親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

以下のような場合精算金額はいくらになるのでしょうか?
手持ちの乗車券「大阪市内~広島市内」/乗車地:阪和線堺市駅

堺市駅でICOCAで乗車し、新大阪の新幹線改札口で精算すると運賃は堺市~新大阪380円、堺市~杉本町(大阪市内駅南端駅)120円のどちらで計算されるのでしょうか?
手元に乗車券がない場合は、堺市~新大阪までの運賃を精算するのはわかっているのですが、今回のように予め手元に大阪市内発の乗車券がある場合を知りたくて質問させていただきました。

A 回答 (6件)

磁気券は「大阪市内発」なので、大阪市内ゾーンの入口駅から有効です。

よって、ゾーン外の駅からの精算額は入口駅までの運賃となります。ご質問の場合は、杉本町駅が大阪市内の入口駅となりますので、堺市~杉本町間の120円分のSFがICOCAのチャージ残高から減算されます。

なお、新大阪駅の新幹線改札機では、先に磁気券(大阪市内⇒広島市内)を投入し、すぐにICOCAをタッチしてください。これで120円分のSFがチャージ残高から自動精算されます。

逆に、新幹線から在来線に乗り換える場合は、自動改札機による自動精算はできません。新幹線改札機には新幹線のきっぷだけを投入し、精算が必要な場合には、在来線の降車駅で精算することになります。乗り越し精算機がある在来線の降車駅では、乗り越し精算機に新幹線の乗車券とICOCAを挿入することにより精算できます。

この場合の精算額は、大阪市内ゾーンの出口駅からの運賃となります。行きとは逆に、杉本町駅が大阪市内の出口駅となりますので、杉本町~堺市間の120円分のSFがICOCAのチャージ残高から減算されます。

http://www.jr-odekake.net/guide/icoca/special.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>なお、新大阪駅の新幹線改札機では、先に磁気券(大阪市内⇒広島市内)を投入し、すぐにICOCAをタッチしてください。これで120円分のSFがチャージ残高から自動精算されます。

これでよくわかりました。

ちょっと余談ですが・・・
上記にも書きましたが、以前堺市から120円の切符を買って入場し、新大阪駅で大阪市内~広島市内の切符を買おうとしたら、新大阪駅までの運賃380円を請求され、その後大阪市内~広島市内の切符を売ってくれました。これって何か矛盾しているというか損したような・・・。
こんな場合は車内で「杉本町~広島」の切符を買えばいいんですかね。
要は「新大阪に着くまでに広島までの乗車券を入手しておくこと」と思っておけばいいのでしょうか。

お礼日時:2009/03/03 15:26

№3=№4です。

№3の回答を訂正します。

JRによると、構内受取の場合、【その駅まで】の運賃が別途必要です。
http://expy.jp/faq/detail.php?id=114 JR東海「ご案内」
http://jreast.eki-net.com/tokudane/readme.html JR東日本「その他のご注意事項」4つめ

つまり、特定都区市内(山手線内)発の乗車券の場合、既に持っている場合と、まだ持っていない場合とでは、出発駅からの精算区間が、前者は入口駅まで、後者は受取駅までとなり、扱いが異なるのです。

№3「お礼」の「余談」の場合は、まだ「大阪市内~広島市内」の乗車券を持っていないわけですから、堺市駅から(この乗車券を受け取る)新大阪駅までの運賃380円が別途必要になります。

堺市からは120円の乗車券で入場しているので、新大阪駅構内では、新大阪駅までの差額運賃260円(380円-120円=260円)が請求され、その後「大阪市内~広島市内」(5460円)の乗車券の発売(合計5840円)となります。よって、新大阪駅の係員に過誤はありません。

また、120円の乗車券を「堺市~広島市内」(5780円)に区間変更すると安く済みますので、これを希望すれば当然に区間変更してくれるでしょう。
    • good
    • 0

余談のケースですが、あらかじめ乗車券を購入しておくのと、構内や車内で精算するのは違います。


堺市→120円の乗車券を持った状態で、車内で購入しようとしても、
たいていの場合、「どこから乗ったのか、キップを出して」と言われて、(堺市→広島市内の運賃)-120円をきちんと徴収されてしまいます。あくまで、乗車前にキップを買っておくことです。

>以前堺市から120円の切符を買って入場し、新大阪駅で大阪市内~広島市内の切符を買おうとしたら、新大阪駅までの運賃380円を請求され、その後大阪市内~広島市内の切符を売ってくれました。

これは、駅員が、新大阪で一旦下車するから「大阪市内~広島市内」のキップが必要だと誤解したか、あるいは堺市→広島市内より大阪市内→広島市内+380円の方が安いと誤解した可能性があります。駅員の誤解がなければ、上記のような(堺市→広島市内)-120円を請求されたはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より深く理解できました。有難うございました。

お礼日時:2009/03/05 10:38

No.3です。

「お礼」ありがとうございました。「お礼」の余談について、私も最近類似の質問をしました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4750242.html
これによると、「余談」の場合は「堺市~広島市内」の5780円(実際は既払120円との差額。以下同じ。)となるようです。
380円(堺市~新大阪)+5460円(大阪市内~広島市内)=5840円というのは、いったん新大阪駅を出場したイメージですよね。構内購入ですからやりすぎのような気がします。
今回のように、杉本町駅(又は我孫子町駅)で区切ると120円+5460円=5580円ということで、分割購入としても有意義です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gootarohさんの質問拝見させていただきました。
とても参考になります。

お礼日時:2009/03/05 10:39

回答1(kuma-gorou氏回答)に補足いたします。

「ICOCA」乗車の場合、こういうケースを精算機が想定しているかどうかは疑問です(精算機にICOCA挿入→手持ちの乗車券挿入→計算可能?)。
ICOCAで入場せず、きっぷに切り替えて(120円分でOK)入場したほうが、何かとスムーズにことが運ぶと思います。なお、ICOCA規約には、「新幹線利用不可」とあったと思います。新幹線の改札機での精算は不可能ですので念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
セコイ話ですが、ICOCAは乗車ポイントボーナスキャンペーンを何度か実施しており、出来ればICOCAを利用したく今回の質問をさせていただきました。

お礼日時:2009/03/03 15:13

杉本町までの120円でOKです。


新大阪新幹線改札で120円の切符と新幹線の切符2枚を挿入して下さい。
新幹線の切符が排出されますので、広島市内まで乗車できます。

この回答への補足

いえいえ、今回の質問はICOCAで入場した場合のことなんです。

補足日時:2009/03/03 15:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪市内有効の乗車券の乗り越し精算について

東京-新大阪間を新幹線で往復しています。
自宅は芦屋駅利用のため、大阪市内有効の乗車券に不足区間の回数券足して利用しておりました。
塚本が大阪市内で、尼崎が兵庫県なので芦屋-塚本間290円の切符が必要だと思っていたのですが、先日精算機で精算したところ芦屋-尼崎間の210円精算になってびっくりしました。大阪市内有効の乗車券の精算の仕方は隣の兵庫県の駅を起点として利用する駅までの区間の切符が必要ということになるのですか?
JRの精算方法はいつもややこしくてわかりません。
どなたか教えていただけますか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは「尼崎-芦屋」の運賃を請求されたのではなく、「加島-芦屋」の運賃を請求されたためです。
大阪市内など特定市内着の乗車券を持っていて、その市内を過ぎた駅まで乗り越した場合、従来はその乗り越した駅まで乗車した路線の市内最後の駅から下車駅までの運賃が請求されていました。
質問例だと、東海道線芦屋で降りた場合、東海道線の大阪市内最後の駅すなわち塚本からの運賃が請求されていました。
しかし、この場合でも精算時に東西線を利用したと申告し、それが不自然でないと判断されれば東西線の大阪市内最後の駅すなわち加島からの運賃ですんでいました。
塚本-尼崎と加島-尼崎では加島-尼崎のほうが距離が短いため、多くの場合東西線経由と申告したほうが安くなっていました。
つまり、同じ「大阪市内」着の乗車券を持っていても申告の仕方により精算金額に差異が生じていました。(厳密に言うと、東西線を利用していないのに東西線利用したと言って、運賃を安くするのは詐欺罪の要件を満たしていることになります。)

しかし、今年3月の新幹線ICカード導入により、状況は変わりました。この導入のための新幹線自動改札の仕様変更により、従来は精算機等での精算が必要だった「大阪市内など○○市内発着の乗車券」と「イコカなどのICカード」の組み合わせが自動改札で処理できるようになりました。しかし、市内発着の運賃精算が上述のような原則だと、乗客の経由を確認する必要があり、事実上自動改札での精算はできません。そこで、各社の運用を改め、市内発着の乗車券精算で、経路が複数ある場合は最も安価な経路による精算に統一するように決めました。このため、新幹線以外の自動改札や精算機の清算でも、質問例のような場合「加島」までの運賃収受が原則となったのです。

なお、市内駅の運賃精算はあくまでも市内駅最後の駅だけが判断基準となります。「県」は気にする必要がありません。

それは「尼崎-芦屋」の運賃を請求されたのではなく、「加島-芦屋」の運賃を請求されたためです。
大阪市内など特定市内着の乗車券を持っていて、その市内を過ぎた駅まで乗り越した場合、従来はその乗り越した駅まで乗車した路線の市内最後の駅から下車駅までの運賃が請求されていました。
質問例だと、東海道線芦屋で降りた場合、東海道線の大阪市内最後の駅すなわち塚本からの運賃が請求されていました。
しかし、この場合でも精算時に東西線を利用したと申告し、それが不自然でないと判断されれば東西線の...続きを読む

Q新幹線の乗車券について

2つ程疑問があるので質問させて頂きます。一般的なノーマルなきっぷという前提です。

もし、大阪府の堺市駅から、東京の三鷹駅(東京都三鷹市)まで、在来線と新幹線を利用して移動したとします。

このとき特急券には(新大阪➡東京)と記載されると思いますが、乗車券にはそのまま(堺市駅➡三鷹駅)と、(単駅名で)記載されるのでしょうか?


あと、すみません、もう一つ疑問があります。

乗車券での移動範囲と特急券の移動区間が一致した場合は、「乗車券と特急券」が1枚になったモノが発券されることがあるそうですね。

これは例えば、自宅最寄り駅が新大阪だとして、そこから直接新幹線に乗って、品川で下車して改札の外へ出た場合などは、(新大阪➡品川)という1枚のモノが発券されるということでしょうか?

無知ですみませんが、わかる方がいればよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初の件
発駅または着駅が○○市内の制度に該当しない場合、その駅名がそのまま表示されます。堺、三鷹とも市内制度に無関係の駅ですのでそのまま堺市→三鷹と表示されます。なお、経由は申告通り表示され、原則その経由通りにしか乗れません。(一部特例があります)

2番目の件
新大阪乗車で品川下車と申告して、特急券と乗車券を1枚で発行した場合
新大阪(市内)→品川(都区内)
と表示され、大阪市内→東京都区内の乗車券と同じ効力になります。
>品川で下車して改札の外へ出た場合などは、(新大阪➡品川)という1枚のモノが発券される
改札を出るときには切符の発券はありません。あくまでもきっぷ売り場や券売機で切符が発券された場合に1枚で発行されれば上述のような表記になるという話です。


人気Q&Aランキング