はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

戦国時代には移動手段は陸路と海路しかありませんでした。
荷物が多い場合は、当然、船を選ぶと思いますが、当時、地方の大名(今川義元や武田信玄)が1万を超える兵で上洛する時などは海ではなく、陸を移動しています。
これは大人数の兵を収容できる軍船を持っていなかったからなのでしょうか?
また、戦になったときに海で戦うよりも陸の方が有利であると考えたからなのでしょうか?
はたまた何か別な理由(金銭的?)があったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いつの時代もそうですが、上陸戦は極めて難しいんです。


だから安全な上陸ポイントがなければ、非常にリスキーで、あまり使用されません。

それから北条、武田、今川あたりはあまり大きな水軍を持っていません。太平洋側の海運は主に江戸時代に開設されたもので、もともと太平洋側には船が少ないんです。

日頃から高い金かけて船をそろえるくらいなら、矢や鉄砲を集めた方が戦力として効果的です。

一方瀬戸内海では平安時代から海運が盛んに利用されています。
日本海側も越智の国各所と敦賀を結ぶ海運が発達していきます。
こちらは京都の裏玄関(敦賀・賤ヶ岳・琵琶湖・淀川・京というルート)として、京に米等を輸送するルートです。

よって瀬戸内海ではたまに海軍を大きくを活用した戦争が昔から散見されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
やはり、リスクが大きく、敵国への移動手段としては現実的ではないようですね。

お礼日時:2009/04/20 22:43

兵船による水上機動で奇襲をかけることは、戦国時代よりはるか前の源平合戦の際に、源義経が屋島の戦いで行っており、見事に勝利を収めています。

ただし、義経が伴った兵の数はごく僅かであったようです。

今川義元は、尾張を領する織田家(信秀・信長)との戦争で、伊勢湾の水軍を活用しております。織田家も同様に、伊勢湾で水上機動を行っております。

津本陽の「下天は夢か」の冒頭で紹介されていますが、織田信長が尾張統一戦争を戦う過程で、荒天を押して伊勢湾を兵船で移動し、敵の城を攻略した例があります。

今川義元が戦死した桶狭間の合戦の折にも、今川義元に組する伊勢長島周辺を根拠とする服部右京進という武士が、多数の軍船を率いて今川家が支配する大高城に接する港へ来る段取りになっており、今川軍の一部がその軍船に乗って織田軍の背後を攻撃する予定だったようです。

新説 桶狭間合戦―知られざる織田・今川 七〇年戦争の実相 (学研新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/405403909X

で、史料を引用して詳しく論証されております。

駿河の例えば清水湊から、多数の兵船で直接伊勢湾を突くこと、あるいはその反対は、太平洋の波が荒いために戦国時代の日本の水軍の手に余ることだったようで、江戸時代に至るまで「太平洋での水軍による大規模な戦闘」は見られません。豊臣秀吉の北条氏攻撃の際に、太平洋の海路で大量の兵糧を輸送して兵站を万全にしたとのことですが、これは平穏な天候を選べる「兵站輸送」だから可能であったことです。

ご指摘のように今川家も駿河進出後の武田家も小田原北条家も水軍を持っていましたが、瀬戸内や伊勢の水軍と比べると小規模で、
「海が平穏な時期を狙い、ゲリラ的に敵の手薄な地点を襲撃する」
ことを目的としていたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
回答をとても興味深く読ませていただきました。
戦国時代に興味を持って20年以上経ちますが、まだまだ、知らないことがたくさんあるのだと実感いたしました。
たいへん勉強になりました。

お礼日時:2009/04/20 22:51

今川義元は上洛考えてませんでしたが、西から「武者舟千艘ばかり」(信長公記)を動かしてます。

東西から織田を攻撃したわけで、万全の態勢ですね。
大軍を動かす際、船は兵站に利用するのが効率いいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。
やはり船は運送がメインなんですね。

お礼日時:2009/04/20 22:30

 毛利水軍とかだと数百隻の軍船と万単位の兵員を輸送できますけど…。



 秀吉の時代まで行くと、朝鮮半島に10万人以上の兵員を輸送していますし…。

 あと、太平洋側は結構波がきつくて長距離航行には適さなかったので発達が遅れていただけだと思います。(瀬戸内海や冬を除いた日本海側は海運が発達していたのですが…。)

 たしか上杉謙信は上洛時に海路で移動していますし、毛利水軍は直接海路で大坂本願寺救援に向かい、織田水軍と戦っています。
   http://tenkafubu.fc2web.com/honganji/html/kidu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
私の勝手なイメージですが、太平洋の方が波が穏やかな感じがしていました。
それから、謙信の上洛については僅かな供だけ移動したと聞いていました。

お礼日時:2009/04/19 20:58

武田は海に接してい無いので海に出るには敵国を抜けないといけない、それに船持ってないし



今川は海に接しているけど上陸できる場所が敵国なんで結局は戦わないといけない

1万人規模の人員が乗れる複数の船は無いし、船に乗りなれていない者ばかりなので、全員船酔いしちゃって戦力とならない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
信玄が上洛しようとしたときにはすでに駿河を手に入れており、海に出ることはできました。
また、数は少なかったようですが軍船も所持していたようです。

お礼日時:2009/04/19 21:07

当時の一番大きい戦艦、安宅船で乗員180人ほど。


大きいほど手こぎメインなので、航海士が50人から150人ほど必要で、多くても100人程度しか武士は乗船できません。
1万人運ぶのに100艘以上と1万人以上の船乗りが必要。そして100艘を係留できて、1万人の船乗りの補給ができる港なければ上陸できません。そして現地で乗る馬の補給も必要。

そして当時の日本人のほとんどは泳げません。その上に具足をつけたらどうしようもない。
具足をつけないで海戦をやったら矢ぶすまですし、武術は剣術と槍術を元にできているので、武士の仕事は何もありません。

武士が活躍するには、陸じゃなきゃできないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
昔は船で移動するのも一苦労ですね。
また、当時の安宅船は漕帆両用だったようですね。
同じ目的地を目指して陸と海で、同時にスタートしたら、どちらが、どれだけ早く着くんでしょうね。
もし、時間に大差が無いのならコストやリスクの少ない方を選ぶでしょうね。

お礼日時:2009/04/19 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人の移動距離

人は歩いて移動する、という当たり前のことを探しています。

人が1日で「歩いて」移動できる距離はどれくらいでしょうか?
また、交通史上の馬の使用頻度はどの程度だったのでしょうか?

歴史上(時代区分はいつでもOK)の事例を教えてください。

参考文献をご紹介していただければ幸いです。

Aベストアンサー

今野信雄著「江戸の旅」岩波新書 などに載っています。
東海道膝栗毛によると、江戸ー伊勢が12日で、一日十里(40キロ)が標準です。一日十時間あるくので、時速4キロいまでは、強行軍ですが、江戸時代の人は歩き慣れこれが標準です。
早歩き商売の飛脚、中でも早い継ぎ飛脚は江戸ー京都が60時間以内と定まっていました。  時速10キロの速さです。  高張り提灯を持ち、夜も走ります。   宿場、宿場で交代しますから、一人で走る訳ではありません。   1日で走る距離は先の歩く時の倍の80~100キロだったでしょう。
現代では道路が良く早足の人は、時速6キロで歩けますから、一日60キロという所でしょうか。
古くは「延喜式」(900年ころ)では途中の食料を背負っての旅ですが、武蔵ー都 50日かかったそうです。  一日12キロ異常な遅さですが、米だけで30キロ担いでは仕方ないでしょう。
もっとさかのぼり、石器時代の我々の祖先は、東京湾の岸辺から、干し貝を担いで、上越の山を越え長野県の山奥まで、石器の材料の黒曜石と、物々交換にゆきました。  考えられないような早足だったようです。
馬の利用ですが、江戸時代東海道では各宿場ごと、馬100頭、をおく事が規定されていました。  公式のものですが、公用に使われる事が多くなり、一般の馬子もいたことでしょう。  自分の馬で旅する武士も多かったでしょうから、街道行き来の馬は結構いたと思います。

今野信雄著「江戸の旅」岩波新書 などに載っています。
東海道膝栗毛によると、江戸ー伊勢が12日で、一日十里(40キロ)が標準です。一日十時間あるくので、時速4キロいまでは、強行軍ですが、江戸時代の人は歩き慣れこれが標準です。
早歩き商売の飛脚、中でも早い継ぎ飛脚は江戸ー京都が60時間以内と定まっていました。  時速10キロの速さです。  高張り提灯を持ち、夜も走ります。   宿場、宿場で交代しますから、一人で走る訳ではありません。   1日で走る距離は先の歩く時の倍の80...続きを読む

Q江戸時代の交通手段

江戸時代の交通手段についてしらべています。
どんなものでもいいので、教えて下さい。
できたら、何故馬車が明治時代まで日本になかったのかも教えて下さい。
お願いします!

Aベストアンサー

牛車があるのに,なぜ馬に曳かせなかったのでしょうか.まず牛のようにゆっくりでないと,車の輪が持たなかったのかもしれませんね.馬のように走るのは乗り心地が悪かったことも一因でしょうか.大八車があったと思いますが,それを応用することもなかったデすね.それと人力車の発明は日本ですが、馬に曳かせなかったことも不思議です.日本は山や川の凹凸の多い国で、山では上がりはいいけれど,下がりの調節とか、戦略で橋をつけさせることをしなかったこと.また道が曲折したり、狭いことで、馬車が発達しなかったことではないでしょう.むしろ北前船や,菱垣船,千石船などが、利用が多かったのではないでしょうか.か..それと農家の民には,旅行できる余裕--農地に縛り付けられて-ができなかった.生かす殺さずという武士の考えで,江戸の末期には,それが緩んで.伊勢校参りとか盛んになったが,金がかかること,追いはぎに遭うとか,合ったそうです.

Q戦国時代に乗っていた馬

戦国時代に武将たちが乗っていた馬はテレビとかでみて知っている 大きなものではなく
ずっと体の小さな馬だったと聞いたことがあるのですが 本当ですか?

だとしたら 迫力なくてしょぼい気がしますが…

Aベストアンサー

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできません。実際問題、当時の宣教師が残したものには「ヨーロッパの騎士は戦闘になると馬に乗るが、日本の武士は戦闘になると馬から降りる」と書かれてあります。馬ってのは基本的にかなり「高級な乗り物」なんです。皮膚が弱いので衛生状態をよくして世話してやらないとすぐ皮膚病になるし、水をちゃんと飲ませてやらないと便秘になってフン詰まりで死んじゃう。はっきりいえば、人間より手間がかかるんです。

さて、その日本の馬のしょぼさが明治近代陸軍の最大の問題になります。馬が小さすぎて物資や大砲を引っ張る駄馬はもちろん、騎兵馬がどうにもならない。しかも日本の馬というのは当時去勢されてなかったそうで、優秀な軍馬を集めようと明治陸軍が馬を一堂に集めたら、牡馬が一斉に盛ってしまって収拾がつかない大混乱になったと記録に残っています。
そのため、日本の内国産馬の育成の奨励のため競馬が行われるようになりました。JRAは元々は優秀な軍馬を育てるために発足したのです。
日露戦争でも、コサック騎兵で有名なロシアの軍馬に比べると日本の馬はかなり見劣りしたそうです。そのせいか日露戦争では騎兵同士の会戦というのはほとんど行われていません。日本軍があえて回避したようです。遡って日清戦争のときは「騎兵がしょぼい」のが悩みだったようです。
なにしろ、幕末の日本馬でもポニークラスなのに、それよりやや時代が古いナポレオンの軍隊の騎兵馬ときたひにゃ体重が800キロくらい(ちなみに今のサラブレッドが500キロくらいです)、こんなに大きな馬は日本ではばんえい競馬くらいです。重さ800キロが時速40キロくらいで突っ込んでくるんですから、ほとんど軽自動車が突っ込んでくるようなもんですわ。それを肉体で受け止めるスコットランド歩兵もどうかと思います。ワーテルローのネイ将軍の突撃は、さぞや迫力があったと思いますよ。

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできませ...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む


人気Q&Aランキング