最後の

「樹理と名乗っていた頃の千春が、おれのために作った料理を、トレイに載せて運んでいた。」

の部分が何が言いたいのか分かりません。教えてください。

A 回答 (1件)

主人公は、いざというときのための保険として写真を残しておきました。

作中では結構前に撮影していましたから、読者としては「あの写真か!」と思う場面ですね。なぜ写真を撮っておいたのかは、撮ったときはたんに一夜を共にした女性だから…というだけでなく、共犯者がいた証を残したかったのでしょうね。わざわざカードを抜き取り、上着ポケットに入れていましたし。つまり千春には見つかりたくなかったシロモノです。

写真の内容は、「親密な関係にある」と見た人に思わせるものです。女性が男性の部屋に上がり、料理を作っているのですから。

千春の妹樹理を殺した犯人に主人公をでっち上げるために、色々採取してましたし、車の傷のことからも、主人公に娘を殺された不幸な一家、の図式を世間に知らしめたかったのでしょう。

けれど写真は、(データなので撮った日にちと時間も分かる)、殺された樹理の妹である千春と、偽殺人犯の主人公の仲よさそうな関係が伺えるものです。怨恨がらみで樹理が殺されたなら、殺した子の妹と何気ない日々を送っていることにもなりますし、なによりあの写真が出回れば、「どういう関係か!?」とマスコミは騒ぎ立て、いずれ一家の真実にも気づく可能性があります。写真があることで、主人公は自分の身を守ったのです。データの複製があるかも、と思えば手を出せないのでは?(殺人犯の家を突き止め突入したところ、自殺しているのが発見された…なんてやりかねない親子ですし)

葛城父は、睡眠薬を飲ませ、死の恐怖を主人公に味合わせることで彼が何か隠し持っていないか知りたかった。主人公の才能、頭の良さに感心していましたから、何かあるだろうと確信していたのでしょうね。それが写真とは思わなかったようですが。


主人公はざっとおおまかに三つのゲームに参加させられました。誘拐ゲーム(いかに誘拐とみせかけるか)、身代金ゲーム(いかにして大金を無事手に入れるか)、殺人犯ゲーム(いかにして殺人犯を仕立て上げられるか)。仕組んだのは葛城、プレイヤーは主人公。
あの一文のメッセージは、『葛城親子にまんまと騙されゲームをさせられ、見事クリア(身代金ゲット)をし、しかも殺人犯に仕立て上げられようとされる主人公が、これまで通りの機転のよさを発揮して自分の身を守った』という解釈でいいのではないかなと思います。主人公は、ゲームを全てクリアしたわけですし。

私の解釈は以上です。他の方はどうおっしゃるのか、私も楽しみです
    • good
    • 13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲームの名は誘拐

昨日東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」を読み終えました。私は始めて東野さんの作品を読ませていただきました。結構楽しめたと思いました。

ぜひぜひこの本を読んだ方の感想を教えてください。

Aベストアンサー

あ、いいですね。わたしはまだ読んでないんですよ!!!
わたしも東野圭吾さんの大ファンです。
デビュー作の「放課後」は絶対にオススメですよ。
映画化された「秘密」は最後は涙なしでは読めません!
あと「変身」もドキドキしながらのスリル満点でした。

質問に答えていませんね。ごめんなさい。つい。

Q本の記述部分で印象に残った部分の

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

小説とか本を読んでいるのですが、感動する場面とか
いいな!と思うような記述部分がありますよね。

この場合、自分としては後でまた読み返せるように
残しておきたいのです。
ただ、どのようにあとで見返せるように保存できるかが
分かりません。

自分はパソコンをよく使うのですが、パソコンで上手に
保存する方法はあるでしょうか?
また、パソコン以外で上手にできる方法はあるでしょうか?

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

スキャナでそのページをコピーして、画像ファイルにしています。
あとはPCの画像管理ソフトで、あれこれ閲覧すればいいです。

OCRという、文字認識機能も併せて使うと、ちゃんと文字としても残せますので、そのテキストを検索用途に転用すれば、いつでも好きなフレーズを表示できます。
Windowsをお使いでしたら、
スタート→検索→ファイル→ファイルに含まれる単語
で、探したいフレーズを設定すると良いです。

Q東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」(ネタバレ)

東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」の原作を読んだのですが、最後が曖昧になってしまって、結局、分からなかったのは私だけなんでしょうか?

結局、家を出てきたといっていた娘が逆に兄妹を殺してしまって、入れ代わっていたというのは分かりましたが、それに手を貸した男の人が結局、殺された(??)という事だったんでしょうか?
なんだか、すっきりしなくて、言い方は悪いですが後味が悪かったような気がします。

Aベストアンサー

少し前に図書館で借りて読んだので詳細は覚えていないのですが、東野さんの作品にしては出来が悪いと感じたのを記憶しています。(映画化の話はビックリしました)

今書きながら必死に記憶を手繰っているのですが…確か「写真が証拠=保険になる」というオチに、無理だろそりゃっ、て思ったんじゃなかったかなあ?

質問の“手を貸した男の人”って主人公のことでしたっけ?
それならば殺されませんよ。「写真が証拠=保険になる」から。

ごめんなさい、記憶が曖昧なままに答えているのであまりよい回答ではありませんね(苦笑)。

QISBNコードの最後の桁がX

 現在仕事でISBNコードを扱うプログラムを作成しているのですが、ISBNコードの10桁目に時々表れるXの文字の意味がわかりません。

 ネットで調べるとISBNは10桁の数字で最後はチェックコードと書いてあるのですが、これではXの存在と矛盾してしまいます。

 またXが存在するということはYやZなども存在すると言うことなのでしょうか?

 XがISBNに使用されている書籍の例としてマイケル・ムーアの本のリンクを貼っておきます。(ちなみにリンク先のアマゾンではISBNをASINと呼んでいます)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/476012277X/250-1457271-4177828?v=glance&n=465392&s=gateway

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1、#2の方の仰るとおり、最後の1桁はチェックディジットです。もし普通のバーコードに携わったことがあるならお分かりいただけると思います。計算方法が違いますけど思想は同じです。

ISBNは4つの部分に分けられます。
アマゾン等のサイトでは表示されませんが、お手元の本を見ていただければ、ハイフンが3つ入っていると思います。
たとえば、私が今日買ってきたあるマンガは
4-09-180568-X
となってました。これは
先頭の「4」は日本の出版物であることを表し、
次の「09」は出版社を
次の「180568」は本そのものを表し、これを計算したものが最後の「X」になります。
計算式は下記のサイトが分かり易いです。
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/glossary/isbn.html

10桁目には計算結果が一桁ならその数字、「10」になった場合のみ「X」が表示されます。0だと「10」と「0」見分けがつかないし、「10」とするには桁が足りないからだと思いますが。
ですので、YやZは存在しません。

参考URLにISBNを管理している日本図書コード管理センターのURLを載せておきます。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.isbn-center.jp/index.html

#1、#2の方の仰るとおり、最後の1桁はチェックディジットです。もし普通のバーコードに携わったことがあるならお分かりいただけると思います。計算方法が違いますけど思想は同じです。

ISBNは4つの部分に分けられます。
アマゾン等のサイトでは表示されませんが、お手元の本を見ていただければ、ハイフンが3つ入っていると思います。
たとえば、私が今日買ってきたあるマンガは
4-09-180568-X
となってました。これは
先頭の「4」は日本の出版物であることを表し、
次の「09」は出版社を
次の「180568」...続きを読む

Q東野圭吾「ゲームの名は誘拐」の結末を解説してください

最後の

「樹理と名乗っていた頃の千春が、おれのために作った料理を、トレイに載せて運んでいた。」

の部分が何が言いたいのか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

主人公は、いざというときのための保険として写真を残しておきました。作中では結構前に撮影していましたから、読者としては「あの写真か!」と思う場面ですね。なぜ写真を撮っておいたのかは、撮ったときはたんに一夜を共にした女性だから…というだけでなく、共犯者がいた証を残したかったのでしょうね。わざわざカードを抜き取り、上着ポケットに入れていましたし。つまり千春には見つかりたくなかったシロモノです。

写真の内容は、「親密な関係にある」と見た人に思わせるものです。女性が男性の部屋に上がり、料理を作っているのですから。

千春の妹樹理を殺した犯人に主人公をでっち上げるために、色々採取してましたし、車の傷のことからも、主人公に娘を殺された不幸な一家、の図式を世間に知らしめたかったのでしょう。

けれど写真は、(データなので撮った日にちと時間も分かる)、殺された樹理の妹である千春と、偽殺人犯の主人公の仲よさそうな関係が伺えるものです。怨恨がらみで樹理が殺されたなら、殺した子の妹と何気ない日々を送っていることにもなりますし、なによりあの写真が出回れば、「どういう関係か!?」とマスコミは騒ぎ立て、いずれ一家の真実にも気づく可能性があります。写真があることで、主人公は自分の身を守ったのです。データの複製があるかも、と思えば手を出せないのでは?(殺人犯の家を突き止め突入したところ、自殺しているのが発見された…なんてやりかねない親子ですし)

