剛性と比剛性との違いを教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 補足です。


 ある物体に力がかかったときの変形のしにくさ。
 力pを加えたときの変位をδとすると、変形のしにくさの尺度は
 p/δ である。
 とお答えしましたように、変位が少ない=小変形 ならこの値
 p/δ は大きくなります。(剛性が高い:分母が小ですから)
 この回答で何か変でしょうか?
 比~ とは何かを一定にしたときの相対値で、ここでは、物体の変形が一定
 として、そのために加える力の大きさの比をいいます。
 ただ、強度と変形の相関はかなり問題があります。つまり、
 強度=硬さ=もろさ
 変形=柔らかさ=粘り強さ
 なんか、日本刀の解説みたいになりましたけど。
 だから、真の強度は、復元力を含んで(粘り強い)、変形しにくいのですが。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうがざいました。
「真の強度は、復元力を含んで(粘り強い)、変形しにくい」

ヘリコプターの羽は、金属だと飛行時間によって廃棄処分してしまうのに対し、FRP製は時間無制限であります。
粘り強くて変形しやすく、かつ、遠心力にも耐えうる強さをもつ素材がFRPということで、金属では剛性が高い反面、疲労によりひずみが生じる欠点があるというのが理解できました。(違っているかもしれませんが・・・)

お礼日時:2001/03/04 23:41

回答は出ているようですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「剛性」
http://www.nifty.ne.jp/forum/fcycle/fcyclo/mes7/ …
(比剛性)

ご参考まで。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fcycle/fcyclo/mes7/ …
    • good
    • 0

 たぶん物理学の剛体(剛性)のことだと思います。


 rigidity
 ある物体に力がかかったときの変形のしにくさ。
 力pを加えたときの変位をδとすると、変形のしにくさの尺度は
 p/δ である。
 ヤング率:材料の軸方向に対する剛性
 ずれ弾性率(剛性率):ずれ変形に対する剛性

 なんですが、剛体の力学(物体が変形しないと仮定しての力学)
 =剛体の力学
 と、変形およびその変形応力・回復など
 =非剛体の力学
 です。
 あと、数学分野に「剛性」の用語がありますが
 どれですか。補足してください。

この回答への補足

お忙しいところ、ありがとうございます。
FRPのことで勉強しているのですが、その特長に「剛性は小さい」とあるのに「比強度と比剛性が高い」とも書いてあるのです。
ヘリコプターの羽など、最近では良く用いられる理由に、上に持ち上がったり、ピッチ(迎え角)を変更するためのヒンジの代わりにFRP製の羽にしたとのこと。
たしかに、「変形のしにくさ=剛性」ということであれば合成が小さくないと役に立たないはずですよね。にもかかわらず、比剛性が高いともいわれるので悩んでいます。よろしければ、ご回答お待ちしております。

補足日時:2001/03/01 18:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薄膜のたわみによるヤング率変化について

薄膜のたわみによるヤング率変化について
質問させてください。

例えば、A4サイズの紙の短い辺の片端だけを持つと、
重力によって紙は当然ペロンと下に曲がります(たわみます)。
しかし、長い方の辺にすこしだけ力を加えてたわませると、
その紙は下にたわまなくなり、重力に抵抗できるようになります。
厚みなどのパラメータは変わりませんので剛性変化というよりも、
ヤング率が変化したと考えられると思います。
また、この現象は金属膜でも同様に確認できます。

さて、この現象をどのように理解したらよろしいでしょうか?
長辺方向の変形による、ヤング率の変化
(いわゆる微分剛性やストレススティフニング)でしょうか?
みなさまご教授ください。

Aベストアンサー

>アーチ構造にして見かけ上の剛性が変化した場合、
>同じだけたわませるにはより応力が必要になると
>考えてよろしいでしょうか?

いえ、アーチは応力がそもそも発生しにくいのです。
より大きな応力ではなく、より大きな荷重が必要と言った方がいいでしょう。
ウィキペディアの図を借用して解説しますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Arch_action.png
アーチはその形状から曲げモーメントを軸力に変換します。

曲げモーメントが作用した場合、軸力が作用するのに比べ、多大な応力が発生し、
これが大きなたわみを生み出します。
ところが、アーチ形状では、曲げモーメントが発生しにくいため、
そもそも応力があまり発生しない構造といえます。
これは剛性というより、形状によって発生する断面力に差異があると考えてください。

Q体積比1700倍?の求め方をお願いします。

体積比についての質問なのですが、水の体積が水蒸気になると1700倍になって危険だ!とか良く文献に「1700倍になる」とか描いてあるのですが、具体的な求め方が分かりません・・・
 どなたか説明してもらいたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 液体状態で水18gはほぼ18cm3です。これが蒸発して大気圧のもとで100℃の水蒸気になるとすると、気体の状態方程式は
pv=nRT なので
v=nRT/p
 =1*0.082*(100+273)/1
 ≒30.6L
になります。

Q伸び剛性と曲げ剛性

一辺が50cmの正方形断面を持つ鋼鉄の伸び剛性と曲げ剛性は下の値で合ってますか?

鋼鉄のヤング率E : 206*10^5[N/cm^2]
断面積A : 25*10^2[cm^2]
断面二次モーメントI : 52*10^4[cm^4]

伸び剛性 EA : 5*10^10[N]
曲げ剛性 EI : 1*10^13[N*cm^2]

大雑把な値を使ったので、正確な値とは大分違うと思うのですが、大体合っているかどうか知りたいです。
どなたか教えてください。
あと伸び剛性と曲げ剛性の単位も自信がないので間違っていたら教えてください。

Aベストアンサー

あってます。
必要ある場合は、有効数字を意識して下さい。

Q剛性の変化による影響について教えてください。

静解析について勉強中です。
まだまだ、素人なのでイメージがわかない為教えてください。

下図のような構造体の場合(簡単で済みません)
●▲■★:物体
-:梁
として

ケース1
●-------▲-------■-------★
↑                                  ↑
強制変位を入力                         完全拘束

ケース2
●-------▲-------■-------★
↑          ↑                      ↑
強制変位を入力  剛性2倍                  完全拘束

物体「▲」の剛性を上げることで、物体「■」付近の応力の影響はどうなりますか?

Aベストアンサー

当然小さくなります。

ただ、単に▲の剛性が2倍になったというだけでは、その影響度合いは不明です。

Q見かけのヤング率について

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチューブ先端の変位
I:カーボンナノチューブの断面二次モーメント
と記述してあります。

ここでEを”見かけのヤング率”としている理由に関して論文中では、
『ナノチューブの断面は定義しにくいためパイプと仮定し、断面係数を変形に因らず一定とみなしている。今回求めたヤング率はこの効果(断面係数一定)を含み、曲げ剛性を示しているので【見かけのヤング率】と呼ぶ。』
とあります。

(1)パイプと仮定したら断面係数を変形に因らず一定とみなせるのですか?
(2)断面係数を変形に因らず一定とみなすと具体的に何を無視して計算することになるのでしょうか?現実とどうかけ離れるのでしょうか?
(3)断面係数を変形に因らず一定とみなすことと曲げ剛性との関連は?

以上三点お願いします。どれか1つでもかまいません。
長文失礼しました。

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチュー...続きを読む

Aベストアンサー

パイプの断面係数を理解されたらとりあえず解決するかも。
工学部でしたら、石を投げたら機械系の学生に当たるとおもいますので、謝りがてら聞いてみましょう。

Q圧縮比と圧力比って同じ???

圧縮比と圧力比はどう違うのでしょうか?

選択問題で両方でてきて、圧縮比を選んだら、間違いで圧力比が正解でした。

納得できません。

問題がおかしいのでしょうか。

<実際の文章>
ガスタービンの熱効率は理論的には「圧力比」のみの関数である。

Aベストアンサー

圧力比は圧力と圧力の比 たとえば p1/p2 だと思います。
圧縮比は、シリンダーのように、密閉した容器に入っている気体を圧縮したときの、体積の比、最初の体積がV1 圧縮後の体積がV2とすると、圧縮比は、V2/V1、のことだと思います。ものすごく時間をかけて、ゆーっくり、しずーかに圧縮すると、PV = 一定で、p1/p2 = V2/V1 になるかも知れませんが、ガスタービンのように高速だと、PV = 一定にはならないので、そのようにはならないのではないかと思います。

Q剛性について

学生です。

実験するにあたって初期剛性を実験地と計算値で比較するのですが、なぜ計算値のほうが大きい値になるのでしょうか??

また初期剛性はどのような式で計算できますでしょうか??

P=kδのkが初期剛性ならば、k=EIであらわされるとなっていましたが、EIとは曲げ剛性のことではないのでしょうか??この場合、初期剛性=曲げ剛性なのでしょうか?

せん断剛性は考慮しなくてもいいのでしょうか??
またせん断剛性はどのように表されるのでしょうか??

Aベストアンサー

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず。
しかし、AとBは同じにならず、B>Aとなることがある。
すなわち、耐震壁周囲の境界梁、寸法効果をどうしても加味しなければ、設計に応用できる結果が得られない。
ということをです。

せん断剛性は、たしか、
G=E/2(1-γ) では。
γ;ポアソン比

単純に、
>初期剛性=曲げ剛性+せん断剛性
です。
これは、間違っていないと思います。
初期に限らず部材の応力と変形は、曲げとせん断の総和だと思います。

しかし、実験では、変形量しか判らないので、
曲げ変形 と せん断変形
を分離して考えないとなりません。
しかし、これは大変難しいから耐震壁では、あえてせん断破壊させてませんか?
といいますか、曲げ破壊する耐震壁は、低耐力で頭うちするんで意味が無いのでしょうか?
(自分でも、こんがらがってきました・・・)

で、またはじめに戻れば、
計算による曲げ剛性とせん断剛性、これと実験での結果との比較を行う。
これが実験を行う意味の全てではないか、私は考えます。
(計算どおりの剛性評価=変形量評価=耐震性能評価 が、可能であれば、世の中、”推定式”なるものは無い)

わたしも考え続けます・・。

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず...続きを読む

Q面積比と質量比が同じなのは・・

今日物理で、一様に同じ材質を使った板で、円をつくり、
その円内で、またもうひとつ円をきりぬいた図形の質量比をもとめよ

というのがありました。わかっているのは、その大きな円の半径と
切り抜いた半径です。

これで、先生が面積比と質量比が同じなのでー。
といったのですが、なぜですか。
一様に同じ材質でつくったからといってなぜ質量比と面積比がおなじになるのでしょう

Aベストアンサー

> なぜ質量比と面積比がおなじになるのでしょう

図をご覧下さい。
解りやすくするために円ではなく四角で描きましたが、原理は同じです。
厚み(高さH)が同じで材質(比重ρ)が同じなら、重量比と面積比が同じになる事が直感的におわかりになると思いますが、いかがでしょう。

Q剛性について簡単に教えてください

剛性と比剛性との違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 補足です。
 ある物体に力がかかったときの変形のしにくさ。
 力pを加えたときの変位をδとすると、変形のしにくさの尺度は
 p/δ である。
 とお答えしましたように、変位が少ない=小変形 ならこの値
 p/δ は大きくなります。(剛性が高い:分母が小ですから)
 この回答で何か変でしょうか?
 比~ とは何かを一定にしたときの相対値で、ここでは、物体の変形が一定
 として、そのために加える力の大きさの比をいいます。
 ただ、強度と変形の相関はかなり問題があります。つまり、
 強度=硬さ=もろさ
 変形=柔らかさ=粘り強さ
 なんか、日本刀の解説みたいになりましたけど。
 だから、真の強度は、復元力を含んで(粘り強い)、変形しにくいのですが。
 

Q左右方向の傾斜地に駐車する車の、左右のタイヤに掛かる荷重の違いの概算をお願いします。

車の向きに対して前後ではなく左右方向に傾斜している駐車スペースを現在借りて駐車しています。

今回、他の駐車スペースが空き、色々な事情があり、地主さんにそこに移る気はないかと言われています。

iPhoneアプリで計測したのですが、現在は左右に5度(5パーセントではなく5度です)傾斜していて、移ってくれという場所はさらに傾斜がきつく左右に7度です。

2度の違いですが、傾いている側にさらに片寄って重さがかかると思い、地主さんには断ろうと思っています(実害があるか否かは置いといて、感覚的に嫌です)。

地主さんはすでに傾いているのだから同じ事だろうと、感覚でおっしゃっています。

おおよそで構わないのですが、高校物理程度の概算で、斜面が5度と7度では左右のタイヤにかかる荷重がそれぞれ約何キログラムなのかを数値で大家さんに示したいです。

上記事情の為、モデルを単純にして構わないので、4輪ではなく、左右に1輪づつ、合計2輪しかない断面図の様な実在しない平面の自動車のモデルで計算して頂きたいです。

実際の車はトヨタの小型車のヴィッツで、幅は約1.7メートル、重量は約800kgです。

グーグルでしらべたところ、前輪と後輪にかかる荷重は均等ではないらしく、ヴィッツの正確な数字わかりませんが、前輪に60パーセント程度と仮定して、モデルとして重量が500㎏の上記平面の2輪車の場合としたいです。

これも実際とは異なるでしょうが、重心が中央にあるとして、高さも50センチ程度に仮定したいです。

当方は高校で物理を学習はしたのですが、何十年も前で、仕事も理科系とは全く関係がない為、すべて忘れてしまっていて自力では概算ができません。

前提の仕方、モデルがおかしければ修正しますので、ご指摘お願いします。

大家さんに対して根拠のない思いつきの数字では無い事を理解していただく為に、計算過程も書いていただけると助かります。

どなたか、概算をよろしくお願いします。

車の向きに対して前後ではなく左右方向に傾斜している駐車スペースを現在借りて駐車しています。

今回、他の駐車スペースが空き、色々な事情があり、地主さんにそこに移る気はないかと言われています。

iPhoneアプリで計測したのですが、現在は左右に5度(5パーセントではなく5度です)傾斜していて、移ってくれという場所はさらに傾斜がきつく左右に7度です。

2度の違いですが、傾いている側にさらに片寄って重さがかかると思い、地主さんには断ろうと思っています(実害があるか否かは置いといて、感覚的...続きを読む

Aベストアンサー

得意ではありませんが、計算出せる部分から順に出してみました。
誤差が累積しますが概算ということでご容赦。

傾斜5度の時は図の通り。

傾斜7度の時は
(1)tan 7 *0.5m≒0.061m
(2)0.85m-0.061m=0.789m
(3)cos 7 *0.789m≒0.783m
(4)cos 7 * 1.7m≒1.687m
(5)1.687m-0.783m≒0.904m
左荷重(0.904m /1.687m )* 500kg≒ 267.93kg
右荷重(0.783m /1.687m )* 500kg≒ 232.07kg

蛇足ですが
傾斜が59度くらいで左のみ500kg、
それを越えるとひっくりかえります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング