『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

いつもお世話になっている年上の(50代半ば)の方に、感謝の気持ちを込めて、
お礼の品をプレゼントしようと思っています。最近誕生日を迎えられたとのことなので、
それにあわせて贈り物を考えているのですが、男性のプレゼントって
何がいいのか分からず、困っています・・・

その方は山登りが趣味なので(結構、本格的)、ネクタイなどよりも、
アウトドアに必要な物をプレゼントする方がいいかなと思っています。
たいていの物は持っておられると思いますが、山登りで「あったら便利な物」
「いくつあっても困らない物」などがありましたら、教えて頂けると幸いですm(__)m 

予算は1万円以内で、今週金曜日にお会いする予定なので、
それまでに買いたいと思っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 難問ですね~。

相手の登山スタイルや持っている装備が判っていれば、「これは絶対喜ぶぞ」というのを選ぶのは難しくないのですが・・・

 自分自身(40代前半、登山歴30年弱)がもらって嬉しいモノ、という観点で考えてみます。
 ちなみに「冬も登る人」という前提です。

 まず、アンダーウエアやソックスは、確かにいくつあっても邪魔にはならないですし嬉しくないことはないのですが、これらは"消耗品"なので、ちょっと「プレゼント」という情緒には欠けるかもしれません。
 アンダーであればパタゴニアやアイスブレーカーなど、ちょっと自分で買うには高めの微妙な価格帯のモノが良いかもしれません。モンベルは当たり前過ぎて、モンベルが良いと思っている人はアンダーは全てモンベルで統一しているかもしれませんし(事実、モンベルのアンダーは非常に良い)、持っていない人は「モンベルなんて安物メーカー」と思っている人かもしれません。

 コッヘルはそれこそ、自分の山行パターンで使うタイプのモノは全て揃えていると思うんですよね。ないと困る道具ですから。
 また、1つ買えば20年くらいは使えてしまう道具なので、更新する機会も滅多にないし、サイズや形状、材質に拘ればキリがない道具でもあるので、プレゼントがツボにはまる確率は低いような気がします。

 ナイフは喜ぶ人が多いと思います。ただ、自分のことを考えると、山で使うかどうかは別かもしれません。
 私の場合は、山でナイフを使うような調理はかなり徹底して避けていますし、する場合は"包丁"を持って行きます。本当に重宝するのは常時首からぶら下げておけるくらいの小型ナイフです。ビクトリノックスの一番小さなナイフ(小指くらいの大きさ)が一番気に入ってます。
 ちょっと本格的な冬山だと、テント内で就寝中に雪崩でテントが流されたりすると、ナイフがないとシュラフからもテントからも脱出できません。そのためには首から常時ナイフをぶら下げておかなくてはならないので、可能な限り小型のナイフが必須です。私、山でナイフってこれ以外に必要と思ったことがない、というかそういうスタイルの登山なので。
 でも、ビクトリノックスの中型の10徳くらいのナイフは喜ぶ人が多数派だとは思います(私は使う機会がないでしょうが)。

 というわけで、山道具って人それぞれの拘りが強いですし、そもそも「必要なモノは既に持っている」のが前提なので、プレゼントとして良い(たいていの人が喜び、ちゃんと山で使ってくれる)モノを考えるのは難しいですね。

 手袋なんてどうでしょう。冬も登る人というのが前提ですが。
 手袋は山に1つしか持っていかない、ということはまずありません。必ず予備の手袋を持つのが普通です。
 メインの手袋はそれこそその人それぞれの拘りで気に入ったものを持っているとは思うのですが、予備の手袋としてプレゼントしたものが装備品に加えてもらえる可能性は高いです。
 また、私自身の経験だと、手袋って拘る割には使ってみると「お、これも良いじゃん」と思うことが多いです。つまりモノさえ良ければメイン装備に繰り上がる可能性すらある、ということです。

 例を挙げればこんな感じのモノ。これはパタゴニアですが。
http://www.patagonia.com/web/jp/product/product_ …

 本来、手袋はフリースやウールのインナー手袋と防水生地で作られたアウター手袋を重ねて使うのが定番です。インナーとアウターが一体になったものもありますが、使用状況が限定されてしまいます。

