経済の中心であるアメリカは、「ものが売れない→会社が儲からない→給料が減る→ものが買えない」という悪循環になり、輸入・輸出先にも影響がでた。そして、世界的に失業者が増え(世界恐慌)‥‥と習いました。では、世界のお金はどこへ消えたのですか?どこかの国が裕福になったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金融バブルがはじけたわけですから、


大暴落の前にはかならず
実勢の経済状態以上の高騰があるわけです。
つまりはそもそもこれが存在しない富です。
消えたのではなく、最初からないのです。
金融市場ってのは不思議なものなのですが、
ないものが、あるとして取引される。
そういう世界です。
ないお金をあるとして取引していって
そのウソの限界がきたときに
みんなパっと手を引いて暴落が始まる。
金融市場での売り買いは、実在する”モノ”ではなく株式です。
「ものが売れない→会社が儲からない→給料が減る→ものが買えない」というような
これは実経済で、金融ではありません。
実経済とは無関係な株式相場で暴落は起ります。
金融市場の富は紙の上、数字上でしか存在しないものですが、
実経済は、株式市場から事業資金を運営したり引き出したりしているので
バブルがはじけると、実経済のほうにも影響がでてくるわけです。
    • good
    • 0

今の金融恐慌と同じ。

消失したのです。

20世紀の世界金融恐慌ですが、アメリカ市場での株価の大暴落で始まりました。
わかりやすく説明するために株価だけで説明しますと、もともと紙切れだった株に値が付いて急上昇した。そして、大暴落して価格が下落したのです。

もとは紙切れですから、ここに対してかかったお金はごくわずかなものです。
信用経済の摩訶不思議というものですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング