ネットが遅くてイライラしてない!?

stricmpという大小区別しない比較関数があるらしいのですが
見たことがないもので中身はどうなっているのでしょうか?
stricmp(const char *s1, const char *s2){
//
//
}

{}内にかかれている定義を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>VC++6.0なんですが、多少異なっていてもいいので


>教えていただけたら修正できると思います.

修正するのですか?
stricmpはCRT (C-RunTime)の関数です。
具体的にはMSVCRT.DLLに含まれます。

stricmpを修正するということは
即ちMSVCRT.DLLを修正することになります。

MSVCRT.DLLのビルド方法はご存知なのでしょうか?
興味本位に修正しないほうがいいと思います。

なにかstricmpにご不満があるのでしょうか?
もし、そうなら
stricmpを修正するよりも
1)希望の動作を実行してくれる関数を探す
2)自作する
の順番で検討することを強く推奨します。

自作する場合もstricmpを隠ぺいするのではなく
別名とするなり、新たな名前空間に配置するなりして、
”オリジナルのstricmpを何時でも呼べるようにしておく"
ようにしてください。
    • good
    • 0

>{}内にかかれている定義を教えて下さい。



VS2008の場合ですが
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\crt\src\stricmp.c

にソースがあります。
他のバージョンでも似たようなものではないでしょうか?
    • good
    • 0

引き数 s1 と s2 のすべての英字を比較の前に小文字に変換して比較しているだけです。

    • good
    • 0

>#1さん


>Visual Studioならデバッグでステップインすれば関数の中身が見れますよ。

市販品が用意しているライブラリで、さすがにそれはできないでしょう。
    • good
    • 0

Google Code Searchで検索できます


http://www.google.com/codesearch?q=lang%3Ac+stri …
    • good
    • 0

ライブラリ関数の実装方式は、


ライブラリごとに多少異なると思います。
したがって、「こうです」という回答は
おそらく届かないと思います。
外部仕様がわかっているのであれば、
それに合うような実装をしてみる、というのはいかがでしょう。

この回答への補足

VC++6.0なんですが、多少異なっていてもいいので
教えていただけたら修正できると思います

補足日時:2009/05/07 15:49
    • good
    • 0

一文字一文字、(toupper/tolower関数を使って)大文字か小文字に変換して比較しているだけなのでは?



Visual Studioならデバッグでステップインすれば関数の中身が見れますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

Qint型からchar型への変換

タイトル通り、int型からchar型への変換の仕方がわかりません!><
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#include <stdio.h>


char buf[5];
int no;

no = 10;
sprintf(buf, "%d", no);

Q配列の要素数に変数を入れたいときには

よろしくお願いします。
配列の要素数には定数しか入れられないのですが,どうしても変数を入れたいときは,それを引数として関数を呼び出すしか方法はないでしょうか。
具体的には,scanfで手に入れたint型の変数を要素数とする配列を宣言したいのですが,どうすれば良いでしょうか。
ご教授ください。

Aベストアンサー

c99と呼ばれる最近の規格では、配列の大きさに変数を使用できます。
bccはc99に対応していないようです。

それ以前の規格では、動的領域確保関数 malloc や callocを使って領域を確保するか、効率等を無視してバカデカい配列を用意しておくかです。
「それを引数として関数を呼び出す」っていうのは、malloc/callocのことですか?

Qfgetsで拾われる改行文字を削除したい

お世話になります

 C言語初心者のものです。今課題でC言語を用いたプログラミングを
Fedora上でやっています。問題は、fgetsでテキストファイルから、取得
した文字列の中から改行文字を削除できないことです。文字変数のアド
レスはわかっているのですが、終端文字に置換しようとすると、セグメ
ントエラーになってしまいます。これは如何にして解決すべきでしょう
か。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポインタとかアドレスとか、C言語の用語としてあるものを別の意味に使うとまぎらわしいです。

「ポインタ」「アドレス」と言われたら、 この例なら str, str+i が思い浮びます。
「文字変数のアドレス」だと
char c ;
に対しての
&c
が思い浮びます。

配列なら「添字」、意味的には「x文字目」ですね。

> for(i=0;;i++){
> if(*(str+i)=='/n') {
> *(str+i)='\0';
> break;
> }
> }
/nが\nの間違いなら、この方法で半分正解です。もう少し広い範囲(可能なら全体)で見ないことにはなんとも言えません。
fgetsが最大文字数に達したり、ファイルの最後になったりで、strに改行文字が含まれない場合には、このループは止まりません(Segmentension Falutになって止まる)

・そのような状態になってないか、予めチェックする
・ループを終了させる仕組みを用意しておく
: forの終了条件を記述する、for中で if(*(str+i)=='\0') { break;} 等としておく、等
といった対策が必要です。


あと細かいところを言えば
・strを配列で用意したなら *(s+i)じゃなくてs[i]でいいんじゃないかな
・あるいは char *pみたいにしておいて、 iのループでなく pでループを組む( for(p=str;*p!='\0';p++) )とか。

ポインタとかアドレスとか、C言語の用語としてあるものを別の意味に使うとまぎらわしいです。

「ポインタ」「アドレス」と言われたら、 この例なら str, str+i が思い浮びます。
「文字変数のアドレス」だと
char c ;
に対しての
&c
が思い浮びます。

配列なら「添字」、意味的には「x文字目」ですね。

> for(i=0;;i++){
> if(*(str+i)=='/n') {
> *(str+i)='\0';
> break;
> }
> }
/nが\nの間違いなら、この方法で半分正解です。もう少し広い範囲(可能なら全体)で見ないことにはなんとも言えません。
fgetsが...続きを読む

Q#defineの定数を文字列として読み込む

#define A "xxx"
#define B "yyy"
と定義しておいて

scanf("%s", str)
で読み込んだ文字列strが
"xxx"だった場合、"yyy"だった場合のように分岐したいのですが
このとき

if(str == "xxx")
のように中身を指定するのではなく

if(str == AA)
のように定数で分岐させることってできますか?

上記のままではできませんが、何か特別な関数とかでできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

やりたいことの解釈ですが、(※勘違いの場合はすみません。)

1)マクロの名前(定義名)が文字列として格納された文字列 str があるとする。
 例)
   #define A "xxx"  //マクロ名=A
   char str[] = "A";   //"A"はマクロ名

2)上記の文字列 str を関数 func に渡す際に、マクロ名ではなくそのマクロで
  定義された文字列を渡したい。
 例)
   func( str );    //←この場合
    ↓
   func( "xxx" );  //←として展開される

ということで宜しいでしょうか?

だとした場合、少し回りくどいやり方かもしれませんが、以下のような文字列
変換用のマクロを定義してみては如何でしょうか?
※基本的には、他の回答者の方と同じように strcmp関数 を使用します。

■マクロ例
==============================
//文字列を定義したマクロ …※1
#define A "xxx"
#define B "yyy"

//引数を文字列として取得するマクロ
#define GETSTR(x) #x

//引数をマクロ名としてそのマクロで定義された文字列を取得するマクロ …※2
//注)<string.h>がインクルードされていることを前提とする
#define STR2MAC(str) \
!strcmp(str,GETSTR(A))? A : \
!strcmp(str,GETSTR(B))? B : str
==============================

上記マクロを使用して、関数 func にマクロ名が格納された文字列 str を
渡す場合は、
   func( STR2MAC( str ) );
のような記述になります。

前提として、※2のマクロ内でstrcmp関数を用いて文字列の照合を行って
いますので、<string.h>のインクルードが必要になります。

また、※1の文字列を定義するマクロの種類(パターン)を増やす場合、
※2のマクロの判定文もそれに合わせて増やす必要があります。

上記のマクロを使用したサンプルソースを下記に掲載致します。
注)エラー処理は行っていません。

■サンプルソース
==============================
#include <stdio.h>
#include <string.h>

//文字列を定義したマクロ
#define A "xxx"
#define B "yyy"

//引数を文字列として取得するマクロ
#define GETSTR(x) #x

//引数をマクロ名としてそのマクロで定義された文字列を取得するマクロ
//注)<string.h>がインクルードされていることを前提とする
#define STR2MAC(str) \
!strcmp(str,GETSTR(A))? A : \
!strcmp(str,GETSTR(B))? B : str

//プロトタイプ
void funcHoge( const char *str );

int main(void)
{
char sArg[128];

printf( "A or B ?>" );
scanf( "%s", sArg );

printf( "string1: %s\n", sArg );
funcHoge( STR2MAC(sArg) );

return 0;
}

void funcHoge( const char *str )
{
printf( "string2: %s\n", str );
}
==============================

■上記サンプルの実行結果
≫実行その1≪
A or B ?>A
string1: A
string2: xxx

≫実行その2≪
A or B ?>B
string1: B
string2: yyy

≫実行その3≪
A or B ?>hoge
string1: hoge
string2: hoge

以上です。

こんにちは。

やりたいことの解釈ですが、(※勘違いの場合はすみません。)

1)マクロの名前(定義名)が文字列として格納された文字列 str があるとする。
 例)
   #define A "xxx"  //マクロ名=A
   char str[] = "A";   //"A"はマクロ名

2)上記の文字列 str を関数 func に渡す際に、マクロ名ではなくそのマクロで
  定義された文字列を渡したい。
 例)
   func( str );    //←この場合
    ↓
   func( "xxx" );  //←として展開される

ということで宜しいでしょう...続きを読む

Qgcc: incompatible pointer type

以下のCソースでコンパイルすると、warning: passing arg 1 of `func_b' from incompatible pointer type
となります。
void (*p_func)() は、引数を省略しているので int として扱われるということでしょうか?

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
void func_a( unsigned char x ){
printf( "x=%d\n", x ) ;
}
void func_b( void (*p_func)() ){
p_func( 1 ) ;
}
int main(){
func_b( func_a ) ;
return 0 ;
}

Aベストアンサー

まずは訂正から。

「関数や関数へのポインタを宣言するときに仮引数リストを空にすると、仮引数はないものとして扱われます。」と書きましたが、今の C の規格では
「関数を定義するときに仮引数リストを空にすると、仮引数はないものとして扱われます。これに対し、関数の(定義ではない)宣言や関数へのポインタの宣言(定義を含む)の場合には、引数の個数や型について一切情報が与えられないことを意味します。」くらいに解釈されます。将来的には変更されるはずですが。

今の場合 void (*p_func)() となっているので「p_func は void を返す関数で、その引数の個数や型は不明」ということになります。

ではなぜ unsigned char や unsigned short のときには warning が出るのに int や char * や long では出るのかという点に移るのですが、これはおそらく過去との互換性だと思います。ANSI/ISO C 以前、つまりいわゆる K&R の時代にはプロトタイプ宣言が存在しませんでした。この時代、char 及び short の引数は int に、また float の引数は double に自動的に変更されていました。つまり、関数の仮引数として char、short、float は許されていませんでした。

今考えている例では p_func に引数の情報が与えられていないため、その引数として char、short 及び float は許されず、その結果これらの型を持つ仮引数があるような関数を渡そうとすると warning が出るのだと思います。

まずは訂正から。

「関数や関数へのポインタを宣言するときに仮引数リストを空にすると、仮引数はないものとして扱われます。」と書きましたが、今の C の規格では
「関数を定義するときに仮引数リストを空にすると、仮引数はないものとして扱われます。これに対し、関数の(定義ではない)宣言や関数へのポインタの宣言(定義を含む)の場合には、引数の個数や型について一切情報が与えられないことを意味します。」くらいに解釈されます。将来的には変更されるはずですが。

今の場合 void (*p_func)() となっ...続きを読む

Qscanf("%s", buf);でスペースを含んだ文字

コンソールプログラムで
scanf("%s", buf);
を使用してユーザに入力された文字によって処理を行いたいのですが、このままではスペースを含む文字列がスペースの手前で切られてしまいます。
C:\Program Filesなどを入力可能にさせたい場合にはどのようにするのがベターですか?

Aベストアンサー

お任せください!
そもそもscanfを使うというのはお勧めでは
ありません。scanfは文字+改行文字が入力
されないと完了しないためです。
が、それは良しとしましょう。
scanfの書式ですが、

int n = scanf("%[^\r\n]",buf);

という便利な書式があります。
perlでもおなじみの書式ですね。
上記の山文字"^"より前が読み込ませたい文字の集まりで、ハイフン指定が出来ます。
"^"より後ろが読込みを停止させたい文字の集まりです。上記の指定は復帰改行以外の文字が現れるまで読み込みます、という書式です。
下記のような指定も出来ます。

int n = scanf("%[a-zA-Z0-9\\: \t^\r\n]",buf);

なお、戻り値は読み込んだ項目数ですので、
if(n >= 1)
{
}
で判断できますね。

QLinuxのgccのインクルードパス?

Linuxのgccで、インクルードファイルやライブラリのパスを設定する方法が知りたいのですが、gccについて詳しい書籍やサイトがありましたら、教えてください。

gccとccの違いも知りたいです。

例)
#include "example.h"

このままだと、example.hが無いと表示されます。

Aベストアンサー

標準ライブラリのパスは、gccのインストール時に指定して、Cプリプロセッサの中に組み込まれます。

#include "example.h"
は、まずカレントディレクトリを探し、次に gccコマンドラインの -I オプションで指定したディレクトリを探し、最後に標準ライブラリが探されます。

#include <example.h>
は、カレントディレクトリを探さない点が異なります。

ccも基本的には同じですが、Unixの種類によって機能が異なる可能性があります。Linuxの場合はcc=gccです。

QDWORDの実際の型は何でしょうか

VC++.NETの環境です。
DOWRD dw1 = 1;
int i = 2; と定義し
ここで
if ( i > dw1 ){
何かの処理;
}
とコーディングすると
warning C4018: '>' : signed と unsigned の数値を比較しようとしました。
のワーニングがでます。
これは、DWORDがint型でなくunsigned int型のようにも見えます。
ある本によれば(VC++.V.NET逆引き大全500の極意)
DWORD はint型であると記述されています。
もし、int型ならこのワーニングはでないはずなのですが、
なぜでるのでしょうか。又、DWORDの実際の型は何なのでしょうか。ご存じのかたおりましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

型定義が知りたいのならば、宣言ファイルを見れば疑問を挟む余地もありません。
DWORD型はwindef.hで
"typedef unsigned long DWORD;"
と宣言されています。

Visual Studioを使っているのならば、知りたい型の上にマウスポインタを置いて右クリック、ポップアップメニューの「定義へ移動」または「宣言へ移動」で簡単に知ることが出来ます。

Qfreadでデータがない場合の読込値は?

あるバイナリデータからデータを読み込んでいます。

全てデータを読み込んだら、データの読み込みを終了させたいと考えています。

データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと考えたのですが、間違いでしょうか?
do~while();文を使った場合、()内には何を代入したらいいですか?

どうしてもわからなくて困っております.
ご存知の方がいましたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

>データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと
>考えたのですが、間違いでしょうか?
最後に\0は読み込まれません。
freadは読み込んだ要素の数を返します。要素のサイズが1の場合は、読み込んだバイト数が返ることに
なります。そうすると、戻り値が0の場合が、読み込みの終わりと判断することになるのですが、
読み込み時、エラーがあった場合も、freadは0を返します。つまり、エラーなのかファイル終端なのかは、freadの戻り値だけでは、判断できません。従って、その後、feofを呼び出し、ファイル終端に達しているかを確認します。ファイル終端なら、正常終了、そうでないならエラーが発生していると、判断します。


>do~while();文を使った場合、()内には何を代入したらいいですか?
do whileでは難しいです。while(1)を使用したほうが、簡単に作れます。

上記を踏まえて、作成したサンプルが、以下の内容です。
ファイル名をsample.cとして、プログラムsampleを作成後、
sample xxx
(xxxは読み込みたいファイル名)とすると、
毎回、読み込んだファイルのサイズを出力し、正常であれば「正常終了」
が、表示されます。
-----------------------------------
#include <stdio.h>
#include <errno.h>
int main(int argc , char *argv[])
{
FILE*fp;
size_trsize;
intret;
charbuff[256];
if (argc != 2){
printf ("%s ファイル名\n",argv[0]);
return 0;
}
fp = fopen(argv[1],"rb");
if (fp == NULL){
printf("ファイルオープン失敗:errno=%d\n",errno);
return 10;
}
while(1){
rsize = fread(buff,1,sizeof(buff),fp);
//読み込んだ要素数が0なら終了
//但し、これはエラーが発生したから0なのか、ファイル終端に達したから0なのかを
//区別できない(freadの仕様のため)
if (rsize == 0) break;
//とにかく正常に読めたので、その処理をおこなう。
//読み込んだサイズはrsizeバイトである
//rsizeの内容を印字して、処理とする(実際の処理は質問者が実装する)
printf("rsize=%d\n",rsize);
}
//breakから抜けたとき、ファイル終端に達していることを確認する
if (feof(fp) == 0){
//ファイル終端に達していない、つまり何らかのエラーがあった
printf("ファイル読み込み失敗:errno=%d\n",errno);
//既にエラーが起こっているのでfcloseのエラーはチェックしない
fclose(fp);
return 10;
}
ret = fclose(fp);
if (ret != 0){
printf("ファイルクローズ失敗:errno=%d\n",errno);
return 10;
}
printf("正常終了\n");
return 0;
}

------------------------------------

>データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと
>考えたのですが、間違いでしょうか?
最後に\0は読み込まれません。
freadは読み込んだ要素の数を返します。要素のサイズが1の場合は、読み込んだバイト数が返ることに
なります。そうすると、戻り値が0の場合が、読み込みの終わりと判断することになるのですが、
読み込み時、エラーがあった場合も、freadは0を返します。つまり、エラーなのかファイル終端なのかは、freadの戻り値だけでは、判断できません...続きを読む


人気Q&Aランキング