 なので、ここに挙げたような「基本的にフリース製なのだけど、防風性も確保された造りでアウター手袋なしの単独でも使用可能な造り」という仕様の手袋は、「予備手袋」としては非常に良い狙いかも。
 しかも掌が革張りでちょっとした高級感もあり、という感じで良い感じだと思うのですが・・・ま、私がもらって嬉しい、ということですが。

 パタゴニアでなくてもアウトドアデザインズなどから同様の手袋が出ています。価格帯も1万円前後でデザインもなかなか良いのがあります。パタゴニアは取扱店が少ないので、モノを探すにはちょっと苦労するかもしれませんが(でも東京などの大都市だったら大丈夫でしょうが)、アウトドアデザインズやアウトドアリサーチ、ロウアルパインなどでしたら好日山荘などでも取り扱っているので探しやすいでしょう。

 実はモンベルだとクリマバリアグローブというのが機能的にはほぼ同等なのです。私も1つ持っていますが、高山帯でなければメインで使える良い手袋です。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
 でも、モンベル製品って機能、品質の割には安くて好きなのですが、プレゼントにするにはどうにも色気が欠けている気がするのは私だけでしょうか・・・?

 ま、あくまで一提案ということで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わああああ~!さすが登山歴30年だけあって、
ものすごい詳しいアドバイスをありがとうございます(*^_^*)
ちなみにその男性は登山歴3年くらいだそうですが、
毎週末はあまり高くない山を登ったりして鍛えているそうです。
そして、お休みの時などに、日本百名山を少しずつ登って制覇を目指していたり、
関西なので六甲縦走したり・・・といった感じなので、
Jagar39さんほどのベテランさんじゃなさそうです・・・(^_^;)

手袋、いいアイデアですね!
コッヘルは多分持っておられるような気がしたので、
ナイフ、手袋、下着、靴下あたりで考えてみますね。
手袋は価格もちょうどよい感じですね!
大変参考になりました。ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2008/11/24 01:52

何でも良いです。

ただ、最高のものを。予算がありますから、その範囲内で買えるものをセレクトして。例えば、下着、靴下、スパット(泥除け)、ストック、ハット、ジャー、コッヘル…何でも良いです。
「貰った。最高のものを。」…これで、貰った人は完全に満足すると思います。お店(できれば専門店)の人に、予算を告げ、選択していただければと思います。お店の人が素人でなければ、「あなたなら、欲しいものは?」も一つの手段です。
繰り返します。何でも良いです。予算内で買える最善の一品を。貰った人は思いっきり感動する可能性大です。
一言添えて。…「持っていたらゴメン」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最高のもの・・・ですね!
予算が1万円っていうのは、どうなのか分からないのですが、
(山用グッズって結構高いんですもの・・・(^_^;)
店員さんと相談しながら、品質のいいものを選びたいと思います。
泥除けもいいかなぁ~。ありがとうございました!\(^o^)/

お礼日時:2008/11/24 22:45

高機能のアンダーウェア(シャツ)をお勧めします。

登山では重ね着をするのですが、そのベースとして使えるのはもちろん、普段の仕事の時にも、Yシャツの下に着ることによって、ウォームビズやクールビズとしても役に立つのです。
例えばユニクロやイトーヨーカドーにも同機能のアンダーは売っているのですが、山用品の店で選んだものを贈ることによって、ちゃんと自分の趣味もわかってくれているのだな、と喜ばれるのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アンダーウェアですね!
最初、ユニクロのCMでやってるヒートテックっていうやつが
思い浮かんだんですが、安物過ぎますね(^_^;)
山用の専門店でいいやつを見てきます!
ありがとうございました\(^o^)/

お礼日時:2008/11/24 22:43

こんにちは!


