ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

思い込みの激しさをなくす簡単な方法ってあるんでしょうか。

私は思い込みの激しい性格です。
気持ちとか根性とか感情論ではなく、
理論的にこうすれば思い込みが激しくなくなる方法ってありますか?

自分が正しいと思っているから思い込みのだろうと思い、
自分は正しくないと思い込もうとすると、不安になってしまい、
余計に間違いが増えます。
どうすれば、根本的に思い込みの激しさを無くせるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私が思い込みで手痛い失敗するのは、自分の身内が多いですね。


つまり、自分と距離が近いと思っている人です。

自分も相手のことを知り尽くしている気になっていて、向こうも同様にこちらのことを知り尽くしている気でいると、激しいすれ違いになります。
お互いきちんと会話していると思っていても、良く知らない人や、気を遣わなければならない相手と話すときよりも、肝心の核心部分が抜け落ちていたりします。

思い込みは結局、自分と話しているのと同じ様な現象です。
一歩引くこと(客観視)、突っ込む(疑問を先送りにしない)ことをしないで話し続けると、とんでもない勘違いが起きてしまいます。
少しでも会話中に違和感を感じたら、そこでチェックを入れた方が、後から起こる災いを防げると思います。

自分から一方的に話し続けていたり、ずっと聞き役なのではなく、話の要点の所々で確認を取ると良いと思います。

そして、常に共感を求めたりすると、手痛い失敗をします。
共感は向こうも求めているものだから、イメージだけで話していると、結局お互いの気持ちが通じていないことになってしまいます。
紛らわしい表現は自分もするべきではないし、相手の言葉に何か違う意味合いを感じたら、そのままにせずに直ぐに確かめると良いと思います。

そして、自分から期待し過ぎたりするのも良くないです。
社交辞令で行っている場合もあるので、親しくても甘えてはいけません。
自分と相手の境界を意識しながら話すと、勘違いは避けられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。
自分の身内とか身近な人としか誤解は生まれないみたいです。

相手との境界を意識しながら話す。
とても参考になりました。

お礼日時:2009/06/15 21:31

「思い込み」といっても幅がありますので、その中の一部分に関する回答となるかも知れません。


簡単ではないかも知れませんが、恐らく長期的には根本的な解決に繋がっていくであろうやり方は、自己分析です。
これは精神分析学の方面ではありますが、精神医学のパーソナリティ障害だと、
その発現原因の根拠を精神分析学に見出していますので、こちら経由の方が簡単だと思います。

それで、どういう方面に関して「思い込む」のかが書かれてありませんので、私自身を例に挙げますと。

私は自己愛性人格です。ですから心に強い(時として強過ぎる)理想があります。
それで、そういう理想を相手にも求めてしまうことがあるのです。
時としてその理想は強過ぎるので、それで失敗することもあります。
よく考えて見れば、相手だって生身の人間なのだから、そこまではできないよな、とか。
これは、「思い込み」の一つであります。
パーソナリティ障害には他にも、境界性、強迫性、回避性、妄想性、依存性… など沢山の分類があり、
おのおのに特徴的な思い込みの傾向があります。
但し障害といっても、それ程偏りが強くなければ、これは性格傾向ですので、
自身を知る上では大いに役に立つものと思います。
ちなみに私は自己愛性が一番強く、二番目は強迫性です。殆どの人は複数あるのです。
"パーソナリティ障害がわかる本" 岡田 尊司著 という本が、私のバイブルです。お薦め致します。

それで、>自分が正しいと思っているから…、自分は正しくないと思い込もうとすると…
この辺りは、パーソナリティ障害では強迫性にあたる可能性が高いと思います。
これは強迫観念に繋がる、要は「自分の意識を自分で都合のいいように操ろう」とする誤りに近いです。
「迷いの中の是非共に非なり」というような言葉があります。
これは強迫観念等が専門の森田療法の専門書で見かけた言葉です。
自分の意識というのは、間接的に変えることはできますが、直接的には無理です。
まるで胃袋や心臓の動きを、自分の都合で制御しようとするかのようです。
例えば胃の具合が悪いのを、自分の意識で変えようとしても、無理です。
だから食べ物に気をつけるとか、別の側面から間接的に変えるしかないです。

>理論的にこうすれば思い込みが激しくなくなる方法ってありますか?
理論的に、というか、結局「自分を知る」ということでしょう。
自分がどのような心の経緯でどういう方向にズレ易いのか、知る。それが自分を知るということです。
そうすれば、「ああこれは思い込みかも知れない」と気づくのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
先日医師に相談してみました。
すると、
>自分が正しいと思っているから思い込みのだろうと思い、
自分は正しくないと思い込もうとすると、不安になってしまい、
余計に間違いが増えます。

その時に「全て自分が悪いとは思ってないでしょ。」
あっさりそう言われました。
私は自分が悪いと思い込みながらも、日常生活の全てにおいて自分が悪いとは、思い込んでいなかったのです。

そして、私は障害という性格分析を考えたときに、
実際に自分に障害があるのではないかととても不安に思ったので、
それも相談してみました。
「あなたの場合、自分自身が困っているから、人格障害ではない。
人格障害の人は自分は困らない。周りを困らせる。」
ずいぶん安心しました。

以前は私も性格分析を好んでいたのですが、
自分は自分の中から見つけ出すのではなく、人との間から見つけ出すことも出来るのだ。
最近そう思いはじめました。

お礼日時:2009/06/27 22:45

思い込みというのは誰にでもあることだと思います。


そういう疑問なり悩みをもたれたという時点で質問者様はその立場から変化したい、もっと上級の考え方をしたいと模索され始めたということでしょう。
西洋の有名な思索家がそんな思いに悩んでひとつの境地に立った話は有名です。つまり、自分の見ていること、思っていることはすべて信用できない。それらの中でただひとつ、自分が今思っている、そのことだけは真実に違いない!そう思ったことが彼の出発点になったわけです。
>自分が正しいと思っているから思い込みのだろうと思い、
自分は正しくないと思い込もうとすると、不安になってしまい
ちょっと振れ過ぎです。過激すぎるように思います。自分が正しいと思っている、その根拠は何だろう?なぜこのように思ったのだろう?なぜ?と地道に自問していけば、不安はなくなると思います。誰でも3回なぜ?と疑問の水源へたどっていくことを繰り返したら大抵ゆきずまtってしまうといいます。そのときにまたここでその疑問を質問されてはどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。過激すぎた考えのように思えてきました。
根拠は何だろうと思ってみることでいいのかもしれませんね。
参考になりました。

お礼日時:2009/06/15 21:44

 自分の了解や理解とは異なる、造影や言語の意識世界と常に居ると思っています。


 自分がこうだろうと思っていることは、家内や友人にはなくて、違うことがあるのだと思っています。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
逆にそんな風に思ってしまうのもいいかも知れませんね。
わかりやすい言葉をありがとうございました。

お礼日時:2009/06/15 21:42

自分の出した答えが正しいのか、正しくないのか、客観的にみて判断出来ない、って事で良いんでしょうか。


その判断の正確さを高めていくには経験と実績(データの蓄積)が不可欠になります。
まずは直面した自分の判断が正しいのか、正しくないのかを都度ここの質問に投稿してみては。今回と同様、さまざまな回答が質問者さまに届きますよ。それを読んでみれば色んな思考が持てます。
ここは、私を含め、そんな人達の集う場所なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>まずは直面した自分の判断が正しいのか、正しくないのかを都度ここの質問に投稿してみては。今回と同様、さまざまな回答が質問者さまに届きますよ。それを読んでみれば色んな思考が持てます。
確かにそうですね。
けれどもし仮に、思い込みの激しいときに質問してしまったら、、、
都合のいい答えしか、受け入れられないような気もしますが。

お礼日時:2009/06/15 21:41

いずれにしても自分の頭の中の出来事だと思ってみたらどうですか。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これは、どういう風に自分の頭の中の出来事だと思ったらいいのでしょうか?

思い込みが頭の中の出来事だと思ってみたらいいのですか?
それとも、現実に起こっている事が頭の中の出来事だと思ったらいいのでしょうか?

お礼日時:2009/06/12 07:01

「思い込む」というのは自分サイドからしか物が見えていないということ。


□←これをこの角度だけで見れば平面の四角。でも斜め上から見たら立方体かもしれない。横から見たら三角錐かも知れない。色んな角度から物を見ること。

つまり見方をコントロールするには別サイドからの物の見方をする。
まずは相手サイドからの物の見方からスタート。○○について話をした際、自分からはこう見える。でも相手から見たらどう見えるか。次に第三者からの見かた。
これだけで“自分だけ”という思い込みがだいぶ変わる。伝わっていて当然だと思いこんでいたことがちゃんと伝わってなかった事なども理解できる。
自分の主張が相手からは、言いたかったことがきちんと伝わってなかったんだなーて感じでね。それに気付けばどういえば相手にちゃんと伝わるかが分かってくる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>○○について話をした際、自分からはこう見える。でも相手から見たらどう見えるか。次に第三者からの見かた。

自分からはこう見えるから相手からもきっとそう見えるだろうって、
思い込んでしまうんです。
角度はどう意識すれば、見方を変えられるようになるでしょうか。

お礼日時:2009/06/12 06:59

こんなメモを机の前などに貼ってみるか


頭の中で自問してみるのはどうですか
「それしかないか?もう一度考えろ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
考えてみるのがいいのかもしれませんね。
また心理学的には思い込みというのは、どういった心理で形成されているのでしょうか。

お礼日時:2009/06/12 06:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q思い込みのなくし方

思い込みの激しさをなくす簡単な方法ってあるんでしょうか。

私は思い込みの激しい性格です。
気持ちとか根性とか感情論ではなく、
理論的にこうすれば思い込みが激しくなくなる方法ってありますか?

