コーヒーカップが汚れてきたので漂白をしようと思い,塩素系の漂白剤を買ってきて
注意書きを見たら,メラミン樹脂には使えないとの表示がありました。
漂白しようと思っていたのはまさにメラミン樹脂製だったので困ってしまいました。
そこで質問です。

1.メラミン樹脂を塩素系の漂白剤で漂白できないのはなぜか。
2.漂白剤以外でメラミン樹脂を漂白する方法はあるか
(コーヒーやお茶の茶色いシミをとりたいと思っています。)

なお,漂白剤の成分は次亜塩素酸ナトリウムと表面活性剤のアルキルエーテル硝酸エステルナトリウムと
表示されています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

酸素漂白剤(ワイドハイターなど)を使うときれいになります。

カップにぬるま湯を満たして、少量の粉末(顆粒)をいれると、細かい泡がでてきて、そのまま放置すればいいです。
ついでに、換気扇などのしつこい油汚れも酸素漂白剤で落とせます。(粉のまま濡れ雑きんか、ぼろ布につけてこする)
    • good
    • 3

nozomi500さんの回答のように、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「給食用食器の素材別取り扱い方法」
更に
http://www.kokusai-kako.co.jp/factory/qa.htm
(メラミン食器編)
「うす汚れの原因となるものは?」

ご参考まで。

参考URL:http://www.sanshin-kako.co.jp//safety/safty.00.h …
    • good
    • 0

コーヒーやお茶の茶色いシミを取るのでしたら、スポンジに液体クレンザーをつけて、かるーくこすると取れます。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメラミン入りお盆、食品を直接載せるなとある、危険?

100均で、メラミン入りお盆を買いました。
買ってから分かりました。
食品を直接載せるなと書いています。
ということは、メラミンが使用中にしみでてくるということですか。
食器を載せてるように書いていますが、食器にメラミンがつくとなると怖くて使えません。
メラミンは食器に付きますか?
危険ですか?
不安で使えません。

Aベストアンサー

メラミンは解けだせばホルムアルデヒドを出すので有害だという説もあれば、とける量はほんの少しで実際は私たちが普段食べている食品のほうに含まれるホルムアルデヒドの量の方が多く、人体に有害というほどでないという意見と様々です。
なので気にするかしないかは個人差なんじゃないでしょうか。
そもそもお盆ではなく普通に食器としてあるものもありますしね。

気になるなら100均なのですからそんなにもったいないものでもないですし、食器をのせない用途で使えばいいのでは?
ただ、食器をお盆にのせる時ってお盆の面に触れるのは底だけだと思いますから、口に入る場所でもないと思うのですが・・
不安なら別のお盆にすればいいだけだと思います。

昔は給食とかもメラミンの食器だったようですよ。あなたの学校もそうだったかもしれませんが、体に害とかでてないですよね?
あまり神経質になりすぎると、そもそも農薬のついたスーパーの野菜や添加物の入った調味料なんかも使えないと思いますが。

Q塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違い

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違いは、一体何なのでしょうか?どちらの方が、漂白効果が強いのでしょうか?

Aベストアンサー

塩素系の方が、強いですよ。
プールのにおいがするでしょ?
強いので、毒素がでたり色落ちしてしまいます。
洗濯などであれば、酸素系のほうがいいですよ。

きをつけてつかってください。

Qベニヤ板のアク止め

部屋の壁紙の上にベニヤ板を打ち付け、その上に塗装と壁紙の貼り付けをする予定なのですが



今ある壁紙を汚したくない場合はベニヤ板の両面をアク止めするべきなのでしょうか?それとも新しく塗装をする面だけアク止めで良いのでしょうか?



塗装する面のベニヤにはアクが発生しますが、塗装しない面のベニヤにはアクは発生しませんよね?それとも片面に塗装をすると反対面も反応してアクが発生するものなのでしょうか?



また、シーラアップスを塗ったベニヤ板と壁紙を長時間くっつけていても、壁紙は変化しないのでしょうか?

Aベストアンサー

<部屋の壁紙の上にベニヤ板を打ち付け、その上に塗装と壁紙の貼り付けをする予定なので、今ある壁紙を汚したくない場合は・・・

完璧を期されるのであればそれは、無理というものです。
ベニヤはご承知のように天然の木材を薄く剥いで接着剤で重ねたものです。
塗装をしなくても余り長期間だと灰汁が片面あるいは両面にでることもあります。
また、下になる壁紙とベニヤ板の間に水を通さないフイルムを貼ると、通気性の問題でカビの発生がないとも言えません。
(私なら、模造紙程度の紙を1枚入れておきます)

シーラアップスがどのようなものかは分かりませんが、ベニヤ板に塗装下地材や油性の塗料を使うということは、それだけ溶剤が作用して壁紙のインクに影響を与えることは十分考えられます。
あくまで、接着は石油溶剤系でないことが原則になります。

Q次亜塩素酸ナトリウムはゴム・合成樹脂を劣化させる?

調理施設の消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使用していますが、ネットで使用上の注意を調べると、ゴム・合成樹脂を劣化させると書いてあるものやないものがあってどちらが本当か分かりません。正確な情報をご存じの方は教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
次亜塩素酸ナトリウムは、かなり強い酸化剤です。

ですので、大抵の有機物には、何らかの影響を与えます。
消毒用として短時間なら影響のない物もありますが、何日も漬けっぱなしにするような使用は避けるべきです。

ゴムであれば、天然ゴム系の物は分解しやすく、弱いです。
規定時間の消毒をしたら直ちに残留薬を綺麗に洗い流して乾燥させる必要がありますが、長期の繰り返し使用で間違えなく劣化するでしょう。

合成ゴムでも、劣化までの期間が長いだけで、影響はあります。

どうしても長期耐久性を求めるならシリコーンゴムを使うべきでしょう。

合成樹脂ですが、加水分解に弱い物、アルカリ、酸化剤に弱い物は早く劣化します。
しかし合成樹脂では伸び縮みの必要がないので、分子骨格が結構頑丈な物が多いので、ゴムより劣化は少ないと思います。

Qキッチンのメラミン扉に塗装はできますか?

キッチンの扉(メラミン)の色を変えたいと思っています。現在は赤茶なのですが、白い色(もしくはダークブラウン)にしたいのですが、メラミンという素材はもう一度上からメラミン塗装することはできるのでしょうか?メラミン塗装でなくても色を変えることができれば何の塗装でも構いません。
新しく扉材を作ればよいのでしょうが、40枚程あるため塗装ができればいいなと思っています。
また、そのような塗装が出来るのであれば、どういう業者さんにお願いすればよいのでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

業者なら出来るでしょう。
メラミン塗料は今ないと違うかな。
アクリル系の水性塗料がいいと思います。
サンデイング後、白エナメルで塗装して、目的の色で仕上げればいいでしょう。
塗装業者、造作屋、指物大工などです。

Q液体漂白剤と粉末漂白剤

洗濯の際使う酸素系漂白剤には液体漂白剤と粉末漂白剤がありますがそれぞれどんな特徴があるのでしょうか?洗濯する際、どちらを選択する方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

過酸化水素による漂白というのは、塩素漂白と同様に、着色の原因物質を酸化反応によって分解しています。
消毒も同様にこの酸化作用によるものと考えられます。

ただし、酸化剤が塩素であるか、過酸化水素であるかによって酸化力が違いますし、反応の進み方にも差がありますので、それが両者の違いになっているわけです。
また、過酸化水素の場合には、酸性であるかアルカリ性であるかによっても反応の進み方が変化します。
したがって、液体のもの(弱酸性)と粉末のもの(弱アルカリ性)で、微妙な違いがあるかも知れません。
ただ、着色の原因物質は多種多様でしょうから、どれが良いということは言えないと思います。

なお、アルカリ性で過酸化水素が効かなくなるということはありません。効き方に多少の変化はあるかも知れませんが。

Q庇の内側のベニヤを交換したい

庇の内側に貼ってあるベニヤの一部が湿気等の影響だと思いますが剥がれている箇所があり、とても見栄えも悪いために、交換をしたいと考えております。
今現在の庇はおおよそではありますが、長さが約10メーター程、幅が約90cm~1メーター程です。
表側(天井部分)は平トタンで仕上げているようで、内側が約2mm~3mm程度の薄ベニヤを中桟に釘で打ちつけて、最後に白のペンキで仕上げているように見受けられます。その薄ベニヤが湿気等により剥がれている箇所があり、交換をしようと思っているのですが、交換する場合は以下のような工程で良いのでしょうか?
■今現在張ってあるベニヤの腐っている部分の釘を抜いて、ベニヤを剥がす。新しいベニヤを釘で中桟に打ち付ける。やはり、これで良いのでしょうか?
その際に、サイズを測りベニヤをカッター等で切断すると思いますが、やはりこれも多少の隙間は出来てしますのではと思っておりますが、問題はありませんでしょうか?

また、当然、交換をしていないベニヤとは色なども変わってしまいます。このような場合には、ベニヤを交換した箇所も、交換をしていない箇所も、全てペンキで仕上げる必要があるのでしょうか?
そうだとしたら、その場合、今現在張ってあるベニヤもペンキで仕上げているようなので、ペンキを塗る際には一度サンドペーパー等で今現在塗ってあるペンキを剥がす必要があるのでしょうか?

素人ながら色々と考えてはおりますが、中々良いイメージも浮かばずに困っております。
どなた様か、ご教示の程宜しくお願い致します。

庇の内側に貼ってあるベニヤの一部が湿気等の影響だと思いますが剥がれている箇所があり、とても見栄えも悪いために、交換をしたいと考えております。
今現在の庇はおおよそではありますが、長さが約10メーター程、幅が約90cm~1メーター程です。
表側(天井部分)は平トタンで仕上げているようで、内側が約2mm~3mm程度の薄ベニヤを中桟に釘で打ちつけて、最後に白のペンキで仕上げているように見受けられます。その薄ベニヤが湿気等により剥がれている箇所があり、交換をしようと思っているのですが、交換...続きを読む

Aベストアンサー

地域等も判らないのですが、築30年以上でしょうか?
失礼かと思いますが回答2の方の工法手順(これは化粧野地(垂木が見えている)仕上げという事です)ではないと思いますので、こちらでの解釈を書き込みさせていただきます。

庇を下から見た場合の説明ですが、貴方が交換したいのは下から見て丸々見えているベニヤ板と言うことでよいでしょうか?
添付画像の白いトタンの部分です。
その板が釘で庇の内部に有るであろう中桟に打ち付けてあると。

多分その工法なのではないかと思いますが、その場合そのベニヤは庇の前面の板、横面の板に溝があってそこに挿し込んであるか、溝があるようには見えないか。
(確認方法はベニヤの端辺に釘が打ってあれば溝ではなく下地に打ち付けています)
これによって、ベニヤを剥がした後の作業に違いが出ます。

溝が無い場合は下地があるはずなのでそこに留めて下さい。

溝にベニヤが挿し込まれている場合は、新しい板もそこに挿さないと板が固定されずにベニヤ端辺が宙吊りになります。

この質問をされているレベルの方ではそこに板を挿す仕事は難しいかもしれません。
この場合、前の板と横の板の内側に、中桟と同じ高さに下地を入れ、板の固定場所を作ります。

で、想定されたとおりだとすると、ベニヤと、回答1の方の書かれている「珪酸カルシウム板」を使われるのも手です。
塗装をして仕上げる場合、ベニヤはいずれ塗膜が剥がれますが、ケイカル板ならベニヤより長持ち。

ただし、中桟も腐っている場合があるので交換も覚悟を。

出来てしまう隙間は気になるようでしたらシーリング材で穴埋めされても良いでしょう。
(シーリングはシリコンですと塗装が乗らないので、1液変成シーラント、ウレタンシーラントで)

ちなみに添付画像の「白いトタン」と例えた部分は、質問者さんの交換したい部分のようにベニヤがめくれていたものを「リブ板」と呼ぶトタンに張り替えた後のものです。


色違いについては「いずれ他も朽ちる」を考えると全部換え・全部塗り。
とりあえず今大丈夫なところは替えずに全部塗り替えて乗り切る。
替えたところだけ塗る。
ご自分の力量とやる気と気分・予算でご判断を。

(交換しない上塗りなら。
所々塗膜が剥がれているでしょうからワイヤーブラシでケレンしてから塗るくらいで。
それ以上に仕上がりを気にするなら綺麗に紙やすりで。それ以上を求めるなら板を張替え)

地域等も判らないのですが、築30年以上でしょうか?
失礼かと思いますが回答2の方の工法手順(これは化粧野地(垂木が見えている)仕上げという事です)ではないと思いますので、こちらでの解釈を書き込みさせていただきます。

庇を下から見た場合の説明ですが、貴方が交換したいのは下から見て丸々見えているベニヤ板と言うことでよいでしょうか?
添付画像の白いトタンの部分です。
その板が釘で庇の内部に有るであろう中桟に打ち付けてあると。

多分その工法なのではないかと思いますが、その場合そのベニヤ...続きを読む

Q塩素系漂白剤

ハイターのような液体塩素系漂白剤を薄めて、トイレの壁にぬって放置しておくと、漂白剤が水に変わって、水ぶきしなくても大丈夫だと聞いたので、いつもそうしていました。とてもきれいになり、カビも取れます。でも本当に水に変わるんですか。いつも疑問に思いながら使っています。

化学はさっぱりわかりません。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

薬局やドラッグストアで簡単に手に入る消毒用エタノールを使っては
いかがでしょうか。カビは簡単に殺せますし、エタノールは揮発性で
しかも水に戻るので安心ですよ!
もし、それでもご心配なら水で2倍に希釈してご使用なさると結構かと
思います。
塩素系の漂白剤は、殺菌力も強力ですが、壁紙の脱色の心配や化学物質
過敏症の恐れもないとはいえませんので、消毒用エタノールをお勧め
します。

Q発泡メラミン樹脂の製法(発泡方法)

カテゴリーが適切かどうか判りませんが...
最近はどこの家庭でも見受けられる発泡メラミン樹脂(メラミンフォーム),あれはどの様な手法で形成するのでしょうか.
発泡樹脂形成手段についてある程度の知識はありますが,熱硬化性で硬度も比較的高いメラミン樹脂をどの様にして発泡状態にするのか不思議です.

Aベストアンサー

米国特許、5436278 (1995.July.25)
「Melamine resin foam, process for production thereof and melamine/formaldehyde condensate」
が良いのではないかと思います。
無料特許サイト、↓
http://www.freepatentsonline.com/search.html
がお薦めです。
ログインするのにメールアドレスの入力が必要ですが、スパムメールは来ません。

なお、上記に引用された日本特許は1978年2月、5317697。1990年11月、0250943。
特許公開広報 昭56-152848 BASF
「メラミン/ホルムアルデヒド縮合生成物をベースとする弾性フォーム並びにその製造法」
が良いのではないでしょうか。

Q過炭酸ナトリウム、酸素系の漂白剤の成分

過炭酸ナトリウムについての質問がありましたので調べていました。
不思議なことが書かれているのに気が付きました。

過炭酸ナトリウムを辞典で調べてみました。
過炭酸ナトリウムはペルオキソ炭酸ナトリウムのことです。
ペルオキソ酸は-O-O-を含む酸です。過酸化水素の誘導体と考えることもできる構造を持っています。過酸という名前が酸化数の大きな元素を含む酸に対して使われるのはVII族元素の酸に対してだけである(過塩素酸カリウム KClO4)、ペルオキソ酸の意味で過酸という用語を使うのは誤用であると書かれています。過硫酸という名前もよく見ますが同じ事情にあると言うことができます。

ペルオキソ一炭酸ナトリウムはNa2CO4です。[O-O-CO2]^2-というイオンを含む化合物です。ペルオキソ二炭酸ナトリウムはNa2C2O6です。[CO2-O-O-CO2]^2-を含む化合物です。どちらも乾燥状態では比較的安定だということですが水溶液では分解して過酸化水素が出来るようです。

wikiで「過炭酸ナトリウム」で引くと2Na2CO3・3H2O2という化学式の表現が出てきます。「付加化合物」であると書かれています。辞典に載っている過炭酸ナトリウム=ペルオキソ炭酸ナトリウムとは異なる物質です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E7%82%AD%E9%85%B8%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0
IUPAC名として sodium carbonate—hydrogen peroxide (2/3) と書かれています。

同じ式が「石鹸百科」というサイトにも出てきます。
http://www.live-science.com/honkan/partner/percarbonate01.html

質問
(1)このような付加化合物(固体)が実際に存在するのでしょうか。
(2)存在するとして
  ・この化合物を「過炭酸ナトリウム」と呼ぶことが許されるのでしょうか。
  ・実際に酸素系の漂白剤として使われれているのはどちらの物質なのでしょうか。

酸素系の漂白剤を液状で提供している商品には成分表示に過酸化水素と書かれているものがあります。弱いアルカリ性に調整してあるものでは炭酸ナトリウムが添加されているようです。
これは過酸化水素と炭酸ナトリウムの混合物であるというだけです。付加化合物が存在するなんてことを前提とする必要はありません。

過炭酸ナトリウムについての質問がありましたので調べていました。
不思議なことが書かれているのに気が付きました。

過炭酸ナトリウムを辞典で調べてみました。
過炭酸ナトリウムはペルオキソ炭酸ナトリウムのことです。
ペルオキソ酸は-O-O-を含む酸です。過酸化水素の誘導体と考えることもできる構造を持っています。過酸という名前が酸化数の大きな元素を含む酸に対して使われるのはVII族元素の酸に対してだけである(過塩素酸カリウム KClO4)、ペルオキソ酸の意味で過酸という用語を使うのは誤...続きを読む

Aベストアンサー

(1)このような付加化合物(固体)が実際に存在するのでしょうか。

実際に存在するようです。ウィキペディア英語版に結晶構造が描かれています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sodium_percarbonate#Structure


(2-1)この化合物を「過炭酸ナトリウム」と呼ぶことが許されるのでしょうか。

学術的には許されないかもしれないが産業用または民生用として古くから広く出回っているので名称変更は困難、といったところでしょうか。

ウィキペディア英語版の参考文献にある論文の要旨には“commonly known as sodium percarbonate (通称:過炭酸ナトリウム )”と書いてありました。
http://dx.doi.org/10.1107/S0108768103012291
また、この論文が引用している論文の要旨には、“and therefore the compound is not a true‘percarbonate.’(つまり、この化合物は本当は『過炭酸塩』ではないのだ)”とも書いてありました。
http://dx.doi.org/10.1039/DT9770002323

チタン酸バリウム TiBaO3 の名前をいまさら変えるは大変だ、というのと似たような状況なのかも知れません。


(2-2)実際に酸素系の漂白剤として使われれているのはどちらの物質なのでしょうか。

2Na2CO3・3H2O2でしょう。

根拠がウィキペディアばかりで申し訳ないのですけど、
http://en.wikipedia.org/wiki/Peroxocarbonate
http://en.wikipedia.org/wiki/Peroxodicarbonate
を見る限りでは、Na2CO4もNa2C2O6も(何らかの形で単離できるのだとしても)それほど安定ではないように思います。

(1)このような付加化合物(固体)が実際に存在するのでしょうか。

実際に存在するようです。ウィキペディア英語版に結晶構造が描かれています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sodium_percarbonate#Structure


(2-1)この化合物を「過炭酸ナトリウム」と呼ぶことが許されるのでしょうか。

学術的には許されないかもしれないが産業用または民生用として古くから広く出回っているので名称変更は困難、といったところでしょうか。

ウィキペディア英語版の参考文献にある論文の要旨には“commonly known as s...続きを読む


人気Q&Aランキング