プロが教えるわが家の防犯対策術!

グローバルIPは、JPINICからの委託業者により有償で割り当てられると聞きましたが
プロバイダから配布された一つのグローバルIPを複数のPCやルータに割り当てた場合に、どういった状態になるのでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ないのですが、ご教授願います。

A 回答 (2件)

基本的には1つのIPに1マシンですが、このIPをルーターに当てて、そのルータに飛んで来たリクエストをその下に組んだLAN上のマシンに振ることは可能です。

サービスごとに振り分けるマシンを変えたりすることもできます(ルータ固有の機能)
たとえば、12.34.56.78をプロバイダから割り振られ、ここにルーターを配置します。グローバル的にはこのルータが上記IPアドレスのマシンとなります。このIPに向けて投げられたパケットはルータに届きますが、そのときルータがあらかじめ設定されたLANのマシンへそのパケットを流します。さらにそのマシンからグローバル方向へ帰って来たパケットはルータを介して上記IPアドレスから発せられる形でグローバルに流されます。グローバルから見ると、ルータに送ったり、ルータから返って来たりしているように見えるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…
ルーターの取扱説明書をしらみつぶしに読んでみたところ、確かに載っていました。いわゆるNATという機能…でいいのかな…

迅速なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/02/26 15:40

もちろん通信不能になります。


しかも、アクセスした先の装置に、重複した IP アドレスの機器があるという警告が出てしまい、迷惑をかけてしまうので、絶対にやらないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、同じLAN内で一つのIPを複数に振ろうとすると拒絶されました。
迅速なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/02/26 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIPアドレス競合時、相手を見つけられる?

IPアドレスが競合している旨のメッセージが出るようになりました。
おそらく誰かがそのアドレスを使っているのだと思いますが、誰なのか又は何なのか、何処なのかがわかりません。
このような場合、調べられるコマンドやツールはありますか?
相手のMACアドレスはわかっています。

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

どのような環境の話なのかがご質問だけだと不明なので、とりあえず今回はWindowsのLAN環境で時々競合が起こる、というのを前提で話を進めます。

まず時々競合が起こるという場合の可能性として考えられるのは、片方のhostにサーバーから自動的にIPアドレスを割り当てられている状態で、他方のhost(恐らくプリンタなど画面上で競合を確認できない機器)に静的に同じIPアドレスを割り当ててしまった場合が考えられますね。

MACアドレスとIPアドレスの関連を調べるコマンドで思い浮かぶのは「arp」コマンドですね。コマンドプロンプトから「arp -a」と打てばARPエントリ、つまりIPアドレスとMACアドレスのマッピングが見られます。
ただしこのコマンドで「arp -a [IPアドレス]」と入力して、MACアドレスを調べるのは出来ますが、逆に「arp -a [MACアドレス]」というのは出来ません。

本来の使い方は今回のような事象が起きる際に備えて、あらかじめ各マシンとMACアドレスの対応(どのIPがどのMACで静的割り当てなのか動的割り当てなのか・・・とか)を調べておくという使い方が多いですね。

そしていざIPアドレス競合が起こった際には、調べておいたARPエントリを元に競合IPに対応しているMACアドレスに対して、一時的に競合しない仮のIPアドレスに変更(arp -s [IPアドレス] [MACアドレス])して競合をとりあえず直し、改めてお互いを動的割り当てに変更するなり、静的割り当てで競合しないIPアドレスに設定しなおすなどの処置とかを行うことになります。

ちなみに競合中にlocalhostからarpを行ってもちゃんと出力されるかどうかは、試したことがないんで不明です。多分普通に出力されるはずなんですけど・・・(^_^;)

さて、今回のご質問ですと誰がIPアドレスを競合させているかを知りたいとのことでしたね。
上記の通りarpコマンドではMACアドレスからIPアドレスを調べることは出来ませんが、代わりに競合IPアドレスに対して『他の競合に関わってないPC』から「tracert [競合IPアドレス]」を試すとか、でなければ「nslookup [競合IPアドレス]」でDNSサーバーに直接問い合わせて名前解決して、どの機器のコンピュータ名が出てくるかを調べるというのも有効かも知れません。

ちなみに下記UPLは「Network View」というネットワーク管理ソフトのサイトで体験版も置いてあります。参考までに・・・

以上、とってもつたない文章で失礼しました。

参考URL:http://www.smisoft.com/product/nv/index.html

どのような環境の話なのかがご質問だけだと不明なので、とりあえず今回はWindowsのLAN環境で時々競合が起こる、というのを前提で話を進めます。

まず時々競合が起こるという場合の可能性として考えられるのは、片方のhostにサーバーから自動的にIPアドレスを割り当てられている状態で、他方のhost(恐らくプリンタなど画面上で競合を確認できない機器)に静的に同じIPアドレスを割り当ててしまった場合が考えられますね。

MACアドレスとIPアドレスの関連を調べるコマンドで思い浮かぶのは「arp」コマンドで...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q会社のグローバルIPアドレスの確認方法

社内の各PCにはプライベートIPの172.xxx.というIPが振られていますが、
会社から外へ出るグローバルIPは一つです。

このIPをコマンドプロンプトなどを利用して調べる方法ってありますか??
別にコマンドプロンプトじゃなくてもいいのですが。

分かる方、教えてください!!

Aベストアンサー

確認君
http://www.ugtop.com/spill.shtml

QProxyを利用しているかどうか確認する方法

自分のPCからネットに接続する際
Proxyサーバを経由しているかどうかを
確認する方法はありますか?

Aベストアンサー

ブラウザーがIEの場合として、
ツール→インターネットオプション→接続→LANの設定→LANにプロキシサーバを使用する ここにチェックがはいっていればProxyサーバ経由です。

QLANケーブルに長さ制限はある??

LANケーブルは結構長いもの(例えば30mとか)も購入可能ですが、長さ制限はあるのでしょうか?例えば会社などで大規模なLANを構築する場合には、当然ながら間にいくつものハブが存在しますが、こういう場合に使用するハブにはブースターのような減衰した信号を増幅するような機能が備わっているのでしょうか?家庭内ではLANを使用していますが、ケーブルの距離はせいぜい5m位なのでその辺のところがよく分かりません。ご存じのかたがいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

長さ制限はあります。
規格によっていろいろ違うのですが、10BASE-10で200メートルだっと記憶しています。
その他の規格については、手元に資料が無いので、他の方の回答をお待ちください。
なお、規格の長さの範囲内でししたら増幅装置は不要です。
ハブの内部には信号を増幅する機能があります。
また、ハブの段数には制限がありますから、ご注意ください。
こちらも、今は手元に資料が無いのですが、普通のハブですと3段か5段で相手が見えなくなると記憶しています。
ただし、スイッチングハブとブリッジでしたら、段数の制限はありません。

Q「0.0.0.0」や「127.0.0.1」の意味?

IEのブラウザを起動している最中にnetstat -naで、どのポート開いているのかを調べてみると 

TCP 192.168.0.3:2597  ×.×.×.×:80 ESTABLISHED
 
という様な表示の他に

TCP 0.0.0.0:2597    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2598    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2600    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2602    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 127.0.0.1:2470    0.0.0.0:0   LISTENING
UDP 127.0.0.1:2470 *:*
 

というような表示が常に出てきます。

IEを起動していないときに同じように調べると、ポートは何一つ開いていません。

自分のPCにはウィルスソフトをいれてません。

なので、やはり何かしらのウィルスに感染していると考えたほうが良いのでしょうか?

それとも、「0.0.0.0」や「127.0.0.1」といった表示はIEを起動させれば常に出てくるものなんでしょうか?

「0.0.0.0」と「127.0.0.1」はどういう意味なんでしょうか?

IEのブラウザを起動している最中にnetstat -naで、どのポート開いているのかを調べてみると 

TCP 192.168.0.3:2597  ×.×.×.×:80 ESTABLISHED
 
という様な表示の他に

TCP 0.0.0.0:2597    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2598    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2600    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 0.0.0.0:2602    0.0.0.0:0   LISTENING
TCP 127.0.0.1:2470    0.0.0.0:0   LISTENING
UDP 127.0.0.1:2470 *:*
 

というよ...続きを読む

Aベストアンサー

127.0.0.1は前の方が書いているとおりループバックアドレスといってマシン自体を表すアドレスです。

次に0.0.0.0ですが、LISTENING状態のものにしか出ていないと思いますがLocal AddressとForeign Addressで少し意味が違います。
Local Addressの0.0.0.0はマシンが持っているすべてのIPアドレスを表しています。つまりマシンが複数のIPを持っていた場合、マシンの持つすべてのIPアドレスにおいて接続を受け付けているということになります。
それとは違いLocal Addressが指定されている場合は、接続先アドレスがそのアドレスの接続しか受け付けないようになっています。

Foreign Addressが0.0.0.0の場合、これはどんなIPアドレスからでも接続を受け付けているという意味になります。

>IEを起動していないときに同じように調べると、ポートは何一つ開いていません。
これはたぶん見間違いです。普通にWindowsが起動しているなら必ず何かしらのポートが開いているはずです。

>それとも、「0.0.0.0」や「127.0.0.1」といった表示はIEを起動させれば常に出てくるものなんでしょうか?
IEが起動していなくてもWindowsが普通に起動していれば必ず出てきます。

>なので、やはり何かしらのウィルスに感染していると考えたほうが良いのでしょうか?
場合によってはウィルスに感染し、他のPCに接続しようとしている場合もあります。
多少高いと思うかもしれませんが、アンチウィルスソフトは入れた方がいいと思います。ウィルスによってはPCを起動不能にする場合もあります。大事なデータなどがある場合は、なおさら入れた方がよいでしょう。

127.0.0.1は前の方が書いているとおりループバックアドレスといってマシン自体を表すアドレスです。

次に0.0.0.0ですが、LISTENING状態のものにしか出ていないと思いますがLocal AddressとForeign Addressで少し意味が違います。
Local Addressの0.0.0.0はマシンが持っているすべてのIPアドレスを表しています。つまりマシンが複数のIPを持っていた場合、マシンの持つすべてのIPアドレスにおいて接続を受け付けているということになります。
それとは違いLocal Addressが指定されている場合は、接続先アドレ...続きを読む

Qブリッジとスイッチングハブの違い

掲題の件についてどなたか教えて頂けないでしょうか?
どちらも、MACアドレスを見てデータの送信先を
決めるという点では同じ物だと思うのですが、
わざわざ違う名前が付いているからには
違う面もあるのではと思って調べていますが
さっぱりわかりません。

理解の仕方だとは思いますが、両者は同じ物だという
ように受け取れる書き方をしているWebサイトも
ありました。

Aベストアンサー

こんにちは
ソコソコ理解されておられるので、手短に書かせていただきますね。

>MACアドレスを見てデータの送信先を決めるという点では同じ物だと思う

ご理解されている内容でOKです。

>わざわざ違う名前が付いているからには違う面もあるのでは

最近では区別していないところも多いですよね。
両者の違いは、Port 数の違いで理解されても良いと思います。

ブリッジは、1対1を基本とする通信です。
スイッチは、n対nのそれぞれの通信で、ブリッジ動作を行います。

歴史的な流れで言うと、ブリッジが先に登場し、その後にスイッチです。

より詳しく勉強される場合は、以下のページが参考になると思います。

頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.allied-telesis.co.jp/library/nw_guide/device/switch.html#002

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qハードディスクの電源を切るということの詳細を教えてください

電源オプションのプロパティ→電源設定と進んでいくと、「ハードディスクの電源を切る」という欄があるのですが、これを設定するとどのようになるのでしょうか?
それと、もうひとつ伺いたいのですがHDDの電源を切ったり入れたりするのは負担かけることになり寿命を短くしてしまうことにつながるでしょうか?

Aベストアンサー

>これを設定するとどのようになるのでしょうか?
HDDのモータ回転が止まります。主にノートPCの省電力目的だと思われます。

>負担かけることになり寿命を短くしてしまうことに
この説は有力です。経験的には寿命が短くなったように思われますので、最近は設定していません。

記録円板のモータが止まるので、読み出しなどのアクセスが発生すると、モータ回転(スピンアップ)からはじめ、回転が安定してからヘッドが動き出し、読み出しが始まります。
通常、スピンアップには大電流が必要ですので、度々大電流を流すのと、常時同じ電力で回転しているのとで差が出来ると思います。ので、積み重なっていくと寿命に影響が出るのではないかと思われます(何度もオン/オフする扇風機や換気扇は、付けっぱなしの扇風機などより早く傷みますよね?)

今のWindowsは、放置しててもHDDアクセスを勝手に行いますので、特にデスクトップPCではあまりお勧め出来ないのではないかと思います。


人気Q&Aランキング