以前、同じタイトルで質問させていただいた者です。
その節はいろいろご回答を有難うございました。

あれからやや時間が経ち、いよいよ準備が整い始めました。
借りる場所もだいたい決まり、契約はまだですが
来月中には母と暮らし始めます。
そんな時になんですが、急に不安を持ち始めています。

母は84歳で、今は元気にしています。
ですが最近私の知り合いのお母さまの痴呆が一気に進み
そのきっかけがなんと同居を始めたらとの事。
やはり長年住んだ土地を離れ、新居を構えた所に呼ばれて・・の経緯だそうです。
私も母も、ともに暮らしたい気持ちに変わりはないですが
やはり老後に住み慣れた土地を離れるのは、精神的に何かダメージが
来るものなんでしょうか。
母は住めば都なんて言いますが、私には不安がよぎるんです。

たとえ住み慣れた地を離れ、一緒に暮らすことで痴呆になっても
多分、母は後悔しないだろうと思います。
でも私は仕事をしていますし、母と暮らすと言っても諸般の事情から
今現在の家と半々の行き来になると思います。
私が仕事で不在の場合や、現在の家に来ている間は母も寂しい思いを
するかと思うと、見ず知らずの土地に呼び寄せるのが、本当に良い事なんだろうか…
と、悩んでいます。

どなたか、お考えを聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

40代、独り暮らしの軽度認知症の父がいます。


(痴呆→現在は「認知症」と言い代えられております)

環境の変化は、かなり大きなストレスを生みます。昔、在宅看護の
お手伝いをしていたことがあったのですが、古い一軒家から広い
新しいマンションに越された寝たきりのリウマチのおばあちゃまがいらした
のですが3ケ月ぶりぐらいに会いに行くと、すっぽり魂が抜けたように
なっていらしてびっくりしたことがあります。

昔のお家はベッドから広い庭が見えて、その庭のお花をベッドから
見て「あの蕾はあなたが次に来たとき咲いているわよ」などと色々と
楽しげにお話してくれていたのですが、マンションではベッドから
何も見えませんでした。若くて健康な者にとっては小さな事でも
高齢者や病気を抱える人には、そんなささやかなことが心の支えに
なっているのだなと実感しました。

お母様は寝たきりではないので、その点はずいぶん恵まれていると
思いますが、やはり新しい環境に慣れるというのは年を取れば取るほど
時間がかかります。私の経験から言いますと「不安感」が一番いけないと
思います。私の父も去年、母と兄が入院して次々亡くなったのですが
父は本当に不安定になって「頭にウジ虫がわいているようだ」と非常に
混乱したり「もう死ぬ」と鬱になったり、夜中に激高して電話をかけて
来たりして認知症も進行しましたが、今、何も問題なく独り住まいをして
います。家事も何でも出来るので取りあえず自分のことだけしておけば
良いので、今の方が気持ちはずっとラクなんだと思います。現在は
認知症の進行も今はなく、むしろ去年の方が状態は悪かったように
思います。

認知症になるかどうかは本当に賭のようなもので、一般に言われてる
ことが当てはまらないことは多々あります。実際、私の母は脳梗塞で
15年寝たきりで父がずっと介護をしていたのですが、母は最後まで
呆けると言うことはありませんでした。一方父は、母の世話をしたり
趣味のカメラで日帰り旅行に出かけたり、近所の人の庭木の手入れをして
上げたりと、元気に飛び回る人でしたが、2年前に認知症を発症しました。
ですから本当に分からないんですよね。

お母様も先のことはどうなるか分かりませんが、住み慣れた土地を
離れるというのは、何か影響を生む可能性がある、ということは頭に
入れて置いた方がいいと思います。

>たとえ住み慣れた地を離れ、一緒に暮らすことで痴呆になっても
>多分、母は後悔しないだろうと思います。

認知症になったことは自身では自覚できませんからね。逆に質問者様が
「呼び寄せることで親が認知症になっても後悔しない」というお気持ちを
持つことが大事だと思います。呼び寄せなくても認知症になるかも
知れませんし。でもならないかも知れない。
そう考えるとキリがありませんし、何も前に進まなくなってしまいます。
決めてしまったことなら、もう「何かあればその時考える」という
良い意味で「流れに身を任せる」ことが良いと思います。

とにかく不安感は出来るだけ少なくして下さい。ゴミ出しや色んな
決まり事も住む町が違えば変わってきますから、メモや一覧表にして
壁に貼って上げるとか、ご近所に事前に声をかけて置いて、お母様の
顔を見かけたら声をかけてもらうようにしてもらうとか。質問者様が
おうちを留守にする機会が多いならなおさら近所の人の「目」や「助け」
は重要になります。道で転んでも「知らないおばあさん」だと連絡の
しようがありませんが「○○さんちのおばあちゃんだわ」と分かれば
対処も違ってきます。そんな「見守りの目」は多ければ多いほどいいです。

同居にも不安はつきまといますが、離れていても病気やケガはとても
気になります。私も父が独りで生活していける間は独り暮らしを継続
させていくつもりですが、万一なにかあればそれはもう仕方ないことと
思うようにしています。完璧などどこにもありませんし、満足も同じです。

