平安時代に女流文学が盛んだった理由を調べています。
ほんの些細なことでも結構です。
何かご存知でしたら、お教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

奈良時代は中国から入ってきた漢字を日本語の発音に当てはめた真仮名を使っていました。


今のローマ字みたいな感じですね。
平安時代になってそれでは使いにくいということで平仮名と片仮名が出来ました。
でも平仮名は女性・子どもが使うものという意識が強く、男性の貴族は日記は漢文(中国語)で書いていました。
当時の日記は私的なものではなく、公の記録的なものでした。
平安初期、醍醐天皇が国風文化を推し進めました。その時、たまたま急逝した従兄弟の代わりに勅撰集の選者に入った紀貫之が勅撰集の序文を真仮名から平仮名に変えました。(用意されていた真仮名の序文は巻末に付けられられました)
日本人の気持ちを表すのは平仮名を基調にした和文しかないのだとした紀貫之は日本で最初の仮名日記も書きました。これで女性が文学をしやすくなりました。
はずみがついたのは藤原道長の娘、彰子の入内からです。
ライバル、一条天皇の中宮定子の女房には清少納言おり、その文才が宮中では大評判でした。
一条天皇は聡明で美しい定子と打てば響く清少納言のいる定子のところに行きがちでした。
彰子のところに来て貰わないと道長は困ります。子どもが出来ないと外孫政治が出来ませんからね。
それで道長は清少納言に対抗出来そうな女房として、亡くなった旦那さんを偲びながら実家でボチボチ物語を書いてた紫式部をスカウトしてきます。
同じような理由で女性として初めて歴史文学を書いた赤染衛門、歌人、和泉式部・伊勢大輔といった錚々たるメンバーが一同にかいし、有力な男性権力者の庇護のもと筆を競うことになったのです。
ご存じかもしれませんが紫式部と「蜻蛉日記」の藤原道綱の母、「更級日記」の菅原孝標女の3人は親戚です。文才のある家系ですね。
ちなみに世が乱れると真っ先に出来なくなるのが文学で、特に女性は文学があまり出来なくなります。
女性の文学が盛んな時代は平和な時代なのです。
    • good
    • 1

補足というか、注意というか...



「なぜか」を考える手段としては、他の時代と比較するという方法も
ぜひ、試してみてほしいと思います。

たとえば、江戸時代の大奥からは文学は生まれてないみたいですよね。

そう考えると、ヒマな立場の人がいたからそこから優れた文学が
発生したんだ、という説があるとすれば、それは何となく短絡的
なんじゃないかと疑ってもいいような気もします。
もちろん、単に「かな文字が使えたから」という理由も、あまり
十分なようには思えません。

いわゆる女流文学が隆盛した理由は、もちろん優れた作者がいた
から、ということになりますが、問題なのは、なぜ優れた作者が
多く現れたか、(あるいは育ったか)ということになるはずです。
それは単に女がヒマだったからでもないし、文字が簡単になったから
でも、紙がどうのということでもありません。それが仮に必須の
要素であったとしても、本質的なことではないと思います。
そういうレベルの話では、何かを説明したことにはならないでしょう。

仮に学生向けの文学史の解説に、そういうようなことが書いてあった
としたら、それはちょっとピントがぼけているってことじゃないかと
思います。
そこのところは、注意したほうがいいように思います。
    • good
    • 0

どんな文学史の本にもそれくらいの記述はあると思うのですが…。


後宮に暇な才女がゴロゴロしていたことと、仮名文字の発達に伴って文章表現が楽になったことでしょうね。当時仮名を使うのは女性だけですから。
    • good
    • 0

紀貫之は「土佐日記」を、女性のふりをして書きました。

(元祖ネカマか?・笑)
「土佐日記」の解説には、なぜ彼が女性のふりをしたのかが必ず書いてあると思うので、そのへんから調べてみるといいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 学生さんかな? なんとなくそうではないかと思いましたので、きっかけだけいくつかご紹介しましょう。

あとは調べてみてください。勉強ですからね。
 1、紙について。
 2、男性は仕事でしたが、宮廷の女性は何をしていたのでしょうか?
 3、「万葉仮名」というものがありますね。あれを使いこなすのは相当難しかっ  たはず。今、私達はどんな文字を使っていますか?

ちょっとわかりにくいですか? 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の文学について!いい作者を教えてください!

日本の文学について!いい作者を教えてください!

