今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

12リットル槽にトパーズパファーを一匹飼ってます。

飼育環境は
*26度オートヒーター
*外掛けフィルターS
*リング状ろ過材
*活性炭(ニオイ吸着)
*珊瑚敷
*エアレーション
*1.008汽水

です。他に必要な物、改善点などありますでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

当面は、このまま行けると思います。



インドトパーズパファーは、ガンジス川やメコン川などの大河を、海水の混じる河口から中流域まで、行き来して暮らしているフグ。
水槽での飼育については「純淡水」が良いのか「浅汽水」が良いのか「通常汽水」が良いのかは、採取地と個体によるところが大きいようで、調子が上がらないようならば、汽水濃度を浅くしたり深くしたりしてみると良いようです。

=水流=
インドトパーズパファーは強い水流を嫌います。
外掛けフィルターの水流が急流になっているようならば、岩などを適当に配置し、意識的に水流の弱い場所を作るのが良いでしょう。

=お引越し=
インドトパーズパファー(マミズフグ)は、20cm近くまでグングン成長します。
12リットル水槽では、体長(尾びれ抜きの大きさ)が7cmを越えるあたりが、お引越しの時期です。
生涯飼育には45cm以上の水槽が必要です。
新しい水槽では、濾過能力の高い底面濾過がオススメです。
http://aquasystem-service.com/breed.html#sub4

=出っ歯=
エビや貝を捕食していないと、ミドリフグ同様、前歯が伸びてしまいます。
流木や岩を水槽に入れると、固体により、自分で伸びすぎた歯を研ぐフグもいますが、全く齧らない個体もいます。
前歯が伸びすぎると、餌を食べられなくなり死亡します。
前歯が伸び、餌を食べられないような場合は、前歯を爪きりなどでカットする必要があります。
「ミドリフグ 歯切り」で検索すると沢山ヒットします。
http://ww5.enjoy.ne.jp/~chaco/fish.hakiri.html

=アンモニア=
個人的な感想では、インドトパーズパファーは浅汽水、pHは弱アルカリ、硬水気味のほうが調子よく飼育できると思います。
pHがアルカリ性の場合、アンモニアの毒性が強く出やすくなるため、アンモニアと亜硝酸の検査は定期的に行うことをオススメします。
また、完全な汽水魚やアフリカンシクリッドを飼育しているわけではないので、水槽にサンゴは余り大量に入れない方が良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインドマミズフグを購入後7日で☆になりました

インドマミズフグを購入後、7日で☆になってしまいました。
クリーン赤虫、クリルを☆になる前の夜まで元気に食べていました。

気になる点としてはヒレが購入時から少し欠けていたのですが、
自宅水槽に移してから少し酷くなりました。
メチレン薬湯をしようかと思っていたのですが、
食欲もあり、購入後ということで様子を観ていたところ、朝、確認したら☆になっていました。

インドマミズフグは販売されていることが滅多になっかったので、
三匹いた内の一番元気そうなのを購入しました。
三匹共にヒレが少し欠けていたのですが、
またいつ購入できるかわからないので、欲求に負けて買ってしまいました。

アベニーも2匹飼育していますが、問題なく元気です。

水は出来ていると考えて、
なにが原因なのでしょうか?

フグに詳しい方教えて下さい。

ちなみに、アクアリスト暦は去年の7月からですので、
短いです。

Aベストアンサー

ご質問者様に例に当てはなるかどうかはわかりませんが、、、
私も、昔、同じフグを飼育直後に殺したことがあるので、そのときの原因を回答いたします。

インドマミズフグ(Tetraodon fluviatillis)は、別名インドトパーズパファーの事。
現在ではインドマミズフグとインドトパーズパファーは同じ魚であることが同定されています。
昔は、汽水は環境はインドマミズフグ、淡水は環境はインドトパーズパファーの別種として販売されていました。
コレは、この魚が汽水域でも淡水域でも採取されたことによるようです。

私はインドトパーズパファーを購入したのですが、水槽導入10日ほどで突然死。
後でわかったことは、販売店の水槽は淡水ではなかったこと。
販売店の水槽は1/4~1/8濃度の汽水で販売していたことでした。

ネット上でもインドマミズフグの情報は多くありませんし、日本人のブリーダー情報もありません。
ネットや販売店情報では、飼育水は中性~弱アルカリ性と書かれています。
しかし、海外ブリーダーのページでは、飼育pHは弱酸性、弱アルカリ性は好まず、中性域を好む魚であることなどが後から判明。
インドマミズフグの若魚は、本来、淡水でも汽水でも飼育が可能な魚。
ただし、いきなり淡水や汽水を間違って水槽へ放り込むと死亡しやすいとの情報。

私の失敗は「汽水」と「淡水」を間違ったこと。
念のため、購入店での水槽環境が「薄汽水」なのか「純淡水」なのか、確認することをオススメします。

ご質問者様に例に当てはなるかどうかはわかりませんが、、、
私も、昔、同じフグを飼育直後に殺したことがあるので、そのときの原因を回答いたします。

インドマミズフグ(Tetraodon fluviatillis)は、別名インドトパーズパファーの事。
現在ではインドマミズフグとインドトパーズパファーは同じ魚であることが同定されています。
昔は、汽水は環境はインドマミズフグ、淡水は環境はインドトパーズパファーの別種として販売されていました。
コレは、この魚が汽水域でも淡水域でも採取されたことによるようです...続きを読む

Q汽水の作り方

 汽水については初心者なので
 教えてもらいたいです。

 GEX SEA water

 海水の場合
  1リットル 約36グラム

 これを汽水につかいたいのですが…。

Aベストアンサー

海水と淡水の中間の塩分濃度ならば、全部汽水です。
目的とする飼育魚が書かれていないので、ミドリフグやハチノジフグなどの飼育と言うことで回答します。

観賞魚店で購入したミドリフグやハチノジフグのチビは当初、1/4濃度の汽水から飼育を開始します。
海水の場合1リットルに36gを溶かし込む製品(人工海水の素)ならば、、、
36gの1/4である9gを1リットルに溶かせば、1/4濃度の汽水になります。

なお、水槽水は、いつも少しずつ蒸発しています。
蒸発するのは淡水だけです。
従って、水槽水は、少しずつ、塩分濃度が濃くなる危険性があります。
常日頃から、比重計で汽水濃度を管理する事が重要です。
比重計は、必ず購入しましょう。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=01&catId=1605000000&itemId=10907

ミドリフグやハチノジフグは成長に合わせて、塩分濃度を高くすると長期間飼育出来ます。
だいたい、体長が7cmを越える頃には3/4濃度~海水濃度(海水飼育)まで塩分濃度を高める事になります。

海水と淡水の中間の塩分濃度ならば、全部汽水です。
目的とする飼育魚が書かれていないので、ミドリフグやハチノジフグなどの飼育と言うことで回答します。

観賞魚店で購入したミドリフグやハチノジフグのチビは当初、1/4濃度の汽水から飼育を開始します。
海水の場合1リットルに36gを溶かし込む製品(人工海水の素)ならば、、、
36gの1/4である9gを1リットルに溶かせば、1/4濃度の汽水になります。

なお、水槽水は、いつも少しずつ蒸発しています。
蒸発するのは淡水だけです。
従って、水...続きを読む

Qブロンズパファーの飼育について・・・その2

前回ブロンズパファーの飼育をしたいという質問をしたものです。

アクセサリーや流木、植物などを入れると複数飼育できると言う事ですので、安心していました。

ですが、よく考えて見ると、ブロンズパファーは中性から弱アルカリ性の水質ですよね??

サンゴ砂を入れてアルカリ性にしようと思うのですが、45cmキューブ水槽の場合どれぐらい入れておけば大丈夫なのでしょうか??極力重さを控えたいと思うのでできれば最小限の量を教えていただきたいです。また、サンゴ砂以外でお勧めのものはありますか??

あと、植物でお勧めの種類はありますか??今の所、弱アルカリ性もOKとされている植物を購入しているのですが・・・

また、CO2を添加するとpHは下がりますが、アクアリウム用程度の添加の場合は問題ないのでしょうか??

複数質問してしまいましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
まず、コケ対策から。
フグは、貝類やエビ類が大好物ですから、水槽内に貝類やエビ類を飼育することは出来ないのです。
貝類は導入直後から、エビ類はフグの成長とともに餌になります。
したがって、ブロンズパファーと、比較的に仲良くやって行ける(=無関心)メンテナンスフィシュを混泳させることになります。

小型魚(3~4cm)
・オトシンクルス
・オトシンクルスネグロ
90cmキューブならば3~5匹ほど。
水槽導入初期、人口飼料に餌付かない事があり、コケのない水槽では餓死する固体の発生に飼い主が苦労することもある。
水草食害の心配は殆どない。
ブロンズパファーが10cmに成長するころには、非捕食者として襲われる可能性は多少あります。
http://www.geocities.jp/goleshiiriin/Fish/Otocinclus/Otocinclus.htm
http://nettaigyo.info/fish/namazu/otocinclus_neguro.php

中型魚(オス12cm・メス10cm)
・ブッシープレコ(ヒゲが生えるのはオス)
マツブッシー/ミニブッシー/スポッテッドブッシーなど、様々な名前で売られています。
アクリル水槽はアクリル面をヤスリ状の口で傷つけるため×。
人口飼料もよく食べるが、餌が足りないと水草も食害するため、高価な水草水槽へは無理。
ブロンズパファーに襲われる可能性はありません。
http://webaf.biz/2006/11/post_120.html
写真は怪獣のようですが、実際は、なかなか可愛いヤツ。

パイロットフィッシュ&コケ取り係りとして初期導入するのならば、以上のナマズでしょうか。
どちらも、故郷は弱酸性~中性域の魚ですが、ホメオスタシス(環境適応力)があるので、pH8.0以下ならば飼育できます。

蛇足ながら、
フグは本来、無毒の魚です。
フグの毒(テトロドトキシン)は、主に捕食した貝類(貝毒)から生成されフグの体内に蓄積されることが分かってきました。
貝を殆ど食べないで育ったフグは食べても安全。
ペットのフグを育てるのに、まったく役立たず、無関係の情報でした。

No.1です。
まず、コケ対策から。
フグは、貝類やエビ類が大好物ですから、水槽内に貝類やエビ類を飼育することは出来ないのです。
貝類は導入直後から、エビ類はフグの成長とともに餌になります。
したがって、ブロンズパファーと、比較的に仲良くやって行ける(=無関心)メンテナンスフィシュを混泳させることになります。

小型魚(3~4cm)
・オトシンクルス
・オトシンクルスネグロ
90cmキューブならば3~5匹ほど。
水槽導入初期、人口飼料に餌付かない事があり、コケのない水槽では餓...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qミドリフグと混泳のできる、「苔取り」タンクメイトについて。

只今、ミドリフグを一匹、飼育しております。
水槽内の「苔取り」のために、タンクメイトを・・・と考えて
いるのですが、ミドリフグは、他のものとの混泳は難しいとききます。
ミドリフグと混泳可能な、「苔取り」のできるタンクメイトは
いるでしょうか?

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もミドリフグを飼っています。フグとの混泳は難しいと思います。私もフグが食べ残した餌や苔がかなり気になって苔と食べ残しを食べてくれるタンクメイトをずっと探していてヤドカリやカニなら大丈夫だと思いペットショップに行ったのですが、ショップの人に聞くとやはりフグは気性が激しいので単独飼育の方がいいと言われてしまいました。ヤドカリは残した餌を食べてくれるとかなり期待していたんですが残念です。汽水では無理と言われました。なので私は混泳はあきらめ一週間に一度苔とりと替え水をしています。かなりめんどくさいですけどね・・・。一週間に一回水を半分替えてやるとすごく元気ですよ。気のせいか色もきれいな黄緑色になった気がします。私は餌はあさりを与えているので水がかなり汚れるんですが週末には掃除するのでたっぷり与えています。週末には見事に茶苔だらけですが飼った以上は掃除は義務です。苔の発生を遅らせるには珊瑚は底に敷かない事です。私は珊瑚を敷いているので苔がかなり目立ちます。海砂の方が苔の発生が遅い気がします。混泳が無理と言われたのでタンクメイトの変わりにおもちゃのタツノオトシゴを入れているのですが、水面の水の動きに合わせて生きてるように動くのでフグの気を引いていいですよ。本物にはかないませんがかなりリアルですよ。水面を行ったり来たりしてフグが追いかけて見てると面白いです。他にも魚やクラゲがあってペットショップにピロピロ君という名前で売っていました(笑)

私もミドリフグを飼っています。フグとの混泳は難しいと思います。私もフグが食べ残した餌や苔がかなり気になって苔と食べ残しを食べてくれるタンクメイトをずっと探していてヤドカリやカニなら大丈夫だと思いペットショップに行ったのですが、ショップの人に聞くとやはりフグは気性が激しいので単独飼育の方がいいと言われてしまいました。ヤドカリは残した餌を食べてくれるとかなり期待していたんですが残念です。汽水では無理と言われました。なので私は混泳はあきらめ一週間に一度苔とりと替え水をしています...続きを読む

Q海水魚 ハリセンボンが餌を食べない

海水魚のハリセンボンが餌を食べなくなってしまいました。一応、餌をねだるのですが、今までずっとあげていた乾燥エビをあげても興味のない様子。食べるしぐさをしても餌を口に入れるのに失敗して諦めてしまいます。剥いたアサリやイカの切り身にも興味をしめしません。どうすれば良いのでしょう?

環境、60センチ水槽にハリセンボンとヤドカリ三匹、シッタカ三匹です。ハリセンの大きさは13センチくらい、買い始めて7ヶ月です。食べなくなったのは、ここ2週間前くらいです。ずっと同じ乾燥エビをあげていました。まだ目の色は緑色で元気そうに見えるのですが・・・

Aベストアンサー

海水魚に拒食は付き物です。
ただ私の経験上ですが、2週間は長すぎる様に思います。

ハリセンボンは飼育した経験が有りませんので現在飼育している、ヤッコ系(タテキンやワヌケなど)での経験を書かせてもらいます。

ヤッコ系に特に多いのですが縄張り争いから虐めがおき、苛められた個体がストレスから拒食になる事です。虐めもある日突然始まったりもしますので注意が必要です。
この虐めも相手が弱ろうが餌を食べれなくなろうがお構いなしに続きます。(最後は餓死も含めて☆に)

ただ 質問者様の環境では虐めもなさそうです。(タンクメイトからも) 他に原因が有りそうなんですが、思い当たる所を…

ずっと乾燥エビを与えていた様ですが、ここに大きなウエイトが有る様に思います。
乾燥エビしか与えていないと栄養の偏りが起きてしまいます。
乾燥エビは大体どの魚も喜んで食べるので安心してしまいますが、高タンパクでは有りますが栄養が整っていません。
ですから観賞魚には市販の専用乾燥餌(シュアーやマリンフレークなど)を与えて栄養を整えているのです。(この手の餌は魚にいいように栄養源も考慮されていますのでこれのみでも長期飼育は可能です)
最初は魚たちも餌と認識してくれなくて与えても食べない事が多いですが気長に飼育者が餌である事を教えていかなくてはいけません。いわゆる餌付けです。

乾燥エビだけしか与えていない様ですし、生餌も興味を示さないとなると内臓障害なども考えられると思います。免疫不全等から・・・ 人間でも好きな肉だけを毎日食べていては栄養失調になります。理想は色々な種類の餌(乾燥エビや生餌から海藻類まで)を与えたいのですが中々難しくそれを補う為に市販の専用乾燥フードに慣れさせる様に水槽導入後早急に実施します。乾燥エビに慣れてしまう前にが条件です。

今からでは遅いかも知れませんが他の栄養源を与える必要が有るかも知れません。
飼い始めて7ヶ月という時期的にも栄養失調の一歩手前的な疑いが有ります。今はまだ元気と言うことですので、急いでゆっくりと他の餌を与える処置がいいかと思います。

中々いきなり乾燥フードも難しいと思いますので生餌や冷凍餌辺りも用意をするほうがいいかと思います。冷凍なら赤虫やブラインシュリンプなどからコペボーダ等のプランクトンも有効です。微細なプランクトン系なら水中を漂っている間に口に入り飲み込んでしまうと言う期待も持てます(果たしてそういう状況で飲み込むかどうかは分かりませんが)

以上 私が思っただけの情報ですので信憑性は有りませんが試してみる価値は有るのではという所です。

ご参考までに

海水魚に拒食は付き物です。
ただ私の経験上ですが、2週間は長すぎる様に思います。

ハリセンボンは飼育した経験が有りませんので現在飼育している、ヤッコ系(タテキンやワヌケなど)での経験を書かせてもらいます。

ヤッコ系に特に多いのですが縄張り争いから虐めがおき、苛められた個体がストレスから拒食になる事です。虐めもある日突然始まったりもしますので注意が必要です。
この虐めも相手が弱ろうが餌を食べれなくなろうがお構いなしに続きます。(最後は餓死も含めて☆に)

ただ 質問者様の...続きを読む

Qミドリフグの瀕死状態で助けてほしいです。

ミドリフグの瀕死状態で助けてほしいです。
どなたか教えてくださいm(_ _)m

今日で飼い始めて3週と一日の、UFOキャッチャーでとったミドリフグがいます。
100*50*70ほどの密封プラスチックの容器に酸素石一個と砂少量と怪しい環境だったため(お店によっては淡水を入れてあったり、食塩を入れているところもあるそうです)、とってきた次の日に慌てて水槽セットを買ってきて、小さい容器よりマシだろうと思い、立ち上げて即日に水槽に移住させてしまいました。(まだその頃勉強が足らず、温度合わせと水合わせをせずに移住させてしまいました)
最初の2週間くらいは元気いっぱいでエサもがつがつ食べてくれてました。
しかし汽水は水の安定も遅いとのことで、フグが弱っていかないか心配だったのですが、昨晩頬とお腹の端っこが黒くなり、エサを口元にやっても知らん顔で水流に身を任せて弱々しく泳いでいました。
もう長くないと思って、夜中心配であまり眠れず、時々水槽を覗いていましたが、いつもは水底で寝てるはずのフグがまだ浮遊していました。
いよいよか、と思い、バケツに水槽の水と一緒にフグを移し、エアレーションして様子をみることにしたのですが、翌朝(今日)見てみたらエラもひれも動く事なく、水面に浮かんでいました。つんつんしても動きません。
朝10時くらいにエアレーションをとって、昼12時くらいに埋めてやろうと思ってバケツを抱えた瞬間、微かに動きを確認しました。
エアレーションをやめて2時間くらいたつのでまずいと思って、水槽にそっと戻して足し水し、今様子見してます。
水面付近を力なく泳いでいます。
もう無理かもしれませんが、なにかできることがあれば最大限してあげたいのでご教授御願いします。

水槽:350*200*250のアクリル
濾過器:投げ込み式のろ過ボーイ→二日前に水中ポンプ式の水作 SPACE POWER FIT Sにかえました。中身は、ライブマットというバクテリア液の入ったフィルターを入れています。

