日常生活に逆説的なことなことってありますか?
あるとしたら具体的にどんなことがありますか?

A 回答 (6件)

うーん、教育現場では「虐めはいけない」と教わるものの、社会に出れば突然リストラされたり、詐欺に引っかかったり、薄給なほど労働時間が長かったり、残業がかさんでお金を使う暇もなくなり病気になったり過労死したり。



不労取得者が「次の投資先が見つからなくてお金が使えない」と困ってそうでも貧乏人よりケチだったり。

生活に困ってる人が刑務所志願してひと時の自由を満喫したり?

恋人と会えない時間が愛を育てたり、追うと逃げられる。
じゃこっちから逃げたら追ってくれるかというと、そうもならない、残念。
    • good
    • 1

最大の逆説といえば、世界は進歩してきたのだろうか?進歩してきたのなら、なぜ未来は明るくないのだろうか?ということだろうと思います。


良く似たことで、年寄りがよく言う”昔は良かった”という感慨です。「わしの若い頃は---、それに引き換え、今の若者は**」というような愚痴ですね。これは所謂老人の繰言として古代エジプトのテキストにもあるようです。

夏目漱石の文章にある「知にはたらけばかどがたつ、情に棹差せば流される--云々(間違っているかも)」も日常生活の逆説といっていいのかもしれません。
ご参考になれば--。
    • good
    • 0

急がば回れ。


情けは人の為ならず。

う~ん。ちょっと違うでしょうか。
    • good
    • 0

ネットは人件費や店舗の費用がかからないから、商品が安い。


   ↓
送料を加算すると入れると、近所で買ったほうや安かった。
    • good
    • 0

「相手に謝ってほしければまず自分から謝ることだ」


とかどうですか???
    • good
    • 0

リサイクルとか言ってゴミの分別をしますよね?


当然回収の人件費が増えるのはわかりますよね!
さらに、原料から作る物より回収した物をリサイクルした物とでは
肯定が違うのでどうしてもリサイクル品はコストがかかります
それでも回収したペットボトル等を最終的に製品にする!
って法律はまだありません
一部の地域では分別したゴミを同じ焼却炉で焼いてます
それでも国はエコだとうたってリサイクルで天下りがのさばっています

地球温暖化と騒いでいますが、本当でしょうか…
アメリカの車会社が電気カーを作れないほど技術がないでしょうか?
本当に二酸化炭素が原因であれば、
二酸化炭素を元素分解させる機械を開発すればいい

エコバッグ!なんて物を1個作るのにレジ袋がいくつ作れるのか

ゼロカロリーは本当はカロリー0ではない

なんて感じの事でしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学の実効性について

このカテで初めて質問します。私も読書の一環として哲学書を手にし、その面白さがわかるような気がしてきました。
 しかしある日、ふと疑問が湧いてきました。パスカル、デカルト、ライプニッツらの偉大な科学の功績が人類の生活向上に大きく寄与したことは論を侯たない。しかし彼らの哲学がいかに世界に貢献したかどうして量れるのか?
 哲学全般は考察を検証するに熱心でも、効果を測定するに無関心ではないか、あるいは回避に努めているのではないか。とどのつまり哲学とは堂々めぐりなのではとの考えが頭を離れません。
 今まで読んだ文献を理解できていないことは自覚しております。どなたか浅学な中卒の私に、現代社会における哲学の実効性を具体的にご説明いただけますか?また仮に哲学が存在しなければこの世はどうなるのか、ご教授ください。理解に必要な文献を示していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

他の回答者さんは皆、哲学の素晴らしさを語っておりますので、その反対に、哲学に魅了されてしまった連中の悲劇(喜劇?)について触れてみましょう。所謂反面教師と言う奴です。それが何であるのかを探るのに、その反対を考えると、前には見えなかったものも見えて来ると言うのは、我々の経験則のようです。

哲学で飯を食べている方を哲学者と呼びますが、日本では哲学者ではなく、哲学学者とか、哲学輸入業者と呼ばれる先生方も多くいると聞きました。ただし、これは日本にだけある特異な現象ではないようです。質問者さんは、もうすでに知っているかもしれませんが、ソーカル事件と言うのがありますね。もしまだご存じなかったら、ウェブサイトのウィキペディアなどで調べてみて下さい。人間て何だろう、学問をするって何だろう、哲学って何だろう、哲学者って何だろう、哲学学者って何だろうと言うことを、良く分かるように抉り出してくれる大変良い反面教師です。また、哲学を一生懸命考えている質問者さんのような方に、頭休めの大変良いエンターテイメントでもあります。

Q「日常生活が多元的」って、どういう意味ですか?

先日大学の授業で「日常生活は多元的である」ということをやりました。
が、いまいち理解できませんでした。

やった内容を少し加えると・・・
(1)私たちは日常生活において無限の選択肢を持っている。
(2)現実は捉える人間の知識によって、変化する。

みたいな事をやりました。

・・・やっぱり「日常生活=多元的」、よくわかりません。どういうことでしょうか?
あまり難しくなく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

多元的、なんて
日常的に使わない言葉を使うからイケナイんだよね。
多分、これは哲学・思想にまつわる講義で
だからこんな分かりにくい言い回しをするんだと思うのですが
違うかしら?

日常生活とはおそらく私たちにとって最も身近なもので
そこで行われているコトに大して私たちは普段、特に疑問を持たない、つまり
日常生活なんて「当たり前」だと思っているのではないでしょうか?

しかし、私たちの日常生活と
例えば北朝鮮の日常生活はかなり違いますよね。
日本人と北朝鮮人のルーツはかなり近い筈であるにも関わらず
現在のそれぞれの国民の日常生活はかなり違うわけです。
しかし、それは別に神の定めでも宇宙の真理でも何でもなく
ただ、私たちの先祖たちが
「日常生活において無限の選択肢を持って」いて
様々な選択を繰り返してきた結果
今日、ある人は北朝鮮の日常を生きており
あなたや私は日本の日常を生きているわけです。
つまり、現在の事実/現実とは「唯一の真実」ではなく
過去の様々な選択が生んだ偶然の産物に過ぎないということです。

そして、今日起こったある事件
例えば拉致被害者の問題に関しても
北朝鮮の日常を生きている人と
日本の日常を生きている人とでは
意味や解釈が違ってくる、すなわち「現実は捉える人間の知識によって
変化する」わけです。

今、北朝鮮と日本という極端な例を挙げましたが
あなたと私の間でも同じような違い=多元性があるわけです。
つまり「日常生活が多元的」とは
「あなたにとっての『当たり前』は
他人にとっては『当たり前』じゃないかもしれない
だから『当たり前』を疑ってみよう」という一種の戒めだと思うのです。

多元的の反対は「一元的」です。
一元的とは「一つの中心によって全体が統一されているさま(大辞林 )」です。
中心ってのが分かりにくいと思うんで、言い換えると
「ひとつの原理によって全体が支配されているさま」で
例えばアメリカはキリスト原理主義(プロテスタント)の国であり
キリスト以外の原理を認めません。
だから今、イスラム原理主義の人たちと戦争していたりするわけです。

数度の世界大戦を経て
20世紀以降の哲学・思想は「一元的な世界観」がいかに危険か?
そして、一元的世界を支える原理に、いかに「根拠がない」か?
を説いてきました。
その趣旨を簡単に書くと
(1)私たちは日常生活において無限の選択肢を持っている。
(2)現実は捉える人間の知識によって、変化する。
ということなんです。

多元的、なんて
日常的に使わない言葉を使うからイケナイんだよね。
多分、これは哲学・思想にまつわる講義で
だからこんな分かりにくい言い回しをするんだと思うのですが
違うかしら?

日常生活とはおそらく私たちにとって最も身近なもので
そこで行われているコトに大して私たちは普段、特に疑問を持たない、つまり
日常生活なんて「当たり前」だと思っているのではないでしょうか?

しかし、私たちの日常生活と
例えば北朝鮮の日常生活はかなり違いますよね。
日本人と北朝鮮人のルーツはかなり...続きを読む

Q実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論

哲学のテストが今月にありまして、誰にしようかなと思いながら何冊か著作を読みましたがいざ書くとなると何と絡めて書けばいいのかわからず・・・(つまり理解できてない・・・)別のにしようかと思ったのですが、正直時間がありません。

実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論(マルクス・キルケゴール・マルティン・サルトル・ニーチェ・ヘーゲル・ルソー・ロック・ヒューム・スピノザ・ライプニッツ・カント・パスカルなど等)
の中の哲学者から選ぶのですが、レポートの書きやすい人はいませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒューム

Q頭いい人って具体的にどんな人を言うのですか?

頭いい人って具体的にどんな人を言うのですか?

Aベストアンサー

記憶、思考、創造など、何らかの脳(=頭)の
機能が、他人より優っている人。

Qパスカルのデカルト批判について質問です。

パスカルのデカルト批判について質問です。
センター試験のために倫理を勉強しているものですが、パスカルについて、参考書に以下のような解説がありました。

このように、無限と虚無の双方に広がる宇宙の中で、人間は最も弱い悲惨な存在ですが、同時に思考の力により宇宙全体をも包み込むことが出来る偉大な存在でもあります。
(中略)
パスカルは「私はデカルトを許せない」などと激しくデカルトを批判します。
パスカルは、無限の宇宙に対して人間の理性が無力なことを認識しています。
このため、人間の理性の力だけで絶対確実な第一原理に到達できるとするデカルトの考えを徹底的に攻撃したのです。


「宇宙全体をも包み込むことが出来る偉大な存在でもあります」
という記述と、
「パスカルは、無限の宇宙に対して人間の理性が無力なことを認識しています」
という記述が矛盾するような気がします。

どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問は、要するに、その参考書の記述は合っているのか、あるいは、ということですよね。
矛盾しているように読めるので、
1)読者の自分の読み方に問題がある。
2)参考書に問題がある。
3)パスカル本人が問題を持っている。

その部分の解釈ですが、??哲学史上の専門の意見は他の方に任せます??
1)矛盾をお感じになることについては、全く同感です。矛盾に感じるということは、正当なことのように思います。「宇宙全体をも包み込むことが出来る」と「無限の宇宙に対して人間の理性が無力」は相矛盾しています。「偉大な存在」と「最も弱い悲惨な存在」は矛盾していますが、見方に依ればという感じですね。
2)受験参考書というものは、微妙な問題でも、「正答」を決めているものです。即ち、出題するからには「あれかこれか」を確定しなければならないので、誰それの考えはこういうものだと、特徴を際立たせています。そこの記述は、間違いではないにしろ、??他の部分でフォローしているかも知れませんが??強調過多で、両者が立つ同一点を見難くしているように思います。したがって、参考書の記述は、受験用に記憶するに留めるべきでしょう。これはいいこととは思いません。本来なら云々、と言うのはやめておきましょう。
3)これは試験には出ないと思いますが、『パンセ』はキリスト教護教論として構想された断片の集成を柱としていますが、体系的著述にまだなっていない。加えて別のノートも含んでいる、したがって、内部に矛盾的な部分を持っていて当然でしょう。

で、「どういうことなの」?と突っ込まれそうなので、追加します。

デカルトとパスカルは、実年齢でも親子ほどの関係で、一度会って、パスカルはいい印象を持たなかったようですが、
デカルト??世知に長けている、宗教論争に巻きこまれるのを避けようと苦労した。
パスカル??繊細な感受性の持ち主だけど英才教育を受け理屈では誰にも負けないと自負している、特定の宗派に肩入れする。
二人とも数学・自然科学に関して大きな足跡を残しています。
と見ますと、パスカルの激しい言葉は、近い関係にあるからこそ出た言葉と読めますね。デカルトの開いた地平の先に出ようと、もがいている面がある、のではないでしょうか。

で、他の方の御意見も参考に、その矛盾に見える記述の解釈を??受験対策とは別に??、考えられたら如何と思います。

ご質問は、要するに、その参考書の記述は合っているのか、あるいは、ということですよね。
矛盾しているように読めるので、
1)読者の自分の読み方に問題がある。
2)参考書に問題がある。
3)パスカル本人が問題を持っている。

その部分の解釈ですが、??哲学史上の専門の意見は他の方に任せます??
1)矛盾をお感じになることについては、全く同感です。矛盾に感じるということは、正当なことのように思います。「宇宙全体をも包み込むことが出来る」と「無限の宇宙に対して人間の理性が無力」は相矛盾してい...続きを読む

Q仏法(法華経)でいう理想社会とは現実に即して言うと具体的にどんな社会でしょうか?

御書に明確に示されているんでしょうか?
私にはわかりませんが、仏法でいう理想社会とは現実に即して言うと、具体的にどんな社会でしょうか?

資本主義社会?共産主義社会?社会主義社会?それとも?

いろいろとご指南ください。

Aベストアンサー

「妙法蓮華経方便品 第二」に「・・・此の諸の仏子の為に 是の大乗経を説く 我是の如き人 来世に仏道を成ぜんと記す」とある通り、
法華経は、現世成仏ではなく「来世成仏」です。すなわち、法華経は、「来世」において仏陀になるための修行を行うことを理想としています。

従って、皮肉なことに、法華経で云う「来世」の理想社会は、「法華経」に価値を置かず、「法華経」が見捨てられ、多くの人々が、本来の釈迦の仏教である「阿含経」に基づいて仏陀になるための修行を行う社会です。(阿含経にのみ仏陀になるための修行法が説かれています。)

世の過半数の人々が、阿含経で説かれている最低ランクの聖者である「須陀恒(シュダオン)」になったとき、
人々は、
聖霊である仏とともに生活し、瞑想し、霊界の仏と直接交信し、戒行を守り、世俗的欲望(物質的欲望、現世的欲望、金欲、地位欲、権力欲、名誉欲、「ご利益」)に興味を持たず、宗教宗派を超えて他者と霊的交流を行い、宗教宗派を超えて他者への奉仕を人生の目的として生きることになるでしょう。多くのシダゴン(斯陀含)、アナゴン(阿那含)、アラカン(阿羅漢=仏陀)も輩出されるでしょう。
(大乗仏教は、「ご利益」を目的に「仏を信仰」しています。これは、本来の仏教ではありません。)

仏教は、一般的な信仰宗教(神の信仰、仏の「信仰」)とも、いかなるイデオロギーとも関係ない、真理の教えであり、南伝仏教(上座部仏教)のお坊さんは、仏教は「科学」であるともいっています。

多くの人々が聖者になったとき、そのような社会では、「資本主義社会」は資本主義社会であっても現在考えられる資本主義社会ではなく、「共産主義社会」は共産主義社会であっても現在考えられる共産主義社会ではなく、「社会主義社会」は社会主義社会であっても現在考えられる社会主義社会ではない、平和な密厳浄土・極楽浄土の社会になると思います。

「妙法蓮華経方便品 第二」に「・・・此の諸の仏子の為に 是の大乗経を説く 我是の如き人 来世に仏道を成ぜんと記す」とある通り、
法華経は、現世成仏ではなく「来世成仏」です。すなわち、法華経は、「来世」において仏陀になるための修行を行うことを理想としています。

従って、皮肉なことに、法華経で云う「来世」の理想社会は、「法華経」に価値を置かず、「法華経」が見捨てられ、多くの人々が、本来の釈迦の仏教である「阿含経」に基づいて仏陀になるための修行を行う社会です。(阿含経にのみ仏...続きを読む

Qパスカルの三角形と未使用での展開

前にも質問したのですが本格的に入りすぎた感じもあり、
今回もう一度お尋ねします。

前回このような質問をしました。
「たくさんの次数がついた展開はどうすればよいのか?」
そして、最初に帰ってきた答えが「パスカルの三角形」を使用すれば簡単にできるということ。
さっそく調べて見ました。

・ちょっと書く形がちがいますが一応パスカルの三角形です。
1111
1|1111
1|1234
1|1369
1|149

これを応用して(a+b)~3 を展開したとしたら…

(a+b)^3 = a^3 + 3a^2b + 3ab^b + b^3

これは公式でもあるのでパスカルの三角形を使用しなくてもスラスラ書けます。
問題はここから。
途中 3 という係数ありますよね。この係数はパスカルの三角形からどのように求めているか?です。

実際は(a+b)^7 になるとパスカルの三角形はドンドン高くなる一方ですね。
果てしなく東京のビルディングみたいに。

・最終的な問題は
最初はパスカルの三角形の応用からで、こんどパスカルの三角形を使わずどう展開するかです。




☆今週は事情があってよく質問すると思いますのでよろしくお願いします。

前にも質問したのですが本格的に入りすぎた感じもあり、
今回もう一度お尋ねします。

前回このような質問をしました。
「たくさんの次数がついた展開はどうすればよいのか?」
そして、最初に帰ってきた答えが「パスカルの三角形」を使用すれば簡単にできるということ。
さっそく調べて見ました。

・ちょっと書く形がちがいますが一応パスカルの三角形です。
1111
1|1111
1|1234
1|1369
1|149

これを応用して(a+b)~3 を展開したとしたら…

(a+b)^3 = a^3 + 3a^2b + 3ab^b + b^3

これは...続きを読む

Aベストアンサー

>それで…「!」ってどのような意味でしたっけ?

x!は、「xの階乗」と読んで、
x!=1*2*3*・・・・*x
と順番にかけ算する計算をひとまとめに表す記号です。

>xCy=x!/y!(x-y)!

は、ぱっとみややこしそうな式ですが、具体的に、x、yに数値を入れて考えてみるとわかりやすいと思います。結構、約分できて、実際の計算上は、違ったイメージで頭の中に残ると思いますよ。

Q救ってくださいとは、具体的にどういうことですか。

やあ。
私は実在する仮面ライダー「黒き明星」だ。
初の男子プリキュアでもある。
私はすでに無の境地に達し、その悟りを君たちに知らしめている。
ところが君達はそれでも、私を救ってくださいと、懇願し痴漢行為をはばからない。
無が理解できてこそ君達は救われるという教えでは無かったかい?
そんな約束を破って君達はいまだに私に対して醜く取りすがっている。
無の他に今度は何が救いだと言いたいんだね。
無の悟りで救えると言うのなら、私はすでに君たちを救っているよ。

Aベストアンサー

脳味噌チェックしてください。

Q音圧のパスカルと騒音のデシベルとの関係

音圧のの単位の「パスカル」と騒音の単位の「デシベル」との関係について質問します。
(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(パスカル)を先に取得して、
(2)その次の第2段階で、上記の第1段階で取得した実測値(パスカル)を対数に変換することにより、騒音レベルの値(デシベル)を算出する、
と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

デシベルというのは「AはBの100倍」といった場合の100に相当する数字です。

騒音がCデシベルというとき騒音がAパスカルとするとBは何かということが気になります。

これは国際的なルールがあって基準音圧p0(20μPa=20*10^(-6)Pa)の何倍かという

ことになっています。そしてデシベルはこの何倍という数字を対数に変換しています。

整理すると

(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(Pパスカル)を先に取得して、

(2)その次の第2段階で、実測値(Pパスカル)と基準音圧p0(=20μPa=20*10^(-6)Pa)の比を

  対数に変換することにより、騒音レベルの値(デシベル)DBを算出する。式で書けば


  騒音の大きさ=20×log(P/P0)DB


この式の意味するところは、騒音が大きくなって基準音圧の10倍になると騒音は20DB、

基準音圧の100倍になると騒音は40DB、、、、と言うということです。

現在、騒音が50DBで、ジェット機が通過して70DBになったとすると騒音の音圧の大きさは

10倍になったことになります。

デシベルというのは「AはBの100倍」といった場合の100に相当する数字です。

騒音がCデシベルというとき騒音がAパスカルとするとBは何かということが気になります。

これは国際的なルールがあって基準音圧p0(20μPa=20*10^(-6)Pa)の何倍かという

ことになっています。そしてデシベルはこの何倍という数字を対数に変換しています。

整理すると

(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(Pパスカル)を先に取得して、

(2)その次の第2段階で、実測値(Pパスカル)と基準音圧p...続きを読む

Q宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。 また、死ぬことにどんな意味がありますか

宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。
また、死ぬことにどんな意味がありますか?

Aベストアンサー

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、陶工のつくった土の器が終わりにはすべては破壊されてしまうように、人々の命もまたそのとおりである。

 若い人も壮年の人も、愚者も賢者も、すべてしに屈服してしまう。すべての者は必ず死に至る。

 かれらは死に捉えられてあの世に去っていくが、父もその子を救わず、親族もその親族を救わない。

 見よ。見まもっている親族がとめどなく悲嘆に暮れているのに、人は屠所(としょ)に引かれる牛のように、一人ずつ、連れ去られる。

 このように世間に人々は死と老いとによって害われる。それ故に賢者は、世のなりゆきを知って悲しまない。」

 汝は、来た人の道を知らず、また去った人の道を知らない。汝は(生と死の)両極を見きわめないで、いたずらに泣き悲しむ。

 迷妄にとらわれた自己を害っている人が、もしも泣き悲しんでなんらかの利を得ることがあるならば、賢者もそうするがよかろう。

 泣き悲しんでは、心の安らぎは得られない。ただかれらにはますます苦しみが生じ、身体がやつれるだけである。

 みずから自己を害いながら、身は瘠(や)せて醜くなる。そうしたからとて、死んだ人々はどうにもならない。嘆き悲しむのは無益である。

 人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる。亡くなった人のことを嘆くならば、悲しみに捕われてしまったのだ。

 みよ、他の[生きている]人々は、また自分のつくった業にしたがって死んで行く。かれら生あるものどもは死に捕えられて、この世で慄(ふる)えおののいている。

 ひとびとがいろいろと考えてみても、結局は意図とは異なったものとなる。壊(やぶ)れて消え去るのは、このとおりである。世の成りゆくさまを見よ。

 たとい人が百年生きようとも、あるいはそれ以上生きようとも、終には親族の人々から離れて、この世の生命を捨てるに至る。

 だから<尊敬されるべき人>の教えを聞いて、人が死んで亡くなったのを見ては、「かれらはもうわたしの力に及ばぬものだ」とさとって、嘆き悲しむのを去れ。

 たとえば家に火がついているのを水で消し止めるように、そのように智慧ある聡明な賢者、立派な人は、悲しみが怒ったのを速やかに滅ぼしてしまいなさい。―譬えば風が綿を吹き払うように。

 己が悲嘆と愛執と憂いとを除け。己(おの)が楽しみを求める人は、己が(煩悩の)矢を抜くべし。

 (煩悩の)矢を抜き去って、こだわることなく、心の安らぎを得たならば、あらゆる悲しみを超越して、悲しみなき者となり、安らぎに帰する。』

        『スッタ・ニパータ』第3章・574~593


要約するならば、

死はどのような生き物にも避けることは出来ない。
だから、それを嘆き苦しむことには意味がない。
嘆き苦しむのは執着があるからで、それを捨てれば
苦しみは起きない。
その煩悩の理を知るべきである。

というようなことになろうと思います。

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、...続きを読む


人気Q&Aランキング