ベルリン旅行の予習に最高な映画3選

保険について全く知識がありませんので詳しい方宜しくお願い致します。
ご契約内容の概要を今見ています。
主人(36歳)が加入している生命保険が朝日生命の保険王の利率変動積立型終身保険なのですが、現在の保険料¥25、787で次回更新時には¥49、173と書いてあるのですが、高すぎてびっくりしてしまいました。(更新はまだ先ですが)

一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?それともある程度になったら違う種類の保険にするのでしょうか?
利率変動積立型終身保険は専門家の方からみてどうなのでしょうか??

理想は、¥15、000から¥20、000まで、保険料の更新がなく、60歳で保険料を払い終わり、一生保障があるタイプなのですが。(こんな都合の良いものはないかもしれませんが)

これは主人が独身時代から加入しているものですが、社会人になってから知り合いに勧められるがまま加入したものだそうです。今までも担当者に言われるままに加入(保険の種類など)してきたようです。

昨年結婚し、ようやく落ちついてきたのでわたしの保険も含め見直しをしようとしているところです。

保険会社の担当の方に色々聞いてみようとも思っていますが、デメリットを聞けないようなきがして、こちらに投稿しました。

分かりづらい文章ですが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?



ややこしくて悪いのですが、積立利率変動型の終身保険は多数あるものの、利率変動積立型終身保険というのはそんなに無いので一般論でと言うのは朝日生命の保険王の一般論と言う事になるかもしれません。
保険王は定期保険系の特約により10年毎で保険料が上がっていくと思います。特約が期間10年と言う事は、10年後にその年齢の保険料で再計算されるので保険料が上昇します。
保険王に加入していると言う事はその前にも保険に入って転換していないでしょうか。そうすると場合によると保険料は毎月の保険料だけでなくアカウントから取り崩されていて実は負担がもっと多い、と言う事が無いとは言えないと思います。
希望があるようですが解決策はなかなか分らない、と言う状況と思いますので、一度相談に行ってみては如何でしょうか。最近は多数の保険会社を同時に扱う保険代理店が増えていまして、保険会社の良いとこ取りの提案をしてもらえる可能性もあります。(死亡保障はここ、医療はここ、がん保険はここ、と会社よって得意分野が異なります。)店員やプランナーの主観に左右されますが、少なくとも保険会社の論理で都合の良い保険を勧めるという事はないかと思います。
http://www.hoken-shop.info/
    • good
    • 1

(基本はFP等に相談されることをお勧めしますが、簡単に…)


保険料が高くなるのは、利率変動積立型終身保険だからではなく、特約で付いている「定期部分」の支払額が更新の際に高くなるからです。
※保険は契約時(更新時含む)の年齢が高くなる程、月々の支払いが増えます。

・保険料の更新が無く
・60歳で支払い終了
・一生保障

となると終身保険60歳払込済で考えるのがまず第一かと思います。
しかし、一生保障と一言で言っても「いつ死んでも1000万欲しい」「若いうちは額が多く、高齢で死ぬときは低くてもいい」などと内容は異なりますので、まずは必要な金額を考えられると良いかと思います。
また、支払い期間も65歳払い込み済みなどもありますので、専門家の方に相談して、各種条件での見積もりを出してもらうのがよいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多数のお返事ありがとうございます。

お礼が遅くなってしまいましたが、ありがとうございます。
アドバイスをくださった皆様への投稿をこちらにまとめさせて頂きます。

ご指摘の通り、保険の内容以前に、保険内容がわかっていない時点で私たちにとって良い保険とは言えませんね。

さっそく専門家の方に相談にのっていただくことにしました。

今度加入する保険はしっかり内容を理解してから加入する事(当たり前の事ですが)にします。

また、質問させていただくことがあるかとおもいますがその際は宜しくお願い致します。

お礼日時:2008/01/16 00:05

保険は,内容を理解してから加入すべきだと思います。


逆に,内容が理解できない保険は加入すべきでないと思います。
自分の人生の伴侶となる保険ですから。

質問者さんもおおよそ保険会社の説明を聞かれていると思うので,
生命保険(医療保険)とは,若い頃は病気もケガも回復が早いので,
保険料(毎月の掛け金)が安い,だんだん高齢になってくると,
病気やケガの確立も高くなってくるので,保険料(毎月の掛け金)
も高くなってくる,ということはご理解されていると思います。