エアレーション:ろ過ボーイから出るぶくぶくだけでしたが二日前にサンダーウッドストーンにかえました
底砂:珊瑚砂を30ミリほど
アクセサリー:貝殻と、ひゃっきんに売っていたかぼちゃのお家、偽物の岩の穴蔵
汽水:浄水器に塩素抜き(液状)を入れて、ジェックス社という人工海水を比重を1.008→次第に1.010→1.1012にしていれてました。人工海水がなくなってきてたので、こないだテトラマリンを買ってきてストックしてます。
比重:現在1.012
亜硝酸:0
pH:7.4~7.7の中間色
NH3/NH+4:0.25~1.5の中間色
エサ:冷凍赤虫と乾燥淡水エビを、交代ごうたいで与えてました。いずれもはじめの頃は一日朝夕2回、次第に一日一回、一口ずつやってお腹が出たらやらずに食べかすはスポイトでとって、出来るだけフンや食べかすを残さないように心がけてました。
フグの体長:45~50程です
水温:26~28℃を時間帯で上下してます。
クーラーやヒーターは今のところ使っていません。
水換え:アンモニアが早く減るようにと、毎日4分の一(3L~4L)替えていました。

いつも水換えの時に驚かせてしまって、1週間前くらいから尾びれをふるわせて激しく上下運動したり、水槽の前でちょっと手を動かしたらパシャっと跳ね上がって慌ただしく逃げ回ったり、エサの食いつきも悪くなってしまってました。
なので最近は二日に一回といった感じでエサを抜いていました。
照明は、昔勉強机についていた電気スタンドに白と青とつけていて、日中は消して、日が暮れたらつけて、(青だけだったり水換えの時は白もつけて明るくしたり)寝る時間かな~と思ったら消していました。
二日前に濾過器などを新しくする為に一度バケツに避難してもらってたのですが、その時網ですくわざるをえなくて、その後から体調が悪化したようにも見えました。
以前も、寝ていないのに水底でじっとして、近づいても動かず(前はサーっっと逃げてました)エラと口をぱくぱくさせていたのでいろいろネットで検索したのですがピンとくるものがヒットせず、こちらで助けてもらおうとおもったのでした。。
一度は死んでしまったと思ったフグ(チリ坊といいますw)が生きていて、今もぎりぎり泳いでいてくれてることはすごく嬉しいんですけど、もし力つきてしまった時に原因が知りたいし、次にもしミドリフグを迎え入れる時の参考にさせて頂きたいので、よろしく御願いします。
ミドリフグや水質について勉強は毎日しているのですが、まだまだ無知なものでご迷惑かけます。
もしこちらの情報で足りない事があれば、教えて頂ければ追記します。
ぜひご回答よろしくお願いします。;_;

ミドリフグの瀕死状態で助けてほしいです。
どなたか教えてくださいm(_ _)m

今日で飼い始めて3週と一日の、UFOキャッチャーでとったミドリフグがいます。
100*50*70ほどの密封プラスチックの容器に酸素石一個と砂少量と怪しい環境だったため(お店によっては淡水を入れてあったり、食塩を入れているところもあるそうです)、とってきた次の日に慌てて水槽セットを買ってきて、小さい容器よりマシだろうと思い、立ち上げて即日に水槽に移住させてしまいました。(まだその頃勉強が足らず、温度合わせと水合わせを...続きを読む

Aベストアンサー

今更なのかもしれませんが・・・正直解決できないかもしれません
目で見て調子が悪い場合、手遅れな事が良くあります
一番良い方法は調子が良い海水水槽に入れる事ですが
おそらくお持ちではないと思いますので、お店にお願いして数日
預かってもらうか、調子が良い水槽の海水で酸素パックをしてもらって
一晩水槽に浮かべておいて翌日水槽に戻す(水替えはして置いてください)
原因などはいくつか考えられる事はありますが、今となっては何とも・・・
確認ですが、写真を見る限り白い膜は出ていませんか?
それが無ければ良いのですが・・・

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む


人気Q&Aランキング