マラソンランナーです。山も走ります。山岳大会も出ます。
その経験から回答いたします。
例えば,マラソン用品をもらっても,自分に合ったものが判っているので,ありがた迷惑です。
マラソンランナーなら,もらって一番喜ぶのがビール券です。胃腸が丈夫でないと走れないので,結果として呑める,特に走ったあとのビールが大好きです。
ですからランナーにはビール券が一番良いです。
山男は,たいがい酒が好きなことになっています。

それで,私のアドバイスは,(1)ビール券(2)商品券(山のお店で使えるもの)です。
登山の知識がないのに山用品を贈るのは,押入れに入れたままになる可能性があると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは。
ビール券ですか。なるほど・・・
山の店で使える商品券などがあるとは知りませんでした・・・
確かにとっても実用的ですね(*^_^*)
でも、今回はお誕生日プレゼントなので、できたら品物にしたいな・・・と思っています。ビール券はまたの機会に参考にさせてもらいますね!ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2008/11/24 22:41

どういうスタイルの山登りかわかりませんが、


私だったら、コッヘル、ナイフのそれなりにいいものは何個あっても困りませんね。
コッヘルはいいものをなかなか自分で買いませんし、鍋のセットなので行く場所によって数や種類の構成が選択できると便利なのです。
ナイフも同様で、ビクトリノックスとかスイスアーミーは贈答用の箱もしっかりしてますし、コッヘルもナイフも1万円くらいが丁度高級品です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コッヘルっていうアドバイスは他にもあったので、
やっぱりあったら便利なんですね~。
コッヘルはもしかしたら持っておられるかもしれないので、
一回、ナイフのいいのも見てみたいと思います。
ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2008/11/23 23:35

5cmくらいの 月桂冠 ではだめですか?


どうぞ、ご無事で、との意味で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

月桂樹ってそんな意味があるのですね。知りませんでした・・・
とても洒落ているのですが、いつもお食事をご馳走になったり、
相当お世話になっているので、今回は品物を・・・と考えていました。
月桂樹のアイデアはまたの機会に使わせて頂きますね!
ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2008/11/23 23:32

山用のアンダーウェアや靴下です。



山登りは、自分で荷物を担いで行き、わずかな重量増でも疲労度に影響します。
極力荷物を軽量化しますが、だからと言って、救急車も呼べないような山中ですから、
必要なものを持って行かなかったり、途中で壊れるようなことがあってはいけません。

必要な物は必ず持ち、使わない物やあったら便利程度のものは持たないのです。
真面目にやればやるほど、歯ブラシ1本まで、道具は厳選しています。
素人が良さそうだ~と思ってあげた物は、まず押し入れに行ってしまいます。

靴下や下着は、登山では生死を分けることがあるくらいのアイテムでありながら、
消耗品で数も必要で、しかも価格が高いのです。
ですから、サイズさえ分かれば、そこら辺をあげれば、喜ばれるかと思います。


アンダーウェアに抵抗があるのであれば、山用の傘などはどうでしょう。

本格的な登山では傘など持っている余裕などないのですが、
山の麓を探索するときや低山などは、レインウェアよりも傘の方が楽です。

山は風が強いですから、一般の折りたたみ傘はあまり役に立たず、
登山用の傘というのは、軽量化しつつも強度が強くなっています。
もし、山登りに使用されなかったとしても、お仕事など、町でも役に立つ商品ですから。
なまじ山用品をあげて好みを外すよりは、流用できるものの方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

山登りって、そこまで厳選されるもんなんですね・・・スゴイ!
でも、確かに背負うとなると重いし、1つ1つの物に気を使いますよね。
下着や靴下、私も最初考えました。
これなら、なんぼあってもいい感じですね。
専門的なことが分からないので、店員さんに聞いて見てみますね。
傘もいいアイデアですね。山用の傘があるなんて知りませんでした。
それもチェックしてみます(*^_^*)
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/23 23:29

山グッズも機能にあわせてこだわりのあるものを


持つことが多くて難しいのですが、
強いて言うなら

バンダナ でしょうか。

いっそのこと、チタンのコッヘルセットとか、
テルモスの水筒なんてのは喜ばれるかもしれませんが。。
こちらは趣味色が強くて、あわなければ困りものともいえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

バンダナですか。なるほど~。これなら買えそうですね。
コッヘル、というのが最初は分からなかったのですが、調理器具ですね。
以前、「山にガス?バーナーとか持っていって、ラーメンとか食べると美味しいよ」とか
おっしゃってたので、もしかしたら持っておられるかもしれないのでしが、
好日山荘とか、モンベルなどのお店をのぞいてみますね!
ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2008/11/23 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Qどのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

アラサー女性、登山初心者です。

どのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

最初は、「ゴアなら間違いない!」と考えていたのですが、
きちんと調べて防水性と透湿性の数値を比較したり、
素材だけでなく、袖口や、フードのフィット感など、
機能性も大切だと気がつき、いろいろ調べすぎて、
逆になにを買ったらよいのか、分からなくなってしまいました。

耐久性だけを考えればゴアがダントツなのでしょうが、
20年同じウェアを使用することはないと思います。
そう考えると、他の素材でもよい気がしてきました。

・防水性20,000以上、透湿性10,000以上
・フードのフィット感などを試着していいものを選ぶ
・デザインも楽しみたい
・金額は、ジャケット単体なら23,000円くらいまで
・比較的軽量

ストームクルーザーがとてもいいのは理解しているのですが、
とりあえず一度、候補から外してみたいと思っています。
(ただし、ジャケット単体で購入した場合は、
高いので、パンツはモンベルにするつもりです)

【質問1】
既述の条件で、おすすめのレインウェアを教えて下さい。
【質問2】
もし、既述の条件以外に、追加した方がいい基準がありましたら教えて下さい。
もしくは、変更した方がいい箇所があればご指摘下さい。
【質問3】
これからの時期に買うとしたら、ジャケットとレインウェアと兼用で
使えるものをお店の人に薦められました。
私は、レインウェア自体が最初の購入ですし、
まずは、季節を問わず軽量でレインウェアとして単体で機能するものをと考え、
寒さ対策はその分着込むと考えているのですが、どう思いますか?

モンベルとパタゴニアはアフターケアが信頼できる、
日本のノースフェイスは、実際は日本での企画が多くあまりよくない、
という情報を頭に入れていたつもりだったのですが、
今のところ私が選んでいるのは、ノースフェイスだったりします。。

http://item.rakuten.co.jp/spotaka/csltnfwmn034/

コロンビアはまだあまり見たことがないので、今度みてみようと思っています。

以上、長々と申し訳ありません。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

アラサー女性、登山初心者です。

どのレインウェアを買おうか、悩んでいます。

最初は、「ゴアなら間違いない!」と考えていたのですが、
きちんと調べて防水性と透湿性の数値を比較したり、
素材だけでなく、袖口や、フードのフィット感など、
機能性も大切だと気がつき、いろいろ調べすぎて、
逆になにを買ったらよいのか、分からなくなってしまいました。

耐久性だけを考えればゴアがダントツなのでしょうが、
20年同じウェアを使用することはないと思います。
そう考えると、他の素材でもよい気がしてきま...続きを読む

Aベストアンサー

 初心者であればこそ、最初は素直にストームクルーザーを購入するのが良いのではないでしょうか。
 ストームクルーザーを何年か様々な条件下で使用すれば、次のウエアの購入を考える頃にはきちんとした「レインウエアの基準」ができていると思います。

 私は30年ほどの登山歴の中で、家族用や仕事に使う備品まで含めると少なくとも30着はレインウエアを購入して使用していますが、様々な仕様と価格を考慮すると、理屈だけで選ぶと一般的な登山用としてはストームクルーザー以外の製品に存在意義はない、とすら思います。
 私は個人で使うものは数年前に2着買いましたが、後はストームクルーザーは避け続けていますが、それはもう好みでしかありませんから。

 質問者さんの条件ですが、重量は設定すべきでしょう。
 ジャケットで23,000円ということは、上下で35,000円くらいまでは考えておられるのでしょうが、その価格帯でレインウエアを選ぶなら、カタログ値で上下で600gは最低ラインでしょうね。実測値はまた別ですが、例えばモンベルだとMサイズの平均重量と明記されているので、そのカタログ値での話です。例えばパタゴニア等のアメリカサイズで販売されているウエアでは、同じMサイズでもパタゴニアの方が一回り大きい(パタゴニアのMはモンベルのL相当)ので、重量を比較するときに補正は必要ですが。

