DTPで、チラシやパンフレットなどを制作されているデザイナーの方にお聞きします。

特に、個人事業やフリーランスでやっておられる方にお聞きしたいのですが、印刷会社のデザイナー様でもいいので、お仕事の効率化でヒューマンエラーを回避できるように気をつけていることを教えてください。

チラシなどの1枚ものからパンフレットやカタログのような多ページものまでを制作される際にどうしても誤字・脱字や、修正忘れのようなものがでてきてしまい、印刷物が完成するまで毎回ヒヤヒヤしております。

最終的には「チェック・見直し」しかないのかなとは思っていますが

それも含めて
自分自身が仕事をこなす上で、
・効率化するためにどのようなことをしているのか?
・どのようなことを気をつけて、ヒューマンエラーをなくそうとしているのか?
・スケジュール管理やワークフローの計画の立て方
など色々なことを教えてください。

例えば、私は、都度都度できたものを印刷し、修正したらまた印刷し、前回のものを破棄する。というような超アナログ的なことで回避しようとしています・・・

宜しくお願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

フリーランスで紙媒体のデザインや制作などしてます。


主にページ物が多いので、その辺のお話を参考までに…。

ミスを減らす方法として、
ブラインドタッチができるかどうかは結構重要な要素のような気がします。
「原稿」、「モニター」の往復のみで作業できる人と
「原稿」、「キーボード」、「モニター」の三カ所を眼で追う必要がある人では作業の精度は随分変わってくると思います。
もちろんアプリケーションの機能をストレス無く使いこなすことができる方がミスは減ると思います。

あと、「確実な部分を自動化」するというのもミスを減らす重要な手段だと思います。
自動化と言っても難しいやり方ではなく、例えば「ミリ」を「mm」に置き換えるのに一字ずつ直すのではなく、検索→置換で一度に直すみたいなことです。
当然一括で直すとズレてきたり、はみ出したりする場合も多くありますが、
フォーマットを作る際にズレやはみ出しが発生しても
「発見しやすい」、「修正しやすい」フォーマットを作ることを心がければ、
ミスは減ると思います。

あとミスを減らす方法とは直接は違うかもしれませんが、
ワタクシは普段の作業において、プリントアウトもチェックも全くしません。
作業終了後に即、PDFをクライアントにメールで送ります。
赤字のチェックをクライアントに完全に任せています。
このやり方では当然誤字、脱字はあるのですが、
ページ物の編集者の場合誤字脱字以外にも、
ゲラを見て新たなアイデアが浮かんだり、別の要素を加えたりすることも多いので、
このやり方で特に文句を言われた事などありません。

要は、こちらはクライアントがゆとりを持ってチェックできるように
なるべく速く作業するように心がけ、すばやく往復することによって
精度を高めていくという方法です。

クライアントのチェック時間にゆとりを持たせる工夫として、
原稿返却やプリントを発送するようなやり方では1日以上ロスする場合がありますので、
ファックスやメール、赤字や指示が多い場合などは原稿の「コピー」を送ってもらいます。

ゴチャゴチャといろいろ書きましたが、
結局は「技術」と「経験」のような気がします。
読みづらいとは思いますが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ブラインドタッチができるかどうかは確かに重要な要素でしょうね・・・
時間的な短縮具合もかなり変わってきますし。