保険料が,2万5千円から4万9千円に上がるというのは,
最初に加入した時の保険は,保険継続期間が契約当初から10年とか
20年とかの区切りの良い時期だと思いますが,その更新の時期の
年齢で保険料が計算されるからです。
すなわち,年齢で決定される保険の単価が上がるので,同じ掛け金
で同じ保障は得られなくなります。

もちろん,保険料が再計算されるときに,保険加入者は,
(1)値上げ後の金額でも良いから継続更新する。
(2)毎月の掛け金は変えたくないから,保障をどこか削って,
 外見上,掛け金が上がらないようにして継続する。
(3)それまでの保険をあきらめて,毎月支払うことができる掛け金の
 違う保険に入り直す。
の選択を迫られます。

それで,(3)の手段を選ぶのであれば,保険会社の営業担当者は,
新しい保険商品が販売できる(手数料が新たに得られる)ので,
喜々として新しい保険商品を勧誘します。

実際のところ,若い頃に加入した保険は上記のとおり,確かに
掛け金が安いので,更新する(掛け金が上がる)時が,保険を
再度考え直す好機になるわけですが,その時の年齢では,掛け
金は高くなってしまうので,こういうことをやっていては,
加入者にとっては不利益しかないです。

前提の話が長くなりましたが,朝日生命の保険王は,
「積立利率変動型終身保険」ではないです。
いろんな保険が組み合わさって,さらに「積立金」も組み合わ
さって,はじめて1つの商品になっていることがウリなので,
「積立金」の部分は,確かに積立利率変動の貯金みたいな感じ
でしょうけど,保険部分は単なる「定期保険」もあるし,
「終身保険」も「医療保険」も組み合わさっていますよ,という
感じになっていると思います。
「積立金」の利率が低いので,保険部分の掛け金の高騰分を
網羅できるほどは貯金になっていないと思います。

おそらく,設計書(契約書)をよく見ると,終身保険の部分は
掛け金はずっと変わらず,定期保険の部分の掛け金が変わるので,
4万9千円の掛け金と積み上がっていくのだと書かれていると
思います。
終身保険はその性格上,もともと単価(保険金100万円あたりの
掛け金)が高いので,ぶ厚い終身保険を求めるとその掛け金も
高くなってしまいます。
保険王では,見直すとしても「終身保険の見直しは最低○万円から」
となってないですか?

なので,保険料の払い込みは60歳までにしたい,とか,掛け金は
高騰させたくないということであれば,
・「終身保険」「医療保険」「がん保険」は別個で契約する。
・保険期間(継続期間)は終身
・保険料払込期間は60歳まで
という条件で,各社のパンフレットを取り寄せ,保険料の比較を
して,自分に合った保険を選び直すのが良いと思います。
    • good
    • 0

>一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?


加入していることで得られる保障が必要ならば支払う人もいるでしょうし、
保障を削ることで、保険料を予算内におさめる人もいるでしょう。
解約する人もいるでしょう。

>理想は(略)一生保障があるタイプ
保険王はいったんお金を「積立金」に入れ、その積立金から
介護、死亡、医療、がん・・・保険の保険料を支払うようにできています。
60(65)歳になった時点で、「積立金」の額に応じた終身保険を買うことができます。
積立部分がわずかならば「終身保険」は買うことができません。

ところで、質問者様は保険料のことばかり書いていますが、
保障内容はどのようになっていますか?
保険王は設計書も証券も、とてもわかりにくいのですが、
¥25,787も払っているのですから是非解読してください。
    • good
    • 1

外資系生保で営業をしています。



生命保険は金融庁認可商品ですから、商品によって良い悪いはあまりありません。
加入する方に合った内容で、ご本人が納得できる保険が良い保険です。
ですから、ご主人にとって現在の保険はあまり良い保険だとはいえないかもしれませんね。

ここで一から細かく説明するのは難しいので、一度、信頼できる専門家に相談なさると良いと思います。
信頼できる専門家とは、保険会社の営業マンでも代理店でも構いません。
口コミが一番なので、お知り合いの方に良い人をしらないか、聴きまくってみましょう。
きっとよい方が見つかると思います。
    • good
    • 0

applen1さん



>利率変動積立型終身保険は専門家の方からみてどうなのでしょうか??

私は、専門家ではなく、単なる一消費者にすぎませんが、一言二言コメントさせていただきます。

良く分からない保険に加入しているという意味で、現在applen1さんのご主人が加入している保険は、ご自身にとって良い保険とはいえません。
今のapplen1さん家の状態は、保険会社に保険料を寄付している状態だと思います。少し厳しい言い方をすれば、お金をドブに捨てている状態ともいえます。
少し難しいかもしれませんが、この商品の解説があります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/057 …

保険に加入する要件は、
1.何のために加入するか(遺族の生活保障のため、契約者自身の医療保障のため、etc)
2.いつまで保障してもらうか(10年間、子供が成人するまで、一生涯、etc)
3.いくら保障してもらうか(公的保障である遺族年金を補足する程度、遺族が一生涯3食昼寝つきの生活ができる程度、etc)
このようなものがあります。

保険営業員から、applen1さん家にとって良い提案を引き出すためには、ご自身も少し保険について知識を持つことも重要です。

最後に、ご加入の生命保険会社に対する評価しているサイトをご紹介します。
(1)最新生保格付データ http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm
(2)生命保険会社ランキング http://www.hoken-pd.com/rank01.html 
これらで高い評価を得ている会社が、applen1さん家にとって良い提案をしてくれるとは限りませんが、ひとつの参考指標にはなると思います。

ご参考にしていただけると幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険を解約すると積立金がほとんど0に

息子の生命保険を親が支払っていたのですが、これから息子に支払いを替えようと思っているのです。入っている保険は、朝日生命の「保険王」です。「保険王プラス」への変換を勧められました。息子が、今の保険をそのまま継承するか、解約して、他の保険にするか分からないので、説明を受けたのですが、いま、解約すると、積立金が約150万円あるのですが、解約払戻金はほとんどなくなる(確か5000円程度)と言われました。(平成16年に契約)しかし、その金は必要なことに使うことはできると言われました。たとえば、結婚資金に使ったとして、その後解約するようなことは、道義的にはもちろんですが、できませんよね。そういうやばい方法ではなくて、朝日生命のままでいいですから、積立金がうまく使えるようないい方法はありますか?たとえば、医療保険の一括支払いに当てるとか。朝日生命自身に聞いたほうがいいですよね。

Aベストアンサー

「いま、解約すると、積立金が約150万円あるのですが、
解約払戻金はほとんどなくなる(確か5000円程度)と言われました」

この説明は、あり得ません。
積立金とは、解約払戻金よりも少ない金額です。
つまり、解約払戻金が積立金を下回る事はあり得ません。
ただし、保険の種類によっては、積立金を引き出すときに
数%の手数料がかかる場合があります。

担当者の説明ではなく、保険会社に電話をして、
お聞きになってはいかがでしょう。

Q朝日生命は?

現在、保険加入について検討中です。

知り合いの方が朝日生命で働いているので話を聞いたところ、朝日生命が一番良いよ(^^)と言われました。

良いと言われた点は、以下の通りです。
.120日型である。
.生活習慣病をつけると、ガンなどになった時は何度でも一時金がもらえる。
.手術の幅が広い。

今提案されているのは
保険王プラスです。

医療保険II型
1日、5000円
入院サポート、50000円
女性特約5000円
特定損傷、50000円
生活習慣病200倍、5000円です。

保険料は5700円ほど、、
保険期間は、50歳までです。

説明を聞いていい保険だというのは分かるのですが、ちょっと値段が高いような気がします。

他に気になっているのは、オリックス生命かアリコ生命です。

その事を、知り合いの方に伝えたところ、外資系の保険は良くない。保険の内容を理解していいるひとは入らないと言われました。

医療保険は、本当に朝日生命が良いのでしょうか?

オリックス生命やアリコ生命は人気のような気がしますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、保険は、「知り合いから契約してはならない」
というのは、業界の常識です。

病気の場合には、人には知られたくないという場合があります。
極端な話、レイプされて入院するとき、エイズで入院するとき、
それを知人に知られても平気だという覚悟が出来ていますか?

