ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

すいません。質問があります。
ものすごく初歩的な質問ですが、波形の味方について知りたいです。
今、ソナーを使ってますが、貼り付けたオーディオトラックをwクリックすると波形の編集画面になります。
その画面では、縦の軸がdbを表し
(一番上が-6で真ん中が0、一番下も-6です。)、
横の軸は特に単位の記載はないですが、50000や100000と書かれています。
例えば、スネアの波形を見ると、アタックの瞬間が一番上の-6と一番下の-6を超えていて、そこからだんだん減衰していっている感じです。
変な話ですが、ただ単純に音の大きさを表すなら一番したを-6にして、真ん中を0、一番上を+6とかではないでしょうか?どうも見方がわかりません。その図をみて、ではどういう状態だと音が割れている状態なのか?どういう状態だとレベルが0dbまでできっちり抑えられているのか、という点をご教授願いたいです。

どうも検索しても波形の見方を詳しく解説しているサイトがないもので質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

「波形の見方について教えてください」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。


まぁ、ここのところは、なまじ学問的にガチガチに考えると、かえって隘路に入ってわけわからんくなります(さんざん経験有り(^^ゞ)から、よくわからない間は、できるだけ感覚的に捉える方が良いです。
説明する方も、ついつい学問的に方向に行ってしまうのですが、私は最初にそういう人に習ったせいで、理解にえらい遠回りしましたので、そういう方向では書きません…ただ、そのために学問的な説明と一見矛盾するところは出てきます。
本当は、ちゃんと一致するんですが、学問的な人から見たら「バカか」という説明も混じるかも(私は感覚的に説明できない人の方がバカだと思ってますが(^^ゞ)なので、その辺の「表現のズレ」はご理解を(^^ゞ

>限りなく0に近づけるのが仮に正解だとすると、最終的に
>すべての作業が終わったトラックを再生すると、ずーーーっと
>真っ赤の状態になってしまいますよね???

この部分については、既に別回答もありますが、一般的なCDなんかだと、-10~-14dBくらいになるのが普通…というのは、本当です。

ここで、波形をミクロに見たらば、おっしゃるスネアのように「瞬間的に」「0dBを超える」ということはありますね。実際のところは、0dBを超えた時に聴感的に音が割れてるかどうかは、きちんと確認しておかなきゃいけませんが、多くの場合なら「瞬間的」ならどうってことないです。

むしろ、CDのレベルの話で言えば、ある一定の区間の「平均レベルがどれだけか」が問題です。

ある程度の長さの曲の波形について、1画面で見通せるような倍率で見た時、音圧をアップした波形は、音圧アップ前に比べてほとんど0dBギリギリの「真っ黒け」に見えると思います。
しかし、タイムスケールを横に引き延ばして、倍率を上げていくと、個々の波形は意外と0dBに至ってるのは「時々」、それも「ほんの瞬間」で、全画面だと真っ黒に塗りつぶされているようでも、高倍率だと意外と隙間だらけということがわかります。

この感覚をご理解いただきたいところなんです。

私がNo.1で書いたように、波形データのレベルは「今この瞬間、信号電圧何ボルトか」というよりは(いや、そういう要素ももちろんあるんですが(^^ゞ)、「この区間の平均エネルギー量(音圧量)はどんだけか」という概念で見る方が、理解しやすいんです。
スネアが鳴る都度にバンバンと0dB超えしてたとしても、減衰が早ければ、単位時間での「平均音圧量」は、意外と低いものですし、逆に-10dBでずーっと鳴りっぱなしのキーボードでもあれば、その部分は当たり前ですが-10dBで、比較するとスネアの方が平均音圧量が低いこともザラです。

そして、この差は実際にスピーカを鳴らした時に、各パートの「聞いた感じの音量差」に、概ね比例してきます。
先に書いたように、波形は「スピーカの振動板をどれだけ動かすか」とイメージ的には同じなわけです。なので、「波形が大きい小さい」よりは「波形の変化の量」の方が、音量感と密接な関係があり、波形画面も「瞬間的な値」より「変化量の合計(平均)」として捉えてやる方が、現実の音に近い解釈が出来ます。

なので、全画面ですべて0dBに届くか超えるような真っ黒に見えても、細かい部分でレベルの低い領域が多ければ、平均レベルはガクンと下がって-15だの-20だのってこともありますし、逆に全画面でずーっと-10だとしても、すべての領域が完全に-10dBの波で触れてるような場合なら(波形の種類にもよりますが)一見全体レベルが低そうでも、しっかり最初から最後まで平均-10dBであり、前者の波形の方が大きい音に見えても、実際には後者の波形の方が実際にスピーカを鳴らすと遙かに大音響に聞こえることもザラにありますね。

