「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 昔は知り合いを紹介してくれたら紹介料として現金○○円をプレゼントなどというチラシやパンフをよく見かけたものですが、最近は見かけなくなりました。あっても図書券や商品券などです。金額は大差なくてもです。

 紹介料として現金をプレゼントというのは今は何か法律にひっかかるのでしょうか。詳しい方いたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の場合は以前は紹介料払っていましたが


領収書等の都合もあり現在は
相手に応じて
デパートの商品券 都市部の場合
農協の商品券   田舎の場合
クオカード    他社の紹介の場合
を差し上げています。いちいち領収書貰うのが
面倒なのが主な理由です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 領収書もらわなかったら、会計上どうしているのですか? 現金なら口座間送金など支払いの証明が残り雑損や営業費の勘定科目で処理できると思うのですが、領主書をもらわない商品券類なら自腹ってことで税金の控除もなしってことですか?

お礼日時:2008/12/16 02:46

現金であっても法律に抵触することはありません。

確かに最近は現金以外のものを提供する企業が多いようですね。その理由は回答者No1.さんのご指摘の通りだと思います。

私は旅行会社の経営者ですが、大勢のお客様を集めていただいたリーダーに以前は現金をお渡ししていました。しかし非旅行業者に販売手数料と変わらない現金を支払うのは旅行業法違反に問われる恐れあり、と考えて廃止し、現在は旅行ポイント、旅行券を差し上げています。

交際費ではないか、と税務署に突っ込まれないためにも恒常的な紹介者とは紹介料について細かい契約書を交わしていますけどね。

さらに言わせて頂ければ、こんな点も見逃せませんね。

現金はどこでも使うことが出来て紹介者としては嬉しいが、提供側から見れば資金の流出で終わってしまう。しかし自社発行の商品券やポイントであれば、いずれ自社の売上で戻ってくる可能性が高い。つまりリピータとして囲い込みができる、というメリットがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 法律には抵触しないんですね、自社での商品券やポイントでの囲い込み。なるほどと思いました。

お礼日時:2008/12/16 02:42

特に現金が悪いものではありません。



ただし、1つには、現金という物が生々しく品格に欠けるという意識が働くのと、紹介をうけたお客さんに販売を行うのに資格を必要とするような業種では、現金などにして無資格の紹介者が販売行為まで行ってしまうと、監督官庁からお叱りを受けることもあり、マイレージのようなものにしているところもあります。

あまり参考にならなかったかもしれませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 それをあてにして販売を業として行う人が出てくる可能性があるってことですね、確かに生々しいイメージはありますね。

お礼日時:2008/12/16 02:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免許なしに人材を紹介してフィーをもらうことは違法?

小さいネット代理店の代表をしています。
今回、社員が総合広告代理店に転職したいとのことで、知り合いの広告代理店に口を利き、
入社に至りました。

紹介した代理店からは大変に感謝をされ、謝礼(人材紹介手数料)を払いたいので、請求書を
出してほしいといわれています。

人材紹介で商売するには免許などが必要だと思われますが、こうしたケースの場合、
つまり、紹介を本業としているわけではない、かつ、継続して紹介業をビジネスとするわけではない場合
紹介フィー名目で金銭を授受しても違法にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

追記です。

人材紹介手数料などの名目では、疑いがかかる可能性があります。
ですので、移籍料などとすると良いかもしれません。

口利きをしたということもあまり言わない方が良いかもしれません。口利きを行えば、あっせんですからね。

偶発臨時的なものであっても、同様のことが続くと紹介とみられる可能性もあります。その証拠を紹介と疑われない形にされたほうが説明もしやすいことでしょうからね。

最後に、紹介事業の許可が必要かどうかの判断に、紹介料の有無で見るのではなく、職業紹介・斡旋の行為で判断することになります。ご注意ください。

Q仕事の紹介料の勘定科目は?