自分が正しいと思っているから思い込みのだろうと思い、
自分は正しくないと思い込もうとすると、不安になってしまい、
余計に間違いが増えます。
どうすれば、根本的に思い込みの激しさを無くせるのでしょうか。

Aベストアンサー

私が思い込みで手痛い失敗するのは、自分の身内が多いですね。
つまり、自分と距離が近いと思っている人です。

自分も相手のことを知り尽くしている気になっていて、向こうも同様にこちらのことを知り尽くしている気でいると、激しいすれ違いになります。
お互いきちんと会話していると思っていても、良く知らない人や、気を遣わなければならない相手と話すときよりも、肝心の核心部分が抜け落ちていたりします。

思い込みは結局、自分と話しているのと同じ様な現象です。
一歩引くこと(客観視)、突っ込む(疑問を先送りにしない)ことをしないで話し続けると、とんでもない勘違いが起きてしまいます。
少しでも会話中に違和感を感じたら、そこでチェックを入れた方が、後から起こる災いを防げると思います。

自分から一方的に話し続けていたり、ずっと聞き役なのではなく、話の要点の所々で確認を取ると良いと思います。

そして、常に共感を求めたりすると、手痛い失敗をします。
共感は向こうも求めているものだから、イメージだけで話していると、結局お互いの気持ちが通じていないことになってしまいます。
紛らわしい表現は自分もするべきではないし、相手の言葉に何か違う意味合いを感じたら、そのままにせずに直ぐに確かめると良いと思います。

そして、自分から期待し過ぎたりするのも良くないです。
社交辞令で行っている場合もあるので、親しくても甘えてはいけません。
自分と相手の境界を意識しながら話すと、勘違いは避けられると思います。

私が思い込みで手痛い失敗するのは、自分の身内が多いですね。
つまり、自分と距離が近いと思っている人です。

自分も相手のことを知り尽くしている気になっていて、向こうも同様にこちらのことを知り尽くしている気でいると、激しいすれ違いになります。
お互いきちんと会話していると思っていても、良く知らない人や、気を遣わなければならない相手と話すときよりも、肝心の核心部分が抜け落ちていたりします。

思い込みは結局、自分と話しているのと同じ様な現象です。
一歩引くこと(客観視)、突っ込...続きを読む

Q上から目線とか見下すとか、が気になる人の性格を教えてください。

上から目線とか 見下すとか、
そんなことが気になる人って
どのような性格の人物なのでしょうか。
また、どのような生育環境から
そのような性格が生じると考えられますか。
お教えください。

Aベストアンサー

こんばんは。
興味深い話題でしたのでちょっと考えてみました。
ご質問の意図とはズレるかもしれませんが、
あっちこっちから眺めてみました。

1.見下す人について
2.見下されていると感じる人について
3.見下されることが気になる人について
4.「見下されていると感じること」が気になる人について


★まず、「見下す」「軽蔑する」「侮辱する」というのは非生産的な行為ですから
そのようなことをする本人が「自分の損得を考えて」「意図的に」しているとは思えません。
何か、本当に自分が求めているもの、したいこと、するべきこと、などの代償として、
方法を間違えて、やむを得ず、しているのではないかと思います。

★本当に求めているもの、というのは、おそらく
「承認」「肯定」「賞賛」、
「自分の存在には価値がある」という感覚
「自分は歓迎されている」という感覚、ではないかと思います。

★では、なぜこのような非生産的な方法を使わざるを得ないのか、というと、
このように「求める」ことを「いけないこと」だと思い込まざるを得なかった、あるいは、
「求めている」ことを「表現する」ことを「いけないこと」だと思い込まざるを得なかった、
ということになると思います。


★ここで少し「コンプレックス」について考えてみたいと思います。
自分が望ましくないと思って抑圧した感情は「コンプレックス」となって心に溜まります。
「コンプレックス」というのは「劣等感」だけではなく、
自分では意識していない心のなかの「わだかまり」「執着」のことをいいます。
ユングの精神分析学では、
「抑圧された感情や欲求は、他者の中に投影される」とされています。
つまり自分ではなく相手のほうがその感情を持っているように感じる、ということです。