私はブラインドタッチは余裕でできますので、この辺は大丈夫です。

やはり、クライアントと相互的にミスをチェックして、間違えていればどちらもに責任があるという体制をとることで、ミスが減らせるのではと思いました。

デザイン原稿をPDFでチェックする方法もやはりどこも同じようなのですね☆安心しました。

自分なりに、いろいろミスチェックする方法としては

・原稿を声にだして読んでみる
・2人以上でチェックしあう
などかなりアナログなやり方ではあるのですが
これを心がけています。


作業の自動化は、WebでもDTPでも同じですね☆
文字数が多くなればなるほど、自動化は大変重要な要素になります。

そのために、用いる用語の統一化も大事ですね。

お礼日時:2009/05/16 09:59

>「どうしてくれるんだ!」と追求されたときに


「いやぁうちだけの責任じゃないんですけど・・・」
といえる人といえない人がいますよね・・・

その通り。クラが業界の暗黙の了解事項に疎い人、出稿担当者が己の責任を回避するために受託者に責任をなすりつけてくる人・・・さまざまですね。
だからこそそういう人とは受託する際にしっかり話し合って、コンセンサスを確立しておくのも、大切な事前事務処理事項の一つにしておかなければなりませんね。
いずれにしても「お客さんは神様」なんですから、気持ちよく仕事をして仕上がったときの充足感を得るには最初が肝心。これが次の仕事に立ち向かうエネルギーになる。

中には文章整理や校正を依頼してくるケースもあります。その場合も受託サイドでやれることは内校と同じで、?箇所に書き込みをして発注者の判断を仰ぐ。そこをどう処理するか、その判断はあくまで発注者サイドにあります。

デジタルテキスト入稿の場合も、原稿を作る人が文章作りに長けた人とは限りません。テキスト入稿で受けても安心できません。原稿に忠実であることは原則ですが、原稿の不備にも内校を行います。ミス変換、ミスタッチも当然ありますが、例えば用語の不統一性。同じ単語なのに一方は漢字書き、一方ではかな書きになっていたりする箇所は随所に見られます。入力責任はないから「ワタシャ知りません」ではいい作品はできない。そこまで読んだ上で最初に対価を提示します。発注者がやるべきことを受注サイドで補うのですから、対価も一律というわけにはいきません。ただし、レイアウターを看板にする場合は、自分のテリトリーを逸脱することいもなりますね。だから私の看板は「編集デザイン」

作品作りは、発注者と受注者とが自分の役割を自覚しながら、互いにいい関係を築いて協力しあうことですね。ギクシャクした関係からはいい作品は生まれない。長いことこの仕事をやってると、相手がどのレベルの人かを見極めて、トラブルが起きそうな事項を事前に話し合うツボも、受ける時点で分かるようになってきますね。これもスキルの内。そして看板通りの対処法。
    • good
    • 0

非常に参考になる質問&回答ですよねー。


勉強になります。

私は、完全データ入稿&指示をクライアントにご協力いただいてます。

エクセル添付でも何でもいいから、
メールで入稿&修正指示をしてもらうのです。

タイピング作業はミスが多い工程ですので、
なるべくクライアントにもご協力いただいてます。
原稿をデータ化することで、先方にも同じ原稿が手元にある状態なので、
入稿後に先方が「あ!この部分間違えてた!」と気づくこともあります。

修正指示も、口頭だと一気に言われてメモし忘れてたり、
メモしたつもりで後から見て気づかなかったりが多いです。
メールでの修正指示だと、必然的に箇条書きになるので非常に明確です。
メールを受信したらすぐに電話し、不明点を電話で確認しあいます。
(あまりにもメールを使いすぎると仲良くなれないので)


また、最悪、ミスに気づかずに印刷してしまった場合も、
ミスの出所が明確なのも安心です。
メールが証拠になるので、納品後もメールは捨てません。
カタログなどの場合はカタログ有効期限まで残します。

打合せでは全体のレイアウト、構成の話を詰めて、
「では文字原稿はメールで明後日までに送ってください」という流れにします。
文字入稿までに、デザイナーはレイアウトを進め、
クライアントはレイアウトに沿った必要な文字原稿のみを集めます。

メールでは説明が難しい、レイアウトに関する修正指示は
FAXで指示いただきます。(証拠が共有できるので)


自分がタイピングした文章は、
つい、「合ってる」と思いこんでしまいます。
他人がタイプした文章は熟読するのでミスに気づきやすいです。
クライアントにタイピングしてもらうことで
こちらがタイプミスに気づくことが多々あります。
(その場合はこちらからタイプミスの可能性を指摘します)


