先日、自作カプセルマイクを使いライブ録音しました。
バスドラの低音ばかり気にしてローカットフィルター(ベースロールオフアンプ)は購入し低音は800Hz辺りで切ったのですが高音があまりにも効き過ぎていてキンキンで録音されてました。
そこでハイパスフィルターも使いたいなと思い探していたのですが良いものが無いのでスピーカーのネットワーク設計と同じ要領ならば自作出来るのではないかと思い質問です。

使用しているカプセルマイクはPanasonicWA-61Aと言う物です。
周波数特性は上が16Kなのでこれを10K~12Kに抑えたいと思います。
入力は純粋にこのマイクをステレオだけです。
アンプ機能などは要りません。

コンデンサーと抵抗で出来ると思いますが詳しく設計など書かれているサイトなどあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>> 低音は800Hz辺りで切ったのですが //



高音がキンキンして当然です。ローパス云々の前に、このローカットフィルタを見直すべきでしょう。

ふつう、低音と呼ばれる音は、周波数でいえば100-200Hz以下です。200-1000Hzあたりは、その低音(=基音)の第1倍音、第2倍音に相当するので、この辺りまでカットしてしまうと、低音がなくなるばかりか、多くの楽器の音色さえ失われてしまいます。

もし、そのように高い周波数でローカットしなければ録音できないような環境であれば、もっとSPLの高いコンデンサマイクにするか、ダイナミックマイクで録音するべきです(バスドラ用の近接マイクは、ダイナミック型をあてがうのが普通かと思います)。

>> スピーカーのネットワーク設計と同じ要領ならば //

スピーカーのパッシブネットワークは、ふつうLC回路で構成します。ローインピーダンス回路であり、大電流が流れるので、CR回路は使えません。

対して、マイクレベル、ラインレベルの回路はハイインピーダンス回路なので、CRフィルタを用います。したがって、(考え方は同じですが)適用する公式は異なります。

>> 詳しく設計など書かれているサイト //

CRフィルタと回路インピーダンスが分かっていれば、それで足ります。逆にいえば、CRフィルタの計算さえできないなら、自作は困難です。CRフィルタの考え方や計算方法は、ちょっと検索すればたくさん見つかりますが、カットオフ周波数fc=1/(2*pi*C*R)で計算できます。

なお、厳密な動作を期待するのであれば、オペアンプを使うべきでしょう。ハイインピーダンス回路なので、受動素子だけでフィルタを組むとS/N比が悪化します。

この回答への補足

>もし、そのように高い周波数でローカットしなければ録音できないような環境であれば、もっとSPLの高いコンデンサマイクにするか、ダイナミックマイクで録音するべきです(バスドラ用の近接マイクは、ダイナミック型をあてがうのが普通かと思います)。

本来ならそうするべきなのですがバイノーラル録音をしたい為、使えないんです。逆にHi SPLのカプセルマイクがあったら教えてほしいです。

補足日時:2009/05/19 23:34
    • good
    • 0

>> バイノーラル録音をしたい為、使えないんです。

逆にHi SPLのカプセルマイクがあったら教えてほしいです。 //

「WM-61Aを使った売り物のマイク」の例だと、最大SPLが105dBくらいのようですが、これで音が割れるということは、耳元で105dBを軽く上回る音圧がかかっているということです。

ハコが狭くなければ耳元で105dBにもなることはないと思いますが、もしそういう音環境なら音質や定位を云々するレベルではなく、バイノーラルで録る意味がないと思いますが?

(800Hzで切らなければならないということは、800Hzで既に105dB近いということです。一般的には低音の方が音の密度が高いので、低音は可聴限界を超えている可能性もあるでしょう。そうなると、ただグワングワン鳴っているだけで、爆音で神経を麻痺させるのが主目的の演奏ということになるので、音質や定位はどうでもいいといえます。)

バイノーラル録音の趣旨が「隠し録りしたい」という意味であれば、「違法行為を助長する回答」にあたると思われるので、本サイトの利用規約上、お答えしかねます。

WM-61AよりSPLの高いカプセルがあるのかは、知りません。少なくとも、一般人が容易に入手できるものは、ないでしょう(WM-61Aでさえもてはやされているので、そのようなカプセルが入手できるなら既に有名になっているはず)。

なお、No.2の回答者も指摘されていますが、マイクアンプなどのヘッドルームが不足していたら、いかに最大SPLの高いマイクを使っていても歪みます。

参考URL:http://store.microphonemadness.com/mmpan61serbi. …
    • good
    • 0

はて、バイノーラルだから800Hzあたりから下は切らなきゃならないというのは初耳ですな。

また、上を10~12KHzで押さえにゃならんというのも初耳です。
私の知ってる限りの市販バイノーラルマイクのモデルは、20~最低16KHz、値の張るのバイノーラルマイクなら20~20KHzまで特性フラットを売り物にしてるものばかりなんですが?

No.1の方のご回答が至極ごもっともで、800Hzで下を切っては、人声の基本周波数帯すらカットしてしまってるわけですから、そりゃキンキンでしょうと思われ。800Hzより上はツィータだけで再生するスピーカすら有るくらいですから。
何かの都合で上下切るとしても、300~3KHzあたりは録っておかないと人の声すらまともに録れませんし、上を10~12KHzで切ってしまったら、高域が詰まりまくった音になって、コンデンサマイクを使う意味すら無くなってしまいますが?

あと、バイノーラル録音であれば、バイノーラルマイクを耳に付けたまま(ダミーヘッドかもしれないけど、その場合は例え話として…)バスドラの中に頭でも突っ込まない限り、WA-61なら最大SPLに不足はないです。マイク本体は普通の人間の生耳が耐えられる音量ならビクともしません。マイクではなくヘッドアンプの設計によって大音量時に歪む可能性はありますが、それはヘッドアンプ回路の問題。

このマイク自体、そんなにメチャクチャ高感度でもないし、ライブ会場での録音的な想定程度なら、まぁ80Hzあたり以下のローカットくらいは有りかもですが、他はマイクの特性そのままのスルーで、SPLも含めて普通は何ら問題ないと思うんですけどねぇ。

本当に800Hz以下、12KHz以上をカットするバンドパスフィルターの構成にしたいなら、私もNo.1の方に同感で、受動素子だけでは使い物になりませんから、オペアンプでフィルター回路組むしかないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

ハンディーレコーダー  ( zoom H4n :入力インピーダンス 1KΩ) 
マイク         ( RODE NTG2 :出力インピーダンス350Ω )

電気の知識が乏しいのでお尋ねしたいことがあります。

ネットに、入力インピーダンスはより大きい方が、
出力インピーダンスはより小さい方が良いとありました。

一応クリアしていますが、差があまり無いのが気になります。

この二つは使っても大丈夫なのでしょうか?
値の差が小さいと機器には負担が多くかかり故障し易かったり、
不具合が起き易かったりするのでしょうか?

また音質に影響などあるのでしょうか?

私は電気の知識が殆どありません。
詳しい解説は理解できないと思いますので、分かり易くお願いできればありがたいです。
少し急いでいます。

わがままで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して、値が10を切っていたら大抵は楽勝に問題ないです。
質問者の方の場合は3弱ですからもっと楽勝。値20くらいまでならまぁなんとかOKという感覚ですね。

エレキギターなんかだと、出力インピーダンスが200~300KΩというのがザラなので、ギターアンプは少なくとも500KΩ~1000K(1M)Ωくらいの高インピ-ダンスになります。
差の値は300~500Kくらいになりますから、マイクの場合と比べて桁が違いますが、両方の割り算(比)なら2~3倍なので、まぁちょうど良い…という小理屈です。

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して...続きを読む

Qプラグインパワー方式の録音マイクを、そうではないPCに繋いでもマイク・

プラグインパワー方式の録音マイクを、そうではないPCに繋いでもマイク・PCは故障しないですか?

