ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

主人の保険の見直しを検討しています。
現在主人42歳、私38歳、子供2歳、0歳です。
今年更新することになり、このままでいいのか考えています。

主人は、結婚前に会社の保険外交員から勧められるまま入ったらしいのですが、その後一度も見直すことなくきています。

先日、外交員の方に家に来てもらい、いろいろな見直し(現在の保険を下取りして、転換制度というのを利用するのらしいのですが、これもよくわかっていません)案をいただいたのですが、どれも保険料が上がり、しかも更新型なので、定年近くになると、月の保険料が4万近くなってしまい、本当に見直したほうがいいのか、疑問に思っています。

ただ、現在契約している保険だと、医療保険が入院5日目からしか出ず、少し融通が利かないような気がするので、新しい医療保険に替えたいなぁという感もあります。

現在は「ニューベスト ll」というものにリガードをつけて、月々13000円支払っています。
更新後は、これが17000円くらいになる予定です。
・死亡時2000万(65歳満期)
・終身保険100万
・医療保険5000円/日(5~124日目)
・その他特約
・リガード(三大疾病死亡時)300万

転換制度を利用して見直した後は、「ライブワン 愛&愛」というものになるそうです。
これは特約満載で、何回プラン表を見ても、よくわかりません。
死亡保険金を同じくらいに設定して、月々の支払いも更新後と同じくらいに設定すると、次の更新時(10年後)は倍額くらいの支払いになってしまいます。

過去の質問をいろいろ見てましたが…やはり、これは見直ししないほうがいいでしょうか。

それにしても、解約返戻金ってこんなに少ないんでしょうか!
現在解約すると、15万にしかならないそうです…
今、東京海上あんしん生命の「長割り終身」というのが気になっているのですが、これは解約返戻金が、かなり見込める、というものですよね?

拙い文章ですみません。
私自身が保険に無知なため(やっと勉強する気になりました)、質問が頓珍漢かもしれませんが、アドバイスいただきたく思います。
よろしくお願いします。

ちなみに、私自身は、共済保険、子供二人は保険未契約です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

>死亡保障のみ残して、医療保障は、他のもっと安いところで、


>入院1日目から適用になる保険を探そうと思います。

他の人への回答を見てちょっと気になったのですが、死亡保障を正しく把握されていないような気がします。

終身の保障は100万円で一生涯を保障するもの。
また定期特約2000万円のほかに、リガード300万円も実質的に死亡保障です。つまり現在の死亡保障は2400万円、払い込みが終わる65歳以降は100万円という保険です。

で、この中で価値があるのは予定利率が高い頃に契約した主契約の終身保障100万円。残りの2300万円は更新になりますが、これは新しい保険に入りなおすのと同じこと。どうせなら医療保険を見直すついでに、他社の死亡保険も検討してみてください。

繰り返しますが、まず必要な死亡保障の金額を正しく把握すること。
14年前の独身だったときと、今必要な死亡保障の金額が同じであるわけはありません。

最近はノンスモーカーや身長・体重が基準内の健康体の人なら保険料が割安になる保険もありますし、毎月お給料のような感覚で保険金が受け取れる収入保障型の定期保険にすれば保険料を抑えられます。
探せばニーズにあった割安な保険があるかもしれないのに、また漫然と今の保険を更新するのはもったいないと思いませんか?

死亡保障で残すべき価値があるのは、終身保険の100万円だけ。
残りは他に切り替えても何の不利益もありません。むしろ数十年後の100万円のために月々割高な保険料を払ったり、自分に合わない保険を続けるのは本末転倒です。
前にアドバイスしたとおり、終身保険だけを残せるなら残す。
商品によっては定期保険○千万円以上がセットでなければダメという制約があるものもあるので、その場合は解約も検討していいと思います。

更新するのはあくまで自分にあう保険を見つけるまでのつなぎと考えて、死亡保障も含めて他社で見直しを検討してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の稚拙な理解に、ご心配いただきまして、誠に恐縮です。

kamochiさんがご心配してくださってる点は
(1)65歳までの掛け捨て死亡定期特約が2300万であるなら、スミセイでなくてももっと払込が少ないお得な保険がある。
(2)65歳までに死亡した場合、2400万で足りるのか?

ということですよね。
(1)他の医療特約などを全部なくしたとして、死亡保障(65歳までの定期特約込み)が2400万円の場合、担当者に見積もってもらったら、これから15年は14000円/月の払込、その後65歳までは、約30000円/月となるそうです。
とりあえず、これから15年の14000円/月は、払込の額としては、こんなもんかなぁ、と思っているのですが、この認識が「まずい」のでしょうか。
いろいろな考え方がありそうですが、「65歳までの定期特約死亡保障」と「月々の支払い」のバランスを軸にして考えると(比較しやすいので)、この保険は「無駄に払っている」という、ということですか?
今までほぼ無保険な私にとっては、「月14000円も払って、全然残らないなんて、なんか詐欺っぽいなー。」という感覚もあります。しかし、「他にそんなにうまい保険はないよ」と説明されてしまい(旦那に)、いろいろ他社を探してみても、確かにそんなにうまい保険はなく、結局どれにしてみても、「本当にこれでいいのかなぁ」と自分で納得できないでいます。
しかも、15年後は、月々3万も!こんなに払うの?この頃になったら、死亡保障減額したいなぁ。でも子供まだ大きくなりきってないし…どうすんだろう、と、不安を先延ばししている気もします。
もっとじっくり探して、自分が納得できないといけないんでしょうね。

(2)確かに、死亡保障が少ないと思います。しかし、これ以上増やせば、月々の支払いも増えてしまい、そこを思うと、増額に踏み切れません。
転勤族故、まだ家購入していませんし、面倒を見ている親がいる(毎月仕送りしています)ので、当面の生活と、貯金の方を優先させたい、という感じです。

本当に、いろいろ考えていただいて、ありがたい気持ちでいっぱいです。
私自身、毎日毎日保険のことを考えて、頭が疲れてきましたが(普段使ってないもんで)、ここで投げやりにならず、しっかり向き合って、自分が納得いくような保険を見つけたいと思います。
ご親切なご指摘、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/02 02:59

他社も検討した方がいいと思いますよ。


外資系の営業の方は他社についてもよく勉強されてますので。

すすめられるがままというのが一番もったいないです。

うちの両親は、私と同じピアノ教室だった子のお母さんが外交員で何回も勧誘にみえたので、それに負けて加入しました。
その後30年以上、相手の進めるまま保険の下取りを繰り返して現在に至りますが、途中で病気をしたこともあり、びっくりするほど保険料は高い割りに、入院時の保障は少ないです。

騙された訳ではないですが、彼女は自分の成績の為に
新商品が出るたびすすめてきてたようです。

私が社会人になってすぐも彼女はやってきて、何も知らずに加入しましたが、ある外資系の営業の方に出会って、いろいろ教えていただき、自分で勉強して、保険を変えました。


いい機会なので、いろんな会社の方に話を聞いてみたり、
FPの相談会など利用されたらよいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
どうしても、外交員のプッシュが強力な保険会社(スミセイやニッセイなど昔からの保険会社)に一旦入ると、人情で付き合わされることが多く、なかなか抜けにくいですよね。
うちの主人もその状態で、なかなか抜けられなくなって困っています。

でも、やっぱり今入ってる保険は、今の家庭にあってない保障内容ですので、FPのいるお店の相談会などに行ってみようと思っています。

貴重なアドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/16 10:46

(1)保険に損得は基本的にはありませんが、予定利率の高い貯蓄性の高い保険は、予定利率が高い時点のほど、保険料は安くなります。


例)30歳男性 60歳払込 終身保険100万円の場合
予定利率5.5%の場合 約1000円/月
 〃  2.0% 〃  約2000円/月
更新時のみにしかできないこと(最低保険金額の制限やなど)は、ずばり、全特約を更新しないこと→高予定利率終身保険のみ残す!

(2)必要な保障額を計算の上最も安い保険会社で定期保険に加入
・タバコをすわない割引
・BMI27以下の割引
・ゴールド免許の割引

(3)医療保険も比較して契約

(4)できれば、子育て中の責任の重い時期ですので、(3)の医療保険に優先してでも「所得補償保険」(損保商品)の検討を

上記ができるのは、日本の保険会社(従来からの漢字社名の生保)では無理ですので、複数の生損保商品を扱う代理店からになると思います。
これを機会に、キャッシュフローに基づく、生涯の資金計画(教育費・住宅費など)を立てられて、トータルで見直されることをお勧めします。

上記(1)は更新時しかできませんので、お気をつけて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回は、期限が過ぎてしまいそうになったので、とりあえず全部更新することになってしまいました。
保険金減額などは、更新後2年間はできないそうですね。
なので、見直すとしたら、解約、ということになるでしょうか。
終身のみ残したいとも思ってますが、これだけを残せるのかどうかは、まだ確認していません。

所得保障保険という言葉を、初めて聞きました。
損保会社の商品とのこと、これも調べてみます。

やはり、複数の保険を扱うお店にいったほうがいいみたいですね。
「ほけんの窓口」というところでしょうか?
これも調べて、行ってみます。

ご丁寧なアドバイス、ありがとうございました。
非常に参考になりました!

お礼日時:2009/05/04 15:03

No.7です。



(1)65歳までの掛け捨て死亡定期特約が2300万であるなら、スミセイでなくてももっと払込が少ないお得な保険がある。
(2)65歳までに死亡した場合、2400万で足りるのか?

そういうことです。
1000万円あたりの定期保障の保険料がどうなるかという観点で考えれば、もっと安いものはいくらでもあります。というか、むしろ今の保険料は高いほうです。

あと2400万円が妥当かどうかは、分かりません。
どれくらいの遺族年金が期待できるか、奥様の収入はどれくらいかなど、その家庭によって必要な額が変わってくるからです。
賃貸住宅にお住まいで親族に仕送りしていることから考えれば、たぶん2300万円では足りません。10万円の家賃を20年払ったらそれだけで保険金を使い果たしてしまいますよね。残された家族は20年以上生活していかなければなりません。


>死亡保障減額したいなぁ。でも子供まだ大きくなりきってないし…

死亡保障は子どもの成長とともに減らしていくものです。
子どもが22歳で独立して自分で生活できるようになると仮定します。
子どもが0歳なら万が一のときに子どもの22年分の生活費と教育費が必要ですが、15年たって15歳ならあと7年分ですみます。ずっと同じということはないのです。
15年間同じ額の保障を確保するのではなく、徐々に減らしていくタイプの保険にすれば、保障が減る分、保険料は安くなります。収入保障型や逓減定期などがそれです。


>私自身、毎日毎日保険のことを考えて、頭が疲れてきましたが

だからこそ、最初のアドバイスにあるように信頼できる担当者を探して、一緒に考えてもらえばいいのです。
保険の知識がない人が、将来のリスクを予測してどれくらいの保障を確保すればいいとか、複数の商品を比べてどれなら予算内で自分にあった保険になるのかを考えるのは難しいでしょう。ぜひプロの手を借りてください。

複数の保険を扱う保険ショップなど近くにありませんか?
信頼できそうなら医療保険を選ぶ際に対応した担当者に相談してもいいでしょう。
何人かに会ってみてください。保険料を抑えたいなら最初から予算を言ってもいいでしょう。その中でぴったりの保険を提案してくれる人はいるはずです。

掛け捨てがもったいないといっても、解約返戻金にこだわり保険料を抑えるために保障を減らした結果、いざというときに遺族が生活に困るようなら、何のために保険に入っていたのかということになります。
今の生活を優先して無理のない範囲でリスクカバーの方法を提案してくれる、契約者の立場に立って考える担当者に出会えるようお祈りします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当にいつもいつもご丁寧にありがとうございます!

先日、近所の外資系保険代理店で、いろいろお話を伺ってきました。
スミセイより、ずっと丁寧で、ますますスミセイに不信感…
kamochiさんが仰っていた、「毎月給料のように振り込まれる保険がある」とか、「子供の年齢が上がるごとに保険料を減額するようにする」とかいう保険のシステムを、やっと理解しました。
確かに、このような保険の方が、保険料が上がらないし、いいですね。

今度は、複数の保険を扱うショップも探して、行ってみたいと思います。
今回は、もう期限が迫ってしまったので、とりあえず更新をしてしまいました。
主人の誕生日までには、まだ数ヶ月ありますので、歳をひとつとる前に、保険を見直して、契約しなおしたいと思っています。

ちなみに、先日伺った保険屋さんからは、「終身は昔の利率なので、やめない方がいいが、100万しかないし、低額だけでかけられない場合が多いから、全部解約した方がいいのでは?」とのことでした。
死亡定期特約の掛け金というのは、いちいち新規扱いで計算されてるのですね!
だから、長く契約していてお得になるのは、終身のみだ、とのことでした。
それも、今回保険屋さんで聞いて、初めて知りました。
ほんと、スミセイって不親切。

ここでいろいろ伺えて、本当に助かっております。
もう少しいろいろ調べて、我が家に合う保険を見つけるため、がんばります。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/04 14:58

東京海上日動あんしん生命の長割り終身


5年ごと利差配当付低解約返戻金終身保険

2007年4月2日現在
30歳男性
保険金額1,000万円
保険期間=終身
保険料払込期間60歳まで
17,040x12x30=6,134,400
40年経過時、解約返戻金8,159,000÷既払込保険料累計額6,134,400=1.3300404277517
8,159,000-6,134,400=2,024,600
40年で解約した時、約613万円の保険料で、約816万円の解約返戻金が出ます。
それを、年金資金とする方法もあります。
気をつけたいのは、様々な特約を勧めてくると思いますが、特約をつけてしまうとせっかくの高解約返戻率が低くなってしまうので、特約はきっぱりと断りましょう。

ちなみに、保険金額アップの場合、保険金額を200万円アップの合計1,200万円
(17,040+3,408)x12x30=7,361,280

上記の利率は現在と違うので、必ず担当者に利率を確認しましょう。
繰り返しになりますが、特約は断りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
やはり、あんしん生命の長割り終身は、返戻金が随分とお得な感じがしますね。
よく検討してみます。
今後、あれこれと特約はつけない方向で、死亡保険、医療保険、と、単体で持つようにしようと思っています。
貴重なご意見、感謝いたします。

お礼日時:2009/05/02 15:07

東京海上日動あんしん生命はALM(Asset Liability Management)(資産・負債総合管理)がしっかりしています。


景気後退時のリスクを少なくできます。
保険会社も、世界同時不況で経営が厳しいですので、保険会社の健全性も考慮した方がいいです。

9生保、逆ざやに 09年3月期、配当維持が焦点
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090416AT2C …

長割り終身は、低解約返戻金終身保険ですので、保険料払込期間中に解約することがなければ、使い勝手の良い保険です。

東京海上日動あんしん生命に限らず、このご時世、保険会社の経営は調べていた方がいいです。
仮に、大和生命に契約してしまっていたら、人生設計が狂ってしまいます。

経営破綻の大和生命、更生計画案公表 保険金支払い最大80%減
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090411AT2C …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
ニュースの記事までつけていただいて恐縮です。

どの保険会社を選ぶかは、とても重要ですね。
その辺も考えておかなくてはいけませんね。

東京海上日動あんしん生命、検討してみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/02 03:02

個人的な意見(一般人)


65歳まにの死亡(失礼)すればよい保険です。

65歳より長生きすれば、終身は100万しかなく、医療に対する費用は65歳以降も払い、なおかつたぶん終身でなく80(または85歳)で医療終了、結果財産としての価値は見つかりません。
評価すると以上です。あとは自己判断になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シンプルな意見、とても参考になります!
そうですね。65歳までの掛け捨て保険、という考え方で契約すべき保険だと思います。
医療特約は、あまり利用価値がないので、解約する予定です。
財産としての価値は皆無ですね!そう思います。健康保険組合にお金を払っているようなもの…と思うしかないでしょうか。

どうもありがとうございました。
貴重なご意見、感謝いたします。

お礼日時:2009/05/01 10:03

現在の主契約については見直す必要がないと思います


更新型と全期型の違いはありません
保険料の設定のメカニズムと
保険会社の営業戦略からなるもので
契約者にとって不利・有利はありませんよ
要は契約者の希望・ニーズによる選択なのです
保険料のメカニズムについて申し上げます
保険料は年齢が上がるほど高くなります
5年の定期保険(いわゆる掛捨て)とします
平均余命から保険料は決まります(つまり死亡確率ですね)
<例>
40歳 500円
41歳 600円
42歳 700円
43歳 800円
44歳 900円
   とします
毎年更新だと上記の通りに1年ごとに保険料が上がります
全期型だと5年間の<<平均である>>700円になります
40歳時は500円プラス200円
(44歳の900-700=200円の先払い)を足して払います
41歳時は600円プラス100円
(43歳の800-700=100円の先払い)を足して払います
42歳時は700円
(42歳の保険料そのまま)
43歳時は800円マイナス100円
(41歳の積立100円を崩します)
44歳時は900円マイナス200円
(40歳の積立200円を崩します)
実際はもっと複雑な計算をしますが
端的にいうと上記の通りです
掛捨保険なのに中途解約しても解約返戻金があるのは
積み立てた(先払いした)保険料があるためで
保険期間終了時に差引0円になるように計算されています
(1)更新型のメリット・・若い時(収入が少ない時)に負担にならない
(2)全期型のメリット・・保険料が一定という安心感
保険会社は(1)・(2)のどっちでもいいんです
契約者のニーズとそれに対する営業のしやすさです(笑)

お子様のご年齢から65歳支払完了はベストと考えます
転換・・
とは下取りと考えてください
今まで先払いした金額15万円を次の保険に充当します
ここが肝心です
現在の予定利率でですよ!(おそらく1.5~2%)
このまま続けるなら当時(14年前)の予定利率(2.5~3.5%)になります
please_pleaseさんは高くなる保険料と5日未満のの入院保障に
不安があるように感じられます

主契約はそのままで、医療特約(入院保障)だけを切替えましょう
ただし保険会社によって可否があるので確認してください
医療特約の中途切替ができないのであれば
医療特約だけ解約し、
他の(同会社・他会社)医療保険のみ入っては如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすいご回答、感謝いたします。

更新のメカニズム、分かりました!
若い頃、安い場合は、その後にその分高くなりますが、そこで死亡保障などを見直しして、減額した場合は、月々の支払いを抑えることもできる、という理解でよろしいですよね?
確かに、14年前の支払いは、そんなに高くなかったと聞いています。
42歳で月々17000円は、まあ妥当なんだろうか…という感じもします。

ご指南のとおり、(更新期日が迫っているので、とりあえず更新はしますが、)主契約はそのままにし、医療特約を解約しようと思っています。
新しい医療保険が見つかり次第、医療特約をはずします。
そうなると、月々のスミセイへの払い込み(死亡保障2000万+終身保険100万)は、14000円となります。
これだと、かなりお得感が増すのですが…相場が分からないので、なんとも言えませんが、そんな気がします。