葛城父は、睡眠薬を飲ませ、死の恐怖を主人公に味合わせることで彼が何か隠し持っていないか知りたかった。主人公の才能、頭の良さに感心していましたから、何かあるだろうと確信していたのでしょうね。それが写真とは思わなかったようですが。


主人公はざっとおおまかに三つのゲームに参加させられました。誘拐ゲーム(いかに誘拐とみせかけるか)、身代金ゲーム(いかにして大金を無事手に入れるか)、殺人犯ゲーム(いかにして殺人犯を仕立て上げられるか)。仕組んだのは葛城、プレイヤーは主人公。
あの一文のメッセージは、『葛城親子にまんまと騙されゲームをさせられ、見事クリア(身代金ゲット)をし、しかも殺人犯に仕立て上げられようとされる主人公が、これまで通りの機転のよさを発揮して自分の身を守った』という解釈でいいのではないかなと思います。主人公は、ゲームを全てクリアしたわけですし。

私の解釈は以上です。他の方はどうおっしゃるのか、私も楽しみです

主人公は、いざというときのための保険として写真を残しておきました。作中では結構前に撮影していましたから、読者としては「あの写真か!」と思う場面ですね。なぜ写真を撮っておいたのかは、撮ったときはたんに一夜を共にした女性だから…というだけでなく、共犯者がいた証を残したかったのでしょうね。わざわざカードを抜き取り、上着ポケットに入れていましたし。つまり千春には見つかりたくなかったシロモノです。

写真の内容は、「親密な関係にある」と見た人に思わせるものです。女性が男性の部屋に上が...続きを読む

Qハリーポッターの最後

J.K.ローリングさんがハリーポッターの最後の話を少ししゃべってしまいましたよね
これを聞いてローリングさんはなにを考えているのだろうと思いました
みなさんはこの行為をどのように感じますか?
ちなみに親に聞いたら気にしすぎといわれました

Aベストアンサー

初めまして、こんばんは。

確かJ.Kローリングさんは前の巻でも『重要人物が死ぬ』と
いうことを言っていましたよね。
私はそのときも、そんなことを言ってしまったらそればかりに気を取られて
純粋に本を楽しめない気がして、言ってほしくなかったと思いました。

そして今回もあり、ショックでした。
実際、最終巻の広告としてはインパクトはあると思いますが、
一読者としてはそのような発言して欲しくないかな、という感じました。
読む前からなんだか悲しくなってしまいますし;;
やっぱりそればかりに気をとられてしまいます……;

ちなみに私の母は
「そんなこと言っちゃったらつまんないのにね」
と言っておりました(笑)

私もその通りだよなぁ、と思います。
勝手な予想話なら気にしないですが作者の発言ですし;
でも作者としてはやっぱり広告的なものも時には必要なんでしょうね。
うーん……難しいですねぇ;;

長々と失礼しました。

Q東野圭吾『ゲームの名は誘拐』を読んだ方!

こんばんは。私は最近書店でバイトを始め、本のPOPを週に1・2枚ずつ作ることになりました。(今まで書ける人?がいなかったようなので)
それで、今度は『ゲームの名は誘拐』のPOPを作ることにしたのですが(昨日買って一気に読み終えました。面白かった!)、書く文句がなかなか決まらないので読んだ方にアドバイスをいただきたいです。

「『ゲームの達人』達によるかけひき・騙し合いの連続!最後の最後まで気がぬけないノンストップ・ミステリー!」という文章を考えましたが(ノンストップ・ミステリーは文庫の裏表紙の表現を借りました)、「騙し合い」って書いてしまうと軽くネタバレになってしまうでしょうか??考えすぎでしょうか?
というか、こんな文章でいいの???という気がしています。こんなんより「絶対読んだら止まらなくなるから、面白いから是非読んで!」みたいなことを書いたほうがいいでしょうか?

POPの大きさは文庫より少し小さいくらいなので、簡潔な文章しか書けません。何だかわけが分からなくなってきてしまい困っているので、アドバイスくださるととても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

こんばんは。私は最近書店でバイトを始め、本のPOPを週に1・2枚ずつ作ることになりました。(今まで書ける人?がいなかったようなので)
それで、今度は『ゲームの名は誘拐』のPOPを作ることにしたのですが(昨日買って一気に読み終えました。面白かった!)、書く文句がなかなか決まらないので読んだ方にアドバイスをいただきたいです。

「『ゲームの達人』達によるかけひき・騙し合いの連続!最後の最後まで気がぬけないノンストップ・ミステリー!」という文章を考えましたが(ノンストップ・ミス...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

「『ゲームの達人』達によるかけひき・騙し合いの連続!最後の最後まで気がぬけないノンストップ・ミステリー!」

これはネタバレになってしまうでしょうね。
映画の『シックス・センス』でも始まる前に「結末は誰にも話さないで下さい」というテロップが流れて、結末がわかってしまい興ざめになったことがありました。
「どんでん返しがあるのか」
 ↓
「ということは………」
 ↓
「…大当たりだった(涙」
ミステリを読む人はちょっとした言葉でいろいろ考えたりしてしまうので、できるだけ内容を指し示す言葉は回避した方がいいでしょうね。
私は単純に「面白かった!」ということを訴えるコピーでいいと思いますよ。

でも、出版社がつける帯なんがでもネタバレになってて配慮が足りないなーっていうことがままありますよね。
なんとかして欲しいものです。

Q最後にびっくりする本(国内)

最近読んだ乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」がとてもおもしろく、最後にえ??と驚くような作品を読みたいと思っています。
これまでに、「葉桜の季節に君を想うということ」「慟哭」は読みました。
この他にオススメがありましたら教えてください。
文庫だとさらにうれしいです!
できましたら国内のものがいいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「イニシエーション・ラブ」「葉桜の季節に君を想うということ」「慟哭」読みました。


乱読と言って良いほどのミステリフリークからの過去20年間による№1お勧めは
綾辻 行人(著)「十角館の殺人」(講談社文庫)です。

未読の方が羨ましいです♪
この驚愕を味わえるなんて!!!

Q松山千春のライブで1輪のバラの花が飾ってある理由

私は昔から、小田和正さんのファンです。
松山千春さんが小田さんのことを、ライブのトークのネタにして笑いをとっていると知って、興味を持ち、古本の「らいぶ」を購入して読みました。
小田さんネタも、それ以外の話も、とても面白くて、大笑いしてしまいました。
千春さんのファンの知人にその話をしたら、千春さんのライブのビデオを借してくれました。
それを観たら、3日間くらい大笑いしてしまいました。
すっかり千春さんのファンになってしまいました。

千春さんを好きな友達から
「千春のライブって、必ず1輪、バラの花が飾ってあるんだよ。何か理由があったと思うけれど、忘れてしまったなぁ」
と聞きました。
たしかに、千春さんのライブでは、必ず1輪のバラの花が飾られていますね。

千春さんの「足寄より」「らいぶ」「天下無敵」などの本を読みましたが、そのことには触れられていませんでした。
どういった理由があるのか、ファンの方、教えてください。

また、もしお暇のある方がいらっしゃいましたら、松山千春さんについて詳しくなれる、お勧めサイトも併せて教えていただけると助かります。

どうぞよろしくお願いします。

私は昔から、小田和正さんのファンです。
松山千春さんが小田さんのことを、ライブのトークのネタにして笑いをとっていると知って、興味を持ち、古本の「らいぶ」を購入して読みました。
小田さんネタも、それ以外の話も、とても面白くて、大笑いしてしまいました。
千春さんのファンの知人にその話をしたら、千春さんのライブのビデオを借してくれました。
それを観たら、3日間くらい大笑いしてしまいました。
すっかり千春さんのファンになってしまいました。

千春さんを好きな友達から
「千春のライ...続きを読む

Aベストアンサー

千春さんがデビューの時、お世話になってレコードが出るかでないかの時(まだ全国区になってない時)に亡くなられた「竹田さん」という札幌のラジオ局のディレクターさんにささげた物だと思います。

Q十角館の殺人の最後について

十角館の殺人を読みました。とても面白かったのですが、最後のところで意味が理解できず、消化不良の状態です。どなたかご指南下さい。
最後の2ページの部分です。緑の小瓶を見つけてなぜ、表情を凍らせなければならないのか?「審判」の意味、なぜその小瓶を島田に渡すようにしたのか?この最後の部分の意味がぜんぜん解かりません。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

かなり序盤に犯罪の計画を書いた紙をビンに詰めて投げたのはご記憶してらっしゃいますよね?
で、最後、島田が論理だけなら真相に到着したのは、覚えていらっしゃいますか? 島田にとってないのは証拠(つまりビン)だけです。
犯人は、罪悪感と達成感どちらを取るか悩んでいたおり、最終的に罪悪感のほうを取ったわけです。つまり、証拠を子供に渡してすべての罪を償おうとしたわけです。
以上は自分の主観のため違う解釈があればそちらを優先してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング