CrystalDiskInfoを使用しているのですが、HDDに「注意」というマークが出てしまいました。

注意になったのは「代替処理保留中のセクタ数」です。

ここ以外は特に問題ないようですが、これはもうHDDの交換時期になっているということでしょうか?

でもこれは昨年買ったばかりのものなのですが。

いろいろ調べてもよくわからなかったのでお教えください。

よろしくお願いします。

「CrystalDiskInfoを利用して」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No 1です。



HDDの健康度、代替セレクタについて簡単に説明しますと、HDDは読み書きのエラーを検出すると、このセクタを「代替セクタ」としてマークし、代わりに特別な予約領域にデータを移しようとします。

また、最近のHDDでは、ディスク表面の検査を行っても「不良セクタ」が見つかる事は有りません。(これは、すべての不良セクタが代替セクタで隠蔽されるからです)

したがって、この値が閾値より低い場合、多くの「代替セクタ」が存在し、ディスク表面の状態が悪化している事を示唆します。

しかし、S.M.A.R.Tの信頼性に関する検証報告を見ますと、HDDに採用されている現在のS.M.A.R.Tの読み取り情報は正確でなく、情報にはかなりの誤差が有り、この情報だけでHDDの状態を正確に判断するのは難しいだろうと言う検証報告がなされています。

但し、全ての項目で誤差が或る訳でなく、HDDの状態を判断する目安には成るとの事です。


当方も突然のHDDの故障を一度経験しており、バックアップの大切さと、メンテナンスの大切さを思い知らされた苦い経験が有ります。

それ以来、市販のHDD診断ソフト、デフラグソフト、バックアップソフト等を愛用していますが、HDDについては検証結果の報告通り、新品のHDDにも関らず、読み取り情報にはかなりの誤差が見受けられました。

質問者様もご承知の通り、HDDは消耗品であり、新品でも当たり外れがある事も事実です。



当方の見解として今回の警告表示については、今すぐにHDDが故障してしまうもので或るとは思えませんが、もし、質問者様が今後予算に若干の余裕が出てくるのでしたら、比較的低価格の外付けHDD(250GB~320GB程度)を将来的には購入し、バックアップ専用HDDとして購入しておいた方が宜しいかと・・・


お役に立てれば幸いです...
    • good
    • 4
この回答へのお礼

重ねてのアドバイスありがとうございます。

難しいことはわかりませんが、現状ではSMART情報は完全ではなくあくまで目安で、少なくとも私の状態はすぐにクラッシュする可能性はそれほど高くはないものの突然の故障に備えて更なるバックアップを考慮したほうが良いとのご忠告と理解しました。

今はすぐに手当てしたいのですが予算がないのでもう少し様子を見ています。クラッシュしないことを祈るだけですが。

本当にありがとうございました。大変役立ちました。

お礼日時:2009/07/08 00:03

補足からです。


今緊急に対処しなければならないと言う状態ではないとは思えますが、「注意」の場合は、抜かりなくバックアップをしておいたほうがいいよ。という警告と思って、とりあえず大事なデータは外部に保存させておきます。
今日、明日に壊れるということはないかと思いますが壊れたときに対処できるようにはしておいたほうがいいでしょう。
どうせ消耗品なのですから、OS領域にするのは中古のHDD80GBくらいで十分です。(C領域HDDはパーティションにしないほうがいいです)スレーブ、外付けに保存領域として容量の大きなHDDを使えばいいのです。
80GB~120GBの中古だと(くれぐれもスマートチェックしてあるものを選びます)3,000円程度でしょう。
余談ですがHDDの故障率が最も低いのはSeaGateのようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のアドバイスありがとうございます。

このHDDが1TBですのでできれば価格的にも1.5TBを買いたいですが、約1万円強が今は厳しいので故障しないように祈ります。

以前パソコンショップの店員さんに伺った話では一時は悪名高かったサムスンが今は最も信頼性があるとおっしゃっていましたがどうなのでしょう?

ブランドより個体差のほうが大きいのではと私は思っていますが。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/08 00:07

「正常」以外は不良と考えてください。

最近不具合症状が出ていませんか?近い内に必ず故障しますので換装の用意をとなります。
一応別のソフトでも計測してみます。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060829 …
http://mam.dnsalias.net/download/smart.html
http://recovery.nipponsoft.co.jp/tools/smart/#do …

HDDと云えども機械ものですので当たり外れもありますし基本的にはHDDは消耗品なので仕方ないところでもあります。
去年買ったばかり(新品なら保障期間があるのでは?)で、それはないよなぁとお思いでしょうが、一度物理フォーマットしても結果が同じとなるようでしたら、きっぱりと諦めてください。

S.M.A.R.T.(スマート)の見方です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Self-Monitoring,_An …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

返事が遅くなり申し訳ありません。

いくつかのHDD診断ソフトを試してみたのですが、エラー表示的なものは全く出ませんでした。HDDhealthでもとりあえず大丈夫みたいでしたし。そういえば、以前は 20××/01/01 と寿命の予想があったのですがなくなってしまったのですね。わかりやすくてよかったのですが精度が悪かったんでしょうかね。

全てフリーソフトでの診断ですが、エラー表示されたのはこのソフトだけでした。それでもご指摘のように交換を考えたほうがいいのでしょうか?

できれば今はあまりお金をかけたくないのですが。 

お礼日時:2009/07/06 00:44

↓CrystalDiskInfo 健康状態の説明


http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo …

ご参考になさって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お返事が遅くなってすみませんでした。

いただいたアドレスは事前に読んでいます。でも難しくて何を同解釈して読み取ればいいかわからないのですよね。

今出ている『注意』がすぐにでもHDDの交換をしないといけない状態なのか知りたいのですが、それがわかりません。

追加HDDはこれ一台なのでバックアップは全てこれに入っているので壊れると困るんです。

なら初めから二重でバックアップをと考えるのでしょうが、そこまで予算をかける余裕がないので。

どうしたら良いのでしょうか?

お礼日時:2009/07/06 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCrystalDiskInfoで健康状態 注意

健康状態:注意になっているHDDがあります。

2TBのHDD。
温度は28度。

05 代替処理済みセクタ数のところが黄色くなっています。

この状態の時に、改善させる(正常に戻す)方法はありますか?

補助情報
電源投入回数  800回
使用時間    6000時間

Aベストアンサー

>この状態の時に、改善させる(正常に戻す)方法はありますか?

改善方法はHDD交換しかないです。

代替処理済みセクタがあると言うことはHDDの不良セクタ(書き込み不良の部分)があると言う状態です。
不良セクタは(論理的な不良であれば)論理フォーマットしなおせば改善する可能性があるかもしれませんが、
その原因がHDDの物理的な不良・破損の可能性もあるので
例え論理フォーマットしなおしても改善しない可能性もありませす(却って悪化する可能性もあります)。

と言うわけで根本原因が(論理的であれ物理的であれ)HDD(PCパーツ)にある以上、HDD交換(PCパーツ交換)が妥当と言う訳です。
他のパーツでも同様のことが言えますけどPCパーツに不具合(故障・破損)があればPCパーツ交換するのが基本的にはPCの修理です。

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む

QHDDの回避不可能セクタ数が200

CrystalDiskInfoなるソフトで初めてパソコンのHDDを調べてみました。
健康状態が注意となっており、代替処理保留中のセクタ数が200で回避不可能セクタ数が200となっています。
これを0にするにはどうしたらいいでしょうか?
リカバリーしたら元に戻りますでしょうか?
パソコンは3年前に買ってデフラグは一度もした事がありません。

Aベストアンサー

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじゃ無いけど、心配だからマークしておく。

回復不可能セクタ……何度も読んだけど、全く内容が読み取れなかった。だからここは二度と使わないようにしよう。

……と言った物です。
また、CDIの表示で、

現在値……現状の生の値をメーカー独自の計算式で割合にしたもの。状況が悪くなるにつれて、数字が小さくなる。
最悪値……過去、HDDにとって一番劣悪だった現在値が保存される
しきい値……この値を、現在値が下回ったときに、そのHDDは故障と診断される

