〔カレー事件〕にヒ素が使われたのですが、砒素についてなんだか良く判らないので教えて下さい

●1 砒素って 液体なんですか 固形体?粉体?なんですか、紙コップで持って行ったらしいので、液体と思っているんですが、砒素は碑石という鉱物と聞きあれ?っと思っています

●2 次に、固体だとした場合、手に付いたら、手がしびれるとか何か直ぐに体に以上が出る程の毒物なんですか?

●3 固体だとした場合、簡単に融けるものなんですか

固体なら、何で紙コップで砒素を持ち歩いたんだろう? その紙コップに容疑者の痕跡がないということ、被告宅の砒素とカレーの砒素を完全同一とする検査結果が出ていない、第三者の可能性も有るのかな~と 何かしっくりこないので、お教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

砒素 亜ヒ酸のことで粉末です。



手についても洗えば大丈夫です。

水に良く溶けます。

この回答への補足

明快な回答ありがとうございます、よく御存知ですね
手についても大丈夫ということですが、
カレー事件では髪の毛から砒素が検出されたと言われています
髪の毛を粉末砒素が付いた手で触ったにしても粉末状体の砒素が検出されるなんて想像できないし、
水に溶けやすく洗い流せば大丈夫なら何で検出されるのだろうかよく判りません
水に溶けても砒素成分は体表面から体に吸収され易いものなのでしょうか
とすれば、髪の毛でなく手の皮脂から大量に検出されると思いますが、
何で髪の毛なんでしょう??

補足日時:2009/06/10 02:36
    • good
    • 0

砒素と云えば亜ヒ酸のことです。


水に良く溶けます。
戦争中に日本軍が使った毒ガス用のもの(ルイサイトなど)ではありません。
スプリング8で分析したのは「不純物分布パターン」と言われるものです。
この場合砒素に他の元素がどの様な比率で入っているかを調べ、そのパターンが一致すれば「同じ製造者」の「同じ時期」の製品(ロット)だと言う事が分かります。
毒入り餃子事件の時はガスクロマトグラフ・質量分析器が使われました。
この場合も主たる毒物以外に「余計な」化合物(不純物)がどの様な比率で入っているかで、毒物の製造者やロットが特定できます。
亜ヒ酸については宮沢賢治の「植物医師」に出てきます。

この回答への補足

ヒヤー! よく知ってますね 恐れ入ります
ところで、髪の毛から砒素が検出されたと カレー事件では言われています、
砒素は水に溶けやすいという事ですから、髪に砒素が付いても洗えば落ちるのではないかと思いますが、
逆に洗えば砒素成分が染みこんでしまう物なんでしょうか???
それとも、微量の砒素が何らかの理由で蓄積していたという事なんでしょうか
髪の毛から砒素が検出される理由を知りたいのですが、教えていただけますか

補足日時:2009/06/10 02:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひじき ヒ素

ひじきにはヒ素が含まれており多量の摂取はしないほうがいいと言います。
1週間に55g以上取らなければただちに影響はないwらしいですが
1パック100gの生ひじきが売られており
1パックなんて1食、2食で食べれてしまいます。
水戻しなどすればヒ素は軽減するともいわれていますが
国が言っている55gっていうのは生55gなのか水戻し後の55gと言っているのか不明瞭です。
どなたか詳しい方はいらっしゃらないですか?

ひじきは栄養があり病気持ちの私としてはなるべく摂取していきたいと考えております。

Aベストアンサー

ひじきに含まれるヒ素|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/hijiki.html

Q液体、固体の液体に対する可溶性

化学の教科書を眺めているとよく可溶性、難解性などの言葉が目に入ります。

ex.過マンガン酸カリウムは水、アセトン、メタノールに可溶である。
トルエンは水には極めて難溶。

個体に限らず、液体同士の混ざりやすさなど様々ですが、たくさんあって覚えるのが大変です。これらは機械的に暗記するしかないのでしょうか? 何か可溶性について規制する法則性というのはないのでしょうか? もちろん数値的なものでも構いません。
また、可溶・難解性をまとめた資料などを掲載しているサイトはないでしょうか? ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

大まかな傾向はその物質の極性で分かります。
その物質の極性が分かっているならそれに近い極性のものが溶けやすい。
水(高極性溶媒)なら高極性物質(無機イオンなど)、油(無極性溶媒)なら低極性物質が溶けやすい。
なので、溶媒の極性の表でも見るのがいいと思います。

あと、イオンの類に対しては極性だけでなく配位性も重要に成ります。極性がある程度あってもイオンに対して配位できないとかなり溶解性が低く成ります。

結局はその物質がどの程度の極性をもっているかといった基礎的な知識を暗記するしかありません。

Qひじきのヒ素

先日ひじきについて質問させてもらいました。
また新たな不安があるので宜しくお願い致します。
離乳食にひじきをあげました(5gほどを1回だけです)
ひじきってヒ素が入ってるんですか?
市の保険センターに問い合わせたのですが
なんかあやふやな返事しかもらえませんでした。
子供の体内に蓄積されたらと思うと不安です。
それで以下のことをおわかりの方教えてください。
・ヒ素は体内に蓄積されるのか
・病院にみてもらったほうがいいのか
またどこか詳しく教えてくれる機関とかありましたら
教えてください。
ネットで検索したんですがいろんなことが載っていて
混乱してます。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不安の元は、英国食品規格庁(FSA)が出した報告のことでしょうね。
すでに行政をはじめとした様々な方面から実質否定の報告が出ていますので、心配する必要はないというのが結論です。報告内容自体にしても、要は「大量に長期間食べつづけると問題がある」という中身で、たいていの食べ物に共通することですから、はじめから騒ぐような内容ではありません。マスコミは往々にして不安を煽る報道をします。タイトルだけ読んで不安がっていてはいけません。

日本人は古くからひじきを食べてきて、危害性の無いこと、健康に極めてよいことを経験的に学んでいます。この経験的というのは結構大事なことで、いわば人体実験の結果ですから、海草を食べる習慣の少ない英国の言う事よりも信じるべきだと思います。

とにかく不安になる前にきちんと中身を読んでみましょう。ある程度理解した上での問い合わせでなければ、保健センターやお医者さんも困惑するだけだと思いますよ。
ヒトは化学物質に対して地球で最も耐性の高い生物のひとつだとか。お母さんはもっとどっしり構えていなくては。

Q乾電池からの液体で手が融けるか?

お世話になっています。

最近、乾電池から薄い茶色の液体が出ていた様なので、触りました。その乾電池のすぐ横に茶の入ったコップもあったので、そのコップからこぼれた茶かもしれないと考えて、大して注意せず、その液体を触りました。
その後、手を洗ったのですが、その時に、手の皮膚がカサカサに剥げ落ちる様な状態になりました。
この様な場合、当方の手は乾電池から出た酸の液体等に触れてしまったと考えて良いのでしょうか?
また、当方の手の一部の指の指紋がなくなったり、減ってしまいました。これも酸の働きなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

酸ではなくアルカリの影響ですね。アルカリにはタンパク質の構造を壊す働きがあるので、皮膚を構成するタンパク質がアルカリによって分解された結果です。何かが溶ける=酸という図式は成り立ちません。酸ではまったく溶けないがアルカリには溶けるとか酸にもアルカリに溶けないが、ある種の液体には溶けるとか、物質によって何によく溶けたり分解されるかは色々です。

ちなみに今回の場合は溶液中の水酸基(OH)イオンがタンパク質内部の酸素によって結合されていた部分から、酸素を奪ってH-O-H、すなわち水を作り出すと同時に、タンパク質の一部を切り離して分解してしまったために起こったということです。
これは塩素系の漂白剤が手についたときにヌルヌルするのと同じ反応です。塩素系の漂白剤が手についたときにヌルヌルするのは石鹸のように塩素系漂白剤自体がヌルヌルするのではなく、皮膚の表面のタンパク質が分解された結果ヌルヌルしているのです。まぁ、どんな強力な酸でもアルカリでも漫画のように際限なく溶けていくようなことはありませんので、よく水洗いをしてハンドクリームでも塗っておけばよいでしょう。ただし先の方が書かれているように、目などに入ると失明などの重篤な症状を起こす可能性もありますので要注意です。

酸ではなくアルカリの影響ですね。アルカリにはタンパク質の構造を壊す働きがあるので、皮膚を構成するタンパク質がアルカリによって分解された結果です。何かが溶ける=酸という図式は成り立ちません。酸ではまったく溶けないがアルカリには溶けるとか酸にもアルカリに溶けないが、ある種の液体には溶けるとか、物質によって何によく溶けたり分解されるかは色々です。

ちなみに今回の場合は溶液中の水酸基(OH)イオンがタンパク質内部の酸素によって結合されていた部分から、酸素を奪ってH-O-H、すなわち水を作...続きを読む

Qひじきにヒ素

 先日、日本産のひじきにヒ素が含まれているっという記事を見ました。
 食物繊維として手軽な食材と、我家では重宝している海藻類だったのでショックを受け、これから、では日本産の海藻を買わない方がいいのか悩んでおります。
 日本産以外の海藻のほうがその点においてはまだ心配がないのでしょうか?

Aベストアンサー

ひじきに含まれるヒ素は自然界で発生するヒ素です。
ヒ素は自然界に様々な形で存在し、実際には人間の体の構成成分にも微量のヒ素が含まれています。
海草の中でもひじきのヒ素含有は高いほうの部類に入るようです。ただ、日常生活で摂取するひじきの量でヒ素が健康に支障をきたすかというと、

多量のひじき(毎日どんぶり山盛り3杯位)を毎日食べると確かに気にしなければならない量ともなるようです。

自然界に存在する以外にも、人工的に作り出されたヒ素があり、これらは兵器も工業用も含めたいろいろな用途に利用されています。

Q固体、液体、気体

例えば、水の場合、固体:氷、液体:水、気体:水蒸気と3種類ありますが、それはすべての物質にあてはまるのでしょうか?例えば、絶対温度まで下げても、固体にならないような物質はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

すいません、蛇足かもしれませんが捕捉です。
固体化しない物質は、質問内の様に温度のみであれば、ヘリウムが該当します。ただ、これも超高圧下であれば固化します。
プラズマは固体液体気体に続く第4の物質とも言われています。ただ電気を帯びて、それにより性質が異なります。

質問の意図に合っていたか不安ですが、温度のみの変化であれば他の方も挙げられた様に昇華したり、ヘリウムの様に固体にならない物質があります。

Qひじきの煮物

作ったあと、ラップで丸くくるんで小分けしてタッパに入れて冷凍しました。
でも電子レンジで解凍する時、かなりバチバチ音がします。
ひじき特有の現象です。ヒ素が金属のようにバチバチ言うのでしょうか?

これはなんなのでしょうか。
ひじき食べるの怖いです。

Aベストアンサー

ひじきに含まれる鉄なんて微々たるものです。

ひじきは海藻で中に空洞があります。
しかも外側は、(煮た後も)空気も水も通しにくい性質なので、
レンジで急激に温めると中の空気が膨張して破裂するためにぱちぱち音が出ます。

Q固体・液体の表面張力

今、表面張力に興味を持っています。
いろいろな固体・液体の表面張力の値を教えてください。

Aベストアンサー

表面張力(表面自由エネルギー)の源は分子間力なので、分子間力の大きな物質ほど、表面張力も大きくなります。

エタノール     22.39   単位(mN/m)
1-プロパノール   23.71
ヘキサン      18.40
水         72.88 
水銀       485.50
以上は20℃での値

固体にも表面張力は存在します。
しかし、測定が難しいので、色々な工夫がされています。
その工夫の1つにジスマンという人が考案した
臨界表面張力があります。
(いろいろな種類の液的を固体上に垂らし、接触角が0になる液体の表面張力を外挿法で求め、
その液体の表面張力の値を目的とする固体の臨界表面張力と言います。)

臨界表面張力は、固体の表面張力そのものではありませんが、参考にはなると思います。
ポリプロピレン   29
ポリスチレン    33
ナイロン6.6     46
ポリエステル(PET)  43
テフロン      18

銅は融点では1300程度の値で、温度上昇と共に少しずつ表面張力が低下し1500℃では1200程度になるそうです。
固体の時は1800程度らしいですが、この時の測定方法は知りません。
(結晶構造を持つ物質の表面張力測定方法のひとつに、結晶のへき開面を作るときのエネルギーを測定したり、ゼロ・クリープ法と呼ばれる結晶粒界の位置で生じた溝のある細い針金に荷重をかけて、その値から計る方法などがあるらしいので、それらを用いた値だと思います。)

表面張力(表面自由エネルギー)の源は分子間力なので、分子間力の大きな物質ほど、表面張力も大きくなります。

エタノール     22.39   単位(mN/m)
1-プロパノール   23.71
ヘキサン      18.40
水         72.88 
水銀       485.50
以上は20℃での値

固体にも表面張力は存在します。
しかし、測定が難しいので、色々な工夫がされています。
その工夫の1つにジスマンという人が考案した
臨界表面張力があります。
(いろいろな種類の液的を固体上に垂らし、...続きを読む

Qひじきと海草

妊婦にはひじきはヒ素が入っているからよくない、と聞いたのですが、こんぶやわかめはどうなのでしょうか?
食べても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫です。
ひじきにしても、大量に毎日食べる、とかでなければ大丈夫です。
「絶対に食べたらいけない」というものはありません。
なんでも「ほどほど」です。

私も妊娠中は「ひじきが良くない」と聞けば、
それを全く口にしない、というようなことを最初はしていましたが、
医師からも助産師さんからもそう言われました。
むしろ、そういう情報に極端に反応して
「あれもこれも一切食べない」という方が問題だと。
あまり神経質にならずに食事を楽しんでくださいね(^^)

Q液体を固体に!!

液体を固体にするにはどうしたらよいかという課題でレポートを書くようにいわれたのですが、どのようなことをかいたらいいのでしょうか?
凍らせればいいと書けばいいのですか??
分かる方お願いします!!

Aベストアンサー

大概、物質の温度を上げれば、固体→液体→(気体)
温度を下げれば、(気体)→液体→固体
なので、「凍らせる」より「温度を下げる」という方面で書けばよいのではないでしょうか?
その場合、「融点」とか「凝固点」とかのキーワードがレポートに入っていればOKとかそんな感じもしますが…(その物質の凝固点まで温度を下げるとか)。

もう少し文章量が欲しいときは、具体的な例を幾つか書けばよいのではないでしょうか(水とか他…なんだろう、ちょっと思いつかないですが(^^;))


人気Q&Aランキング

おすすめ情報