たとえばこのような感じです。

ケース1:百合子ちゃんは薔薇子ちゃんを恐れています。
薔薇子ちゃんには話しかけることもできず、声をかけられそうになると逃げます。
でも百合子ちゃんは、自分が薔薇子ちゃんと仲良くなれないのは、
「薔薇子ちゃんがアタシのことを嫌ってるからよ。」と言うのです。
(この場合、アタシ実は薔薇子ちゃんが怖いの....と誰かに話せるとよいのでしょうね。)


★なぜこのようなことをお話ししたのかというと、
「見下されていると感じる人」は、たいてい、自分が「見下している」、あるいは
なんとかして「見下そうとしている」のではないかと思うからです。
「見下す」ことによって、人の価値を下げ、自分の価値を感じるために、です。
他人との差を重視する人の中には、にわか的な優越感に浸らざるをえない
「優越感コンプレックス」に陥って、周囲の誰よりも抜きん出ようとして、
異常なほどの努力をする人もいます。

★では、なぜ他者より優位に立とうとせざるを得ないのかというと、
過去に「劣位」であることを強要され、それが正しいと思い込まされつつ、
そのことを「理不尽」と名づけることもできずに、
「優位」の人に従ってきたからではないかと思います。
このような状態が長く続くと、
「優」でない者は「劣」であり、
「劣」にならないためには「優」にならなければならない、と考えるようになります。


★しかし、ある程度「優でありたい・優になりたい」と望むのは自然なことです。
アドラーは「人間であるということは、自分が劣等であると感じることである」と述べています。
劣等感を持つこと自体は、なんら害はなく、むしろ持っていて当たり前です。
しかし、劣等感を持つことに妙にこだわったり、
劣等感を素直に認めることができないと、
たとえば「怒り」などの別の武器に化けて他人や自分を傷つけることがあります。
これが「劣等感コンプレックス」です。



話があちこちに飛んでまとまりがなくてすみません。

まとめます。
見下されていると、いつも感じている人は、おそらく、
自分が他人を見下しがちな人、だと思います。

こんばんは。
興味深い話題でしたのでちょっと考えてみました。
ご質問の意図とはズレるかもしれませんが、
あっちこっちから眺めてみました。

1.見下す人について
2.見下されていると感じる人について
3.見下されることが気になる人について
4.「見下されていると感じること」が気になる人について


★まず、「見下す」「軽蔑する」「侮辱する」というのは非生産的な行為ですから
そのようなことをする本人が「自分の損得を考えて」「意図的に」しているとは思えません。
何か、本当に自分が求...続きを読む

Q思い込みが激しい

精神疾患を抱えている女子高生です。
(適応障害、解離性同一性障害など)

昔から思い込みが激しく
事故に遭うのではないか?とか
(交通事故に遭って身内を亡くしたトラウマから)
これをしたら(言ったら)親に迷惑がかかるのでは?
とか(このせいで自殺未遂を相談できなかった)
こうではないか?ああではないか?と
とにかく凄い思い込みが激しく
その思い込みを持て余しています。(制御できない)
特に言葉に対する思い込みが激しく
人と接している時に間違った解釈をして
ケンカや食い違いになることが多々あります。
非常に困っていますが
どうやって対処すべきか分かりません。
最近では同一性障害による記憶喪失が多くて
自我を保つのが難しく、途方にくれているので
自分なりに思い込みをなくす事は困難です。
何でも良いですのでアドバイスください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会話していての“思い込み”を解消する方法のみアドバイスしておきますね。

日常、家族・友人とでしたら、問いかけとかでは必ず“自分が理解した内容”を相手に
問い掛けるのか簡単な思い込みの解消法です。
使い方としたら、友人等の問い掛けに対して“****って言ってる?”と問い直す様にするのです。
そうする事で、自分に対しても“何から言えばよいか”とか“どこから言えば良いか”がイメージできると思うし、自分を制御出来るのではないでしょうか?

一度、お試しあれ

Q思い込みについて

勝手な“思い込み”が時に絶大な効果を発揮することがありますよね。
例えば、本当は非力なのに「自分はケンカの達人だ」と自己暗示かけることによって実際にケンカに勝ってしまったり。
このような現象を心理学で説明するとどうなるのでしょうか。
また、心理学の用語で何と言うのかも教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

 「自己成就予言」という現象があります。ケンカに勝つとか、火事場の馬鹿力は説明できませんが、よく当たる占いなどは説明できます。

 「自己成就予言」とは、誤った情報やあいまいな情報を元にして、自分の行動や他人の行動についての期待(予測)を形成し、この期待(予測)に沿った行動をした結果、最初の期待(予測)(誤った情報やあいまいな情報に基づいているのですが・・・)が現実のものになる現象です。
 例えば、朝の占いで「今日は何かとトラブルが多い日。人間関係に気を付けてね♪」と言われたとします。人間関係に問題があるかもしれないという予測をし、それならばあまり友人と接しないようにしよう!と対処した結果、「なんか、アイツ人付き合いが悪い・・・」という評価を受けて人間関係に問題が発生してしまうような状況です。

 別な例では、「教師期待効果:先生が期待した生徒の成績や行動が、実際に期待した方向(いい方向/悪い方向)へと変化する現象」などがあります。この生徒は成績が上がるに違いない!と思って、いろいろ気にかけると実際に成績が上がってしまうというものです。

 こういうのはどうでしょうか?

 「自己成就予言」という現象があります。ケンカに勝つとか、火事場の馬鹿力は説明できませんが、よく当たる占いなどは説明できます。

 「自己成就予言」とは、誤った情報やあいまいな情報を元にして、自分の行動や他人の行動についての期待(予測)を形成し、この期待(予測)に沿った行動をした結果、最初の期待(予測)(誤った情報やあいまいな情報に基づいているのですが・・・)が現実のものになる現象です。
 例えば、朝の占いで「今日は何かとトラブルが多い日。人間関係に気を付けてね♪」と言われ...続きを読む

Q思い込みって何ですか? 私はよく思い込みが激しいと言われます。家族や周りが言うから、そういう面は確

思い込みって何ですか?

私はよく思い込みが激しいと言われます。家族や周りが言うから、そういう面は確かに有るのだと思います。
ただ私の中では、冷たくされても自分に利益を生む人は自分にとって必要な人、逆に、いくら言葉が優しくても自分に不利益を生む人は、自分にとって避けるべき人です。

表面だけを見て、むちゃくちゃやっているわけでは無いんです。一応、何度か確認をしてみて、間違いも経験して、むしろ、内面を見るためにむちゃくちゃやってるところもあります。

思い込みが激しい所も、そういう時、すっごく押さえようとしてるのに、押さえれば押さえるほど、何故か強くなるんです。
それで、不意に変なこと言っちゃって、凄く後悔をします。
ずっと覚えてるぐらい、後悔をします。

皆さんは思い込みが激しいって言われた事は有りますか?
言っちゃ駄目って、すごーく思って、パッと止めてしまいたいのに、それが出来ない状況になったことはありますか?
私は、時々あります。
そういう時、ポロってその意見を認める発言をする人がいるんです。

巧妙に仕組まれた思い込みだと思うのですが、そんな経験有る方いますか?

思い込みって何ですか?

私はよく思い込みが激しいと言われます。家族や周りが言うから、そういう面は確かに有るのだと思います。
ただ私の中では、冷たくされても自分に利益を生む人は自分にとって必要な人、逆に、いくら言葉が優しくても自分に不利益を生む人は、自分にとって避けるべき人です。

表面だけを見て、むちゃくちゃやっているわけでは無いんです。一応、何度か確認をしてみて、間違いも経験して、むしろ、内面を見るためにむちゃくちゃやってるところもあります。

思い込みが激しい所も、そういう...続きを読む

Aベストアンサー

思い込みって経験則による補完なので仕方がないと思います。
たとえば、一般的に「つり目」の人は性格がきつい感じを受けるかと思います、これはドラマなどでそういう人を選ぶことが多いのでそう思い込んでしまうことが多いのですが、「つり目」の人からいつもやさしくしてもらっていた人は、つり目の人を見ればやさしい人と思い込んでしまう。
人によってその経験則が違うので気にすることはないと思います。ただ経験則なので間違っている事も多いので決め付けないように気を使う努力は必要だと思います。

Q僻み根性

趣味>車>その他(車)の質問を見て気になっていました。

自分は軽自動車に乗っていてパワーのある車に対していちゃもんばかりをつけている人がいます。
こういう人の考え方は、何事に対してもそうなのでしょうか?自分よりいい物(高価な物)に腹が立つのでしょうか?
例えば、ワンルームに住んでいて豪邸を見ると「こんな豪邸に何人で住んでるの?夫婦2人でこんな豪邸必要なのか?」、1000円の時計を使用していてROLEXを見ると「1000円の時計で充分なのに、なぜ毎日狂う時計をするの?」など、いちゃもんをつける性格なのでしょうか?それとも車だけに敵意を抱いてるのでしょうか?

