人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

航空業界用語の「空港」や「キャビン」「キャプテン」などは船の用語から来ていると聞いた事があります。

船や飛行機は何故?左側からの乗船(接岸)、搭乗(スポット)になっているのでしょうか?

詳しくお分かりの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたしますm(__)m

A 回答 (3件)

>船や飛行機は何故?左側からの乗船(接岸)、搭乗(スポット)になっているのでしょうか?



船については、No.1様の回答通り、多くの昔の船では、船尾の右舷に舵が設置されていたため、右舷を接岸することに問題があるため、左舷を接岸するようにしました。
今でも、左舷をポートサイド (港、港湾設備側)、右舷をスターボードサイド (ステアリングボードサイド(舵板側)が変化した) と呼んでいます。


航空機については、09/01/25 に同様の質問 「なぜ旅客機は、乗客の乗降に左前方のドアのみを使うのでしょうか?」 がありました。

私の回答を再掲します。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4661208.html

昔の、コンベアというレシプロ機は前方右側に出入り口がありました。
プロペラ機では、プロペラが危険なので翼の後方の左側に出入り口のある機が多いようです。 
ダグラスのジェット旅客機は、前方左と後方中央とに出入り口が2つある機もあります。
ジャンボなど大型の航空機では前方左に2か所の出入り口があります。

皆さんの言われている通り、航空機の運用、呼称などは、船からの引き継ぎです。 それらのほとんどが、左が基準です。 

特に、後退翼のジェット機で、タラップの必要な航空機では、翼の前方にメインの出入り口を設けるのが妥当です。 
右か左はどちらでも構わないんですが、どちらかに統一しておかないと、運用上いろいろな問題が発生しますので、当時航空機の主生産国であったアメリカで、船舶に倣った左を採用し、航空機の設計もそれに合わせてなされました。

これに基づいて、世界中の空港が左前方を使用するボーディングブリッジタイプの施設に統一されました。

空港に設置されているボーディングブリッジを使用しない場合は、各々の航空機の出入り口をその時の事情に合わせて自由に使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!の一言です。
詳しくありがとうございました!

お礼日時:2009/04/28 18:07

「船 乗降 左側 何故」でグーグル検索をかけると、



ヒットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答をありがとうございます。
ググってみます!

お礼日時:2009/04/27 19:43

飛行機の入り口がなぜ左側にあるのか。


諸説は色々ありますが、一番有力なのが船の入り口(搭乗口)が左側にあるので、そのまま船の入り口を位置を採り入れたもの。
飛行機ができた当時は船も主要な乗り物だったのでそのまま船の考えを飛行機に当てはめたそうです。

それでは船はなぜ左側に搭乗口があるのか?
これは昔、右側に舵があって右側を付けると壊れてしまう可能性があるので左側に搭乗口をつけることになったということです。

飛行機と船、見た目は全く違うし、空と海であまり共通点がないと思っていたのですが、いろいろと共通点があるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答をありがとうございました。
舵が右側に付いていてその破損を防ぐために左側を接岸させていたためだったんですね!参考になりますた。

船、飛行機共に共通用語が多い事に驚かされますね!

お礼日時:2009/04/27 19:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ旅客機は、乗客の乗降に左前方のドアのみを使うのでしょうか?

出張や旅行で飛行機をを利用し始めて20年以上になるのですが、最近ふと「なぜ乗り降りするときに必ず左前方のドアだけを使用するのだろう?」と思ってしまいました。このことは国内に限らず海外でも同じだと思います。
何かに役に立つものではありませんが、どなたかご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

>左前方のドアだけを使用するのだろう?
>国内に限らず海外でも同じだと思います

昔の、コンベアというレシプロ機は前方右側に出入り口がありました。
プロペラ機には、プロペラが危険なので翼の後方の左側に出入り口のある機が多いようです。 
ダグラスのジェット旅客機は、前方左と後方中央とに出入り口が2つある機もあります。
ジャンボなど大型の航空機では前方左に2か所の出入り口があります。

皆さんの言われている通り、航空機の運用、呼称などは、船からの引き継ぎです。 それらのほとんどが、左が基準です。 

特に、後退翼のジェット機で、タラップの必要な航空機では、翼の前方にメインの出入り口を設けるのが妥当です。 
右か左はどちらでも構わないんですが、どちらかに統一しておかないと、運用上いろいろな問題が発生しますので、当時航空機の主生産国であったアメリカで、船舶に倣った左を採用し、航空機の設計もそれに合わせてなされました。

これに基づいて、世界中の空港が左前方を使用するボーディングブリッジタイプの施設に統一されました。

空港に設置されているボーディングブリッジを使用しない場合は、各々の航空機の出入り口をその時の事情に合わせて自由に使っています。

>左前方のドアだけを使用するのだろう?
>国内に限らず海外でも同じだと思います

昔の、コンベアというレシプロ機は前方右側に出入り口がありました。
プロペラ機には、プロペラが危険なので翼の後方の左側に出入り口のある機が多いようです。 
ダグラスのジェット旅客機は、前方左と後方中央とに出入り口が2つある機もあります。
ジャンボなど大型の航空機では前方左に2か所の出入り口があります。

皆さんの言われている通り、航空機の運用、呼称などは、船からの引き継ぎです。 それらのほとんど...続きを読む

Q飛行機の搭乗口は【左側】というきまりがあるのでしょうか?

こんにちは。昨日飲みの席である人が、「船も飛行機も、搭乗口は必ず左側からなのはなぜだろう」という疑問を投げかけてきました。
私は学生のころ、よく船に乗っていましたが、船の場合は右側からの乗船もありましたので、これは間違いだと思います。
しかし、飛行機は言われてみれば確かに左側からしか乗り降りしないな、と気付きました。
ピットの配列上、左側に統一しているとは思っているのですが真相は不明です。
ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。。

Aベストアンサー

昔からの慣習として、船は左側から乗り降りするというのがあったようです。
それが引き継がれたものということです。

もちろん、左側に統一しておけば、設備効率の点からも効率がよいというのもあると思いますが。

下記URLをご参照下さい。

参考URL:http://www.jalcard.co.jp/members/agora/agora58.html

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q銀行の帯がついた札束は一般人でももらえるの?

何枚単位で封印されているのでしょうか?
その金額を出金する際、依頼すれば帯のついた状態で受け取ることが出来るのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

大丈夫、もらえます。
小束は100枚で結束します。大抵100枚で同金種での出金の場合
絶対帯封がかかった状態で渡されると思います(事故防止の為)
100万が10束集まった1000万円には大帯紙を巻いて一纏めにす
るのが常です。その帯紙に巻いた人の印鑑、銀行確認印を押し
て責任の所在を明らかにしてからお客様に渡すのが決まりです。
ATMで100万円出金して帯封して~というお客様も多いですよ。

Q海里とノーティカルマイルの違いって?

おはようございます。
ちょっと趣味で飛行機ゲームをやっていたときに疑問が沸きました。
マイクロソフトのフライトシミュレーターにてフライトプランの飛行距離が今まではnmで表示されていたものが今回のものは海里で表示されているのです。

この違いは何かあるのでしょうか??

自身で検索をかけてもみました。そしたら海里とノーティカルマイルはどうやら同じ単位のようですが・・・違いはあるのでしょうか?
ちょっと単位が異なってしまっているので混乱しています。
教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

海里とノーティカルマイルは同じです。歴史については、下記の参考URLをご覧下さい。国際海里は正確に、1852mと定められています。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Nautical_mile

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む


人気Q&Aランキング