万葉集を、1日1首のようなゆっくりしたペースで読みたいと思います。
たくさん出版されていてどれにしようか迷います。
現代語訳と解釈、作者や歌の背景などがやさしく解説してしてあるお勧め本を紹介してください。
全くの趣味で読むので、学術的、文法的な解説よりも、読んで楽しく万葉の時代に空想の世界が広がるような本をお願いします。
さらにわがままを言わせていただければ、安価で書店で入手しやすいものが嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

口語訳がある。

現行文庫本である。と云う点からですと、
講談社文庫の中西進「万葉集」(1)~(4)、別巻となります。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B …
岩波文庫(全2冊)にもはいっているのですが、訓読だけです。
尚、「万葉集」は漢文型式(純粋の漢文とは云い難い部分もある)で書かれておりそれの翻刻は岩波文庫の「白文万葉集」(全2冊)ですが、難しいです。
古本屋さんを巡ると四六判の折口信夫「口訳万葉集」があるかも知れません。あればセットで買って置いて損のない本だと思います。(これは色々の版があります。)
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B …
後は古典文学全集になりますので「安価」とは云えませんので省きます。
御参考にならば幸甚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

折口信夫はどんな本か興味深いです。図書館の書庫にあるので借りてみようと思います。講談社文庫は簡潔な注釈と口語訳がついていて手軽ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 15:46

12年以上かけて鑑賞されるという持続する情熱に感動を覚えます。


直感的に感じたのはアナタさまご自身で、ベスト・フィットの
本を書き上げるのが宜しいのではないかということでした。

私は、あるとき読もうと決心して、
万葉仮名を覚え、1回目は、8日間で読了した
記憶があります。
その前は、やはり決心して、教養目的で
英訳の聖書を寝ずに2日間で読み、
そうした経験が活きて、その後、
須磨帰りもなく『源氏物語』を通読できたのですが……万葉
4,516首を1日1首のペースで読みつづける式の志と情熱はなく、
そういった読み方では私は挫折してしまいます。

素晴しいお志、是非、上梓してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
12年もかかるとは!  とはいえ、全部を読破しようと思ってるわけではなく、気の向くままにパラパラとページをめくって、とろとろと読んでみようと思っているだけです。
自分の言葉で解釈できれば、それはまた楽しい事でしょうね。

お礼日時:2009/05/18 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「般若心経」の解説本を、教えて下さい。

わずか266文字の短いお経、「般若心経」。
どうしてこれほど親しまれているのか、勉強したくなりました。

お経の内容を易しく解説したおすすめの本がありましたら、教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

cotton100さんへ。

般若心経の本はたくさんありますが、まずは
中央公論社刊、瀬戸内寂聴氏の
「寂聴 般若心経 生きるとは」をお薦めします。
中公文庫で¥590円です。

入門者向けに解説してあります。
以下は個人的な感想です。
以前、入院中、退屈している私に家族が持ってきてくれたのが、
この本との出会いです。
私は、この解説本を読んで仏教に対するイメージが変わりました。
宗教とはたいてい「人生の苦しみをどう乗り越えていくか」が
テーマの一つになってますが、仏教は、それに対して
とても論理的なアプローチをしているなと驚きました。
「人生、こんなふうに考えてみると楽になるよ」という
実践的な処方を教えてくれているのが仏教であり、
般若心経なんだなという感想です。

般若心経は最も短く、かつ宗派を問わずあげることのできる、
仏教の神髄が凝縮したすばらしいお経です。
それだけに、ものすごく熱狂的な研究者による著書や、
面白いけど突飛な解釈本、神秘的にとらえるものなど
著書は多種多様です。
中にはとても偏った書き方をしている本もあります。

ですから、まず「入門」するならば、ニュートラルなスタンスで
書かれた解説を読んでみることをおすすめします。
その後に、マニアックな本を読んでみるのもいいですが、
まずは、この本をスタートに、
自分なりに「般若心経の理解」を深めていくのが
おすすめです。

前書きに、
「般若心経も、何気なく聞き流していたものが(中略)、ふと、
その意味について識りたいと思い、一語一語の語りかける真意を
理解したいと思う時がある。
その時が、自分と般若心経の縁がしっかりと結ばれた時である。」と
あります。
著者も、cotton100さんと同じような気持ちで般若心経を
勉強しはじめたようです。

もしお読みになるなら、一つコツを付記します。
般若心経は、一つ一つの言葉にいろいろな、いや本当に広大な意味が含まれていて、たまげます。優しい解説本とはいえ、読んでいくのは結構大変です。最初は、読み下すくらいの感じで読んでいくと良いでしょう。本書は二章構成になっていて、まず一章で全文解説されます。そして二章目も同じく全文解説されますが、少し簡潔になっています。一章目で混乱したり、よく理解できなくても、頑張って読み進んで二章を読むと、すんなり理解できたりします。
一章で、理解まで至らなくとも何となく内容を頭にひっかけて、二章で復習するという構成は、初心者にはとても親切だと思いました。

私がこの本で般若心経を知り、このお経の中で
一番強烈な印象を受けたのは、「すべてが無い」という部分です。
自分の後ろにたとえばゴミ箱があったとしても、気付かなければ無いと同じ。誰かが自分を嫌っていても気付かなければ、無いと同じ。だから、心がなければ、物も、人も、苦しみも愛も執着も、すべてが無いのです。いや、この心さえ無い、無い無い尽くしだとくり返してところです。
「すべてが無い?じゃあすべては無意味なの?」と思われるでしょう?この先は、もし興味が湧いたら本書で読んでみてください。

cotton100さんへ。

般若心経の本はたくさんありますが、まずは
中央公論社刊、瀬戸内寂聴氏の
「寂聴 般若心経 生きるとは」をお薦めします。
中公文庫で¥590円です。

入門者向けに解説してあります。
以下は個人的な感想です。
以前、入院中、退屈している私に家族が持ってきてくれたのが、
この本との出会いです。
私は、この解説本を読んで仏教に対するイメージが変わりました。
宗教とはたいてい「人生の苦しみをどう乗り越えていくか」が
テーマの一つになってますが、仏教は、それに対...続きを読む

Q万葉集の勉強方法について教えてください。

万葉集について興味を持っていて勉強したいのですが、図書館で文献を
調べても難しくて解りにくいです。
万葉集を勉強するにあたり初心者でもわかりやすい勉強方や
文献があったら教えてください。
とくに天武天皇・持統天皇に興味があります!!

Aベストアンサー

#1です。

了解しました。蛇足させていただきます。(←日本語がオカシイ)

であれば、永井路子著「今日に生きる万葉」「よみがえる万葉人」も面白く読めると思います。どちらも文春文庫に入っています。小説家であり、歌という方向からすれば専門外の方ですが、背景はお得意分野でしょう。

なお、より歌の側からのアプローチとしては
土屋文明「萬葉集入門」(ちくま文庫)
あと講談社学術文庫の万葉集関連(とりあえず8冊ひっかかりました。列記するの省略させていただきます(^_^;))。
このあたりを全部読めば相当達成感があると思います。もっと、と言う場合は今まであげた本の著者を辿っていくか、または巻末にのっていることもある参考文献などもてづるになると思います。

持統天皇、天武天皇を歌の方から……だと、ちょっと探せませんでした。
一応斉藤茂吉に持統天皇に関する歌論があったようです。(未読)
それから「天武と持統 歌が明かす壬申の乱」という題名からするとかなりぴったりな本もあったのですが、著者の方が「万葉集を韓国語で読み解く」立場にいる方のようですので、わたしは資料としてはおすすめしません。
現段階ではやはり「トンデモ系」であると思いますので。わたしはこの類未読ですが、大真面目に読むのでなければ楽しめるのではないかとは思います。

ちなみに、手持ちに持統天皇と志斐の媼(たしかこういう名前だったと……)の歌のやりとりに言及した、面白い一文があったのですが、どの本か忘れてしまいました。
あ、思い出した。田辺聖子「小町盛衰抄」(文春文庫)の中の一篇「女帝行幸」でした。これもご一読をおすすめします。テーマに合います。やはり小説家の書いたものですが、個人的に田辺さんの古文に関するエッセイは好きなもので。

というわけで蛇足でした。

#1です。

了解しました。蛇足させていただきます。(←日本語がオカシイ)

であれば、永井路子著「今日に生きる万葉」「よみがえる万葉人」も面白く読めると思います。どちらも文春文庫に入っています。小説家であり、歌という方向からすれば専門外の方ですが、背景はお得意分野でしょう。

なお、より歌の側からのアプローチとしては
土屋文明「萬葉集入門」(ちくま文庫)
あと講談社学術文庫の万葉集関連(とりあえず8冊ひっかかりました。列記するの省略させていただきます(^_^;))。
このあたり...続きを読む

Q新古今和歌集の現代語訳付きの原文を探しています

初めまして。
よろしくお願いいたします。
新古今和歌集を読破したいと考えているのですが、
原文だけのものだと心もとないので、原文と現代語訳の両方が載っている書籍を探しています。
できれば、文庫がありがたいです。
もし、ご存知の方がおられれば、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

補足を有難うございます、#1です。

そういえばあったような・・・と、昨晩、積読本をごそごそやっていたら、岩波文庫の「新訂 新古今和歌集」を見つけました。買ったはいいものの、どうもそそらないなぁ~と、開けてもいなかったのですが・・・パラパラめくってみると全巻掲載されていますし、注程度の語訳と注釈が載っています。先にオススメしたものに比べるとあっさりした内容になっていますが、その分「言葉」をしみじみ味わうにはこちらが良いかなぁ~と言う印象です。食わず嫌いして損したみたい(笑)私も今から読んでみたいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003010116/qid%3D1117590615/249-4204841-5405123

Q小学生でも読める古典の書籍を探しています。

小学生でも読める古典(古文・漢文)の書籍を探しています。


例えば、大人が読める古典の書物、
枕草子、徒然草、更級日記など、
たくさんの古文・漢文の書物は、
幾つかの出版社から出ています。


大人が読むにはいいのですが、小学生の上級生辺りが読もうとしても読めません。


小学生でも読める現代語訳で書かれた文章が載っている書籍であれば大丈夫です。
(かなり大きな本屋さんで探してもありませんでした。)


中高生であれば、学校の古典の教科書の教科書ガイドを買えば、
訳がついているので、それを読めばいいですが、
それでも小学生には、漢字や文章読解力の問題で読めません。


書物の全文がついている必要はありません。
学校の国語の教科書みたいに、大事な場面だけ、少しずつ載っているだけでも大丈夫です。


そういった書物や教材をご存知の方は、ぜひ教えて下さい。


また、余談の質問ではありますが、
古典が大好きな親が、子供に小学生の頃から古典を親しませたいと思ったら、
そういう親の方々は、
どうしているのでしょうか。

小学生でも読める古典(古文・漢文)の書籍を探しています。


例えば、大人が読める古典の書物、
枕草子、徒然草、更級日記など、
たくさんの古文・漢文の書物は、
幾つかの出版社から出ています。


大人が読むにはいいのですが、小学生の上級生辺りが読もうとしても読めません。


小学生でも読める現代語訳で書かれた文章が載っている書籍であれば大丈夫です。
(かなり大きな本屋さんで探してもありませんでした。)


中高生であれば、学校の古典の教科書の教科書ガイドを買えば、
訳がついて...続きを読む

Aベストアンサー

下記の 光村の国語シリーズ などはいかがですか。
http://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/tosyo/kokugo/3.html
【●新学習指導要領の「伝統的な言語文化に関する事項」に対応。小学生・中学生向け古典作品集の決定版です。】だそうです。

>古典が大好きな親が、子供に小学生の頃から古典を親しませたいと思ったら、

古典であれば、読み聞かせが効果的。
読み聞かせる場合は、むしろ、原文で構わないと思います。
リズム感などを含めて、耳から入ってくる印象を心地よく感じることで興味が増していく可能性大です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報