つらくて仕方ありません。
身内とは義父です。私は去年の9月に結婚し、旦那のおとうさんとはたった8ヶ月の付き合いでした。

もう宣告されたときは末期の癌で死を待つだけでした。

先日亡くなり、わかってはいたものの、悲しくて仕方ありません。
私たちの結婚のため新居へ引っ越しの手伝い、汗だくになりながらも、あの頃も癌が進行していてつらいはずだったのに。血の繋がらない私の連れ子にも優しく、かわいがってくれました。
通夜、葬儀とバタバタしましたが落ち着いた今、日々心から笑えないんです。
変ですよね。旦那と結婚してなけりゃただの他人なのに、
葬儀にも見えた会社の方々の方が長い付き合いなのに、
私が接したのはたったの8ヶ月で
まだまだ涙が出てきます。

どうしたら立ち直れるでしょう。
身内の死が初めてだった私は衝撃的過ぎて…

本当ならお義母さんや旦那の方がつらく、私が支えてあげなきゃいけないのに、
泣いてばかりで情けないです。

A 回答 (1件)

時間が解決してくれると思います。


今年の3月に私も母を亡くしました。70歳という年齢なので体の多少のガタは来ていましたが基本的には日々、スイミングに通う元気な母でした。亡くなる前日の夜にたまたま出れなくて、私の携帯電話に伝言メモ残し、翌朝私はそれを聞いて後で電話しよう・・・と思った矢先のことでした。スイミング中に心臓の血管が裂けてしまい、そのまま亡くなりました。元気だっただけにかなりのショックで今でも思い出すだけ涙が出ます。でも、泣いてちゃいけない・・・前を向いて生きていなくちゃいけないって自分で自分を励ましています。ふと思いだすこともまだまだありますが、日々時間が解決してくれているように思います。
事情があってお骨が今私の家にあります。主人もたびたび、お線香あげたり子供は保育園で作った絵やお人形をたくさんお骨のそばに飾っています。きっとそんな私たちをみて、喜んでいると思います。
がんばりましょう。。。故人が思うに、私もあなた、そして家族や友人は笑っている顔が一番です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング