『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

僕はトロンボーンを始めて2年の中学2年生です。週3回しか練習がないので演奏会などで他の学校の演奏を聞くたびに落ち込んでしまいます。そこで!30分ぐらいでできる基礎練習法を教えてください!とにかく速く上手になりたいんです!!!!!!!!!!僕の気持ちをわかっていただけた方は少しでも良いんで教えてください。

A 回答 (3件)

週3回の練習で早く上手になりたいですか…結構厳しいですね~


私の練習1週間の日数は、中学週3日・高校はほぼ毎日(部活は週3日であとは個人練)・大学週3~4日・現在一般バンドで週2~3日ですね。
週3日の練習だった中学の頃よりも、毎日楽器に触っていた高校の頃のほうが上達スピードは速かったですね。
結論からいって週3日ではなかなか速攻でうまくなったりできないです。
楽器の上達速度は練習内容と、毎日少しでも吹くことと、楽器に愛情を注いでやることですかね。

週3日では現状維持程度にしかならないでしょうが、効果的な練習法を少しお教えします。
fujimon5515さんの現在のレベルにもよるかとは思うのですが、

●ロングトーン
 テンポ遅め(60~80)で
 4拍吹く→4拍休み→4拍吹く→4拍吹く→4拍休み→4分音符4拍→4拍吹く  (繰り返し)
  を中音F・チューニング♭B・ロー♭B・中音F・チューニング♭B・D・チューニング♭B  で連続して吹く。
 ※必ずブレス・ピッチ・音の伸び・音の移り変わり等、注意しながら。
●リップスラー(テンポ80ぐらい)
  ロー♭B→中音F→ロー♭B(1ポジション)~7ポジションまで
  ロー♭B→中音F→チューニング♭B→中音F→ロー♭B ~7ポジションまで
   こんな感じで1つづつ音を上げていって、いけるようなら1ポジションでハ   イ♭Bまであがってみる。
 ※自分のできる範囲の音域で、確実に次の音に移れるように、いろんな事を確認
  しながら。
●タンギング
  いろいろ方法はありますがテンポ132ぐらいで16分音符ができるようにし  ときましょう。
●その他
  12音階、アルペジオなど、スライディング・音程を確認できるもの。

こんだけやってたらすぐに30分たっちゃうかと思います。
練習方法はほかにもいろいろあると思います。
教則本を参考にしてください。

何を練習するにしても大切なのは、“意識しながら吹く”ということです。
そして可能な限り毎日吹きましょう。

最後に一言。
今が一番伸びる時期のはず。
愛情かければ楽器は必ず応えてくれます。
がんばってくださいね。





 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。やっぱり音楽って愛ですよね!愛を注いで密度の濃い練習をすれば上達しそうな気がします。おかげさまで自信がつきました。本当にありがとうございました!

お礼日時:2003/01/18 23:02

こんにちは!


私もトロンボーンを吹いていました。
私は高校時代3年間毎日毎日、部活があったので、極端な話、練習に行ってさえいればそれなりに吹ける様にはなりました。
天才だったり、相当要領がよくない限り、やっぱりある程度の練習量は必要だと思います。プロの方でさえたくさんの時間を練習に費やしているでしょうし。

fujimon5515さんは2年やっているということですので、基礎練習をいくつかやっていますよね?間違った練習でない限りどんな基礎練習も有効だと思いますよ!
例えばロングトーン、タンギング…色々ありますよね!
なにも特殊な基礎練習でなくても、誰でも知っている様な練習をちゃんとやっていれば、絶対に違ってきます。。
しかし「ちゃんと」というところが重要だと思います。
「さー、ロングトーンやるぞー」と言って、ただただ音を拍数分のばすのではなく、一音一音に気を使って、音程はどうか?腹筋で支えられているのかどうか、音色はどうか…など、ロングトーン1つとっても確かめるところはたーくさんありますし、それによって、「あ、どうやら自分は、音程が良くないみたいだ」とか「音が揺れちゃうのはどうしてなんだろう??」といった風に発見があるはずですよね?
発見したら、次にどんなことをしたらよいかきっと分かってくるはずですよ!

練習時間が少ないのであれば、なおさら短い時間にどこまで内容の濃い練習ができるかが勝負(?)だと思います。
30分間、一音一音に集中しながら基礎練習をすれば結構疲れますし、ダラダラ長い時間をかけてなんとなく吹くより絶っっっ対にうまくなります!