こんにちは。
私の会社は建設業を営んでいます。
この度仕事を紹介してもらって、紹介してもらった業者に契約金額の5~10%の金額を手数料として支払うことになりました。
金額的には50万から100万ほどになると思われます。

この場合、工事の事前原価としての処理になると思うのですが、一般管理費の仕訳科目は何になるでしょうか?
どなたかお分かりになる方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

建設業や不動産業では分けのわからない仕訳をされている会社を散見しますが、世間一般の会社なら、
(借方)販売手数料etcXXX (貸方)現金or預金XXX
というのが普通だろうと思います。
売上を獲得するのに必要だった手数料ですから、工事原価ではなくて販売費(⊂販管費)になると思います。

Q仕事の紹介してもらった場合の紹介料について

私はSOHOでホームページ制作をしています。

特定の知り合いから仕事を紹介されることが多くありますが、これまでその方に紹介料というものを支払っていませんでした。

今後仕事を紹介してもらった場合、その方に紹介料を支払いたいと思いますが、制作料金の何割くらいを支払えばよいのでしょうか?
また、制作料金にかかわらず、紹介料を決めた方がいいのでしょうか?

相場など、まったくわかりません。
同じ境遇の方の体験談などをお伺いできたら・・と思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。現在IT企業にてマーケティング関係の仕事をしています。

企業取引の場合は、代理店がクライアントと制作会社の間に入る場合が多いですが、その場合、代理店は仕事を右から左に投げるだけで、(一応スケジュール管理とかはしてくれているそうですが)実務はしていません。その場合でも営業管理費、コミッションという名目で代理店は10-15%の上まえをはねるのが通常となっています。

SOHOのように個人的なつながりであれば相談の上でもう少し低くすることもできるかと思いますが、企業間の制作業務にかかわる取引で採用されている10-15%というのは、いい参考値になるかもしれません。

Q紹介料の勘定科目

不動産仲介業(法人)でお客を紹介してもらった時に紹介料を支払いました。 相手は個人(不動産業は営業していない)ですが、交際費になるんでしょうか?
又支払手数料として計上できる方法はないでしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは。

以前自動車修理業を営む法人の、新車購入に伴う紹介謝礼で、経験した例ですが。

基本的に、名目は「手数料」に近いものがありますが、実質は紹介してもらったことに対する「お礼金」として、交際費等に該当する、というのが第一の判断です。

「個人に対するもの」と断っていらっしゃるので、同業者に対するものは、基本的に「支払手数料(等)」として処理が可能なことはご存知とお見受けします。

個人に対するものを、交際費等に該当しないものとして計上するのは、正直言って、かなりきついものがあると言う印象を受けました。

是否認の判断は勿論つけ切れませんが、最低限次の処理が必要と思います。

(1)あらかじめ紹介という行為に対して、手数料支払の契約を取り交わしておく。
 契約は、契約書によるものだけではなく、口頭でも成立するわけですが、折込広告や店頭での掲示、最低でも商談メモなどの資料を作成・保存することが必要だと思います。

(2)提供を受ける役務の内容が契約上具体的で、これに基づいて役務提供が行われていること。

(3)支払手数料の額が、役務の内容に照らして相当と認められるものであること。
例えばですが、成約金額の何%というように、金額算定のの根拠も明確にしておく必要があると思います。

ちょっとこれ以上具体的には展開できませんが、最低限上記の処理・資料を整えた上で、何処まで主張が通るかでしょうか。

<蛇足>
(逆に質問してお恥ずかしいですが)「不動産」に対しても、「紹介謝礼」の範囲であれば、特に業務上の問題は起きませんよね。

こんにちは。

以前自動車修理業を営む法人の、新車購入に伴う紹介謝礼で、経験した例ですが。

基本的に、名目は「手数料」に近いものがありますが、実質は紹介してもらったことに対する「お礼金」として、交際費等に該当する、というのが第一の判断です。

「個人に対するもの」と断っていらっしゃるので、同業者に対するものは、基本的に「支払手数料(等)」として処理が可能なことはご存知とお見受けします。

個人に対するものを、交際費等に該当しないものとして計上するのは、正直言って、かなり...続きを読む

Q業者からリベートをもらいました。

恥を忍んで質問します。
業者から見返りとしてリベートを受け取りました。
もちろん悪いこととわかっておりましたが、やはりお金の誘惑に負けてしまいました。
会社にはバレていませんが罪悪感から告白しようと思っています。
しかし私は公務員でもないし民間のサラリーマンですので、
自分のした責任は会社的にはとるつもりですが、法的には何ら問題がないと思いますが、実際どうなんでしょうか?
公務員であれば贈収賄などの罪になると聞きましたが。

