教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

「男」を手元の字書で引きました。
田+力。田は耕作地の象形。力はちからのあるうでの象形。
耕地で生産する働き手、おとこの意味。

「耕地で生産する働き手を男」としていることに疑問をもちました。
「田」が耕地ということであれば、そこで働くヒトは、むしろ「女」ではないのでしょうか。
男のイメージは、原野を開拓したり、漁や猟をしたり、交易に出かけたり、抗争したりという感じです。
未開の部族のなかには、女がせっせと働いて、男は、ぼーっと過ごしている部族もあるそうです。

「畠・畑」は和製漢字で、中国語では「田」だけですね。
「男」という漢字が、いつ頃、中国のどこで生まれたのか知りませんが、
漢字文明が生まれたのは黄河流域なので、漢字の「男」ができた頃の田は、水田ではなく畑地か果樹園だと思っています。
ここでは男も女も一緒に働いていたことでしょう。

「田+力」は、「耕地で生産する働き手」を表しているのではなく、「耕地を力作業で作り出しているヒト」を表していると解釈して、漢字の「男」が成立したと言うなら分かります。
古代中国の社会制度、男女の役割、農作業の実態などをまったく知らない者(質問者)が想像しただけの話です。

さて、教えていただきたいのは「男」の字義です。
耕地で生産する働き手なので男とする以外の解釈はありますか。
このような説もあります。
http://www.gaba1000.biz/kyu/index.html

自説でもかまいません。
私はまったくの素人で想像するのを楽しみにしていますので、自説をむしろ歓迎します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あくまでも憶測ですが,


男というようなごく身近な概念を表す字を作るのに,
田という漢字と力という漢字をわざわざ足し合わせる必然性は乏しいです。

女だって田畑で働くというのはその通りです。

やはり既にあるように「士」(ひょっとすると,「夫」や「父」など別の字かもしれませんが。)がおとこを意味するもともとの字であると考えます。
男は別の意味の言葉だったと考えます。

じゃあ男がどんな意味だったかというと,それは自説でないんで申し譯ないですが,
白川静の「字統」では
「田と農具のすき(力)を合せて耕作のことを示すが,古い用法ではその管理者をいう。」
と言っているので,すなおにそれでいいと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「男というようなごく身近な概念を表す字を作るのに,
田という漢字と力という漢字をわざわざ足し合わせる必然性は乏しいです。」の考え方に
まったく同感です。
「女」という字と比べても「男」は不自然です。
だから、「男は別の意味の言葉だったと考えます。」のお考えに同感です。

『字統』の解説なら十分納得できます。
ところが、小学生向けの字書にも「男」という字の成り立ちを、田畑で力強く作業しているヒトを表すと解説されています。
このサイトの過去の質問・回答を読んでも「田で働くヒト」との解釈が多いです。
そこが納得できなくて質問した次第です。

お礼日時:2008/12/30 11:04

1番です。


歴史に詳しいわけではありませんが、農業経験者としてひと言。

米には陸稲というものがあります。
戦後食糧不足のときに、私の家では畑で陸稲を作りました。
ですから 米=水田 と決まっているわけではないと思います。
沢山の水田へ水を引くのは大変なことです。
川に面している水田は極わずかです。
大抵は延々と長い曲がりくねった細々とした水路から水を入れています。水は高きから低きへしか流れませんので、多くの水田へ水を引くのは大変難しいことです。
ですから、稲作が始まった頃は、水稲ではなく、陸稲ではなかったかと思っています。

そんなところから、中国では「田」は必ずしも水田ではないと思います。単に耕地と考えたいですね。
>「畠・畑」は和製漢字で・・・。
↑このお話を聞いてますますそのように思いました。

古代中国は母系だったらしいです。
入り婿です。
「婿」という漢字の女偏は、そんなところに由来してませんでしょうか。

>田」という象形からは、四角い区画を作り出した国家権力を想起します。
>開発・開墾に駆り出されたおとこの匂いがします。

戦争で負けた方の男が奴隷にされ、開発・開墾に使われたということはあると思います。

なんだか、取り止めがなくなってきましたが、ご研究の一助になればと思い、回答しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

