R32GT-R(初期型H2年式)なんですが、最近加速時に息継ぎをするようになってしまいました。2000~2500回転位で起きます。アクセルを踏んでもエンジンの回転が上がらず息継ぎをし、その後に回転が上がったりします(最悪の場合、エンジンが止まってしまいます)。又、しばらく走行した後、少しの間エンジンを止め(例えば、gas給油をした後)、その後エンジンをかけるとアイドル回転が低くなってしまいます。
エンジンはノーマルでマフラーのみ交換(JASMAの藤壺製)してあります。走行距離は68000km位でエアクリーナーは一度も交換していません。
原因はいったい何なんでしょうか?おわかりの方ご回答を宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

エンジンの息つきですが、一番怪しいのは燃圧ではないかと思われます。

確かその型のエンジンではフューエルポンプの回転数制御を行っていたと思いますので、その系統の異常かフューエルプレッシャーレギュレーターの異常が多いのではないでしょうか?以前同様な症状でフューエルプレッシャーレギュレーターの不良で、ターボによる加給が始まると燃圧が落ち込み、息つきをすると言う現象にであったことがあります。燃圧測定のできる場所で、症状の再現を試みて点検することをお勧めします。イグニッション系統も考えられなくはないですが、この型ではプラグコードのないダイレクトイグニッションシステム(プラグの数だけイグニッションコイルがありプラグの直上に設置されている)のでリークによるものは少ないでしょう。ただし、以前エンジンを洗浄した際にプラグホール部分に水がたまりリークしていた事例はあります。イグニッション系統で息つきが起こるとすれば、トランジスタモジュールの不良が考えられますが、この場合息つき状態になった時にタコメーターの針が0を示すので、簡単に判別できます。

アイドル回転の不安定に関しては、アイドルコントロール用のエアバルブ(スロットルとは別のアイドル専用のエア通路にあるバルブ)内部の汚れで不安定になるケースが多い物です。アイドリング時にはエアーはスロットルバルブを通るのではなく、専用のバイパス通路を通ってエンジンに供給されます。この通路の途中に電気式のバルブがあり、これをECU(エンジンコントロールユニット)からの信号で開け閉めして、アイドリングが規定値になるように制御しています。このバルブにカーボンやスラッジなどが堆積すると不安定になります。

最後にエアエレメントは交換しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しい御回答を有難うございます。自分では解らないところもあるので、その部分はやはり専門家に見てもらおうと思います。有難うございました。

お礼日時:2001/02/26 21:04

ハイテンション・コードが逝っちゃってるんではないかな?(プラグコードの事ですよ)


コードが古くなってくると、E/Gに負荷を掛けた際に
コードの途中とか、プラグキャップの所から、プラグへ
行くはずの電気が逃げちゃうんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。いろいろな原因が考えられそうなので、一つ一つ見ていこうと思います。

お礼日時:2001/02/26 20:54

ちなみにターボってちゃんと動いているのでしょうか?



以前、R32のタービンってあまり持たないって聞いたことがあります。(サーキット走行とかすると5000kmもたないという話を聞いたことがある)

ターボの聞き始めがそのぐらいの回転数だとしたら、タービンの初動が悪くなっている可能性もあります。

いづれにせよ、工場にだしてオーバーホールしてもらった方がいいですね。走行中にエンジンが止まってしまうのは危険ですし、整備不良車と言われても仕方ない状態ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。そういう可能性もあるんですねぇ。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/02/25 11:06

まず、エアクリーナーを一度も交換してないそうですが、それを交換してみてください。

目詰まり起こしてればエアーが吸入されずかぶってもおかしくないでしょう。
交換後まだ起こるようであれば、インジェクターか点火系か・・安いものから順次やっていくしかないでしょう。
エアクリーナー、プラグ(白金とはいえ10万キロもたない)、コード、インジェクター、・・・
あとはディーラーでしっかり点検してもらうことを勧めます。故障したくないのでしたら日頃のメンテナンスはしっかりやらないといくらタフな日産車でも壊れます。
日産の弱点はブレーキの弱さとインジェクターの容量の少なさ、壊れやすさです。他は結構丈夫なのですが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。やはりまずは、エアクリーナーの交換からやってみようと思います。それでももしダメだったら、”安いものから順次・・・”というのを参考にさせて頂きたいと思います。やはり日頃のメンテナンスはしっかりやらないとダメですよね。