ただ「今できる一番良いことをしていく」ことしか無いと思います。
認知症があっても自分の力だけで独り暮らしの出来る父を私は幸せだと
思いますし、娘と一緒に暮らせるお母様もとてもお幸せだと思います。
あまり先々のことまで心配せずに、日々暮らしていくのが一番です。
私たちだって明日のことは分かりませんから。

「今日『良い』と思ったことをする」

そんな積み重ねを繰り返していけば、先々色んなことがあってもあまり
後悔の念にとらわれずやっていけるような気がします。
どうぞたくさん親孝行して上げて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりすみませんでした。

本当に一つ一つが参考になりました。
お母様とお兄様を相次いで亡くされたとのこと、お父様もあなた様も
いろいろ大変でしたね。

今回相談させていただいた通り、母を引き取り一緒に住むのは
今は私の方が不安に感じているかも知れません。
母はまだ今は元気だし、年齢による足腰の衰えはありますが
至って元気です。でも、いつどうなってもおかしくない年齢でもありますね。
自分ひとりで背負いこまずに、周囲の環境にも頼りながら
心を配って行きたいと思います。

>完璧などどこにもありませんし、満足も同じです
>今日『良い』と思ったことをする

 そうですね…結局、それしかないのでしょうね。
 心に響きました。

痴ほう症も今は認知症と呼ぶのでしたね。
自分の悩みにばかり目が行って、気がつきませんでした。
ご指摘とアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2009/06/05 17:18

私の母は82才です。

現在車で8分の所に住んでいます。
今の状況は母が住む所(嫁と一緒)を今の所に移ったので、私が母の近くへ越したという経緯です。住めば都といいますが、引っ越す場所の周りを調べたり、自分も仕事があるので、顔を出せない時に嫁がいるとはいえ本人が楽しめる場所(スーパー、本屋、花屋etc.)とかがあるとか、事前に随分チェックしたものです。自分の親ですから、あたり前の事ですが。それでも、しっかり者の母は認知症の症状が出始めました。一緒に引っ越した老犬も環境の違いによって、病気になり亡くなりました。
今でも、後悔の連続です。きついことをお教えする結果となりますが、
確かに環境の変化は、年老いた身には厳しいです。きれいごとじゃなく、厳しい事が多いです。今は、仕事の合間に何度か5分、10分でも顔を見せることを多くしていますが、もしあのまま前の所にいたらと何度も思うことがあります。もちろん、それだけではなく、一緒に暮らすことが、母親の希望でかなえてあげられるようになることは素晴らしいことだと思いますが。。。。現実は厳しいので(今では相当認知症もすすみつつあります)覚悟だけはする必要がもちろんあります。自分で思うに、母親の気持ちより自分で納得がいかない、自分で後悔するetc
結局は自分の考えをどうしたいかということのような気が自分では
しています。本当に難しいテーマです。ひとつだけ言えることは、親にとって、子供はいくつになっても子供ですので、好意でしてもらえる事には、多少イヤであっても親はその気持ちを飲み込んで、子供に従おうとする姿勢があることを忘れてはいけないと言うのが、自分の体験談です。参考になるかどうかわかりませんが、私の体験談です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございました。
お返事が遅くなりすみません。

そうですか…お母さまの認知症が進まれたのですね。
環境の変化ばかりが理由ではないでしょうが、やはり子としては
いろいろ思いめぐらすものなんでしょうね…
でも、あなた様はずいぶん努力をされているのですね。
少しの間にも顔を見せる努力って、すごいと思います。
私には母の住む場所との物理的な距離もあって、なかなか
頻繁に顔を見せる機会が作れませんでした。
今回の同居の話は母から言い出したので、母がこちらに来てくれれば
取りあえず顔だけはほぼ毎日、見れる環境にはなります。

>親にとって、子供はいくつになっても子供ですので、好意でしてもらえる事には
 多少イヤであっても親はその気持ちを飲み込んで、子供に従おうとする…

 このお言葉には深く頷きました。考えもしなかった見方です。
 私の思い込みでものごとを決めないように、注意深く進めて行きます。

仰るように、本当に難しいテーマですね。それぞれの事情に応じていくつも形があり
正解が無いようです。夫婦のようにリセットの選択肢も無いですし…

お母さま、お大事に。

お礼日時:2009/06/13 07:53

私の場合です。


88歳の祖母です。
今まで自宅で元気に過ごしてきましたが、認知症が進み、足が悪く歩行が困難になったため、老健に1か月前に入所しました。
慣れない環境で「自宅に帰りたい」という訴えも強く、
常に興奮状態で過ごしており、職員のかたにも迷惑をかけておりました。
ところが、2週間前に発熱。
なかなか良くならないので、入院しました。
昨日は39度の高熱でとてもしんどそうで死んでしまうのかなぁと不安になるくらいでした。(今日は熱も引きましたが)
色々と検査をしてもらいましたが、今のところ、原因ははっきりしていません。
いずれ病名はつくと思いますが、病気は何にせよその引き金は「極度のストレス」だと思います。
環境の変化は認知症の悪化だけでなく、体調不良のきっかけにもなりかねないと思います。
だからといって私の場合、家庭で介護をするのは無理な状況です。
祖母には悪いけれど、自宅に連れ帰ることはできません。
なんとか健康を取り戻して、施設での生活に慣れてもらうしかないのです。
冷たいですが、これで寝たきりになってしまっても仕方ないと思っています。
お母さまにしてあげること、色々と選択肢はあると思います。その場、その場で最善と考えられることをしてあげてください。
それで失敗してもまた次の作戦をかんがえればいいと思います。
ケアマネさんなど迷った時に相談できる人を見つけておくことは必要だと思います。
なんか抽象的ですみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません。

私の母も日常生活を送ることが肉体的に困難になれば
引き取っても引き取らなくても、老人施設に入ってもらわねばなりません。
母もそこのところは了解していて、そうなってしまう前に
いろいろきちんとしておきたいという気持ちから
今回の話に発展していきました。
私も来たるべき時に備えて道筋をはっきりさせておくのは、関係する全員にとって
安心なことと思い相談させていただきました。
とはいえ、認知症が進み足腰が弱り、施設に入っても
あなた様のおばあ様のような状況になることもあるのだなと
知ることができてとてもよかったです。

>失敗してもまた次の作戦をかんがえればいいと思います
>ケアマネさんなど迷った時に相談できる人を見つけておくことは必要だと思います

 本当にそうですね。その時々で一番良いと思えることを実践していきます。
 身近にプロの相談者を見つけておくのは、確かに必要だと思いました。
 さっそくそのように動きたいと思います。

アドバイスをありがとうございました。決して抽象的ではなかったです。
おばあ様、お大事になさってください。

お礼日時:2009/06/05 17:03

>来月中には母と暮らし始めます。


>そんな時になんですが、急に不安を持ち始めています。
一種のマリッジブルーみないな感覚でしょうか。

>ですが最近私の知り合いのお母さまの痴呆が一気に進み
>そのきっかけがなんと同居を始めたらとの事。
よく聞かれる話しです。

>やはり長年住んだ土地を離れ、新居を構えた所に呼ばれて・・の経緯だそうです。
痴呆になる最大要因は、「何も考えないで、することがない状態」だそうです。
例えば、(1)近隣に話し相手がいない、(2)家族から何もしなくていい、(3)趣味等、特にやることがない、などです。具体的に申し上げると、(1)話し合い手がいないので毎日をぼーっとして過ごす時間が増えた。(2)家族から、身体が大事だから、今まで頑張ってきたから何にもしなくていいよと言われた。(3)新居に移って、あった趣味もやれなくなった、等々だそうです。

対策
炊事・洗濯・庭いじり等、買い物も含めて、疲れない程度にしてもらう。例えば、料理が趣味だったら、創作メニューでもいいので、料理番組等をみてもらって覚えてもらう。そして、実際、作って貰える環境をつくる。簡単な地図を書いて、ウォーキングを兼ねて地理を覚えてもらう。というふうに、お母さんの性格などがよく分かっているあなたが、何か一工夫して頭の体操になることを考えてあげる。

結論:お母さんを大事にしたかったら、適度にこき使ってあげてください。

>やはり老後に住み慣れた土地を離れるのは、精神的に何かダメージが
>来るものなんでしょうか。
友人など、井戸端会議の話し相手がいなくなるのが、一番、辛いようです。

>多分、母は後悔しないだろうと思います。
お母さんは後悔しなくとも、あなたが公開します。「どうして、あそこであんなことをしたんだろう」、「もう少し優しくして…云々」等、たくさん、出てきます。そして、介護疲れであなたが、お母さんを残してダウンです。

>するかと思うと、見ず知らずの土地に呼び寄せるのが、本当に良い事なんだろうか…
「どうしたら悩まなくてすむか」と、上記のようなことを今から考えておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
いろいろな対策を列挙していただいて、整理して考えることが出来ました。
やれること、やれないこと、私がお願いしたいことなど
母の気持ちと体調を確認しながら、仲良く楽しく暮らしたいと思っています。
母自身は住めば都と言ってくれますが、老人施設を始め、お友達ができそうな環境を調べ
少しずつ馴染めるように配慮して行きたいと思います。

お礼日時:2009/05/30 10:30

最近登録したばかりで、以前にご質問された内容は存じませんが、


同じ悩みを抱える者として回答させていただきたいと思います。
昭和の初めに生まれた世代の人は、若い頃に戦争の苦労を経験し、
体力的にも精神的にも大変鍛えられています。私の母は昭和3年
生まれですが、周囲に同年配の人が多く、80を超えたらもう安
心だと言いながら揃ってその年代になりました。しかし、本当の
老いは、人それぞれに予想しない形でやってきます。私の母親も
一人で住んでいますがいつまで大丈夫かという状態です。そこで
色々考えましたが、まず本人がどうしたいかということを一番優
先して考えることにしました。老後の急な環境変化はよくないと
言いますが、それも本人が望めばいいと思います。
同居を始めるについても、いきなりというのではなく、最初は今
現在の家と半々の行き来というのがいいのではないかと思います。
最後は、肉親が側にいるのが一番いいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
そうですか。あなた様も、同じような年周りのお母さまがいらっしゃるのですね。

>私の母親も一人で住んでいますがいつまで大丈夫かという状態です。

 私もずっと気にかけながらここまで来ましたが、最近になって
 自分から言い出しました。やはりそれだけ不安を持ち始めたの
 だろうと思います。

>老後の急な環境変化はよくないと言いますが、それも本人が望めばいいと思います。

 はい。うちの場合は母が望んでいるし、環境が変わったらボケない?
 と、心配なことも伝えました。そんなことはない。それでもいい。
 ということでした。

>現在の家と半々の行き来…最後は肉親が側にいるのが一番いい…

 やはり最後は私もそう思っています。
 最期の最期にそばにいれるかは神のみぞ知るですが…
 出来るだけ今生の最後の日々は、近くで楽しく暮らしたいと
 思います。

あなた様もお大事に。

お礼日時:2009/05/30 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熟年離婚のわかる本

こんにちは。
今回、熟年離婚について個人的に調べようと思っています。
そこで、熟年離婚について解説された書籍を教えてほしいです。
内容は、
・増加している熟年離婚の現在を描いたもの
・若者の離婚と熟年の離婚の比較がされている
・昔の離婚意識と現在の離婚意識(ここから結婚の意識も関わると思いますが)
・熟年離婚にいたる精神的、経済的問題
・これからあるべき結婚生活
・外国の事例
などなどです。
真面目に分析された本を望みます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書籍よりサイトを調べた方が早いのでは?
「リコナビ」
http://www.riconavi.com/
「離婚相談室」
http://www.rikon-mio.com/
「離婚の学校」
http://www.ikeuchi.com/rikon/

Q私の親戚のおばさんが脳梗塞で倒れました。おばさんは関東で夫婦2人で暮ら

私の親戚のおばさんが脳梗塞で倒れました。おばさんは関東で夫婦2人で暮らしてきました。旦那さんは要介護で、おばさんは右半身になりました。おばさんは東北生まれで、兄弟も東北にいます。なのでリハビリも東北に来て、治療したいと強く願っています。しかし、旦那さんのほうが反対しています。こういう場合旦那さんの意見を無視して東北のリハビリ施設に連れて行くことは可能でしょうか。又、病院からはもう回復見込みの確立は低く、この後認知症、再発など起こる可能性が高いと言われています。

Aベストアンサー

#1です、補足を拝読し回答します^^

叔父さんの性格なら、お祖母さんだけ東北へ行かれた方が良いですね。

叔父さんも1人になれば、分かることもあると思います^^

あくまで治療目的を理由にお祖母さんは東北へ。それ位の理由が良いかも知れませんね。

お大事に♪

Q「熟年離婚」そしてセカンドライフ

最近、「熟年離婚」という言葉が流行ってますが、実際のところ特に女性の方は考えたりするのですか?

それから、もし離婚したとすれば、その後の人生においての不安や生きがいなどご意見がありましたら教えて下さい。
ちなみに「熟年者を対象としたお見合いパーティー」なんかもあるようですが、行ってみたいものですか?

Aベストアンサー

  こんばんは。

 熟年離婚などはマスコミや活字メディアが作り出した造語で、実際にはあるのでしょうが、マスコミが何かを言い表すのに都合が良いだけのものだと思います。
 かつて、ドラマで金曜日妻たちが大ヒットして、不倫が流行語になって、さも当たり前のように奥さん達がやっているかのようなイメージを作り上げたものです。

 熟年離婚したとして、お互いにメリットはあるのでしょうか。第二の人生と共に離婚するなどよりも、相手に飽きて新しい相手と第二の人生を過ごしたい『離婚のススメ』みたいなものです。

 財産があれば熟年離婚で生活はしていけるでしょうが、そういう人は老後はどうするのでしょう。再婚できればまだましですが、一人で老後の生活を続けるのはかなり難しいと思います。

 女性は炊事洗濯などができる人であればまだ問題は有りませんが、男の場合、料理もほとんどしたことはなく、洗濯や掃除が面倒だなどとしたら、毎日の生活がとても苦痛だと思いますし、生きて行く生きがいもなく、安心した老後を迎えられないでしょう。

 そんな人でも財産があればまだ人にやってもらうとか、外食はかりとか方法はいくらでもありますが、財産がなく家事も嫌いな男だったら、熟年離婚=死への早道となります。
 
 熟年になっても何かをしたいという夢や目標を持っている人であれば、お見合いパーティーへも行くでしょうし、やりたいことがあるので日々充実しているというものです。

 ある会社で定年制がないところでは、90歳の技術者がいて、常に新しいものを開発していこうという意欲が十分に感じられ、毎日片道1時間掛けて通勤している人を紹介して凄いなと思いました。

 仕事が好き以上に、何かを常に求めている人はいくつになっても明るく生きていけるでしょうし、そういう人はたとえ熟年離婚しても、常に前向きな行きかたをしているものだと思います。

 私はまだ熟年には程遠いですが、何か好きなことを続けられるようなエネルギーを持ち続けたいですね。
 熟年になってもお見合いパーティーに出て、他にエネルギーを与えるような者になって行きたいと思います。

  こんばんは。

 熟年離婚などはマスコミや活字メディアが作り出した造語で、実際にはあるのでしょうが、マスコミが何かを言い表すのに都合が良いだけのものだと思います。
 かつて、ドラマで金曜日妻たちが大ヒットして、不倫が流行語になって、さも当たり前のように奥さん達がやっているかのようなイメージを作り上げたものです。

 熟年離婚したとして、お互いにメリットはあるのでしょうか。第二の人生と共に離婚するなどよりも、相手に飽きて新しい相手と第二の人生を過ごしたい『離婚のススメ』...続きを読む

Q母の様子が変です、痴呆の初めでしょうか?

82才の地方で1人暮らしの母が1年前に近くのスーパーでお金を払わずレジを出て万引き騒ぎで警察から連絡がきました。お金には困っておらずボーッとしていたと大変反省して謝り、その場は許してもらったらしく私は警察からボケの症状のようだから気を付けてと言われていました。

その後1年は何もなく、昨日再び別の所でまた再犯したらしいです。
ちなみに今回は8000円分の食料や肌着をカゴに入れたまま入り口を出ようとしたそうで、親戚が迎えに行き始末書だったといいます。本人はボーッとして気持ちよくカゴに入れて入り口が近づいて声をかけられた、といいます。

ここ2週間頭が痛いとか、眠いとか、立ち眩みとか、めまいを訴える事がありました。掛かり付けの医者が体調不良で休診していてタイミング悪く受診を逃したといいます。

万引きと関係ある脳疾患でしょうか?
万引きも解放されると全く普通で反省はするものの悪びれてないし、そのスーパーにあるトイレやレストランを利用して取り調べした人が若い男性だったとか、他人事みたいになります。
どういうわけなのか全くわかりません…。
皆様思い当たる事はないでしょうか?

82才の地方で1人暮らしの母が1年前に近くのスーパーでお金を払わずレジを出て万引き騒ぎで警察から連絡がきました。お金には困っておらずボーッとしていたと大変反省して謝り、その場は許してもらったらしく私は警察からボケの症状のようだから気を付けてと言われていました。

その後1年は何もなく、昨日再び別の所でまた再犯したらしいです。
ちなみに今回は8000円分の食料や肌着をカゴに入れたまま入り口を出ようとしたそうで、親戚が迎えに行き始末書だったといいます。本人はボーッとして気持ちよくカゴ...続きを読む

Aベストアンサー

スーパーの買い物の時だけボーッとしてたと言うのが不自然です。普通、痴呆の場合は、何でも物忘れが酷くなる事から始まり、徐々に症状が進行していき、身内の名前も自分の名前も分からなくなってしまうのが「痴呆」です。

立ちくらみや目眩といった症状がポイントになります。お母様は「痴呆」では無く、老人性の「鬱」だと思われます。1人暮らしをしていると話す相手もおらず、どうしても出不精になってしまいます。何かサークルにでも入っていて楽しめる趣味を持っているのなら良いですが、そうでなければ、ご老人というものは、孤独感が増すだけです。それが嵩じて「鬱」になる場合があるんです。私も「鬱病」で4度入院を経験していますので、そうゆうご老人を沢山見てきました。

ですから少し言いづらいんですが、お母様の万引き行為は「痴呆」のせいでは無いと思います。寂しさからついやってしまったという「老人性の万引き」です。こんな事言って御免なさい。「確信犯」だと思います。今回はたまたま痴呆という事で解放されたから良いですが、またやりかねません。一度、心療内科もしくは神経科の受診をお勧めします。

スーパーの買い物の時だけボーッとしてたと言うのが不自然です。普通、痴呆の場合は、何でも物忘れが酷くなる事から始まり、徐々に症状が進行していき、身内の名前も自分の名前も分からなくなってしまうのが「痴呆」です。

立ちくらみや目眩といった症状がポイントになります。お母様は「痴呆」では無く、老人性の「鬱」だと思われます。1人暮らしをしていると話す相手もおらず、どうしても出不精になってしまいます。何かサークルにでも入っていて楽しめる趣味を持っているのなら良いですが、そうでなければ、ご...続きを読む

Q熟年離婚について。

熟年離婚について。
うちの両親が離婚に向かっています。
父が8年ぐらい不倫をしていた事実が発覚し、母は実家に戻り離婚に向けて準備してます。

私は母の味方ですが、専業主婦なので老後の収入等が気掛かりです。
短大の私と、高校生の妹もいます。

身近な方に熟年離婚したという方はいますか?

Aベストアンサー

財産の分与をきっちりやること。

慰謝料等の支払いもきっちりやること。

他に今は厚生年金の分割ができますので、
これで経済的な心配というのはある程度は払しょくされます。

http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1003.html

Qどうかよいアドバイスお願いします。母は80歳になります。その母が、とに

どうかよいアドバイスお願いします。母は80歳になります。その母が、とにかく、片付けられない、捨てれない、ゴミ屋敷とは言いませんが、近い状態です。ただ、人様のゴミを持ちかえるわけではありません。

胃ガンをしてから、性格がすっかり変わってしまいました。
頑固になり、母の言い分が通らないと、ヒステリックに泣き喚き散らします。
しかし片付けろと言うので、私たちが捨てるしか片付かないので、捨てようとすると、(あれもいつか使う)と、口をはさみ 黙って捨てたら、《盗まれた、ここにあったはずだ!》って譲りません。 多少 老人惚けは間違いなく有ります。アルツハイマーに近いかもしれない。   こんな母には、どう説得して、片付けして行ったらよいですか?

Aベストアンサー

お母様思いなのですね。素晴らしいことです。お母様はアナタ様のこと
が大好きです、それだから“あること”を教えようとしてくれています。
やがてお気付きになれる、と存じますヨ♪


まず。
深刻にならないでください。誰に迷惑をかけている訳でもありません。
そして。
アナタ様がヒトをコントロールしよう!という思い、想いクセから
自由になること。


実は、親子であっても夫婦であっても、ある方の病気や心痛を背負って
あげたり、問題解決をしてあげたり、誰かに感情移入して同情したり・・・
そんなことをするためにアナタ様(ワタシも)は生きていない、という
のです。魂的にいうと(信じなくても構いません)、自分が前世で
遣り残したこと(未完了)にバランスと成長とを遂げるために、今世で
生まれ直している・・・という道理(宇宙の真理)があります。アナタ様
は母親を通して、いま、その事を学べる/気付ける機会をもらっています。

胃がんをしてから、というのは正確でなく多分、頑固だから胃がんに
なられた・・・というのが本質です。回りから今度こそ喜ばれる存在に
なって『幸せになります』と誓って生を受けて来たのに、お母様は
それを忘れた/忘れているということだけ。それを責めるのはオカシイし、
そのままにして(経験したい事をさせてあげる=無条件の愛)見守り、
適切な行動がもたらされる様に祈るのがすべてだったりするものです。

一緒になって暗い顔やイライラされていたら、アナタ様こそ病気(症状
というメッセージ)が引き寄せかねません。ここはアナタ様の心を先ず
平穏にし、自分自身の安らぎ(明るさ・楽しさ)を取り戻す!そのため
最高最新絶妙な演技力で、これらを教えて下さっているということです。。。
気付いていただけましたか?分からなくても大丈夫です。お母様には
来世も来々世があり、アナタ様にもある(何度も生まれ変わって光に
近づく)からです。説得も要らなければ、片付けも要りません。何度も
言いますが、ヒトを思いどうりにしよう、というストレスを手放し、
ジブンの気嫌を取ることに専念する、ということです(アナタ様がこの
まま係り続ければ、邪魔されるお母様の修行も長引くだけ、ということ)。

『ごめんなさい、ゆるしてください、有難う、愛しています』と先ずは
自分自身に向けて【最大限の労い/癒し】を手向け、繰り返し唱えます。
目の前に顕れている現実は実はアナタ様の心の中で起きていることなので、
(今の4語【愛してます】だけでもいいですが)これを言えば、記憶の
再生(愛の作用で追体験していること)が消去され、癒しが訪れます。
 ※参照:ゆほびか6月号巻頭特集 ホ・オポノポノ
  又は 豊かに成功するホ・オポノポノ ヒューレン博士 著

アナタ様がご自身の潜在意識に在る記憶をクリーニングし続けると、
それは潜在意識下で繋がっているお母様にも伝染して、同じ癒しが
起こり、本来のご自分を取り戻されますからお試しください。
これが。

後ほど幸せの前半分だった、後半分をもたらすための愛だったんだ!
とお気付きになれるでしょう。ぜひ、ご自愛ください。そうすれば全てが
平穏に。アナタ様が周りの現象(すべての困らせること)から平然で
いられる様になり、幸せを実感します♪根気良く続けてみられてください。
●ヒトが選択することを、邪魔しない=無償の愛
●ジブンの心(感情の使い方を見直し)を平穏にしておく

~ アナタ様に全ての理解を超えた平穏が訪れて、愛(創造)と光(情報)
によって生かされている(=愛されている)ことにお気付きになれます ~

ご自身(御先祖さまからの授かりモノ)を大切に。御先祖さまや守護霊さま
はいつもアナタ様と一緒ですから。蔭ながら応援しています♪♪☆彡

お母様思いなのですね。素晴らしいことです。お母様はアナタ様のこと
が大好きです、それだから“あること”を教えようとしてくれています。
やがてお気付きになれる、と存じますヨ♪


まず。
深刻にならないでください。誰に迷惑をかけている訳でもありません。
そして。
アナタ様がヒトをコントロールしよう!という思い、想いクセから
自由になること。


実は、親子であっても夫婦であっても、ある方の病気や心痛を背負って
あげたり、問題解決をしてあげたり、誰かに感情移入して同情したり・・・
そんなことを...続きを読む

Q熟年になってから離婚をした、またはしようと思っている方に質問させていただきます。

熟年になってから離婚をした、またはしようと思っている方に質問させていただきます。
十数年夫婦でいて家族の歴史というのも十分あると思いますが、どうして熟年になって離婚を決意、または考えているのでしょうか?
そこまで我慢したのならまだ先も我慢できるように思うのですがどうして熟年で離婚するという行動にでるのでしょうか?

私の話をさせていただきますと、
私の両親はずっと不仲で父の暴力、暴言が耐えない家庭で育ちました。
母は父から受ける暴力、暴言やストレスのせいで私に八つ当たりするというまさに悪循環の家庭環境でずっと育ってきました。
そのため小学三年生の頃からずっと自殺した方が絶対にラクだという考えでここまで生きてきました。
父母は60を越えた世代で今後離婚する事なくこのまま余生を送るのだと思いますがお互いいい年齢なので
過去のような最悪な夫婦仲ではなくなってはいるようです。
(私としては早く離婚して欲しいとずっと思って育ちました)
熟年で離婚された、もしくはされる方も苦難を乗り越えてきたと思うのですが、
もうあと少し我慢しようというような考えにはならないのでしょうか? 情などもあると思うのですが。

どうして離婚を実行・決意されたかを教えていただけないでしょうか。

熟年になってから離婚をした、またはしようと思っている方に質問させていただきます。
十数年夫婦でいて家族の歴史というのも十分あると思いますが、どうして熟年になって離婚を決意、または考えているのでしょうか?
そこまで我慢したのならまだ先も我慢できるように思うのですがどうして熟年で離婚するという行動にでるのでしょうか?

私の話をさせていただきますと、
私の両親はずっと不仲で父の暴力、暴言が耐えない家庭で育ちました。
母は父から受ける暴力、暴言やストレスのせいで私に八つ当たりす...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
子どもがもう少し大きくなったら、確実に熟年離婚を考えている50代の妻です

熟年になって離婚を考えたのは、子どもが大きくなって
手がかからなくなってきたから、ですね
離婚する時には、夫と、私と、子ども、それぞれの生活という形で
別れなければ、経済的に立ち行かないからかな
息子があまりにも夫と似てきたから、かも

夫はDVの期間が長くて
今はもう暴力は振るわないように我慢しているのがわかりますが
モラルハラスメント=言葉の暴力がひどかったです
それも今はかなりおさまって来た様に思うのですが
表面に現れなくなっただけで、夫の本性は変わっていないと思います

>>もうあと少し我慢しようというような考えに…
 
あと少しって?
お父さまか、お母さまの余命があと1~2年とかですか?
それだったら、我慢するかもしれませんが・・・・

平均年齢が80歳の今、60代ですと、少しと言っても、
もしかしたら20年間かもしれませんよね
100歳まで生きる人も珍しくない現在、あと40年かもしれませんし
全然少しじゃないですよ!!

今まで我慢してきたからこそ、もう我慢ができないんですよ
これは我慢してきた人でないと、わからないのかな?
お仕事などで、1週間徹夜で頑張ったとしましょう
仕事が終わったらゆっくり眠りたいですよね?
それとも1週間頑張ったから、もう1週間寝ないで頑張りますか?

それに苦難を乗り越えた…とおっしゃいますが、そうでしょうか?
私は夫婦は積み重ねだと思います。
腐った土台(うちでは、DV、モラハラ)の上に、
いくら鉄筋の立派な建物を建てていっても、所詮、砂上の楼閣でしかありえない。
結局つぶれるしかないと思っています。

結局夫婦の事は、夫婦にしか分からないと思います。
夫婦はお互いがお互いにとって特別な存在なので、
子どもといえども、その関係は理解しがたいのでは、と思うのですよ

こんにちは
子どもがもう少し大きくなったら、確実に熟年離婚を考えている50代の妻です

熟年になって離婚を考えたのは、子どもが大きくなって
手がかからなくなってきたから、ですね
離婚する時には、夫と、私と、子ども、それぞれの生活という形で
別れなければ、経済的に立ち行かないからかな
息子があまりにも夫と似てきたから、かも

夫はDVの期間が長くて
今はもう暴力は振るわないように我慢しているのがわかりますが
モラルハラスメント=言葉の暴力がひどかったです
それも今はかなりお...続きを読む

Q老人ホーム、デイサービス・・・行かせるべきか(痴呆気味の義父について)

同居している義父は69才で、退職してから家にいて毎日暇をもて余しています。趣味もなく、何に対しても飽きやすく、そのくせ常におしゃべりをしていないと気がすまない性格なので、近所を歩きまわっては、見知らぬ人にまで話しかけてしまいます。しかも、人が傷つくようなことも平気でズバズバ言ってしまうので、これが厄介なのです。いわゆるクレーマーとでもいいましょうか・・・「○○さん、老けたねぇ」「お宅のお孫さんあまりかわいくないねぇ~」びっくりするようなことを平気で言ってしまいます。おまけに痴呆になりそうなひどい物忘れもあります。
義母はかなり精神的に参っています。いまさら離婚もできないし
近所からは義父のことでクレームを言われることもあります。
老人ホームに行かせる多額のお金は出せません。
せめて、日中暇をもてあますくらいなら、デイサービスみたいな老人福祉施設のようなところへ通わせるというのはどう思いますか?

Aベストアンサー

A NO4です。

結局、知識や情報をお持ちでないから金額についても闇雲に不安に
なるのだと思います。市役所などでご相談されるのが一番良いです。
もちろん無料ですし。おうちの事情や経済的な問題もお話しして
どのサービスを利用するのが最適なのか検討して貰って下さい。

またお義父さまのご性格ですが、お年もお年ですから

「すいません認知症でよく分らずに喋ってしまうんです」

と言ってしまって構わないと思います。嘘も方便です。本人の前で露骨に
言うのはNGですが、そういう形で近所の方にフォローをしておけば
(ご病気なのか)と多少も見方も変わってくると思います。

お義母さんが倒れたときのことを想像してみて下さい。そうなる前に
打てる手は全て打っておくぐらいの気持ちで頑張って欲しいと思います。

うちは実家に認知症と老衰と障害者を抱えています。
色んな人の助けを得てなんとか頑張っていますが、もっと早く行動を
しておけば良かったと思うことがたくさんあります。