Aベストアンサー

あなたが経営者でなく、また会社にも損害を与えていない限り罪は成立しないでしょう。
会社に損害を与えていれば背任罪(刑法247条)になる可能性があります。
あなた自身が経営者であれば、刑法上は何の問題もありません。

一方、そのリベートについては、納税申告しましたか?
もししていないとすると、脱税になります。
むしろ、こちらの心配をするべきかもしれません。
リベートなどは脱税されやすいため、税務署が興味を持っています。

Q紹介料の相場

独立したばかりの知人(デザイナー)に仕事先(A社)を紹介しました。
そのA社も知人の様なデザイナーを探していたので双方から非常に喜ばれました。

今後彼等は取引を開始するのですが、弊社を通さない様な案件に対しても、弊社に対して
紹介料を支払って頂けるとの事です。つまり、知人が弊社への紹介料を乗せた金額をA社に
請求し、月末に知人から弊社に振込みがるという流れです。(A社 了承済)

この場合、紹介料の相場はおいくら位なのでしょうか?
過去の質問を見ていると職種等にもよるとの事なので参考までに記します。

●彼の職種:店舗・住宅の壁面や家具等へのペイント。
●単価:都度変動(最初に紹介した案件は約100万円。)
※勿論、毎回100万単位ではなく数千円~1万円程度の案件も多々あるかと思います。
●弊社の職種:建築装飾の製作会社です。

紹介料は『取引額の○%』とするのが一番明瞭で良いかと思ていますがどうでしょう?
また、この様な紹介料を請求する立場は初めてですので、何か注意する点がありましたら
アドバイス頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

独立したばかりの知人(デザイナー)に仕事先(A社)を紹介しました。
そのA社も知人の様なデザイナーを探していたので双方から非常に喜ばれました。

今後彼等は取引を開始するのですが、弊社を通さない様な案件に対しても、弊社に対して
紹介料を支払って頂けるとの事です。つまり、知人が弊社への紹介料を乗せた金額をA社に
請求し、月末に知人から弊社に振込みがるという流れです。(A社 了承済)

この場合、紹介料の相場はおいくら位なのでしょうか?
過去の質問を見ていると職種等にもよるとの事な...続きを読む

Aベストアンサー

職種が違いますので参考程度に。

私の立場はデザイナーさんの立場にあたるのですが、大体の紹介料は取引額の5%~10%の範囲です。
最も多い契約が6%。

業界の慣習もあるでしょうしね。
御社が仲介に入る場合の仲介手数料よりも、少し下げた%を設定すれば良いのでは無いでしょうか。

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q紹介手数料の適法性

営業先企業Aにて、生命保険や投資信託、住宅ローンなど興味のある方を紹介してもらった場合、その企業Aに謝礼として保険会社Bが手数料を支払うことは保険業法上、適法でしょうか。企業Aは保険募集人登録はありませんし、今後も登録する予定はありません。
今までは、企業Aのお客さんや従業員の中で、金融商品の購入意思が明確にあるわけではなく、機会があるなら一度フィナンシャルアドバイザーの話を聞いてみたい、という人を、企業Aは好意で保険会社Bに紹介(橋渡し)していたのですが(企業Aも欲が出てきたのでしょうか?)、継続的に今後も紹介するので、契約を結んで、1人につき○○円等、謝礼をもらえるならもらいたいということです。
保険会社Bとしてもお客さんになりそうな人を紹介してもらえるのは謝礼を払ってもメリットがあります。
この場合、成約に至る・至らないに係わらず、企業Aが保険会社Bにお客さんを紹介したことにつき○○円という契約です。
企業Aは一切、金融商品の説明や募集は行ないません。
私の理解では、企業Aが保険会社Bの取り扱う金融商品に関する募集行為を行った場合は、企業Aが募集人登録をしていないので、保険業法上アウトになると思うのですが、単に、お客さんを紹介するだけであれば、保険業法に引っかからないのではないかと思います。
ただ、企業Aも継続的にお客さんを保険会社Bに紹介をして、その謝礼として継続的に対価をもらうことは「業」として認められる気がしますので、その辺が保険会社・企業の立場から、何法にひっかかってくるのか、気になるところなのです。
業法に詳しい方や同じようなことを行われている方に御意見頂戴できると幸いです。宜しくお願いいたします。

営業先企業Aにて、生命保険や投資信託、住宅ローンなど興味のある方を紹介してもらった場合、その企業Aに謝礼として保険会社Bが手数料を支払うことは保険業法上、適法でしょうか。企業Aは保険募集人登録はありませんし、今後も登録する予定はありません。
今までは、企業Aのお客さんや従業員の中で、金融商品の購入意思が明確にあるわけではなく、機会があるなら一度フィナンシャルアドバイザーの話を聞いてみたい、という人を、企業Aは好意で保険会社Bに紹介(橋渡し)していたのですが(企業Aも欲が出てきたの...続きを読む

Aベストアンサー

>単に、お客さんを紹介するだけであれば、保険業法に引っかからないのではないかと思います。

結論から言うとその通りです。企業が紹介代理店契約を結んでいる場合は、規定の紹介手数料が保険会社から支払われ、企業にも雑収入として会計処理が必要となります。ただし、紹介代理店は「紹介するだけ」なので「ノルマ」があるわけではなく、契約のある月もない月も発生するわけですので、恒常的な収益ではなく、あくまで副収入(個人で言うところの雑所得)の範疇に収まります。

「募集代理店」となると、保険会社から販売の委託を受けるので、自身のノルマに近い基準があるですが、よく大企業などが外資のガン保険の募集代理店を子会社として持っていて、本体の収益機会に貢献できるような仕組みを作っていたりしています(募集手数料は紹介手数料と比べ物にならないほど多い)。自社の従業員もビジネスのネタに活用する、というわけですが、従業員にとっても団体割引や事務手続きを厚生課でしてもらえたりできるところもあり、それなりにメリットの相互享受関係を築いています。
ちなみに保険会社からの手数料が自主財源に大きく貢献している組織や企業はたいへん多くあります。税理士、会計士などの紹介手数料は月何百万という額になる場合もあります。理美容士などの組合や酒や米、たばこなどの○○組合、納税協会などや××互助会などなども自主財源として会員を紹介します。いずれにしても保険会社が個人や組織と代理店契約するのは何の問題もありません。

が、個人同士の問題になると事情が違います。
まず、保険業法300条では特定の利益供与を禁じており、金品での紹介お礼を個人販売員が個人紹介者にすることはできません(社会通念上、妥当とされる菓子折り程度はよいが契約めいた基準をお互いに作ったりすることは厳禁・・他の加入者との公平性に欠けるので)。
また、適正な募集を定めた金融商品販売法においても、例えば上司が部下に仕事上の影響力を行使して保険契約をするように言ったりすることはできません。そのような経緯で販売員が契約を頂いても違反ですし、そうなることがわかっていて報告を怠ることもそれを知っていた他の販売員の過失になる場合があります。
また銀行などが保険の販売を行う際に、立場を利用して融資条件に反映させたりすることも厳禁ですが、これは非常に多く見られます。

>継続的に今後も紹介するので、契約を結んで、1人につき○○円等、謝礼をもらえるならもらいたいということです。
これは紹介代理店契約の条件に関することであれば、当然主張してもよいお話ですが、多くの保険会社はバカではないので、個別に交渉したりする余地は殆どないと思って間違いないでしょう(一律の基準がある)。

>単に、お客さんを紹介するだけであれば、保険業法に引っかからないのではないかと思います。

結論から言うとその通りです。企業が紹介代理店契約を結んでいる場合は、規定の紹介手数料が保険会社から支払われ、企業にも雑収入として会計処理が必要となります。ただし、紹介代理店は「紹介するだけ」なので「ノルマ」があるわけではなく、契約のある月もない月も発生するわけですので、恒常的な収益ではなく、あくまで副収入(個人で言うところの雑所得)の範疇に収まります。

「募集代理店」となると、保険...続きを読む

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Q紹介手数料は課税取引?

法人の経理処理について、
業者を紹介して、紹介手数料を受け取ったとき、
これは消費税の課税取引と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

<消費税基本通達5-1-1>
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/05/01.htm
国内において役務の提供があった場合は、課税取引となります。


<消費税基本通達5-5-1>
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/05/05.htm

よって、この場合は業者の紹介(情報の提供)として役務を提供していますの
で、その対価として手数料収入があれば課税取引となります。

また、非課税に関しては基本通達第6章を参照願います。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/01.htm
免税は、第7章参照

基本的には、国内で役務(サービス)の提供を行って、対価を得れば消費税
の課税取引となります。


人気Q&Aランキング