知人に知られるのが嫌で、妊娠中絶したことを告知しなくて、
告知義務違反をして、契約解除されてしまった。
未婚で流産したことを知られたくなくて、
給付金を請求できなかった……
などなど、この手の話は話題にならないぐらい、たくさんあります。

次に、自分の会社の保険が一番というのは、当然のことです。
しかし、「外資系の保険は良くない。保険の内容を理解している
ひとは入らない」という根拠はどこにあるのでしょうか?

外資系の何が良くないというのでしょうか?
例えば、外資は撤退があるという人がいます。
でも、過去に日本で破綻した保険会社は、すべて国内生保です。
外資は、支払いが厳しいという人もいます。
でも、組織的不払いで問題になったのは、国内生保です。
などなど、ああいえば、こういうで、
何の根拠もない。

>人気のような気がしますが、どうなのでしょうか?
人気なんて、何の意味があるのでしょうか?
質問者様は、AKB48が人気だからといって、
握手会やコンサートに行きますか?
例えば、売れているという意味ならば、アフラックが一番です。
ですが、売れているから、それが質問者様にとっても
良い保険かどうかは別問題。

では、どうするのか?
医療保険に何を求めるのか?
ということをはっきりとさせてください。
例えば、色々な保険のパンフレットを取り寄せて、
医療保険とは何か、ということを確かめてください。

次に、パンフレットをいったん、はずれて、
どんな保険が欲しいのか、何が必要か、
ということをイメージしてください。

そして、そのイメージに近い保険を探してください。
それが、質問者様にとって、必要な保険、欲しい保険でしょう。

まず、保険は、「知り合いから契約してはならない」
というのは、業界の常識です。

病気の場合には、人には知られたくないという場合があります。
極端な話、レイプされて入院するとき、エイズで入院するとき、
それを知人に知られても平気だという覚悟が出来ていますか?

知人に知られるのが嫌で、妊娠中絶したことを告知しなくて、
告知義務違反をして、契約解除されてしまった。
未婚で流産したことを知られたくなくて、
給付金を請求できなかった……
などなど、この手の話は話題にならないぐらい、たくさんあ...続きを読む

Qアメリカンファミリーの特約MAXとEVERについて

みなさんこんにちは。
現在AFLACの「特約MAX10年更新型」を契約しています。

実は妻が妊娠中毒症で4日間入院したのですが、
現在の契約だと入院では5日からでないと保険金がおりないのです。

非常に悔しい思いをしたので今後の為、
特約MAXを終身型(1日から出る)に変更しようと思ったのですが、
同社の同じような商品で「EVER」というものがあります。
パンフレットを見ると微妙に内容が似通っていて、
ひょっとしたら金額面から、
「特約MAXを解約してEVERにした方がいいのかな?」
なんて思ってきました。

この二つの保険を比べた場合のメリットとデメリットを教えて下さい。

P.S.
現在妻は26歳です。

Aベストアンサー

No.1の方に補足させてください。
「EVER」は終身医療保険の単品商品では、同じ保障内容の商品と比較した場合、かなり安いと思います。でも一回の入院で保障される日数は60日までです。
60日×5,000円=30万円(+手術給付金α)、この金額ならひょっとして貯金でまかなえるかも、という微妙な金額ですよね。
一方、「特約MAX終身型」はというと、一回の入院で120日(180日タイプもあります)で、この場合60万円(+手術給付金α)という金額になります、この金額ならどうでしょうか?
ここまで書くと、「特約MAX終身型」の勝ちかなと思いますが、万一がんになった場合は、
がん保険+特約MAXの場合は、主契約のがん保険からのみ入院給付金が出ます。(手術給付金は両方からでます。)
がん保険+EVERの場合は、入院も手術も両方から支払われます。
で、アドバイスをさせていただくなら、今のがん保険で入院給付金が不足だと思われるなら、この際「EVER」に切り替えもありかなと思いますが、そうでなければ特約MAXを終身型にしたほうが良いと思いますがいかがでしょうか?
余談ですが、ソニー損保の「SURE」を覗いて見てください、チョット悔しい思いをするかもしれません。

