今日、NHK杯で浅田真央さんが優勝しました。フランス大会での失敗を乗り越えての金メダル。果敢に挑戦した2度のトリプルアクセル。2度目のトリプルアクセルこそ成功とは認められませんでしたが、そのチャレンジ精神に感動して、涙が出ました。

が、1つ大きな疑問が。とっくにGPファイナル出場を決めているキム・ヨナ選手の得点は、
スケートアメリカ‥‥69.50+123.95=193.45
中国杯‥‥63.64+128.11=191.75
浅田真央さんはNHK杯‥‥64.64+126.49=191.13
トリプルアクセルを決め、大きなミスもなかった浅田真央さんの方が点数が低いのはどうしてなんでしょう。GPファイナルでも、キム・ヨナさんの方が有利ということですか?
スケートに詳しい方、ぜひ教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

浅田真央選手の得点がキム・ヨナ選手の得点を下回った原因はまさに、ジャンプが回転不足と判定されたためです。


先ず、ショート・プログラムに関しては、冒頭のコンビネーション・ジャンプのトリプル・フリップ+トリプル・ループは本来、基礎点が10.5点ですが、これの第2ジャンプのトリプル・ループが回転不足と判定されたため、トリプル・フリップ+ダブル・ループに相当する基礎点7.0に引き下げられてしましました。 回転不足の場合、その上さらに、GOE(達成の程度)は加点されないで減点されてしまいます。この場合は1.0減点されました。つまり、回転不足が原因で総合点から少なくとも、4・5点は確実に減点されたのです。
次に、フリー・スケートに関しても、まさに2番目のトリプル・アクセル、すなわちトリプル・アクセル+ダブル・トーループのコンビネーション・ジャンプの第一ジャンプのトリプル・アクセルが回転不足と判定されたためです。このコンビネーション・ジャンプは本来9.5ポイントの基礎点があります。しかし、このトリプル・アクセルが回転不足と判定された場合はダブル・アクセルのコンビネーションとみなされ、基礎点がわずか4.8ポイントに引き下げられます。 そしてその上、さらにGOE(達成の程度)は加点されないで減点されます。今回の場合はGOEが0.8減点されました。 つまり、総合点から少なくとも5.5点は確実に減点されたのです。
すなわち、ショート・プログラム及びフリースケーティングで回転不足と判定されなければ、現状のままですら、ショート・プログラムの得点は少なくとも、64.64+4.5=69.14、そしてフリー・スケーティングの得点は126.49+5.5=131.99で総合点は69.14*131.99=201.13になったはずです。 浅田選手の実力なら、あと一息で達成可能です。
キム・ヨナ選手はジュニアの時代から、ジャンプ構成には一切手を付けず、ひたすら既得の技術を磨くアプローチを取って来ましたので、言わば、すでに完成された技術を身に付けており、シーズン当初ですら、ほぼ完全な実力を発揮することが出来ます。
それに対して、浅田選手は常に新しいことに挑戦するアプローチを取っているので、言わば今だ未完の大器なのです。これから、磨けば磨くほど輝くこと請け合いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご説明いただき、ありがとうございます。どうして、191.13 という点数だったのか、よく理解できました。ジャンプが全て決まっていれば201.13ですか!それが無理ではないというところ、やっぱり浅田真央さんはすごいですね。

お礼日時:2008/11/30 17:14

今回のISUのジャッジ傾向を見るとルッツ、フリップの飛び分けに関してかなり厳しい採点を取ってきていますね。


実際金妍兒選手のスケートアメリカのスコアシートを見ると確かに193と叩き出しているもののフリーでのCredit for highlight distribution, jump element multiplied by 1.1が4項目引かれております。
ただそれでも高得点をたたき出したのは序盤の3F+3Tで9.5を持ってきたからではないのでしょうか?
http://www.isufs.org/results/gpusa08/gpusa08_Lad …
また中国杯に関してはGOEの減点要素は少なかったものの逆にスケアメで成功した3F+3Tを取ってくれなかった(DG)のが大きかったと思いますが、それでも破綻をきたさなかったのが彼女の強さだと思います。

http://www.isufs.org/results/gpchn08/gpchn08_Lad …

一方浅田選手ですが何度も繰り返しビデオを見たのですが、2回目の3A<+2TがDGと言うのはどう見ても回っているだろうとしか思えないんですよね。
確かに点数は191ですがプログラムの内容を見ればあれは完全に女子のおこなうプログラムではありません。寧ろ男子が行う内容でありそれをこなしているんですから多少のGOEでの減点は仕方ないと思うんです。
http://www.isuresults.com/results/gpjpn08/gpjpn0 …
ただファイナルは完全にアウェーと言う状況を考えると苦戦を感じるのかと言えばあまりその辺は気にしなくてもいいかと思いますが、基本的にルッツ、フリップに目を光らせている分金妍兒選手のお手本通りの方が点は稼げるような気はします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スコアシート、見たかったんです。どうもありがとうございます。

〉2回目の3A<+2TがDGと言うのはどう見ても回っているだろうとしか思えないんですよね。
確かに。解説でも、「大丈夫」と言ってましたよね。一般人が見てすごいと思う感覚と、スペシャリストの判断した結果とに、最近ちょっと距離があるような気がしています。

お礼日時:2008/11/30 17:25

まずショートでスパイラルがぐらっとするミスがありましたよね。

スピンのレベルもとりこぼしてました。そして何より冒頭の2連続3回転の二つ目、トリプルループが回転不足をとられました。これだけで6~7点のとりこぼしです。
次にフリー。二つ目のトリプルアクセルが回転不足。中盤の2連続3回転が単独のフリップに。このミスで10点くらいとりこぼしています。
回転不足のトリプルは「まわりすぎのダブル」と認定され、「完璧なダブル」を跳んだときより得点が低くなってしまうのです。
キム・ヨナ選手はジュニアのころから基本的に同じ要素をきっちり仕上げるという戦略をとっており、これに対して浅田選手は毎年新たなことに挑戦しています。現時点ではプログラムが仕上がっているキム・ヨナ選手が圧倒的に優位であるのは事実ですが、浅田選手の挑戦はファイナルでも大いに人々を湧かせることと思います。
というか、あれだけの演技をしておいて、まだのびしろがあるっていうのが凄いと思いませんか?
彼女、パーフェクトなら200点は軽く越えるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pascals さん、早速ご解答いただきありがとうございます。素人目にはどのジャンプも完璧に見えたのですが、そんなに回転不足があったんですか。
フリーが終わった時、テレビの解説では、すごい点数が出るような(そういう期待を持たせるような)発言があったと思います。気のせいかもしれませんが、浅田選手も点数が出た瞬間、「思ったより低かった」という顔をしたように見えました。でも、126.49(これも高得点ではありますが)という点数に留まったのには、ちゃんとわけがあったんですね。

お礼日時:2008/11/30 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浅田真央選手とキム・ヨナ選手

浅田真央選手がバンクーバーで金を取る条件は?例えば、「浅田真央選手が大きなミスをすることなくそれなりでキム・ヨナ選手が転倒する」とか「キム・ヨナ選手が転倒はしないまでもジャンプが抜けるなどのミスをして浅田真央選手がほぼ完璧な演技をする」などのような条件を教えて下さい。残念ですが2人にはハッキリ差があるように感じています。

Aベストアンサー

浅田選手が五輪で金を取るためには、

・3Aを2回きっちり決めること
・スピン、スパイラルのレベルの取りこぼしをなくす
・ジャンプの回転不足をなくす
・顔芸はしなくても良いので、自然な笑顔&アグレッシブな演技をして、ジャッジの心を掴む
・上半身の動きにメリハリをもっとつける
・選曲をもっと慎重にして、浅田選手にピッタリと合った、メリハリのある曲を選ぶこと
・自信がなくても、満面の笑顔で登場すること。そうすれば修正済み3Lzも跳べる

こんなところでしょうか。
キムヨナがミスをしなくても、↑を改善すれば勝てます。
また、フリーでキムヨナが完璧に滑るということはないのでご安心を。

今回は、NO1さんが書かれているように、SPで3Lzを成功させて、フリーで3Aを2回跳んでいれば、キムヨナ選手と僅差の点になったと思います。
ジャンプミスで14点くらい損をしていますね。

キムヨナ選手が200点を超えたのは、SPの出来が良かったからというのもありますが、ジャッジがカナダ贔屓だったため、カナダ関係の選手は恩恵をこうむったという意見もあります。
普通、女子のSPで男子並みの点数が出ることはまずありえませんし、フリーでミスをしたのに200点越えもありえません。
次の五輪は、ヨナ選手も地の利があるのですが、キムヨナ選手よりも、ロシェットを上げてくると思うので、200点越えはないと思います。

浅田選手とヨナ選手の実力の差はほとんどありません。
技術は浅田選手の方が上です。
ただ、ヨナ選手は”魅せ方が上手い”のです。
スピンの軸がぶれていても、ステップがたいした事なくても、スパイラルで足が上がらなくても、ビールマンで足が曲がっていても、あの演技力で帳消しに出来ます。

浅田選手は年々進化し、引き出しの沢山ある選手です。
一方ヨナ選手は、今出来ることにの、磨きをかけていくタイプの選手です。
ヨナ選手のプログラムはジュニアの頃からあまり変わりなく、毎年同じような構成をしています。
ただ演技力には磨きはかかっているとは思いますが。

浅田選手も、ヨナ選手のように毎年代わり映えしないプログラムで滑り込んでいけば、今のヨナ選手のようになったでしょう。
しかし、それはきっと自分が納得しなかったのでしょうね。
ジュニアから2人を観ている人達は、2人に差があるとは感じていないと思いますね。
むしろ逆なのではないでしょうか。

とはいっても、ジャッジはヨナ選手に甘いことは確かです。
ジャンプに加点が大幅に付きますし、エッジの深くないステップにもレベル4をつけます。

とにかく、浅田選手は、五輪では挑戦者として気持ちを楽にして望んで欲しいですね。
キムヨナ選手に勝てるのは、どこを探しても浅田選手しかいないので、期待しています。

浅田選手が五輪で金を取るためには、

・3Aを2回きっちり決めること
・スピン、スパイラルのレベルの取りこぼしをなくす
・ジャンプの回転不足をなくす
・顔芸はしなくても良いので、自然な笑顔&アグレッシブな演技をして、ジャッジの心を掴む
・上半身の動きにメリハリをもっとつける
・選曲をもっと慎重にして、浅田選手にピッタリと合った、メリハリのある曲を選ぶこと
・自信がなくても、満面の笑顔で登場すること。そうすれば修正済み3Lzも跳べる

こんなところでしょうか。
キムヨナがミ...続きを読む

Qキム・ヨナ選手の高得点、浅田真央選手との違いは何ですか?

キム・ヨナ選手の高得点、浅田真央選手との違いは何ですか?

フィギアスケートはタイムや高さなど数値で優劣を決めるのではなく、審査員の感性も入ってますよね?
浅田選手はキム・ヨナ選手に比べて何が足りなかったでしょうか?

Aベストアンサー

 私は日本人なので真央ちゃんを応援してます。
何が真央ちゃんに足りないか・・・

テレビでは「演技力」と言われてますが、真央ちゃんも表現力
ありますよね。あの重厚な「鐘」を見事に表現してたと思います。

では何が足りなかったのでしょうか?

セックスアピールじゃないですか?

キム選手のフリーの曲ってもっと違う表現だと思うのです。
クネクネうっふ~ん する曲じゃないですよね(笑)

クネクネうっふ~ん と表現するようになった去年から
得点が高くなった気がします(笑)

ずばりセックスアピールが足りないのだと思います。

Q浅田真央選手がキム・ヨナ選手に勝つには、何が必要だったでしょうか?

いつもお世話になっています。
過去ログを拝見させていただきましたが、思うものがなかったので、改めて質問させていただきました。

今回、キム・ヨナ選手が大差をつけて浅田真央選手に勝ち、金メダルを獲得しました。
もちろん浅田選手の演技は素晴らしいものでしたが、点差的には完敗だったと思います。
浅田選手がキム・ヨナに勝つには、どういった点を改善すべきだったと思いますか?
たとえばプログラム構成など、キム・ヨナは現ルールにのっとり、もっとも点数の出る方法で構成したような感じがありますが、浅田選手は点数が出やすいうんぬんよりも3Aにより重点を置いていたような気がするのですが…。

また、浅田選手の加点がいまいちのびなかったのは、素人には完璧とみえましたが、ジャッジからすれば大きな加点をつけるほど完成度が高くなかったということでしょうか?
たとえばキム・ヨナはスピード感もあり迫力があるので、難易度が低くても完璧かつダイナミックに飛んだほうが、3Aを頑張って飛ぶより高得点につながるのも、私のような素人にはあり得ることのように思えてしまうのですが。

ちなみに、八百長などの批判があるのは知っていますし、過去に五輪でもそういうことがあったので、全くないと言いきれないとは思います。
が、それを言っても始まりませんし、八百長というのも日本人選手を応援するが故の主観的な判断からくる評価だと思いますので、そういう観点以外での回答をいただければ幸いです。

お忙しい中、お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

いつもお世話になっています。
過去ログを拝見させていただきましたが、思うものがなかったので、改めて質問させていただきました。

今回、キム・ヨナ選手が大差をつけて浅田真央選手に勝ち、金メダルを獲得しました。
もちろん浅田選手の演技は素晴らしいものでしたが、点差的には完敗だったと思います。
浅田選手がキム・ヨナに勝つには、どういった点を改善すべきだったと思いますか?
たとえばプログラム構成など、キム・ヨナは現ルールにのっとり、もっとも点数の出る方法で構成したような感じがあり...続きを読む

Aベストアンサー

どなたかが表現力について「やらされている」とお書きになって
おりますが、それを言うならヨナ選手も同じですよ。
私は幸か不幸か韓国在住なため、韓国の詳細は嫌なほど入ってきます
007の指パッチン、バキューン!当初ヨナ選手は嫌で嫌で仕方なかった
と、ご本人がインタビューで言っています。彼女は典型的な韓国人
気質です。分かりやすく言うと無愛想でぶっきら棒。真央選手のような
玉がころころ転がるような可愛い雰囲気ではないですよね。
これは彼女達だけではなく韓国人と日本人の大きな差です。特に若い
韓国の女の子は皆無愛想ですね。ニコニコと挨拶を交わす子には
今のところ会ったことはないです。そんな典型的なヨナ選手、会場に
向かってアピールや流し目?など、必死に練習したのでしょう。
嫌でしかたないのに・・^^;
ですから振り付けの一環として演技っとして、やらされているのです
>ヨナ選手の内面から出る云々・・
これも、ヨナ選手本人の内面をそのまま表現したら「やりたくない」
ですね^^;個人的には世界最大の点数王は世界最大の
「体かた~い王」のように思えます^^歴代OP女子選手中硬さは最大級
でしょうね。ま、自分でも言っているので間違えないでしょうが。
しなやかさ、柔軟さは、長い手、足でカバーでしょうね。
韓国人の旦那が「ダメだよ真央~カナダでやるんだから
カナダ関係者を仲間にいれなきゃ~ その点ヨナは、さ!カナダOPだ!
カナダのコーチに変更!変更~!ってやる事早いよ!」と言ってました
ま、これが答えなんだろうな・・って。総合力と戦略の負けでしょう
でも、今回ロシア関係はことごとく痛い目に遭ってますが、偶然
なんでしょうかね。OP終わってヨナ選手がばっさりカナダを捨てて
ロシア関係に手を出して来たらお笑いですが・・

どなたかが表現力について「やらされている」とお書きになって
おりますが、それを言うならヨナ選手も同じですよ。
私は幸か不幸か韓国在住なため、韓国の詳細は嫌なほど入ってきます
007の指パッチン、バキューン!当初ヨナ選手は嫌で嫌で仕方なかった
と、ご本人がインタビューで言っています。彼女は典型的な韓国人
気質です。分かりやすく言うと無愛想でぶっきら棒。真央選手のような
玉がころころ転がるような可愛い雰囲気ではないですよね。
これは彼女達だけではなく韓国人と日本人の大きな差です。...続きを読む

Q浅田真央選手とキム・ヨナ選手は何語で話すのでしょう?

浅田真央選手とキム・ヨナ選手は何語で話すのでしょう?

競技とは関係のない質問ですが、素朴な疑問です。

韓国のインタビュアーが
「浅田選手とキム・ヨナ選手は話すことの出来ない関係になっているんじゃないか」
との質問に、浅田選手は「試合が終われば普通に話します」と言ってましたよね…
確か…

でも浅田選手って韓国語も英語も多分できませんよね?
何語で話すのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、テレ朝の番組で英語と答えていたので、間違いなく英語です。

その時は「どっちも下手なんですけど…」のようなことを言っていました。
でも、それは3,4年前の話なので、今はもっと普通に英語が使えると思います。

キムヨナは五輪前から4年間カナダに在住していましたし、ブライアンオーサーコーチはカナダ人ですから当然英語で話します。
浅田も2年間のアメリカ生活で、その間のコーチは英語でした。
タラソワコーチとも共通で使えるのは英語ですから。
堪能と言えるかどうかはわかりませんが、一応話すことはできるはずです。

Q浅田真央とキム・ヨナがライバルという風潮

浅田真央とキム・ヨナがライバルという風潮ってどうなんでしょうか?
4年前ならいざしらず、いかがなものかと思うんです。
ソチでキムヨナが警戒してるのはロシア女子なんじゃないのかな?
あのジュニアの時はさすがにここまでは予想できなかったがな
キムヨナがこれほどになるとは。
それでもバンクーバーまでは曲がりなりにもライバルと呼べる存在だったし
4年前は浅田選手とキムヨナの合計基礎点の差は2点しかなかったが
昨シーズン世界選手権では大差で負け、浅田選手は3位
ここ最近はライバルと呼べるか疑問です。
浅田選手は3-3の取得やクリーンな演技をして評価を上げるべきだったのに
また3Aにこだわりすぎてミスや回転不足が目立ってきた。
ほかのジャンプの精度や質向上に取り組むべきだった。
クリーンに滑ってGOEで稼ぐ方法にシフトしなかったのは無策。

まぁ、ライバルと言うか浅田真央とキムヨナって対照的な選手だなぁと思う。
ひとつひとつの技の完成度を洗練させていくヨナと飽くまで3Aに拘る浅田。
タイプの違う、素晴らしい選手がふたりいたことが
バンクーバーを盛り上げたことは確かだと思うけど、
厳しい事を言えば、その決着は既についちゃってんじゃないかな?

浅田真央とキム・ヨナがライバルという風潮ってどうなんでしょうか?
4年前ならいざしらず、いかがなものかと思うんです。
ソチでキムヨナが警戒してるのはロシア女子なんじゃないのかな?
あのジュニアの時はさすがにここまでは予想できなかったがな
キムヨナがこれほどになるとは。
それでもバンクーバーまでは曲がりなりにもライバルと呼べる存在だったし
4年前は浅田選手とキムヨナの合計基礎点の差は2点しかなかったが
昨シーズン世界選手権では大差で負け、浅田選手は3位
ここ最近はライバルと呼べる...続きを読む

Aベストアンサー

同年代でジュニアの頃から競ってきたので、メディアが目玉的に勝手に言って居た事がいつのまにか日本だけに
浸透してしまったのでしょう。
質問主さんが仰る通りタイプが違いますから、今のフィギュアスケートが求めて要るのに近いのがキム・ヨナで
浅田はそれからみれば機械的。
ロシアの選手にグランプリファイナルで勝ったと言っても、そのロシアの選手達の目標はオリンピックの方でしょうから、
結果がどうなるのかは判らない。

> ソチでキムヨナが警戒してるのはロシア女子なんじゃないのかな?

ロシアの選手にとっては地元開催ですから、地元の利と言う事も有るでしょうし意気込みも違うでしょう。
浅田は結果的に再びキム・ヨナに敗れると思いますし、下手すればロシアの選手にも敗れるかも知れません。

> 厳しい事を言えば、その決着は既についちゃってんじゃないかな?

バンクーバーでキム・ヨナに敗れた時のあの表情を見れば、既に決着はついているでしょう。
「なんで私が金じゃないの!?」と言う自意識過剰と取れる態度。
それを表に見える様に出した時点で終わっています。


おすすめ情報