サッカー部です。
監督から左サイドハーフを指名されました。
ですが、動き方が良くわかりません。

上手な左サイドハーフって誰がいますか?
特徴など詳しく教えてもらえるとありがたいです!!
ちなみに僕は、スピード系よりテクニック系です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スピードがない?なら、やはりフィーゴ辺りがお手本になると思います。


もちろん簡単に真似できる選手ではありませんが、動きやドリブル、クロスを上げるタイミング、守備などが多少は掴めるかと思います。

それと、パルマ時代の中田ヒデはよくサイドもやっていたので良いですよ。
前線が個人技中心選手で活躍こそあまり出来ませんでしたが、サイドの動きとしてはかなり良かったと記憶しています。

サイドの最大の仕事は、やはりサッカーで最もスペースが出来やすく1対1もしやすいサイドを支配することですよね。
ですので、相手のサイドの選手に負ければチームが攻め込まれます。
逆に、相手のサイドの選手に勝てれば自チームが攻め込めます。

持ち前のスピードやテクニックで相手を抜いてクロスやシュートっていうのもサイドの仕事ですが、相手のサイドプレーヤーに攻め込ませないことも凄く重要ですよ。
    • good
    • 3

>ちなみに僕は、スピード系よりテクニック系です。



中田ヒデ、松井大輔、本山雅志。
    • good
    • 2

左に限らないんですが個人的にすきはサイドハーフは


ギグスとフィーゴですかね
あとサイドハーフって言うのかどうかですが ロッペンやCロナウド

サイドハーフって言っても攻撃的なWGなのかMFタイプなのかですね
WGタイプならサイドを駆け上がりクロッサーになったり逆に中に切り込んだりサイドハーフとしての動きというよりポジションにこだわらず
試合展開でどう動けばゴールできるかですかね
左サイドだから右に行ってはいけないなんてことはないですし
    • good
    • 0

アジア人のお手本として、パクチソン。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーの右サイドハーフの攻撃、守備について

こんにちは

中2で右サイドハーフやってます

身長は小さいです、足も遅めです
テクニックには自信がありますがドリブルは体が小さいのであまりしません
でも抜けないことはないです


そこで質問です



まず攻撃から


(1)開いてもらう、これが基本だと思いますが
 縦パスでハメられていたらボランチがサイドバック、センターバックからもらいますそこでどこに走れ ばいいでしょう

(2)ボランチが入ってこなかったら自分はどう動けばいいでしょうか
 縦の動きはだいたいわかりますが、横の動きがわかりませんどうすればいいでしょうか

(3)ボールをもらってから周りを見てしまいます
 どうすればいいでしょうか

次は守備

(4)1対1で負けてしまいます
 中を限定して守ってるのですがその時点で取れればいいと思ってるんです
 どうすればいいでしょうか

(5)逆サイド(左)に行ったとき下がって4バックが5バック状態になっても間違ってませんか?

(6)コーナーの時身長の小さい僕はどうすれば守りきれますか




以上です




多くてごめんなさい



本当に困ってます


攻撃は自分が行けば入ったシーンもあると監督に言われました
守備は自分のミスで入ったシーンもあります



本当に困ってます、よろしくお願いします

こんにちは

中2で右サイドハーフやってます

身長は小さいです、足も遅めです
テクニックには自信がありますがドリブルは体が小さいのであまりしません
でも抜けないことはないです


そこで質問です



まず攻撃から


(1)開いてもらう、これが基本だと思いますが
 縦パスでハメられていたらボランチがサイドバック、センターバックからもらいますそこでどこに走れ ばいいでしょう

(2)ボランチが入ってこなかったら自分はどう動けばいいでしょうか
 縦の動きはだいたいわかりますが、横の動きがわかりませ...続きを読む

Aベストアンサー

指導者をしています。
やり方には人それぞれの考え方や戦術があるのでこれってものはないですよ。
監督が考えている戦術もあるでしょうから、それを確認するのが一番だと思います。
なので、あくまでご参考程度です。

(1)ボランチからボールをもらうときは、開いた位置から中に入り込んでディフェンスの隙間でもらうのが良いでしょう。
ただ、その位置でボランチからもらってもアクセントにはなりますがチャンスにはなりません。あくまで相手のディフェンスの位置をずらす目的ぐらいにしかなりません。
どちらかというと、ボランチに入ったボールはトップ下かFWがもらうのがベストです。サイドハーフは、トップ下かFWにポストプレーをしてもらって、それをダイレクトで落としてもらい前を向いた状態でボールをもらうようにするのが良いと思います。

(2)開いたまま落ちれば良いと思います。
あくまでボランチから攻撃スタートするのがベストですから、センターバックやサイドバックがボランチにボールを入れられない場合は、なるべく近くまでサイドを落ちて、フリーの状態でパスを受けてあげると良いと思います。

(3)まずトラップする方向、トラップした後のボールを置く位置を意識しましょう。
右サイドですから、基本的にトラップは右足で必ず体を前を向いた状態でトラップです。またトラップ後は、すぐに右足アウトに持ち返るようにしましょう。トラップするときは若干左に体重移動させボールを止め、そのままボールの左側に体をもっていき、ボールを右足アウトに収める感じです。
足の内側にボールを置くと、ボールを取られやすいです。ボールを右足のアウトに置けば、すぐにアウトタッチで詰めてきたディフェンスから逃げることができます。まず、これで慌てない状況を作れるようになることです。
これである程度余裕が持てるようになれば、トラップミスを怖がってボールをガン見することもなくなります。
あとは、練習でトラップ前に常にルックアップして首を振る練習をすることですね。

(4)1対1が弱い人の典型は、アタックの角度が悪い場合が大半だと思います。
つまりアタックする角度が悪いから、簡単にかわされてしまっていると言うことです。
右サイドでサイドカットで守っている場合、基本左足が相手側に向いた状態で中を切りますよね。
その状態で左足から体を入れる感じでアタックすると思いますが、アタックの角度を相手に対して斜め前にしてしまっていませんか?
これだと、どうしても自分が先に動いてしまうことになるのでかわされやすいです。
ディフェンスのコツは、いかに「後出しじゃんけん」をするかです。つまり相手が動いてから、それを読んで体を入れることが重要です。
この「後出しじゃんけん」が身につけられれば、体を入れるとき常に斜め前ではなく、斜め後ろになります。つまり、左足が右足より下がった状態で体を入れるということです。
この「斜め後ろに体を入れる」という意識をちゃんともてれば、1対1のディフェンスは格段に強くなれます。


(5)は監督の考え次第なので何とも言えませんね。
わたしは下がる必要はないと考えます。
ディフェンスラインは基本的に3人いればOKです。
片方のどちらかが攻撃参加する形が4バックですから、逆サイドにボールがあるからと言って、人数あわせにサイドハーフが最終ラインに入る必要はないです。

(6)は難しいですね・・・
ちゃんと体をぶつけてることくらいでしょうか・・・


4バック制でやっているのであれば、サイドハーフで一番重要なのは「いかにサイドバックを攻撃参加させるか」です。まずはその意識を高く持ちましょう。ひとりで打開するのではなく、うまくサイドバックを上がるスペースを作ることを考えることが重要です。
それには縦突破のドリブルではなく、「溜めるドリブル」が必須になります。
たとえば、サイドで開いてもらったとしたら、基本はボールをキープしながら中に切り込むと良いと思います。
そうすることでサイドのスペースが空くので、そこをサイドバックに上がってもらいます。
そのままサイドバックに出してあげても良いですし、上がったサイドバックをおとりにして、ドリブルスピードを上げて中央の人間とワンツーパスをしながらペナルティエリアに切り込むのもOKです。
どちらにせよ、サイドハーフの本当の職場はペナルティエリア内と考えた方が良いです。
センタリングをあげたとき人数が多い方が有利なのですから、サイドハーフはペナルティエリア内に入り込み、サイドに流れてのセンタリングはサイドバックがやった方が効果的です。
監督が「自分が行けば入ったシーンもある」と言った理由は、そこにあると思います。

ご参考まで。

指導者をしています。
やり方には人それぞれの考え方や戦術があるのでこれってものはないですよ。
監督が考えている戦術もあるでしょうから、それを確認するのが一番だと思います。
なので、あくまでご参考程度です。

(1)ボランチからボールをもらうときは、開いた位置から中に入り込んでディフェンスの隙間でもらうのが良いでしょう。
ただ、その位置でボランチからもらってもアクセントにはなりますがチャンスにはなりません。あくまで相手のディフェンスの位置をずらす目的ぐらいにしかなりません。
どちら...続きを読む

Qリケルメ と アイマール について   プレースタイル教えてください

以前はアイマールが10番だったのに、今回はリケルメが10番。
監督もアイマールではなくリケルメ中心の戦術ということで10番で先発で使っているのでしょう。

しかし、アイマールのほうが上手いと思うのですが、実際どうなんですか?

二人のプレースタイルはどのようなプレースタイルなんでしょうか?

まったく違うタイプなで、FW陣もリケルメの方があっているなら
仕方ないですが、僕としてはアイマールが好きです。

この二人のプレースタイルについて簡単で良いので教えてください

宜しくお願いします

Aベストアンサー

アイマールが使ってもらえない最大の理由は、これまで怪我がちだったからですよ。ワールドカップでは怪我人続出することが結構ありますからね。メインの選手が怪我人になってからチームのスタイルを変えるのはちょっと。

ちなみに、戦術と言う面からはアイマールのほうが監督にとっては使いやすい選手です。りケルメは現代サッカーの戦術に適合しない選手と言われています。リケルメの得意技はどんな苦しいパスでもちゃんと受け取ってくれ、ボールをキープし続けられること、そしてもっともゴールに結び付けられそうな選手にパスできる判断なのですが、その間はボールが止まってしまうため、スピード重視の現代サッカーにはあわないのです。また、リケルメはボールを敵から奪うということは苦手で、走るのも遅い(というかそもそも走る気ないかも)ので、リケルメを使う場合には、敵にしつこく追いすがってボールをとるいわゆるファイタータイプの選手がいることが必須となります。とにかくリケルメには守備の仕事は期待できません。

この点、アイマールは前線からのプレスなど現代サッカーで使われる戦術である前からの守備の仕事もリケルメと違ってこなせますが、レッドカードが続出するような試合になったときに、相手につぶされて大怪我をする可能性があります。リケルメは自分からはボールを取りにいかないけれども屈強な敵に囲まれてもボールをキープし続けてパスを送ることができます。

というわけで、パスをFWに送るという点ではどちらも大差ないと思いますが、敵に対する安心感と言う点ではリケルメのほうがいいんでしょうね。

アイマールが使ってもらえない最大の理由は、これまで怪我がちだったからですよ。ワールドカップでは怪我人続出することが結構ありますからね。メインの選手が怪我人になってからチームのスタイルを変えるのはちょっと。

ちなみに、戦術と言う面からはアイマールのほうが監督にとっては使いやすい選手です。りケルメは現代サッカーの戦術に適合しない選手と言われています。リケルメの得意技はどんな苦しいパスでもちゃんと受け取ってくれ、ボールをキープし続けられること、そしてもっともゴールに結び付けら...続きを読む

Qサッカーの人気背番号って・・・

雑誌などを読んでいて思ったのですがサッカーのエースナンバーって何番なんでしょうか?「キャプテン翼」の翼は10番をつけているので10番(代表の中村選手 等)だと思っていました。でも最近のサッカーでは9番(グルノーブルの大黒選手 等)をよく見かけます。またヨーロッパサッカーでは7番(ベッカム選手、中田英寿選手 等)が人気だと聞きます。いったい人気の背番号って何番なんでしょうか?

Aベストアンサー

やはり、10番が伝統的にどのチームでも特別視される番号ではありますね。
また、それぞれの背番号によってイメージがあります。
1番:守護神(キーパー)
4番:DFリーダー
7番:ドリブラー
10番:トップ下、エースストライカー
9、11番:点取り屋、エースストライカー

ただ、最近は選手個人個人、お気に入りの番号を付けてるに過ぎないと思います。
自分の好きな選手の背番号にしたり
13番:バラック
14番:アンリ
17番:トレセゲ
みたいな、自分独自の番号みたいなのを決めてる選手もいます。

Q小学生のサッカーって何が大事なんですか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまには前のポジションをやりたい。
 ・コーチが上手い子ばかりFWやMFにする。あまり上手くない子、
  おとなしい子は守備的ポジションばかりやらされる。
 ・コーチは上手い子の父親で、ひいきしている。信用できない。
です。
私から「それとなくコーチに言って上げようか」と言うと、
「それだけは絶対にやめてくれ」
「ではコーチに自分の意思を伝えたら?」と言っても
「それもいやだ。」と頑なです。
サッカー自体はすきなのですが、今のサッカーの環境が我慢できないようです。
息子は練習も今までまじめにやってきたし、自分のポジションを一生懸命やっている姿を見ると、なんとかサッカーに楽しむようにしてあげ
たいと思っています。

コーチに相談することは何回も考えましたが、息子を裏切るようでしておりません。コーチは練習試合を数多く組むなど熱心に教えてくれると思うのですが、確かにポジションは固定的(キーパーの子も小3からずっとキーパーです)だし、勝ち負けを優先しているようです。
私は小学生の頃は勝ち負けよりサッカーの楽しさ、すばらしさを教えること。いろんなポジションを経験し、一通りやってみることが大切と思っております。

息子によると、「守備的なポジションをやっているあまり上手くない子は、みんなやめたいと言っている」だそうです。
みなさま、このような経験はございませんか?
どのような対策を取ったら良いと思いますか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまに...続きを読む

Aベストアンサー

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件でショックを受けサッカーをやめようと考えていたらしいです。
また対立した一部の親グループのさらに一部とは、子供の我々まで冷めた関係になり、もし今会ったとしてもニュートラルな対話は出来ないと思います(大人気ないですが、それほど大きな問題だったという事です)。

と話はそれましたが、上記の一件があったからかは解りませんが、僕は環境という面はとても重要だと思っています。大人であれば自分から環境を変えられますが、子供の場合は自分からは行動できないでしょう?
さらにコーチを信頼出来ていないという事で、私の時よりも心の支えが少ない訳ですから、とてもかわいそうな境遇です。

私の結論としては環境を変えるべきだと思います。親に自分から不満を言ってくる位であれば、サッカーが本当に好きなんでしょうし、(大会での優勝経験もあると言う事で)チームが勝つ喜びも知っていますからサッカー自体を辞めさせるのは時期尚早でしょう。冒頭でも書いたとおり、根本的な問題は環境面ですから。

具体的にどうするかと言えば、まずは近隣校のサッカークラブが出てきますね。現在とそれほど練習時間も変わらないでしょうし、基本的には移動面でも問題は少ないと思います。
ただ、そこでもコーチの方針などの問題が出る事は有り得るでしょうし、今の学校の子と関係が悪くなってしまう可能性も無い事は無いでしょうね。

または所謂サッカースクールに通うという選択肢もあります。有名なクーバーコーチングや、Jリーグクラブのスクールなどです。ここならば、より専門的なコーチがいますし「まずは楽しむ」という方針が根底にあるので、現在お子さんが悩んでいる問題はほとんど解決されるでしょう。
こちらの問題点は場所が家の近所ではない場合も有るので、移動面で親御さんの協力がより必要になるという事です。また練習時間が少なくなる事も考えられますね。
それよりも一番の問題点は真剣な舞台でのサッカー大会(小学生で言えば招待試合や全国大会など)や試合があるのか?という事です。あくまでも私が行っていた所がという話ですが、基本的に"スクール"なので真剣勝負の試合は有りませんでした。大半の子はスクールとは別に地元のサッカークラブやユースチームに所属しているので問題ないでしょうが、スクール一本となるとお子さんとしてみれば物足りないでしょうね。

いずれにせよリサーチが必要ですね。とりあえず何箇所か目星をつけて、お子さんを一緒に連れて行き見学してみてはいかがでしょう?

最後に。私は環境を変える事をオススメしましたが、このまま残るという選択肢もあることは忘れないでください。言っても5年生ですから精神的にもまだ脆いです。環境を変えるという事はそれなりにリスクも伴います。また、よく考えればあと1年と半年くらい経って中学生になり環境も変わりますから、それまで心のケアをしつつ頑張らせるという事も良い手です。
とにかく、親がどうしたいかと言う事よりお子さんの事を一番に考えて、色々な可能性を示してあげてください。pparkさんなら心配は要らないと思いますけどね。

長文になってしまい、申し訳無いです。サッカー好きとして、お子さんが楽しくサッカーが出来る事を願います。

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件で...続きを読む

Qサッカー選手で18番はどんな人がつけるのでしょうか

サッカー選手で18番はどんな人がつけるのか?どんな期待がこめられているのか教えてください。

Aベストアンサー

18番って一般的にはサブFWってのが多かったんですが最近は壮でもないと思いますよ 18番着てる人で有名なのはクリンスマンですね
地区予選では9番着けてても本番では18番着けてましたね
あとはバッジョがミランで着てた番号ですね 10番以外をはじめてつけた番号です
あと#1さんもおっしゃってる1+8ですがインテルにロナウドが入った際それまで来てた9番を奪われたサモラノですね 9番に未練タラタラだったので1+8なんていう背番号ができました
あとはスコールズとか小野君もこの番号ですね

Qアーセナル03-04の無敗優勝時のメンバー

アーセナル03-04の無敗優勝時のメンバー を知りたいのですがアンリ、ヴィエラ等しか知りません。ウイイレで再現したいのでご存知の方がいれば、教えてください。 あと、その時のフォ

Aベストアンサー

フルメンバーだと、こうなります。

GK 1 イェンス レーマン:ドイツ
GK13 スチュアート テイラー:イングランド
GK24 ラミ シャーバン:スウェーデン
GK33 グラハム スタック:アイルランド

DF 3 アシュリー コール:イングランド
DF 5 マーティン キーオン:イングランド
DF12 ローレン:カメルーン
DF18 パスカル シガン:フランス
DF20 フィリップ センデロス:スイス
DF22 ガエル クリシー:フランス
DF23 ソル キャンベル:イングランド
DF26 イゴール ステパノフス:ラトビア
DF28 コロ トゥーレ:コートジボワール
DF31 セバスチャン スバルド:デンマーク
DF45 ジャスティン ホイト:イングランド

MF 4 パトリック ビエイラ:フランス
MF 7 ロベール ピレス:フランス
MF 8 フレデリク リュングベリ:スウェーデン
MF 9 ホセ アントニオ レジェス:スペイン
MF15 レイ パーラー:イングランド
MF17 エドゥ:ブラジル
MF19 ジウベルト シルバ:ブラジル

FW10 デニス ベルカンプ:オランダ
FW11 シルバン ビルトール:フランス
FW14 ティエリ アンリ:フランス
FW25 ヌワンコ カヌー:ナイジェリア
FW30 ジェレミー アリアディエール:フランス
FW32 ミカル パパドプロス:チェコ
FW37デイビッド ベントリーイングランド

基本フォーメーションは、4-4-2(4-3-3かもしれません)になります。
GKが「レーマン」、「キャンベル」と「トゥレ」の両CBに右サイドが「ローレン」左サイドが「コール」というDF陣です。

中盤は中央に「ヴィエラ」と「ジウベウト」右に「フレディ」左に「ピレス」を配置し、ゲームメイクは主に「ピレス」が担当していました。

攻撃陣は、「ベルカンプ」と「アンリ」となります。

控えには、「リュングベリ」、「ヴィルトール」、「カヌー」、「パーラー」、「エドゥ」といった、フルメンバーと同等な力を持った選手がそろっていました。

攻撃は、「コール」・「ピレス」がいる左サイドがメインです。そこから、ボールの持てる「ベルカンプ」へのポストプレイや「アンリ」が敵DFを引きつけておいて、空いたスペースに他の選手が飛び込んで、「アンリ」のパスに合わせるというのが、主流の得点パターンでした。

フルメンバーだと、こうなります。

GK 1 イェンス レーマン:ドイツ
GK13 スチュアート テイラー:イングランド
GK24 ラミ シャーバン:スウェーデン
GK33 グラハム スタック:アイルランド

DF 3 アシュリー コール:イングランド
DF 5 マーティン キーオン:イングランド
DF12 ローレン:カメルーン
DF18 パスカル シガン:フランス
DF20 フィリップ センデロス:スイス
DF22 ガエル クリシー:フランス
DF23 ソル キャンベル:イングランド
DF26 イゴール ステパノフス:ラトビア
D...続きを読む

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む

Qリフティングでサッカーうまくなるの?

 リフティングってサッカーの技術上達に効果あるんでしょうか?。
 いろんな人の意見を聞いているんですが人によっては「ボールタッチが上達する」と言いある人は「サッカー選手でも意外とそんなに回数がこなせる人がいないからさほど意味無し」などいろいろな意見がありました。

 私は今サッカーを趣味程度にしているんですが、試合をする機会がそうあるものではありません。その為に一人でリフティングの練習をするのですが、実践でのプレーに効果ってあるでしょうか?。

Aベストアンサー

試合中に直接リフティングを利用したプレーをするわけではありませんが、みなさんご指摘の通り技術向上に効果があります。
リフティングが上手くなれば、ボールタッチが上手くなりますし、膝の動きが滑らかというかやわらかくなります。特に子供の頃にリフティング技術を習得していると効果は大きいです。
私はサッカー暦20年を越え、今でもフットサルをやっていますが、子供の頃に覚えたリフティング技術は大きいと感じます。

ただ、もし大人になってから、全く最初からサッカーを初めるのであれば、まずはインサイドでしっかりパスを出す練習の方を優先した方が良いと思います。
私のフットサルチームでは初心者が半分を占めるのですが、ゴロパスをしっかり出せるようになるだけで、かなり試合のレベルが上がりました。

まあでも1人で練習するのであれば、リフティングが一番いいかもしれませんね。

Q左サイドの動き

ボランチから左サイド1.5列目あたりのポジションになったばかりです。
役割がほとんどわかりません、基本的には左からの突破でクロスというパターンだと思うのですが・・・求められる動きや役割など教えてほしいです。 ポジションは左ですがセンターにも積極的に入っていっても良いのでしょうか
27歳社会人

Aベストアンサー

うーん、この質問だけでは何とも言えませんが
と、言いますのもディフェンスにサイドバックの居るフォーメーションなのか
センターフォアードは1枚か?2枚か、それとも中央にゲームブレーカーと
言える人物が居るのかによって理想の動きは変わると思いますし…。
それこそ、監督やキャプテンの求める動(戦術)も重要になるでしょうから。

解る範囲で答えるとするならば…利き足はどちらの足でしょうか?
左足でもドリブル・クロスを上げる事が出来るのならば
ペナルティエリア近くまで持ち上がりクロスを上げるのが有効だと思います。
右足が利き足だと、流れるボールに対し中央にクロスを上げる事が
難しいですよね。よってクロスを上げるまでに時間がかかる為に
相手にディフェンスされる可能性が高くなってしまいます。
また、利き足が左であればボールはピッチの外側、体が内側ですので
相手のプレスに対してボールをキープしやすいと考える事も出来るでしょう。

逆に利き足が右足の場合は上でも述べて居ますが
短時間でクロスを上げるのが困難な為、ボール扱いが上手い人
ドリブルが得意な人向けですね。中央に切り込みながら
フェイントを交えながらボールを持ち替えて利き足でクロスをあげたり
相手との勝負で決定機を演出します。
上手い選手で言うなら、ルマンの松井やロナウジーニョの様な
動きをイメージすれば解りやすいでしょうか。
また、中央に切り込んだ時に右足でシュートを打ちやすいので
積極的に仕掛けるプレーが良いのではないでしょうか。

また、サイドの位置は最もオフサイドラインを確認出来る上に
マークが外れやすい位置でもありますから、相手ディフェンスの裏を狙う
動きからのカウンターなどは有効ですね。
1トップなどでフォアードの枚数が少ないときは
逆サイドにボールがある時は積極的にペナルティエリアに入ったりするのも
効果的だと思います。ただ、ディフェンスにサイドバックが居ないのなら
反対サイドが攻撃している時は、ディフェンスの意識を持って
上がりすぎない事も重要だと思います。
そうなると体力の消耗が激しいポジションですのでペース配分にも
気を遣う必要もあるかもしれませんね。

うーん、この質問だけでは何とも言えませんが
と、言いますのもディフェンスにサイドバックの居るフォーメーションなのか
センターフォアードは1枚か?2枚か、それとも中央にゲームブレーカーと
言える人物が居るのかによって理想の動きは変わると思いますし…。
それこそ、監督やキャプテンの求める動(戦術)も重要になるでしょうから。

解る範囲で答えるとするならば…利き足はどちらの足でしょうか?
左足でもドリブル・クロスを上げる事が出来るのならば
ペナルティエリア近くまで持ち上がりクロスを...続きを読む

QJ傘下のスクールかクーバーか

QNo.3200356で質問された方と多少ダブるのですが。
小2の息子がサッカーをやっております。ただ練習は週1回+日曜・祝日に試合とちょっと物足りなさそうです。
近くに広場もなく、学校の校庭も放課後使用できません。
もっとサッカーしたいというので、スクールに行かせようかと思うのですが、調べたら家から通えるところにJのスクールとクーバーと言うスクールがあります。
(どちらも電車で30分から40分ほど)
単純に技術だけなら予算的にもクーバーかなぁとも思うのですが、クーバーはあくまでスクールのようですが、
Jは可能性は低いながらも数年後もしかしたら選抜されてなんて事も考えると(苦笑)、Jの方も捨てきれません。
Jやクーバーの状況がわかる方、教えていただけませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すべてのJのスクールが同じではないと思いますが、体験談です。
Jのスクールといえども、スクールはあくまでもスクールです。チームではありません。子どもが行っていたJスクールの場合、学年があがっていくと、スクール内でも選抜のクラスが用意されています。一般クラスよりもやや高度な練習内容になりますが、あくまでもスクールです。(すごく上手かったですが)
スクールとは別に、クラブのジュニアチームのためのセレクションがあり、これはスクール生以外でも(というかその方が多い)受けることができます。なので本当に実力勝負。スクール受講中にいい意味でかなり目立っていないと、アドバンテージにはなりません。逆に目立っていれば、それなりに有利とは思います。
クーバーは基礎をきっちり固められるコーチングスキルなので、小学校低学年であれば価値があるのではないかと思います。低学年のうちに基礎を、上達したらJの傘下の選抜クラスにチャレンジとかいうのもアリかもしれませんね。ぜひお子さんのためにいい選択を!


人気Q&Aランキング