コンビニを経営したいと思うのですが、どのチェーンも
平均して400万円前後開店時に必要になるようですが
この資金がない人がオーナーになるには、どこからか資金の
融資を受けるなりしないといけないと思いますが、
担保になるようなものを持たない人間でも開店資金の
融資を受けられるような銀行の融資制度や、政府系金融機関の
融資制度はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 shuryuuさん こんばんは



 すごく厳しい事を言う様ですけど、400万円と言う低額で開業で来る事業なら多くの方は開業時に手持ち資金として持って開業するのが通常です。だからと言って、400万円はとても高額な金額だと思います。開業したいと考えた時から(またはそれ以前の預金を含めて)、開業時まで例えば食事を通常の3食から2食に減らして貯める方もいる位なんです。その位の気力で貯めないと事業はやって行かれません。
 決して安い金額ではない400万円ですけど、事業内容にもよりますけど事業を始めるのには400万円は低額です。そう言う低額すら準備出来なくて融資をと考えている様では先が思いやられます。将来融資が膨らんでどうにもならない状態にならないとも言えないです。ですから極力融資を受けないで何とかする事を考えましょう。
 私の事を言うと薬局を開局して9年目の者です。薬科大学卒業後15年数店舗の薬局勤めをしての開局です。その間に将来開局したら遊べなくなると考えて結構遊びましたが(お金を使ってしまいました)、それでも将来の薬局開局の為に950万円貯めましたよ。950万円ポッチの少額しか貯める事が不可能だったので、いたしかたなく(株)日本政策金融公庫(旧 国民生活金融公庫)と区の商工課の商工ローンから合計1500万円借入して、総額2450万円で開局しました。この支払いが今でも重くのしかかっていて、明日にでも薬局閉局しようかと考えている毎日です。と言う事も有り得る事実ですから、400万円と言う少額で開業出来るなら融資を考えないで自己資金で貯められる事を強くお勧めします。
 shuryuuさんの現在の給料が解かりませんから何とも言えませんけど、仮に毎月8万円づつ貯める事が可能なら50ヶ月(つまり4年2ヶ月)で400万円を貯める事が可能です。そうやって頑張って貯められてからのコンビニ開業を考えたれたらどうでしょうか???それと同時に4年間の期間をかけてどう運営していったらコンビニ業が成り立つかを勉強されたら良いと思います。

 以上の事は事実なんですけど、そう言う厳しい事ばっかり言ってもしょうがないので実際の融資について説明しますね。
 融資にはshuryuuさんの言われる政府系金融機関等の金利が安い所と俗にいう消費者金融の商工ローン等の高利な所とが有ります。現状400万円すらも貯められないでいるshuryuuさんの現状を考えると、高利な所から借入したら支払きれない可能性も多分のあるので、金利が安い所からの借入が良いでしょう。たとえば(株)日本政策金融公庫等です。
 以下のHPが(株)日本政策金融公庫の創業支援資金です。
 http://www.k.jfc.go.jp/sinkikaigyou/index.html
 このHPに記載が有る条件に合致すれば、貸して頂ける可能性はあります。ただし何処からの融資で有っても、借入予定金額の半分位の手持ち資金がないとどこからも貸して頂けないと言う暗黙の了解が有る事を忘れないでください。

 銀行も貸して頂ける可能性が有る融資元です。銀行は大まかに分けると都市銀行と信用金庫・信用組合等に分けられます。銀行は元々貸金業で生計を成り立たせている事業であるにも関わらず、都市銀行の場合は私たち街場の商店等中小以下レベルの事業者には冷たい部分は多分にあります。それは将来事業がうまく行かなかった場合の支払いが焦げ付いて不良債権になる事を恐れてだそうです。しかし信用金庫・信用組合は私たち街場の商店等中小以下レベルの事業者に優しい部分はあります。したがって信用金庫さんをアタックしてみると良いでしょう。ただし無担保となると保証人の審査が厳しいかもしれません。それは例えば給与所得者の場合の自動車ローン等無担保・無保証人で貸して頂けるローンの場合、最悪支払えなくなったら給料を差し押さえして支払いに充当すれば良い訳です。しかし事業者が支払えなくなるとはその事業その物がうまく行ってない事を意味していて、事業の売上だけで返済出来ない事を意味しています。ですから担保を入れた方は担保を処分して返済に充当する訳です。それが出来ない無担保貸し付けの場合は、最悪借主が支払えなかった場合は保証人が肩代わりして支払わないとなりません。そう言う意味で、保証人の厳しい審査が有るでしょうね。ですから担保がないshuryuuさんの場合は、保証人次第で借りれるかどうかが決まると言っても過言ではありません。後は各信金さん独自の創業支援融資が有るでしょうから、その条件に合致すれば貸して頂ける可能性はあります。

 それ以外の所ですと、役所の商工課の商工ローンも低利で貸して頂ける所です。この場合多くは無担保・無保証人です。ただしこの融資を受ける場合は、役所指定の中小企業判断士の先生が厳しい目で事業計画を判断してからの融資になります。ですからしっかりした事業計画が出来てないと(単にコンビニ開業と言う事でフランチャイズの言うがままの計画ではなくて)貸して頂けないと思います。この点が難しい所です。

 以上厳し事も記載しましたが、何かの参考になれば幸いです。コンビニ開業頑張って下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

親身な回答ありがとうございます。
一応自己資金として数百万円は貯めたのですが、
やむなく支出しなければならないことがあり、減ってしまいました。
再度これを貯めようと思うと、何年もかかると思ったので
ご相談させていただいたしだいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 07:56
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭痛薬は精神をおかしくしますか?

頭痛薬は精神をおかしくしますか?

23の女です。私は中学時代のある日に熱を出し、辛い思いをしました。それ以来頭痛薬や風邪薬を常備するようになりました。

時折ひどい頭痛薬に襲われるときがありますが、イライラしたときでもイブを飲むと、精神が安定します。
イライラの原因は、沢山ありますが駅や街中でカップルを見かけたときなど、私はこれまで彼氏と呼べる方がいたことが無いので、その焦り怒り自分のダメさを感じて頭に血が昇ります。
しかし頭痛薬を服用すると気持ちが安定します。

精神がおかしくなったのか、安らぎを無くしたこの世界に失望し、また服用しますが最近は脱力感を感じ、自分だけの心の楽園ができます。このような感覚を覚え、私は周囲の方と比べ異質な存在に思います。
少しでも健全な精神でいたい、そう願う私にとって頭痛薬や風邪薬は、精神安定剤のような存在です。

もしかして頭痛薬や風邪薬が精神をおかしくしてしまうように感じます。

頭痛薬や風邪薬は精神を破壊するのですか?

支離滅裂ですが、答えを知っている方いますか?

Aベストアンサー

薬でおかしくなったのではなく貴方の精神がもともと病んでいるのです。
頭痛薬や風邪薬を飲むと眠くなりますので、多少安定剤のような成分が含まれているのかもしれません。
睡眠欲というものは三大欲求の中でも一番強いそうなので、それにより他の感情が軽減され、逃避状態になっていることも考えられます。

ちゃんと心療内科か精神科に行った方がいいですよ。

Q創業者向け融資を受けるときの自己資金について。

創業者向け融資を受けるときの自己資金について。

既に株式会社で起業済み(決算はまだです)。
国民政策金融公庫等の創業者向け融資を受ける場合、資本金額を自己資金として申請することができますか?
資本金自体は、運転資金などに使ってだいぶ減っています。現金として残っている額が自己資金でしょうか?それとも、資本金額全額を自己資金とすることができるでしょうか?

Aベストアンサー

現時点での資本金(この場合運転資金も含まれる)となると思います。
調べた限りでは融資内容は運転資金を目的としたもの、設備投資を目的としたものがあります。
確実なのは、全国にある国民政策金融公庫に問い合わせるか、または、商工会議所などに相談に行かれた方が良いようです。

Q子供が「頭痛いから頭痛薬を飲みたい。」と言うのですが、市販の頭痛薬を飲

子供が「頭痛いから頭痛薬を飲みたい。」と言うのですが、市販の頭痛薬を飲ませていいですか?

高2の長男は試験前になると
「足が痛い」「腕が痛い」「ひじが痛い」「捻挫した」など言い緊張する性格です。
今日は「頭が痛いから頭痛薬を飲みたい」と言っています。
お医者さんへ行ってみてもらうのは嫌で、市販の頭痛薬を飲みたいと言っています。
近くのドラックストアで買って飲ませてもいいでしょうか?

Aベストアンサー

片栗粉を薬として飲ませてみては、直る事があります。所謂偽薬です。
バッファリンなら子供向けがありますよ。

緊張を直す方法は、心の入れ替えで、「大丈夫」と自分の心にしょちゅうつぶやかせます。
絶対に疑わないのがコツです

Q資金難に陥ってしまった場合の融資は受けれますか。

独立開業して半年ですが資金難に陥ってしまった場合はどのようにすれば良いですか。

自動車整備の工場を半年前に独立開業して、行なっているのですが、現在、非常に苦しい状況で、資金難に陥ってしまっているらしいです。

新車の販売等、立替が必要な場合があり、借り入れも検討しているようです。
開業後に借り入れが出来るものでしょうか。

詳しい方、アドバイス、ご教示宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 77takeさん こんばんは

 「資金難に陥ってしまっているらしいです。」と言う事は、今回の内容は77takeさん自身の事ではないのですね???そうだとしたら、以下の内容を話してあげてください。

 どんな有能な経営者で有っても、開業直後は思う様に売上は上がりません。それは開業した事業所(お店)の存在自体が、お客様に知られてないからです。そう言う事は解かりきっている話なので、開業後3~4ヶ月は売上0円と言う事も想定して開業資金の中に3~4ヶ月位の生活費を含めて開業資金を考えます。たぶんそう言う事をしなかった結果が、開業半年で資金難と言う事になってしまったんでしょう。ですから開業時の事業計画・資金繰りの考え方が甘かったとしか言えません。

 借り入れも検討しているとの事ですから、開業資金は融資を受けていると解釈して良いのですね。まずどこから借りているのでしょうか???それが解からないと何とも言えません。
 日本政策金融公庫(旧国金)の場合は、借り換えと言う制度は有りません。日本政策金融公庫にお願いする場合は、追加融資を依頼するか一回の支払額を減らす(つまり支払期間の延長)依頼をするしか方法はありません。日本政策金融公庫で借りる場合融資を受けた額にもよりますけど、多くの場合は何らかの担保を要求される場合が多いかと思います。その担保物件の価値次第ですけど、価値ぎりぎりまでの融資を受けてなければ価値の残り額に似合うだけの追加融資を受けられる場合が有ります。この点は相談してみないと何とも言えません。
 次に一回の支払額を低くする(つまり支払期間を延ばす)場合ですけど、まず開業半年と言う事を考えると相談にのって頂けるかどうか疑問です。開業する場合多くの方は何らかの融資を受けて開業する方が多いですよね。ですから開業直後は融資の支払いで資金繰りが厳しいのは解かりきっている話です。当り前の状態で有りながら開業後半年で支払期間を延ばす行為をすると言う事は、今後融資の支払いをし続ける事が可能なのかと言う事は誰しも考えます。支払えないのが解かっている状態で現状の返済金額を支払えと言われても支払えないので、たぶん支払期間を延ばす行為はして頂けると思います。そうしないと不良債権になってしまって日本政策金融公庫側も困ってしまう訳ですから・・・。ただしこう言う行為を行ったと言う記録は、日本政策金融公庫側には残ります。将来事業が上手く行って事業拡大で日本政策金融公庫から融資を受けたいと相談しても、以前支払期間を延ばした経緯がある方だったら、今回も不良債権になるかも知れない可能性のある方と言う事で融資して頂けない場合が多分にあります。ですから将来的な事を考えると支払期間の延長は極力避けるべきです。とは言っても将来より今現在だと思います。しなければならない事はしないとならないのですから・・・・。

 信用金庫さんからの融資を受けた場合ですと、日本政策金融公庫同様に何らかの担保を使ったでしょうけどそれ以外に信用保証協会の保証を受けての融資だと思います。この信用保証協会付きの融資の場合、支払期間が1年を過ぎないと借り換えが出来ません。この場合は新たな融資を受けると言う形になります。信用金庫さんの場合、担保物件は「根担保」と言う形で抵当権設定されている場合がほとんどだと思います。この「根担保」とは抵当権設定された上限金額までは貸しますよと言う事を意味しています。まだ融資して頂ける額が残っているのであれば、信金さんから借りてしまうも方法です。

 後低利で借りれる方法としては、お住まいの市町村の役所または都道府県の商工課で行っている事業者向けの商工ローンを使う事です。この場合はまず指定の中小企業判断士さんの判断を仰いで貸して良いか(支払って行く事が可能かどうかの判断)の許可判断が有った上で融資になるかと思います。(開業半年と言う事で、新規開業融資に当たりますので・・・)開業半年と言う事で起業者誰しも融資支払等で資金繰りが厳しい時になぜ再融資を受けないとならないかから中小企業判断士の方が考える事になります。半年間営業したと言う実績が有りますから、その事業内容(帳簿内容)から判断される事になるかと思います。そして融資を受けないで済む方法(例えば経費削減策等)を見つけて頂けるかもしれません。それはそれで良い事です。どうしても融資しないとならない状態と言う判断なら、融資する方向で考えていただけると思います。ただしどう考えても支払えないと言うなら貸して頂けない場合もあります。

 以上が代表的な低利で借りられる所の一般的な話です。この様な低利な所から再融資出来ない場合は、消費者金融等の商工ローンから借りる事になります。たぶん現在低利な所から借りれいるんだろうと思いますけど、それでも資金繰りが厳しいなら高利な所から借りたら返せる訳が有りません。ですから各種低利な所から融資が断られた場合は、厳しい事を言う様ですけど#2さん同様に廃業を考えた方がいいかもです。

 以上を纏めるとどこから借りたけですけどm、もし信金さんから借りているなら(または信金さんから借りてないなら)可能性一番借りれる可能性が高そうですから、信用金庫さんを挑戦してみては如何でしょうか???信用金庫とは、街場の商店等中小以下レベルの事業所対象に貸金業をしている銀行なのですから・・・。とお伝えください。
 以上長文になりましたが何かの参考になれば幸いです。

 77takeさん こんばんは

 「資金難に陥ってしまっているらしいです。」と言う事は、今回の内容は77takeさん自身の事ではないのですね???そうだとしたら、以下の内容を話してあげてください。

 どんな有能な経営者で有っても、開業直後は思う様に売上は上がりません。それは開業した事業所(お店)の存在自体が、お客様に知られてないからです。そう言う事は解かりきっている話なので、開業後3~4ヶ月は売上0円と言う事も想定して開業資金の中に3~4ヶ月位の生活費を含めて開業資金を考えます。...続きを読む

Q頭痛薬を飲むと眠気が取れる?

「頭痛薬を飲むと眠気が取れる」
という、私の気のせいかも知れない疑問に
どなたかお答えくださいませんか?
というのは、あるときなんとなく頭が痛くてしかも
眠気がかなり襲ってきたとき、頭痛薬を飲むと
いつの間にか眠気もなくなっていたのです。
気のせいかと思っていたのですが、それから
何度か、頭痛薬を飲むたび、眠気がすっきり
するのです。
だからどうということもないのですが、
もしこれが医学的に正しいのなら、眠いとき
頭痛薬を飲んじゃおうかと思ったりします。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
眠気もなくなったというのは、その頭痛薬に
無水カフェインという物質が入っていませんでしたか?眠気覚ましにカフェインといいますよね?
カフェインには、鎮痛解熱作用があるので頭痛薬には入っています。そのせいだと思いますが気のせいの
レベルだと思います。
また、頭痛薬を多く服用すると胃を荒らすので
絶対によくありません。また、私は頭痛もちですが
頭痛薬を飲みすぎると起こる頭痛があることも知っています。からだのために、お薬は必要最低限がいいと思っています。あくまでもご参考程度になさってください。

Q自己資金が少なくても国金の融資は受けられますか?

美容室を開業しようとおもっております。
自己資金は200万円で700万円の融資希望です。

現在勤務している店舗をそのまま引き継ぐ予定です。
ここ2年間の年間利益は年300万円以上です。
開業当時から自分が店長として10年間運営してきて1度として店舗の赤字を計上したことはありません。
今までの経費の詳細は全て証明できる状況なのですが、自己資金が200万円で700万円の融資は可能なのでしょうか?

保証人は数人用意できるのですが、国金ではとりあえず1人でいいですと言われました。

自己資金が3分の1ないと借り入れが難しいと聞いたのですが難しいのでしょうか?
詳しい方のご意見を伺いたいです。

Aベストアンサー

原則2分の1ですね。しかしあきらめることはない、あくまで原則であって例外があります。店長として10年運営してきた実績、年間利益300万円以上という実績、現に利益の見込める場所で継続しての営業等がものをいいます。粘り強く交渉してください。
また、国金以外にも県や市で事業資金融資を取り扱っています。
さらに、保証人が用意できるなら、信用金庫などにも相談できるでしょ。
集客営業に一工夫すれば、今300万の利益を400万、500万にすることも可能でしょう。

Q市販の頭痛薬

市販の頭痛薬

頭痛と肩こりがするので市販の頭痛薬を飲みました。
でもあまり効きません。

あまり時間を空けずにさらに飲むのはよくないでしょうか?
もしそうしても効かないんでしょうか?

痛いのでなんとかしたいです(泣)

Aベストアンサー

頭痛は辛いですよね。お気持ちお察し致します。

他の頭痛持ちの方の質問・回答が以下のURLにありますので、ご参考にどうぞ。

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa387089.html

上記の回答の繰り返しになりますが、頭痛薬(鎮痛薬)は対処療法です。また、これらの薬はその作用上の問題から胃に負担がかかります。ですので、ある程度の間隔を開ける必要があるのです。

肩こりがすると書かれておりますので、緊張性の頭痛と考えられます。デパス等の筋緊張緩和作用のあるマイナートランキライザーを医師に処方してもらってはどうでしょうか?
(貴方の頭痛には他の原因があるかも知れません。素人判断は危険ですのであまりに頭痛が続くようなら医師の判断を仰ぐのが良いかと思います。)

漫然と頭痛薬を常用すると、「薬物乱用頭痛」を引き起こしかねません。こうなっては本末転倒です。

緊急対策として対処療法である頭痛薬を用いるのは止む終えないとして、根本的な原因を治癒しなければ、治療になりません。

少々お説教くさくなってしまいました。早く良くなると良いですね。

参考URL:http://www.sukkirin.com/contents/01_5.htm

頭痛は辛いですよね。お気持ちお察し致します。

他の頭痛持ちの方の質問・回答が以下のURLにありますので、ご参考にどうぞ。

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa387089.html

上記の回答の繰り返しになりますが、頭痛薬(鎮痛薬)は対処療法です。また、これらの薬はその作用上の問題から胃に負担がかかります。ですので、ある程度の間隔を開ける必要があるのです。

肩こりがすると書かれておりますので、緊張性の頭痛と考えられます。デパス等の筋緊張緩和作用のあるマイナートランキライザーを医師に処方してもら...続きを読む

Q日本政策金融 創業資金での融資 自己資金と貯金

教えてください。

来年事業を始めるにあたり、創業資金(または女性起業資金)の融資を受けたいと思っています。

自己資金200万、融資希望額300万~400万 です。

自己資金以外にも融資希望額以上の貯金はあるのですが、夫と一緒の起業で 事業が軌道に乗るまでの生活費(家族5人)や、車の購入(現在車なし)、住宅購入頭金などに充てたいと思っていますので 自己資金には含めたくありません。

こういった場合、資金はあるとみなされて 融資をうけることは難しいでしょうか?

