お札をコピー、ポスターに使用することは違法ですが、この場合も違法になるのでしょうか。

・肖像画を変えて使用
・近い形ではあるが、淵の模様を変える
ポスターでお札をテーマに考えているのですが、加工をした場合はOKなのか気になります。

A 回答 (2件)

なる可能性は十分あるね。


一般論として「加工した場合もNG」というのは言える。以前、簡保のポスターかなんかで郵便局が財務省から文句言われたこともあるからね。

結局は程度論なんだけど、行使の目的がない以上は通貨偽造(変造)罪にはならない。だけど、通貨及び証券模造取締法に引っ掛かる可能性は十分ある。
判例的には、例えば、手品用に1万円札類似のデザインで大きさが1.5倍の100万円札を作ったとか広告用サービス券と明示した上で紙幣類似の外観のものを作ったとかがある。

この回答への補足

加工した場合もNGなんですね。
どうもありがとうございます。

補足日時:2009/05/13 22:28
    • good
    • 0

お札自体を加工すると違法です。


が、お札をモチーフに、ということですよね。
子どものおままごと用のおもちゃのように、明らかにお札ではないとわかる仕様ならOKなのではないでしょうか。

この回答への補足

確かにおもちゃの紙幣がありますね。
どうもありがとうございます。

補足日時:2009/05/13 22:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオークションで低価格で落札される旧紙幣

祖父から旧紙幣を頂き価値などを調べていくうちに某オークションで未だに使える紙幣が異常に安い価格で落札されていたりするのですが、これって偽物の可能性はないのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

落札金額+額面なんて書かれてありませんか?

Q芸能人の肖像画は肖像権侵害?

 よく駅前などで、芸能人の肖像を描いたデッサン画や油絵を売っている人を見かけます。

 そこでフト思ったのですが、女優さんとかの芸能人を自分で描いて販売する行為は肖像権の侵害にならないのでしょうか。それとも写真であれば明らかに本人ですが絵であれば問題ないのですか?

 いくら芸能人であっても、人の顔を勝手に描いて売買すること自体おかしいと思うのです。もし本人がそれを見たら、自分の顔を描かれて金銭にされていることに憤りを感じると思います。
 
 法律的にはどうなっているのか知りたくて質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タレントの肖像ってそれ単独で商業的な価値がある
つまり、お金を出しても欲しいと言う人がいる

通常は、そのタレントさん本人の許諾=一定の財産的な補償を行ってタレントさんの写真とかグッズとかを販売している

もし、許諾を得ないものが世間に流通してしまうと、許諾を取った業者に取って不利益だしソレは結果としてタレント本人に取っての不利益となる

よって肖像権の問題でもあるし、財産権の侵害にも当たる

但し、写真なら一目瞭然だが、デフォルメしてあるようなイラスト似顔絵というレベルだと一概に○とも×とも言い切れないモノがある

何れにしても刑事上問題ではなく民事上の問題なので、街角で細々と行っているような場合には一々問題にする方が手間も面倒も掛かるので黙認されている部分もあると思われる

Q昔の紙幣高価買取について

よく昔の紙幣で価値があって高価で買い取ってくれる所があるみたいですが古い紙幣が沢山出てきたのですがどれ位の価値があるのか分からないので買取平均価格みたいなものが分かるサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ピン札で 100枚単位ならともかく 使用されている紙幣は額面以上の価値は有りません。
価格は コイン 買取で検索すればでてきます。

Q居酒屋などのポスターの肖像権

最近、昭和レトロな居酒屋などが流行っていて、映画俳優が映ったレトロな映画ポスターなどを店内の飾りとして掲示しています。
これはの肖像権はどうなるのでしょう?
また、ひどいところはポスターをコピーしたものを掲示している様です。
これもなにか権利を侵しているかと思いますがどうでしょう?
店の飾りとは言え、集客目的にポスターを利用している訳であり
どうかと。
ただ、この手の店が非常に多いので黙認されているかとも
思っていますが、その辺も事情も教えてください。

Aベストアンサー

ポスターは飾られることを目的に作っているのですから、それに写っているタレントが、ポスターの発行を承認した時点で、肖像の利用も許諾したと考えるべきでしょう。

もし映画の公開期間内しか使わないとか、関係者以外には配布しないなどの制限をつけていたのであれば、肖像権の侵害といえると思いますが、そのような特別の約束が無い限り、裁判所が、映画の公開から何日間はみとめるとか基準を作るのは難しいので、無制限に許諾したと考えるのが妥当だと思います。

もっとも、上記はオリジナルのポスターに限る話で、ポスターの複製は、当然、著作権や肖像権の侵害になります。

Qハワイでの50ドル紙幣の使い方について

ハワイでの50ドル紙幣の使い方についてよくわからないので質問します。ハワイでは100ドル紙幣と50ドル紙幣の偽造紙幣がとても多いため、50ドル以上の紙幣を出すと偽札と疑われてお店の人がしっかりと確認するとともに50ドル紙幣や100ドル紙幣での支払いをとても嫌がると聞いたのですが、本当に50ドル紙幣と100ドル紙幣はほとんど使用されない紙幣なのでしょうか?
 アメリカはカード社会のため、高額紙幣を持ち歩く習慣がなく高額な50ドル紙幣と100ドル紙幣はほとんど使われないし、50ドル紙幣と100ドル紙幣の偽札が多いため、使おうとしたらものすごく疑われると聞きました。
 タクシーに乗る際など、50ドル紙幣で支払えば都合がよいと思うのですが、20ドル紙幣2枚と10ドル紙幣1枚で計50ドルを払わなければならないのでしょうか?
 50ドル紙幣1枚での支払いのほうが金額がわかりやすくて良いと思うのですが。なお、本当に高額な物はすべてカードで支払うつもりで50ドル紙幣での支払いだけが心配です。
 使いやすいと思われる50ドル紙幣の現状について詳しい方、ぜひハワイの50ドル紙幣の流通時の信頼性について教えてください。よろしくお願いします。

ハワイでの50ドル紙幣の使い方についてよくわからないので質問します。ハワイでは100ドル紙幣と50ドル紙幣の偽造紙幣がとても多いため、50ドル以上の紙幣を出すと偽札と疑われてお店の人がしっかりと確認するとともに50ドル紙幣や100ドル紙幣での支払いをとても嫌がると聞いたのですが、本当に50ドル紙幣と100ドル紙幣はほとんど使用されない紙幣なのでしょうか?
 アメリカはカード社会のため、高額紙幣を持ち歩く習慣がなく高額な50ドル紙幣と100ドル紙幣はほとんど使われないし、50ドル紙幣と100ドル紙幣の偽...続きを読む

Aベストアンサー

ハワイってオハフ島ですか?なら、心配ありません。日本人をはじめとしたアジア人が高額紙幣を使うからです。相手も為れています。

とは言っても、高額紙幣の偽造はとても多いのでタクシーなどで使うのはお勧めできません。使うなら
・ウォールマート
・ドンキホーテ(日本のドンキと同じ)
・アラモアナショッピングセンター(あまりにも小さい店を除く)
・アウトレット
・ワイキキビーチ沿いにある大型ホテル
・ワイキキ周辺の高級レストラン
・ロイヤルハワイアンセンター
・DFS
・ABCストア(ただし、夜間や混んでいるときは嫌がられることもあり)
ちなみにABCストアでは日本のお札も使えますので、1万円札で払ってお釣りをドルにしてもらう。実質的な両替もできます。

クレジットで支払うときの落とし穴は「チップをどうするか」です。アメリカでは常に1ドル札を10枚以上キープしておいてください。たとえば2どるぐらいの商品を買うときに、手元に10ドル数枚と1ドル10枚あるなら、10ドル札を使って1ドル札をもらうぐらいの感じです。
そうしないと、チップのときに手元に現金が無くて、10ドル札とか20ドル札を出す羽目になります。

もうひとつ、クレジットカード払いのときレストランなどではチップの記載欄があります。オハフ島のお店ではあまりにもアジア人の観光客が多いため(チップの習慣が無い人が多い)、支払い時にチップを織り込んで記載しています。その際はTipと書かれていることは少なく、service chargeまたはGratutityと書かれていることが多いです。特に高級レストランやホテルはGratutity(心づけ)が多いようです。
ここに金額の記載があり、支払総額にこの金額が含まれていればチップは払ったことになります。
特に + additional Tip は気をつけてください。これは追加でチップを払いたい人が自分で記載する欄です。

ハワイってオハフ島ですか?なら、心配ありません。日本人をはじめとしたアジア人が高額紙幣を使うからです。相手も為れています。

とは言っても、高額紙幣の偽造はとても多いのでタクシーなどで使うのはお勧めできません。使うなら
・ウォールマート
・ドンキホーテ(日本のドンキと同じ)
・アラモアナショッピングセンター(あまりにも小さい店を除く)
・アウトレット
・ワイキキビーチ沿いにある大型ホテル
・ワイキキ周辺の高級レストラン
・ロイヤルハワイアンセンター
・DFS
・ABCストア(ただし、...続きを読む

Qアイドル、スクープ雑誌、肖像権、違法

アイドルのパンチラ、テレビ番組から取った画像等、どう考えても本人に許可を取っていないようなスクープ写真集が書店で堂々と売られています。これって違法ではないでしょうか。もしそうだとしたら、どうして訴えられないのでしょうか。

Aベストアンサー

訴えられてますよ。
いちいち全部に対応はしてないと思いますが、確信犯的に定期的に出しているところは何度も訴えられているようです。
関連サイトを探したのですが、ちゃんとしたのが見つからなかったので、こちらのブログを見てください。

http://d.hatena.ne.jp/tetsuto/20050128

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/tetsuto/20050128

Q新紙幣、なぜ必要?

来月から新紙幣の流通が開始されるようですね。  

このニュースを最初に聞いた時から不思議に感じていたのですが、昔は精巧な偽造紙幣が多く出回るようになり、社会生活に支障をきたすのを機に紙幣を一新していたように記憶しています。

今、流通している紙幣なんですが、巧妙な偽造紙幣が使用されたなんて事件があったのでしょうか?

あるいは法の改正などがあって、新紙幣発行後は何年かすると自動的に次の紙幣を考案しなければならない制度とかになったのでしょうか (賞味期限のように) ?

新紙幣発行に多額の国費が消費されるのですが、なぜ今、新紙幣が必要?

Aベストアンサー

リンクの通り、ここ5・6年だけでも結構あります。特に1万円紙幣の偽造が増えているのが見て取れますね。

流通している期間が長いほど紙幣のデザインは研究され、偽造防止技術は陳腐化します。一定期間で新紙幣に更新するのは当然でしょう。

・・・とかなんとかいいつつ、本音は景気刺激策(全てのATMや自販機等を新紙幣対応のため更新する必要がある)、
なんとなく人心の一新といったあたりが理由でしょうが。

参考URL:http://www.npa.go.jp/toukei/souni/h16-7.htm

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Qオーストラリアドル紙幣について

近い内にパースに行くのですが、ずっと以前にオーストラリアに行った時のドル紙幣がたくさん残っています。最近のガイドブックで調べたら、ほとんどの紙幣に印刷されている人物の顔が変わっています。私の持っている紙幣が古いせいだと思うのですが、今でももちろんこれらの紙幣は使えると思うのですが如何でしょうか。現在、オーストラリアで流通している紙幣は印刷の違う紙幣が随分とあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の個人としては、あまり旧紙幣をAUSでみたことがありません。
日本の旧紙幣を日本国内でほとんど見かけなくなっていくのと、同じようなものだと思います。

使用するには使用できますが、たまに断られるお店もあるようです。ですので、よほど心配な場合は、現地の銀行、もしくは日本の旅行会社の現地代理店などで交換されたほうがいいと思います。
ただ、銀行などでも、あまり見慣れない紙幣を外国人が持ってきて交換してくれと言うと、怪しんで断られるというケースもたまにあるようですが・・・

Q肖像権・・・肖像というのは顔ですか?

肖像権についてよく分からないことがあります。
例えば、街の風景写真を出版するとします。この場合、写真には人間が写り込むことがありますが、「その人物が誰か分からなければ」問題ないというのが肖像権なのでしょうか?
Wikipediaには姿や形が持ちうる権利とありますが、顔をモザイクで隠して、それが第3者には本人だと分からないようにしても問題になるのでしょうか。というのは、その本人が自分だと分かって(例えば唯一無二の特別な服装で自分だと分かったとした場合)姿や形の権利を主張した場合どうなるのかが気になるのです。
文章が雑になってしまいましたが、販売を目的とする写真撮影に写り込んでしまった人は、顔にモザイクを掛ければ全く問題ないのかどうかを知りたいのです。
どなたかお詳しい方、ご教授願います。

Aベストアンサー

よほど著名人でなければ、顔だけで結構です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報