この考え方で曲を吹くときも一音一音気を使って吹けば、きっと上達しますよ!
「トロンボーンの基礎練習法が知りたい!」とのことで、質問とは違う回答になってしまった様な気がしますが、時間がないなら量より質!という事を伝えたかったので…。

余談ですが、時間なんて、本気で作ろうと思えば作れますよ!
朝練、お昼休み、休日。。たとえ5分でも、楽器を組み立てる時間すらなくても、マウスピースだけだって練習はできます。タンギングもできるし、マウスピースだけで音程を作る練習をしたら楽器を付けてるときの音程がよくなったこともあります。休日も、もし楽器を持ち出せるのなら、カラオケボックスで練習したり!

頭を使ってがんばってくださいね!!応援してます!!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

時間なんて自分で作るもの・・・だったんですよね。すっかり忘れていました。ようやく何かが体から抜けたような気がします。質より量・・・やっぱり音楽も効率が命なんですよね!色々勉強させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/18 23:07

私も昔、トロンボーンを吹いていました。

2年やってるのであれば、基礎はできてるのかな?なんせ肺活量が大事!腹式呼吸は毎日やってるよね?これは、日ごろから、お腹で息を溜めて、お腹から空気を吐き出すというものです。毎日やれば、絶対効果あり!!肺活量に余裕があると、なんでもできます。音量もとれるし、ビブラート、クレッシェンドなんか簡単です。音程やスライドの動きなんかは楽譜どおりでOK.ほんとに、腹式呼吸!!肺活量第一!!!がんばってね。なんか懐かしくてね。応援します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトロンボーンの練習メニュー

こんにちは。
部活でトロンボーンを吹いている高校1年生です。

この前、講師が来て
「トロンボーンは練習メニューを考えたほうがいいよ」
と言われました。
実は、私の高校はコンクールでは賞をけっこうよくとり、県大にも行ったことがある実力のある学校だったようです。
しかし、先生が変わってからはまったく賞を取れなくなり活気がなくなってしまいました。
そのせいで、自分も先輩もその先輩も・・・ほとんど知識がありません。
それを何とかしようと先輩と共に頑張っています。
でも、練習メニューの内容など何をすればいいのか分かりません。

もしよければ練習メニューの内容を詳しく教えていただけませんか?
ずうずうしくてすみません。
でも今の雰囲気を何とかしたいのです。
よろしくお願いします。

説明が下手ですみません。

Aベストアンサー

【レッスンについて】
なかなか難しい環境の中で吹いているのかもしれませんね。
部活とは関係なく、個人的にレッスンを受けてみても良いと思いますよ。顧問や部員にはレッスンを受けていることを言わなくてもいいんだし。
今の部活の雰囲気はあまり良いものでなくても、大学生や社会人になっても楽器は続けられるので、あくまで自分のために受けてみるのも良いと思います。



【楽器について】
スライドを外管だけにして片方を親指の腹で完全に塞いで、もう片方に口をあてて息を強く吹き込むと、つば抜きから空気が漏れていないかチェックできますよ。もし漏れているなら修理が必要ですね。



【ウォーミングアップとデイリートレーニングについて】
おそらく、皆で一緒に吹いているのですよね?
また、ロングトーンから始める感じですよね。
音を良くしていく、良い奏法を身に付けていくためには、毎日同じ内容をやるよりかは日によって変化をつけ、意識的に練習するのも効果的です。
個人でのアップとパートでのアップを1日おきに交互にやってみるとか、ロングトーンから始める日とタンギングから始める日を交互にしてみるとか。
その日始めて楽器を吹く時って、結構重要だと思うんです。初めてMPを口に当て、鳴らす。そしてMPを楽器に付けて音を出す。この時に色々と息の入れ方などを確認出来ます。みんなで一緒に吹くのは、5分くらいは個人個人で音を出してからにした方が良いと思います。

とにかくロングトーン、という声も良く聞くのですが、ロングトーン以外の練習によって見えてくるものもあります。
柔らかく跳ねるような音を吹いていくのも、ウォーミングアップになると思います。ゆっくりのタンギングとか。

