ロシアの海に浮かぶ原子力潜水艦は、最早廃棄処分する費用すら、
政府が捻出できないため、ただ何をするともなしに、
自らの処分を待っているようです。
これらの潜水艦と搭載された原子炉は、今後、どのように処理されていくのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あまり知られていませんが、日本海に投棄されています。


極東艦隊の原潜は、ウラジオストックで輪切りにされて
原子炉を取り出し、そのまま、船で日本海に運ばれ投棄
処分されています、風評被害を恐れてあまり表立って報道
は、されていませんが、比較的日本に近い海域(50海里
以上は離れていますが、200海里以内である事は、間違
いありません)で投棄処分されています。
日本は、抗議していますが、ロシアの言い分は、費用の点
で、投棄以外の処分できないそうです、もし、どうしても
と言うなら、ロシア国内に日本の資金で処理施設を建設し
て欲しいとの事です。当然、話はそこまでで、投棄は、続
いるはずです。既に、投棄された原子炉は、数百基に上る
との情報もあります。
日本海のカニもアン肝も大好きなのに・・・
何さらすんじゃー!って感じです。
日本も漁業権の関係で、200海里を強く主張できないの
が、苦しいところです、今のところ、公海上に投棄するの
を国際法で規制できないので、やりたい放題捨て放題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本海のカニ・・・。
論題と直接の関係が無い話なのですが、ご回答いただいた文章が、
あまりに魅力的だったので、YUZURUさまの、他の方へのご質問なども、
こっそり読ませていただきました。
地球が宇宙のどこにあるのか分からないとなんとなく落ち着かない、など、
大変面白いコメントをされていて、かなり楽しませていただきました。

それから、本題についてですが、詳しい解説をいただきありがとうございます。
日本海に捨て放題、ですか・・・。
何だか、どうなってしまうんだろう、という気がしますね・・・。

お礼日時:2001/03/12 02:40

おそらく、日本海に沈められるか、そのまま母港の湾にほったらかしにされたままだと思います。


日本人ジャーナリストの方が、「クルスク」事故も含めてウラジオストクの軍港などを丹念に調査されていますが、今のロシアの軍には処分費用は捻出できないため、そのままにされるようです。

原子炉を覆っている格納容器は確かに数十年はもつでしょうが、その後は海水で腐食して深刻な放射能被害が出てくるのは確実ですね。
話は別になりますが、ICBMの核弾頭の処理にも困っているようですから、国際的な枠組みで何とかしないとひどいことになるでしょう。

ですから、現時点では、処理はされる見通しはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

格納容器の耐性が弱まって、遂に放射能が海に放出され始めたら・・・。
どうなってしまうんでしょうね。本当に。
ICBMの核弾頭の処理にまで困っているなんて、びっくりしました。
処理できないのに作るな! と思いますよね。

見通しがないというのは、残念です。
早期対策が要求される問題だと思うのですが・・・。

お礼日時:2001/03/12 02:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力潜水艦のエンジン音について

原子力潜水艦は水中での音がかなり大きいと聞きました。
その為敵に発見されやすい!とも。
数年前日本領海を侵犯した中国の原潜などの音は凄まじかったとか・・・。
故に敵に発見されず隠密行動をとるにはディーゼル艦の方が勝ると聞きました。
そこでお尋ねしたいのですが原潜は出来る限り原子炉を停止してタンクから水を勢いよく吐きだし進む(水圧により前進する)方法をとっていると聞きました、本当ですか?
また最近の原潜は原子炉を運転中もかなり静かになったようですが以前と比べどこが進歩したのでしょうか?
そしてその技術はやはりロシア中国とアメリカとでは雲泥の差があるのでしょうか?
詳しい方宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

原子力エンジンは一種のタービンエンジンなので、高速回転するタービンと減速ギアが騒音元になるようです。また、原子炉の冷却ポンプも騒音を発生するとか。ディーゼル艦は水中では電気艦ですから、ほとんど騒音はないですよね。

重くなってもいい地上の原子炉なら遮音は容易ですが、潜水艦という限られたスペースで騒音を減らすのが難しいのでしょう。

こんなことも知らなかった素人ですが、私の予想に付き合って頂けるなら、対策はまずタービンのブレード形状を最適化すること。昔に比べて設計も精密になっていますし、加工技術が違いますから。シャフトのベアリングを改良するだけでも騒音は減らせるでしょう。

それからギアの加工精度を上げること。これは自動車レース用のトランスミッションでも使われている技術で、焼きを入れた歯車をミリングマシンで精密加工するものです。コストの関係で、市販車のギアは加工してから焼き入れするため、精度が1ランク落ちてがたつきやすくなります。

ギアのケースなどに制震鋼鈑を使う。これは洗濯機でおなじみの技術です。昔はこんな便利なものありませんでした。

吸音材を適切に配置する。どのような波長の音がどこから出ているかを解析すれば、最適な吸音処理ができます。これも運用してみないとわからないノウハウでしょう。

ノイズキャンセル技術を利用する。これは一部の乗用車やヘッドフォンで商品化されているもの。騒音に対して、逆位相の音を合成してぶつけることで消音する画期的な技術です。

本当のところは軍事技術なのでわかりませんが、自動車などの技術進歩と並行して新技術が導入されているとすれば、このような対策が主なものだと考えます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

原子力エンジンは一種のタービンエンジンなので、高速回転するタービンと減速ギアが騒音元になるようです。また、原子炉の冷却ポンプも騒音を発生するとか。ディーゼル艦は水中では電気艦ですから、ほとんど騒音はないですよね。

重くなってもいい地上の原子炉なら遮音は容易ですが、潜水艦という限られたスペースで騒音を減らすのが難しいのでしょう。

こんなことも知らなかった素人ですが、私の予想に付き合って頂けるなら、対策はまずタービンのブレード形状を最適化すること。昔に比べて設計も精密にな...続きを読む

Q潜水艦ってどうやって航行してるんですか?

潜水艦て海中に潜ってしまえば全くの目くら状態ですよね?
でわどうやって進んでいくんでしょう?
やはりレーダーを撃ちまくって反射の仕方によって周囲の様子を確認しながら進んでいくのでしょうか?
それでは敵に存在をすぐに知られてしまいそうな気がするんですが。
とっても初歩的な質問ですみません、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

潜水艦は、必要以外は自ら音を出すことは避けなければなりませんね。そのためスクリューの形状や加工技術などは超軍事機密らしいです。
ですから、「レーダーを撃ちまくって」みたいなことはまず有り得ません。ひたすら、じっと「耳を澄ます」ことに徹することが必要といわれます。ちなみに、水は空気よりもかなりよく、かつ遠くまで音を伝えます。
通常の船舶は、エンジンやスクリュー音(海水をかき回すことによって生じる気泡がつぶれる時のキャビテーションノイズ、船によって異なる波形を持つ、いわば船の指紋)など、「派手に」音を出していますから、容易に探知できます。問題は、同じ潜水艦のような隠密行動をとっている相手を、どうやって探知・特定するか、が潜水艦の死命を制しますね。

1)恒常的な海底の状況については、かなり精密な海図が作成されていますから、その地形と艦の現在位置をコンピュータ処理してスクリーン表示しています。艦の現時位置の確認いついては、似たようなご質問への回答例がありますので、そちらをご参考に。

http://personal.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1764503

2)随時の観測については、以下の通りです。
目に相当するのはソナーであり、操作担当がソナー員といいます。
○通常艦首に装備されるソナーアレイによる音響測距(アクティブ)と聴音(パッシブ)による情報収集
○短波アレイ 艦首ソナーアレイの増強装置
○曳航アレイ 700m近いケーブルの先端に水中聴音器が装備され水中の長波騒音を探知する
○アメリカの原潜などは、TB-23(長距離の超長波騒音の探知)も装備しているそうです。

これらによる水中音声を、かなり複雑なコンピュータ処理過程を経てグラフィック処理し、その波形の「異常」によって水中の物体を探知することができます。ソナー員は、この以上の原因を絞り込むことで、それが生物(鯨とか)なのか、それとも潜水艦のような人工物なのかを、他のデータも駆使して明らかにする任務を果たします。この段階では、コンピュータではなく人間の能力に依存しており、熟練した経験が必要のようです。

かつて米ソ冷戦の時代には、アメリカの攻撃型潜水艦の主要任務は、(SOSUSも含めて)、ソ連など仮想敵国の艦船の「固有の音(音紋)」の収拾とデータの蓄積であったそうです。そうして、眼を鍛えていったみたいですね。

潜水艦は、必要以外は自ら音を出すことは避けなければなりませんね。そのためスクリューの形状や加工技術などは超軍事機密らしいです。
ですから、「レーダーを撃ちまくって」みたいなことはまず有り得ません。ひたすら、じっと「耳を澄ます」ことに徹することが必要といわれます。ちなみに、水は空気よりもかなりよく、かつ遠くまで音を伝えます。
通常の船舶は、エンジンやスクリュー音(海水をかき回すことによって生じる気泡がつぶれる時のキャビテーションノイズ、船によって異なる波形を持つ、いわば船の...続きを読む

Q潜水艦

空母などの周辺にはそれを守る護衛艦などが追従していますが
その警戒内に突然潜水艦が浮上したことが指摘されています
警戒エリアを突破されればいつでも空母は撃沈されてしまう
のでしょうか
潜水艦は深い海にもぐれば探知されることはできないのでしょう

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>警戒エリアを突破されればいつでも空母は撃沈されてしまうのでしょうか

空母は大きいので 1 発で撃沈というわけには行きませんし、潜水艦も魚雷を発射した時点で相手の艦隊に位置を知られて撃沈される恐れがあります。

「潜水艦が空母周辺に突然浮上する」という行為は「何時でも撃沈できたんんだぞ!」という示威行為であり、空母艦隊側が本当に潜水艦の接近を関知していなかったとすればその目的 (示威行為) は達成できたことになり、それ以上のことではありません・・・実際の戦闘では空母を沈められないうちにこちらが撃沈されてしまう空母艦隊など核弾頭付高速 Rocket 弾 (空中を飛翔する Missile のみならず水中を時速 400km 前後の高速で進む VA-111 なんてものもあります) でも持っていない限りは狙わないでしょう(汗)。

もともと潜水艦の開発目的は Tanker などの非武装輸送船を狙う通商破壊及び海域封鎖であり、現代は SLBM 搭載艦とその護衛という原子力潜水艦ならではの目的もありますが、通常動力潜水艦の目的は今も昔も変わらない筈で、原子力潜水艦にしても通常動力潜水艦にしても空母艦隊に迎撃される可能性があるほど接近して攻撃するという戦術はない筈です。

海上自衛隊の潜水艦隊群について言えばその目的は海中にじっとしていて他国の潜水艦や水上艦の情報を収集することと、万が一航空自衛隊の戦闘機や海上自衛隊の護衛艦隊及び海上保安庁の艦船による防衛網を突破して日本の領海内に敵の上陸艦隊が押し寄せてくるような事態になったら陸上自衛隊による水際防衛の前段階として最終防衛網に加わるぐらいの目的でしょうから、専守防衛の観点から通商破壊戦術は想定外でしょうし、彼軍上陸艦隊の露払いとして先行してくる彼軍潜水艦との交戦を想定した高性能魚雷は搭載していても実際には単独で彼軍の潜水艦や水上艦を相手にするといった自滅行為は要求されていないだろうと思いますよ。

