ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

専門学校の英語講師をしています。

靴屋を「shoe store」ではなく、「shoes store」と誤って書いている学生に、

私:  本屋は何ていう?
学生: book store です
私:  そうでしょう? bookS store とはいわないよね?

と本屋を例にあげて正そうとしたのですが、こう返ってきました。

学生: 本は一冊単位で販売しているので、book store でわかりますが、クツは一足で shoeS じゃないですか。片足だけの、shoe で買う人は誰もいないので、shoe store では納得できません。

「なるほど、いい指摘だね、一週間いい答えを考えてくるから、私の宿題にさせてね」と、その場を収めたのですが、一週間後の授業(6/3水曜)で納得できる説明をしなくては……と思っています。

ネイティブに聞いてみても、おそらく感覚的な答えになるだろうと思いましたので、ここでご相談させていただきました。

このような学生も納得させられる、理論的な説明を思いつく方がおられましたら、お知恵を拝借させてください。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

体に付けるもので後ろに store をつなげる場合、実際に単複どちらが使われているか? google 検索が先ず役立ちます。

以下のようです。(「より多く」というのは例えば shoes store もかなりよく使われているという意味です)

単数がより多く使われる:shoe, eyeglass
複数がより多く使われる:trousers, shirts
ほぼ同等に使われる:glass, pant

上記の単語について教室で教える場合、どちらかは誤りであると言って教えるのはやや無理があります。

「名詞を形容詞的に用いる場合には単数が原則」という規則が確かにありますが、これはあくまでも一つの原則であって、例外は多数あります。(a parcels post, a systems engineer)体に付けるものは複数表示という原則が気持ちの上で働くと複数になる、という現象も配慮せねばならないと思われます。

文法を教える場合、原則と例外(現場の動向)を両方教える必要があるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえば、メガネ屋は glassES store っていうよなと思い、新たに質問をしてしまったところでした。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4999624.html

数分の時間差でこちらにご解答くださり、しかもたいへん専門的な視野で見てくださり、ありがとうございます。

「グラマーのルール」だけでは収まらないことなんですね。

教えてくださったように、googleで検索してみて、自分でももう一度勉強してみます。いろいろ気づかせてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 11:28

素人ですが、


>クツは一足で shoeS じゃないですか。
一足は、確かに a pair of shoes で shoeS ですけど、
単純に shoes と言った場合に、一足とは限らない、偶数とも限らない、
と思います。

そのように考えれば、book storeと同様に考えて、本来はshoe storeとするのが正しいのだ、原則どおりだと思います。

一方、通常の眼鏡フレームは左右が一体化していますから、そこにレンズをはめ込んでglassesという。これと同じように左右そろったshoesだと考えて、shoes storeといっても、誤りだとは断言できない。
意味はわかるから。
これはshoeの複数形じゃなくて、shoesの単数形という感覚なのかもしれません。
あるいは日本語の"ら"抜きのようなものか。

因みに
shoe-shop.com
http://www.shoe-shop.com/
shoestore.com
http://www.shoestore.com/
はちゃんとしてるけど
shoesstore.com
http://shoesstore.com/
は、売りに出ています。
shoes store という言い方がどこか怪しいのかな。
    • good
    • 0

名詞を形容詞的に使っているからでは?



My daughter is 5 years old.
I have a 5-year-old daughter.

"year" は名詞なので、"~歳" と言う時、普通は複数形で用いますが、2 つ目の文のように、名詞の前に置いて形容詞的に使う場合、形容詞には複数形がないので、単数形のまま (?) で用います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど! そっか、そっかーと思い出しました!

名詞を形容詞的に使うと……とかいっても「???」になりそう(こういう言い方をすると難しく感じて、生徒は英語を嫌ってしまう***)なので、

2週間の休暇 a <2-week_> vacation
ベッドルームが3つあるアパートメント a <3-bedroom_> apartment
とかを、ご提案いただいた例文と共に説明してみようかと思います。

みなさま、ありがとうございました。ご解答いただいたみなさまに感謝いたします!

お礼日時:2009/05/29 11:02

先生へ。


私も知りませんでした。勉強になりました。

余談なのですが、
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t= …
に質問しますと、文法上、複数形は形容詞にできない。と回答が
帰ってきました。

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくださったURL、参考になりました、ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/29 11:03

『形容詞的用法の名詞は複数形にしてはいけない!』



参考URL:http://archive.mag2.com/0000165574/2006022323080 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そっか、そっか、そうだった……ですよね、昔のTOEICの正誤問題にも出てきました、思い出させてくださり、ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/29 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

QHave you got~とDo you have~

イギリスでHave you got(I've got)とDo you have(I have)はどれくらいの割合でしゃべられていますか?イギリス英語ではHave you gotですが、イギリス英語の教材を聞いているとDo you haveを使ってる方もいるので気になりまして・・・
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

イギリスでは両方が使われますが、

Have you got...はカジュアルな表現
Do you have...はよりフォーマルで丁寧な表現

友達同士なら、もっと崩され、

Got...?
が使われます。

Do you have a pen? ペンをお持ちですか?
Have you got a pen? ペンを持っていますか?
Got a pen? ペン、持ってる?

意味は同じですが、丁寧さの度合いが異なるのです。

一般的な「普通」の会話ならHave you gotが使われます。一方、会社の上司に対してならならDo you haveと言う方が少なくとも相手にはより良い印象を与える表現になります。

Qwith と together の使い方のちがい

「私は~といっしょに・・・をする」という文の英訳
で、「~といっしょに」の部分を「with Mary」の
ようにwithの前置詞のあとに人の名や代名詞(her)を置くと習いました。
together を使った場合こういう文の表現はどう書く
のでしょうか?
どちらも「ある動作や作業をいっしょに」という意味があると思いますが 
with と together はニュアンスの違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

★まず品詞が違います。withは前置詞で、togetherは副詞です。前置詞は後ろに名詞または代名詞を従えて動詞を修飾する副詞句を作ります。副詞は単独で動詞を修飾します。
★ですから、「~と」の意味のwithの後には、名詞か、代名詞の目的格がきます。with~を「~といっしょに」とは理解しないでください。前の動詞によって、もっといろんな意味がありますから。write with a pen(ペンで書く)の場合の「~で」とかです。
★togetherは、「一緒に」と言う意味を動詞にを付け加えるので単独で使えます。あなたのいう表現では、go together with~ とやることになりますが、ちょっとくどいですね。
★2人でも100人でも、一緒に行こう!なら、Let's go together. です。こんな時にwithは使えません。無理に言えば、with each other(お互いにね)。

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Qtry to doとtry doingのちがい

現在形
try to do しようと努力する(まだしていない) try doingためしにやってみる(まだしていない)
過去形
tried to doしようと努力した(まだしていない) tried doingためしにやってみた(すでにした)
未来形
will try to doしようと努力するつもりです。 will try doingためしにやってみるつもりです。
結局、過去形以外はなにがちがうかピンときません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

try to do ~しようとする

try doing 試しに~してみる

不定詞は、未来に気持ちが向かっている が基本的な意味です。前置詞の to Osaka も 大阪へ という意味ですが、同じように大阪に気持ちが向かっていますね。不定詞の to と 前置詞の to はまったく関係がないわけではありません。

動名詞は 一般的なこと、あるいは済んでしまったことを意味します.

I tried to eat sushi. 私はすしを食べてみようとした(実際に食べたかどうかは分かりません)

I tried eating sushi. 私は試しにすしを食べてみた(食べたことははっきりしています)

try to do は やってみようという気持ちがあった ということを言っているだけです.

Qメガネ屋は、glassES store っていうのはなぜ?

先ほど、クツ屋(shoe store)を英語で shoeS store とはいわない理由を、みなさまに教えていただいたものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4999466.html

すばやいご解答&わかりやすいご指摘に感謝し、ホッとしているところなのですが、

そういえば、メガネ店は、glasses store っていいますよね?

これはガラス屋さん(glass store)と区別するためなんでしょうか???

名詞を形容詞的につかうときは単数がルールといっても、このように例外がある、という説明で正しいのでしょうか?

なかなか手ごわい学生たちなので、いろいろつっこまれそうで、またもご質問させていただきました。たびたび恐れ入ります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 「名詞」が「名詞」を修飾する場合には、確かに「前の名詞」は単数形になっていることを目にすることが多いですね。しかし、複数形が用いられる場合も結構あります。

(1)そもそも複数形しかない場合
  A clothes shop

(2)単数形と複数形では意味が違う場合
  A glasses case

(3)どちらでも良い場合
  a sport car / a sports car
  the drug problem / the drugs problem
  a greeting cards / a greetings card
  a shoe maker / a shoes maker

 (3)の場合には、アメリカでは単数形に、イギリスでは複数形にすることが多いようです。

 お尋ねの「glasses shop」の場合には、上記の(2)だと考えれば良いでしょう。質問者さまのご想像の通りです。

 前回のご質問の「shoe store / shoe shop」について触れておきます。

 専門店を表す場合には「store」よりも「shop」の方が良いと思います。そして、単数形で「shoe shop」とすることが多いとは思いますが、「shoes shop」としている例がないわけではありません。上記の(3)に当たります。
 
http://shoesshop.blog.co.uk/

 また「book store」についても「such as the Amazon Books Store」としているような例もあります。これも(3)の例だと考えられます。

http://markets.on.nytimes.com/research/stocks/news/press_release.asp?docKey=600-200905130845BIZWIRE_USPR_____BW5380-1JL65RIC2DIER78R7J093UVJK1&provider=Businesswire&docDate=May%2013%2C%202009&press_symbol=US%3BAMZN&scp=2&sq=%22books%20store%22&st=cse

 上記で示した(1)や(2)を除いては、地域や個人の習慣によって使い方が異なっているようです。

 私たち日本人はアメリカ英語に触れることが多いので「名詞+名詞」では「前の名詞」を単数形にしている例を見ることが多いのですが、「前の名詞」を複数形にしても間違いではない場合があることを知っておくことは決して無駄ではありません。

 生徒さんへの説明のご参考になれば・・・。


 

 「名詞」が「名詞」を修飾する場合には、確かに「前の名詞」は単数形になっていることを目にすることが多いですね。しかし、複数形が用いられる場合も結構あります。

(1)そもそも複数形しかない場合
  A clothes shop

(2)単数形と複数形では意味が違う場合
  A glasses case

(3)どちらでも良い場合
  a sport car / a sports car
  the drug problem / the drugs problem
  a greeting cards / a greetings card
  a shoe maker / a shoes maker

 (3)の場合には、ア...続きを読む


人気Q&Aランキング