理想では、個人個人でウォーミングアップが出来て、合わせる時は合わせる、というやり方だと思います。アップの順序を色々にしてみたり、
アップを皆でやったり1人でやったりすることで、個人個人が自分の吹き方に向き合うきっかけになれば良いな、と思います。



【アンブシュアについて】
とりあえず今は楽器に問題ないか確認するのが先決ですね。冒頭のチェックをやってみてください。
せっかく苦労して身に付けたのに、という気持ちは良く分かります。
私は今アマチュアとして吹いていますが、プロの人たちもけっこう奏法のことを気にしながら試行錯誤してやってます。今より自由自在で良い音で吹けるためと思って、前向きにチャレンジしていけば良いと思います。

アンブシュアについては別の質問に書いた通りです。
今の問題点を直す、という考え方より、一番自然な状態を常に考え、何かおかしいと思ったら自然な状態を思い出してやってみる、というやり方の方が確実だと思います。
拍を感じながら自然なブレスをし、自然にMPを鳴らすというのが一番大事なことです。アンブシュアのことを気にするあまり、口の形を意識的に作るのはマズイです。思っているより弱々しい音かもしれませんが、自然に鳴ったと思ったら楽器に付けて同じようにして吹いてみてください。どんな音になっているでしょうか。その時の楽器の音で判断してください。もし良い音だと思えたら、これまでのMPの鳴らし方は強すぎたのだと思います。

アンブシュアの問題に限らないのですが、練習パターンというよりは練習の仕方なんですよね。本当に難しいことだと思います。
MPを楽器に付けて吹いた後は、これまでに書いてきた通りです。
パターン通りに吹いても良いし、そうでなくても構いません。






曲のことだけを考えてノリノリで吹く時、どうやって吹けば良い音が出るか考える時、と分けると良いと思います。
私が書いていることって、あまりそれだけにとらわれてはいけないことだと思います。
楽しい曲を合奏で吹いている時って本当に楽しいですよね。まずこれが一番大事なことで、頭を使って楽器を吹くのはこのためなんだという認識でいれば良いと思います。よく分からなくなってしまった時でも、合奏の時は楽しく吹いてくださいね。



何か意味不明ならば補足します。

【レッスンについて】
なかなか難しい環境の中で吹いているのかもしれませんね。
部活とは関係なく、個人的にレッスンを受けてみても良いと思いますよ。顧問や部員にはレッスンを受けていることを言わなくてもいいんだし。
今の部活の雰囲気はあまり良いものでなくても、大学生や社会人になっても楽器は続けられるので、あくまで自分のために受けてみるのも良いと思います。



【楽器について】
スライドを外管だけにして片方を親指の腹で完全に塞いで、もう片方に口をあてて息を強く吹き込むと、つば抜...続きを読む

Qトロンボーンが上手く吹けないんです

私は、中学の吹奏楽部でトロンボーンをしているのですが、クラブがある日は毎日練習しているのですが、全然上達しません。
7月には演奏会があるのでそれまでには上手くなりたいです。
お願いします。上手くなる方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。

まず,何より大切なのが,こういう音を出したい!というイメージを持つ事です。
例えば,近くに上手な先輩とかがいれば,その人みたいな音が出したい!,でもいいですし,プロの人のCDを聴いて,こんな音が出したい!でもいいと思います。

次に,練習方法の前に,下に書いたような基本中の基本,知っていますか?
・正しい姿勢,正しい楽器の構え方
・正しい呼吸法
・自分にとって最適なアンブッシュア(唇の形)
ここがきちんとしないままにやみくもに練習しても,なかなか上達することはできないと思います。ここで説明すると大変な分量になってしまいますが,過去に同じようなご質問に答えたものがありますので,よろしければ参考にしてみてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382
(この質問はトランペットですが,トロンボーンでも基本は同じです。というか,私がトロンボーンを吹いているときに気にしていることなので,本来はトロンボーン用のものです^^)


練習内容については,ごく当たり前のもので大丈夫です。つまり,
・ロングトーン
・リップスラー
・タンギング
・音階
などです。学校に何か教則本があるならば,それを使ってもよいと思います。


自分の出したい音のイメージをはっきりさせて,上に書いたような基本に常に注意しながらバランスよく練習していれば,一月くらいでぐっと変わってくるはずですよ。

---
以上,具体的なことが質問文になかったので,本当に基本の基本だけ説明しました。
何か細かいことで聞きたいことがもしもあれば,できる限り協力しますので,また補足ください。

*ただし,もしも質問者さんが4月にはじめたばかりであるならば,吹けなくて当たり前です。演奏会があるからと焦らず,じっくりと基本を作っていってください。その上で,もしも無理な部分があれば,それは仕方がないと思いますよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。

まず,何より大切なのが,こういう音を出したい!というイメージを持つ事です。
例えば,近くに上手な先輩とかがいれば,その人みたいな音が出したい!,でもいいですし,プロの人のCDを聴いて,こんな音が出したい!でもいいと思います。

次に,練習方法の前に,下に書いたような基本中の基本,知っていますか?
・正しい姿勢,正しい楽器の構え方
・正しい呼吸法
・自分にとって最適なアンブッシュア(唇の形)
ここがきちんとしないままにやみ...続きを読む

Qトロンボーンの基礎を教えてください

娘が、小学校の吹奏楽でトロンボーンをはじめました。

もらってきた楽譜にヘ音記号のソをラに、ミ♭をファに書き直していました。

先輩に教わったそうなのですが、楽譜どおりの音ではいけないのでしょうか。

先生に聞いたら、先輩が合っていると言われたようです。


あるサイトで、トロンボーンの音階をみたところ、ト音記号のドは6と書いて
ありましたが、学校では、1の場所だそうです。

どのように音階や覚えればよいのでしょうか。

ピアノとは、ちがうのでしょうか。

小学生でも、わかりやすいように教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピアノとは違います。
といっても、譜面の読みは同じですが、ベースの調が違います。

これはトロンボーンに限らず、さまざな楽器で異なります。

トロンボーンはシ♭でチューニングします。

6ポジションは大人でも、腕長い男性が取れるくらい難しいです。

ですから、ドを1ポジにしたのでしょう。

ちなみに娘さんのトロンボーンにはF管がついていませんか?

普通のトロンボーンだと何もついてなくて1ポジがファになります。

F管がついていたら、ずいぶん演奏しやすいですよ。

ピアノとは違う楽器ですから、トロンボーン専門で覚えるだけです。

先生にお任せして、ちゃんとポジションを安定して覚えることが先決です。

譜面を間違えて覚える不安がありますか?

譜面は万国共通。変わりません。
それに音階練習で、ドレミファソラシドは全音階、練習しますから、大丈夫ですよ。

Qトロンボーンを安く手に入れたいのですが・・・

高校生の男です。
あるきっかけで最近トロンボーンを始めました。
今は学校のを借りて練習しているのですが、自分のが欲しくなりました。
でもYAMAHAの楽器店に行ったら目が回るような値段でビックリしました・・・
そこで安く手に入れたいのですが、どういった手段があるでしょうか?
リサイクルショップとかだとなかなか見つかりませんし・・・
お願いします。

Aベストアンサー

No. 6です。こんにちは。丁寧な補足ありがとうございます。
事情はおおよそ理解できました。熱心であるのはとても素晴らしいことだと思います(^^

しかし,前提にちょっと問題があると思います。下校時間までは学校で吹けるとして,夜に学校以外の場所でトロンボーンの練習をするのは,音量の問題でほとんど無理で,実際にできるのはせいぜいマウスピースでの練習だと思います。また,唇を慣らすという点では,マウスピースの練習でも十分に効果あります。

また,土日の昼間に学校以外の場所で練習したい場合は,今使っている楽器を家に持って帰れるようにお願いするのがよいと思います。丁寧に使えば,めったなことでは傷がついたりへこんだりしませんよ。少しの傷やへこみならばきちんと修復可能ですし。

という事で,私のお勧めは,補足への答えとは違ってしまいますが,

◎マウスピースの購入

です。楽器屋さんで,ポピュラー系の音楽がやりたいという事を説明して,いくつか選んでもらった中で,自分の吹きやすいものを選ぶのがよいと思います。できれば普段使っている楽器を持っていって,それを使って吹いてみてアドバイスをもらうのがよいです。
一般的な話としては,大きめのマウスピースだと体力的にきつくなるのと,高い音がやや出にくくなるので,やや小さめくらいがよいかな,と思いますが,自分のフィーリングと楽器屋さんでのアドバイスをもとに決めてもらえばよいと思います。

<補足1>
それでもどうしても楽器が欲しいならば,前回の繰り返しになりますが,楽器屋さんで正直に事情を説明して相談に乗ってもらってください。もちろん,高い楽器の方が潜在能力は高いですが,ヤマハの一番安いモデルでも,奏者次第でそこそこの音も出せますし(新品で数万円,というレベルの楽器もありますが,避けた方が無難と思います),信頼できる楽器屋さんなら,中古でも状態のいいものがおいてあると思います。ただし,もともと高級品が激安になっているものは何か不具合があるかもしれないので,安くなっている理由をよく聞いてくださいね。
具体的なモデルのお勧めは,申し訳ありませんが,ここではできません。実際に吹いてみて決めてください。
*ネットオークションは,自分の楽器を見る目に自信がないならば,やっぱりやめておいた方がいいですよ。

<補足2>
数ヶ月で曲が吹けるようにというのは,ぶっちゃけ,相当厳しいです。練習時間をたくさん取る事も大事ですが,練習内容はもっと大事で,まずは基本の基本(姿勢,呼吸,基礎練習方法)をきちんと押さえておかないと,効率よく上達できません。余計なおせっかいですが,参考URLは過去のQAですので,もしも興味があれば参考にしてみてください(質問はトランペットですが,トロンボーンでも同じことです)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

---
長文失礼しました。これをきっかけに,質問者さんがトロンボーン好きになってくれる事を望んでいます(笑)!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

No. 6です。こんにちは。丁寧な補足ありがとうございます。
事情はおおよそ理解できました。熱心であるのはとても素晴らしいことだと思います(^^

しかし,前提にちょっと問題があると思います。下校時間までは学校で吹けるとして,夜に学校以外の場所でトロンボーンの練習をするのは,音量の問題でほとんど無理で,実際にできるのはせいぜいマウスピースでの練習だと思います。また,唇を慣らすという点では,マウスピースの練習でも十分に効果あります。

また,土日の昼間に学校以外の場所で練習したい場...続きを読む

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む

Q吹奏楽 金管楽器で唇がはれた?!

初めて質問します。

現在高校でホルンを吹いています。
コンクールまであと1週間しかないのですが、唇が厚くなってしまい、どうも腫れてしまっているようなのです。
前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
ハッキリした音が必要とされる曲なのでなんとかしたいのですが。
どなたか同じ経験をしたことはありませんか?
よければ対処法を教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹き方,出てくる音を冷静に観察してみてください。ちょっとした調子の変動の範囲内の事が過剰に気になっているだけかもしれませんよ。

ただ,実際のところは,吹きすぎによる疲労が原因の可能性が高いと思います(もちろん,断定はできませんが)。私も同様の経験あります。

この時期,どうしても練習時間は長くなると思いますが,金管奏者の唇は「消耗品」ですので,疲労してしまったら休めるしか回復方法はありません。きちんと休息を取れば,すぐにコンディションは戻ると思います。また,回復を早めるには,#2さんがおっしゃっている「冷やす」は効果あると思います。
*ちなみに,またしても余計なお世話ですが,ある程度負荷をかけた練習は耐久力アップのために必要ですが,音が出なくなってしまってもしつこく練習を続けるのは逆効果です。

なお,練習後の疲労した唇は,粘膜が弱くなっていますので,場合によっては#1さんがおっしゃっているような状態にもなりかねません。日常の手入れにも気を配ってください。といっても,
 ・唇周辺についた汗や唾液をきれいにする
  (できればリップクリームくらいをつけておく)
 ・マウスピースも同様にきれいにする
くらいのことに気をつけていれば十分と思いますが。

もしも,原因が分からなくて&本番までに治るかどうか不安でしたら,今のうちに一度病院に行っておく事をお勧めします。大したことなくても,それが分かるだけでも気分的にはずいぶん楽になるでしょうし,ちょっとした腫れならば,薬で比較的簡単に治ると思います(これも私からは断定できませんが)。

---
長文失礼しました。素敵な音楽が楽しめるよう,がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹...続きを読む

Qどれが根音か3音か5音かがわからない

中学の吹奏楽部に入ってます。
2年生なのですがどれが根音か3音か5音か見分けができません。

和音についてのいろいろなサイトは見たのですが、どれもいまいちよくわからないです。
どれが根音かなどはどうやったらわかるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

こんちは。
NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。

free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです
たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと

遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~
コードネームをつけるとたとえばこんな感じ

C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~

それぞれのコードネームの構成音は

C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシレファ)です

このコードネームの音名(C=ド,F=ファ,G=ソ)がそれぞれの根音になります。


次に,和音のそもそもの話をします。


ハ長調を例にとると,音階は

ドレミファソラシです(※英語ではCDEFGAB)

ドを根音にした場合,一つ置きに音を重ねると

ドミソ(シレ・・・)となります。 

この場合,ミは3つ目の音なので「第3音」,ソは5つ目の音なので「第5音」と呼びます。

同様にレを根音にすると,レファラ(ドミソ・・・・)となり,
ファが第3音,ラが第5音,ドが第7音・・・・となります

通常,ハーモニーを奏でるときは,根音を一番低いパートにおいて,そのうえで和音の構成音を自由に組み合わせます。
例外的に根音以外の音を一番低く配置することがあります。たとえばC(ドミソ)の第三音「ミ」の音を最低音においてミドソとなっていても,あくまで根音はド,第3音はミ,第5音はソです。

これらは,ハーモニーの響きに慣れてくると,聞いただけでどれが根音でどれが3度で・・・・とわかるようになるのですが,慣れるまでは楽譜全体(吹奏楽ならスコア)を見て上のようなことを確認すればできます。
スコアを見ることができなければ,しっかり音を聞いて「ドミソ(C)の和音だな。だから根音はドだ」という風に判断します。

最後に,それを理解することがなぜ大切なのかの説明です。

吹奏楽などアンサンブルで純粋なハーモニーを作る際は,一番のよりどころは大体の場合バスが奏でる根音です。それに対してオクターブ違いの根音と第5音を完全に響くように合わせます。この完全協和音に対して不完全協和音の第3音を注意深く響かせます。
この場合,明るい響きの長3和音 C(ドミソ),F(ファラド),G(ソシレ)などは第3音を少し弱く低めに奏でる必要があります。そんな場合に,自分が奏でている音が根音(第1音)なのか第3音かのか第5音なのかを理解しながら奏でる必要があります。
学校の吹奏楽なら何度も同じ曲を練習するでしょうから,指導者がそれらを理解して音程を指導すれば体で覚えることができるでしょうが,将来,初めての曲でも演奏者がそれをすぐに察知して合わせられるようになりたいものです。

長々と書きましたが,ご参考まで。

こんちは。
NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。

free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです
たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと

遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~
コードネームをつけるとたとえばこんな感じ

C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~

それぞれのコードネームの構成音は

C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシ...続きを読む

Qトロンボーンのジャズの曲といえば??

今年の文化祭の一般公開の喫茶店でトロンボーンとピアノで演奏することになり、
友達からリクエストでジャズをやってほしいと言われたのですが、トロンボーン主のジャズがわかりません・・・・。
個人の意見でいいのでトロンボーンジャズといえばこの曲!!というのを教えてください<m(__)m>

Aベストアンサー

管楽器は遊び程度の経験しかないのですがアドヴァイス。
ただあなた様がどれだけジャズに親しんでいるか、それと技術力もわかりませんので基本的なところから。

まずトロンボーン主体のジャズ曲とのことですがあまりないです。
#1さんが指摘したとおりトロンボーンの曲ってのはあまりないですね。
有名な曲はいろいろな楽器、バンド編成で演奏されるのが常なので。

で、トロンボーン主体となると#2さんが回答してくださったJ.J JohnsonやKai Windingのバンドになります。
ただこの二人、超1流のトッププレイヤーで技術も凄いです。
ジャズの場合譜面の入手が非常に困難なのですが仮に手に入れたとしてもそれを演奏するのはよほどの腕が要ります。
でも演奏はとても優れているので興味があったら聴いてみてください。
これを即興で演奏してると思うと感動します。

それとトロンボーンとピアノのデュオという編成はかなり少ない(ゼロに近い)のですね。
私も1920年代から現在までのジャズを聴いてますがそういう編成は知りません。
2人というのはかなり実現不可能だと思います。

でもジャズというのは工夫次第でなんとかなるのも事実。
工夫でなんとかしてみましょう。
まず曲ですが、誰でも知ってる曲ってのは作戦の一つ。
そしてシンプルなモノ。

私のお薦めは「聖者の行進」。
メロディーがわかる。何度か演奏すると自分でアレンジできる。
本来トランペットが欲しい曲ですが金管ならどれでもOKな曲でもあり。
主旋律やピアノの譜面の調達が楽ってのもある。
これでだれかにリズムを頼む。2拍、4拍に手拍子でいいからリズムを入れてもらう。
もちろん多いほどいい。吹奏楽部などでドラムがあるならハイハットを踏むのもいい。
そして演奏が難しいなら歌ってごまかし、演奏時間を延ばす手も。
心配は要らない。この曲で有名なサッチモも歌は微妙w
youtubeなどで探してください。
アレンジの小ネタもあったりします。

それともう1曲のお薦めが「My Favorite Things」ですね。
JR西日本のあの曲。
何がいいかというと曲が長い。
ジャズの場合、主旋+アドリブ+主旋と言う構成が一般的なのですがこの曲は主旋が長い。
アドリブがなくても1曲の時間が長いのでそれっぽくなる。
トロンボーン→ピアノ→トロンボーンの主旋律で時間稼ぎができる。
これもyoutubeなどで探してください。沢山ネタがあります。
主旋律をジャズな気分で。
(ただアドリブは???なので、どんな風にあの主旋律が演奏されるかの参考までに。)
基本的な譜面は入手しやすいと思います。

あとはスイングジャズはネタの宝庫なんですがビックバンドアレンジが多いので2人ではきついかな。
 
いずれにせよジャズになれてないのならば試聴などを利用して雰囲気をつかむ。
TbとPのデュオアレンジの譜面はまず存在しないので工夫してください。
とにかくピアノとの打ち合わせですね。

もし私が同じ条件やるならって考えて書いてみました。
参考になれば。

管楽器は遊び程度の経験しかないのですがアドヴァイス。
ただあなた様がどれだけジャズに親しんでいるか、それと技術力もわかりませんので基本的なところから。

まずトロンボーン主体のジャズ曲とのことですがあまりないです。
#1さんが指摘したとおりトロンボーンの曲ってのはあまりないですね。
有名な曲はいろいろな楽器、バンド編成で演奏されるのが常なので。

で、トロンボーン主体となると#2さんが回答してくださったJ.J JohnsonやKai Windingのバンドになります。
ただこの二人、超1流のト...続きを読む

Qブレストレーニング・筋力トレーニング(管楽器)

私はいつも長く息が続かなかったり、力が足りないと注意されます。
なので皆さんがやっているブレストレーニングや、管楽器を吹く上で必要な筋肉(おなかや口の周りなど)を鍛えられる筋トレを教えていただきたいです。
また息のスピードを上げるにはどうしたらいいかも教えていただきたいです。

出来るだけたくさんの方の意見を聞いてみたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。猫背になったり,構えるときに顔から楽器を迎えにいったような感じで首が前に出ていると,スムーズに息が吸えません(=吐けません)。基本の姿勢は,リラックスして直立して,軽く(力まず)背筋を伸ばして,頭の位置は耳が肩の上に乗っているようなイメージで,ですね。いすに座っていても同じです。
*直立不動で吹け,ということではないですよ。基本さえ押さえてあれば,もちろんノリで自由に動いても問題ないです。念のため。

楽器なしでの練習についてですが,これも#2さんと似たような感じですが,最近,次のような呼吸練習を教えてもらいました。姿勢は前述の通りで,
 1.a秒鼻で吸う
 2.a×4秒止める(のどを締めて止めずに,腹筋や胸の筋肉などで止める)
 3.a×2秒かけて鼻で吐く
 4.1~3を繰り返し(ここが重要!)
止めている時間が猛烈につらいですが,その分効果ありますよ。3サイクル目あたりからたくさん吸えるようになってくるのが実感できると思います。
a=4(4秒吸って,16秒止めて,8秒吐く)×5サイクルくらいで十分すぎるぐらい大変ですが,a=7×7サイクルが最終目標らしいです。私にはまだ全然無理です(^^;