 ゴアテックスが抜群の耐久性を誇るのは事実です。
 私は30年前のゴアテックスのオーバーズボンをまだ持っています。シームテープは全て剥がれ、ポケット等も取れてしまってウエアとしてはとっくの昔に寿命を迎えていますが、ゴアテックスの生地そのものは防水性も透湿性も落ちていません。
 私はゴアテックスのシュラフカバーも持っていますが、これも25年使用していますが、レインウエアほど使用頻度は高くないにせよ、これも今でも普通に使用できます。性能はまったく落ちていません。
 ゴアテックス以外の防水透湿性素材には、ウレタンコーティング系のものがあるのですが、これはコーティングですので必然的に経年劣化します。

 ゴアテックスウエアは、きちんとメンテナンスする限り一生モノとすることも十分可能なのですが、まあ確かに20年同じウエアを使うことはないですよね。私も30年前のモノを持ってはいますが、今じゃ雪かきにたまに引っ張り出すくらいですから。カミさんはつい最近まで20年前のレインウエアを使ってましたが。

 モンベルとパタゴニアのアフターサービスがずば抜けているのも本当です。
 酷い破れでも、何年前のモデルでも修理を受け付けてくれますよ。パーツのばら売りもしてくれますし。
 パタゴニアも同様です。パタゴニアはテクニカルウエアについては永久保証です。私も2年ほど使用したレインウエアを半ば自分のミスでダメにしたとき、全額返金してもらったことがあります。明らかに自分のミスならダメだったでしょうけど。

 アメリカ製が粗悪というのはそれこそ偏見でしょう。
 まあ日本メーカーのものでも最近はほとんどが中国製です。これだけ経済がグローバル化している現状で「○○製」を気にするのはほとんど意味がないでしょう。要は、設計や仕様がどれだけきめ細かいか、またそれらを製品化する際の技術がどれだけ確かか、ということしかなく、それは実際の製品を見て確かめるしかありません。耐久性のように何年も使用しないと判らないこともありますし。

 耐久性といえば、モンベルの弱点は縫製ですね。製法技術というか、凝った製法はたくさん考案していますが、解れのトラブルはモンベル製品は多いです。補修してくれるので私は気にしていませんが。

 ノースフェースについては、私はウエアやウエア以外のギアをいくつか購入して使用したことがありますが、どれも気に入りませんでした。
 まあ、本家のノースフェースとはほとんど関係がなく、日本のノースフェースはほぼ「ゴールドウイン」と言って良いブランドなのですが、ゴールドウインがノースフェースのバッジを付けずに自社ブランドで勝負していたら、今のような人気は出なかったでしょうね。また、こんな強気な値付けもできないでしょう。
 つまり、「スポーツ量販メーカーのアウトドアブランド」という意味ではタラス・ブルバ、オンヨネあたりと同じ立ち位置にいるブランド、ということです。
 アメリカノースフェースも、造りは非常に丁寧ですよ。パタゴニアもアメリカブランドですが、造りは日本のノースフェースよりよほど丁寧です。

 ノースフェース(ゴールドウイン)も、別に致命的に劣るとか良くないとかいうことはないですが、積極的に薦めるような製品は見あたりません。

 質問者さんが購入を考えているドットショットジャケットですが、これはハイベントというノースフェースオリジナルの防水透湿性素材を使用したウエアです。
 このハイベントですが、いわゆるウレタンコーティング系の防水透湿性素材です。これは性能そのものは一概には言えませんがゴアテックスと比較して決定的に劣るというわけではありませんが、コーティングなので耐久性ははっきり落ちます。

 何よりウレタンコーティング系の防水透湿性素材は「安価」が売りなんですよ。
 モンベルでいえばスーパーハイドロブリーズと成り立ちも実際の性能も似たところにある製品ですから、この価格は高すぎです。バーゲンで半額になっていれば、デザインが気に入れば買っても良いな、と思う程度の製品です。
 どれだけデザインが気に入っても、私ならハイベントに2万円も出す気はしないな・・・

 最初のレインウエアは1万円クラスの安価なモノ、という考え方はあると思います。モンベルだとスーパーハイドロブリーズ、オンヨネのブレステック系など、安価で性能も良いモノはたくさんありますから。ノースフェースのハイベントも本来はこのクラスなんですけどね。