たまに、データ入稿が難しくこちらでタイプする場合もあります。
そういう場合は、やはり自分以外の人間に見てもらうことですね。

チラシと違って長文の「文章」が多い場合は、
いきなりイラレでタイプせず、メモ帳などでタイピングします。
タイピングに一点集中し、チェックする側も文字校正に集中してもらいます。
これがかなり有効です。
デザイン要素があると、つい目線が散って、小さい文字とか見逃したり、
チェック漏れがあったりします。



あとは、簡単なデザイン処理に使うような
英単語(バーゲン、キャンペーンとか)も、逐一辞書でチェックします。
英語は絶対にタイピングしません。
web辞書からのコピペで入力します。

これくらいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやぁ非常にわかりやすいご説明ありがとうございます。
英単語に関しては私も同じ手をつかっております。

非常に参考になる質問回答ですよね~には、私も同様多くのデザイナーが試行錯誤しているわりには、ここでの質問がなかったので、させていただいたしだいです。

どんな仕事をしていても、ヒューマンエラーはつきものですよね。

原稿をクライアントに直接タイピングしてもらえる場合はしています☆
しかし実際は紙ベースの方が多い状態です。
FAXもないところが多く、口頭で「ここ修正しておいてください。」
といわれる場合もしばしば・・・

とくに回数が嵩むと、そのつどFAXでお願いします。とだんだん言いにくくなってきてしまうので、その点は徹底すべきかなと思いました。

みなさん、真剣な回答をいただき、ありがとうございました☆
みなさんのレビューも非常に参考になりました。
イラレを習ったこともなければデザインの勉強をしたわけでもなく、かなり独学でマスターしてきた部分が大きいのでデザイン業界の常識なんかも結構最初は戸惑いましたが、最近それになれてきた部分はあるのですが、こういった「業界では当たり前」なことがフリーランスにとっては結構苦戦する部分ではあります。

参考になる質問が今後もでてくるかもしれませんので
このまま質問は開放しておきます☆

お礼日時:2009/05/20 13:57

編集デザイン業務をやっています。


ミスタッチ、これはないにこしたことはありませんが、アナログの時代から誤植は常につきまとっているリスクです。一流新聞でさえ完全無欠とはいきません。
で、オペレベルだけで解決できることではなく、第三者の客観的校正は不可欠。個人で請け負っている場合は個人レベルで原稿にパーフェクトであるべく努力を怠るわけにはいかないにしても、校正責任を取るわけにはいきませんし、組織としての業務でもちゃんとした所では内校はオペ以外の専門職を用意しています。それでも内校はあくまで内校、校正責任はありません。そこまで受託者に責任は求められないのが慣例です。そのためにクラに校正紙を提出するわけです。もちろん原稿が間違っていることだってたくさんありますから、オペはそこまで立ち入る権限もない。校正ではなく、校閲も必要になってきます。Webが盛んになって個人レベルで情報をアップできるようになっていますが、これは情報のタレ流し。だって、第三者の校閲が皆無なんですから。
こうしたワークフローと責任の所在を明確に線引きして、ご自分とクラの間に確立することが大切でしょう。
特に文字数の多いページ物では、この責任分担とワークフローの確立が不可欠ですから、スタート時点からそのようなクラ側の校正日程を十分見込んだスケジュールを組む必要もあります。
私の場合、受注時に印刷所とも打ち合わせ、スケジュール日程表を提出しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、責任の所在を分散させることで回避する方法ですね。

しかし
「どうしてくれるんだ!」と追求されたときに
「いやぁうちだけの責任じゃないんですけど・・・」
といえる人といえない人がいますよね・・・

その場合、ここが間違えばおたくにも責任がありますよと最初から、契約書などで確認をとっておかないといけないのかもしれませんね。

できあがったデザインに「確認済」の印鑑をもらうときに、きちんと誤字脱字などがないかの確認も口頭でもいいからいっておくのが大事ですね☆

ありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/19 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒューマンエラーの減らし方

ヒューマンエラーを減らす方法が知りたいです。

世の中にはヒューマンエラーが起こる前提で、エラーが起こった場合に事態が
深刻なものにならないようにするセーフティーネット、対処療法的な対策は
あふれていますが、ヒューマンエラーそのものを減らすにはどうしたら様でしょうか?

Aベストアンサー

 どういった場面か、ということにもよりますので、一般論ですが。
 人間の行動パターンや、注意力が低下した時に起こりやすいことを予測して、あらかじめ「間違えたくとも間違いようがない」状況にしておくことが基本です。
 「人間工学」とか「ヒューマンファクター」といったサイトや書籍にいろいろあると思います。
 ヒューマンエラーが許されない、航空機会社や鉄道などに、ノウハウが蓄積されていると思います。
 思いつくまま、いくつかの例を。

(1)1人ではポカするので、2人、3人で。複数の目でダブルチェック、トリプルチェック。
(2)指差呼称。
(3)マニュアルやガイドに従って、決められた通りに。個人差をなくす。

(4)分かりやすく、納得しやすい手順。合理的な手順。継続して改善。
(5)チェックリストで抜け・洩れをなくす。
(6)一定時間ごとに休憩を入れてリフレッシュ。注意力・集中力を維持する工夫。

(7)一連の行動がスムーズに流れる手順やレイアウト。(行ったり来たり戻ったり、動線が交錯しないように)
(8)人間の習慣や行動パターンに従って動作。(右に回せば増える、左に回せば減る、といったように)
(9)円滑に動作できる、行動しやすい、疲れにくい環境(温度、湿度、騒音、照明など)・服装・道具。

(10)間違いやすいものにはポカよけ。(取り付け部と取り付け部品を同じ色にする、穴と差し込む部品を同じ形(たとえば三角形)にして間違った部品は穴に入らないようにする、など)
(11)整理整頓。
(12)↑たとえば、こんな風に一定数ごとに「スペース」を入れて読み違えをしにくくする、なども。

 どういった場面か、ということにもよりますので、一般論ですが。
 人間の行動パターンや、注意力が低下した時に起こりやすいことを予測して、あらかじめ「間違えたくとも間違いようがない」状況にしておくことが基本です。
 「人間工学」とか「ヒューマンファクター」といったサイトや書籍にいろいろあると思います。
 ヒューマンエラーが許されない、航空機会社や鉄道などに、ノウハウが蓄積されていると思います。
 思いつくまま、いくつかの例を。

(1)1人ではポカするので、2人、3人で。複数の目でダ...続きを読む

Q三つ折りパンフレット制作に関する質問

知り合いに頼まれて、三つ折りパンフレットをデザインしています。トンボなどの作り方もしらなかったので、一から勉強しながら行っています。そこでいくつか質問があります。

1.長方形を三つ作って、それぞれを並列するにはどうすればいいのでしょうか?高さを合わせるのはAlignの、高さを真ん中にそろえるボタンを押せば良いのですが、間隔を空けず並べるにはどうすればいいのでしょう

2 表紙を含む3面を左から 1 2 3 
  中身の側3面を左から 4 5 6
とした場合、1の端っこと4とを組み合わせた絵と、1を開いて4と5を合わせた絵がかわるようにしたいのですが、どうしたら内側の絵と外側の絵が完璧な位置にあわせられるのでしょうか?困っています。

3ガイドは、端っこの定規からドラッグすると出てくるのは分かるのですが、それをどうやったら、ボックスの真ん中などに配置する事が出来るのでしょうか?

今まで、Photoshop一辺倒だったので、何もかもが難しくて分かりません。よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

>Photoshop一辺倒
ということはカメラマンさんでしょうか?

まず、パンフレットを制作されるソフトは何でしょう?
プロの方ならイラストレーターだと思いますが、それ以外のソフトでDTPの真似事をされる方が増えてらっしゃるので・・・

イラストレーターで制作の場合
3つの図形を並列にすることが出来ないくらいの知識だとパンフレットの制作は無理です。
(ちなみに、整列パレットで簡単に整列できます。フォトショップCS2にも整列のオプションがありますよね、あれと同様です。)
他の方に依頼されることをオススメします。
(キツイようでしたらすいません。でも正直な感想なのです。)

1>おそらくパンフレットの3面を長方形3つ並べて制作すると思われているようですが開いたサイズがA4として説明すると
まずA4サイズの長方形を配置します。(これがパンフのサイズです)
次にこれを3面に分けるのですが、等分してはいけません。
紙には厚みがあるため、等分すると折り曲げたときふくらんでしまいます。長い変を【100mm.100mm.97mm】にガイドラインで区切ります。
このガイドラインの位置が折り罫ですから折りのトンボをつけておきます。
裏面は別の書類にして【97mm.100mm.100mm】に分割しなければなりませんね。

2>絵というのがイラストレーター上で制作したものか、別ソフトで配置したものかにもよりますが、定規のx0.y0の座標をパンフレットの角にしておけば、前面にペーストや数値を使用しての移動で簡単にできます。配置、図形の移動の一番基本なんです。配置したい絵を長方形で囲み、絵と長方形をグループ化して数値で移動すると楽だと思います。

3>トンボ(イラストレーターではトリムマークでしたね^^:)を作っておけばセンタートンボの線端にガイドラインを移動するとスナップの機能で簡単に中心に合わせることができます。

その他にも写真はCMYKで350dpi、eps保存したものを配置、イラストレーター上では色はCMYKで製作、黒はオーバープリントなどなどルールもあります。
ソフトがあっても知識がないと難しいと思いますよ。
まずは参考書の購入からどうでしょう?
Adobe Creative Suite 2オフィシャルトレーニングブック
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4948759759/​
オススメですよ。

>Photoshop一辺倒
ということはカメラマンさんでしょうか?

まず、パンフレットを制作されるソフトは何でしょう?
プロの方ならイラストレーターだと思いますが、それ以外のソフトでDTPの真似事をされる方が増えてらっしゃるので・・・

イラストレーターで制作の場合
3つの図形を並列にすることが出来ないくらいの知識だとパンフレットの制作は無理です。
(ちなみに、整列パレットで簡単に整列できます。フォトショップCS2にも整列のオプションがありますよね、あれと同様です。)
他の方に依頼され...続きを読む

Qヒューマンエラーへの対策

ヒューマンエラーは個人の問題であるにもかかわらず、組織で取り組まなけいまヒューマンファクターズについての課題があり、ちょっと不明な点があって困っております。

現在ヒューマンエラーの問題は個人の問題であるにもかかわらず、組織的に取り組むようになっております。
簡単な問いなのですが、これはなぜなのでしょう?

ヒューマンエラーについて見識のある方、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

例えば、工程が【1】⇒【2】⇒【3】と3段階あったとします。
あるとき、【2】の部分で人為的なミスが起きました。
なので、2の工程を担当している人に「ミスするなよ!」といいました。
そんなことを言っても当然人間ですから集中力が切れるときもあり、ミスは減るわけではありません。注意されてミスが減るのは最初だけです。作業に慣れてくればまたミスは発生します。
さらに、【2】の部分を業務改善しようとし、改善してみました。ですが、【1】から受け継ぐ部分の工程は変わっていないので、業務改善するにも限界があります。また、【3】渡す部分も変わっていません。
【1】⇒【2】⇒【3】はワンセットですので、【2】でミスを発生させないためには【1】と【3】でも業務改善を行い、【1】⇒【2】⇒【3】の全体で改善に取り組まなければミスは減りません。

ミスを減らすためにはその人個人を改善するのではなく、全体を改善しなければならないのです。

QPDF形式のパンフレット(約200ページ)をIllustratorかInDesignに取り込み修正するには

パンフレット4冊(1冊20~60ページ)のPDFファイルを持っています。InDesignで作成された元のファイルは持っていません。(依頼先は前のデザイン会社から元のファイルを買わず、PDFのみ持っています。)

作業は、デザインを変えないで、テキストが入った表を追加・削除するというものです。もらったPDFを修正するには、Illustratorを使ったらいいのかInDesignがいいのかが分かりません。

合計200ページ近くあるので、Illustratorだと、きれいにPDFを配置し修正できますが、1ページずつするのに手間ひまがかかります。それと、試してみたらレイアウトは大丈夫でしたが、テキストは文字化けしました。PDFを保存する時に、文字を埋め込む作業をしなければならないのでしょうか?

次に、InDesignでPDFを配置すると画像を貼付けたみたいになって、文字の修正ができませんでした。InDesignに数十ページ分のPDFを一気に流し込める方法があるのでしょうか?あると、都合がいいのですが。

それとも、このような作業だったら、PDFで編集できるのでしょうか。
教えて下さると助かります!お願いします。

パンフレット4冊(1冊20~60ページ)のPDFファイルを持っています。InDesignで作成された元のファイルは持っていません。(依頼先は前のデザイン会社から元のファイルを買わず、PDFのみ持っています。)

作業は、デザインを変えないで、テキストが入った表を追加・削除するというものです。もらったPDFを修正するには、Illustratorを使ったらいいのかInDesignがいいのかが分かりません。

合計200ページ近くあるので、Illustratorだと、きれいにPDFを配置し修正できますが、1ページずつするのに手...続きを読む

Aベストアンサー

InDesignはPDFを出力するソフトなので、できてしまったPDFを編集用に取り込むこと出来ません。
オブジェクトとしてのみです。
従って表などを変更するなら、そのPDF上に別の表を載せて下を隠す形になります。
当然レイアウト変更は出来ません。
編集するならIllustratoの方になります。
もし編集属性も一緒に保存されていれば楽ですが、distillerで出されていたら、あまり自由度がありません。
特定ページのみ変更することはできるでしょう。
文字化けはそのフォントを持っていないからで、ACROBATで開いて使用しているフォントを特定して入手すれば変更できるでしょう。
たとえ埋め込まれていても、編集するにはそのフォントセットが必要です。
もし商業印刷をするなら埋め込みよりアウトラインにした方がいいでしょう。
ただしもう編集できなくなりますが。

Qヒューマンエラーが起こっても安全を確保できる設計

教えて下さい。
ヒューマンエラーが起こっても安全を確保できる設計(災害等を発生させない設計)を行うことを通称何と呼んでいますか?
確か人間工学の関係で聞いた記憶がありますが、忘れてしまいました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本語では「馬鹿よけ」といいます。
英語では「fool proof」(フールプルーフ)といいます。

ちなみに機械が故障しても安全サイドに働く機構はフェイルセーフ(fail safe)といいます。

Qチラシ制作するための格安おすすめソフト

初めて質問します。緊急なので利用させてもらいました。

初心者でも使いやすくて、なるべく自由の利くチラシが作れそうなソフトを探しています。字体とかの種類が多いものがよいです。無料ダウンロードできるものか、格安で買えるソフトありますでしょうか?adobeイラストレーターの無料体験版以外のものを教えていただけたらと思います。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そのチラシは印刷所依頼でしょうか? 今ではWordデータでも印刷してくれるところも多くなりはしましたが、自由度が高いとはいえません。なんといっても自由度が高いソフトはDTP業務用ですが、それだけに値段も高いし使いこなしにも熟練を要します。
自由度が高く、それでいて使いやすくてしかもフリーソフトとか格安というのは相反する条件です。
しかもチラシと一口で言っても、必ず画像(写真でんくても)が伴ってくるものですから、illustratorのようなベクトルデータだけでなく、Photoshopのようなビットマップデータも扱えるソフトも必要になります。
実はDTP作業をするにはこのようなソフトをそろえるだけでなく、DTP独自の制作ルールや、ハード的に適切な環境をそろえないと思うような結果は得難いのです。

フォントに関してはソフトにおまけでついてくるようなフォントに頼るのはいささか不安です。自分で使いたい書体をきちんと有料のもので買いそろえるのが妥当でしょう。

どの程度の頻度でチラシをお作りになられるのか分かりませんが、そう頻繁でなければ専門家である印刷所に一任したほうが安上がりではありますよ。

そのチラシは印刷所依頼でしょうか? 今ではWordデータでも印刷してくれるところも多くなりはしましたが、自由度が高いとはいえません。なんといっても自由度が高いソフトはDTP業務用ですが、それだけに値段も高いし使いこなしにも熟練を要します。
自由度が高く、それでいて使いやすくてしかもフリーソフトとか格安というのは相反する条件です。
しかもチラシと一口で言っても、必ず画像(写真でんくても)が伴ってくるものですから、illustratorのようなベクトルデータだけでなく、Photoshopのようなビットマ...続きを読む

QDTPデザインなどでヒューマンエラーを回避する手法を教えてください。

DTPで、チラシやパンフレットなどを制作されているデザイナーの方にお聞きします。

特に、個人事業やフリーランスでやっておられる方にお聞きしたいのですが、印刷会社のデザイナー様でもいいので、お仕事の効率化でヒューマンエラーを回避できるように気をつけていることを教えてください。

チラシなどの1枚ものからパンフレットやカタログのような多ページものまでを制作される際にどうしても誤字・脱字や、修正忘れのようなものがでてきてしまい、印刷物が完成するまで毎回ヒヤヒヤしております。

最終的には「チェック・見直し」しかないのかなとは思っていますが

それも含めて
自分自身が仕事をこなす上で、
・効率化するためにどのようなことをしているのか?
・どのようなことを気をつけて、ヒューマンエラーをなくそうとしているのか?
・スケジュール管理やワークフローの計画の立て方
など色々なことを教えてください。

例えば、私は、都度都度できたものを印刷し、修正したらまた印刷し、前回のものを破棄する。というような超アナログ的なことで回避しようとしています・・・

宜しくお願いします☆

DTPで、チラシやパンフレットなどを制作されているデザイナーの方にお聞きします。

特に、個人事業やフリーランスでやっておられる方にお聞きしたいのですが、印刷会社のデザイナー様でもいいので、お仕事の効率化でヒューマンエラーを回避できるように気をつけていることを教えてください。

チラシなどの1枚ものからパンフレットやカタログのような多ページものまでを制作される際にどうしても誤字・脱字や、修正忘れのようなものがでてきてしまい、印刷物が完成するまで毎回ヒヤヒヤしております。

最...続きを読む

Aベストアンサー

フリーランスで紙媒体のデザインや制作などしてます。
主にページ物が多いので、その辺のお話を参考までに…。

ミスを減らす方法として、
ブラインドタッチができるかどうかは結構重要な要素のような気がします。
「原稿」、「モニター」の往復のみで作業できる人と
「原稿」、「キーボード」、「モニター」の三カ所を眼で追う必要がある人では作業の精度は随分変わってくると思います。
もちろんアプリケーションの機能をストレス無く使いこなすことができる方がミスは減ると思います。

あと、「確実な部分を自動化」するというのもミスを減らす重要な手段だと思います。
自動化と言っても難しいやり方ではなく、例えば「ミリ」を「mm」に置き換えるのに一字ずつ直すのではなく、検索→置換で一度に直すみたいなことです。
当然一括で直すとズレてきたり、はみ出したりする場合も多くありますが、
フォーマットを作る際にズレやはみ出しが発生しても
「発見しやすい」、「修正しやすい」フォーマットを作ることを心がければ、
ミスは減ると思います。

あとミスを減らす方法とは直接は違うかもしれませんが、
ワタクシは普段の作業において、プリントアウトもチェックも全くしません。
作業終了後に即、PDFをクライアントにメールで送ります。
赤字のチェックをクライアントに完全に任せています。
このやり方では当然誤字、脱字はあるのですが、
ページ物の編集者の場合誤字脱字以外にも、
ゲラを見て新たなアイデアが浮かんだり、別の要素を加えたりすることも多いので、
このやり方で特に文句を言われた事などありません。