漢字文明は、黄河流域で生まれたと思います。
多分「男」という字もそうでしょうが、黄河流域は麦作ですね。
日本語では、田んぼではなく、麦畑というのでしょうね。

私は、男という字が「田で働くヒト」からできたという解釈に、まだ納得していません。
満足な農具がない時代に田を耕す力作業が大変だったろうことは、理解しています。

お礼日時:2008/12/30 16:24

こんにちは、よろしくお願いします。


農家出身です。
田畑を耕すのには力が要ります。
クワで耕す。鋤で鋤く。
いずれも力が要ります。
田畑を耕す能力:(1)牛馬 (2)男 (3)女 の順。
牛馬を扱うのも男のほうが得意でしょう。
従って、「男」は田畑で働く人 だと思います。

当初は、「男性」という意味よりは「田畑で働く人」の意味が強かったと聞いています。
「男性」という意味の強いのは「士」らしいです。
「士」は勃起したペニスとのこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
私は農業の経験はないですが、「田畑を耕すのには力が要ります。牛馬を扱うのも男のほうが得意でしょう。」は、よく分かります。

老若男女が田で一緒に働いていたのでしょう。
力を込めて懸命に働くおとこを表す字には「男」が最もふさわしいと「男」という字を作った人は思ったに違いない。
束の間かも知れないが平和な時代の田園風景を想像します。
「男」の字義をいつ頃、誰が決めたのかは知りませんが、その当時以降、考古学上の発見があり、歴史学は発展しているはずです。
「男」の字義について、他の見方をした例はないのでしょうか。

「男」という字がいつ頃できたのかは知りませんが、殷の遺跡で「男」と書かれた遺物が出ているそうです。
「田」という象形からは、四角い区画を作り出した国家権力を想起します。
開発・開墾に駆り出されたおとこの匂いがします。

お礼日時:2008/12/29 15:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「漢字の成り立ち」って??

次の漢字の中から、同じ成り立ちのものを、二つずつ組にしなさい。

<森・清・二・貝・川・鳴・晴・本>

上記の問題なんですが「成り立ち」という意味がわからないんです。小五の国語問題です。真面目な問題(クイズじゃない)です。
どなたか「成り立ち」について教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
成り立ち、というのは漢字がどのようにしてできたか、という意味です。
象形文字ですとか、形声文字等の分類があります。
詳しくは参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~koyu/kan/nari.htm

Q5年生 割合の問題を教えてください

小学5年生の子どもに割合をうまく教えられず困っています。

例)あゆみさんのクラスでは風邪で9人休みました。
これはクラスの30パーセントにあたります。
クラスの人数は何人でしょう?

あとで算数の教科書を見たら、
(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)を使って解くことになるようです。
しかし、この式でなぜ解けるのかが教えられません。
中学生だと、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)から、式を変形させればいいと教えられるのですが…
本人は、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)については理解できています。

ちなみに私は、(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)なんて覚えていないので、いきなり質問されて頭の中でX×0.3=9という式をつくり、X=9÷0.3と変形させてからでないと解けませんでした。

Aベストアンサー

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ分ということです。したがって、
 もとにする量(1あたり量)を○、比べる量(全体の量)を□、割合(○つ分)を△とおけば、いかなる場合も、3つの数量の関係は、以下のようになります。
(1)□=○×△
(2)△=□÷○
(3)○=□÷△
これは、割合だけでなく、速さの問題などいろんな場面で使えます。つまり、掛け算割り算を習った段階で、この原理原則は、すでに小3で完成されているわけです。あとは数値が、大きくなったり、小数になったり、分数になったり、倍や%が出てきたりするだけのことです。ですから、算数における飛び級などもありうるわけです。

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ...続きを読む

Q小学生への割り算の答えの確かめ方の指導法を教えて下さい

小学生に算数を教えています。今困っているのは、割り算の答えの確かめ方です。例えば19÷5=3あまり4の確かめ方は5×3+4=19ですが、どうしてこうするのか、これを小学3年生に分かりやすく理解させる方法(説明の仕方)を教えて下さい。

Aベストアンサー

文章題で考えさせるのが面白いのではないでしょうか。例えば、19÷5=3…4なら、

19個のアメを5人で分けたら、1人何個で、何個余るでしょうか?

