最新閲覧日:

平安時代に女流文学が盛んだった理由を調べています。
ほんの些細なことでも結構です。
何かご存知でしたら、お教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

奈良時代は中国から入ってきた漢字を日本語の発音に当てはめた真仮名を使っていました。


今のローマ字みたいな感じですね。
平安時代になってそれでは使いにくいということで平仮名と片仮名が出来ました。
でも平仮名は女性・子どもが使うものという意識が強く、男性の貴族は日記は漢文(中国語)で書いていました。
当時の日記は私的なものではなく、公の記録的なものでした。
平安初期、醍醐天皇が国風文化を推し進めました。その時、たまたま急逝した従兄弟の代わりに勅撰集の選者に入った紀貫之が勅撰集の序文を真仮名から平仮名に変えました。(用意されていた真仮名の序文は巻末に付けられられました)
日本人の気持ちを表すのは平仮名を基調にした和文しかないのだとした紀貫之は日本で最初の仮名日記も書きました。これで女性が文学をしやすくなりました。
はずみがついたのは藤原道長の娘、彰子の入内からです。
ライバル、一条天皇の中宮定子の女房には清少納言おり、その文才が宮中では大評判でした。
一条天皇は聡明で美しい定子と打てば響く清少納言のいる定子のところに行きがちでした。
彰子のところに来て貰わないと道長は困ります。子どもが出来ないと外孫政治が出来ませんからね。
それで道長は清少納言に対抗出来そうな女房として、亡くなった旦那さんを偲びながら実家でボチボチ物語を書いてた紫式部をスカウトしてきます。
同じような理由で女性として初めて歴史文学を書いた赤染衛門、歌人、和泉式部・伊勢大輔といった錚々たるメンバーが一同にかいし、有力な男性権力者の庇護のもと筆を競うことになったのです。
ご存じかもしれませんが紫式部と「蜻蛉日記」の藤原道綱の母、「更級日記」の菅原孝標女の3人は親戚です。文才のある家系ですね。
ちなみに世が乱れると真っ先に出来なくなるのが文学で、特に女性は文学があまり出来なくなります。
女性の文学が盛んな時代は平和な時代なのです。
    • good
    • 1

補足というか、注意というか...



「なぜか」を考える手段としては、他の時代と比較するという方法も
ぜひ、試してみてほしいと思います。

たとえば、江戸時代の大奥からは文学は生まれてないみたいですよね。

そう考えると、ヒマな立場の人がいたからそこから優れた文学が
発生したんだ、という説があるとすれば、それは何となく短絡的
なんじゃないかと疑ってもいいような気もします。
もちろん、単に「かな文字が使えたから」という理由も、あまり
十分なようには思えません。

いわゆる女流文学が隆盛した理由は、もちろん優れた作者がいた
から、ということになりますが、問題なのは、なぜ優れた作者が
多く現れたか、(あるいは育ったか)ということになるはずです。
それは単に女がヒマだったからでもないし、文字が簡単になったから
でも、紙がどうのということでもありません。それが仮に必須の
要素であったとしても、本質的なことではないと思います。
そういうレベルの話では、何かを説明したことにはならないでしょう。

仮に学生向けの文学史の解説に、そういうようなことが書いてあった
としたら、それはちょっとピントがぼけているってことじゃないかと
思います。
そこのところは、注意したほうがいいように思います。
    • good
    • 0

どんな文学史の本にもそれくらいの記述はあると思うのですが…。


後宮に暇な才女がゴロゴロしていたことと、仮名文字の発達に伴って文章表現が楽になったことでしょうね。当時仮名を使うのは女性だけですから。
    • good
    • 0

紀貫之は「土佐日記」を、女性のふりをして書きました。

(元祖ネカマか?・笑)
「土佐日記」の解説には、なぜ彼が女性のふりをしたのかが必ず書いてあると思うので、そのへんから調べてみるといいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 学生さんかな? なんとなくそうではないかと思いましたので、きっかけだけいくつかご紹介しましょう。

あとは調べてみてください。勉強ですからね。
 1、紙について。
 2、男性は仕事でしたが、宮廷の女性は何をしていたのでしょうか?
 3、「万葉仮名」というものがありますね。あれを使いこなすのは相当難しかっ  たはず。今、私達はどんな文字を使っていますか?

ちょっとわかりにくいですか? 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