 ですが、3万円クラスを購入対象にするのなら、最初はストームクルーザーを強くお奨めします。
 これを使い込めば、レインウエアに対する自分なりの「基準」ができますから、そうすると次はいろいろ独創的な選び方ができると思いますよ。

 初心者であればこそ、最初は素直にストームクルーザーを購入するのが良いのではないでしょうか。
 ストームクルーザーを何年か様々な条件下で使用すれば、次のウエアの購入を考える頃にはきちんとした「レインウエアの基準」ができていると思います。

 私は30年ほどの登山歴の中で、家族用や仕事に使う備品まで含めると少なくとも30着はレインウエアを購入して使用していますが、様々な仕様と価格を考慮すると、理屈だけで選ぶと一般的な登山用としてはストームクルーザー以外の製品に存在意義はない、とすら...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q登山が趣味の父へのプレゼント

母の日が終わり、父の日が控えていますが・・・
父(59歳)は登山が趣味で、休日は近所の山へ春は山菜、秋はキノコを取りに行ってます。
また、数年に一度程度のペースで盆や正月などの長期休暇を利用して氷ノ山や石鎚山などを登っているようです。
その父からTシャツをリクエストされました。
そこで登山向きのTシャツを探しているのですがどのようなものが良いのかわかりません。
オススメのメーカーや機能性を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

山歩き用の T シャツは、吸水速乾性素材を使ったものが良いですよ。
私は「ダクロンQD」という素材の T シャツを愛用しています。
インターネット上で「ダクロン」で検索すれば色々見つかるでしょう。

QG.Wの時期 雪がほとんど残っていない お勧めの山

新しく質問を建てました。

小学6年の息子が軟弱なので、少し鍛えるべしと、山行きを計画していますが、G.Wの時期は高い山は半端でないくらいの雪が残っているようです。
東京から車で前夜から出て、現地で仮眠をとると言うスタイルで、行ける範囲、できれば甲信越地方で、この時期にお勧めの山はどんなところがあるでしょう。

2泊3日程度を考えております。
危険な箇所は避けたいですが、体力勝負的なところができたら望ましい。

上高地一帯は夏の予定にしておりますが、こだわらないとします。

Aベストアンサー

#5です
 先の回答の時点では、今後登山をする予定が有るか否かが不明でしたのでオンヨネのレインウェアを紹介しましたが、今後継続の予定が有るのでしたらゴアをお薦めします。それは多くの防水透湿製品の内で耐久性が図抜けているからです。
 実は我が家の息子にも確か小学5年生のときにモンベルのストームクルーザーのSサイズをを買い与えました。南北アルプスや東北の深い山も縦走させましたのでアウターの良し悪しは命にかかわりますから。現在高一(174cm-62kg)ですが山を普段歩かせていると若いうちは太らないので今でも幅は何とか間に合っています。
 勿論、長さはツンツルテンですが、靴と違って、アウターは幅さえ合えば裾丈や袖丈に関しはかなり融通を利かせる方法が有ります。それは登山用スパッツとオーバーグローブ(中綿の無し)を組み合わせればいいのです。
 これらは共にゴアをラミネートしており、スパッツは膝下までを、オーバーグローブは肘下までをカバーします。いくら丈が短くなっても半そで半ズボンではありませんので雨は確実に遮ります。最近急に肩幅が広くなってきたのでそろそろ買い替えですが。

 私も息子に体力的な負担を伴う登山をさせておりましたので、前回の回答では特に触れませんでしたのが、質問中の「危険な箇所は避けたいですが、体力勝負的なところができたら望ましい。」との文章がいささか気がかりです。経験上、体力勝負の山が一番事故が多いように感じるからです。山の事故は、危印のあるところより、大半はなんでもないところで起こっているように感じられます。見るからに危険な場所では誰でも慎重に行動しますが、疲労が蓄積されると注意力や判断力もおかしくなり、なんでもないところでもズッコケます。統計的に滑落や転倒に分類されている事故も本当の原因はその前段階での疲労ではないでしょうか。
 体力差が大きいパーティの場合、遅れている人間は当然疲れますが、待たされる側は汗冷えにより体力を奪われます。昨年大量遭難死が起きたトムラウシは危印の全くない体力勝負の2泊3日コースですが、体力の無い者が遅れだし、体力のあるものは待たされ過ぎているうちに体温を奪われ、両者とも疲労凍死に至ったのではないかと推測しております。
 