なによりも質問者様のためです。誰かが動いてくれるのを待っていても
何もなりません。自分から動いて色んな人のアドバイスを受ければ
なにもかもひとりで抱えることもありませんよ。

参考URL:http://www.yabuki-office.com/kaigo/kaigohoken.html

A NO4です。

結局、知識や情報をお持ちでないから金額についても闇雲に不安に
なるのだと思います。市役所などでご相談されるのが一番良いです。
もちろん無料ですし。おうちの事情や経済的な問題もお話しして
どのサービスを利用するのが最適なのか検討して貰って下さい。

またお義父さまのご性格ですが、お年もお年ですから

「すいません認知症でよく分らずに喋ってしまうんです」

と言ってしまって構わないと思います。嘘も方便です。本人の前で露骨に
言うのはNGですが、そういう形で近...続きを読む

Qまたまた熟年恋愛についてのバカな質問お許しを

お世話になります。50代の男で妻とは死別です。熟年恋愛に挑戦中です。

女性の方への質問ですが、熟年になってからの恋愛限定として、交際相手と一度もエッチなしの恋愛というか交際は成立しますでしょうか?。
交際相手とは男女の関係なしで、性処理は風俗でこそっとやるのがいいかなと考えるふとどきものです。
やはりエッチは交際上、必須でしょうか?

Aベストアンサー

全ての女性がそうだと言い切れませんが、私は性行為は若いうちだけでいいと思います。

私は20代ですが、相手が50代ならもう無理に性交渉しなくていいです。
キス、抱きしめる、手をつなぐ、腕を組む、肩を寄せるのはして欲しいですが、年齢的にも体が無理になってきたらやらなくていいと思っております。結婚して子供がほしいならしたいです。

ただ、交際してるのに風俗行くぐらいなら、求めてくれた方がいいですね。
体だけは他の女に盗られてるだなんて、すごく悲しいから。

Q遠く離れた両親に何ができる?

はじめまして。

数年前、実家からは新幹線を使っても何時間かかかるところに嫁ぎました。
弟がおりますが、彼も実家から離れて暮らしています(未婚です)。

両親はまだまだ元気ですが、これからのことが心配です。
年金生活に入っていますので、お金のこと、健康のこと・・・。

縁起でもないのですが、どちらかが寝たきりになったら・・・、
一人になってしまったら・・・

遠く離れた娘が何をしてやれるでしょうか?
介護が必要になったとき、毎日実家に通うことはできません。

私の近くに住むよう提案することもできますが、
昔からの知り合いがいない地に引っ越すのもそれも不安なのではないでしょうか?

今まで世話になっておきながら、年老いた両親に孤独感を与えたくはありません。

親の立場の方、子供の立場の方、いろんな方からご意見いただきたいです。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は両親とも亡くなりましたが、本当に重度の介護が必要になったときに通いでは無理かと思います。
床ずれは1晩でも出来てしまいます。そのため3時間置きくらいに動けない親の体の向きを変え寝返りをうたせなければなりませんでした。
どんなに痩せたとはいえ40Kg位ある大人を老人が一人でかかえて向きを変えるなんて無理ですよね。
二人掛かりで夜中に2回くらいやっていました。
昼間はヘルパーさんに来ていただいていましたが、介護保険でまかなえるのは一部だけであとは自己負担だったです。

それでも気が狂いそうになるほど大変でした。ヘルパーさんは医療行為が出来ないので痰を吸飲したりとかはしてくれませんし
病人ですので洗濯物は普通の人より大変だと思います。(おなかピーピーのときはとくに^^;)

近いからという理由で弟さんにまかせっきりにしたら弟さんまで病気になっちゃいますよ。
誰が看るというのでなく、子供みんなで支えて行かなくてはいけない問題の筈です。
ご両親・弟さんとも将来はどうするのかをよく話し合っておくべきだと思います。

私が考えつくのは
(1)いざというときは質問者さんが実家に泊まり込み、週末は弟さんに任せて自分の家を見る。
(2)健康なうちに両親を引き取って新しい土地で生活になれて貰う。
(3)あらかじめ介護付の有料老人ホームに入居してしまう。
(4)(1)をしながら特別養護老人ホームに入居出来るのを待つ
などです。
あとはご両親の地元への思い入れがどの程度か、準備できる資金がどの程度かにもよるのではないでしょうか。

法律も時々変わっているのでいまの介護保険は判らないのですが、
ご両親が住んでいる市と質問者さんの住んでいる市が重度の介護状態の人に対して
どのような援助をしてくれるのか比べてみるのも参考になるかもしれませんね。

私は両親とも亡くなりましたが、本当に重度の介護が必要になったときに通いでは無理かと思います。
床ずれは1晩でも出来てしまいます。そのため3時間置きくらいに動けない親の体の向きを変え寝返りをうたせなければなりませんでした。
どんなに痩せたとはいえ40Kg位ある大人を老人が一人でかかえて向きを変えるなんて無理ですよね。
二人掛かりで夜中に2回くらいやっていました。
昼間はヘルパーさんに来ていただいていましたが、介護保険でまかなえるのは一部だけであとは自己負担だったです。

そ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報