SL蒸気機関車や太平洋戦戦争の戦闘機のレストア(修理、再生)技術は日本は駄目だそうです。
アメリカは第二次大戦の飛行機を飛ばしてます。
でも科学って古い技術から新しい技術への積み重ねじゃないのでしょうか?
たとえば算数がわからなくては数学はわからない。簡単なものからの積み重ねだと思うのですが、どうして現代日本はSLや対戦機のレストアができないのにリニアとか最新技術はできるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あまり知られてはいませんが、「マニア」の方々の間ではアメリカほどではないにしても、修理・再生は行われています。


それぞれの専門誌の片隅に、記事として載っていることがあります。
No,2様の書かれた通りで、世の中「利益」にならないことはしません。
でも「マニア」には利益は関係ありません。
日本にはただ単にマニアが少ないのか、興味を示す人が少ないだけの問題だと思います。

>でも科学って古い技術から新しい技術への積み重ねじゃないのでしょうか?
>どうして現代日本はSLや対戦機のレストアができないのにリニアとか最新技術はできるのですか?
目的は同じであっても、「手段」が全く違うからです。
たとえばパンを焼くにしても、昔なら薪の入れ方や量、タイミングなどは「技術の積み重ね」でより良い方向へ改善して行きます。
結果、科学的に見て、非常に合理的な進歩であったことが確認できるわけですが、「薪」ではなく、手段を「ガスオーブン」に替えたらどうでしょう。
薪の割り方や入れ方などの技術は、ガスオーブンを使う技術にはまったく反映されません。
唯一、「温度の管理」だけが共通する、目的に対しての技術になるわけです。

「SL」と「リニア」。共通する目的は、「輸送」です。
「手段」としてはいろいろ考えられますが、たとえばSLは「蒸気」でありリ、ニアは「電気」になるわけです。
蒸気のことをまったく知らなくても、電気に対しての技術さえあればリニアは人や物を輸送できます。
しかし、蒸気は蒸気の技術の積み重ねをすることでより良い方向へ進化し、電気は電気で技術の積み重ねをすることでより良い進化をするわけです。

同じ果実をつける木でも、枝が分かれているでしょ。
こっちの枝が「修理・再生」で、あっちの枝が「最新技術」なんです。
でもこの木がリンゴの木なら、どっちの枝の先にも同じ「リンゴ」ができるわけです。
それぞれの枝は、果実をつけるためにそれぞれの歴史を積み重ねます。

こんなたとえで理解できないですかねッ!?。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 19:31

あ~・・・蒸気機関車の修理技術は結構日本も捨てたもんじゃないですよ。



先日、板台枠が歪んだ(蒸気機関車では致命的)8620型機を修復しまし
たし、工場修理中に阪神大震災にあってボイラが歪んだC57も、きれいに
修復しましたからね。先日ボイラを空焚き(こいつも結構致命的)
しちゃったJR東日本のD51も、何とか修復できるみたいですし。鉄道の
世界では案外「古い技術」はちゃんと残ってます。

大井川のC11が引退したのは、確かに大動輪の「タイヤ」が入手できな
かったためですが、これは主に「コスト」の問題で出来なかっただけ
で、金持ちJR東日本は、ちゃんとタイヤを新製してますもの。

実は日本中に、現役の蒸気機関車は数十台居るんですよ。ディズニー
ランドのウエスタンリバー鉄道って、ホンモノの蒸気機関車だって
知ってました?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/27 19:34

 そもそも、そのレストア技術、本当に「簡単なモノ」「古い技術」なんでしょうか?


 例えばレシプロエンジンの基本的な設計概念であったり、飛行の原理であったりは現代に通じる技術の基礎になっているわけです。
 しかし、例えば「栄エンジンのシリンダ製造」とか「超超ジュラルミンの冶金技術」とか「部品のリバースエンジニアリング」とかって、実は進化の枝の先っぽの方についている部分なんではないでしょうか。。。
 確かに古い技術でしょうが、ここを積み重ねなくとも別段たいした影響はないはずですし、特に限界を目指した設計というのは得てして汎用性を欠きます。
 そうなると、それは「古いかもしれないが、今となっては必要ない技術」ということになると思われます。

 また、少なくとも事ワーバーズに関して言えば、「需要がからっきし無いから」という事もあるでしょうね。こういうモノは産業化しないと-少なくともムスタングの弾倉にゴルフバッグ突っ込んでひとっ飛び、なんてぇ層が一定数いなければ-保ちません。
戦に負けるって言うのは、そういうこともあるんですな。

#SLは一応若干の需要はあるが、企業が何とかできる範囲なのでそれほど大規模に必要ない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 19:30

 まぁ・・・アメリカは歴史が無いから今ある歴史を残したがる傾向がありますが・・・(嘘の歴史的話も好きですしね)。



 使うのも同じですね、電卓使うのにソロバンの知識が必要でないのと同じです。

 しかし・・・日本も全て捨てているわけではありません。
 時計メーカーのセイコーは一時期、機械式ムーブメントの職人が絶滅しかけましたが、近年機械式ムーブメントの職人を育てています。
 それは懐古趣味でもなく商売として利益が出るからです。 クォーツ時計で世界を席巻しましたが、中国などの低価格クォーツ時計にシェアを奪われ・・・活路を高級機械式時計にもとめたからです。

 2番さんも書かれていますが、金にならないからやらないだけ・・・ってのかかなりの部分を占めていると思います。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 19:30

大変興味深い疑問だと思いました。

ご指摘の点は、なぜ日本から画期的に新しいものが生まれにくいかということと大いに関係があると思います。しかしリニアだって基本的な研究は日本で始められたものではないと想像します。速く走るものを作ろうとするとき蒸気機関車の性能を上げる代わりにほかの方法を使うというのは日本人は得意なのかもしれないと思います。古いものを大切にしないというか、良いものならこだわらないで自分のものとして行くというような良い意味での軽さがあるのかもしれないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 18:40

ただ単にやろうとしないだけ。



そんなの作っても金になるどころか無駄になるだけですし。

本気で作ろうと思えばできると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 18:24

電話回線じゃなくてもインターネットが繋がるのと同じで、必ずしも古い物を踏襲している必要は無いんじゃない?



結局、「同じ結果を得られれば過程は関係ない」からね。

電波で飛んでこようとも、有線だろうとも、TVを見てるその場では、どちらが新しくてどちらも周到してないと見れないとか、意味がないでしょ。もう見れてるんだし。
無くても大丈夫な技術も 有るって事。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/27 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャビネット図・等角図と一点透視図法、二点透視図法の違いを教えてください。

美術の教員ですが、技術家庭科のことはよくしりません。
が、技術家庭科で『キャビネット図・等角図』
というものを書く単元があるそうですが、

美術の一点透視図法等と如何違うのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の「キャビネット図・等角図」という用語は知らなかったのですが、アクソメのことかなと思って検索したら、下のURLで図入りで説明されているのを見つけました。

美術の先生ならば、昔の源氏物語絵巻やなんかが消失点無しで遠近を表現していることはご存知だと思います。
ご質問の表現法も、あの日本画古来のテクニックと基本的な考え方はほぼ同様ではないでしょうか。

参考URL:http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~horihata/page4.htm

Q現代版最新蒸気機関車

もし、現代の技術で、固体の石炭を燃料とする鉄道機関車を作ったら、どんな方式になるでしょうか?

もちろん、高効率・高出力を目標にします

石炭は、予めガス化や液化などはしないで、固体のまま積み込むとしてです

質問のタイトルは、蒸気機関車と書きましたが、必ずしも蒸気機関でなくてもけっこうです

私が考えたのは、

石炭を燃料とする蒸気タービンで発電
その電力で直接モーターを駆動しつつ、バッテリーも充電
蒸気タービンは、最も高効率で常に運転
平地巡航時は、主に充電
加速時や登坂時は、バッテリー電力も併用
減速時や下り坂では、モーターを発電機とした回生ブレーキで、バッテリーを充電

結局、蒸気機関ですね(^_^;)

今更、わざわざ固体の石炭をそのまま燃料とする機関車を作る意味があるかどうかは問わず、科学的(工学的)空想でお願いします

Aベストアンサー

結局のところ、
・レシプロ
・タービン直接駆動
・ターボ・エレクトリック
の3つの選択肢のどれかということですね。

長距離止まらない貨物列車なら、タービン直接駆動になるでしょう。

(駅に止まらないといけない)旅客列車だと、レシプロか、ターボ・エレクトリックか。
さすがに、今、設計するなら、理想的には効率が良いターボ・エレクトリックにしたいところですが。。
機関車サイズにする前提だと、総合的にレシプロ
に勝てるかは結構厳しいような気もします。

蒸気タービンの高効率化には大型化が有効で、かつ、ターボ・エレクトリックの長所は、エンジン(+発電機)とモーターを自由に配置できることなわけで、鉄道というシステム全体で効率を追求していくと、石炭火力発電所+電車、になってしまう気もしますが。

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q宇宙における戦闘機 艦隊における戦争

宇宙における戦闘機 艦隊における戦争に科学的なものを持ち込めば
具体的にどのような戦闘になるでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは 補足ありがとうございました


> では どのような発見 開発がなされたのなら宇宙での戦闘が
> 可能になりますか?

原則論で申せば、戦闘行動を効果的で確実に遂行するためには、
彼我の各能力(戦闘力、機動力、持続力、補給、メンテ等々)の
差異をしっかりと把握し、自身の能力が最大限に発揮出来るよう
な状態を如何に維持し続けるか? につきると思うのですが、

どのような場合においても(たとえ地球上、大気圏内の戦闘に
おいても)ターゲットはもちろんの事、自身の正確な位置情報の
リアルタイムな把握が必要不可欠な事は言うまでもないでしょう。
米軍がGPSをやっきになって(もの凄いコストと労力をつぎ込んで)
完成させた事からもそれはあきらかです。

同様な仕組みが宇宙空間上で構築出来れば(前例がありますの
で)なんとなく戦闘イメージも沸いてくるのですが、あまりにも広大
な空間が対象となりますので、どのくらいの規模のシステムになる
のか?全く予想像が出来ません。


さて、現在天体観測の分野おいては、銀河系の3Dマップを作ろう
(もちろん他にも目的はありますが・・・)という計画が日本及び世界
で進行中ですが(↓ 国立天文台VERAプロジェクトのサイト)
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html

その世界最高水準の観測精度を目指している日本のVERAプロジェ
クトであっても10マイクロ秒角(:月面上におかれた1円玉大の差異
を地球から認識出来る~程度の~精度)が限度らしいので、太陽系
を離れ銀河の中心に近づけば近づくほどその精度は落ちるため、
とても絶対座標の基準とはなり得なくなるであろう、と想像します。

また、仮に地球近傍(太陽系内)の空間に限定して考えた場合でも
基準となる惑星、衛星、天体等の相対的な座標(軌道?)情報が、
どの程度の精度で、どのくらいの期間、保ち続けているのか? が
未知数なので、かなりの長期間かつ多数の天体の継続的な観測
(情報収集)&解析が不可欠になるでしょう。

それら正確な地図(空間図? 天体図?)情報が得られて初めて
戦闘行動に必要な航法が算出出来ると思われます。

こんにちは 補足ありがとうございました


> では どのような発見 開発がなされたのなら宇宙での戦闘が
> 可能になりますか?

原則論で申せば、戦闘行動を効果的で確実に遂行するためには、
彼我の各能力(戦闘力、機動力、持続力、補給、メンテ等々)の
差異をしっかりと把握し、自身の能力が最大限に発揮出来るよう
な状態を如何に維持し続けるか? につきると思うのですが、

どのような場合においても(たとえ地球上、大気圏内の戦闘に
おいても)ターゲットはもちろんの事、自身の正確な位置情報の
リアル...続きを読む

Q英語が極度に苦手な若手の技術者の突然の米国研修

英語が極度に苦手な若手のエンジニアが突然、提携先の米国の会社に、6ヶ月間、1人で技術習得のために派遣されます。

彼は、社内では技術者としてはなかなか評価が高いのですが、TOEICが 280点! しか取れていません。

現地では技術者同士、現物を見ながら、メモを見せ合いながらやっていけると思いますが、私が心配するのは、帰国後に、離れた場所で、メール等で実際の仕事が出来るかどうか?、です。ちなみに、彼の代わりになる人はいません。

私の経験では相当の英語力が必要ですが、文法を含めた基礎力がないと、仕事で使う英語はほとんど上達しない、と感じています。

ワーキングホリデーでオーストラリアで生活した派遣の女性は、TOEICの総合点ではそこそこでしたが、Listningで点数を稼いだだけで、仕事上の英語力は全く無く、即、辞めてもらったことがあります。

この派遣の女性とは条件が全く違いますが、やはり英語の基礎力が全く無い彼が帰国後に、海外関係で技術者の中心になれるか心配です。

他社での経験などで、何らかのアドバイスをください。

Aベストアンサー

海外適性は、情報発信力(話すことと書くこと)で決まります。

実は TOEIC では、読むことと聞くことだけが試されるため、自分の意見を表現するという能力は問われません。

つまり、仕事では一番重要な情報発信能力は点数に出てこないのです。逆にいえば、仕事ができない人でも TOEIC で高得点が取れるというわけです(ご質問にもあるように)

ですから、まさに研修という形式で、6ヶ月というちょうど良い期間(実用的な表現にまんべんなく接することができる)を過ごせるのは非常に有効で、帰国後にも生かせることができる経験だと考えます。

ちなみに、私は国連英検の特A級では、エッセイ(小論文)は9割の点を取れても、その他の受動的な問題(文法や聞くだけなど)では4割くらいしか取れずに合格できません。自分が使いこなせる言い回しと単語で、自分が言いたいことは伝えられる、典型的な「情報発信型」に偏った英語力のつき方をしている人間です。

そのため、文法問題などが多い TOEIC や 英検 などでは全然スコアが上がらないものの、仕事にはなんら問題はありません。

海外適性は、情報発信力(話すことと書くこと)で決まります。

実は TOEIC では、読むことと聞くことだけが試されるため、自分の意見を表現するという能力は問われません。

つまり、仕事では一番重要な情報発信能力は点数に出てこないのです。逆にいえば、仕事ができない人でも TOEIC で高得点が取れるというわけです(ご質問にもあるように)

ですから、まさに研修という形式で、6ヶ月というちょうど良い期間(実用的な表現にまんべんなく接することができる)を過ごせるのは非常に有効で、帰国後にも...続きを読む

Q現代の技術と幸福について

現代の技術が人間の真の幸福にむすびつかないのはなぜでしょうか。わかるような気もするのですが実例がいまいち思い浮かびません。どのような実例があるか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ヒマラヤの麓にブータンという小さな国があります。
面積は日本の四国くらいで、経済学者に言わせれば、世界で最も貧しい国の一つだと言われています。

日本とブータンを比べてみると、いろいろ参考になるのではないでしょうか。

貧しいと言われていても、実際、ブータンの人たちは、日本の平均的なサラリーマンよりずっと広々とした家に住んでいるそうです。
国民の大部分が農民で、生活は自給自足的な面が多く、観光資源は豊富だが、あえて宣伝して観光客を誘致しようともしない、そういう国なんだそうです。
何より私が感銘したのは、この国は昔からプラスチックを使わないということです。(全く使わないのかどうかは、わかりませんが。)

一昔前だったら、ほとんどの人が、こういう国のあり方について、見向きもしなかったでしょう。しかし、今になって考えれば、ブータンの国策は素晴らしいものだったと思います。
公害もゴミ問題も交通渋滞もなく、必要以上の豊かさもないが、特に困窮しているわけでもない、それこそが、健全な豊かさではないでしょうか。

私は経済学には全くの素人です。
経済学というのは、「豊かさの科学」だと思っていましたが、実際は、物やカネの動きを考えるだけの学問だと思います。
綺麗な空気も、美しい風景も、それによって誰かの懐におカネが入って来なければ、経済学の対象にならないのです。
だから、ブータンのような国は、「貧しい国」とされてしまうのです。
ここに、経済学的な「豊かさ」と、真の豊かさとの乖離があると思います。

話は変わりますが、私は化学が専門です。
今まで、研究費獲得のためのいろんな書類を書かされました。
この技術が完成すれば、工程を単純化できるとか、経費を節減できる、とかいうことを書きます。それらはたしかに嘘ではないのですが、宣伝文句ですから、マイナス面については書きません。
そういう文章を書くたびに、「これが本当に完成したら、また失業者が増えるんだろうなぁ。。。」と思ったこともあります。
正直言って、とても空しいです。

人間の浅知恵で、切り貼り細工のように、小さな部分しか見ないで、様々な技術を開発してきたその結果が、公害であり、過労死であり、交通渋滞であり、そして雇用不安です。

真の幸福に結びつく技術とは?ということを、真面目に考えなければ、世の中はとんでもないことになると思います。

まとまりのない、わかりにくい文章になってしまいました。
回答になっていないかもしれませんが、何か少しでも参考になれば嬉しいです。

ヒマラヤの麓にブータンという小さな国があります。
面積は日本の四国くらいで、経済学者に言わせれば、世界で最も貧しい国の一つだと言われています。

日本とブータンを比べてみると、いろいろ参考になるのではないでしょうか。

貧しいと言われていても、実際、ブータンの人たちは、日本の平均的なサラリーマンよりずっと広々とした家に住んでいるそうです。
国民の大部分が農民で、生活は自給自足的な面が多く、観光資源は豊富だが、あえて宣伝して観光客を誘致しようともしない、そういう国なんだそう...続きを読む

Qなぜ、AMラジオはパソコンで聴けないのでしょうか

 テレビやFMを聴く事の出来るチューナーはよく売られていますが、AMのがないのは何故なのでしょう。技術的な問題なのか、需要の問題なのか、いくつかの理由が考えられますが、本当の所が知りたいです。御存じの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

部品点数から考えるとAMラジオの方が少ないのですが、不可能ではないと思います。
ただ、パソコンはノイズ発生源ですので、ノイズとAM電波を分けるのが大変で
実用に耐えれないものになると考えられます。

AMの電波は振幅変調ですので、電波の波に強弱があります。
FMの電波は周波数変調ですので、波の強弱ではなく、波の周期が変化します。
それぞれの波にノイズが乗った場合、AM電波の場合は どこまでが信号でどこまでが
ノイズか判断つきにくいのでノイズを消そうとするとその部分に含まれる信号もごっそり
消して対応します。

FMの電波の場合は、波に強弱がない為、ノイズ前後の波を見て、はみ出た部分を切り取ることで
対応できます。
ですのでAMはノイズに比較的弱く、FMは比較的ノイズに強い傾向があります。

で、実際に作ることは出来るかと思いますが、ノイズだらけで聞けない可能性が
あるのであまり販売されていないんでしょうね。

Q自販機の加熱冷却の仕組みと最新技術

飲料水自動販売機の加熱と冷却の仕組みを図解などで詳しく説明したサイトなどがあれば紹介してください。

疑問の発端は、加熱と冷却でヒートポンプは行なわれているのか?というところからです。自販機関係の最新省エネ技術なども教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

No.3です。ご回答します。

自動販売機の最大の課題は省エネだそうです。

ほとんどのことは以下のpdfに出ています。
今後の課題も詳しいです。
規約上URLは記載できませんので
「eccj toprunner jidou1」で検索してください。

瞬間冷却の給茶機は参考URLにあります。

参考URL:http://www.kinkisunpokka.co.jp/auto.html

Q技術英単語(製図関係)

製図の日本語を英訳したいのですが、対応する英単語がわからず困っています。
英訳したい単語は以下の通りです。
皿ネジ
ザグリ
キリ
ヘリサート

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 今晩は。こういう言葉は日常的に英文の図面でもひいていないと、通常の英語使用者では歯が立たないでしょうね。さて、私の手持ちの資料は図書館からもらった廃棄処分になったJIS1992年版「機会要素」です。
 JISまたはそれに対応するISOの見出しの英文の用語です。
 
・皿ネジ JIS B1101すりわり付き皿小ネジに対応するISO2009・・・slotted countersunk head screws
ここでslottedとあるのはすりわりのことですから、これを略せば良いでしょう。
・ザグリ JIS B1001の英語見出し・・・counterbores for bolts
・キリ キリ穴のことだと思いますが、加工法の指定はなんと言えばよいか? in drillで良さそうですが自信無しです。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=drill&kind=ej

・ヘリサート これがもっと問題。この名称はアメリカのREFAC社の商標登録名のようです。検索して先ず目に付いた
http://www.sanyu-seiki.com/02_w_helisert.html
によれば、helisertで良いと思われますが、実際にこの名で通用するのかどうかは保証の限りではありません。
 一方ここにねじ込むコイルはHELI-COIL Insertと呼ぶのが普通のようです。ですから一番無難なのは、tapp for HELI-COIL Insertと注記することでしょう。この点に関しては参考URLを参照すると良いかもしれません。

 さて、ここの参加者に図面屋はいたかな? 私は加工する方ですが(今回検索して、何故ヘリサート・タップをツガミだけが製作していたのかの理由が明らかになりました。現在では他社も作っていますね)。以上参考まで。

参考URL:http://www.emhart.com/products/helicoil/heliex/tapping.htm

 今晩は。こういう言葉は日常的に英文の図面でもひいていないと、通常の英語使用者では歯が立たないでしょうね。さて、私の手持ちの資料は図書館からもらった廃棄処分になったJIS1992年版「機会要素」です。
 JISまたはそれに対応するISOの見出しの英文の用語です。
 
・皿ネジ JIS B1101すりわり付き皿小ネジに対応するISO2009・・・slotted countersunk head screws
ここでslottedとあるのはすりわりのことですから、これを略せば良いでしょう。
・ザグリ JIS B1001の英語見出し・・・counterbores fo...続きを読む

Q現代の技術で隕石掘削は可能でしょうか?(アルマゲドン)

映画「アルマゲドン」は、巨大隕石を掘削して核爆弾を仕込む話でした。
実際問題、現代の技術でこのようなことは可能でしょうか?
1年ほど準備期間があったとします。
隕石の直径100キロ、時速35.000キロのスピード、240mの穴を掘るというミッションです。
南極に巨大ロケットを設置して、地球の方を動かしほうがよいでしょうか?((妖星ゴメス」)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小惑星イトカワのミッションでもわかるように、あの程度の大きさの隕石では、表面重力はごくわずかです。「車」両が走れるような状態ではありませんし。ドリルを送り込もうにも、重力は使えず、支えを築ける強度のある表面も無いでしょう。
唯一考えられる方法としては、バンカーバスターのような鉄甲爆弾を使うことかと。ただ、宇宙速度だと、衝突で蒸発しますので。ある程度の減速が必要ですが。現存する武器としてのバンカーバスターで数十mもぐれるそうですから。密度が低い隕石&専用設計&高速を利用すれば、目的はかなうかと。
それでも。直径100Kmとはいえ、所詮は「やわらかく固めた砂」程度のものです。核爆弾使っても、表面を吹き飛ばすのが関の山かと。
断続的に鉄甲核爆弾を打ち込むくらいしか、現実的方法はありません。

南極にロケットの案ですが。
地球は、薄皮だけの卵よりもろいです。そんな推進力のロケットを付けたとしても、「めり込むだけ」です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報