ちなみに途中切り替えは、更新後は2年間はできないそうです。
これも、聞かないと教えてくれませんでした。
保険会社(スミセイだけ?)って、結構不親切ですよね。
まあ、医療保険は、スミセイ以外で考えてみます。

ご丁寧で、的確なアドバイス、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/01 09:58

No.2です。



>「転換制度を利用すべし」というわけではなく、
>もっと保障を充実させた、他の会社の保険も検討すべし、
>ということですよね。

転換制度はお勧めしません。
不要な特約は外して主契約のみ残すか、それが不可能なら解約。
もっと保障を充実させるべきかどうかは、保障の内容次第。
少なくとも年齢が前回の契約より高くなっているのですから、今の保険より保障を充実させようと思うと保険料は高くなります。
「その他特約」の中身が分かりませんが、その保障は本当に必要なものでしたか? 重要なのは本当に必要な保障を把握し必要な保険はしっかり確保、そして無駄な保障に保険料を払わないことです。


>医療保険は、特約ではなくて、別に単品で持っていたほうが
>いいとのことですが、それはなぜですか?

特約で持っていた場合、更新型の保険になります。
つまり、その部分の保険料は何年か毎に必ず上がります。
それに「子どもが独立して年金暮らしだから死亡保障は解約したい」と思っても、一緒になっていると医療保障までなくなってしまいます。

簡単に言うと、死亡保障が必要なのは現役世代。万が一があったとき遺された家族の生活費を補う必要があるから。
一方、医療保障が必要なのは、むしろ老後ではないでしょうか。
そもそも医療保障と死亡保障は、全く別の保険。
それぞれ自分のニーズにあった保障を必要な期間だけ確保するのが、賢い保険の選び方です。


>とりあえず更新、っていう形でも大丈夫なんでしょうか。

保険料が上がるのさえ気にしないなら、とりあえず更新でもかまいません。どうせ見直しが終わって新しい保険が成立するまでの2、3ヶ月の間のことですよね。
あせって保険会社に言われるがままに転換させられたり、あわてて解約して何らかの事情(健康状態が悪いなど)で新しい保険に入れず無保険になってしまうよりいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
転換制度は、利用しないほうがよさそうですね。
複雑な内容で、理解が難しい保険は、結局は使えないですよね。

「その他特約」とは、
手術時5万・10万・20万
とか
退院後の通院日額3000円
とか、正直、あまりピンと来ないというか、「本当に必要かなぁ」と思うようなものです。
いろいろ考えた結果、これらの医療特約は、すべて解約する予定です。
死亡保障のみ残して、医療保障は、他のもっと安いところで、入院1日目から適用になる保険を探そうと思います。

いろいろとアドバイス、ありがとうございました。
非常に助かりました。感謝致します。

お礼日時:2009/05/01 09:45

#1です


更新型しか勧められないのですが おなじ商品で必ず全期型の契約もできますよ
支払いの安さで売り込んでいるだけなのです
5年後10年後に倍倍になるとはコソコソっとしか説明されませんし
新人のなんとかレディーは全期型の存在を教えてもらってないと思いますヨ

どのプランにも全期型ありますから 全期型にしたらいくらですか? って聞いてみてください
それで上の人が全然出てこないようなら その会社(営業所)はあとあと不親切だから止めたほうがいいかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
いろいろな経験談、とても助かりました。
ご丁寧に教えてくださって、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/01 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険(住友)を解約します。担当者を懲らしめたいのですが。。

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられる
というふうにイメージしていたにも関わらず、ほとんど給付金が
下りない事態となってしまいました。手出しの方が断然多い
出費となりました。

そこで初めて保険を勉強しないといけないと思い、保険の窓口のよう
なところに行き、勉強を始めました。

それと同時ぐらいに、担当者に現在の保険の不満と保険を解約も
含めて見直すという話を持ち出しました。
その辺りから担当者の態度が一変し、話し方も急によそよそしく
なり、全ての手続きを自分では無くこれからはサービスセンター
に電話してくれと突き放されました。
(解約したければサービスセンターに電話したら出来るよ~みたいな)

保険の窓口で紹介してもらった保険の方が内容を理解できた上で
現在のものよりも格段に良いと思ったので、その時にその担当者
の態度に怒りにまかせて解約してやろうかと思ったのですが、
とある掲示板で、入院後は新しい保険に加入できない可能性が
あるから気をつけた方がいいと言われました。

また、その方から、普通は保険の担当者からその旨説明がある
との事でしたが、その話の中でも一切教えてもらえず、その
後も電話等一切かかってきておりません。

そういう事って説明するかどうかは担当者によるところなんでしょうか?
社内で解約の意志がある人にはその説明をする事となっていても
よさそうな事項だと思うのですがどうなんでしょうか?
どうも、分かっていてやったのではと思います。
言い方悪いですが、こちらをはめようとしてというか・・。

でその話を聞いて今でも住友に加入しているのですが、
これは予定に無かったのですが、今回目の手術を受けることに
なり給付金を請求することになりました。
もちろんサービスセンターに電話したのですが、
そのサービスセンターの方が担当者にも連絡がいくようになっております。と言われたのに案の定、電話の一本も無い状態です。

肺炎から半年が経ち、そろそろ新しい保険にも加入できるので
住友を解約したいと思っているのですが、正直言ってこのまま
素直に辞めてしまうのがどうも府におちません。

最後ぐらいその担当者を懲らしめて辞めたいと思うのですが、
どのようにしたら担当者に痛い思いをさせられるのでしょうか?

1.まず私が解約したことで担当者にペナルティみたいなものがあるのでしょうか?

2.解約する際、態度が一変したこと、新しい保険に加入できない可能性がある説明が無かったことを、担当者の上司等にクレームを
入れる事は効果がありますか?


それ以外にもギャフンと言わせられる方法を教えていただけないでしょうか?

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられ...続きを読む

Aベストアンサー

解約してしまえば担当者の成績が下がりますから懲らしめにはなるでしょうが、今の時点(手術の予定)では難しいですよね。
やはりクレームを入れて、担当を変えてもらうのが良いと思います。サービスセンター(苦情受付)に言うのが良いかと。所属部署の上司でもいいかもしれませんが、生命保険会社の場合上司より現場の担当の方が強かったりするので…

Qいくら何でも高すぎ!ライブワン保険料

夫が独身の時に加入した生命保険です。
住友生命のライブワン三年ごと利率変動型積み立て終身保険です。
現在毎月23780円払っています。
これでもかなり高いと思っていたのですが、先日契約書を良く読んでみると、この払込保険料は
加入時~2011年までは23780円、
2011~2021年までは45146円
2021~2027年までは93387円
2027~2032年までは93422円
と驚くような価格アップがあるのです。
終身保険だから高くなるのは当たり前だと思っています。しかし色んな安い保険会社が出てきている近頃でこの保険料の額って・・・。
夫はこういうものに大変無頓着で、言われたら言われたまま払っちゃう人なのです。
この保険に入ったのも、職場に入ってくる業者つながりで、まだ保険に入っていなかったし、ひとつぐらい入っておくかな~という気分ではいったそうです。
この通りの金額を普通に貯金していく方が損をしないで良いのではないか?と思うのですがどうでしょうか・・・。
やはり見直しをするべきでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
住友生命のライブワンは、一般の方には大変分かりづらい仕組みになっております。
また、終身保険と書いてあっても、終身にならないケースもありますので、一度専門家(FPなど)に見てもらうと良いと思います。

私もライブワンの分析依頼は、結構頼まれましたが、このサイト上で説明するのが難しいです。

ただ、ご相談の内容から推測すると、独身時代の保険料(6年前)が23780円ですので、ある程度は積立に回っているような気がします。
恐らく、3年後くらいに今の保険を下取りにして、新しい契約を迫ってくる可能性もありますので、見直し等は早いほうが良いでしょうね。

Q住友生命 ライブワンの解約について

今年の3月に勤務していた会社が倒産し、いろいろ出費がかさんだ為、借金を抱えるよりはと私の保険を解約しようと住友生命に解約返戻金がいくらになるのかを確認してとても驚きました。現在49歳で29歳から住友生命の終身保険(月額27K位)に入っていたのですが、丁度加入から15年目の更新時に当る平成14年に「保険料の減額の件」を担当者に相談したところ「ライブワン」という商品がお薦めで、これであれば保障額が大きく月額保険料も下げられるという説明でした。40歳まで大阪に居て、担当者も大阪の支部の人です。先ほどの確認した解約返戻金が30万円にも満たないのが納得がいかず、私の29歳から44歳までの終身保険で積み立ててきたお金はどうなったのでしょうか?ましてライブワンの契約時は東京に居たにも関わらず、面談して重要事項を説明して捺印を貰ったと言い張っています。本日、ネットで調べて「ライブワン」が掛け捨ての保険と初めて知り、契約時にそのような説明は一切受けていませんし、これに切り替える事で終身保険で積み立ててきたお金の解約返戻金がどうなるかという説明も一切受けていません。契約も面談ではなく郵送でのやり取りした履歴が残っています。泣き寝入りするしか方法は無いのでしょうか?これは保険業法や個人契約などの法令違反にならないのでしょうか?対応方法など良いアドバイスを戴きたく宜しくお願いいたします。

今年の3月に勤務していた会社が倒産し、いろいろ出費がかさんだ為、借金を抱えるよりはと私の保険を解約しようと住友生命に解約返戻金がいくらになるのかを確認してとても驚きました。現在49歳で29歳から住友生命の終身保険(月額27K位)に入っていたのですが、丁度加入から15年目の更新時に当る平成14年に「保険料の減額の件」を担当者に相談したところ「ライブワン」という商品がお薦めで、これであれば保障額が大きく月額保険料も下げられるという説明でした。40歳まで大阪に居て、担当者も大阪の支部の人です...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の要求は、何をどうしたいのでしょうか?
そこが最も重要です。
その要求を達成するために、何をしなければならないのか、ということを考えます。

その前に……
『現在49歳で29歳から……加入から15年目の更新時に当る平成14年に……』
計算が合いません。
29歳で15年目ということは、44歳。
この年が平成14年と言うことは、今は、平成21年なので、7年前。
計算だと現在51歳になります。

こういう話の場合……
H元年の何月に契約、何歳
H14年の何月に転換、何歳
というように時系列で書いていただくとわかりやすいのですが……

前の契約の保険料が、27,000円
ならば、今の契約の保険料はいくらなのでしょうか?
今の保険で、入院給付金などを受け取ったことはありますか?
H14年に転換したときの解約払戻金は、いくらだったのでしょうか?

『私の29歳から44歳までの終身保険で積み立ててきたお金は
どうなったのでしょうか?』
転換とは……
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/change/conversion_system.html
つまり、質問者様の積み立てたお金は、定期保険部分に使われていると
思われます。
現在の保険の証券に、「転換部分:○○円……」と書いてある部分はありませんか?

まずは、このような事実がわからないと話が前に進みません。

次に……
『本日、ネットで調べて「ライブワン」が掛け捨ての保険と初めて知り』
ライブワンは、保険ファンド(主契約)に特約を乗せた形の保険です。
特約は、解約払戻金なし(掛け捨て)ですが、ファンドは積立なので払戻金が
あります。だから、30万円が戻ってきます。
掛け捨て……とは、言い切れません。

『面談して重要事項を説明して捺印を貰ったと言い張っています』
これは、確かに問題ですが、だから違反だとは、単純に言えない問題があります。

『契約時にそのような説明は一切受けていませんし、これに切り替える事で終身保険で
積み立ててきたお金の解約返戻金がどうなるかという説明も一切受けていません』
これも、問題ですが、だから、直ちに違反だとは判断できません。

『契約も面談ではなく郵送でのやり取りした履歴が残っています。』
実は、これがネックなのです。
面談で話を進めていれば、担当者の説明不足、不正契約への誘導などがあったという
話に持っていけるのですが、郵送でやり取りをして、捺印しているということは、
送られてきた書類を100%理解しました、という証明でもあるのです。
「担当者の方が、ここに捺印してくださいというから、深く考えずに捺印しました」
という「担当者の誘導があった」ことが成立しないのです。

その担当者から、約款や重要事項説明書、転換説明書(設計書)などが
同封されていた場合、それを理解しました、ということになるのです。
さらに言えば、実際には、同封されていなくても、受領書に捺印してあれば、
それは受け取ったという証明になってしまうのです。
書類を郵送でやり取りした場合、後になって、それは知りません
という言い訳は効きません。
面談ならば、どのような書類を受け取っていようとも、そんな話は聞いていない、
ということが可能なのです。
なぜなら、重要な書類は、書類を渡されただけでなく、口頭でも説明を受けて
当然だからです。

重要事項説明書は、面談で説明することが原則になっているので、
担当者は「面談した」と主張しているのでしょうが、
法的には、面談して説明しなければ無効ということはないので、
逆に、捺印していることがネックになってくるのです。
例えば、通販の保険では、重要事項説明書は、面談で説明するはずもなく、
契約者が送られてきた書類を読んで、理解して、捺印して、説明終了です。
しかも、重要事項なので、通販と面談で、内容が違うということがないのです。

現在、誰と、どのような話をしているのかわかりませんが、こうしたトラブル処理の
専門家(弁護士や支店長クラス)が出てくると、先に述べたように、郵送で
やり取りをしたのだから、捺印をしてある時点で、全てを理解したことになる……
と主張してくることが予想されます。

そんなバカな……とお考えになるでしょうが、
「通販には、法律上のクーリングオフがない」
ということと同じなのです。
なぜなら、通販では、全て理解して申し込んだことになるので、
申し込みの撤回はできないのです。
聞いていない、知らない、読んでいない、ということが通用しないのです。

●さて、ここからが本題です。
では、どのように「交渉」するか、です。
交渉において重要なことは、何を要求するのか、ということです。
なぜ、要求するのか、という理由が必要です。
そして、お互いに納得できる妥協点を探す必要があります。

そうでなければ、裁判となります。
「保険業法違反だから、お前が悪い」と言えば、「なら、どうぞ、訴えてください」
ということになります。
保険会社は訴えられることに慣れています。
そのために高い給与を払って、顧問弁護士を雇っています。
勝ち目が100%ないなら、さっさと折れますが、勝てる見込みがあるならば、
決して妥協しません。
それでは、費用も時間もかかりますから、質問者様にとって得策とは言えません。

話を戻しましょう。
交渉相手は、責任ある地位の人、例えば、支店長クラスが良いでしょう。
次に、何を要求するのか?
例えば、
(1)転換時点での解約払戻金+現時点での解約払戻金を要求する。
(2)転換時点での解約払戻金を要求。この時点で解約したことにして、以後、支払った保険料の返還を求める。
(3)転換しなかったことにして、保険を継続させる。差額は、支払う。
などなど色々な要求が考えられます。
保険会社にしてみれば、相手が何を要求するのかわからなければ、交渉のしようもありませんし、絶対に非も認めません。
まずは、何を求めるのか、明確にすることです。
(1)が妥当でしょう。
そして、それを直筆のメモにして、相手に渡すことです。
次に、要求する理由の説明です。
これも、メモを使って説明します。
転換や重要事項の内容の説明不足により、解約払戻金がそのまま継続していると
理解していた。
保険料の減額が希望であって、解約払戻金の減額は希望していなかった。
転換の設計書などをもらっていなければ、それも加えます。
面談云々は、当面は、言わないことです。
という説明をして、メモを渡します。
こうした交渉で、また、言った・言わないという話が出てくると、ややこしくなるだけで
何の得もありませんから、必ずメモを使います。

第1回の交渉はこれで終わり。
主張するだけ主張して、帰って良いです。
相手の主張は聞かずに、後日、相手側の主張を聞くために、次回の面談の日程だけを
決めます。
第2回は、相手の主張を聞くだけ。
それに対して、反論は一切しません。
すぐに反論しようとすると感情的になったり、良い反論が思いつかなかったり、
ろくなことはありません。
第3回目は、こちらの反論を伝えます。
このように、何回か交渉をする覚悟でいてください。
時間はかかりますが、これが最も確実な方法です。
そして、相手が納得できる要求ならば、話はスムーズに進みます。

ご参考になれば、幸いです。

質問者様の要求は、何をどうしたいのでしょうか?
そこが最も重要です。
その要求を達成するために、何をしなければならないのか、ということを考えます。

その前に……
『現在49歳で29歳から……加入から15年目の更新時に当る平成14年に……』
計算が合いません。
29歳で15年目ということは、44歳。
この年が平成14年と言うことは、今は、平成21年なので、7年前。
計算だと現在51歳になります。

こういう話の場合……
H元年の何月に契約、何歳
H14年の何月に転換、何歳
という...続きを読む

Q主契約のみ残すって不可能なんでしょうか??

主人が住友生命の5年ごと利差配当付終身保険に加入しています。月々の保険料が高い為、医療保険とガン保険をアフラックのものに加入して、主契約のみ残す予定でした(FPの方のアドバイスにより)。で、先日、住友の営業担当の方に「主契約のみ残して特約を全て解約したい」と申し出たところ、5千円以下の保険料にはできないとのことで、主契約と介護保障を残す流れとなりました。主契約の死亡保険金額は終身で100万です。この様な規定(5千円以下の保険料にできない)というのは普通にあることなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも、いろいろいますので、ご注意を。

>月々の保険料が高い為、
だったら、一番保障比コストが高い(貯蓄性があるが)のは、終身保険です。そもそも、100万の終身保険を解約する方向で検討はしたのでしょうか?また、その終身保険(主契約)は、いつのご契約(転換してる場合は、最終転換時期)でしょうか?

1995年あたり過ぎてからの契約なのだったら、主契約はそんなに予定利率高くないのですし、主契約残すために、不必要と思ってた介護保障が付いてくるのは、本末転倒です。

・払済保険できないか調べてください。(この事は、FPからは説明受けましたか?)
・払済保険できない場合は、すぱっと解約して、新たに単独で終身保険はいるか、もしくは、解約によって捻出された解約返戻金+、銀行積立で、終身保険分100万を確保していく手法もご検討ください。

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも...続きを読む

Qスミセイ保険ファンド(01)での運用

保険にあまり詳しくないので教えていただきたいのですが・・・

今主人がスミセイの生命保険と保険ファンドの契約をしております。
担当者からは「保険ファンドはいつでも引き出し可能な上、最低利率が1.5%なので銀行に預ける感覚なのに、それよりお金が増えます」といった感じで説明を受けております。

ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。
生命保険のことは、保険料が上がるタイミングで他社も含めて見直そうと思っています。

今回お聞きしたいのが、100万円ほど余裕資金があり、その運用についてです。
特に使う予定もないので、保険担当者の言うように保険ファンドが銀行預けるより利率がいいのなら
貯蓄目的で一時払い込みで入れようかと思っています。

しかし、本当にそれでいいのか不安に思ったので詳しい方にお話を伺えたらと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

銀行は経営破綻しても預金保険機構によって元本1000万円+利息まで保護されます。
生命保険は経営破綻した場合90%を上限に生命保険契約者保護機構によって保全されますが、貯蓄性のある保険は利率が下げられる可能性が高いです。

「ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。」という点はその通りで、そのファンドと解約返戻金を下取りしてしまうわけです。そのピークは10年更新型であれば7~8年目ぐらいですので、そのタイミングを狙ってわけわからいうちに「契約転換」されてしまうわけです。下取り価格が120万円あるとすれば毎月1万円を新しい保険に充当しますので、実質3万円の保険料が2万円になるという仕組みです。

「保険料が上がるタイミングで他社も含めて見直そうと思っています。」とありますが、それは健康診断で何も問題が無いという事が前提となります。見直す時点で健康状態に問題があれば今の保険を満了まで更新し続ける以外に選択肢が無くなる可能性もあります。

今の保険料は月払いですか?もし月払いなら年払いという選択肢もあります。
年払いにしたら3~4%程度は保険料が節約できます。2%未満の利息や予定利率より魅力があると思いませんか?

それでも保険ファンドが良いと思うならば預けても良いでしょう。

銀行は経営破綻しても預金保険機構によって元本1000万円+利息まで保護されます。
生命保険は経営破綻した場合90%を上限に生命保険契約者保護機構によって保全されますが、貯蓄性のある保険は利率が下げられる可能性が高いです。

「ネットで調べたところ、何年後かに生命保険料が上がる時、積み立てたファンドを充てて(見た目上?)負担が増えないようにしたり・・・といったことに利用されるとの情報も得たのですが。」という点はその通りで、そのファンドと解約返戻金を下取りしてしまうわけです。その...続きを読む

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

Q生命保険の解約に時間が・・・

今日今まで加入していた生保を解約しようと電話をしました。
加入する時の営業の人は同じ町内に住むおばちゃんで、直接かけても、すんなり解約できないと思い本社サービスセンターに直接電話をし、解約してくれるよう言いました。
すると「わかりました。後日担当者の方から解約についてのご連絡をいたしますのでお待ち下さい」と言われました。
『担当者とは誰ですか?』と聞くと「○○です」と、私を勧誘した営業のおばちゃんの名前を言われました。
それなら最初から直接すればよかった・・・と、電話を切ってすぐに
担当者に電話しました。
そして解約の旨を伝えると「本社に確認してから連絡します」と・・・
『先程本社のサービスセンターに電話しました。担当者から連絡させるということだったので直接電話したんです。12月分の保険料は払いたくないので今月中に解約の手続きをして欲しい』と言うと
「できるだけ、そうなるように本社に言ってみるけど・・・すぐに解約できるもんじゃないからもう少し待って欲しい」と・・・
「12月中ごろまでにはしてあげたいと思ってる」とか・・・

正直、解約をさせないようにもしくは考え直させる為の時間稼ぎだと思うんですけど、地元のおばちゃんだけに強く言えなくて一旦は電話を切りました。
本来、解約の手続きってどれくらい時間がかかるものなんですか?
27日に来月分の保険料が引き落とされるんですけど、引き落とされたとしても返金されるよう今月中には解約したいんですけど、無理なんでしょうか?

こういう場合どうすればすんなり解約できるのかアドバイスお願いします。

今日今まで加入していた生保を解約しようと電話をしました。
加入する時の営業の人は同じ町内に住むおばちゃんで、直接かけても、すんなり解約できないと思い本社サービスセンターに直接電話をし、解約してくれるよう言いました。
すると「わかりました。後日担当者の方から解約についてのご連絡をいたしますのでお待ち下さい」と言われました。
『担当者とは誰ですか?』と聞くと「○○です」と、私を勧誘した営業のおばちゃんの名前を言われました。
それなら最初から直接すればよかった・・・と、電話を切っ...続きを読む

Aベストアンサー

補足についての回答ですが、
書類は送付できます。どんな書類でも。
貸付も配当金払出も、もちろん解約もです。

仮に担当者が(東京)で、契約者が(大阪)だったとしたら
書類を持っていくわけにいきませんから、必然的に郵送となります。
訪問する理由も「解約防止」です。
解約理由で「保険料払込困難」「資金必要」がありますが、金銭的なことであれば契約転換(乗り換え制度)、貸付・(あれば)配当金払出などを薦め、解約防止。「他社乗換」に関しては諦める営業職員もいるようですが、
上回るベテランは自社の商品をまた勧めてくるというのが特徴です。
一般的に何もいえなくなるのは「他社乗換」ですが、
あれこれ言われるのが嫌だと思いますので、「必要性がない」とでも言って無視です、無視。

あとは、住所のご変更があったとのことですが
まず、住民票は必要はありません。
解約請求書に「現在の登録住所と相違している場合は記入ください」
という欄があれば、そこに記入すれば大丈夫です。
※各社手続き書類が異なるので断言はできませんが、私の会社ではそうなっています。
解約処理が完了すれば通知が発送されますが、記入していない場合は
旧住所へ発送されてしまいます。

公的書類が必要とするのは、改姓・改名があったときなどですので
住所変更だけであれば必要はないので安心してください。

私がいうのもなんですが、営業職員は自分のことしか考えてませんからね・・・
解約や保全は金にならんのは、後回しです。
それが現状・・・。
新契約のときは、サッサとするくせにです。
だから、保険会社は嫌われるんですよね(;´Д`A ```
放置するからクレームになり、信用がなくなる。
悪循環です、全く・・・。

あ、また愚痴です。
これからまた保険に加入するときがあると思いますが
慎重に選んで加入してくださいね。

補足についての回答ですが、
書類は送付できます。どんな書類でも。
貸付も配当金払出も、もちろん解約もです。

仮に担当者が(東京)で、契約者が(大阪)だったとしたら
書類を持っていくわけにいきませんから、必然的に郵送となります。
訪問する理由も「解約防止」です。
解約理由で「保険料払込困難」「資金必要」がありますが、金銭的なことであれば契約転換(乗り換え制度)、貸付・(あれば)配当金払出などを薦め、解約防止。「他社乗換」に関しては諦める営業職員もいるようですが、
上回るベ...続きを読む