>潜水艦は深い海にもぐれば探知されることはできないのでしょう

潜水艦の探知は非常に難しいようですね。

至近距離ならばともかく、現代のように深い海に潜っていつまでも高速で進むことができる上に長射程の Missile 攻撃能力を持つ原子力潜水艦などを相手にするは遙か遠くから発見しておかなければ防衛できませんので、軍港を出港してから浅い深度で外海に出るまでは海表面に上がってくる動力排熱航跡を人工衛星から追尾し、その後は対潜哨戒機から多数の SONAR (聴音探索器) を潜水艦予想進路の広い海域にばらまいて平時から常時監視するようになっているようです。

下記参照 URL に SONAR の Wikipedia 解説 Page を Link させましたが、実際に与那国島 (沖縄県)の南西域から沖ノ鳥島 (東京都) や南鳥島 (東京都) 付近まで中国潜水艦を探知追尾しているのですから探知不可能ではないとは言え、温度境界層や逆転層とか Shadow Zone なんて解説を読めば如何に探知が難しいものであるか想像が付くのではないかと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ソナー

>警戒エリアを突破されればいつでも空母は撃沈されてしまうのでしょうか

空母は大きいので 1 発で撃沈というわけには行きませんし、潜水艦も魚雷を発射した時点で相手の艦隊に位置を知られて撃沈される恐れがあります。

「潜水艦が空母周辺に突然浮上する」という行為は「何時でも撃沈できたんんだぞ!」という示威行為であり、空母艦隊側が本当に潜水艦の接近を関知していなかったとすればその目的 (示威行為) は達成できたことになり、それ以上のことではありません・・・実際の戦闘では空母を沈められないう...続きを読む

Q原子炉格納容器が損傷♪ 避難のタイミング

湯気格納容器から漏出
福島第一3号機 上部損傷?注入窒素も外へ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072702000118.html


福島原発の原子炉格納容器が壊れているのなら、環境中に放射能がダダ漏れで、それを修復し放射能ダダ漏れを止めるのは現在の技術では不可能なんですよね♪

これはじわじわと放射能汚染区域が広がっていき、今は避難区域外でも将来的に避難しないといけない事が予想されるということですよね?

ならば、避難するタイミングはどのように判断すべきなのでしょう?

余りに早い避難は費用も含め問題が多いので、適正なタイミングで粛々と混乱無く避難をしたいと思ってます。

例えば、神奈川県の在住者はどのような状況で避難を決断すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)神奈川より福島県に近い築地に本社のある朝日新聞社の社員が、逃げ出したタイミングを見計らう。

(2)同じく、東京に地盤がある山本太郎が、永田町から逃げ出したタイミングで避難を始める。


(2)については、山本太郎参議院銀の人物像を知らないので、ヘンに男気を出して自分が放射能を恐れずに国会に踏みとどまった場合は、はずれとなります。

(1)については、間違いなく下種な人間ばかりですので、特に築地の本社の人間がいなくなったら、東京はもう既に危ないと見て間違いないでしょう。

Q潜水艦にとって海洋図って機密情報なのでしょうか?

海図だとか、海洋図とか(違いが良く分かってないですが)海上を航行する船と水中で活動する潜水艦が使うものでは当然違いますよね?
海中は潮の流れや水温が複雑になっていて潜水艦にとってはそれらのデータ-は非常に重要だと聞きました。
もちろん詳細な地形もでしょう、これらの情報ってやはり機密情報なのでしょうか?それとも簡単に手に入るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

大規模な海軍を持つ国ならば、専門の海底調査艦を所有しており、自国周辺や作戦行動を想定する海域の海底地形、潮流や年間通しての水温変化など、詳細なデータを日夜収集しております。近年先島諸島周辺海域に不審な中国船が出没する事件が度々発生しておりますが、これは上記のような活動をしていると思われます。
これらの情報を他国に知られる事は、その国の潜水艦の行動能力を知られる事になるので、当然最高機密です。たとえ日米のような同盟国間でも、全ての情報を共有する事はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報