最近、『夏目漱石』と『芥川龍之介』と『太宰治』と『村上春樹』の作品を読んでいます。
でも、彼ら以外にいい作者をもっと知りたいと思います!もしよければ、いい作者と作品をお勧めしていただけますか?
本当に日本の文学に興味があります!夢は上代日本語を習って、源氏物語を読むことなんです★

では、お願いします☆彡

Aベストアンサー

大岡昇平→「野火」「武蔵野夫人」「俘虜記」など。戦中の話が結構生々しいので人を選ぶかも
吉川英治→「宮本武蔵」「新書太閤記」など。「宮本武蔵」は「バガボンド」という漫画にもなっててこちらも面白いです。日本史が頭に入ってないとキツいかも。
川端康成→「伊豆の踊子」「雪国」など。言わずと知れたノーベル賞作家です。
三島由紀夫→「金閣寺」「潮騒」など。本人の思想はなかなか過激ですが、それは別にしても作品は面白いです。

最近の作家でも良いなら伊坂幸太郎(村上春樹系列と言えなくも無い)・東野圭吾(ミステリー中心)・宮部みゆき(ミステリー中心)・山本兼一(歴史小説)・伊藤計劃(SF)なんかもオススメです。

参考になれば幸いです。

Q「やどかり」?が登場する平安時代の文学作品

「やどかり」か「かたつむり」か分からないのですが、そういった類の軟体動物が登場する平安文学の作品があると聞きました。

面白そうなので読んでみたいと思うのですが、どなたか心当たりのある方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

平安時代の古典・堤中納言物語ですね。
【堤中納言物語】の「虫めづる姫君」に出てきます。
花や蝶などを収集するのではなく、恐ろしそうな虫を収集する姫の話です。
蝸牛、カマキリなどは詩歌の題材にはちょうどいいと言って大声を上げて「かたつむりーお」などという詩吟を唸る大変な姫様ですね。
短い話ですので、ぜひお読み下さい。

参考URL:http://kan-chan.stbbs.net/otaku_ni_naritai/himegimi.html

Q純文学と大衆小説の違いについて教えてください! 純文学 →読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思う

純文学と大衆小説の違いについて教えてください!
純文学
→読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思うことを作者のセンスで書いたもの。
大衆小説
→読者を意識し、読者が読みやすく親しみやすいよう書かれたもの。

自分なりに説明してみるとこんな感じなんですけど、こういう認識でいいんでしょうか…。よくわからないのでお願いします。

Aベストアンサー

大衆小説は、おもに筋や展開の面白さで読ませるもので、読者は基本的に、主人公や周囲の人物に感情移入して、ハラハラドキドキできればそれでいい、というものです。

純文学は、ストーリーはそこまで重要ではなく、言葉や表現そのものの奇抜さや面白さを味わわせたり、普通なら思いもしないような感覚や感情を描いたりするものですね。

Q平安時代の女房文学の文学史的、社会的背景

平安時代の女房文学の隆盛について、文学史的、社会的背景は何ですか?
人名、作品名などの実例を示しながら、説明してくれませんか?

Aベストアンサー

お年が分からないのですが、高校生以上ですか? でしたら、高校の日本史の教科書の平安時代のページに社会的背景やら後の時代への影響やら代表的作品やら作家やらが簡潔に載っていると思いますので写すといいですよ。

Q平成の文学作者で有名な人は誰ですか。

平成の文学作者で思い当たる人は、
大江健三郎さんと村上春樹さんだけです。
他にも有名な人はいますか。

Aベストアンサー

もう少し長生きしていれば、阿部公房はノーベル文学賞をもらえたでしょう。
柔らかな哲学を兼ね備えているという点では、谷川俊太郎。
別役実などは、ベケットの流れを受け継いだ特異な戯曲者です。

Q平安時代の女流作家

平安時代の女流作家、たとえば紫式部や清少納言など、姓名が伝わっていないのはなぜなのでしょうか?少納言とかって役職名ですよねえ??

Aベストアンサー

下記ページで触れられていますが、当時は結婚相手でもないと、女性の本名を知ることは出来なかったそうです。
http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

参考URL:http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

Q文学関係のコンクールの一覧ってありませんか?

文学関係のコンクールの一覧ってありませんか?

どこかwebにそんな一覧があればいいのですが、ググってみても、読書感想文ぐらいしか出てこないです。
随筆コンクールとか川柳コンクールとかありますよね。
そういったものを探すコツとかでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

有名なサイト(雑誌)ですから、ご存知かも知れませんが、
「公募ガイド」なんていうのがあります。

雑誌は毎月600円ぐらいですし、公立の図書館にも
置いてあったりします。

最近は携帯サイトなんていうのもあるみたいですが、
利用したことがないので、システムや利用料は不明です。

参考URL:http://www.koubo.co.jp/

Qアメリカ文学の研究は東大と慶應で盛んなようですが何故ですか

アメリカ文学の研究といえば東大出身者と慶應大学出身者の教授が多いように見えますが何か理由はありますか。

Aベストアンサー

日本ではアメリカ文学は古くから愛読され、研究の対象にもなっていましたが、それが本格的に高度になったのは、1976年(アメリカ合衆国建国200年)頃のことです。
 それより早く、1955年頃より、大橋吉之輔氏(のちの慶應大学教授)らが中心になり、東京の戸板女子大を会場にアメリカ文学の研究会が続けられました。これが、いわば準備期です。

 準備期を経て、1970年代半ばには、『総説 アメリカ文学史』(研究社)のような本格的な文献が出版されています。この共著書の編者は大橋吉之輔(慶應)、大橋健三郎(東大)、斉藤光(東大)です。日本のアメリカ文学研究の歴史を語る上で、ぜったいに外せない一冊です。吉之輔、健三郎先生は、たまたま、大橋と言う同じ姓だったので、日本のアメリカ文学研究の最初の大きな功労者として名前が印象深く並べられるのです。そしてまた、名前を挙げられるにふさわしい大研究家でした。

 東大での大橋健三郎先生の弟子は非常に数が多いのですが、渡辺利雄、国重純二、池田孝一、牧野有道といった先生方をはじめとする優秀な人材が育てられました。

 慶應は、東大と違い、大学院の一学年の定員が少ないので、数としては東大にかないませんが、少数精鋭、立派な教授を少なからず世に送り出しているのです。

 もちろん、札幌、仙台、名古屋、大阪、京都、広島、福岡などでも早い時期からアメリカ文学の研究は行われて来たのですが、英文科というと「イギリス文学」が中心と言う時期が長かったのは事実です。現在では村上春樹氏の貢献も大きくて、アメリカ小説の読者が爆発的に増加しました。

日本ではアメリカ文学は古くから愛読され、研究の対象にもなっていましたが、それが本格的に高度になったのは、1976年(アメリカ合衆国建国200年)頃のことです。
 それより早く、1955年頃より、大橋吉之輔氏(のちの慶應大学教授)らが中心になり、東京の戸板女子大を会場にアメリカ文学の研究会が続けられました。これが、いわば準備期です。

 準備期を経て、1970年代半ばには、『総説 アメリカ文学史』(研究社)のような本格的な文献が出版されています。この共著書の編者は大橋吉之輔(慶應)、大橋健三...続きを読む

Q枕草子  文学のジャンルと作者の四季に対する気持ち

清少納言の枕草子についてです。
作者は春夏秋冬、それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?

そして、枕草子の文学のジャンルは何ですか?

Aベストアンサー

枕草子の本文はちゃんと読みましたか?

>それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?
これを回答するとそのまま原文の訳になってしまうような気がするのですが…。
なんて言ったってまさに枕草子の第一段はこれについて書かれているのですから。

一応答えますと、春は夜明け・夏は夜・秋は夕暮れ・冬は早朝が良いと言っています。
けど、その後は情景をうたっている文なので、自分で読む込むことが大切だと思いますよ。

ただ、どうしても分からない場合は、以下のサイトを利用すると参考になると思います。
(http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm)

また、枕草子のジャンルは、「随筆」になります。
枕草子は日本最古の随筆文学、そして方丈記・徒然草と並ぶ三大随筆の一つでもあります。

Q平安時代の文学で

平安時代頃の小説だと思うのですが・・・
女性が自分より身分の低い男性に恋をするのですが忘れられず、その男性の人形を彫る、というようなストーリーの話のタイトルと作者名がわかる方はいませんか?高校の教科書に載っていた気がするのですが・・・。どうか教えてください。

Aベストアンサー

山川方夫「菊」ではないかと思います。
小説自体は現代のものですが、舞台が平安朝ころの話で、内容はほぼ合致しています。旧課程では高校の国語教科書にも載っていました(今は載ってません)。
著作権がまだ切れてないのでネット上ではテキストはみつけられませんでしたが、図書館などで全集を探せばあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報