ただたんに、遊びでそういう質問をしてるのでしょうか?それならいいと思うのですが、ちょっと度が過ぎていてマジみたいなので・・・。

現実に、周りにこういう人がいればどう接していってるのでしょうか?
「相手にしなければ良い」なのですが、他にあればお願いします。

Aベストアンサー

何に対してもいちゃもんをつける人というのは、
根本的に余裕が無い人なんだと私は思っています。
余裕が無いというより、自分の現状に不満を抱いているといったほうが
正確かもしれません。

余裕のある人は、他人のことをとやかく言いません。
自分の人生が、他人と比較せずとも、満足のいくものであることが明らかなんですね。

逆に余裕のない人は、自分の生活に不満があります。
なぜ私はこうなのか、と他人と比べてしまいます。

ベンツを持っている人を見かけたら、自分の中古の軽自動車と比べてしまって、
羨ましくなり、ひどい場合惨めな気持ちになったりします。

このときの嫌~な気持ちを、なんとか解消するために
「ベンツなんて見栄張っちゃって、恥ずかしくないの」とかゆう思考に持っていって
相手の位置を下げることによって相対的に自分の位置を高めて、
気持ちに折り合いをつけようとするんですよね。

(このとき、自分もベンツを購入できるくらいリッチになれるよう
努力する方向に思考を持っていければ良いのですが)


僻みから何かを批判するのは、あまり善くないことですし、
聞いていて気持ちの良いものではありませんよね。

でも、どうしてそんなことを言い出すか、というメカニズムを念頭においていれば、
少し引っかかりは減るのではないでしょうか。
と思ったので、参考までに。

何に対してもいちゃもんをつける人というのは、
根本的に余裕が無い人なんだと私は思っています。
余裕が無いというより、自分の現状に不満を抱いているといったほうが
正確かもしれません。

余裕のある人は、他人のことをとやかく言いません。
自分の人生が、他人と比較せずとも、満足のいくものであることが明らかなんですね。

逆に余裕のない人は、自分の生活に不満があります。
なぜ私はこうなのか、と他人と比べてしまいます。

ベンツを持っている人を見かけたら、自分の中古の軽自動車と比べてしまって、...続きを読む

Q思い込みから、逃れることはできないか?

思い込みから、逃れることはできないか?

通常、人間は思いこみに縛られています。
政府や警察が国民や正義の為に動くというのも思い込みです。
自らの組織の利益のために動く場合もあります。
「人に迷惑をかけてはいけない」という、価値観が善というのも、思いこみかもしれません。

思い込みから、解放されるのは、エネルギーが必要ですが・・・
事実を、正面からみつめると、それが、思いこみであったことが分かりす。
(911テロの周辺で起こった事実を丹念に、検証すると、米政府発表に疑問を持ちます。)
しかし、事実をみつめる作業をしないと、思いこみから解放されないわけです。
また、正面から見つめるという作業を、面倒だからやらないという動きも心にはある感じもします。

とすると、思いこみから逃れることはできない気がします。

可能な限り、思い込みから逃れるにはどうすればいいでしょうか?
唯一、強力な武器は、哲学なのでしょうか?
 

Aベストアンサー

 No、23の方に近いのですが、たぶんものの見方には2種類あって、思索的に見るか、感性感情的にとらえるか、そのうち、感情には絶対性があると思っています。「痛くない、痛くない」と言われても、「痛い!」と感じたら、それはもう「痛い!」が正解です。感じたことは疑いようはありません。みんなが「あの映画はおもしろかったね」と言ってても、自分が「つまんない」と感じたら、「あの映画はつまんない」で当人はいいと思います。(「つまんない」と叫ぶかどうかは別問題ですが・・・)

 それに対して、ものの考え方には確かに、思い込み、すりこみがあると思います。そしておっしゃるように、狭い思い込みを訂正して広い視野にたとうとすることが重要で、「相対化」といわれています。

 ただたぶん人間はしょせん思い込みから逃れることは無理で、最初の典型的思い込みは、親の価値観をそのまま真に受けるということだと思いますが、ある時期、親離れの頃、本当にその価値観でいいのかと疑問を持ち始めると、今度は違う価値観を求めて、原点探しや、哲学者に求めたりすると思うのですが、やはりいずれにしても今度は今までの狭い親の価値観とは違う、広い視野を持った人の考え方を信じたり、必要とせざろうを得ないのではないでしょうか?(他力ですね)「自分が信じるのはこの哲学者の考え方だ」と本気で思える思想に出会えない限り、いわゆる根拠のない、堂々巡りと、エネルギー消費を繰り返すだけの不毛な作業に終始すると思われます。

 個人的には、まとまった考え方を持っている人達に、その思想的根拠、原点があるのかないのか、それを求めたこと、求める必要性があるのかないのかを質問したいくらいです。

 No、23の方に近いのですが、たぶんものの見方には2種類あって、思索的に見るか、感性感情的にとらえるか、そのうち、感情には絶対性があると思っています。「痛くない、痛くない」と言われても、「痛い!」と感じたら、それはもう「痛い!」が正解です。感じたことは疑いようはありません。みんなが「あの映画はおもしろかったね」と言ってても、自分が「つまんない」と感じたら、「あの映画はつまんない」で当人はいいと思います。(「つまんない」と叫ぶかどうかは別問題ですが・・・)