もし、プラグインパワー方式の録音マイクをそうではないPCに繋いだとしても自分の考えでは、
マイクに電気が流れないからマイク・PCは壊れないと思うのですが、この考えで
合っていますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に、「プラグインパワー方式ではない内蔵マイク端子を持つPC」というものの方が、普通は考えられません。内蔵マイク端子が「プラグインパワー式マイク用」である事が、PCの製造上の規格ですから。
規格外れのPCというものは、かなりのパワーユーザーの「規格外完全自作機」でも無い限り存在しません。少なくともメーカー製のPCは、内蔵のマイク端子はすべてプラグインパワー式でないと、むしろダメなのです。

あくまでも「PC以外」の、プラグインパワー式ではない「フォン端子仕様のマイク端子」を持つ機器であれば、その端子にプラグインパワー式のマイクを繋いでも、それは確かに機器は壊れません。マイクが稼働しないだけです。

ただ、プラグインパワー式のマイク端子は(一部はメーカー独自仕様や、携帯電話用などの別規格はあるが)基本的には『3極ミニフォン』です。
で、プラグインパワー式ではないフォン仕様のマイク端子は、本当に滅多にない特殊仕様の物を例外として、ほとんど全ては『2極標準フォン』です。

一応は、使うマイクによって端子の形状もサイズも違う規格になっています。
間違ったマイクを繋ぐことがないように…という製作者側の配慮のうちなんですが、変換プラグという小便利なもののせいで、無茶苦茶な繋ぎ方ができてしまうのが難しい所ですけどね。

逆に、「プラグインパワー方式ではない内蔵マイク端子を持つPC」というものの方が、普通は考えられません。内蔵マイク端子が「プラグインパワー式マイク用」である事が、PCの製造上の規格ですから。
規格外れのPCというものは、かなりのパワーユーザーの「規格外完全自作機」でも無い限り存在しません。少なくともメーカー製のPCは、内蔵のマイク端子はすべてプラグインパワー式でないと、むしろダメなのです。

あくまでも「PC以外」の、プラグインパワー式ではない「フォン端子仕様のマイク端子」を持...続きを読む

Qマイクのインピーダンス整合方法

KTEL(ケテル)というヘッドセットを販売しているメーカーから出ているマイクをアルインコのハンディ無線機に接続しようとしています。

ケテルのメーカーに聞いたところ、使用しているマイクは入力インピーダンスが600オームの機器向けに調整されていることがわかりました。

また、ハンディ無線機の入力インピーダンスは2Kオームと記載がありました。

そのまま接続するとどうも音が小さいようで、インピーダンス整合をとりたいと考えております。

ネットをいろいろ見てみて「トランス」によるマッチング方法が簡単そうだなとは思ったのですが、小型(1cmくらい)で安いトランスが見つかりませんでした。

そこで、「他の方法でインピーダンス整合を取る方法」もしくは「小型で安いトランスを販売している場所」がありましたらご教授いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

600Ωと2KΩにマッチングする、ちゃんとしたトランスを使えば、電圧レベルは数倍程度は上昇しますけど、入手性や取り付け方式で難点があります。
抵抗でインピーダンスマッチをしても、信号レベルは落ちるだけです。この方法はレベルを上げるには、全く意味はありません。

早く言えば、マイクのゲインが無線機には不足しているのですから、もう少しゲインのあるマイクに取り替えるのが、一番簡単です。
通常はこの程度のインピーダンスの違いなんて気にする必要はありません。

Q耳かけヘッドホンでの録音とマイクでの録音

2000円くらいの耳かけヘッドホンでの録音と
2000円くらいのでのマイク↓での録音
http://jp.rmi.yahoo.co.jp/rmi/http://www.jp.sonystyle.com/Qnavi/Detail/F-V320.html/rmivars%3ftarget=_top
どっちがいいと思いますか???

Aベストアンサー

もちろんマイクの方が良いと思いますよ。

よほど特殊な効果を求めるのなら、「耳かけヘッドホン」の利用も考えられ無い訳ではありませんが、普通はマイクを利用するでしょう。
仕組みは似ていますが、目的に合わせて設計されていますからね。
それと、「ボイスパーカッション」の場合は、結構吹かれ(マイクに風が吹かれる=発声上息を吹き付ける事)も多いと思います。それに耐えられないマイクだと壊れる原因になりますから、ある程度のマイクを利用した方が良いと思いますよ。

無難なところで SHURE SM58 がお勧めですが、予算的に不可能なので、ヴォーカル用のダイナミックマイクを選択されたら宜しいのではないでしょうか?