ということです。
HDD自体は代替処理中も回復不能も現在値が満タンの200なので問題なしと報告していますが、ユーザ側としては生の値にゼロ以外の数字が出たときはHDDの交換時期であると判断すべきであると、個人的には考えています。確実にHDDに保存されたデータが破壊されていますから。

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじ...続きを読む

QCrystalDiskInfoの見方

CrystalDiskInfoを使用して注意となったところをピックアップしました。
------------------------
9月10日
温度:46℃(正常)
代替処理済セクタ数(注意)
 現在値:91
 最悪値:91
 しきい値:51
 生値:D1
-------------------------
9月9日
温度:50℃(注意)
代替処理済セクタ数(注意)
 現在値:91
 最悪値:91
 しきい値:10
 生値:C9
-------------------------
最近は扇風機を冷却器代わりに使用していますが、扇風機使用前はかなり高温になっていたかと思われます。
とりあえず50℃以上にならないように気を遣っていれば良いですかね?
まだPCに寿命がありそうなら専用冷却器の購入も考えたいです。

しきい値と生値が昨日より大きくなってますが、どのようなことが考えられますか?
代替処理済セクタ数に関して、生値が0以外だと何らかの異常があり、最悪値より大きいと良くないようですが、どの程度危険な状態でしょうか?

CrystalDiskInfoの見方や他に注意すべき項目、対応策などご教示いただければ幸いです。

CrystalDiskInfoを使用して注意となったところをピックアップしました。
------------------------
9月10日
温度:46℃(正常)
代替処理済セクタ数(注意)
 現在値:91
 最悪値:91
 しきい値:51
 生値:D1
-------------------------
9月9日
温度:50℃(注意)
代替処理済セクタ数(注意)
 現在値:91
 最悪値:91
 しきい値:10
 生値:C9
-------------------------
最近は扇風機を冷却器代わりに使用していますが、扇風機使用前はかなり高温になっていたかと思われます。
とりあえず50℃以上にな...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、S.M.A.R.T. の定義から。説明では各項目は英文ですが、項目IDは同じですので判るでしょう。また、HDDのメーカーにより項目の有る無し、定義の内容などが違う場合もあります。全てが共通ではないことを承知しておいて下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Self-Monitoring,_Analysis_and_Reporting_Technology

判断するときは、下記のページが役に立つでしょう。Raw=生値 が重要です。生値は16進数なので、D1=16×13(D)+1=209、C9=16×12(C)+9=201 となります。
http://p2pquake.ddo.jp/errors/archives/530

代替処理済セクタ数と言うのは、項目ID=05(16進数表記では 0x05)で 「Reallocated Sectors Count」 ="代替処置(データを特別に予約した予備エリアに移動する)を施された不良セクタの数。" です。生値が "0" の場合は、セクタの代替処理が無かったわけで、HDDとしては正常です。

更に下記では、現在値(Current)、最悪値(Worst)、しきい値(Threshold)、生値(Raw)の意味を説明します。ここでは、HD Tuneと言うソフトを使っていますので、生値が Data になっています。
http://hddbancho.co.jp/hdd_smart.html

代替処理済セクタ数(Reallocated Sectors Count)の、現在値と最悪値は 「100%~0%」 の値をとり、"100%=代替処理領域全体に対しての空き容量の割合100%、0%=代替処理領域全体に対しての空き容量の割合0% (つまり領域を全て使い切ってしまった状態)" を意味します。

つまり、現在値・最悪値=91と言うことは、代替処理済セクタ数の空きの割合が 91% あると言うことで、9% を消費している訳です。しきい値=10,51 と言うことは、"36%以下は危険とメーカーが指定" の範囲内なので、9月9日ではしきい値=10で危険だったのが、その後のしきい値=51 になっているとことを見ると、代替処理が済んで若干安全領域に戻したようです。%の値があっていないような気がしますが、この値が敏感だと解釈すれば何とか理解できるかも知れません。

