当方30代前半、既婚女性で出産を機に退職しました。

今年1月に実母が亡くなり、9月に子どもが産まれました。
本来なら年賀状で出産報告をするところなんですが、上記の理由で喪中はがきを出すことになります。
親しい友人などには年明けに改めて出産報告はがきを出しますが、退職した会社の人たちにまで送るのはどうかと思い、控えることにしました(一応産まれてすぐに電話では報告済み・名前は報告していません)。
本来なら会社の人たちには内祝いという形で名前を報告するのでしょうが、お祝いをいただいていないのでお返しも送れません。
そこで、喪中はがきには何もメッセージを入れず、差出人名に夫婦連名とともに子どもの名前をさりげなく足しておこうかと考えております。

しかし、喪中はがきに子どもの名前まで入れるのは、世間の常識としてはどうなんでしょうか?
今まで届いた喪中はがきを見てみると、年配の方が差出人の場合は夫婦のみで、若い方の場合は夫婦のみと家族全員と2パターンありました。
私自身は家族全員のパターンでも気にしないんですが、正しいマナーとしてはどうかと思い、質問しました。
よろしければ回答いただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、喪中はがきについては、他の方と同意見で単独、もしくは夫婦だけの連名にしておいた方が、よろしいかと思います。



退職した会社の方へですが、退職後もお付き合いがあるのでしようか?
あるのであれば、元同僚とはいえ、友人としてのお付き合いなので、他のご友人と同様に年明けにはがきを出されたらいかがでしょう。

特にお付き合いがないなら、無事に出産した報告も電話でされているので、それ以上の連絡は必要ないのでは?と思います。
既に退職され、お付き合いのない方から生まれたお子さんの名前を聞いたところで会うわけではありませんし、正直、正式?に連絡をいただいてしまうと、何かお祝いをした方がいいかな・・・などとこちらも悩んでしまうことがあります。

これからのお付き合いをどうするのかで、はがきは出すかどうか決められたらいかがでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今後の会社への付き合いは、仲の良かった女性同僚への年賀状のやりとり程度になると思います。
たしかに復帰するならともかく、すでに退職したのならそこまで報告したら、かえって気を遣わせてしまいますね。

喪中はがきは夫婦連名で出すことにして、その後は報告しないことにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 10:09

子どもさんが年賀状を出される年齢(幼稚園以上かな)なら連名でもよいかと思いますが・・・。



年賀状を出せないのでしたら「寒中見舞い」をかねて子どもさんの紹介のお便りを出されるとよいかと思います。

「結婚しました」という葉書のように「家族が増えました」と「喪中葉書」とは別に今この時期に出されてもよいかと・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

喪中はがきは夫婦連名で出すことにして、親しい友人には年明けに寒中見舞いを兼ねた出産報告はがきを出すことにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 10:03

子供さんは昨年その名前で賀状を出してないですね。

当然ですがその時点で生まれてないのですから・・・
欠礼の報告は昨年までに賀状を貰った相手に送ります。
その場合は夫婦連名がいいでしょう。
子供の名前を入れる必然性は全くありませんね。
内祝い云々は全く別問題です。
こんな質問をする貴方の気持ちが理解できません。
またお祝いを貰ってないのなら、貴方の仰るとおりお返しも関係ないですよね。
とにかく出産報告と喪中欠礼はの関係もありません。
あなたが昨年まで賀状交換している方へは欠礼通知はするべきでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

夫婦連名で出すことにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 09:58

私は今まで、家族全員の連名で喪中ハガキをもらったことはありません。



本来、喪中欠礼のお知らせは厳粛で控えめなものであるべきと思いますので、ここはご主人と奥さんの単独名で別々に出すか、せめてご夫婦連名に留めておいた方が無難かと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここ数年で幼い子どもも含めた家族全員の連名で喪中はがきをいくつかいただいたので、最近はこういうのもありなのかと思っていましたが、やはり正式ではないんですね。
夫婦連名で出すことにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/08 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報