Q住友生命の保険ファンドについて

住友生命の生命保険に入っており、保険ファンドとして毎月4000円積立をしております。
現在ファンドに引き出し可能額分として約30万円ほど貯まっているのですが、急にお金が必要になり、全額下ろそうと思っています。
どのような不都合が起こるのでしょうか?
保険金が減額になるとか?解説を読んでもよくわかりませんので、
詳しい方どなたか教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

保険ファンドは保険会社に預金しているようなもので、その4000円は保険でも何でもありません。
ですから積立金を全部引き出しても保障内容に影響はありません。
では何のために「保険ファンド」は存在しているのか?
この保険は「更新型」といって10年毎に保険料が上がっていくタイプです。
10年後保険料が上がることを皆さん嫌いますので、保険料が上がらないように保障を落とすかこの「保険ファンド」を下取りしてしまう仕組みになっています。
そうするとこれから保険が必要となる60歳以降、継続できなかったり必要な保障がなくなったりする、いわゆる「保険難民」になっていくわけです。
現在ご健康ならこんな保険はできるだけ早いうちに解約して必要なだけの「死亡保障」と「医療保険」を別々に契約することをお勧めします。

Qもうすぐ、生命保険の更新ですが・・・

住友生命に年払いで約13万円の保険料を払い続けて16年近くになります。

子どもがもうすぐ社会人になる予定です(なれればですが)ので、万が一の場合の子どもの生活費や教育費は、心配しなくてもよくなります。

それで、住友生命を解約して、国民共済のような掛け金の負担の少ないものに代えようかとも思います。

でも、16年前に入った生命保険は、率の良い時だったので、解約したらもったいないということも、何かで読みました。

★このままで良いのでしょうか?

★「払い済み」にする方法もあると聞きましたが、どういうことでしょうか?

★解約と払い済みはどちらが良いのでしょう?

もうすぐ、住友生命のセールスレディが、更新に関して、説明に来るそうですので、その前に、いろいろ情報を知っておきたいと思います。

後悔しないように、良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

 「共済などに変える」共済の場合は、病気入院などの保障が60~65歳で無くなるか、残ってもわずかなものですので、これから死亡保障よりも入院保障という方には不向きです。
「このままで良いか?」更新で保険料が上がるだけなので、定期保険特約(掛け捨ての死亡保障)を減額したほうが良いでしょう。また、ご健康であれば、今のうちに終身の医療保険(単独)に入られてはいかがですか?カタカナ生保やひらがな生保にあります。色々な条件を選べるのはソニー生命かな?
「払い済みとは?」今までに貯まっている解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金)を利用して、以後の掛け金を払わずに終身保険だけを残す方法ですが、住友生命は昨年契約者を馬鹿にするかのごとく、払い済み後の保険金額が500万円を超えないと、払い済みに出来ないようにしました。おそらくあなたの場合は500万円の終身保険が残らず解約ということになるでしょう。
 ともかく、健康な場合は終身医療保険と2~300万程度の終身保険(葬儀費用)で良いのではないでしょうか?ただし、くれぐれも先に入ってから今の保険を解約しなければ無保険状態になりますのでご注意下さい。

 「共済などに変える」共済の場合は、病気入院などの保障が60~65歳で無くなるか、残ってもわずかなものですので、これから死亡保障よりも入院保障という方には不向きです。
「このままで良いか?」更新で保険料が上がるだけなので、定期保険特約(掛け捨ての死亡保障)を減額したほうが良いでしょう。また、ご健康であれば、今のうちに終身の医療保険(単独)に入られてはいかがですか?カタカナ生保やひらがな生保にあります。色々な条件を選べるのはソニー生命かな?
「払い済みとは?」今までに貯まっている解...続きを読む

Q積み立ての保険を中途解約すると戻る金額は?

現在 夫の私、妻、そして積み立て保険に加入しております。
そのうち積み立ての保険だけ解約を考えています。

住友生命で5年ごと配当付定期積み立て保険とかなんとかそんな名前だったと思います。

2年2ヶ月前から妻名義で毎月8千円の積み立て
3ヶ月ほど前に妻が4万円の引き出し

私の中の考えでは8千円×26ヶ月=20万8千円 ですが
妻が4万円引き出した後の通知では
残り6万?円引き出せますといった内容が書いてありました。
(引き出した当時は24ヶ月頃です)

保険会社に電話で聞いた感じではファンドという言い方をしていたので
積み立てた内の決まった何割かまでしか引き出せないのかなと理解したのですがどうなんでしょう?

引き出した4万円プラス6万円で20万円には遠く及ばないですよね。
解約した場合は4万円も含めると17、18万円ぐらいは戻ってくるのでしょうか?

契約をした時に途中で解約すると積み立てた金額より少なくしか戻せないというのは
聞いていたのですが実際はどのぐらいなのか分かりません。
ファンドから利用しようとしてるから合計10万円ぐらいなだけで解約の場合は
もっと戻ってくるのでしょうか?

妻は難しい話が理解できず、私が直接保険会社に電話しても本人からでないと
お答えできませんと言われてしまうので困っています。

給料が2ヶ月ほど遅れているので積み立てだけでも解約と思ったのですが
どなたかアバウトな数字で構いませんので教えて下さい。

現在 夫の私、妻、そして積み立て保険に加入しております。
そのうち積み立ての保険だけ解約を考えています。

住友生命で5年ごと配当付定期積み立て保険とかなんとかそんな名前だったと思います。

2年2ヶ月前から妻名義で毎月8千円の積み立て
3ヶ月ほど前に妻が4万円の引き出し

私の中の考えでは8千円×26ヶ月=20万8千円 ですが
妻が4万円引き出した後の通知では
残り6万?円引き出せますといった内容が書いてありました。
(引き出した当時は24ヶ月頃です)

保険会社に電話で...続きを読む

Aベストアンサー

参考になればと思います。
商品の内容としては先のご回答で間違いないような気がします。
現在の積立部分についてですが、お手元の保険証券内に【保険ファンド(積立金)】という記載は無いでしょうか?

上記の保険ファンドの記載があれば、、、
記載の月額×26ヶ月-4万円=○○←が概算の解約金になるかと思いますよ。

お支払いの金額全てが【保険ファンド(積立金)】にまわっていればいいですが、積立をするハズだったのに・・・保障保険料に大半を掛けてしまい積立にはほとんどまわっていなかったっっっという方も多くいらっしゃるようですので確認してみてはと思います。

参考になればさいわいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング