こんにちは。
私は、どちらというとプライドが高いほうのですが、家族や友人からもそう言われています。そのため、性格を変えようと努力しています。でも、以前に比べてよくなったとはいえ、どうもまだまだ足りないといわれているため、どう変えていけばよいのかと困惑しています。
さらに性格をよくすると言われても、プライドを捨てて人の話に意見に耳を傾けることしかないと思いつつも、なかなかプライドを切り捨てられません。プライドまで捨てると、自分じゃなくなるという思いが強いせいか。
いろいろプライドに関する質問を参考させていただいたが、どうも、なかなか、いうのが簡単ですが、実際にやってみると、なかなかうまくいきません。
プライドが高いのほうか、どうも、人から自分をどうみているかをすごく気にするタイプです。
プライドを捨てればよいといわれても、簡単にできないので、どうか、よいアドバイスをよろしくお願いいたします。
ちなみに、私は、かに座のA型です。

A 回答 (5件)

人からどう見られるかを気にするのはプライドで無く見栄です。


プライドは誇りなどの内なる自分の核になるものです。
他人からどう見られようが気にならないし、プライドが有るからこそ見栄を捨てて他人の意見に耳をかたむけて参考にすることが出来るんです。
たとえ小さくても金の塊ならちょっと削れても金の塊のままです。
金メッキしただけの大きな鉄の塊はちょっと傷ついてメッキがはげてしまえば中の鉄は錆びついてボロボロになり空っぽになってしまいます。

プライドを大事にするのは絶対に良いことです。
しかし見栄をプライドと称して見栄っ張りな行動をしているとどんどん中身のない人間になってしまいます。

どの部分が見栄でどの部分が誇りなのか、しっかり見極めて見栄の部分を捨て去り誇りの部分を大きく育ててください。
    • good
    • 0

「過ぎたるは及ばざるが如し」、何事もバランスです。


プライドも持っていたほうが良いもの、持たなくても良いものが存在します。
その持たなくても良い様なプライドを持っているから、周囲の人達はあなたへプライドが高い人だなぁと感じてしまうでしょうね。

なぜ自分はそこまで人より高いプライドを持たなくてはならなかったのか?
その原点から見つめていかないと、なかなか性格的な事は治せ無いように思います。

質問者さんの場合、人から自分をどうみているかをすごく気にするタイプとの事ですので、そこにヒントが隠されていると思います。
人からどう見られているか気になるのは、根本的に自分に自信が無い場合がそういう心理状態を生むように思います。
その自信の無い自分を隠し、大きく見せる為に、プライドを高く保って自分を大きく見せる必要性があると無意識に判断した結果が、今の現状です。
これは、そこに良いとか悪いとかそういう価値で観るのではなく、ただそれだけの事であると受入れるだけで良いのです。

そして、「あぁ、本当は自分は自分に自信が無いのかもしれないなぁ」とそういう自分を認め、そんな弱い自分を赦すことが出来たとき、他人に対して自分以上の何かを見せ様と思わなくなります。

本当に強い人というのは、そういう自分の弱さを知っている人のことなのです。
簡単ではないですが、そうやって自分を成長させることは、とても有意義な時間になりますので、頑張ってください。
    • good
    • 0

質問者さんの、プライドとはどの様なものかわかりませんが。



プライドがあると他人の話が聞けないと言う事はないでしょう。
それは単なる我がまま、あるいは思いやりが無いだけの様に感じます。

人と関わって生きていくより、生きていく道がないのなら、人の話は聞かなくてはなりません。
他人の話を聞いても、他人の言うがままになると言う事ではありませんよ。
自分の考えは持っている必要はあるでしょう。
もし、他人と同じ意見なら問題はないでしょうが、違いがあるならそれから先は話し合いでしょう。
人と意思の疎通を図ると言うのは、大変なことです、面倒な事でもあるのです。
しかし、より良く生きるにはその様な手順や手続きが必要なのだと思います。

それを、プライドがなどと言って、面倒がっているだけの様に聞こえます。

自分が生き難いと感じているなら、その様なプライドは百害あって一利なしでは。

どの様なプライドをお持ちか分かりませんが、一度棚卸をされることをお勧めします。
プライド・・全部捨てる必要もありません。
それは、あなたがあなたらしい・・表れかもしれませんから。
しかし、どうでも良いこともあるかも知れません。
その辺を見極める必要があるのでは。


はっきり言えば、プライドなど自分ではないです。
が、これを理解するのは並大抵なことではないでしょう。
色々とやること詰める事があります。

ですから、プライドを全否定もしません。
しかし、自分とはプライドなどではありません。
自分と言われるものの一部となっている事(単なる思い込みですが)はあるかも知れませんね。

自分・・何時でもここに存在しています・・それはプライドなどと言う言葉で表現される程度のものではありません。
プライドなど捨てても自分が無くなることも否定される事もありません。

何かの参考にでもなれば。
    • good
    • 0

自分の性格を変えるには相当な努力が必要ですね。


気持ちだけでは変わらないです。

逆の立場で考えてみましょう。
貴方と一緒に暮らしてる人が、プライドの塊みたいな人ですごく難しい。
そんな人と過ごすとどうだろう?
意見も聞いてくれず・・・疲れますね。

人の意見に耳を傾け、その意見を自分の中で共感したり歩み寄ったり
相手の目線で考えるよう意識すれば時間はかかりますが変わっていくと思います。
そのプライドも自分らしさなので、なかなか捨てられません。

自分のプライドより相手に対する思いやりとかを意識していけばいいと思いますよ。
人から自分はどう思われているか。
自分が相手に対してとった態度は相手から自分に跳ね返ってきます。
相手の表情話し方から自分に対してどう思っているか読みとる観察力も必要ですね。
    • good
    • 0

蟹であろうと海老であろうと関係ありません


他人がこういう態度に出ると自分はどう感じるかということです
プライドの問題ではなく他人に対する思いやりが無いだけです
自分がされると嫌なことは他人にしない
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング