので、私の考えを簡潔に補足して終わりたいと思います。

>「大部分」を「全て」と書いたことがどれほど問題でしょうか。明らかに意味が変わるのでしょうか。

「大部分」と「全て」はまず明らかに言葉の意味が違います。
例えば「日本の内閣の国務大臣は大部分が国会議員の中から選ばれている」なら正しいけれども、「日本の内閣の国務大臣は全てが国会議員の中から選ばれている」と書けば明白な誤りです。歴史の議論をするのであれば、こうした言葉は正確に使用する必要があり、そうした配慮は決して枝葉末節の事柄ではないと考えます。しかもこの場合は、「大部分」を「全て」と言い換えたことにより、単なる言葉の意味の違いに留まらず、以下に述べるようにさらに大きな問題が生じています。

No.16で引用した部分を素直に読めば、著者は「青酸ガスの大部分が、犠牲者の体内に吸い込まれた」ことだけが青酸の痕跡が検出されなかった理由だと述べているのではなく、部屋からガスを排気装置で吸い出したことや、測定したのがガスが使用されてから44年も経ってからであったことも述べていることがわかります。排気装置自体、ガスの残留(青酸ガスを犠牲者が全て吸い込んでしまってはいないこと)を前提としていることは言うまでもありません。これを「「ガス室」といわれている建物から青酸反応が出ない理由を説明する中で、それは犠牲者たちが全て吸ってしまったからであるなどと書いています。」と要約するのは、どう考えても乱暴です。No.14だけを読んだ人は「青酸ガスを犠牲者たちが全て吸ってしまった?全部吸い込めるわけはないだろう、この書籍はいい加減なのではないか」と考えてしまうでしょう。正確ではない要約によって、この書籍を読んでいない人に対して、この書籍全体の内容(信頼性)に関して実際に書かれていることとは異なる印象や誤解を与えかねません。「大部分」を「全て」と書いたことは、こうした誤解を生じさせるおそれがある点に看過できない最大の問題があると私は考えます。

No.13でバスティアンの著書を紹介したとき、私はあえてその内容については触れませんでした。それは、冷静かつ客観的に議論するために、これからこの書籍を読まれる方には、先入観なしに読んでご自分で判断していただきたいと考えたからです。

No.13・16です。この場で細部について詳しく議論することは適切だとは思いませんので、私の考えを簡潔に補足して終わりたいと思います。

>「大部分」を「全て」と書いたことがどれほど問題でしょうか。明らかに意味が変わるのでしょうか。

「大部分」と「全て」はまず明らかに言葉の意味が違います。
例えば「日本の内閣の国務大臣は大部分が国会議員の中から選ばれている」なら正しいけれども、「日本の内閣の国務大臣は全てが国会議員の中から選ばれている」と書けば明白な誤りです。歴史の議論をするのであ...続きを読む

Qどんな日本酒を飲みたいですか?

現在”若者にヒットする日本酒”について考えています。

私はお酒は好きなのですが日本酒にはどうも馴染めなくて…
日本酒について素人なのですが、味・香り・色・パッケージなど酒類業界の現状と将来を見据えてどのような日本酒なら若者にウケると思いますか?
教えてください。宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

もう若者ではありませんが、ご参考になればと思います。
若者にヒットする、ということで、日本酒になじみの薄いという意味も含まれている
とし、あくまでも個人の思いとして書かせていただきます。

(1) そのまま飲む場合
 発泡日本酒は、受けがよいと思います。香りも華やかで、多くはアルコール度数も
低くて飲みやすいため、そのまま売りになるのではないかと思っています。
 発泡ではない低アルコール酒は、無理に作るのならばやらない方がいいかと。アル
コール度数を気にするなら、そこそこの出来の日本酒より違うお酒を飲むと思います。
わざわざ女性向けとするなどもちょっと……と思っています。

(2) 少しアレンジして飲む場合
 普通の日本酒だけど、12度くらいまでなら薄めても香りや味は(変化はすれど)崩れ
ず、日本酒として楽しめるものなどはどうでしょうか。これにより、「ぬる燗+ちょ
いお湯割り」「ロック」「日本酒8:水2の水割り」などバリエーションを楽しむことが
できると思います。これで興味を持った人が「ほんものの」日本酒を楽しんでもらえ
ればよいのではないでしょうか。18-19度の「原酒」でも同じことはできますが、元が
濃いので経験の浅い方にはとっつきにくいと思います。

(3) カクテルのベースとする場合
 米の旨味をそこそこに活かしながらも香りは控えめにすることで、カクテルのベー
スによいお酒になると思います。味の方向性によりますが、柚子やスダチを搾り入れ
る、ロックスタイルでカットしたイチゴを入れる(これは飲んだことがあります。お
いしい!)、蒸留酒との組み合わせでカクテルに使うなど幅が広がると思います。

もう若者ではありませんが、ご参考になればと思います。
若者にヒットする、ということで、日本酒になじみの薄いという意味も含まれている
とし、あくまでも個人の思いとして書かせていただきます。

(1) そのまま飲む場合
 発泡日本酒は、受けがよいと思います。香りも華やかで、多くはアルコール度数も
低くて飲みやすいため、そのまま売りになるのではないかと思っています。
 発泡ではない低アルコール酒は、無理に作るのならばやらない方がいいかと。アル
コール度数を気にするなら、そこそこの出...続きを読む

Q虚像と実像との落差が極端に大きな歴史上の人物は?

虚像は勝者の側の論理で作られたものが多いと思います。
例えば徳川慶喜や乃木希典がその好例だと(個人的には)思っているのですが、
この二人の他で、虚像と実像との落差が極端に大きいと思われる歴史上の
人物を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、

>虚像と実像との落差が極端に大きな歴史上の人物は?
と問われて真っ先に思いつくのは、確かに乃木希典ですよね。

ネットの各ページを見ても今でも悲劇のヒーロー扱いの所も多いようですし。
しかし事実としては、日本軍史上の有名人の中では、最も無能な大馬鹿大将だったといえると思います。

「乃木はやれます?」、てめーっ、ちっともやれてねぇーだろーが!
彼のやった事は、日本軍司令官による日本軍兵士の大量虐殺でした。

逆に徳川慶喜は激動する歴史の大きな流れのなかで、弱体化した徳川家を崩壊させずに何とかして政治的な影響力を残そうと努力した非常に賢い人物だったと思います。

徳川慶喜がそうであるならば、慶喜の時代よりも遡る事、二百数十年前のお話になりますが、慶喜が徳川家を守るために力を尽くしたのと同じように、豊臣の天下が徳川家康によって乗っ取られようとした時に、悪狸の家康の陰謀を何とかしてくい止めて、豊臣家を守ろうとして奔走した石田三成も慶喜と同じ敗軍の将が故の汚名を着せられ、さまざまな罵倒や罵りを浴びて、後々の世になっても本来の優れた人物像とは違った印象で扱われる事が多かった人物ではないかと思います。

肝心な所で頼りの柱としていた大老前田利家が亡くなられてしまった事が大きかったのではないかと思います。

わずか数万石の弱小の石田三成が秀吉亡き後の秀頼を守り立てて、古狸の大老家康(250万石?)を敵に回して西軍の将として真っ向から戦ったのですから凄い人物だったのであろうと思います。

それなのに、「すぎたるは佐和山の城と島左近」とは、いくら敗者になってしまったとは言えヒドイ言われ様だと思います。

こんにちは、

>虚像と実像との落差が極端に大きな歴史上の人物は?
と問われて真っ先に思いつくのは、確かに乃木希典ですよね。

ネットの各ページを見ても今でも悲劇のヒーロー扱いの所も多いようですし。
しかし事実としては、日本軍史上の有名人の中では、最も無能な大馬鹿大将だったといえると思います。

「乃木はやれます?」、てめーっ、ちっともやれてねぇーだろーが!
彼のやった事は、日本軍司令官による日本軍兵士の大量虐殺でした。

逆に徳川慶喜は激動する歴史の大きな流れのなかで、弱体化した徳...続きを読む

Qスパークリングのお酒(発泡日本酒)

微発泡の日本酒と、発泡日本酒では、スパークリング度が違いますか?

先日、春限定の微発泡の日本酒を飲み、とても気に入ったのですが、
毎年1万本のみで、今年はもう手に入りません。
品物は、にごり酒で微発泡という日本酒でした。
検索しますと、他にもにごり酒の発泡日本酒はありました。
美味しいようであれば、デパートのお酒売り場で探すか、ネット取り寄せするつもりです。

お詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今晩わ、あまり詳しくは有りませんが...
先日買って来た山口の旭酒造さんのダッサイ(変換出来ないのでご容赦下さい)
発泡にごり酒はお勧めです、先ほど開栓して数秒後に中栓が天井まで
すっ飛びました
注意書きに書いて有りましたが気にしないでいたら飛びました
微発泡ではこんな事は経験した事が有りませんでしたのでビックリ!!
池袋東武の地下食品売り場に日本酒コーナーが有り、そこで売ってます
四合瓶で1300円前後だったと思います
遠いなら蔵に問合せて頂ければ、お近くの扱い店を紹介してくれると思います
開栓には十分注意をして美味しく頂きましょう!!

Qドイツ軍人の ラインハルト・ハイドリヒ マンシュタイン元帥 ロンメル元帥 3人は思想も性格も戦術も全

ドイツ軍人の
ラインハルト・ハイドリヒ マンシュタイン元帥 ロンメル元帥

3人は思想も性格も戦術も全く異なったとは思いますが、それを踏まえて、極めて優秀であったのは誰なのでしょうか?
また、この3人の戦術や戦歴、性格などの長所短所も教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ラインハルト・ハイドリヒは軍人と言うよりナチス高官です、高官としては優秀な人でした、ヒムラー長官に忠誠を誓うも「無能のバカ長官」と心の底では馬鹿にし、冷血でありながら飴と鞭を上手く使い分けて人を動かしたりとやり手だった様です。

マンシュタイン元帥が極めて優秀な軍人だったと思います、作戦全体を見通して勝利へと導く能力は凄いと思います、戦後軍の仕事に復帰したのが何よりの証拠でしょう。

ロンメル元帥は現場監督タイプだと思います、本人も前線で指揮するのが好きだったらしいです、彼の行く所勝利ありですが、他の部隊と比べると戦死者が多かったのが難点です。

Q日本酒の風味がするケーキを作りたい

日本酒の風味のするパウンドケーキを作りたいと思い、ネットで見たレシピどおりに作ってみたのですが、出来がりは、まったく日本酒の風味がしませんでした。

具体的な材料は、
薄力粉150g、バター80g、お砂糖50g、卵2個、日本酒50ml、+くるみ50gです。
オーブンで180度・45分焼きました。
焼き上がった後、ナパージュと日本酒60mlも塗ってみたのですが、まるで日本酒の味がせず…。

何がいけなかったのでしょうか?
日本酒の種類に気をつければ、香りがするようになりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もクックパッドは参考程度にしてもあまり信用してないです
企業や団体の公式サイトで
きちんと料理人、調理師などが作ったレシピをもとにしてます

日本酒でなくて酒粕のケーキではだめでしょうか
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/6075_%E9%85%92%E7%B2%95%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB.html

http://www.medias-joshibu.net/2013/05/10/11422/index.html

あと、焼くと飛んでしまうので
焼いた後にも、ということだと思いますが
しっとりするぐらいに塗ってますでしょうか。
ナパージュが先だと入っていかないと思いますし
むしろ日本酒のシロップ割みたいな感じで作って
たっぷり塗ってみてください。

もちろん香りが強いお酒を選ぶのも大事だと思いますが
ブランデー付の要領で、ドライフルーツを日本酒で漬けたものを
中に入れてみたらどうでしょうか

Q任那は存在した???                       (日本側の任那存在説VS韓国側の任那非存在説)

日本側の主張
「宋書」「広開土王碑」「日本書紀」が証明する任那』


1、「宋書」
次の中国南北朝時代の「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を見て下さい。

421年 讃 叙爵
438年 珍 安東将軍・倭国王
443年 済 安東将軍・倭国王
451年 済 安東将軍・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事
462年 興 安東将軍
478年 武 安東大将軍・倭国王・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事

451年の倭王済及び478年の倭王武の記述に「任那」の文字があります。
当時、任那という地域が存在し、その「軍事」(当時の中国の官職)に「倭王」が任命されていたことを証明しています。

2、「広開土王碑」
広開土王碑には次のような記述も見られる。
曰く「大軍をもって新羅城を奪還すると、撤退する倭兵の背後から任那加羅まで急追していった」

3、「日本書紀」
日本書紀には、当時の倭国は朝鮮半島に大規模な軍事力を駐屯させており、任那日本府というのはその駐屯地などを兼ねた日本の朝鮮半島における拠点であった。
その後、百済・新羅などによって任那は軍事的圧力を受け続け、紀元562年に任那は新羅に滅ぼされています。(日本書紀、欽明天皇二十三年)


韓国側の主張

1、日本書紀の記述に関して「任那日本府を通じて、日本へ朝鮮半島からの文化が伝わった(要約)」ことが書かれているが、この中の「日本へ朝鮮半島から文化が伝わった」と言う部分だけを引用し、その前提となる「任那日本府」については虚偽であるとしている。

2、また、広開土王碑についても、旧日本軍の改竄説を主張して、論拠を否定している。

3、韓国では「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を認めていない。



任那は存在したと思いますか?

日本側の主張
「宋書」「広開土王碑」「日本書紀」が証明する任那』


1、「宋書」
次の中国南北朝時代の「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を見て下さい。

421年 讃 叙爵
438年 珍 安東将軍・倭国王
443年 済 安東将軍・倭国王
451年 済 安東将軍・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事
462年 興 安東将軍
478年 武 安東大将軍・倭国王・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事

451年の倭王済及び478年の倭王武の記...続きを読む

Aベストアンサー

宋書を見ても、任那が存在したのは確実です。いかに実態を伴わない称号とは言え、ありもしない国名を付けるわけはないですからね。

また任那がどこだったのかも、宋書を見ればわかります。倭王珍は、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭国王」と称していました。それに対して、百済からも朝貢を受けていた宋は、次の倭王済に対して「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東将軍」の称号を与えます。百済をはずすが、加羅を加えて同じ六国の王にするから我慢しろ、という訳です。

珍は既に実態の存在しなかった秦韓・慕韓を加えてまで国の数を水増ししていましたから、任那と加羅が全く別物なら、当然加羅も加えて「七国諸軍事安東将軍」を自称したはずです(実際、済の次の武はそうしています)。

これは、珍が任那=加羅と考えていたからに他なりません。任那は、加羅諸国連合の中心部分(おそらくは大伽耶+金官伽耶)を指す言葉だったのです。

ただ、任那「日本府」が実在したとは考えられません。宋書に書かれている通り、当時の正式な国名は「倭」であり「日本」ではなかったからです(日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降です)。

宋書を見ても、任那が存在したのは確実です。いかに実態を伴わない称号とは言え、ありもしない国名を付けるわけはないですからね。

また任那がどこだったのかも、宋書を見ればわかります。倭王珍は、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭国王」と称していました。それに対して、百済からも朝貢を受けていた宋は、次の倭王済に対して「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東将軍」の称号を与えます。百済をはずすが、加羅を加えて同じ六国の王にするから我...続きを読む


人気Q&Aランキング