『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

試合後のエールの交換?と言いますか、両チーム集まって親指を立てて相手を称える儀式みたいなものについて質問なんですが、あれは何を言ってるんですか?
大学別に違うんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

セリフが正式にはHip!Hip! Hoorayのようです。

イギリスでの万歳三唱みたいなものです。
ラグビーはイギリス発祥で、日本には慶応大学のイギリス人教員が伝えたので、
そのようなエールの交換もイギリス式を伝えて、いろいろな大学に伝わっているのだと
思われます。
とかいいながらも、自分が現役のときも#1さんのはじめの方に書かれている、
hip, hip, hipでした。
    • good
    • 0

エール交換です。

試合の後に両校の健闘を称えあっています。

Three cheers for 相手の大学名 university rugby football team(ここまではキャプテンが), hip, hip, hip。
最後のhipの時に親指を上に向けて、上下しながら部員全員が復唱しますと書いてありましたが。

私たちの時は、試合の終了したグランドでではなく、両チームの選手、スタッフでアフターファンクション(交流パーティー)(簡単なつまみとビールやジュースが振舞われて)が試合の後に開かれ、最後に両校が部歌と上記のエール交換をしてました。
その時は確か、hipはキャプテンが叫び、その後他の部員が続いてPlay!!と叫んでました。(hip Play=直訳すると「粋なプレー」)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング