こんにちは。
かなり以前のことですが、テレビのある自動車番組で、錆の原因になるので、ガソリンタンク内はなるべくガソリンで満たされている方が良く、あまり乗らない車でもこまめに給油した方が良いということを言っていました。
私の場合あまり乗らない(警告ランプが灯くまでには1ヶ月以上かかるでしょう)ので、その話を守って、いつもまだ4割くらい残っているところで給油しています。
本当にこの事は、基本的にその方が良いのでしょうか。私の車はH20年式ですが、最近のタンクは樹脂製だとも聞きます。樹脂製だとしても、結露などの可能性もあるなら、ガソリンで満たされている部分が多いほうが確かに良い気はしますが、どうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

過去に複数回の投稿にありますように、ガソリンスタンドで入れていいのは、


空気と燃料だけです、
そして、自然発生する水分があっても、車両設定されているフィルターで、回避出来ます。
しかし、燃料ポンプがタンク内に設置されている車両は、ポンプ冷却の面では、
ガス欠付近の使用のみは、控えたほうが良い方向でしょう。
即それがトラブルになる可能性は低いですが。
燃料タンク内は揮発した燃料で満たされていますから、
錆の発生源である酸素濃度は、無用の心配レベルです。
トラブルがあったなら、それは給油先か車両の問題です。
全く心配要らない事です。
給油口に、白く又は、赤錆の発生を確認できる車両もありますが、
それが、エンジントラブルに直結はしていません。
経年変化の一環と考えれて良いでしょう。
    • good
    • 0

仮に十年以上も乗り続けるならこういう問題も心配に値することだと思いますが、普通はどちらでもいいレベルだと思います。

できるだけガソリンが少ない方が車重が軽くなるので燃費にはいいと思いますが、ギリギリまで走って高いスタンドで入れるよりは、行きつけの安いスタンドである程度は入れておく方が安心です。
    • good
    • 0

 デザインの自由度やそれによるスペース効率のよさで、「樹脂製」の燃料タンクが当たり前になっていて、サビの心配がないのは既出の回答のとうりです。


 ただこれからの暑い時期は以下のことも考慮されたほうがいいと思います。「ガソリンをより低い温度に保つ」ということです。
 燃料タンク内のガソリンは「タンク⇒エンジンルーム」への一方通行ではなく、一部がまた燃料タンクに戻ってくる仕組みになっています。 当然暑いエンジンルームを巡って戻ってくるのですから、タンク内にあった時よりも温度は上昇します。ただタンク内のガソリン量が十分にあると一定程度温度が下がります。
 ところが燃料タンク内のガソリンが少ないと、短時間のうちにすべてのガソリンが「タンク⇔エンジンルーム」の往復を繰り返すので、ガソリンの温度がどんどん上昇します。
 ガソリンや燃焼に必要な空気(酸素)もそうですが、温度が高くなると密度が下がる(同じ体積で重量が減る)ので、結果としてパワーダウン、燃費の悪化につながります。
 「ガソリンをタンク内に常時多めにキープ」することでの「重量増での燃費悪化」と同様、燃費への影響は軽微でしょうが、「燃費悪化要因の相殺」はできますから、これからの時期はおすすめできます。
 長くなりましたが、ご参考まで、では。
 
    • good
    • 0

20年近くいろいろな車を所有していますが、エンジン不調になった車はありません。



ちなみに私は給油ランプが点いたら給油する派です。

私も去年1年間、月1度しか給油しない生活をしましたが何ともなかったですよ。
    • good
    • 0

最近は 樹脂製のタンクなので錆は無いでしょう


ガソリンが
減ると 空気の量が増えますよねー
空気中に含まれる 水分湿気が問題で 朝晩の冷え込み温度差で結露するとタンク底に 水か溜まるといわれてます
なので 出来るだけ満タンにして 空気の量を減らす事で 結露水分が増えなうようにした方がよいとの事です。
満タンの重さで 燃費に不利とか言う方もいますが 
自分は 半分になっらた満タンにする派です 細かい燃費より 水をタンクに入れたくないから 
これからの梅雨時だけでも 満タンを心がける事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他の方のご回答のように、あまり気にする必要もなさそうですが、No.3さんのお話とあわせて、留意しておこうと思います。
ただ私の場合、あまり乗る方ではないので、たまには古いガソリンを使い切ってしまったほうがよいのか、難しいところです。