尚 自己資金部分については、コツコツと日本で蓄えた資金です。
それ以外の資金は、現在海外に住んでおり、こちらで蓄えた貯金をまとめて送金する予定です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>こういった場合、資金はあるとみなされて 融資をうけることは難しいでしょうか?

んなこたないですよ。別にこっち側の貯金をすべて調べられるわけではありません。向こうだって忙しいのです。んなこといちいちやってるほど暇でもありません。見えるところにお金があればいいのです。
手元にお金があるのに融資を受けるのは、いいことですよ。事業ってのはなんであっても、手元の資金が尽きればジエンドです。やっぱり事業が上手くいかないから、借金を返したら手元の資金がちょうどなくなるくらい、が「マシな失敗」ですね。ここでマイナスがあるとちょっとキツいですけどね。

政策金融公庫の融資は、体裁が整っていれば大丈夫です。よく社長と呼ばれる人は「国の公庫からも融資を断られるようならその事業での成功は無理だ」なんていいますね。
保証人が必要になるかもしれませんが、事業主が質問者さん(奥さん)で、ご主人が給与所得者ならまずだいたいオッケーだと思います。正社員ならまず大丈夫だろうな。融資が決まった後にご主人がその会社を辞めてもそれは知ったことではありません。ただ、入社してすぐだとそこが引っかかるかも。今ご主人が給与所得者なら、ご主人が会社を辞めずに保証人になるパターンのほうが融資が受けやすいんじゃないかなと思います。やったことがないから確実なことはいえませんが。
これは店舗などを借りるときなんかの場合もそうしたほうがいいと思います。はっきりいってね、金融機関も不動産屋も「借りるやつ」の顔なんか見てないんです。「保証人」の顔しか見てないんです。どんなに借りるやつが危なそうでも、保証人がとりっぱぐれのないやつならどこも喜んで貸してくれます。日本というのはそういう国なんです。

起業をするのに一番苦労するのはこの「保証人」です。これから起業するやつなんか信用はゼロだから、どこも馬の骨扱いしかしてくれません。だからとにかくどこでも保証人を出せといわれがちなんですが、しかしご存じのように我が国では保証人というやつは無制限責任なのでまともな人はみんな断るんです。
「保証人には絶対になるなが親の遺言」なんてのも多いでしょ。

>こういった場合、資金はあるとみなされて 融資をうけることは難しいでしょうか?

んなこたないですよ。別にこっち側の貯金をすべて調べられるわけではありません。向こうだって忙しいのです。んなこといちいちやってるほど暇でもありません。見えるところにお金があればいいのです。
手元にお金があるのに融資を受けるのは、いいことですよ。事業ってのはなんであっても、手元の資金が尽きればジエンドです。やっぱり事業が上手くいかないから、借金を返したら手元の資金がちょうどなくなるくらい、が「マシな...続きを読む

Q頭痛薬を毎日飲むとおかしくなる?

頭痛薬を毎日飲んでいますが、頭痛薬を飲みすぎることで頭痛が酷くなったり、精神的におかしくなる事ってあるんでしょうか?

旦那が仕事のストレスもあるとは思うのですが、毎日頭痛薬を飲んでいます。毎日飲んでいるせいか、目の下に真っ黒なクマができています。

頭が痛いせいで仕事(デスクワーク)が思うようにいかないみたいですし、それがきっかけか精神的に落ち込んでしまって、、、。

聞けば市販薬の頭痛薬の服用量を超えて、1日に多い時は15錠くらい飲んでいるみたいなんです。でも薬は体にあまりよくないと聞きます。

旦那のためにいろいろ調べてみますが、「薬を飲む」「ストレスをためない」「マッサージをする」「精神的なケアが必要」など、どれが正しい情報かわからなくなってきました。

まず一つずつ整理するために、教えてください。頭痛薬が頭痛を酷くすることってありますか?また心にも影響を与えるものでしょうか?

頭痛が良くなる方法があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

痛み止めを毎日のように服薬すると、頭痛を誘発することがあるというのは非常に有名な事実です。
軽いものであれば我慢することも必要ですが、その頭痛の種類や原因をきちんと把握することで予防的な薬を使えたり、生活する上での注意点が分かります。

文面からは、受診したほうがよい頻度・レベルに思えます。
頭痛外来が一番いいです。

痛み止めを多量に服薬すると、腎障害や肝障害を起こすことがあります。生命維持に必要な臓器ですから、このままにしておくのは危ないと思います。ちなみに、医療用のセデスGが販売中止になったのは、旦那さんのように頻繁な服薬で腎障害が後を絶たなかったためです。

Q開店資金について

チェーン店の焼肉屋を始めたいと思っています。
自己資金が300万程度しかない為、借り入れをしなければならないのですが、個人で2000万程度を借り入れるのは難しいでしょうか?

友人が自己資金100万で、国民生活金融公庫で1000万、信用金庫から
1000万借り入れることができました。やはり保証人や担保次第でしょうか?

Aベストアンサー

 animushiさん こんばんは

 起業する時の融資の事を、「創業支援資金」と言います。多くは国民生活金融公庫・信用金庫・都道府県や市区町村等の役所の商業課の商工ローンなどの低利な所から借りる事になります。

 この低利な所からの「創業支援資金」を借りる場合、一般的に総必要資金額の半分は手持ち資金を持っている事と言うのが、暗黙の了解になっている様です。従ってanimushiさんの手持ち資金が300万円だとすれば、総額300万円の融資を受けられると考えた方がいいでしょうね。
 ただしヤンキースの松井選手やMSのビル・ゲイツ氏等の年収数億円ある方や芦谷の豪邸街に数百坪と言う豪邸の土地・家屋を第一抵当として抵当権設定出来る場合等、保証人や担保次第では手持ち資金0円で2000万円の融資を引き出す事も可能です。ですからご友人の例の場合は、保証人の保証能力と担保の価値だけで借りれた可能性がほぼ100%に近いでしょう。

 私の例で言えば、8年前に薬局を開局しました。その時に手持ち資金1000万円で国民生活金融公庫に1500万円の融資を依頼しました。そして事業計画書は、友人で都市銀行の融資担当をしている者がいるので、彼に見てもらってこの内容だったら何所でも貸すだろうと言う物を作って国生活金融公庫に提出しした。結果は1000万円の融資しかして頂けませんでした。理由は「貴方が開局しようとしている薬局が存在する商店街の販売能力からしたら、1000万円までが妥当です。」と言う事でした。この様な例も有りますから、手持ち資金300万円だけでは2000万円の融資を得るのはほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。

 それと皆さんが言われている通り、チェーン側が言う事は100%信用しない事。事業計画書を作る場合でも、チェーンに加盟しないでも自力で全てを行った上で黒字が出せる計画書を作った上で、チェーン店と言う「店名のブランド」を活用する事でこれだけ黒字が増える的な事業計画書を作られると良いでしょう。チェーン加盟とは、加盟料等自力で起業した場合以外の出費が有りますよね。そう言う出費を払っても自力で起業した時より黒字額が多くなると言う判断がたった場合のみ加盟すものだと私は考えています。ですから事業計画書の基本は、何所のチェーンにお世話にならないでもきちんと黒字が出せる事業計画書だと私は考えています。

 以上、何かの参考になれば幸いです。

 animushiさん こんばんは

 起業する時の融資の事を、「創業支援資金」と言います。多くは国民生活金融公庫・信用金庫・都道府県や市区町村等の役所の商業課の商工ローンなどの低利な所から借りる事になります。

 この低利な所からの「創業支援資金」を借りる場合、一般的に総必要資金額の半分は手持ち資金を持っている事と言うのが、暗黙の了解になっている様です。従ってanimushiさんの手持ち資金が300万円だとすれば、総額300万円の融資を受けられると考えた方がいいでしょうね。
 ただしヤ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報