要は、こちらはクライアントがゆとりを持ってチェックできるように
なるべく速く作業するように心がけ、すばやく往復することによって
精度を高めていくという方法です。

クライアントのチェック時間にゆとりを持たせる工夫として、
原稿返却やプリントを発送するようなやり方では1日以上ロスする場合がありますので、
ファックスやメール、赤字や指示が多い場合などは原稿の「コピー」を送ってもらいます。

ゴチャゴチャといろいろ書きましたが、
結局は「技術」と「経験」のような気がします。
読みづらいとは思いますが参考になれば幸いです。

フリーランスで紙媒体のデザインや制作などしてます。
主にページ物が多いので、その辺のお話を参考までに…。

ミスを減らす方法として、
ブラインドタッチができるかどうかは結構重要な要素のような気がします。
「原稿」、「モニター」の往復のみで作業できる人と
「原稿」、「キーボード」、「モニター」の三カ所を眼で追う必要がある人では作業の精度は随分変わってくると思います。
もちろんアプリケーションの機能をストレス無く使いこなすことができる方がミスは減ると思います。

あと、「確実な...続きを読む

Qイラストレーターとフォトショップでチラシ制作

質問いたします
タイトル通り、イラストレーターとフォトショップを使って、
チラシを制作します。サイズはA4です。
どちらのソフトも、個人のHP制作で使う程度です。
初めてのチラシ制作なのでどちらをメインで作成したらいいかわかりません。画像も使うし、文字も使います。
加工した画像をイラストレーターに貼付けるのがいいのか、
タイトル、文字をフォトショップに貼付けて制作するのがいいのか
わかりません。
完成したのは、印刷屋に送ります。
以上よろしくお願いします。
※どちらのソフトもCSです。
パソコンはマックです。

Aベストアンサー

チラシづくりにおいて、
●レイアウト作業(文字や画像を配置する)は、イラストレーターで行います。
●フォトショップは、イラストレーターで配置する各画像を作成(加工)するソフトです。

jpgなどの元画像を全てフォトショップで開いて、カラーモードをRGBからCMYKに変換し、できれば解像度も350Dpiにしてから、1個1個「photoshopEPS」形式で別名保存します。
それを、イラストレーターに「配置」します。
ファイル→配置(※リンクにチェックが入った状態) で配置します。

タイトルなどの部品をphotoshopならではの加工をしたいと思ったら、その文字をphotoshopで作成して画像として保存してから、先ほどと同じようにイラストレーターにて配置します。
その際はPSDデータとEPSデータを両方保存しておくと便利です。

Qヒューマンエラーの頻度と尺度

ヒューマンエラーの頻度と尺度を知るための図書などがあれば紹介してください。目的は人間系作業での仕分ミスの頻度と発生を抑える限界や事例を知りたいとおもっています。詳しい方がいらっしゃれば教えてください。自分の職場では仕分ミスが多く発生していますが、人間系の作業でのミスを起こすことは分かりますが、限界はどこなのかを知りたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書物は知りませんが、(多分人間工学系の学術書だと思われます)
作業ミスは500回に一回起きると言われてます。(IE活動で言われました)
ミスをしないような作業基準を設けても、1万回に一回ぐらいは起こすようです。ダブルチェックにすると、500X500で25万回に一回に減ります。

Qパンフレットの印刷

JPEG A4のパンプレットのファイルが3枚あるのですが、
印刷で、1枚ずつだすと、AAA,BBB,CCCと出てきてしまいます。これをABC,ABC,ABCで印刷する方法・アプリケーションはご存じの方いらっしゃいませんか?
pdfにしようとも思ったのですが、あまりきれいに印刷されなかったもので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 その画像ファイルをWordや一太郎などのワープロソフトの各ページに貼り付けて印刷したらいいでしょう。
 ワープロソフトの印刷メニューには「部単位で印刷」というオプションがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報