お礼日時:2001/02/25 11:01

最悪の場合エンジンが止まるって・・・・


そりゃまずいんじゃないかねー?。俺の友達の車(FC3S)も似たようなことがおこってました。そのときはオイル交換、プラグ交換、フィルター交換を経て今は調子がもどってます。走り方にもよるけど、そろそろエンジンのオーバーホールの時期じゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。まずは、エアクリーナーの交換からはじめて、オイルやプラグなどもみていきたいと思います。

お礼日時:2001/02/25 10:48

詳しくは分かりませんが、吸気系統が悪いようですね。


エアーのエレメントか、インテークのパイプか.....。

>走行距離は68000km位でエアクリーナーは一度も交換していません。

それはイカンでしょう。フィルターが目詰まりを起こしていても不思議は無いです。ビスカス式(ホコリを吸着させるため、液体が染み込ませてある物)ですと、エアーで吹いたり、洗えばイイという物ではなく、性能は戻りません。交換しましょう。

それでもダメだったら、そろそろオーバーホールも考えた方がいいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。まずは、エアクリーナーを交換してみます、

お礼日時:2001/02/25 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q32GTR購入。アイドリング中に回転数がいきなり

32GTRを購入しました。アイドリング中に回転数がいきなり落ちて戻ったり・走行中に失速したりと、突然起こります。
プラグ交換。エアフロ掃除。全オイル交換したのですが、全く直りませんでした。日産に持っていくと、マインズのCPUなので、詳しく見れないと言われました。ただ、燃料が濃く、空気が少ないのでは?と・・・
HKSにもって行くと、CPUのせいでは無いのでは?と、多分電子系では?とのことでした。
同じような経験がある方教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

32GTRご購入おめでとうございます。

私は三年前に購入したのですが、やはり同じような症状に見舞われました。
エアフロアッセン交換しても直らず、絶望しかかりましたが、ある日、ボンネットを開けて、バッテリーのプラスケーブルの所が焼けて溶けているのを発見しました。
どうやら前オーナーが配線ミスしたようでした。
電源ハーネス、ヒュージブルリンク、イグニッションリレーを交換で44900円で完治しました。

これからメンテナンスが大変かと思いますが、お互いがんばっていきましょう。

Q失火?謎の加速不良

最近、謎の不調に悩まされているのでお知恵をお貸し下さい

主に2~3000回転くらいになるとウォン…ウォン…と2~3回エンジンの吹けが途切れその途切れに合わせて車体も前後に揺れます
しかも厄介な事に毎回必ずなるのではなく下からアクセル一定で加速して行くような時には比較的起こり難いような気がします。逆にアクセルを踏んだり戻したりしながら加速するような時にはよく起ると思います。特に2~3000回転付近でで一度アクセルオフしてから再びオンするような状況では必ずといっていいほど発症します
レブまで回したらどうなるか?とかフルブースト掛けたらどうなるか?など怖いので試していません

車は5年式180SXです
マフラー(触媒後)とエアクリ(ムキ出し)のみ交換してあります。CPUは純正です

アホなので変な説明ですが解り易く教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

車種は全く違いますが・・・

よく似た状況になりました。
ホンダバラードCR-Xでした。

加速がおかしい(一定でない)。
タコメーターの針が、意に反して、時々下がる。
真空計の針も、同じように不安定。

結果は、点火系の不調でした。
詳しくは、デスビの入り口(だったと思います)コードの接続部分が
溶けたような状態でした。
コードの交換だけで修理完了でしたよ。

ただし、古い車だったので、なかなか部品が無くて・・・
とりあえずはディーラーで「プレリュード」のものを応急的に取り付けて貰って
後日また交換という段取りになりました。

Q全開加速時に失速する原因は・・・?

直線でアクセル全開でのフル加速時に突然失速します。
息継ぎというよりは失火しているような感じです。(ガス欠寸前の状況のような感じです)
ターボ車ですが、アクセルを細かく少しずつ踏みながらブースト全開にすれば症状は出ません。
アクセルを30%→100%のように一気に踏み込むと症状が出ます。
車種はインプレッサでマフラーのみ交換してます。エアクリ類はノーマルのままです。
オーバーシュートをしている様子もありませんし、街乗り走行では特に異常はありません。

考えられる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

HKSプロショップ パワーライター店 セッティング担当です。


三次元で高過給時燃料カットマップがあります。

これにかかっているようです。

エンジンを守るセーフティネットなのでそのままでよいと思います。

それからあと一つだけ可能性があります。
それは
高過給によるプラグの「失火」です。

一度プラグの番手を新品で「2つ」上げてみて下さい。
(このときオイルも15W-50辺りに換えておいて下さい)
これで解消すればプラグ失火が原因だったと言えます。

ロギングなしに運転者がオーバーシュートを検知するのは
ちょっと困難と思います。

QR34GTRの不調

走行80,000Km走行のスカイライン34GT-Rです。最近になって走行中急に吹けなくなる事が有ります。
いくらアクセルを踏んでも回転数は落ちて行くので路肩に止め様子をみていると、500~1000回転位でアイドリングが落ち着かなくなりやがてエンストします。何度かかけ直すと最初の内はエンジンこそかかりますが、回転数は落ち着かずやはりエンストします。
最終的には一瞬かかってすぐ停止する状態です。
ただ、しばらく経ってかけ直すと何事も無かったかのように吹け上がり、またしばらくは普通に走行できます。
この状態でディーラーに持ち込んでも不具合無しと診断され見当がつかない状態です。
一度搬送車が来た時点で不具合の状態を見てもらえたのですが、積み込み途中に復活してしまいましたので解らずじまいです。
でも、その際「かぶっているような音がするので燃料系かも」とディーラーの整備士の方は言っていました。
仕様はタービンブローの際入れ替えた34N1タービンとマフラー、エアクリーナー(純製交換タイプ)でプラグは8番です。
すでに3~4日経ちますがディーラーでは見当がまだつかない様子です。
そこでBNR34に有りがちな故障で、上記不具合に当てはまる物が有れば教えて頂きたいのです。
エアフロと各配管はチェック済みですが問題ないそうです。
因みに上記パーツはそのディーラーで取り付けしてもらい、メンテナンスもお願いしているディーラーです。お世話になっているのでヒントだけでも整備士の方にあげられればと思っています。宜しくお願い致します。

走行80,000Km走行のスカイライン34GT-Rです。最近になって走行中急に吹けなくなる事が有ります。
いくらアクセルを踏んでも回転数は落ちて行くので路肩に止め様子をみていると、500~1000回転位でアイドリングが落ち着かなくなりやがてエンストします。何度かかけ直すと最初の内はエンジンこそかかりますが、回転数は落ち着かずやはりエンストします。
最終的には一瞬かかってすぐ停止する状態です。
ただ、しばらく経ってかけ直すと何事も無かったかのように吹け上がり、またしばらくは普通に走行...続きを読む

Aベストアンサー

私は工場に持ち込むなり真っ先に燃料ポンプを疑われ、新品に交換したら症状は2度と出なくなりました(^_^;)
かぶっているような症状の時って、プラグの番数を下げるか上げるかすると、症状が改善されるような事をむかーし聞いた事があるような(-_-;)?

私に回答をくれた人は日頃からエンジンを分解して組み立てて……といった事をしていると言っていたんで、あの人が訪問してくれれば解決しそうな気がするんですがねぇ(-_-;)

Qアクセルを開けるとエンジンが息継ぎをするのですが…。

 平成4年マニュアルミッションのユーノスロードスターに乗っています。
去年、中古で買ってから気になっていたのですがアクセルをガバッ、と開けると一瞬の間があってから回転が上がります。タコメーターで見ると開けた瞬間100~200回転ぐらい回転が下がってる様な気がします。

車に詳しい人に聞いたら、ロードスターはプラグが熱で死にやすいと言っていましたが、前にプラグ一本死んだロードスターを運転したときとはちょっと違う様な気がします。吸気のセンサーがおかしいのじゃないかとも言われました。

エアクリーナとマフラーが交換されていて、強化クラッチと強化サスが入っていたような車なので、プラグの熱価も換えられているかもしれません。

そこで質問ですが、このような車で考えられる不具合個所、そしてそれらを直す修理代ってどれくらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

 エンジンの負圧をセンシングしているエアフロメーターというものがあります。
これの調整で直ると思います。ただし、アルミで封印されているので普通はいじれないようにしています。大きめのドリルで穴を開けると調整用のネジが出てきます。

Q5000回転以上で加速しません。

お疲れ様です。

表題の件ですが、5000回転以上回してしまいますとボボボボボという音がしそれ以上回転も上がりませんし、加速もしていきません。空ぶかしをすると5000回転以上回ります。
このような症状な場合、どこが悪いのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授願います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ブーストが掛かった状態でのみエンジン不調の症状があらわれるとの事で、もっとも怪しいと思われる2点の点検をお勧めします。

第一点はブローオフバルブの密着不良または調整不良によるエアの漏れです。この場合に起こる不具合とはエアフローメーターで計量されたエアの量と実際にエンジンに供給されるエアの量がエアの漏れた分だけ誤差となってしまい、燃料噴射量の計算が狂う(空燃比が濃いほうに傾く)事により異常燃焼を起こし、エンジン不調に陥るという状況です。

第二点としてはブーストセンサーの異常またはブーストセンサーへの配管の異常です。ブーストセンサーは半導体式のストレンゲージ式絶対圧センサーが使用されていますが、このセンサーの内部のダイアフラム(この部分がストレンゲージになっている)の配管がつながって側と反対側は真空に保たれていますが、この部分の真空度が変化してしまうとブーストセンサーが正しい過給圧を検出できなくなるため、やはり空燃比に大きな誤差(この場合は薄くなる場合が多い)を生じエンジン不調に陥ります。このセンサーへの配管の外れではブースト圧の検出自体ができなくなるのでやはり異常な状態になります。

以上の二点を重点に、タービンより下流(タービンからエンジンまで)のインテーク系統を点検してください。ゴム製のコネクターは一見してなんでもなくても、蛇腹の部分に亀裂が入っていて圧力が掛かると漏れを生じる場合があるので、取り外して少し引き伸ばすようにして亀裂の有無を確認する必要がありますし、各コネクターやホース類のバンドなどが緩んでいないかも十分に注意して点検します。この際に弾力性を失っている物が見つかれば、これも交換の対象と考えてください。

とかくエンジンルームの温度が高くなりがちなターボチャージドエンジンを搭載した車種では、ゴム製の部品の劣化が進みやすくトラブルの引き金になることが珍しくありません。

ブーストが掛かった状態でのみエンジン不調の症状があらわれるとの事で、もっとも怪しいと思われる2点の点検をお勧めします。

第一点はブローオフバルブの密着不良または調整不良によるエアの漏れです。この場合に起こる不具合とはエアフローメーターで計量されたエアの量と実際にエンジンに供給されるエアの量がエアの漏れた分だけ誤差となってしまい、燃料噴射量の計算が狂う(空燃比が濃いほうに傾く)事により異常燃焼を起こし、エンジン不調に陥るという状況です。

第二点としてはブーストセンサーの...続きを読む

QR32 GT-RのO2センサ出力

R32のGT-Rについてです。
走行中息つきをするようだったので、ディーラーのDLCコネクタに繋げるチェッカーで診てもらったところ、O2センサがRich張り付きしていました。O2センサのカプラを外しておけば息つきは解消できるのですが、どうしてもちゃんとフィードバックさせたく、中古のO2センサに交換しました。
リヤ側はフィードバックするようになったのですが、フロント側がLean張り付きしています。0V出力。
もう1本別の中古品に変えても症状は変わらずです。作動はディーラーのチェッカーで診ています。
カプラで断線している感じでもないのですが、考えられる原因は分からないでしょうか?

Aベストアンサー

リヤ側の中古O2センサーがOKな品であれば、リヤとフロントのO2センサーを入れ替えてみましょう。それでチェッカーでどのように変化するかをみましょう。
次にO2センサーを元に戻し、今度はエアフロを逆につけてみましょう。それでチェッカーでどのように変化するかをみましょう。
可否不明な中古センサーの使用は修理の上では遠回りになるので(中古は疑ってかかりましょう。)、使用可能と分かっているセンサー(今回はやむをえないがリヤ側センサー)を使用して確認して見ましょう。

QR32GT-Rのブースト圧

R32GT-Rのブーストって、
フルノーマルでどのくらいまでかかるんでしょうか?
本かなんかで0.7kgとかいうのを見たような覚えはあるのですが...

だれか知ってる方いらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

純正のブーストコントローラの設定値は確か
BNR32が0.75[kgf/cm^2]
BCNR33が0.84[kgf/cm^2]
BNR34が0.93[kgf/cm^2]だったと思います。
フルノーマルでも多少オーバーシュートしますがピックアップより安定性を重視した設定らしいです。
N1じゃないセラミックタービンならブースト圧は1割増しくらいにしておいたほうが無難だと思います。

QBNR32(H3)が高回転で大量の黒煙を吐きました。パワーチェックをした際、エンジンを回しきる直前に起きた症状です。

エンジンはパワーFCでブースト1.0までかけ、回転は7700回転まで回されていました。高回転のセッティングが取りきれていなかったようで、燃調が濃いなどの症状だとは思いますが、エンジンに重大なダメージがないか心配でなりません。その後、黒煙を吐いたり特に変わった症状はみられません。エンジンの回転も安定していますが・・・。
このようにセッティング不足でエンジンを高回転まで回した場合、エンジンにかかる影響はどんなものがあるのでしょうか?また、現在の様子をパワーFCで自己診断する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1番です。

もし、想定通りの原因であるならば
何も問題ございません。

マージンを取る為の施策ですから
点火との絡みもあるとはいえ
一般的に問題有りません。
燃調マップ数値が原因で黒煙が出る場合は
問題ないという事です。
(点火マップ数値が原因で黒煙が出る場合は
エンジン内部は問題有りませんが
補記類に少し不安が出ます)

逆にもし
不具合があって
『その不具合の結果として黒煙が出る』
場合は
何かしら問題が有ると言えるのですが
不具合がある場合は
白煙が出ると思って良いので
現状で何かしらの不具合を感じないのであれば
これも心配には及ばないでしょう。

ただし、現車を拝見したわけではございませんので
確実に大丈夫と言い切れるわけではない事
ご了承下さい。

また、内部にダメージがあるか無いかという命題は
いかなるケースに置いても
結局
エンジンを下ろしてばらすまでは
何一つはっきりしない事も
又真実です。

ご参考下さい。

QBNR32について:いろいろ質問

念願のBNR32をついに手に入れました。
早速今日の昼間、ひとっ走り行って来たのですが、
気になることがいくつかあったので質問したいと思います。

1.油温
 走ってる最中、純正の油温計が110℃近くを指していました。
 これって大丈夫なのでしょうか?
 たしか普通100℃以下だったような??

 油圧はアイドリング時に2kgを指していました。
 走行中はちゃんと上がりますが、どの位かはちょっと覚えてないです…

 水温は問題無いようです。
 (といっても純正の水温計での話ですけど)

 全開運転は全くしていません。回してもせいぜい5000回転です。

2.エアコン
 ある程度スピードが出ていれば涼しくて快適なのですが、
 信号待ちなどで止まっていると1分もしないうちに風がぬるくなってきます。
 渋滞などにハマれば車内が外より暑くなります。
 これって今日みたいな暑い日はしょうがないのでしょうか?
 でも周りの車はみんな窓閉めて涼しい顔してる(;_;)
 車が違うとはいえ、環境的な条件は同じはずなのに…

 エアコンの外気温を見るボタン?をおしたら41℃と出ました。
 いくらなんでも外がそんなに暑いとは思えません。
 温度センサーはどこについてるのでしょうか?

3.ボタン・スイッチの夜間照明

 スモールをつけた時、メーター関係や各種ボタン・スイッチとかが光ると思うのですが、
 ・ハザードスイッチ
 ・エアコンの各種スイッチ・ボタン
 ・パワーウインドウスイッチ
 が光りません。

 前に乗ってたトヨタ車は上記の箇所は全て光ってたのですが…
 ニッサン車は光らないのですか?

以上、長くなりましたが、知ってる方いましたらわかる範囲でいいのでお願いします。

念願のBNR32をついに手に入れました。
早速今日の昼間、ひとっ走り行って来たのですが、
気になることがいくつかあったので質問したいと思います。

1.油温
 走ってる最中、純正の油温計が110℃近くを指していました。
 これって大丈夫なのでしょうか?
 たしか普通100℃以下だったような??

 油圧はアイドリング時に2kgを指していました。
 走行中はちゃんと上がりますが、どの位かはちょっと覚えてないです…

 水温は問題無いようです。
 (といっても純正の水温計での話ですけど)

 ...続きを読む

Aベストアンサー

1.正常です。
 油圧表示のよくある故障は、オイルプレッシャーセンサーの不良で、0Kg表示になることが多いです。
2.ガス不足のようですね。温度表示は、かなり高く表示されることがあります。特にこの時期は。
3.すべて玉切れしています。(T_T)
 今現在、点灯しているところも、遅かれ早かれ切れますので、この際、すべて取り替えましょう。ついでに、メインメーターの電球も交換すると、新車気分になれます。)^o^(
32は、生産から時間が経つので、これからいろいろ不具合が出てきますが、がんばって、いい状態を維持していってくださいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング