黒のお召しの生地を仕立てようと思っています。昔から紅絹裏に憧れており、表地に響きにくい生地ですので、この際、紅絹裏で…と考えています。
紅絹だと色落ちが心配ではありますが、もし色落ちしても長襦袢は所詮下着だし、表地も帯で隠れる部分であるし、もう気にしないことにしています。
しかし、ハタと気になったのは、紅絹裏だと、帯び合わせに悩むかな…?という点です。
お召しですし、ちょっといい帯を締めればお茶事にも…と思っているのですが、紅絹裏だと、粋な感じになってしまうのでしょうか?
件の着尺に銀糸使いの白っぽい袋帯など置いてみると、イイ感じなのですが、紅絹裏にするとそういった組み合わせはおかしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ちょっといい帯を締めればお茶事にも…と思っているのですが、紅絹裏だと、粋な感じになってしまうのでしょうか?


件の着尺に銀糸使いの白っぽい袋帯など置いてみると、イイ感じなのですが、紅絹裏にするとそういった組み合わせはおかしいでしょうか?

お茶はやりませんのでお茶向きかどうかはわかりませんが、
紅絹裏の着物をいくつか仕立てました。
和裁するのが趣味なので、一応、色が合えば、何でもあわせてしまいます。
黒に赤というのもありますが、コレ、帯よりも、ふり口から見える
長じゅばんの色を選びます。
もし、お手持ちの長じゅばんが色の薄い色、よくあるぼけっとしたピンクなど、一番に映えないです。

いっそのこと、白のほうがすがしい。
どちらかといえば、紅絹裏にすると、色の濃いもの、柄のはっきりしたものでないと、野暮です(人を選ぶので、私にはそのように見えます、
というか、参考のために57ですが、私には似合わない)

帯は好き好き、合わせてみて、いいなら、その他の小物もお好きなように。
ただ、昔は、ほとんど紅絹裏でしたので、公式な場でもよかったのですが、今ではどちらかというと、「洒落」感が強いので、
場を選ぶか、レトロに徹して、公でも通すかどちらかです。

そして、むかし紅絹裏をつけていたような時代は、
緋色の長じゅばんがスタンダード、洒落る人は、比較的大胆な色柄での
しゃれた長襦袢を合わせた。
緋色の長じゅばんにこだわるのは、ソレこそ、【つぎだらやっこ】と
言われるほどつぎだらけでも、【緋色】なんだそうで。
紅絹裏の着物に緋色の長じゅばん等のが昔のスタンダード。
幸田文さんの「きもの帖」という本にありました。
タブン、実用性を考えても、長じゅばんは色の濃いもののほうが
汚れも目立たないという配慮だったと思われますので、
赤でなければ、また、違った濃い色目とでも言うのでしょうね。

というわけで、帯より、長じゅばんということに思いを寄せたほうがいいでしょう。

表が黒で、裏が赤、長じゅばんが白で、帯が白だと
かっこいいと思います。

赤以外の長じゅばんで色の濃い、柄のはっきりしたものなら、
個性的で洒落感が人を選ぶと思う。

長じゅばん赤なら、昔なら、コレがスタンダードです。

ただ、うすらピンクの長じゅばんだと、野暮だと思うのが
私の感性です。
好き好きですので、ま、参考までに。

ちなみに、私の最近の好みの傾向では、長じゅばんは緑に染めた、
黄変した胴裏をリサイクルしての長じゅばんを紅絹裏の着物に
あわせることです。
長じゅばんだけでみると、なんだか、中国のキモノのようにも見える。
で、コレで、紅絹裏、緑系の帯を合わせると、「ん!いけてる」と
勝手に思ってます。

黄変したのに緑をのせているので、まだら具合が、また、
なんともいえず、いい!とおもいこんでいる次第です。

楽しんでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに、普通のオーソドックスなピンクの長襦袢では野暮ですね。
赤の長襦袢は持っていますが、赤い裏地に赤を重ねるのは変かしら?と思い、この着物用にまた別に長襦袢を仕立てようかと思っていました。
赤でもいいんですね~。ちょっと「目からウロコ」です。
…でも、それだと礼装にはちょっとおかしいですよね。茶席ではオバサマに小言を言われそう…

今、手持ちの長襦袢用反物は、黒地の宝尽くしの物と、薄水色地に桜と紅葉柄の物(色は上品ですが柄はかなり派手です)の2反。
普通のおでかけの時は、緋長襦袢を合わせて、改まった席では上記の薄水色を合わせる…て、おかしいでしょうか?
それとも、いっそ黒の方が映えるでしょうか?

お礼日時:2009/05/17 14:12

私は、30代黒色系結城紬、40代濃いグレー膨れ織紋意匠に、


紅絹八掛け。
薄いピンク系の長襦袢を紅絹に染め直ししました。
お召で経験はありませんが、良いと思います。
色落ちした事はありませんし、それがあるようでは困りますね。

八掛けの色・・粋?。
着物の柄や反物の色と同系色は、
目立たない、一般的、地味目な感じ、厭味が無い・・。
礼装に向きます。

黒に紅絹は、その逆ですから、
おしゃれ感が強い、個性が強い、派手、
時には悪目立ちということです。

その八掛けと着物の色目だけで、粋と言う事はありません。
お茶事に良いかどうかは、
その席の時と場合を考慮して下さい。

粋・・感じ方は結構差があります。
生粋、粋を極める、通人というのが”粋”です。

長襦袢や草履は何色。
帯締め、帯揚げは何色。
全体のバランスその着こなしによって粋と言う事になります。

お召ですから、帯は相当色々使えます。
おしゃれな柄の袋帯から8寸9寸名古屋帯すべて、
博多単帯まで。
>>銀糸使いの白っぽい袋帯など置いてみると・・。
白っぽい色目では良いですね。
柄ゆきが礼装の金銀袋帯では、紅絹八掛けですから、
少し考える場合も有りそうです。


いっぱい楽しんで下さい。

この回答への補足

すみません。紅絹は胴裏に使います。
八掛は黒の予定です。
八掛が同色系ならば、胴裏の色は気にせずとも良いでしょうか?

補足日時:2009/05/17 13:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q着物を長襦袢にできますか?

手元にサイズが小さい着物が何点もあるので、
自分が着物を着る時に使えるアイテムへリメイクできたらなぁと思っております。

そこで質問です。

全てが私サイズには小さめの袷の着物があります。
丈がそのまま着て長襦袢にいい長さで、
衿芯さえ入れられれば長襦袢になるように思うのです。
一度冬に長襦袢として衿芯なしで使ったことがあるんですが、
とてもいい感じでした。衿以外(笑)

二部式うそつき襦袢に作りかえるという方法も考えられますが、
亡くなった母の着物なので、できたら切らないで
長襦袢にできると身近になってうれしいです。

自分でがんばればできるリメイク法、長襦袢として着る場合のアドバイス
(着物は長襦袢とは着られない私がわかってない点など)を教えてください。

あと、「着物、リメイク」で検索すると、
洋装へのリメイク情報が多くて、思ったようなサイトや本に出会えません。
いちから着物を仕立てる方法ではなく(和裁の本は買いました)
着物や洋物から、着物を着る際に使えるものにリメイクするための
参考になる本やサイトがありましたら、そちらもご教示ください。

よろしくお願いします。

手元にサイズが小さい着物が何点もあるので、
自分が着物を着る時に使えるアイテムへリメイクできたらなぁと思っております。

そこで質問です。

全てが私サイズには小さめの袷の着物があります。
丈がそのまま着て長襦袢にいい長さで、
衿芯さえ入れられれば長襦袢になるように思うのです。
一度冬に長襦袢として衿芯なしで使ったことがあるんですが、
とてもいい感じでした。衿以外(笑)

二部式うそつき襦袢に作りかえるという方法も考えられますが、
亡くなった母の着物なので、できたら切らないで
長襦袢に...続きを読む

Aベストアンサー

ウーン、まさに私が大好きなテーマです。
和裁が趣味なおばちゃんです。

別に、昔から、着物の生地で長じゅばんを作ってますからまったく、問題はないです。
逆に言うなら、長じゅばんの生地でちゃんと、長じゅばんを作るというのは、
ひどく、贅沢なんです。

今は、身頃は単衣で、袖は無双(裏表同じ生地)でという長じゅばんが袷の時期に使いますが、
これ、昔は、ちゃんと、長じゅばんも袷として作りました。
つまりは、長じゅばんにも、表の生地と、裏の生地があったとさ・・・ということです。

ならば、着物をそのまま、長じゅばんに転用・・・・してかまいません。

寸法が合っているならです。
タダ、よーっく見てください、長じゅばんの襟と、着物の襟のついている、オクミに相当する幅が違うでしょう?
それと、本当は長じゅばんのすそ裏は引返しといって、表が裏に回っているのが本当なんですが、マ、着物のままで
見えるわけじゃないし、いいと思う、タダ、襟下部分だけ、表を・・・というのにこだわってもらいたいです。

長じゅばんが、着物と同じオクミ幅あると、前見ごろの幅としてありすぎで、歩きにくいと思から。
それと、長じゅばんの襟の、オクミどまり(ケンサキ?)は着物の位置より1寸(4cm?)ぐらい上に上がってます。
内側にある襟のほうが重なりが上になる様にです(半襟が見えるでしょう?)

いじるなら、着物の襟をオクミドマリ(ケンサキ)より2寸ぐらい上まで解いて、
、表オクミだけ残して、裏を取って、表をそのまま、折り返して、内側に回して。
襟をオクミドマリ(剣先)を1寸上げた位置に付け直して、襟の長さを短く(背中心から、片側2尺ちょっと、80cmグライ?)つけると
ちょうど、伊達締めで抑えやすいところで襟が終わります。

それと、リメイクというと、洋服へ・・・ということばかりということですが、基本、
着物は全部ばらして、他の着物、長じゅばん(寄せ集めで)とかになおすことが普通なんです。

今は、表(着物用)は着物にということしか考えないようですが、昔は、表は高価、中にはボロでというようなことですので、
有り合わせで何でも作ります。
見える部分だけ左右対称に、オークションで昔のものを見ていると、身頃が実に多彩につないであって、
すそだけ、あるいは、袖だけ、きれいなもので作っているのがまだあります。
歌舞伎などで、おいらん(女郎)の長じゅばんはつぎはぎです。
組み合わせを考えるのも和裁の楽しみの一つです。

着物の生地で無事なところをつないで、帯にもします。
半幅帯など、簡単に作れる。

リメイク・・・の本ではなく和裁で、そのまま、生地だけ、解いて、また、いろいろと使いまわすというのが、まさに
昔風で、それが着物の本質です。
だから、生地が全部四角いまま、縫いこんで取っておくのです。

見えないところは、全部つないで、ヨセ集めて、縫って、それでいいのです。

着物で長じゅばんするとかなり贅沢な感じがします。
若いころの訪問着など、利用するといいでしょう。
どうせ、柄に流行もあって、お高い着物も、親子3代はうそですから。

イロイロな、お直し、仕立て直しについては、状況、状態を具体的にお書きくだされば、アドバイスできると思います。

ウーン、まさに私が大好きなテーマです。
和裁が趣味なおばちゃんです。

別に、昔から、着物の生地で長じゅばんを作ってますからまったく、問題はないです。
逆に言うなら、長じゅばんの生地でちゃんと、長じゅばんを作るというのは、
ひどく、贅沢なんです。

今は、身頃は単衣で、袖は無双(裏表同じ生地)でという長じゅばんが袷の時期に使いますが、
これ、昔は、ちゃんと、長じゅばんも袷として作りました。
つまりは、長じゅばんにも、表の生地と、裏の生地があったとさ・・・ということです。

ならば、着物...続きを読む


人気Q&Aランキング