なので、念押しですが、CD並の平均-14dBに調整した波形であっても、部分的にバンバンと0dB越えの波形が見受けられることもあれば、同じ平均-14dBでも、波形データを順に見ていく限りでは、0dBより結構低い波形がずっと続くだけ…ということもあります。

この「瞬間的な信号レベル」と「平均的な信号(音量エネルギー)レベル」という関係の、両方を見るのが波形データ画面だ…というあたりが、最初は一番わかりにくいところだと思いますが、是非とも『感覚的に』理解してやって下さい(結構大事な『感覚』なので)。

ただ、私の説明も結構いい加減(^^ゞなので、これだけでもわかりにくいかと思いますから、疑問が出ればどうぞ補足下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またしても丁寧なレスありがとうございます。

ある程度の長さの曲の波形について、1画面で見通せるような倍率で
見た時、音圧をアップした波形は、音圧アップ前に比べてほとんど0dBギリギリの「真っ黒け」に見えると思います。
しかし、タイムスケールを横に引き延ばして、倍率を上げていくと、個々の波形は意外と0dBに至ってるのは「時々」、それも「ほんの瞬間」で、全画面だと真っ黒に塗りつぶされているようでも、高倍率だと意外と隙間だらけということがわかります。

この意見は考えれば考えるほど真理ですね。タイムスケールを伸ばして確認、ということすらやってませんでした。
そう考えると、きちんとしたルールで(って当たり前なことなんですが)しっかり確認しないと勘違いすることはよくあるかもしれないですね。
ありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2009/03/16 15:13

ちょっと意表をつく話ですが、これはスピーカーの動きをそっくり再現したもので、中心0がスピーカがニュートラルにいる場合の位置になります。

なので、後ろか前に一瞬で移動した後に0の点を通過して猛スピードで反対側に移動します。波形を拡大していくとそれが見て取れると思います。ただ、カーブが綺麗ではなくどこまで拡大してもどこかで吹き飛ぶ前に一瞬ギザギザしたりという動きがあったりしますが、こういう動きがないといわゆるブザーになってしまうというわけです。

なので真ん中が0で前にも後ろにも自由奔放に動くようにしてやらないと、当然変な音になってしまいます。
    • good
    • 0

最初に波形図の読み方を



・上下に似たような波形が並んでいるが、通常上側がLチャンネル、下側がRチャンネルとなっています。

・波形は左から右に時系列に並んでいます。50000とか100000という数値も環境設定によりますが、1秒の1/100や1/1000あたりが基準値となっているのではないでしょうか。つまり左端が0で、5000がちょうど5秒に相当する、みたいな感じで捉えて下さい。

・それぞれのチャンネルで真ん中の細い線が極小(0dbではありません)で上下に広がる(音が大きくなる)に連れ、-dbの数値が0dbに近づいていきます。
一般的には0dbを超えるような入力だと音が割れてしまいます。
つまり、波形の値は、0からプラス方向に増えていく書き方ではなく、0dbが一番大きくて、そこから小さい方に向かってマイナスdbと減算していく書き方だと理解して下さい。ですから一番音の小さいときは極小値(無限大の反対)となるのです。

・何故真ん中の線から片側ではなく両側に広がっているのかと言えば、音の波形は極端に言えばサインカーブを描いているからです。サインカーブはプラスとマイナスの双方向に交互に線を描いて動きますが、あれと同じで、波の峰と谷が極端に差があり、かつ振幅の幅が狭い、すなわち短時間でプラスとマイナスを行ったり来たりしているということです。

・次に波形の性質ですが、スネアのように立ち上がりが早く減衰も早い楽器では、一瞬だけ上下に広がってすぐに小さくなります。ちょうどシンバルを横向きにしたような波形になります。
ギターやベース、ピアノなど立ち上がりが早く、ある程度音が伸びる楽器では、右向きの長い二等辺三角形になります。
またオルガンや管楽器など、持続音が出せる楽器では波形は長方形に近くなります。

つまり、無音の状態では、左右チャンネルに細い中心線だけが走っているように見え、大音量の音が持続している時は、0dbに近いところまでの太さを持ったギザギザ・デコボコのあるの長方形が続きます。

音を割らずに録音し、かつバックグラウンドノイズと明確な音量差を付けようとすれば、最大音量のピークは0dbにして、平均音量を-10db~-14dbあたりに調整すると、普通のCDの音量くらいになります。
平均音量の測定は、波形編集ソフトの機能にあるかと思います。

この説明で分からないところがあれば、また質問して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
私がアップした画像を元に考えますと、確かに、真ん中は0dbではないですね。
0dbはこの図でいうところの「天井」の部分ですね。そして、それを超えたら音が割れる、との解釈でいいんですよね。
(まぁ絶対割れるかはわかりませんが・・・・。)

>音を割らずに録音し、かつバックグラウンドノイズと明確な音量差を付けようとすれば、最大音量のピークは0dbにして、平均>音量を-10db~-14dbあたりに調整すると、普通のCDの音量くらいになります。

平均音量-10~-14というのは私の中でかなり小さい音のイメージですが、実際そんくらいですか・・・。
今、音を大きくする本という本で音圧の高め方を勉強していて、完成した波形なんかをみると
完全に真っ黒で、つまりはじめから終わりまで殆ど0dbに感じがします。
-10db~-14dbが平均だとすると、完全にびっしり真っ黒のだいたい半分くらいでたまに天井に届きそうな感じですか???

お礼日時:2009/03/15 18:42

私の持ってるSONARと少しバージョンが違ってそうなので、微妙に表示にズレがあるかもしれませんが、dB表示の場合、波形の中央は「0dB」という表示ではなく、強いて言えば「-inf」という値で表されるのが普通です。


「-inf」とは「-無限大」と同意で、これは、「全く音信号無し」とイコールと考えていただいて差し支えないです。まぁ、そこは「それくらいは感覚的にわかるわい」という話だと思います。

じゃあ、上下どっちも「-6dB」って何よ…どっちか「+じゃないのかよ」ってところなんですが、「dB表示」の場合の超基本的な考え方は、
・dB表示というのは、(ある意味で)信号のエネルギーの絶対値で表示するんですよ。
・エネルギーの絶対値ってどういうことよ…というのは、この波形が最終的にスピーカの振動板を動かすことを想像して下さい。
・スピーカの振動板が、静止状態から前に飛び出るのが上の波形、引っ込むのが下の波形と想像してね。
・そう考えると、センターから上だろうが下だろうが、それ相応に大きく振動板が動く=エネルギーがでかい…って理屈になりますでしょ
・「dB表示は、まずはセンターより『上なら上』『下なら下』の信号エネルギーの大きさを波形で示しました…」とご理解を

・で、dB表示というのは、「0dBが基準値」で、この「0dB」というのはある基準の値(つまり、エネルギー量ゼロじゃない)を起点に、今の波形先端が「基準値よりどれだけ大きいか小さいか」という数値で示します。
・オーディオ関係のdBについては、概ね「0dB=信号に歪みの出ない最大出力」に近い位置づけです。
・なので、通常の波形先端の値は、0dBに比べて低い「-」の値を取ります。0dBを超えてしまうと、普通は歪みが発生する領域なのであんまりよろしくないことになってます。

・・・ッてな感じが、「技術論的に完全じゃないけど、理解としてはこんなもんで実務上はOK」という説明になるんですけどね(^^ゞ

これだけじゃわからん…ということはありますので、ざっと読んでいただいて、疑問があれば補足いただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。今、自分で録音したドラムの音なんかをみて、ここでの回答をみながらあれこれいじってます。
ソナーに関してですが、Track viewのオーディオトラックを見ると
例えばスネアを再生した瞬間、もし、そのスネアの音の一番大きい部分が0dbだとすると、オーディオトラックの音量メーターの部分は
一瞬真っ赤っかになりますよね。
限りなく0に近づけるのが仮に正解だとすると、最終的に
すべての作業が終わったトラックを再生すると、ずーーーっと
真っ赤の状態になってしまいますよね???
なんか精神衛生的によくない気もしますが・・・・。

お礼日時:2009/03/15 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMP3やwav、WMAの違いは?

MP3形式やWMA形式やWAV形式など、色々ありますが、どう違うのでしょうか?
なぜ、こんなに複雑にするのでしょうか?

Aベストアンサー

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

WMA:音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされる。MP3と同じようにデータは劣化する。
MP3と同様に、設定によるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

ほかにもいろいろな音楽の圧縮形式がありますが、それぞれ圧縮率や音質に差があるという違いがあります。
こんなにたくさんあるのは、これで1発当てようとする会社がいろいろ開発していたり、
より高音質で、かつ高圧縮に圧縮できるようにいろいろ改良され足りしているからです。

つまりWavは音楽CDのデータそのものですが、データが大きすぎ利用しくいのです。
たとえばメモリカードを使ったプレイヤーでは、512MBのメモリカードを用意してもCD1枚分も入りません。
しかしMP3やWMAにすると、8枚分くらいは入ってしまいます。
また音楽をネット配信するにも、容量が大幅に少なくできるこれらの圧縮形式は有用です。

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

...続きを読む

Q周辺音を削除して、声のみ抽出する方法教えてください!

AVI形式の動画を、音声のみmp3にしたのですが、
やはり声だけではなく、周辺のBGMや効果音なども一緒に
入ってしまいます。
これを、更に分解して周辺音を削除し本当に「声だけ」にする方法は
ありますでしょうか?教えてください。
(出来ましたらフリーソフトの方が助かります;)

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

ごめんなさい。
URLを付け忘れました。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se083942.html

作者のサイト
http://morigon.jp/

Q音声の波形データ(振幅)から音量(dB)を取得したい

+1.0~-1.0の値を取る音声の波形データから音量を単位dBとして取得したいです。
どのようにすればいいのでしょうか?
また、もしこの条件がdBを得るのに十分でない条件なら必要な条件を教えてください。

Aベストアンサー

音声の波形データの +1.0~-1.0 というのはV単位の電圧のことですね?
電圧波形のデータから音圧(dB単位)を計算するには、マイクの感度とアンプの利得が分かっている必要があります。それが分かっていれば、電圧(の実効値)は以下のようになります。
   電圧(V) = 音圧(Pa)×マイク感度(V/Pa)×アンプ利得(倍)
マイク感度の V/Pa という単位は、1Paの音圧で1Vの出力電圧(実効値)が出るという意味です。音圧 0dB というのは20μPaのことなので
   音圧(Pa) = 2×10^(-6)×10^{音圧(dB)/20}
になります( 1Pa の音圧は 94dB )。したがって元の音量が dB 単位のときは次式で計算できます。
   電圧(V) = 2×10^(-6)×10^{音圧(dB)/20}×マイク感度(V/Pa)×アンプ利得(倍)
逆に電圧の実効値から音圧を計算するには
   音圧 (dB) = 20*log10[ 電圧(V)/{ 2×10^(-6)×マイク感度(V/Pa)×アンプ利得(倍)} ]
になります。 log10 は自然対数です。

マイクの感度はいろいろな表記法があります。例えば -52 dBV/Pa なら、0 dBV = 1V のことなので、マイク感度は
   -52 dBV/Pa = 10^(-52/20) V/Pa = 2.5×10^(-3) V/Pa
です。マイクの感度が単に -70dB と書いてある場合は 0dB = 1 V/Pa という意味なので、マイク感度は
   -70 dB = 10^(-70/20) V = 3.16×10^(-4) V/Pa
となります。

電圧波形から実効値の計算式は
   電圧(V) =√{ ( 1/N )*Σ[ n = 1, 2, ..., N ] V(n)^2 }
です。N はデータ数、V(n) は電圧データです。データの範囲は基本周波数の整数倍になるようにしてください(基本周波数が分からないときはなるべく大きく)。

音声の波形データの +1.0~-1.0 というのはV単位の電圧のことですね?
電圧波形のデータから音圧(dB単位)を計算するには、マイクの感度とアンプの利得が分かっている必要があります。それが分かっていれば、電圧(の実効値)は以下のようになります。
   電圧(V) = 音圧(Pa)×マイク感度(V/Pa)×アンプ利得(倍)
マイク感度の V/Pa という単位は、1Paの音圧で1Vの出力電圧(実効値)が出るという意味です。音圧 0dB というのは20μPaのことなので
   音圧(Pa) = 2×10^(-6)×10^{音圧(dB)/20}
になりま...続きを読む

QCD並の音量にしたいのですが

CDは結構音がデカイですよね。

EQやトータルコンプ等を使って音圧レベルを上げてみても、0dbピークギリギリに上げてみてもまだCDの方がかなり音量が大きいです。

CDからリッピングしたデータを波形編集ソフトで開いてみた所、0dbを超えてしまっています。
これは超えてもいいと言う事なんでしょうか?

とにかくCD並に音量を大きくしたいです。

Aベストアンサー

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法論、順番が異なりますが、簡単に言えば次の3つの作業を成功させればいいのです。
・イコライザによる音域ごとのボリューム調製
・コンプレッサーによる無駄な波長の圧縮
・ノーマライズによる音量の最大化
です。(SoundEngineのオートマキシマイズはノーマライズ処理後に行うことでより大きな音量増大効果を狙ったものです)オートマキシマイズで音量が上がらないのは、無駄な(耳に聴こえない)波長領域の音が多すぎるためです。コンプレッサーを使うことで解決します。

●必要なもの
ではマスタリングに何が必要かといいますと、普通は波形編集ソフトを用います。高価なものではWavelab5やSound Forge、フリーのものではSoundEngineが有名です。
波形編集ソフトを用いない場合もありまして、VSTプラグインの使えるソフト(例えばSonarやCubaseなどのDAWソフト)があれば波形編集向けのプラグインを用いることで解決します。(No.7にありますWAVES社のL1はこのプラグインに該当します)

●SoundEngineについて
SoundEngineに関してなのですが・・僕も使っていました。結論を言えばある程度のことはできるけど、このソフトで完璧には困難です。SoundEngineでプロのファイルを検証してみてください。例えば16MHz以上の音が全て圧縮されていたり(その分耳に聴こえる部分の音圧が高い)、マネできないことが多々出てきます。

●解決策
1.ベストなのはプロ用波形編集ソフトを購入することです。が、5万以上しますので予算がないと不可能でしょう。

2.2002年春以降のVAIO製品を持っている人は周りにいませんか?実はSonicStageMasteringStudioというVAIOのみにバンドルされたソフトがVST対応でして、なんと1つ4万もするWAVES社のプラグインが3つ付属しています。このプラグインを使うと簡単にプロ並みのファイルに仕上がってしまいます・・・。

3.どうしてもSoundEngineでやる場合の方法をご紹介します。簡単に言うと、
(1)音割れしない程度でなるべく大きな音量で録音する
(2)まずノーマライズをかけて波形をみやすくする
(3)グラフィックイコライザで波長領域ごとの音量バランスを調整する(あるプロの方はドラム・ベース→高音域の順がいいと言っていました)
(4)コンプレッサーで音を圧縮する
(5)ノーマライズ
(6) (2)→(3)を繰りかえす
(7)これ以上音圧が上がらないと思ったら、オートマキシマイズをかける。設定は-13dBで(上げすぎるとオーディオが破壊しますよ)

補足:波形編集に伴い細かいノイズが発生することがあります。作業ごとに、ノイズリダクションをスレッショルド最低、効果度 最大 でかけましょう。
長くなりますので各設定などについては分からないことがあれば補足願います。長文失礼しました。

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法...続きを読む

QPC上で流れている音を波形表示したい!

音楽とかをリアルタイムで波形にしてくれるソフトってありますか?
検索しようと思ってもどうやって検索しても出てきません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

再生ソフトがWMPなら、
プラグインのFRUITY (フルーティ)で表示できます
参考
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se246529.html

Qペイント系とドロー系の違いを教えて下さい。

HPに自作のイラスト(といっても大したものではないです。落書き程度)や
アイコンなどをつけたいなと思っています。
で、vecterでソフトを探したり、HP作成支援サイトなどを見ていたのですが、
『ペイント系』『ドロー系』というのがあって、それらの違いがわかりません。
どう違うのでしょうか?
又、よく綺麗なイラスト(アニメの絵とかに多いですよね)を見かけますが、
あのイラストもソフトで描いているのでしょうか?
それとも紙に描いたものをスキャナで取り込まないと、あのような
綺麗なイラストはできないのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ペイント系・・・ドット単位で絵が構成されています。写真に向きます。曲線を描いた場合は拡大するとドットが目立つようになります。目立たないようにするには解像度を上げる必要がありますが、容量をたくさん食らってしまいます。A4サイズでも細かくすると100メガを超えてしまうこともあります。
代表的なソフトはアドビのPhotoshopです。

ドロー系・・・点と線のデータで絵が構成されています。どれだけ拡大しても滑らかな曲線が得られます。線とごく簡単な色彩で表現できるイラストに向いています。あとはチラシなどに向いています。
代表的なソフトはアドビのIllustratorです。

アニメのイラストなどは僕が書く場合は、まず線画の下書きを手書きで書きます。それをスキャンして、Illustratorのパス(線と点を繋いだデータです)にします。これをしておくと、後でもっと細かい画像にしたいときにもここからどんな大きさにも変更できます。
線画になったものを必要な解像度でフォトショップに持っていきます。ここで好きなように彩色すれば、水彩画の様にもできますし写真と合成したりもできます。Photoshopで文字を入れても良いし、Illustratorで入れても良いです。
要は、書きたいイメージによってどちらで描画した方がイメージに近い表現ができるのか選択しながら、ドロー系、ペイント系のいいところを組み合わせて使うといろんなことができます。

ペイント系・・・ドット単位で絵が構成されています。写真に向きます。曲線を描いた場合は拡大するとドットが目立つようになります。目立たないようにするには解像度を上げる必要がありますが、容量をたくさん食らってしまいます。A4サイズでも細かくすると100メガを超えてしまうこともあります。
代表的なソフトはアドビのPhotoshopです。

ドロー系・・・点と線のデータで絵が構成されています。どれだけ拡大しても滑らかな曲線が得られます。線とごく簡単な色彩で表現できるイラストに向いています。あとは...続きを読む

Qコンデンサの「リプル」とは?

お世話になります。
コンデンサの規格を見ると「リプル電流」という言葉が出てきますが、そもそもこの「リプル」とはどういった意味なのでしょうか?
わかりやすくお教えいただければ助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

誠に僭越で恐縮ですが・・・

>つまり電源電圧変動を抑えるために、コンデンサが蓄えていた電流をどれだけ放出できるかという性能を示すものと理解してよいのでしょうか?

これは、全く逆の方向に理解が行っていると思いますので、あえて書き込みさせていただきます。

電気の世界では、「ripple:脈動電流」としています。
例えば50Hzを両波整流して得られた電源からは、100Hzの脈流電流(リプル)が平滑回路のコンデンサに流れ込みます。
(交流電流は、ダイオードで整流しただけでは「脈流」であり、コンデンサを通って初めて、平らな「DC」になることにご留意ください)

コンデンサにとってはこの脈動電流は負荷になります。
コンデンサ自体には、「ESR:等価直列抵抗」という特性があります。
これが、脈流電流によってジュール熱を発生し、場合によっては、コンデンサが破壊されることがあるからです。
電解コンデンサは、特にこのESRが大きいので、熱破壊を防止するために、「リプル耐量」を規定する必要があり、これを表示することになっています。
「リプル電流の大きい方が性能がよい」というのは、「耐量=許容量」、が大きいということなのです。
コンデンサには「定格電圧」というのがありますが、これと同じようなもの、と考えてもらってもよいかと思います。
(タンタルコンは電解コンデンサの一種であるが、ESRが小さいという特長がある)

メーカーサイトの資料です。1-2に「リプル電流が大きいと、コンデンサの等価直列抵抗分(ESR)によって自己発熱(ジュール熱)によって破壊する」という説明があります。
http://www.chemi-con.co.jp/support/chuui/C02.html

メーカーサイトの資料ですが、上記よりももう少し詳しく書いてあります。
http://www.rubycon.co.jp/notes/alumi_pdfs/Life.pdf

なお、「tanδ=誘電損失係数」も交流特性のひとつですが、ESRが低周波で問題にされるのに対し、tanδは高周波での特性を表すものと考えられます。

参考URL:http://www.chemi-con.co.jp/support/chuui/C02.html

誠に僭越で恐縮ですが・・・

>つまり電源電圧変動を抑えるために、コンデンサが蓄えていた電流をどれだけ放出できるかという性能を示すものと理解してよいのでしょうか?

これは、全く逆の方向に理解が行っていると思いますので、あえて書き込みさせていただきます。

電気の世界では、「ripple:脈動電流」としています。
例えば50Hzを両波整流して得られた電源からは、100Hzの脈流電流(リプル)が平滑回路のコンデンサに流れ込みます。
(交流電流は、ダイオードで整流しただけでは「脈流」であり、コ...続きを読む

Qヘッドホン端子にスピーカー接続の可否

ノートPCにスピーカー接続用の装置は付いていませんが、ヘッドホン出力端子が付いています。DVD再生の音量が上がらないので(最大にしても)ここにスピーカー端子を(デスクトップPCで使っている外付けのもの)接続しても影響はないでしょうか。知識がないのでお教えください。もし接続してPCが壊れたと思いお教えを乞いました。よろしくお願いします。なお使っているスピーカー電源は12Vのものです。関連するでしょうか?

Aベストアンサー

ヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスというのは、その入力に加えた交流電圧をそのとき流れる電流で割った値のことです。インピーダンスが大きければ電流は流れにくいことになります。

アンプの出力インピーダンスとヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスは、前者と後者が等しいか、後者の方が大きいければ電気的には問題はありません。(音響的に微妙な違いがあるかもしれません。)
望ましいことではありませんが、出力インピーダンスよりも小さい入力インピーダンスのヘッドホンやスピーカをつなぐと音質の劣化を招くことがあります。しかし、パソコン内部のアンプが壊れるようなことはめったにありません。(パソコンのヘッドホン用アンプは大した力を持っていないからです。)