 それに対して...続きを読む

Q自分の思い込みを変えたいです。

こんにちは。8月5日から9月30日まで夏休みがある大学3年生のものです。

私は他人からの否定、白い目、非難をものすごく気にします。

最近まで、人のためになんでも上手くやろうとすることの理由が分かりませんでした。
ようやく最近になって、加藤諦三さんの本を何冊か読み、小学生のころの姉の影響かな、と気づきました。

姉から「役立たず、役立たず」とよく言われてたのが原因かなという気がします。(姉とは3歳差です)

例えば、小学生の私が姉から「砂糖をはかって」と頼まれた時、はかるのに時間がかかるだけで「役立たず!!!もう、あんたには何も頼まない!」とマジギレされたりしました。

他にも、縄跳びを一緒に練習していて、きっかけは思い出せないのですが、縄跳びを鞭の様に使い、背中をたたかれたりもしました。

小学生のころの記憶の影響からなのか、
何かやるときは
・絶対に成功させなければならない
・成功させなければ、「あいつ、何してん?がっかりや」と思われる。
・「がっかり」と思われるのは絶対いやだ!

と思ってしまいます。

今、旅行の幹事を流れで引き受けてしまいましたが、毎日がちょっと苦しいです。(旅行は9月末にあります)

「旅行うまくいくかな?」「みんな、満足してくれるかな?」
「もっと、完璧なプランにしないと、みんなからがっかりされる」
「料理とか、旅館とか、ケチり過ぎて、『ここを選ぶのは無いやろ』とか思われる」「予算、高すぎ」

とか思われやしないかと、毎日心配です。

また、この夏インターンシップに行きたいなと思っていました。

1~2週間のインターンシップに行けば、夏休みに一つのことをやりとげた、ってみんなに言える。
夏休みを特に何もせず過ごしたわけじゃない!と言えて、暇で何もせず、家に引きこもってたわけではないと証明できる!という想いからインターンシップに応募しました。

特に何もしなかったよ、と言えば、白い目で見られてしまいますからね。

しかし、インターンシップは応募した企業全て落ちました。(6社エントリーしました)
エントリーシートの時点で落とされた企業がほとんどで、1社だけ面接までいった企業もありましたが、落ちました。

インターンシップにいけないことが分かったので、別の何かをして、なんとか白い目で見られるのを避けなくては、という想いから、短期バイトや一人旅を計画中ですが、
「どうせ、バイトとか一人旅しても白い目で見られる」と考えてしまって、特に何もせずこの夏休みを過ごしています。

・他人の想いは変えることができない
・他人は私のことをそれほど想っていない
・好きなことをすればいい

と頭では分かっているのですが、心がついていきません。

また、好きなことが分からないでいます。今まで、他人の目ばかりを気にして生きてきたので、「こんなことをしても、将来の役に立たない。将来、人に白い目を見られないためには、もっと他のこと(勉強、就活で威張れること)をしなければ」と思ってしまいます。

この夏を利用して、どうにか自分を変えたいと思っているのですが、
何から初めていいか分かりません。

「自分には楽な人生が待っている」という思い込みも私にはありまして、ものすごく勝手かもしれませんが、助けてください。

よろしくお願いします。

こんにちは。8月5日から9月30日まで夏休みがある大学3年生のものです。

私は他人からの否定、白い目、非難をものすごく気にします。

最近まで、人のためになんでも上手くやろうとすることの理由が分かりませんでした。
ようやく最近になって、加藤諦三さんの本を何冊か読み、小学生のころの姉の影響かな、と気づきました。

姉から「役立たず、役立たず」とよく言われてたのが原因かなという気がします。(姉とは3歳差です)

例えば、小学生の私が姉から「砂糖をはかって」と頼まれた時、はかる...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

> ・絶対に成功させなければならない
> ・成功させなければ、「あいつ、何してん?がっかりや」と思われる。
> ・「がっかり」と思われるのは絶対いやだ!

との思いは、交流分析の中の主要な5つのドライバー(駆り立てるモノ)の中の以下の4つが
 貴方の観念の中に染み込んでいます。(“禁止令とドライバー”の項目をご覧下さい。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E6%B5%81%E5%88%86%E6%9E%90#.E7.A6.81.E6.AD.A2.E4.BB.A4.E3.81.A8.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC
○完璧であれ(完ぺき主義)
○他人を喜ばせなさい(貴方の姉の“私を喜ばせよ”)
○急げ!(役立たず!)
○努力せよ!

この観念の中の、「完璧であれ」が主な原因となり、
貴方の中で「どうせ・・・・」という言い訳が出てきてしまいます。

何故、「どうせ・・・」なのかは、貴方の無意識の中の言葉を補って見ればハッキリします。
貴方は、いつも「どうせ・・・完全に・・・を成し遂げられない」・・・『だから、やるだけムダ!』
このような思考パターンに陥っているのです。

現実の世の中に、誰の眼からも完璧なものなんて、『只のひとつもありません』(←肝に銘じてください)

つまり、完ぺき主義者が“完璧に”実行することは、不可能なのです。
先ず、完璧な実行を諦めて手放しましょう。では「どうするか?」ですが・・・

 ※完璧は、姉が決めるのではなく、今貴方自身が決めることができます(よね)。

完璧を小分けにしてしまいましょう。バイトなら、

1)バイトの募集を見て、興味を持てるバイトを探す・・・(第一段階)ここまでで完璧です。
2)(受かるか、受からないかは関係なく)バイトの面接を受けてみる (第二段階、完了!完璧!)
3)2)を繰り返して、雇ってくれるバイト先をみつける (第三段階 完璧!)
4)・・・
5)・・・

この様に、目標を小分けにしていくことと、
ギチギチと厳密に物事を決めないこと・・・(遊びのないネジは使い物になりません)

インターンシップよりも、賃金も稼げる、バイトの方が余程良いのでは、
また、その企業そのものよりも、(その企業と取引のある)周辺の会社にバイトで入り、
企業を観察することだって出来ます。

つまり、野球好きな少年の夢は、プロやメジャーでの活躍かもしれませんが・・・
 ※完ぺき主義者というものは、常に一流選手を目指しているようなものです・・・が
  一流選手でさえ、小さな成功の積み重ねであることは、多くの場合考えません。

純粋に“野球が好き”なら、その周辺(球団や球場とか、コーチ、指導者など)
意外に、数多くの選択肢があるものです。考えに幅を持たせましょう。

> と頭では分かっているのですが、心がついていきません。
> また、好きなことが分からないでいます。

意外なことかも知れませんが、心は、思うことでは中々変えられません
行動し、行動した感覚を脳に返してあげて、初めて心は変わり始めます。

姉との体験が貴方の心を作ったように、新しい体験で、貴方は貴方自身を育て始めなければいけません。
でなければ、貴方は一生、姉の言葉の奴隷に成ってしまいます、それでいいのでしょうか?

好きなことも、頭で考えても、出てきません、当たり前ですデータがないのですから、
今まで、身体(全身)を使い興味のなかったことに挑戦してみて、
ある程度、上達をしたら、本当に好きか、向いているのか、興味があるか、わかります。

※何事も最初は、下手ですが、そこで諦めるから嫌いに成るのです。
 努力でいける中級くらいまで、腕を上げて、ある程度全体のことがわかってから
 本質的な、興味や嗜好が表れてきます。

> 「自分には楽な人生が待っている」

逆に考えれば、このように考え(思って)なければ、生きて来れなかったとも、とれます(ご自愛下さい)

興味があれば、TA(交流分析)のセミナーをどこかで、受けられることをお薦めします。

もと、完ぺき主義者、いま只の怠け者のハリーでした(笑)

こんにちは、

> ・絶対に成功させなければならない
> ・成功させなければ、「あいつ、何してん?がっかりや」と思われる。
> ・「がっかり」と思われるのは絶対いやだ!

との思いは、交流分析の中の主要な5つのドライバー(駆り立てるモノ)の中の以下の4つが
 貴方の観念の中に染み込んでいます。(“禁止令とドライバー”の項目をご覧下さい。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E6%B5%81%E5%88%86%E6%9E%90#.E7.A6.81.E6.AD.A2.E4.BB.A4.E3.81.A8.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC
...続きを読む

Q思い込み 人生において経験値が高いほど自分の経験から事を判断しますが、だからこそ相手に対する思い込

思い込み

人生において経験値が高いほど自分の経験から事を判断しますが、だからこそ相手に対する思い込みも強くなるのではと感じます。

よく、
そんな人だとは思わなかったとか、
そう思ったんだからしょうがないとか言う人がいます。

これは、相手に対して勝手な思い込みなわけで、見方を変えたら失礼になるのでは?

相手に対して誤解でもあるわけで、なのに謝るわけでもない人多くないですか?

Aベストアンサー

おじさんです。
まったく、その通りですよ。

Qジンクスと思い込みについて

自分の中でジンクスと認識したからそれが目立ってみえるだけで、
実際には他のときでも起きてるんだけど、 それをジンクスと思い込んでいる
からそのとき目立って見えてるだけ。 みたいな法則をなんていうか
分かる方いらっしゃいますか?

分かりづらい質問ですみません・・・

Aベストアンサー

法則というよりも、心理学で、「認知バイアス」と呼ばれる現象です。
以下のファイルに、興味深い解説があります。
http://ut0935s1.web.fc2.com/examprint/sougou/d/behavior/02_thinking.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報