マイクロホン
  ↓
http://homepage1.nifty.com/ENTARO-KOYA/mic.htm

SHURE SM58
  ↓
http://www.soundhouse.co.jp/shop/generate_product.asp?product_nm=SM58

audio-technica
  ↓(「楽器・ボーカル用ダイナミックマイク」を選択)
http://www.audio-technica.co.jp/search/b.html

他にも SONY AIWA 等検索し、¥5000~¥6000 位からありますから、丈夫なマイクをお探し下さい。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/ENTARO-KOYA/mic.htm

もちろんマイクの方が良いと思いますよ。

よほど特殊な効果を求めるのなら、「耳かけヘッドホン」の利用も考えられ無い訳ではありませんが、普通はマイクを利用するでしょう。
仕組みは似ていますが、目的に合わせて設計されていますからね。
それと、「ボイスパーカッション」の場合は、結構吹かれ(マイクに風が吹かれる=発声上息を吹き付ける事)も多いと思います。それに耐えられないマイクだと壊れる原因になりますから、ある程度のマイクを利用した方が良いと思いますよ。

無難なところで SHURE SM...続きを読む

Qマイクの推奨インピーダンス

MDラジカセを使用して自分の声を録音したいのですが、その取扱説明書には「推奨インピーダンス:600Ω」とあります。もし使用するマイクのインピーダンスが150Ωだとするとこの違いによってどのような問題点がありますでしょうか?私としては、なるべく大きな音で録音したいと思っています。小声でもしっかり録音されていることが理想です。ご回答をお待ちしております

Aベストアンサー

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性表を見るとわかりますが、
周波数でもインピーダンスは大きく変わりますから、
インピーダンスそのものの整合を取るような
使い方はできません。(音に色が付きます)

実際のローインピーダンスマイクロフォンの
インピーダンスはもっと低く
ご質問文の通り、100~150Ωあたりにあります。
少々高いインピーダンスの回路をつなぐことで
振動板にブレーキを掛けずに自由に振動させるのです。

たとえば、シュアーのSM-58は150Ωですが、
だれも150Ωでは使っていません。
600Ωの回路で使用するのが普通です。

なお、マイクのインピーダンスが極端に低いと
(8Ωとか、32Ωとか。普通は売ってませんが)
音量が不足します。
また、マイクのインピーダンスが高すぎると
音量が不足すると共に音の抜けも悪くなります。

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性...続きを読む

QMDに録音した自作の曲をCDに録音する方法

MDに録音した自作の曲をCDに書き込んで,CDプレーヤーで聞けるようにしたいのですが,その方法を教えてください。

PCのマイクの端子とMDプレーヤーをつないでメディアプレーヤーに落として,それからCD-Rに書き込んだのですが,PCでしか聞くことができませんでした。音楽用のCD-Rに書き込んでも同じでした。
どなたか,CDプレーヤーで聞けるようにする方法を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。
ちなみに,OSはウィンドウズビスタです。

Aベストアンサー

CD-Rに何というソフトを使って書き込んだか,ですね.
ふつうに Vista の機能で Explorer から書き込んだなら,それはファイルとして書き込まれているので,CDプレイヤーでは認識できません.CD-ROM とみなされているわけです.
音楽CDとして書き込むには,Media Player の CD 書き込み機能を使えばいいはずです.Media Player で再生できるなら,データの形式は何でも関係ありません.Media Player から音楽CDの作成機能で書き出せばいいだけです.

Qオーディオ一般知識(インピーダンス整合?)について

お世話になります。
アンプにウーハーを接続しようとしておりますが、このウーハーはアンプのオーディオ出力(ピン端子)から取るようになっております。通常のアナログは問題ないのですが、デジタル信号(dts等)の場合はアナログ出力されません。
アンプにはウーハー端子もあるのですが、ここにつないでも出力が弱いのか音は聞こえません。もちろん信号は出ております。
デジタル信号の時にこのアンプからアナログ信号を取り出そうとすると、スピーカー出力かウーハー端子しかありません。
この場合、インピーダンス整合など良く分かりませんが変換が必要だと思われますが、この件について詳しい解説や解決方法が分かるヒントやホームページを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

アンプのウーファー端子の形状はRCAピンジャックですか? もしそうであれば、ご質問のタイプのウーファーにピンコード1本で接続できるはずです。

一般的なAVアンプのサブウーファー出力は、数KΩ,1V程度になっています。そして一般的なアンプ内蔵サブウーファーの入力は数十KΩ,1Vになっています。出力インピーダンス<入力インピーダンス ですのでインピーダンスマッチングは必要ありません。

アンプの設定で、サブウーファー端子のレベルが絞られていないか確認してみてください。また、サブウーファのターンオーバー周波数やアッテネーターなども(あれば)点検してみてください。

ご質問のように家庭用機材を一般的な使い方で接続する場合に、インピーダンスマッチングなどの難しい理屈は考えなくてよいようになっているはずです。

QECM-719(コンデンサーマイク)の最適な使い方

ソニーのECM-719を使って室内で音声の録音をしたいと思っています。
あちこちのサイトを見て回り、コンデンサーマイクにはポップガードが必要と書いてあったのですが、こういったスタンドを使用しない小型のマイクの場合はどうなのでしょうか?
また、マイクの設置方法や口との距離など使用方法でアドバイスがあったら頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはmondayと申します

コンデンサーマイクにポップガードが必要なのは、
「マイクに直接息がかかる距離で使った場合」です。カラオケのマイクのような使い方をする時の事です。
ECM-719はワンポイントマイクのように使うマイクです。
つまり、音源から少し離して使うタイプのマイクです。
周りの音をまとめて録音するときに向いたマイクです。
音声の録音ということですが、コーラスなどに向いていますが、ひとりの声を録音するなら、・・・どうかな?

ワンポイントマイクで録音するときの基本は、
例えば、ステージ上のコーラスを録音する場合、
右端の人と左端の人の距離を底辺とした正三角形を想像して、
その頂点部分にマイクをおきます。マイクの高さは聞く人の耳の高さに合わせます。ECM-719なら胸ポケットでも良いかも・・

Q私もヘッドセットのマイクが機能しません

NECのVALUESTARにaudio-technicaのヘッドセットを接続しましたが、マイクが機能しません。
「アクセサリ」のマイクの設定は済みました。

そこで、NECのHPを見たところ、「弊社のPCは入力インピーダンスが10kΩ」と記載されていました。
しかし、ヘッドセットのテクニカルデータには「マイクロホンのインピーダンス2kΩ」と記載されています。

ということは、このインピーダンスの違いのためにマイクが機能しないのでしょうか?

そして、10kΩのインピーダンスを有するヘッドセットを購入するしか解決方法はないのでしょうか?

お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

マイクのインピーダンスの違いと、機能が働かないことに関連はありません。
お持ちのヘッドセットが機能しないのは、単にオーディオの設定の可能性が大きいと思います。「コントロールパネル>サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」で設定を確認してみてください。

また、その程度のインピーダンスの違いなら通常の使用では差し支えないと思います。よって、新たにヘッドセットを購入する必要はないでしょう。

Q96khzで録音したものを44.1khzに変換する方法

zoomのH4という録音機器で、誤って96khzで録音してしまいました。
すると、PCで再生ができませんでした。
96khzで録音したものをmp3に変換する(44.1Khzのwavでも可)か、PCで再生する方法を教えてください。
とても困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のはてなの質問は、内容は違いますが96KHzの音声データ再生に関するもの
ここで紹介されているソフトを使えばいいかと思います

なお、SoundEngine Free の場合mp3再生時には別途dllを入手する必要があります
再生させたいファイルがmp3の場合はご注意を・・・
(恐らくWAVでしょうから、その心配はない?)

参考URL:http://q.hatena.ne.jp/1179313167


人気Q&Aランキング

おすすめ情報