ヘッドホン出力端子の出力インピーダンスは8オームが多いと思います。
一方ヘッドホンの入力インピーダンスは32オーム~300オームといろいろですが、32オームが多いようです。
アクティブスピーカの入力インピーダンスは数10Kオームはあります。
よって、ヘッドホン端子にアクティブスピーカをつなぐことは壊れるか壊れないかという論議の上ではまったく心配ありません。(壊れません。)

ヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスというのは、その入力に加えた交流電圧をそのとき流れる電流で割った値のことです。インピーダンスが大きければ電流は流れにくいことになります。

アンプの出力インピーダンスとヘッドホン/スピーカの入力インピーダンスは、前者と後者が等しいか、後者の方が大きいければ電気的には問題はありません。(音響的に微妙な違いがあるかもしれません。)
望ましいことではありませんが、出力インピーダンスよりも小さい入力インピーダンスのヘッドホンやスピーカをつなぐと音...続きを読む

Qノートパソコンのファンがうるさくなった

以前に比べ、最近ノートパソコンのファンがとてもうるさくなりました。
隣の部屋にまで聞こえるほどで、作業に集中できません。

電源を入れたときに鳴る音や、DVDを入れたときに鳴る読み込みの音ほど大きくはないので、温度を下げるファンがうるさいのではないかと思っています。

ネットの掲示板でファンに埃がたまっている可能性があると拝見したので、裏のねじを外しましたが、ファンは汚れていませんでした。
それでも念のためエアーを吹き付けて掃除しました。

パソコンの中身も、いらないデータは消し、デスクトップに出しているアイコンも少なくしました。
使用するときにはパソコンの下に隙間を作り、風通しが良くすることもしましたし、使用し続けずに電源を切ることもしていますし、部屋も涼しい環境です。

しかしファンはうるさいままです。
以前はとても静かだったのに・・・

何か原因をつきとめる方法がお分かりの方や、上記を読んで何か思い当たる方は書き込みをお願い致します。


使用しているパソコンは
富士通の
品名:LH700/3A
型名:FMVL703APK
です。

パソコンに詳しくないので、改造や増設等は一切していません。

よろしくお願いします。

以前に比べ、最近ノートパソコンのファンがとてもうるさくなりました。
隣の部屋にまで聞こえるほどで、作業に集中できません。

電源を入れたときに鳴る音や、DVDを入れたときに鳴る読み込みの音ほど大きくはないので、温度を下げるファンがうるさいのではないかと思っています。

ネットの掲示板でファンに埃がたまっている可能性があると拝見したので、裏のねじを外しましたが、ファンは汚れていませんでした。
それでも念のためエアーを吹き付けて掃除しました。

パソコンの中身も、いらないデータは消し...続きを読む

Aベストアンサー

以前からハードな作業をしている時や夏場等高温時に時々でも今の様な音がしていましたか?
CPUや内部が高温になるとファンが高速に回り排熱するようなシステムになっているのですが、音の原因がファンのフル稼働によるものなのか、それともファン自体が劣化して騒音を発しているのかによって対応が変わってくると思います。

・以前から高負荷時には同じような音がしていた場合

なんらか常駐プログラム(ウィルスソフト等)によるCPU負荷が増え発熱してファンがフル稼働していると考えられます。
Ctrl+Alt+Deleteを押してタスクマネージャーを開きパフォーマンスでCPU使用率を確認してみてください。

もし、100%に近い使用率ならウィルスソフト等の常駐プログラムを終了させてみてください。
これによって負荷発熱が下がり静かになるかもしれません。

また、10%程度で大した負荷がかかっていない場合は埃などの原因やサーモスタットの故障が考えられますのでメーカーへの修理依頼される事をお勧めします。

・以前はまったくこの様なうるさい音はしていなかった場合

ファン自体が劣化して音を出している可能性があります。
また、筐体のねじが緩んだりしたせいでビビり音がでて騒音の原因になっている可能性もあります。
この場合もメーカー修理をお勧めします。

以前からハードな作業をしている時や夏場等高温時に時々でも今の様な音がしていましたか?
CPUや内部が高温になるとファンが高速に回り排熱するようなシステムになっているのですが、音の原因がファンのフル稼働によるものなのか、それともファン自体が劣化して騒音を発しているのかによって対応が変わってくると思います。

・以前から高負荷時には同じような音がしていた場合

なんらか常駐プログラム(ウィルスソフト等)によるCPU負荷が増え発熱してファンがフル稼働していると考えられます。
Ctrl+...続きを読む

Q教育実習時期について、怒られました

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期ということだけが発表されており、いつから開始されるかは未定とのことでした。

実習高校の教育実習期間は、一年前の時に内諾書をもらいに行く段階で、6月と9月のどちらかを選べるといわれていたのですが、私は卒業論文に支障が出ると困ると思ったことに加えて、当初の予定では就職活動は4月ごろに内定が出て終了しているはずだったので、教育実習に影響はないと思い、6月を選びました。

3月中に、私の担当の先生の方に電話をかけ、
企業の採用開始時期が地震の影響で6月にずれ込んでしまい、教育実習とかぶってしまったのですがどうしたらいいかと相談しました。

その時に、できたら後日直接お伺いして、直接お話をしたいと考えていました。

すると、教科主任の先生の電話を代わられました。

その際、私はもし可能であれば、大変申し訳ないのですが教育実習の期間を9月に変えてもらえないかとお伺いしました。

失礼にあたるのはわかっていましたが、教職免許も今まで頑張ってきた分しっかり取りたいと考えていたので、お願いしました。

わたしとしては、企業と高校に、早い段階からアプローチしておいたほうが迷惑が掛からないのではないかと考えた結果でした。

その電話先でかなり怒られましたが、職員会議にかけるので、連絡を待っていてほしいと言われました。

しかし、いつまで待っても一向に連絡が来ないのでこちらから問い合わせてみたところ、
再び電話口でかなり怒られ、実習期間は9月に変更してもらえたのですが、
後日高校に来る日時を指定され、一方的に電話を切られました。

怒られた内容は、一回目も二回目もだいたい同じようなものでした。

教育実習は本来、高校のボランティアで行っているもので、実習生の都合にいちいち対応していられない

このような場合キャンセルするのが当然なのに、普通は変更は認められていない

先生になる気もないのに中途半端な姿勢で臨まれては迷惑

だいたい電話一本で済ませようとするのがおかしい

企業にもお願いしたところずらしてもらえても実習期間内でした。

私は初めの電話は、相談のつもりで電話をしました。
地震で、どうしたらいいのか全く分かりませんでしたが、相談できるところもなかったので電話をしました。

そこで主任の先生に突然電話相手が代わり、時期の変更などを聞いてみたところ話が進みました。

直接行くつもりでしたが電話だけで話がすんでしました。

連絡を待つように言われたのでかけなおしてみたところ怒られましたが、
私はキャンセルしたほうが迷惑になるのではないかと考えていたので、時期の変更意外に思いつきませんでした。地震という非常時だったので、何か措置を引いてくれるのではと、少し期待していました。

教員になるつもりはありませんが、
途中まで本気で先生になりたいと思ってきました。しかし在学中にやりたいことが見つかったので、民間企業を志望する結果となりました。
しかし今まで大変な教職課程を受講してきた身として、しっかりと免許を取りたい、という気持ちがありました。

電話一本で済ませるつもりもなかったのでとても不本意でした。

加えて高校の時の先生に怒られるというのは、とても精神的ダメージが大きく、来週に実習校に呼び出されたわけですが、とても気が重いです。

私が悪いのはわかります。
周りの友人は、この非常時なんだから高校が地震に合わせた対応をしてくれてもいいんじゃないかと言ってくれますが、本来ならば、実習期間の変更はとても失礼です。

しかし怒られている内容がなんだか腑に落ちなくてもやもやしています。
なんだか気持ちがまったく伝わっていなくて残念な気持ちになりました。

それに職員会議にかけられた以上、先生方の周知の事実なので、実習中の風当りはとてもきついのではないかと思います。

私の取った行動は間違えだったのでしょうか。
大学には相談機関がないので、いまとてもつらいです。

またこれからどうしたらいいのか、とても気持ちが落ち込んでいます。
実習に行きたくないですが、これ以上迷惑もかけられません。

来週高校に行くと思うと気が重いです。
なにかアドバイスがあればおねがいします。

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期とい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権です。
教育実習を迎え入れる高校も、あなたを学生としてではなく
「ちゃんとした社会人になれるか」という観点で見ています。
こういう場合に「そうだね、じゃあしょうがないよね~」という対応だったら
むしろあなたを社会人として見ていないということですから
「そういうナアナアの対応には憤慨してもいい」というくらいの気持ちで
これからはやっていかなければなりませんね。

高校側はあなたに本当に良い勉強をさせてくれたと思います。
これが社会人の一発目の洗礼だと真摯に受け止めて
言い訳はせず、非は認め、一生懸命実習には取り組む
それしかないと思います。
あなたの実習期間を見て、高校の先生方もまた色々考えられることがあるでしょう。
大丈夫ですよ。

どうか頑張ってください。

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権で...続きを読む


人気Q&Aランキング