*「鼻で」というところ,理由はよく分かりませんが,そう教えてもらいました。確かにその方が効果あるみたいです。

あと,準備運動として,意外なところで,肩・胸周辺の筋肉をよくほぐすと息が入りやすくなりますよ。
(肩を前後にぐるぐる回すような感じ・・・って分かりにくいですかね^^;)

息のスピードについては,たくさん吸えていれば自然にできると思います(吸ってないものは吐けませんからね^^)。しかし,吹いている楽器やジャンルにもよりますが,圧力・スピードよりも効率(入れた息のどのくらいが音になっているか)・量・太さを意識した方が豊かな響きになることも多いです。また,力むとかえって体が硬くなって息が入らないこともあります。リラックス,というのはどんな時も大原則だと思いますよ。これもご参考に。

長文失礼しました。がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。...続きを読む

Q管楽器を吹くときに喉がつまったようになる。

昔からトロンボーンを吹いているのですが、ある日をきっかけに、特に高音を立て続けに吹いていると、喉がつまったような感覚になり、音が出なくなりました。(息が吐けない状態?)自分が楽に出せる中低音の音だといくら吹いても問題ないのですが、上のF以上を吹きつづけるともう駄目です。力が入りすぎなんでしょうか?
この癖を治す方法とか、実体験をお持ちの方、教えてください。

Aベストアンサー

 僕もトロンボーンをやってます。こういうことはよくありますよね。僕もよく悩んだものでした。しかしここはひとつ、あまり深く考えず耳を、いや目をお貸し下さい。
 
 ・『喉が詰まって』しまうということ
 …喉が『つまって』しまうというのは喉が「締まって」いるということですよね。とどのつまり、高音を出す時にムリをしちゃってるということだと思います。「高い音を出そう、出そう」と思っているうちに知らぬ間に体のどこかの筋肉(あなたの場合は喉)に力が入ってしまい、立て続けに吹いていると筋肉に疲労物質音たまり、ついには言う事をきかなくなるということは結構ありがちです。
 
 『中低音なら出せる』ということは、ある程度余裕があり、力まずとも吹けるから無理なく出せるということで。ということは、高音を出す時にも、中低音を出す時と同じ状態にもっていければ高音も楽に吹けるというわけですよね!
 
 ・リラックスする
 …中低音を出している時のことを思い浮かべてください。きっとリラックスして難なくイケてるでしょう。楽器を吹くコツは、なんといっても、リラックスすることです。トランペットやサックスやフルート、ドラムス(村上ポンタ氏いわく、『ドラムなんかは特に力を入れているように見えるけど実は逆で、力を抜いてムダな筋肉を使わずに叩けるかどうかがドラマーとしての運命を決める』そうです)、そしてギター、すべての楽器に同じことが言えるのです。リラックスすれば右脳が活発に動くようになり、演奏時なら良い音が出てくるし、作曲する時にも、良いフレーズやメロディがフッと頭に浮かんだりするというものです。
 
 ・処方箋
 …しかし、リラックスしろなどと言われてもイマイチ抽象的で分かりづらいと思います。そこでお待たせいたしました、具体的な対処法です。
 1)喉をガバッと開ける
 2)喉ではなくて腹筋から音を出す(ようにイメージして吹く)
 3)無理に高い音を出そうとしない
唇を高音に慣れさせるためには
 4)高音のロングトーン(休憩を入れながら、ジョジョに吹く時間を伸ばしてい   くと効果的!)
 5)高音を混ぜてのリップスラー etc...
 意識的なところから変革を起こしてみては?
 要は、『横着せずに、かつ、楽に吹くこと』です。互いに相反するような概念なので難しいことですし、根気と時間が必要です。くじけずに、目標を高く持って、そしてある程度気楽にガムバッテみて下さい。

 僕もトロンボーンをやってます。こういうことはよくありますよね。僕もよく悩んだものでした。しかしここはひとつ、あまり深く考えず耳を、いや目をお貸し下さい。
 
 ・『喉が詰まって』しまうということ
 …喉が『つまって』しまうというのは喉が「締まって」いるということですよね。とどのつまり、高音を出す時にムリをしちゃってるということだと思います。「高い音を出そう、出そう」と思っているうちに知らぬ間に体のどこかの筋肉(あなたの場合は喉)に力が入ってしまい、立て続けに吹いていると筋...続きを読む


人気Q&Aランキング