No.1の方に補足させてください。
「EVER」は終身医療保険の単品商品では、同じ保障内容の商品と比較した場合、かなり安いと思います。でも一回の入院で保障される日数は60日までです。
60日×5,000円=30万円(+手術給付金α)、この金額ならひょっとして貯金でまかなえるかも、という微妙な金額ですよね。
一方、「特約MAX終身型」はというと、一回の入院で120日(180日タイプもあります)で、この場合60万円(+手術給付金α)という金額になります、この金額ならどうでしょうか?
ここまで書くと、「特約MAX...続きを読む

Q通帳の名義変更とクレジットカードの引き落としについて

こんにちは。長文ですがどうぞ読んでください。

クレジットカード(JCB)の引落しが10日で、名義変更の書類が10日までに届けば翌月から、10日以降に届けば翌々月からの変更になるそうです。
今、書類を郵送すれば11月からの変更ということになります。
では10月の引落しはどうなるのでしょう?

10月の引落しが済んでから通帳の名義変更をしようと思ったのですが、金融機関に相談をしたら、クレジット会社に書類が届いたら金融機関に問いあわせがあるので、そのときにまだ通帳の名義がかわっていないとマズイと言われました。
じゃあ10月の引落しはどうなるのかと尋ねたら、それは落ちなくてもしょうがない、あとから督促状がくるからそれで支払うことになる、と言われました。
カードだけでなく水道や電気の公共料金もみんなそのようになっている、とも言われました。
先日大きな買い物をしたので10月はかなり高額な引落しになるはずで、それが落ちないというのは嫌な気持ちです。
だいたい名義変更ってそんなに不便なものなのですか?
残高不足でもないのに引落しできずに督促状が来るなんて、まるで私が悪いことをしたみたいで嫌です。

これは、仕方のないことなのでしょうか?
それとも私が無知なだけで、ちゃんとしたやり方があるのでしょうか?
クレジットカードの書類に『10/10の引落しが終わってすぐに通帳の名義変更をします』とメモを添付したらどうでしょう?クレジット会社で事情を汲んで融通をきかせてくださるというようなことはないでしょうか。

アドバイス、正しい手続きの方法など、教えて頂きたく存じます。
よろしくお願いします。

こんにちは。長文ですがどうぞ読んでください。

クレジットカード(JCB)の引落しが10日で、名義変更の書類が10日までに届けば翌月から、10日以降に届けば翌々月からの変更になるそうです。
今、書類を郵送すれば11月からの変更ということになります。
では10月の引落しはどうなるのでしょう?

10月の引落しが済んでから通帳の名義変更をしようと思ったのですが、金融機関に相談をしたら、クレジット会社に書類が届いたら金融機関に問いあわせがあるので、そのときにまだ通帳の名義がかわっていないとマズ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、名義変更に関する手続きと時期についてはJCBに確認済みであるのですよね?
それならば、銀行に確認したらこのように回答されたが、どのようにしたら良いのか?とJCBのカスタマーサービスに再度確認しては如何でしょうか?
適切な対処方法を教えて貰えると思いますよ。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

Q積立利率変動型終身保険って得なんですか?

学資保険を考えていたところ、プランナーに
「学資保険をやるよりは、こちらのほうがいい」と
低解約返戻金特付則積立利率変動型終身保険というものに加入しました。

毎月1万で、死亡時には220万の保障があり、10年のみの支払い。
10年後には120万の支払いに対し、124万
15年後には120万が130万になるそうです。
30年後は返戻率は131%になります。

勧められるままに加入してしまいましたが、
これって銀行に毎月1万定期預金をするより利率がいいんでしょうか?
別に死亡保障はついていなくて良かったんですが・・

Aベストアンサー

保障は保障、貯蓄は貯蓄で別々に考えなければいけません。
保険が得かという質問は得した時には自分がいないか重度の障害をおっているということです。保険は損得で考えません。

貯蓄として考えた場合、120万円が10年後に124万円ですか。毎月の積立預金で運用したと仮定するとわずか0.6%くらいの金利にしかなりませんから定期預金の方が有利です。インフレになれば預金の金利も上がりインフレに負けません。

ですが、すでに契約してしまったようですので気になることを。
低解約返戻金特則ということは支払期間の10年たたずに解約すると必ず元本割れです。また最低利率は保険会社が健全であれば確実ですが、今までの例だと予定利率を大幅に引き下げたことがありますから要注意です。保険は会社が破たんしたらおしまいですが、預金なら安全です。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング