寛永寺の徳川将軍家墓は拝観できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



>>寛永寺の徳川将軍家墓は拝観できるのでしょうか?

通常の一般公開は、全くされていません。
しかし、幾つかの「宝塔」の内、誰かの○○回忌などという時は、特別公開もあります。

まあ、Webサイトの検索では、「写真」が掲載されているものもありますので、とりあえずは、それで我慢してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2009/01/11 22:37

寛永寺/増上寺を問わず、基本的には一般公開はありません。


特別許可がでた時のみ、更に非常に高倍率の抽選に当たった
人のみが参拝できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2009/01/11 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川慶喜が上野寛永寺に謹慎した時の「上野□様」は誰?

静岡で書かれた3月7日付けの手紙を解読中です。字の形から、下記の□に「宮」か「亮」が入ると推定できるのですが、どちらでしょうか。
「江戸表は上様御始め御附の御旗本衆迄、上野東叡山へ御入、坊中に御謹慎、上野□様御扱の為、此の程御上京との事に候えば、ひとまず静謐は申すべく、然れども会津の方、よほどむつかしき様子、何とぞ双方静謐に相成候様ひとえに念じ入る事に御坐候。」

Aベストアンサー

歴史には疎いので、的外れかもしれませんが・・・・

http://www.aura-press.com/scriba/si/sst-boshin-ueno.htm
こんなサイト↑見つけました。
慶応4年の、 戊辰戦争 上野の戦い までが日を追って経過が書いてあります。
それによると、
3月7日には
> 旧幕府側の上野輪王寺宮・公現法親王が有栖川熾仁親王に面会し、江戸城総攻撃の猶予を嘆願。
(上記サイトより抜粋)
おっ、"上野輪王寺宮"だって。
この人かな??

参考URL:http://www.aura-press.com/scriba/si/sst-boshin-ueno.htm

Q8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めた徳川将軍家のわかり易い家系図を教えてください。

江戸時代の徳川将軍家の、8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めたわかり易い将軍家の系図が知りたいです。

徳川将軍家の8代将軍・吉宗以降のわかり易い家系図を教えてください。

Aベストアンサー

普通に考えると将軍家の家系図となるとこれだと思いますが。きちんと家柄(水戸、尾張、紀伊など)も載っていますので。

参考まで。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/55/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg/1280px-%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg.png

Q上野公園の近くにある寛永寺とはどんなゆかりのお寺?

こんにちは。先日、東京の上野に行きました。上野公園の近くに、寛永寺というお寺があったのですが、何の説明書きもなく、どんなゆかりのお寺なのか分からずに帰ってきました。ちょっと気になっています。教えてください。

Aベストアンサー

 上野の寛永寺は、三代将軍の徳川家光が天海僧正に命じて、江戸城鎮護のための祈願所として創建したものです。西の比叡山に倣って、徳川幕府が国の安泰と鎮護を目的として創建しました。「忍ばずの池」は、琵琶湖を模したものと聞いています。ここに幕府が寺を築いたのは、上野が江戸城の鬼門の方角に当たることとも、関係があると思います。上野は、寛永寺を中心に発展した門前町です。すぐ近くの浅草寺との対比も昔から言われています。寛永寺は、徳川家の菩提寺として格式が高く、浅草寺は庶民の寺と云う位置づけでしょうか。大政奉還した徳川慶喜が、恭順を示すため上野寛永寺で謹慎・蟄居しましたし、最後は彰義隊の戦争で被害を受けました。

Q徳川綱豊(徳川家宣)がいるのに徳川綱教が6代将軍候補になっていた理由は?

徳川御三家は徳川宗家の血が絶えたときに、将軍を出す役目を持っていました。
つまり、とくがわ徳川宗家の世継ぎがいる限り、その人物が将軍となることが決まっていたはずです。
5代将軍の徳川綱吉には、兄(徳川綱重)の嫡男であり、家光の孫にあたる徳川綱豊(後の徳川家宣)がいました。常識で考えれば、れっきとした徳川宗家の血をひいている徳川綱豊が6代将軍の筆頭候補になるはずです。
なぜ、徳川綱吉は甥であり、家光の孫である徳川綱豊をさしおいて、分家にあたる御三家の一つである紀州家の徳川綱教を次の将軍にと考えたのでしょうか?
血統的には誰が考えても徳川綱豊こそが次期将軍筆頭候補になるはずです。
徳川綱吉がれっきとした宗家の血をひく人物(徳川綱豊)がいるのに、御三家(分家)の徳川綱教を次期将軍にと考えた理由を教えてください。

Aベストアンサー

綱吉には徳松と言う子がいました。当初、綱吉は徳松に将軍職を譲りたいと思っていました。
水戸光圀の反対を押し切り徳松を江戸城に入れたものの、徳松は5歳で死去してしまいます。
順当に行けば綱豊が将軍継嗣となってもおかしくは無いのですが、
当時、綱吉の母(桂昌院)と兄・綱重の母(順性院)は反目していて、綱吉は綱重の子である綱豊が将軍になるのは避けたかったと言うのと、
綱吉の「自分の血筋を将軍にしたい」と言う願望から、娘婿の綱教を将軍候補に擁立しようとしたのです。

しかし宝永元年、綱吉の娘で紀伊綱教の正室の鶴姫が亡くなってしまい、
綱吉の血筋が絶えてしまった事から綱教が将軍世子になる根拠がなくなり、綱豊が綱吉の世子となり家宣と名を改め6代将軍となりました。

Q長男の眠るお墓に次男は一緒に入れるのかどうか

両親は健在です。
私は長女で嫁いでいます。
弟が二人いましたが、上の弟(長男)が病気で6年前亡くなりました。
長男は両親が建てたお墓に眠っており、母を中心にお墓のお世話をしています。

ある方から長男の眠るお墓には次男は入れないということをお聞きしました。そのことで、すごく父は悩んでいます。
両親は、いずれ自分たちの建てたお墓に入り、名義を弟(次男)に変更して管理して欲しいと考えています。
(長男には嫁と息子が一人います。)

そこで、質問なのですが
長男の眠るお墓には、両親は入れても次男は入ることができないのでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお守りしている祭祀継承者の方が認めるのであれば、どなたのご遺骨でも納骨することができます。
最近は、後継者の問題や経済的な問題で、兄弟姉妹でそれぞれの別々に一家のお墓を構えることが難しくなってきているお家が少なくありません。私の寺でも長男家と次男家が共同で一つのお墓を持つ「合家墓」を建立されているところが複数あります。
etsuko-kさんのご質問の場合はまた少し事情が違うようですが、考え方は同じで「これこれの理由で、誰々は入れない」ということは絶対の基準としては無い、ということです。
御親戚どうしでよく相談されて、みんなで仲良く御先祖様にお参りできる方法を選択されてかまいません。

蛇足ながら、公営・私営の霊園では使用規定で納骨できる続柄の範囲、御遺骨の数を限定している場合もあるので、そのようなケースでは霊園管理者に確認される必要があります。

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお...続きを読む

Q徳川歴代将軍で名君だった将軍、いまひとつだった将軍を教えてください

家光や吉宗は比較的有名ですが他の将軍の評判や実績などを教えてください。

Aベストアンサー

徳川綱吉ですかね。名君、とはいきませんが、世間的な評判は実は誤りであるとする説の方が有力です。
犬公方というあだ名で有名ですが、少なくともそのように揶揄される程の暴君ではなかったと思われます。

詳しくはwikiでもなんでも調べた方が詳細です。
全角800字までしか、この回答は作れませんので。

Qお墓のデザインについて

お墓を建てる計画中です。 石材店さんに相談したのですが、気に入ったデザインがありません。 かといって自分でイメージを伝えることも難しいです。 新しいデザインのお墓や基礎(外柵って言うんですかね?)がたくさん出ているサイトをご存知の方いらっしゃいませんか?
参考にしたいのですが。

Aベストアンサー

お墓を建てたことがあります。
一応、お墓が沢山載っているURLを貼り付けしましたので、参考にして下さい。
http://www.onecmatch.com/tc/on/list.php?m=638
http://www.e-sogi.com/link/hub_ohaka.html
話が少し逸れるけど、私の経験から一言です。
シンプル(模様なしで四角のまんま)の方が垢などが付いた時に掃除がしやすいです。
模様があると、その部分に付いた垢等を落とすのは大変ですよ。
又、墓地内は土の上に砂利を敷く方法でなく、全てコンクリート敷きをお勧めします。その方が草むしりをしなくて済むからです。

Q「徳川家の葵の家紋」と「武田家の四つ割菱の家紋」のある寺

以前 あるTV番組を見ていた時に

 関東(正確に覚えていなくて)のとあるお寺に
「徳川家の葵の家紋」と「武田家の四つ割菱の家紋」が
刻まれた建物が、そのお寺の奥の院?にあり 武田家が
生き残りの保険として徳川家と繋がりが云々という放送をみました。

詳しく知りたいと思いましたので どなたか正確な情報お願いします。

Aベストアンサー

世羅田東照宮では
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/mystery.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/rise38it/49604890.html

Q次男が継いだ墓を長男に返すべきか

いろいろと、専門家やお坊さんに聞くと・・・
お墓は長男が継ぐべき。
因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。とのことです。
(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)
長男がその家の当主になるので、長男が遠くに行ってしまったら、長男の住んでいる所に本家の墓を建てることが筋だそうです。

ここで質問なのですが、現在私の家では、祖父が次男だったのですが、長男が遠くに行ってしまったため、次男筋が墓を継いでいます。
これを長男筋に返したいと考えています。

2代も経った今更、長男筋に返す必要はないでしょうか?
こういった経験をされた方はいますか?

Aベストアンサー

宗教法人の人です。専門家ということになるでしょうか。

霊的な問題というのは、その家筋によって答えは変化することがあるのですが、
一般論と言うことでお話ししますと、この場合はお墓を長男筋に返すべきです。
どなたかがおっしゃっておられるように、

>因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。
>(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)

ということですね。お墓は長男筋にお返しして、あなたはお祖父様を初代とする分家墓を
建てられると良いでしょう。ただ、もし長男筋がお墓の跡継ぎを拒むようであれば、
あなたの家が本家筋として墓を守っていくしかありません。押しつけるわけにも行きませんしね。

Q何故将軍家ではない者が、将軍家の御留流を習えたのか?

毎度お世話になります。

高杉晋作は長州藩士の子として生まれました。
将軍家とはおそらく所縁(ゆかり)は有りません。
それなのにどのようにして、将軍家の御留流である、新陰流を
習得出来たのでしょうか?

これは新陰流のみならず、小野派一刀流にも言えます。
小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。
ですが、幕末には山南敬助や大石鍬次郎が小野派を習得出来ております。

これは何故でしょうか?ご存知の方何卒ご教授願います。

Aベストアンサー

> 将軍家の御留流である、新陰流を

> 小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。

「柳生新陰流宗家」「小野派一刀流宗家」のどちらも将軍家に指南
したとは言っていますが、御留流というような主張は一切していま
せん。自らの格式を上げるような主張をしない場合、そのような事
実はないからだと考えてよいと思います。それどころか「将軍の外
多数の門人を有し」といった表現をするし、柳生では江戸で将軍家
に教えていたのは傍流の扱いだし、小野派は津軽の藩主に一子相伝
を持ってかれて断絶しかかってたと認めています。

デマでしょうね。


人気Q&Aランキング