あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

近親相姦の小説を探しています。
精神病等に関わらず、なんでもOKです。
別に描写等が細かくなくても構いません。苦悩等が有りでも構いません。
『殺戮にいたる病』を読みました。
このような猟奇的でも構いません。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

板東真砂子さんの「狗神」

    • good
    • 0
この回答へのお礼

anzuppa様
「狗神」早速拝読致しました。
究極の「近親相姦」のお話でした。
映画にもなったので、そちらも拝見させて頂きました。
映画は原作と若干違ってました。(映画は村人が殺すんじゃなくて、集団自殺とされましたが・・・)
大変面白かったです。
有難う御座いました。

お礼日時:2009/07/19 09:38

あまりにも「文学的」かもしれないのでためらわれるのですが、タイトルがタイトルであるので・・・


アナイス・ニン『近親相姦の家』(Anais Nin: House of Insest)
原作のペーパーバック版は Bantam Books など、翻訳本は太陽社。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bakansky様
 回答有難う御座いました。

お礼日時:2009/07/27 18:08

こんにちは。



宮本輝「焚火の終わり」
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3137158
はいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

morikumi55様
 回答有難う御座います。ただいま、読書中で御座います。

お礼日時:2009/07/27 18:09

イアン・マキューアン「セメント・ガーデン」「最初の恋、最後の儀式」



嶽本野ばら「鱗姫」

古典ですが、「オイディプス王」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kanako2005様
嶽本野ばら「鱗姫」を拝読させて頂きました。

後、御紹介していただいた御本は只今捜索中で御座います。

有難う御座いました。

お礼日時:2009/07/19 09:40

既にお読みの可能性が高いですが、直木賞を受賞した桜庭一樹の『私の男』

    • good
    • 1
この回答へのお礼

bakansky様。
 回答有難う御座いました。

お礼日時:2009/07/27 18:10

内容が異なっているかもしれません。


通販サイトです。
http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=30682960

本のさがしかた全般で

気に入った内容のホンが合ったらば、その著者をの本を全部揃える。
ネットで著者・編者を検索してみてください。
新本検索サイトです
http://www.books.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

usokoku様

有難う御座います。

お礼日時:2009/07/19 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近親相姦を題材にした小説

近親相姦を題材にした小説をさがしています。みなさんのオススメがあれば教えてください。
性的虐待のようなものではなくて、お互い同意の上で(?)と言うか、ちゃんと恋に落ちてそうなった、と言うような感じのものが良いです。
出来れば兄と妹か従兄弟同士の関係が良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソポクレース著『オイディプス王』。
フローベール著『聖ジュリアン傳』。『三つの物語』所収。

Q日本文学でこんなテーマのもの教えてください!

日本文学で昔の暗い部分を扱った小説を教えてください。(近親相姦・子殺し・娼婦がテーマのもの・差別をあつかったもの・夜這い など…)また、青空文庫も読んでいるのでそちらでもあったら教えてください。プロレタリア文学や女工哀史を読んで下層社会の苦しみのようなものを知り、もっとほかの闇の部分、または昔の性や恋愛のあり方(例えば近親相姦でも愛し合っているとか…)を読みたいと思っています。民俗学の本を読めと言われそうですが、今回は小説限定でお願いします。

Aベストアンサー

深沢七郎の「楢山節考」はかつての寒村での、子供の間引きとか人身売買とか、姥捨てとか、それから獣姦なども出てます。
他には大江健三郎の、「我らの狂気を生き延びる道を教えよ」の中の短編「狩猟で暮らしたわれらの先祖」には部落差別、近親相姦なんかがあり、なんとなく要望に近い気がします、暗くて重いですし。

直接近親相姦というのじゃないですが、それに近いものとして、且つ小説として面白いものとしては、
宮本輝の長編「避暑地の猫」とか、
さらに遠いものとしては大岡昇平の「母六夜」の中の「沼津」とかツルゲーネフの「はつこい」とかでしょうか、これらも許容範囲をかなり広く持てばご覧になってみるのも良ろしいかと。

Q近親相姦

近親相姦を題材とした小説を探しています。
親から子への性的虐待では無く、オイディプス王の様に互いに知らずに、と言う形や、解っていても惹かれ合ってしまう、と言う様なあくまで「恋愛」的なものです。
主に親子の話を探しているのですが、兄妹(姉弟)でも構いません。
義理では無く、血縁関係にあるものでお願いします。
東野圭吾さんの「私が彼を殺した」
三浦哲郎さんの「百日紅の咲かない夏」
桜庭一樹さんの「私の男」
京極夏彦さんの「魍魎の匣」
以外にお勧めの小説がありましたら教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 江戸川乱歩「蔵の中」


人気Q&Aランキング