というような文章題が作れますよね。ここで答えを求めてから、

5人に3個ずつ分けたら、4個余ったけど、これは本当に全部で19個かな?

という問いかけで確かめさせることができますよね。確かめはこういう方法でやる、と教えるより、どうすれば確かめられるかを考えさせる方が面白いと思います。

小学生だろうが理屈で算数を考えることは可能です。理屈を教えられる能力の無い教師に限って、小学生に理屈を教えるのは無理だ、と言い訳しますけど。残念ながら、文科省の指導要領も理屈を教えるのには適していません。あれでは詰め込み式の授業しかできませんね。学校教育がそうだから、算数や数学が嫌いな生徒が増えるのです。現実問題として、今のままじゃ改善は難しいと思いますが…。済みません、余計なことを長々と書いてしまいました。

子どもに算数を教えるときは、解き方を教えるより、どういう方法をとればいいのか考えさせることが大切です。全部が全部そうできるとは限りませんが、確かめ算なんかはいい機会だと思います。自分でやり方を見つけられたら子どもだって嬉しいと思いますし、算数の楽しさがわかりますよね。学校でこのペースじゃ教科書が終わらないかもしれませんが…。

文章題で考えさせるのが面白いのではないでしょうか。例えば、19÷5=3…4なら、

19個のアメを5人で分けたら、1人何個で、何個余るでしょうか?

というような文章題が作れますよね。ここで答えを求めてから、

5人に3個ずつ分けたら、4個余ったけど、これは本当に全部で19個かな?

という問いかけで確かめさせることができますよね。確かめはこういう方法でやる、と教えるより、どうすれば確かめられるかを考えさせる方が面白いと思います。

小学生だろうが理屈で算数を考えることは可能です。理屈を...続きを読む

Q英語で「算数」は?

小学校で習う「算数」は英語で mathとarithmeticsのどっちが普通の言い方でしょうか? また、arithmeticsとは具体的にどこまでの範囲を指すんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このarithmeticsは多くの人にはarithmeticと言う単語で使われる単語なのです。 

これは、ちょうど日本でも言う「読み・書き・そろばん」のそろばんにあたる部分で(もちろんそろばんはないですが)アメリカ人として生活に非常に大切な算数・数学の一部を指します。 つまり、アメリカで人間として最小限度能力として教えるものなのです。

生活の為にですので一般的に使う数字の理論と使い方を教えるわけで、こちらの小学校で教える「算数」のほとんどがこのArithmeticになるのです。 数に関してのお勉強なのですね。 よって、算数や数学の中で数に関係のない事柄、あるいは記号を使う方程式などは含まれないわけです。

そして、これがAlgebraと言う名前に変わり日本の数学の中の「図形」を含まない項目を教えていくわけです。 その時にこの含まない図形がGeometryと言う単語で呼ばれるようになり、いろいろなGeometryにつながりTopologyなどの準備教育となるわけです。 AlgebraはこれからTrig, Analysis, Calculusと高度になっていくわけですね。 これらを全てMathmatics, Mathと呼ばれるわけです。

日本の留学生のほとんどがGeometryとAlgebraは全く問題なくAの成績が取れますし、CalculusにしてもPre-Calc(ulus)までは高校でも成績の良い生徒は受けることが出来るので日本人留学生も楽に取れることになっています。 大学でも必須科目のひとつとして単位をとる科目として一番楽な科目なのです。

と言う事で読み書きそろばんのフィーリングで言う算数・数学をArithmetic(s)と言うわけです。 ですから科目ではないわけです。 Math、Algebra, Geometry, Calculusが科目名となります。

普通の親御さんであれば知っている単語である理由でもあるわけです。

なお、mathはmathmaticsの短くした表現ですので、一般的にはmathで通してしまいます。 Physical Education(体育)はP.E.ですが今ではGymと呼んでしまう小中高が多いですね。

この短くした表現は、大学に行くとより多く生徒間で使われるようになります。 Biz 101(Business 101), Stat 302(Statistics 302)などですね。

私の知っていることを書かせていただきありがとうございました。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このarithmeticsは多くの人にはarithmeticと言う単語で使われる単語なのです。 

これは、ちょうど日本でも言う「読み・書き・そろばん」のそろばんにあたる部分で(もちろんそろばんはないですが)アメリカ人として生活に非常に大切な算数・数学の一部を指します。 つまり、アメリカで人間として最小限度能力として教えるものなのです。

生活の為にですので一般的に使う数字の理論と使い方を教えるわけで、こちらの小学校で教える「算...続きを読む

Q泳、喜、旅という漢字の語源について教えて下さい 

 こんにちは。どうしても急ぎで調べないとならないのですが、ネットで思うようにヒットしないのでどなたかお知恵を貸して頂けませんでしょうか?
 タイトル通りなのですが、泳、喜、旅 この3つの象形文字?というのでしょうか(無知で申し訳ないです)今の感じになる前の絵文字のようなもの、由来、語源が乗っているサイトを教えて頂けないでしょうか?
画像は他の漢字ですが、先ほどの3つの漢字もこのようなものが知りたいです。
  よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「説文解字」という字書があります。
漢字を体系的に整理した古く権威ある書、最古の部首別漢字字典。
期限100年(後漢時代)の書。
文字の種類と形,発音,意味(由縁)の解説があり。

絵はありませんが由来が簡潔に書いてあります。
 以降の各種字書の解説は 多様な/詳細な/丁寧な 説明になっていますが
 「説文解字」が原点で 各種古典資料や用例から採った要素を付加して
 解釈しています。

当時も多様な字体が混在通用していましたが
もっとも正統とされた字体“小篆”に準拠して収集・整理・解説しています。

ネットで利用できる「説文解字」を見ると以下の通りです。
ここにある字体は説明は清朝時代の「説文解字注」から採っているようです。
中国語ですので 意味(由縁)部分を日本語訳しておきます。
掲載されている字体を眺めると そんなものかと言う気になれますか?
・泳
 http://www.zdic.net/z/1c/sw/6CF3.htm
  潛行水中也:水に潜ること也
・喜
 http://www.zdic.net/z/16/sw/559C.htm
  樂也:楽しむ也  (字の上部は楽器)
・旅
 http://www.zdic.net/z/1b/sw/65C5.htm
  軍之五百人爲旅:軍(兵)の五百人を一旅とする

英語の解説はこちらにも:
内容は「説文解字」準拠ですが 字体は金文や甲骨文字も。
意味の英文解説はやや近代的概念/英語文化圏の混在/付加があるような。
・泳
 http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?submitButton1=Etymology&characterInput=%E6%B3%B3
・喜
 http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?submitButton1=Etymology&characterInput=%E5%96%9C
 上の部分の解説は
   http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?submitButton1=Etymology&characterInput=%E5%A3%B4
・旅
 http://www.chineseetymology.org/CharacterEtymology.aspx?submitButton1=Etymology&characterInput=%E6%97%85

*中国の子供向けの漢字の由来の絵文字説明サイトがあるのですが 探す時間がないので今回は端折ります。

「説文解字」という字書があります。
漢字を体系的に整理した古く権威ある書、最古の部首別漢字字典。
期限100年(後漢時代)の書。
文字の種類と形,発音,意味(由縁)の解説があり。

絵はありませんが由来が簡潔に書いてあります。
 以降の各種字書の解説は 多様な/詳細な/丁寧な 説明になっていますが
 「説文解字」が原点で 各種古典資料や用例から採った要素を付加して
 解釈しています。

当時も多様な字体が混在通用していましたが
もっとも正統とされた字体“小篆”に準拠して収集・整理・解説し...続きを読む

Q小学6年生算数の比の文章問題がわからないです

小学6年生算数の比の文章問題がわからないです。
問題 あるクラスの男子と女子の人数の比は6:5で、全体の人数は33人です。女子の人数は何人ですか。女子の人数をXとして式を作り、答えを求めましょう。
上記の問題を子供に教えようとしましたがどうも説明できませんでした。

Aベストアンサー

6:5ですから全体は11になります。全体と女子の比は11:5となるので、
11:5=33:Xです。
内項の積と外項の積は同じなので、
11X=5×33
11X=165
X=15
となります。
まあ、それよりも簡単なのは、33×5/11=15となるのですけど。


人気Q&Aランキング