生値=C9,D1 は、"現在までの積算個数" なので増えていますね。このまま生値が増え続けると、代替処理済セクタ数を使い切って不良領域をカバーしきれなくなります。

と言う訳で、このまま使い続けるのは、かなり危険だと思います。何時駄目になるのか判りませんので、システムごとバックアップを取っておくか、新しいHDDと交換したほうが良いでしょう。まだ、致命的なトラブルは発生していないようなので、現在のHDDの内容をそのままコピーする、クローン化を行えば環境を変えずに交換可能です。お使いのパソコンは、デスクトップでしょうか、ノートタイプでしょうか?
http://toolergarcons.blog61.fc2.com/blog-entry-45.html ← 要素は色々あるので、別途質問して頂ければ回答します。

また、HDDの温度ですが、50℃や46℃は一寸高めなのは確かですが、小型のパソコンの場合はどうしても放熱が弱いので高めになりますし、掃除をしていないノートパソコンの場合は、排熱が上手く行かずやはり高めになってしまいます。デスクトップならHDD周りにファンを追加して冷却を強化するとか、ノートパソコンなら冷却台を置いて風を当てるなどして対策して下さい。
http://www.amazon.co.jp/gp/search?field-keywords=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E7%94%A8%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC&index=blended&tag=mozillajapan-fx-22&sourceid=Mozilla-search&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&linkCode=qs

先ず、S.M.A.R.T. の定義から。説明では各項目は英文ですが、項目IDは同じですので判るでしょう。また、HDDのメーカーにより項目の有る無し、定義の内容などが違う場合もあります。全てが共通ではないことを承知しておいて下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Self-Monitoring,_Analysis_and_Reporting_Technology

判断するときは、下記のページが役に立つでしょう。Raw=生値 が重要です。生値は16進数なので、D1=16×13(D)+1=209、C9=16×12(C)+9=201 となります。
http://p2pquake.ddo.jp/errors/archives/53...続きを読む

QHDDの交換とシステムイメージの復元について

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、一年前のバックアップを取った時の状態まで戻りました。)


【質問2】

システムイメージの復元でバイオス等、OSを起動する前のブート領域まで復元されるのでしょうか。


またバックアップでとってあったシステムイメージの中にブート領域がバックアップが取られているか
確認する方法があれば教えて下さい。
(当方はCドライブしか使っておらず、パテーション別けしてない為、おそらく「システムイメージの作成」の段階では
”C”しかチェックしていなかった記憶があります。)


以上、ややこしい質問で分かりにくいかもしれませんが宜しくお願い致します。




【使用環境】

デスクトップパソコン
OS: windows7 64Bit
グラボ:Geforce GT650
メモリ:8G

周辺機器:USB式のキーボード、マウス

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
  バックアップメディアがDVDの場合、
  何枚かのDVDを作成すると、
  システム修復ディスクを作るように聞いてくるので、
  このディスクも作成します。

DVDイメージディスクが全てできたら、HDDを交換して、
PCがDVD起動できる状態にBIOSを設定してあることを確認した後、
最後に作った「システム修復ディスク」を挿入してDVDを起動してください。
最初の画面のIMEの選択を終えると、
「システム回復オプション」画面が出ます。
ここで「以前作成したシステムイメージを使用して~」を選んで、
後は指示に従っていけば復元できます。
途中、「コンピュータ上にシステムイメージが見つかりません」という
メッセージボックスが出たら迷わず「システム修復ディスク」を挿入してください。


ちなみに私は、ご貴殿と同じくHDDが不安定になって、
DVDにシステムイメージを保存(3枚程度)し、
異なるメーカーのHDD 1TBに乗せ替えました。

システムイメージの作成では、
バックアップ先として、HDDがDVD,またはネットワークに保存できるようなのですが、
私の場合、ネットワーク保存はパスが見つからず、うまくいきませんでした。


以上、お役に立てたら幸いです。

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
 ...続きを読む

QHDDを少量SSDにクローンする方法

HDDのSSD化をするのにクローンをとる方法を聞きたいです。
クローン用HDD台を持っています。クローンの元データのHDDからそれと同量かそれ以上のHDDの容量のものにしかクローンは取れないと思います。
HDDより容量の小さいSSDへデータ移行する方法がわかれば教えてください。
もちろん元のHDDの実際に入っているデータ量はSSDより少なくなくてはならないと思います。

もとのHDDの全体の容量を小さく見せる方法など目的が達成できるようご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリーソフトでクローンします。
8.1 pro 64bitのSSDの使用領域はたったの41GBしかありません。
Windows7 64bit、Windows8.1 32bitならば、クローンはとても簡単です。
面倒なのは、Windows8.1 64bitの場合です。
UEFIでインストール、高速起動ならば、ソフトで未対応だったりします。
8.1 pro 64bitのSSDをプレクスターから東芝に交換するときは、最初使ったAOMEI Backupperが8.1未対応で見事に失敗。それから、EaseUS Todo Backup Freeで成功してます。
そして、2日前にAOMEI Backupperが正式に8.1対応になりました。
また、EaseUS Todo Backup Freeでクローン成功後、アンインストールしたらスタート画面からいくつかアイコンが消滅。ちょっと前に、バグ修正されたバージョンになってます。

パーティション管理ソフト
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140411_644012.html
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/aomeiparti/
どちらも日本語化されてます。
8.1 pro 64bitでAOMEI Partition Assistant の有料版(4000円ほど)、7と8.1 pro 32bitでフリー版を使ってます。
Windows7、8 32bitならば、どちらのソフトにもあるOSを新しいSSD、HDDにコピーするで簡単に起動ドライブを交換できるようになってます。
8.1 pro 32bitは、AOMEI Partition Assistantで500GBのHDDから128GBのSSDにコピーして、起動ドライブをSSDに変更してます。
でも、8.1 pro 64bitのUEFIインストールだと、AOMEI Partition Assistant(有料版)でも失敗してます。

クローンソフト
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140409_643534.html
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140410_643802.html
AOMEI Backupper Standardでバックアップを使ってます。前バージョンで8.1 pro 64bitのクローン失敗もありましたが、気にせずにこのソフトをインストールしてます。
一般的には、日本語化されてるEaseUS Todo Backupの方が人気があります。

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリー...続きを読む

Qコピー速度が遅い

最近、同一ドライブ内やCFからのコピー速度が遅いことがあります。特に大量のファイルをコピーする際に遅くなりがちです。

コピー中の詳細を見てみたところ最初から遅いわけではなく、コピー中にだんだん速度が落ちていくようです。遅くなる時はPC自体も重たくなります。常駐ソフトは最低限に抑えていますし、他に起動しているソフトを消してみても改善しません。

OSはWindows7です。何が原因でしょうか。

Aベストアンサー

「最近」とおっしゃっているのが気になります。以前はそういうことはなかったということでしょうか。そうすると、No.2さんのご指摘のように、HDD が劣化して、読み出しに時間がかかる(読み出しに失敗して何回もトライするため)ので遅くなったということが考えられます。Crystal DiskInfo(次のサイトからダウンロード)でHDD の健全性をチェックしてください。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

HDD に問題がなければ、やはり、それだけの時間がかかるのだと思います。
同一ドライブ内のコピーは、内蔵の異なったドライブへのコピーより遅くなります。それは、磁気ヘッドを、プラッター上の記録されている場所まで動かして、読み出し、書き込みの場所まで移動して書き込むという動作のためです。(シーク動作と言います。)

サイズの小さいファイルの大量コピーもシーク動作を繰り返しますので、遅くなります。

ファイルコピーのパフォーマンスを測定するツールで試してください。ファイルサイズにより著しい差があることがわかると思います。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/crystaldisk/

多少でも速くコピーしたいときは、コピー速度を向上させたコピーツールがありますので、大量のファイルコピーをたびたびするなら試してください。
I-O DATA のマッハコピー
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/machcopy/
FastCopy
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se360695.html

「最近」とおっしゃっているのが気になります。以前はそういうことはなかったということでしょうか。そうすると、No.2さんのご指摘のように、HDD が劣化して、読み出しに時間がかかる(読み出しに失敗して何回もトライするため)ので遅くなったということが考えられます。Crystal DiskInfo(次のサイトからダウンロード)でHDD の健全性をチェックしてください。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

HDD に問題がなければ、やはり、それだけの時間がかかるのだと思います。
同一ドラ...続きを読む

QCPU、マザーボードが故障していないか検査する方法

PCが壊れたので修理に出しました。
事前に自分なりに色々原因を探してみたのですが結局はっきりと分からず、
「マザーボードかCPUの故障だろう」と考えました。
いずれにしろ自分の手に負えないと思い修理に出しました。
不具合の原因が昨日判明しましたが、どちらかでなく両方壊れていたそうです。

ところで件名の通り、CPU、マザーボードが故障していないか調べる手段はありませんか?
詳しい内容までは理解していませんが、HDDではSMART情報を見れば、
メモリーではmemtestを使えばある程度状態は分かります。
同じようにフリーのソフトでハードウェア(特にCPU、M/B)を検査する物はありますか?

Aベストアンサー

CPU、マザーボード、電源の障害は見極めが難しく、正常品のストックを抱えているショップならともかく、個人ではパーツをとっかえひっかえなど出来ませんから、特定が困難なケースが大多数であるというのが正直なところです。PC-DOCTORみたいな総合検査ツールもありますが、上記パーツの障害には無力なケースが多いです。
自力で何とかしてしまうような人は、寝かせてあるパーツをいくつも持っているようなマニアか、その道のプロです。
自力解決を目指すなら、ケースバイケースの対応で経験を積んでいくしかないのではないでしょうか。

QHDDの不良ブロックの解消方法を教えて下さい。

デスクトップPCで、立ち上げ時にHDDアクセスランプが付きっぱなしで
その間、約5分間位アクセスできない状態になります。
イベントログのシステムで調べたところ、イベントID=7で下記のエラー
が6秒おきに出されていました。そこで、DドライブをOSのフォーマットを行ってみましたが、変化無しでした。ちなみに立ち上げ後は、C,Dドライブ共に正常に読み書きはできます。何かエラーの解消方法はありますでしょうか。すでにかなりのファイルが入っているので物理フォーマットは避けたいところですが。

----- ここから
デバイス \Device\Harddisk0\D に不良ブロックがあります。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
----- ここまで

Aベストアンサー

ハードディスクには、多少の余裕の領域が用意されていて、
不良ブロックがあれば、代替処理を行うことで「その部分」を利用しなくなります。


マイコンピュータから、Dドライブのプロパティを開き、ツールの中の「エラーチェック」を行ってください。
※名称がちょっと違うかも。
レ点をつける個所が2つあると思います。
両方付けて実行ですが、念のため、事前に別媒体へのバックアップも検討してください。
再起動時にチェックが行われ、必要な代替処理を行ってくされます。

破損個所が広がるとデータ破損も拡大することを忘れなく。

QHDDのキャッシュは数字が大きければ速い?

HDDの性能詳細によくキャッシュと書いてありますが、8MBと16MBとでは、どちらの方が速いのでしょうか?
というかキャッシュは何に対して速くなる要素なのでしょうか?

Aベストアンサー

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的には速くなっているとも言えますが
本来、キャッシュメモリは規格上(理論上)のPC性能に近づけるためのしくみです。

厳密に言えば、多いほうが性能が向上する見込みはあります。
しかし、Quantum LP240Sがもてはやされた時代に比べれば
HDDのキャッシュメモリ容量が、決定的な性能差を生むことは無いと思います。
当時はOSのキャッシュ機構が拡張バス上の遅いメモリー使ったりしてたけど
今は、数GBのメインメモリーがディスクキャッシュに活用されたりするしね。

あと、キャッシュの多いメモリーのほうが機械的動作の負担が少なく
耐久性が上がるという説もあるけど、まゆつば。

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報