平安時代に女流文学が盛んだった理由を調べています。
ほんの些細なことでも結構です。
何かご存知でしたら、お教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

奈良時代は中国から入ってきた漢字を日本語の発音に当てはめた真仮名を使っていました。


今のローマ字みたいな感じですね。
平安時代になってそれでは使いにくいということで平仮名と片仮名が出来ました。
でも平仮名は女性・子どもが使うものという意識が強く、男性の貴族は日記は漢文(中国語)で書いていました。
当時の日記は私的なものではなく、公の記録的なものでした。
平安初期、醍醐天皇が国風文化を推し進めました。その時、たまたま急逝した従兄弟の代わりに勅撰集の選者に入った紀貫之が勅撰集の序文を真仮名から平仮名に変えました。(用意されていた真仮名の序文は巻末に付けられられました)
日本人の気持ちを表すのは平仮名を基調にした和文しかないのだとした紀貫之は日本で最初の仮名日記も書きました。これで女性が文学をしやすくなりました。
はずみがついたのは藤原道長の娘、彰子の入内からです。
ライバル、一条天皇の中宮定子の女房には清少納言おり、その文才が宮中では大評判でした。
一条天皇は聡明で美しい定子と打てば響く清少納言のいる定子のところに行きがちでした。
彰子のところに来て貰わないと道長は困ります。子どもが出来ないと外孫政治が出来ませんからね。
それで道長は清少納言に対抗出来そうな女房として、亡くなった旦那さんを偲びながら実家でボチボチ物語を書いてた紫式部をスカウトしてきます。
同じような理由で女性として初めて歴史文学を書いた赤染衛門、歌人、和泉式部・伊勢大輔といった錚々たるメンバーが一同にかいし、有力な男性権力者の庇護のもと筆を競うことになったのです。
ご存じかもしれませんが紫式部と「蜻蛉日記」の藤原道綱の母、「更級日記」の菅原孝標女の3人は親戚です。文才のある家系ですね。
ちなみに世が乱れると真っ先に出来なくなるのが文学で、特に女性は文学があまり出来なくなります。
女性の文学が盛んな時代は平和な時代なのです。
    • good
    • 1

補足というか、注意というか...



「なぜか」を考える手段としては、他の時代と比較するという方法も
ぜひ、試してみてほしいと思います。

たとえば、江戸時代の大奥からは文学は生まれてないみたいですよね。

そう考えると、ヒマな立場の人がいたからそこから優れた文学が
発生したんだ、という説があるとすれば、それは何となく短絡的
なんじゃないかと疑ってもいいような気もします。
もちろん、単に「かな文字が使えたから」という理由も、あまり
十分なようには思えません。

いわゆる女流文学が隆盛した理由は、もちろん優れた作者がいた
から、ということになりますが、問題なのは、なぜ優れた作者が
多く現れたか、(あるいは育ったか)ということになるはずです。
それは単に女がヒマだったからでもないし、文字が簡単になったから
でも、紙がどうのということでもありません。それが仮に必須の
要素であったとしても、本質的なことではないと思います。
そういうレベルの話では、何かを説明したことにはならないでしょう。

仮に学生向けの文学史の解説に、そういうようなことが書いてあった
としたら、それはちょっとピントがぼけているってことじゃないかと
思います。
そこのところは、注意したほうがいいように思います。
    • good
    • 0

どんな文学史の本にもそれくらいの記述はあると思うのですが…。


後宮に暇な才女がゴロゴロしていたことと、仮名文字の発達に伴って文章表現が楽になったことでしょうね。当時仮名を使うのは女性だけですから。
    • good
    • 0

紀貫之は「土佐日記」を、女性のふりをして書きました。

(元祖ネカマか?・笑)
「土佐日記」の解説には、なぜ彼が女性のふりをしたのかが必ず書いてあると思うので、そのへんから調べてみるといいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 学生さんかな? なんとなくそうではないかと思いましたので、きっかけだけいくつかご紹介しましょう。

あとは調べてみてください。勉強ですからね。
 1、紙について。
 2、男性は仕事でしたが、宮廷の女性は何をしていたのでしょうか?
 3、「万葉仮名」というものがありますね。あれを使いこなすのは相当難しかっ  たはず。今、私達はどんな文字を使っていますか?

ちょっとわかりにくいですか? 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代のような古代における女流文学の興隆は日本のみ?

日本以外の国における、女流文学の歴史について知りたいです。
日本の古代には紫式部や清少納言など、優れた女流文学者が多くいましたが、実はこれは世界的に見て非常に稀なことだと聞きました。
古代における、日本以外の国の女流文学は、そんなに少ないのでしょうか?
初期の日本の文化は中国や朝鮮からやってきたと思いますが、古代の中国や朝鮮には女流作家はいなかったのですか?
また、アジアより先に文明の発達していた他の国々ではどうですか?

Aベストアンサー

現代の研究水準では、とりあえず、日本が早い時期に女流文学を生み出していたと言って、ほぼ問題ないかと思います。ただ、その時期のヨーロッパでは、そもそも文字の普及が遅れており、国王ですら自分の名前を文字で書けなかったという例があるくらいですから、「日本の女流文学はすごいんだ」というよりも、性差の問題はさておいて、当時は東アジア世界のほうが、言語的に進んでいたのだという観点を、忘れないほうがよいと思います。

ヨーロッパは西ローマ帝国が滅びた後、暗黒時代とまで呼ばれる中世が始まり、文字文化そのものが衰えます。しかし、古代ギリシアや、ローマや、東ローマの時代にまでさかのぼって研究すれば、これまで未知だった女性作家が発見される可能性はゼロではないと思います。私は文学史に詳しくないので、既知の女流文学を見落としている可能性もあるでしょう。ローマは特に、女性の活動が活発化した時代にあたり、政治にも大きな影響力を与えていた人々もいます。たとえば、東ローマにはアンナ・コムネナという女性がいて、夫が書いていた伝記「アレクシオス1世伝」を夫の死後に完成させたことが知られています(知識が乏しいので、この人しか、思いつきません)。

今のヨーロッパ人は、一昔前のヨーロッパ知識人と比べ、ギリシア・ローマに関する知識が衰退しています。彼ら自身が、ギリシア・ローマのことを、あまりよく分かっていないのです。かつては学者は皆、ラテン語(ローマの言葉)を読めたものですが、ラテン語が文系の大学でも必修から外れてしまっている例が多く、そんな彼らが日本の女流作家のレベルを知って驚くことがあっても、彼ら自身が自分たちの古典を理解していないという事情をさっぴいて考えたほうがよいのではないでしょうか。

PS
映画ジュラシックパークにでてくるヴェロキラプトルという恐竜について。学術名ですのでラテン語ですが、英語の発音に引きずられ、本来のラテン語の発音ではなくなってしまっています。ラテン語ではUはVから派生した文字ですので、本来はウェロキラプトルと読むのが正解です。こういう例は、最近、非常に多いです。

現代の研究水準では、とりあえず、日本が早い時期に女流文学を生み出していたと言って、ほぼ問題ないかと思います。ただ、その時期のヨーロッパでは、そもそも文字の普及が遅れており、国王ですら自分の名前を文字で書けなかったという例があるくらいですから、「日本の女流文学はすごいんだ」というよりも、性差の問題はさておいて、当時は東アジア世界のほうが、言語的に進んでいたのだという観点を、忘れないほうがよいと思います。

ヨーロッパは西ローマ帝国が滅びた後、暗黒時代とまで呼ばれる中世が始ま...続きを読む

Q平安時代の女流作家

平安時代の女流作家、たとえば紫式部や清少納言など、姓名が伝わっていないのはなぜなのでしょうか?少納言とかって役職名ですよねえ??

Aベストアンサー

下記ページで触れられていますが、当時は結婚相手でもないと、女性の本名を知ることは出来なかったそうです。
http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

参考URL:http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

Qなぜ平安日本の後宮だけ文学作品が生まれたのか?

平安時代には枕草子や源氏物語など、後宮の女性が書いた文学作品がありますが、江戸時代の大奥や、あるいは中国やイスラム世界など外国の後宮ではこういったものは無かったのでしょうか?

中国だと女流詩人は何人かいるようですが、「小説」が「史書や詩に比べてくだらない物」という意味で使われていたというのを聞いた事があり、物語などを書いても後世に残らないのかとも思いました。

ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

>平安時代には枕草子や源氏物語など、後宮の女性が書いた文学作品がありますが、

おっしゃるとおり、平安時代の優れた物語や日記文学の多くは、当時の宮廷に出仕していた女官たちによって生み出されたと言えるかもしれません。

が、女性の手になる最初の本格的な「文学作品」、『蜻蛉日記』の作者である道綱の母は、宮仕えの経験がない、今でいう専業主婦だったという事実を見落としてはならないと思います。
しかも、『源氏物語』にしても『蜻蛉日記』の延長線上に誕生したとされている以上、平安文学の書き手が「後宮の女性」であったことだけに拘泥しすぎない方がより賢明かもしれません。

むしろ、『万葉集』以来、和歌が日本文学の中核となってきたこと、和歌は男女関係なく抒情的な表現様式として確立していたこと、さらには仮名文字が女手(女文字)として女性の間に普及していたこと、藤原摂関家がわが娘を入内させるべく、娘の教師にふさわしい才媛たちを集め、彼女らの文学活動を優遇したこと等々が、結果的に平安時代に優れた後宮文学を輩出させる最大の要因になったのではないでしょうか。

>江戸時代の大奥や、あるいは中国やイスラム世界など外国の後宮ではこういったものは無かったのでしょうか?

全く「無かった」わけではないでしょうが、それらの時代・場所に、平安女性文学を発生させたのと同じような条件、文化的土壌が準備されていたとは考えにくいところです。

>「小説」が「史書や詩に比べてくだらない物」という意味で使われていたというのを聞いた事があり、物語などを書いても後世に残らないのかとも思いました。

「小説」にしても、ROMAN(仏・独)にしても、NOVEL(英)にしても、その語源から推察する限り、知識人、文化人、公人たちからすれば「くだらない物」でしかなかったのは確かだと思います。

その意味では、小説や物語というのは、良くも悪くも俗文学であるし、支配者たちの公用語(ラテン語、漢語等)によってではなく、あくまでも民衆の話し言葉、俗語によって、民衆の日常生活、その本質、真相を活き活きと描き出したものだと思います。

なお、口誦されただけのものなら、確かに「後世に残らない」でしょうが、文字化された「物語」については、より優れた作品ほど後世の同好の士によってより頻繁に複写されざるをえず、結果的にそういう「物語」だけが今日もなお文学的生命を保ち続けているということではないでしょうか。

>平安時代には枕草子や源氏物語など、後宮の女性が書いた文学作品がありますが、

おっしゃるとおり、平安時代の優れた物語や日記文学の多くは、当時の宮廷に出仕していた女官たちによって生み出されたと言えるかもしれません。

が、女性の手になる最初の本格的な「文学作品」、『蜻蛉日記』の作者である道綱の母は、宮仕えの経験がない、今でいう専業主婦だったという事実を見落としてはならないと思います。
しかも、『源氏物語』にしても『蜻蛉日記』の延長線上に誕生したとされている以上、平安文学の書き手...続きを読む


人気Q&Aランキング