人気雑誌が読み放題♪

「ラグビーからアメフト」と「アメフトからラグビー」とではどちらが難しいんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 日本では大学でアメフトを始める人が少なくないことから、


大学レベルであっても初心者を受け入れる素地があります。
いっぽうでラグビーを大学から始める人はまずいないので、
小さなうちから経験を積んでいないと門前払いになります。

 これはスポーツ文化の違いであり、ラグビーのほうが難しい
ということではありません。高校でどちらかを経験している人が
大学で別のほうに進みたい場合、アメフトのほうが受け入れ体制が
しっかりしているぶん、入りやすいとは言えます。

 なお、アメフトは覚えるべきプレーの数が比べ物にならない
くらい多いことから、知性的でないとプレーできません。本能で
プレーするタイプには向いていないのです。たとえばラグビーの
プロップはアメフトならラインマンの体型ですが、プレーを深く
理解できる頭脳がないと、ラインマンは務まりません。

※ポジション別の知能テストで、QBとラインマンが高得点を
 とるというのが、本場米国における常識です。

 また競技特性として、アメフトは瞬発力のスポーツであり、
ラグビーは持久力のスポーツです。ラグビーのほうがキツイと
考えるのは、短距離走より長距離走のほうがキツイと言うのと
同じようなもので、適切ではありません。

 たとえば同じような競技レベルのラグビーチームとアメフト
チームで、スクラムを押し合うなら、おそらくラグビーが勝つ
でしょう。しかし、パスプレーでのライン合戦ならアメフトが
勝ちます。必要な能力が違うのですから当然のことです。

 なおアメフトでは防具を付けますが、そのぶん当たりはラグ
ビーより強烈です。しかもルール上、攻撃と守備は常に真っ向
から衝突するので、肉体的負担はアメフトのほうが大きいかも
しれません。カラダ表面の傷はラグビーのほうが多く、骨折や
靭帯断裂といったケガはアメフトのほうが多いと思われます。

 ちなみにラグビーはボールキャリアにしかタックルできない
のに対して、アメフトは一部の例外を除いて誰もがタックル・
ブロック可能です。よってプレー中は一瞬も気を抜けません。

 結論として、競技としてはどちらへの移行も難しいですが、
ラグビー → アメフトのほうが受け入れられやすいと言えます。
    • good
    • 0

ラグビー⇒アメフト って方は沢山見ましたが


アメフト⇒ラグビー は見たことありません。

私はアメフト経験者ですが、ラグビーをみていて防具なしで当たることがちょっと信じられません。
ラグビー⇒アメフトの移行のほうが多いと思いますし、活躍できる可能性が高いと思います。
    • good
    • 0

体力的にはアメフトよりラグビーのほうがはるかにきついと思います。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんで日本ではアメフトよりラグビーの方が人気があるの?

失礼極まりない言葉を出しますが、質問するには欠かせない要素なので許してくださいね。

スポーツニュースを見ているとラグビーのニュースとかは見るんですが、アメフトのニュースはあまり見ません。
どうしてでしょうか?アメフトは結構おしゃれなスポーツなのに対して、ラグビーは『男!』って感じのスポーツじゃないですか。それなのにラグビーって人気がありますよね。アメフトは歴史が浅いと言われてますが、サッカーも浅いですよね?どうしてアメフトは人気が出ないのでしょうか?
何か心当たりがある方教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFLになっています。
その時のとりまとめ役をしたのがピート・ロゼールです。
ロゼールはNFLを反映すべくその手腕を発揮します。
その一つがテレビ放映権の一括管理です。
そして、ABC放送とマンデイ・ナイト・フットボールの契約を成立させて、
テレビの力をバックにその人気を高めていったのです。
当時、アメリカにはテレビが一家に一台以上の時代になり、
日曜日に家族で楽しむスポーツ番組として定着して、今に至ります。
コレに比べて、野球は一元管理などの経営戦略を統一することが、
既得権益のために上手く出来ずに
フットボールにアメリカ人気ナンバーワンスポーツの座を明け渡すことになります。
こう見てみると、日本ではフットボールがアメリカで人気が上昇したときには、
まだまだ野球全盛の時代で、テレビで見るスポーツで人気があったのは、
野球の他にはプロレス、相撲、ボクシングだったのです。
そして、まだまだテレビは高級品の時代で、
テレビのチャンネルや放送時間の関係で、
番組数も限られていたため、
アメリカンフットボールの人気のための土台を作る環境になかったことが、
今の低人気に繋がっていると考えられます。


・ダウンシステムが理解しにくい

ファーストダウンについて、
至極簡単に説明して5分くらいで理解させることが出来れば、
フットボールの人気は格段に上がると思われますが、
なにせ、コレを理解させることが難しいです。
私はもう15年ほどフットボールをテレビで楽しんでいますが、
これを理解させるのは非常に難しいです。

10ヤード進めば新しい4個のダウンがもらえる
4回目に10ヤードを獲得できそうになければ、パントする
ただし、勝負に出てギャンブルもある。


これだけのことですが、実際、
これを簡単に確実に全く知らない人に理解させることが出来ない限り、
この先も日本でのフットボール人気を高めることは難しいと思います。


・かぶり物はダメ?

テレビの世界ではこういう定説があるそうです。
モータースポーツ、アイスホッケー、アメリカンフットボールのことをさすそうです。
モータースポーツもF1があるのでは?と思われるかもしれませんが、
最近はセナがいなくなったせいで視聴率も低下気味です。
かぶり物とはフルフェイスヘルメットのことを指します。
フルフェイスヘルメットをかぶるスポーツで、視聴率を取れる物は日本にはない、
と言う意味らしいです。
アメリカの四大スポーツの中で、
確かにアイスホッケーとフットボールは日本では人気がありません。
両方共に、スピード感にあふれ面白いと思うのですが・・・
モータースポーツもF1は別格として、
他のカテゴリーはほとんど在来のテレビ電波では放送されていません。
これは選手の顔の表情がよく見えないからだと云われていますが、
その辺のことは定かではありません。


以上・・・・参考になったでしょうか?

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFL...続きを読む

Qアメフト選手が履いているスパイク(靴のほうの)

アメフト選手が履いているスパイクってサッカー用とか野球用じゃなくてアメフト用のスパイクなんでしょうか?

専門店に行けばアメフト専用のスパイクが売っているんですか?

Aベストアンサー

専用シューズはナイキやアディダス、アシックスなどから販売されています。
http://www.qbclubstore.com/american_football/list?cb=8
http://shop.sportsdirectjapan.com/sports55/9.3/49968/-/mother_catalog_num.49923/

専用シューズは販売されていますが、バックスやキッカーだとサッカーシューズを履いたり、ラインだとラグビーシューズを履いているプレーヤーも散見します。クリーツ(スタッド)の規定が競技規則の規定(19mm以下等)に合っていれば使えるようです。
ラインの場合は押し合いでの土踏まずから前の踏ん張りが大切なのでラグビーのフォワード用(つま先にスタッドがあるハイカットシューズ、サッカー用はつま先にスタッドがない)を使っていることがあります。
又、キッカーやパンターは立ち足と蹴り足で違うシューズを履くこともあります。

そういや、昔、裸足のキッカーというのがいました。
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1328.html
http://blog.livedoor.jp/ballgamer/archives/3421271.html

調べてみると、アメフトには、ジャージやヘルメットは着用が義務づけられていますが、靴はそうじゃないんですね。

日本の公式規則
http://americanfootball.jp/main/contents/rule.html

第1編第4章第3条 必要な装具
すべてのプレーヤーは,以下の必要な装具を着用しなければならない。
a. ヘルメット
b. ヒップ・パッド
c. ジャージ
d. ニー・パッド
e. マウスピース
f. パンツ
g. ショルダー・パッド
h. ソックス
i. サイガード

専用シューズはナイキやアディダス、アシックスなどから販売されています。
http://www.qbclubstore.com/american_football/list?cb=8
http://shop.sportsdirectjapan.com/sports55/9.3/49968/-/mother_catalog_num.49923/

専用シューズは販売されていますが、バックスやキッカーだとサッカーシューズを履いたり、ラインだとラグビーシューズを履いているプレーヤーも散見します。クリーツ(スタッド)の規定が競技規則の規定(19mm以下等)に合っていれば使えるようです。
ラインの場合は押し合いでの土踏まずから前...続きを読む

Qアメフトとラグビーの大きな違い?

知人に尋ねられました。

「アメフトとラグビーの大きな違いって何でしょうか?
前にボールを投げられないぐらいのルールしか(ラグビー)知らないもので・・
大きな違いで結構ですので、ご指南願います。」と。

私は、アメフト・ファン歴30年強。相手も、年代はほぼ同じです。

どうやって説明すれば良いでしょうか?
はて困ってしまいました。どんなご意見も大歓迎です。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)アメフトは野球と同じように攻撃と守備が明確に
分かれている。いっぽうラグビーはサッカーと同じで、
攻守が刻々と変わっていく。

※個人的にはアメフト・野球・バスケがわりと似ており、
いっぽうでラグビー・サッカー・ホッケーも似ています。
違いは前者が米国生まれ、後者が欧州生まれですね。

2)アメフトは1プレーごとにプレーが完結する。
ラグビーはボールをつないでいる限り、プレーが続く。
だからアメフトでは2回以上パスすることはほとんど
ないが、ラグビーではパスを回していくのが普通。

3)アメフトは基本的に誰に対してもタックルや
ブロックが可能。だから状況を周りで見守っている
プレーヤーはいない。ラグビーはボールキャリアに
対してのみタックルできるので、周りで状況を見守る
必要がある。

4)細かいところだと、ラグビーは誰でもボールを
蹴ることができ、プレー中にも蹴ることができる。
アメフトではキック専門のプレーヤーしかボールを
蹴ることができず、プレー中に蹴ると反則になる。

5)ラグビーは相手陣内にいても圧倒的に有利とは
限らない。ボールの場所はわりと簡単に動かせる。
いっぽうアメフトはフィールドのどこにいるかが
ものすごく重要。1インチ進むのに苦労することもある。

1)アメフトは野球と同じように攻撃と守備が明確に
分かれている。いっぽうラグビーはサッカーと同じで、
攻守が刻々と変わっていく。

※個人的にはアメフト・野球・バスケがわりと似ており、
いっぽうでラグビー・サッカー・ホッケーも似ています。
違いは前者が米国生まれ、後者が欧州生まれですね。

2)アメフトは1プレーごとにプレーが完結する。
ラグビーはボールをつないでいる限り、プレーが続く。
だからアメフトでは2回以上パスすることはほとんど
ないが、ラグビーではパスを回していく...続きを読む

Qサッカーシューズとラグビーシューズの違い

サッカーシューズとラグビーシューズの違いを教えてください。
イギリスで、8歳の子供をラグビー教室に入れました。
スパイクシューズは、適当にスポーツ用品店で買ったのですが、
練習の時、コーチからそれはサッカー用だと言われました。
理由の説明が英語のためよく理解できませんでした。
(そもそも、英語をよく理解できないことがもんだいですが、、、、、)

なので、サッカーシューズとラグビーシューズの違い、見分け方があれば、
教えてください。

Aベストアンサー

サッカー、ラグビーの経験者です。
簡単に言えば、ラグビーシューズの方がつくりは頑丈だと思います。サッカーにラグビーシューズは使えませんね。足のいろんなところを使う繊細なタッチはできません。しかし、ラグビーだってキックしますから全くサッカーに使えない事はありません。とはいえ、サッカーにわざわざラグビーシューズを使う人はいないでしょう。逆にサッカーシューズをラグビーに使う人は割といるんじゃないかと思います。理由は安いからです。ただ、サッカーシューズをラグビーに使うとラグビーシューズよりは早く壊れると思います。

サッカーシューズ、ラグビーシューズともにソールは固定式と交換式があります。他の回答者へのお礼に「前4本後ろ2本」と書かれていましたので交換式でしょうか。交換式であれば、サッカーシューズにラグビー用のスタッドをつけてしまえばOKです。もちろんそれぞれ専用に開発された物ですからスタッドの位置は異なるでしょうが、そんなことはほとんど気にならないでしょう。ただ、前5本とか前6本とかがラグビー用としてふつうである様な気がします。バックスなら前4本でも良いのでしょうが、フォワード用なら前5本や6本の方が良いのかもしれません。

見分け方は、ハイカットやミドルカットならラグビー用だとわかりますが、ローカットならメーカーや商品に詳しい人でなければわかりません。交換式スタッドなら、サッカー用がついていればサッカーの靴だと思うでしょうね。

ちょっとおかしいな、と思う点が2点あります。1点目、8歳の子供用に交換式のスパイクがあるのだろうか。ジュニア用はたいてい固定式ではないでしょうか。2点目、コーチはサッカー用はダメだ、買い直せ、と言ったのでしょうか。固定式ならサッカー用もラグビー用も芝でプレーする上では大して差がないように思います。とすればコーチは交換式を推奨したのでしょうか。まだ骨格ができていないし筋力も弱い子供には交換式はオーバースペックという気がしますし怪我を誘発する(自分の身体を痛めることに加え、他のプレーヤーを痛めつけてしまう)のではと懸念します。実際、日本の少年ラグビースクールの中には「交換式は禁止」「サッカー用の固定式でも可」としているところもあるようです。

もしラグビー用を購入されるのであれば、日本製が軽くて良いと思います。海外の物は重いし足形が日本人向けではない。ブルーソールやランバードが良いと思います。

サッカー、ラグビーの経験者です。
簡単に言えば、ラグビーシューズの方がつくりは頑丈だと思います。サッカーにラグビーシューズは使えませんね。足のいろんなところを使う繊細なタッチはできません。しかし、ラグビーだってキックしますから全くサッカーに使えない事はありません。とはいえ、サッカーにわざわざラグビーシューズを使う人はいないでしょう。逆にサッカーシューズをラグビーに使う人は割といるんじゃないかと思います。理由は安いからです。ただ、サッカーシューズをラグビーに使うとラグビーシュ...続きを読む


人気Q&Aランキング