お礼日時:2009/05/15 17:37

 ガソリンタンクは密閉されているので、気にしなくて良いと思います。

    • good
    • 0

H20年の車なら、何時も満タンにしなくても大丈夫。

    • good
    • 0

水の問題と満タンの問題は少し違いもあります。


現在の車の多くは樹脂タンクなのでタンク自体が錆びることは少なくなっています。
それでも満タンの方が良いと思われるのは、気化したガソリンで満たされている状態より安全性が高いなどの理由はあります。

ガソリンの中にはわずかに水分が溶けていて、それが長い期間の中でガソリンタンクの底にたまります。
(特に結露の問題のある寒い地方)
なので定期的にドレン(ガソリンタンクの底のネジ)から水を出すのが良いと思います。
これを行わないと(タンクは樹脂で錆びないにしても)燃料ポンプやフィルタが錆びる可能性があります。

水抜き剤もありますが、これを入れたらかなりの距離を走らないと弊害が出る場合があります。
水抜き剤はアルコールなどが主成分で、水を乳化させてガソリンに混ぜてしまいます。
これは問題ないのですが、少しの距離を走ってエンジンを止めてしまうと、水の溶けたガソリンが様々な部分に回った状態になるので、様々な部分でさびが発生します。
ですので水が溶け込んだガソリンを使い切り、新しいガソリンを給油するくらいの距離を走ってしまった方が良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
質問してみるものですね……。タンク自体の錆よりもそういうこともあるんですね。

お礼日時:2009/05/15 17:21

確かにむか~しには、そんな風な忠告を受けた記憶がありますね。



でも、寒暖の差が激しい季節や地域であれば結露も考えられますが、何処でも年中無休で結露することも無いですから
そんなに神経質にならなくとも良いんじゃないでしょうか?

この質問を見るまですっかり忘れていたぐらいですし、ガソリンタンクの水抜き剤を使わなくなって10年以上経ちますが
それで何かトラブルが有ったこともなく・・・・

昔の車はそうだったのかも知れませんが、今時の車両なら気にしなくて良いんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

満タンにしておけば問題は起こりません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガソリンタンクの中に水抜きと間違えてクーラント液を入れてしまった場合っ

ガソリンタンクの中に水抜きと間違えてクーラント液を入れてしまった場合ってどうしたらいいんでしょうか・・・
そのままでも大丈夫なんでしょうか・・・?
教え下さい

Aベストアンサー

ガソリンタンクに水を1リットル程入れても、50リットル以上にガソリンが混じれば、さほど大きな問題が生じないで走行出来る。(極端な例ですが)


LLCをどれ程入れたか知らないが、成分のエチレングリコール自体は高温で燃焼する。

残りの成分の水や防錆剤、消泡剤等は微々たる量なので問題ないでしょう。

一部にエチレングリコールを燃焼させた場合の毒性について書いてあります。そのへんの詳しい事はわかりません。

Q樹脂製の燃料タンクの亀裂

トラック等に使っているような樹脂製の燃料タンクに亀裂ができて補修をしたいのですが、なにか補修剤のようなものはありませんでしょうか?
一度グラスファイバー補修剤で補修したのですが、二日しかもたなくてまた漏れ出しました。補修剤もしくは補修方法等ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

理屈から言えば内側から耐油性ゴムのようなもので塞がないと
駄目かと思うのですが、安全上重要な部品に亀裂が入ってしまっ
たのであれば交換しないと駄目だと思います。もしもうまく塞
ぐことが出来ても、力が加われば亀裂補修部分に応力が集中し
てそこから破壊するかもしれません。また、補修部分の強度が
壊れる前以上になったとしたら、その周辺に応力が集中して危
険かと思います。

Qガソリンタンクの水抜きは、どういう効果があるのですか?

もう何年も車の水抜き剤をタンクに入れたことがないのですが、いったい水抜き剤は何のために使用するのでしょうか?よく、水抜き目的以外ににエンジン内部を洗浄するなどの薬剤が入ったものがありますが、それは別としてのことです。
タンク内部に蒸発した水分が、長い間に溜まる水を抜くのでしょうけど、この水が直接エンジン内部に入ることがあるのでしょうか?どういう悪いことをするのでしょうか?
また、水抜きが必要となれば、いったいどの位の割合で水抜き剤を使用すればいいのでしょうか?水抜きなど、最近はほとんど私の周りでは話題に上ったことすらありません。他の人達はどうしているのでしょうか?スタンドでも、ディーラーさんでも水抜きを勧められたこともありません。
ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この水が直接エンジン内部に入ることがあるのでしょうか?どういう悪いことをするのでしょうか?
通常、ガソリンは燃料チューブを経由して気化器に行き、気化器で気化し、霧状になって空気と混ざりピストンの燃焼室に入って、圧縮され点火、爆発します。
このガソリンが吸い上げられ、気化し、燃焼室に運ばれる中に水や水蒸気が入ります。その結果、ガゾリンの気化や燃焼が妨げられ、燃焼室での不発(爆発、燃焼が連続して起こらなくなり)、車の走行中にエンストやエンジン不調が発生します。エンジン内は不完全燃焼ですすだらけになったり、水浸しになったりで、エンスト後エンジンがかからなくなったりします。

私も今の車をすでに12年載っていますが、1~2回ガソリンスタンドで給油のとき、水抜きしてもらったくらいです。
車のバッテリーが十分充電しているのにエンジンのかかりが悪かったり、時々不発が発生する(エンジンが完結的に瞬間止まる状態)ようになったら、水が溜まっている可能性があります。水はガソリンより比重が重いため、タンクのガソリンの下に溜まってきます。ガソリンにもわずか水が混入していることもありますが、雨降りなどの給油中や湿度の高い時にガソリンタンクに水や水蒸気が入り込み、長年の間にかなりの量の水が溜まってきます。特に雨降りで車体がぬれているときなど、給油時に水が給油口からガソリンとともに入りやすいですね。

>スタンドでも、ディーラーさんでも水抜きを勧められたこともありません。
普段はほとんど勧められることは無いですね。何年かに1回の割合で、重点的に点検箇所を絞った点検強化月間などで、水抜きをついでにしましょうか。といわれることがありますね。

エンジンの不発などの症状が出たら、水が溜まっている可能性がありますね。そのときは直ぐ点検してもらい、水抜きなどをしてもらわないと危険ですね。水が溜まっていると、ガソリンタンクのガソリンが少なくなると水を吸い上げやすくなります。ガソリンを満タンにすればとりあえず、不発は起きなくなります。

>この水が直接エンジン内部に入ることがあるのでしょうか?どういう悪いことをするのでしょうか?
通常、ガソリンは燃料チューブを経由して気化器に行き、気化器で気化し、霧状になって空気と混ざりピストンの燃焼室に入って、圧縮され点火、爆発します。
このガソリンが吸い上げられ、気化し、燃焼室に運ばれる中に水や水蒸気が入ります。その結果、ガゾリンの気化や燃焼が妨げられ、燃焼室での不発(爆発、燃焼が連続して起こらなくなり)、車の走行中にエンストやエンジン不調が発生します。エンジン内は不完...続きを読む

Qガソリン携行缶からの給油と、車の給油の違い

ガソリン携行缶の使い方として、缶を開ける場合は一旦気圧を下げる必要がある、との報道がされています。
車の給油の場合では、特に手動で気圧を下げることはしていませんが、どういう違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンが膨張して気化(ガス化)することはわかりますよね。

ガソリンタンクはあらかじめこれを想定しているので満タンにしてもある程度の空間が残るんです。

だから#2さんが回答しているようにキャップをあけるというアクションでガスが抜けるんですね。

給油のときは普通は「ガソリンが少ない」ですからこのガス圧でガソリンが噴出することはありえません。

今回のケースではおそらく携行缶に空き空間を考えずギリギリまで入れていた・・・ように思えます。

だからキャップを開けた途端にガスが抜けた同時に携行缶の給油口ギリギリまであったガソリンが噴出したのでしょう。

一般的には携行缶に入れる場合、容量の98%までとされています。こうすることで気化したガソリンがキャップを開けたときに抜けてもガソリンが噴出す事態は避けられるんです。もっとも今回は非常に気温が高く、内圧が上がりやすい状態だったので98%の容量であっても噴出した可能性はありますが・・・。

ガソリンスタンドで「給油口ギリギリまで給油された」経験ってありますか?もしくはセルフスタンドで少しでも多く・・・って入れていたらあふれちゃったとか給油口ギリギリまで油面が上がってしまった・・とか。

通常、こうなっても「ガソリンが減るまで開けることはない」から問題ないのですが、もしギリギリまで給油直後に少し走行してキャップを開けたら・・・今回のようにガソリンが噴出すことは十分考えられます。

私の友人がこのガソリンを入れたときに店員が誤って溢れさせたことがありました。

10分くらい走ったあと、後ろを走行していた友人があまりにもガソリン臭いということでその友人が給油口を開けてしまったんですよね。その途端、ガソリンが1mくらい噴出しました。幸い、タバコも吸っていないし熱源もなかったので問題なかったですが・・・。(こんなことも想定して通常はマフラーと給油口は左右反対の位置関係にあります・・・例外もありますが)

ガソリンが膨張して気化(ガス化)することはわかりますよね。

ガソリンタンクはあらかじめこれを想定しているので満タンにしてもある程度の空間が残るんです。

だから#2さんが回答しているようにキャップをあけるというアクションでガスが抜けるんですね。

給油のときは普通は「ガソリンが少ない」ですからこのガス圧でガソリンが噴出することはありえません。

今回のケースではおそらく携行缶に空き空間を考えずギリギリまで入れていた・・・ように思えます。

だからキャップを開けた途端にガスが抜けた...続きを読む

Q水抜き剤

ガソリンスタンドでよく「水抜き剤が入っていないので入れておきますか?」と店員の人に言われますが、ガソリンタンクにはそれを入れないと水がたまってしまうものなのでしょうか?
水抜き剤というのは必要なものですか?

Aベストアンサー

全く必要ないですね。理由は・・・
1.仮にタンクに水が入っていたとしても、普通は走行中の揺れで混ざり一緒に燃えてしまします。
2.水抜き剤って低濃度の薄めたアルコールです。アルコールと水は中和するからあるんでしょうけど。あんな物入れるなら薬屋さんの高濃度アルコールの方がマシです

一番タンクに良いのは、常に満タンにすることです。理由は・・・
1.タンクが錆びない
2.ガソリンゲージが狂わない。空に近い状態で使っていると中のフロートに歪が生じ満タンにしても針が一杯まで指さなくなったりします。
3.燃料ポンプが壊れにくい。下から吸い上げるのはポンプさんもキツイんですよ。

Qガソリン給油時の自動的に給油をとめている方法

セルフのガソリンスタンドで給油するたびに疑問なのですが、車の給油口にノズルを入れてハンドルを握り給油をします。必ずちょうど満タンぐらい給油すると自動的に給油がとまります。車種や給油前に残存していた燃料の量に関係なくです。

給油ノズルの先にセンサーがついていて先端部にガソリンが接触すると止まるとか周りは言っていますが、そんな手元までガソリンが来ているとも思えません。

いったいどのような仕掛けでガソリンが満タンになったことを検知して給油をとめるのでしょうか。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>給油ノズルの先にセンサーがついていて先端部にガソリンが接触すると
>止まるとか周りは言っていますが・・・

半分正解といったところでしょうか・・・。
たしかに以前の給油ガンは先端のセンサーに飛ぶしぶきを感知して
オートストップが働くモノもありましたが
今では空気の流れや気圧をセンサーが感知して
オートストップが働くようになっています。


過去に同様の内容の質問がありましたのでそちらもご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236756

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236756

Q水抜き剤

車のガソリンタンクの水抜き剤ってイソプロピルアルコールですよね。それがガソリンの中に入ると何がおきるんでしょうか?水がガソリンに混ざるようになるってどう言うことでしょうか?化学的に教えてください。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

化学的にということなので・・・。

 まず注意して頂きたいのですが、水抜き剤は、確かに『主成分』はアルコールですが、『有効成分』はアルコールではありません。有効成分はアルコール中に少量溶解している界面活性剤です。
 水抜き剤の成分を見れば、品種によっては『界面活性剤』という文字が書いてあったり、『イソプロピルアルコール等』という表示になってたりしますが・・。

 で、界面活性剤によって、油中の水だまりが数十~数百ナノメートルレベルまで微細分散(乳化)されます。この大きさまで分散すると、粒子のブラウン運動によって、タンク内で水が固着・沈降等が起こらなくなるため、ガソリンと一緒に系外へ排出されやすくなります。これが水抜きの原理です。

 この界面活性剤は主に固体であり、通常ガソリンなどには溶解しにくいものですので、ガソリンなどで均一に混ざりやすくなるよう、アルコールで溶解されています(ガソリンで溶解しないのは、製品保管時の危険物取り扱い基準が厳しくなるため)

 ちなみに、最近の国産車のガソリンタンクは樹脂製がほとんどなので、それほど水による錆は気にしなくても良いですよ~。

化学的にということなので・・・。

 まず注意して頂きたいのですが、水抜き剤は、確かに『主成分』はアルコールですが、『有効成分』はアルコールではありません。有効成分はアルコール中に少量溶解している界面活性剤です。
 水抜き剤の成分を見れば、品種によっては『界面活性剤』という文字が書いてあったり、『イソプロピルアルコール等』という表示になってたりしますが・・。

 で、界面活性剤によって、油中の水だまりが数十~数百ナノメートルレベルまで微細分散(乳化)されます。この大きさま...続きを読む

Q【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?エンジンを切

【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?

エンジンを切らずにエアコンを付けっ放しでセルフで給油する人が増えてますよね。。。

大丈夫なんですかね

Aベストアンサー

現代であれば事故につながる可能性は低いとは思いますが、常識的に考えれば有り得ない行為です。
カセットコンロのガスを交換する時に火をつけたままのじょうたいでガス交換しますか?
何年か前におきた花火大会での事故をお忘れですか?
あれはガソリンの扱いを適当にしたためにおきてしまった事故なんですよ!
だとしたらわかりますよね!GSで給油中にどうすべきかは。
周りの人まで注意しろと私は言いません、でも自分が加害者になってしまう可能性のある事は
すこしでもさけた方が良いと思います。・・・ご参考になれば幸いです。

Q水抜きについての質問

STPのガストリートメント(赤い容器の500円くらいのやつ)をたまに入れてます、STPはアルコールが入ってないので安心して使ってるのですが、水抜き効果があるのですがどの季節、または年に何回ぐらい入れれば大丈夫ですか?エンジン内の汚れよりガソリンタンクの水のほうがきになります。つねに満タンにしとけばいいのはわかってるのですが、しょっちゅうスタンドに行くのも面倒なので、詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

水抜き剤はまったく必要の無い物ですよ。
実際中が見えない不安感を利用した無意味な商品。
必要性があるなら、メーカーがあらかじめ推薦しますよね?
冷静に考えたらw

Q燃料タンク内部を錆させず長期保管するには

旧車レストア中です。先日燃料タンク(軽油、容量90リットル)を外しました。フレームなどの錆び落としの後、再度燃料タンクを取り付けるまで1年以上かかりそうです。内部を錆させずに保管する方法を教えてください。

Aベストアンサー

 全ての燃料を抜いて乾燥させて、エンジンオイルなどを入れてタンクをよくゆすって(上下にしたりとか)金属が空気に触れないようにして封印してください。


人気Q&Aランキング