 質問者の方は、悪天候でビバークするだけの経験があるとは思えませんでしたので、前回の3コースは緊急避難用に複数の小屋が有ることを大前提に選定しました。
 因みに、前回の3コースの踏破距離と累積標高差は、丹沢山系は22kmと2000m、大菩薩は16.4kmと1650m、雲取は23.6kmと1820mになります。都庁の展望台が約200mですから、あれを8往復乃至10往復することになり、山慣れている人間でも日帰りの限界に近いと思います。トレイルランの様に極端に荷物や靴が軽い場合は別ですが。
以上気づいたことを思いつくままに。

#5です
 先の回答の時点では、今後登山をする予定が有るか否かが不明でしたのでオンヨネのレインウェアを紹介しましたが、今後継続の予定が有るのでしたらゴアをお薦めします。それは多くの防水透湿製品の内で耐久性が図抜けているからです。
 実は我が家の息子にも確か小学5年生のときにモンベルのストームクルーザーのSサイズをを買い与えました。南北アルプスや東北の深い山も縦走させましたのでアウターの良し悪しは命にかかわりますから。現在高一(174cm-62kg)ですが山を普段歩かせていると若いうちは...続きを読む

Q山登りに強くなるよう持久力をつける訓練としてはどのようなものがあります

山登りに強くなるよう持久力をつける訓練としてはどのようなものがありますか? 39才女性です。
週末ごとに400m程度の岩山に登りますが、ひぃひぃ、ぜいぜいで、なかなか登頂出来ません。勿論、急いで登る必要もなく、自分のペースで登ればいいのですが、いつまで経っても楽に登れるようにはなりません。登りは苦手なんですけど、下りは結構なペースで下りることが出来ます。登りは足がだるいですね。途中で休憩すると一気にモチベーションが下がって、そこから先はどんどんペースダウンします。嫌々登っているのではなく、好きで登っています。主人を驚かせるぐらい、サクサク登れるようになりたいです。日頃は一日7000歩平均でウォーキングしていますが、それと登山とは別物ですね。足に重しをつけて歩いたりしたこともあったのですが、洋服の関係であまり大きいものは足にはつけられません。なにか山登りに強くなるよう体を鍛える方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

私も30代後半(女)です。登山のトレーニングは登山が一番だそうですが・・・
それ以外という事であれば、皆さんがすでに記述している通り、脚力に関しては階段の上り下りが一番良い方法です。私は階段昇降とスクワットをしていたので足がフラフラする事はありませんでした。大腿四頭筋を鍛えるととても楽です。
更にマラソンなどの有酸素運動を行い、心肺機能を高めておけばゼーゼーヒーヒーしないのかな?と思います。
サクサク登山プラス怪我の無い様にある程度体を鍛えて登山したいですね♪

Q【脳・頭・意識】一瞬落ちる。一瞬グラっとする。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっていません、見えています。
お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。
金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。
身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。体勢はしっかりとしています。
3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。
現在まで、20回程度です。

おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。
自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0.3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。
いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。
また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。
とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。(気づかれません)


【症状説明】
*エレベーターを一階分落ちるような感覚
*会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。
*頭がグラッと落ちる感覚。
*周囲の音が一瞬絞られるような感覚。
*症状が一瞬(0.3秒くらい)
*意識はある。
*症状の最中も会話はできている
*音も聞こえる
*吐き気・頭痛はまったく無し。
*倒れない。
*3ヶ月に一度くらい(20回程度)
*脈は正常
*どうき・息切れの経験無し。(どうき・息切れの症状がイマイチわからない)

【プロフィール】
*男
*30代後半
*身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。
*意識を失う経験は無し。
*人生いままでずっと血圧正常。
*大きな病気無し。
*服用している薬無し。
*酒やらない
*タバコ1日、1箱未満。
*過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている)


ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。
過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。
もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。
もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。

宜しくお願いいたします。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液凝固)を生じます。血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症(脳卒中の一症状)を起こします。
極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。加齢と共に血管老化により危険度は増します。血栓が大きくなると,極めて危険です。血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。
大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤(いわゆる『血液サラサラ薬』)の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。
血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。
循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q登山の登りだけがどうしても苦しい

今年から登山を始めようと思い立ちました。
ちゃんとした軽登山靴やザック等も揃えて気合は充分なのですが、実際に登り始めるとすぐに苦しくなってしまいます。

その症状は
(1)歩き始めて数分もしないうちに脈拍が1秒間に3連符の速さになる。
(2)我慢して歩きつづけるとキ-ンと耳鳴りがする。
(3)立ち止まって1~2分の休憩を取るとすぐに元気に戻る。
(4)足が重くなって持ち上げにくくなる。
といったもので、常に酸欠な状態です。

先日、初めて御嶽山に挑戦しましたが、この調子なので同行者の方には申し訳なかったのですが、細かく休憩しながらも(数分から10分間歩いて1・2分立ち止まって息を整える)王滝小屋に到着してみれば標準所用時間の約3時間でした。
後半は標高が高くなったせいかどうか、脈拍が不整脈っぽくなったり(急に心臓がキュッと締め付けられるような状態が1~2秒ある)、呼吸の息がヒューヒューしたりしました。

実は子供の頃から喘息気味で、二十歳で喘息を発病しました。
10年前に引越してからはすっかり発作も起きなくなったのですが、そのような経緯で子供の頃から持久ものは苦手で、ジョギングや登山などは滅多にしませんでした。

山を降りる時には全く快調そのもの。休憩らしい休憩も2回ほどで、登山口まで2時間で降りてこられました。
日頃、トレーニングした効果か、膝も笑わず翌日の筋肉痛もほとんどありませんでした。
問題は登り時の酸欠気味な呼吸困難状態だけのようです。

私は呼吸器に何か悪いところ(または欠陥)があるのでしょうか?
登山は続けたいのですが、普通の人達のように30分~1時間歩き続けられるようになるには、どのような事(トレーニングや療法等)をすれば改善できるのでしょう?

今年から登山を始めようと思い立ちました。
ちゃんとした軽登山靴やザック等も揃えて気合は充分なのですが、実際に登り始めるとすぐに苦しくなってしまいます。

その症状は
(1)歩き始めて数分もしないうちに脈拍が1秒間に3連符の速さになる。
(2)我慢して歩きつづけるとキ-ンと耳鳴りがする。
(3)立ち止まって1~2分の休憩を取るとすぐに元気に戻る。
(4)足が重くなって持ち上げにくくなる。
といったもので、常に酸欠な状態です。

先日、初めて御嶽山に挑戦しましたが、この調子なので同行者の...続きを読む

Aベストアンサー

とり急ぎご連絡します。
私の山仲間へ連絡し、(喘息を患っている仲間の方に)
>脈拍が不整脈っぽくなったり(急に心臓がキュッと締め付けられるような状態が
>1~2秒ある)、呼吸の息がヒューヒューしたりしました。 との
貴方の話しをしたところ、やはり同じ症状であるとの事でした。
一度、やはり、ピークフローにてその呼吸状態の記録をつけて、ご相談された方が
よいとの事でした。
しかし、彼は自慢気にこうも言っておりました。
「多分、くだりがそのように元気であれば、殆ど心配ないヨ」
これは、子供の頃から、その病気と長く付き合った人間がいうのだからと。
でもここいらで、自分自身の事を知っておくのは、良い事だと。
多分、心のどこかで、無理するな、無理するな、と言っているのじゃないかと。
但し、貴方の表現で、呼吸の息がヒューヒューというところで、彼は
太鼓判を押してくれました。
(失礼しました、そんな事に太鼓判を押さなくてもよいと思うのですが‥)

Q日帰りで行ける涼しい山(東京から)

 山には行きたいのですがまとまった休みが取れません。
今の季節日帰りで行ける東京近郊の山は登るに暑そうですが、その中でも割合涼しそうなお勧めの山はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

日光は中禅寺湖周辺は、下界より10度気温が低いです。
標高を調べていくと、目的地の大体の目安になります。用意する上着を選ぶのも楽です。

日光白根山などは如何でしょう?近くに立ち寄り湯もあります。


人気Q&Aランキング