ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

近親相姦を題材にした小説をさがしています。みなさんのオススメがあれば教えてください。
性的虐待のようなものではなくて、お互い同意の上で(?)と言うか、ちゃんと恋に落ちてそうなった、と言うような感じのものが良いです。
出来れば兄と妹か従兄弟同士の関係が良いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソポクレース著『オイディプス王』。


フローベール著『聖ジュリアン傳』。『三つの物語』所収。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オイディプス王は読んだことがあったのですが、聖ジュリアン傳は知りませんでした!
早速読んでみます。ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/23 03:25

倉橋由美子 『聖少女』(1965年)



今も輝きを失わない前衛的な小説で、倉橋由美子の代表作。
「ぼく」が高校生の時、悪仲間と強盗をした帰り道、偶然出会った美少女が「未紀」だった。それから6年後、「ぼく」は新聞の自動車事故の記事の中に、彼女の名を発見する。未紀はポルシェを運転中に事故を起こし、重傷を負って記憶喪失になった。同乗していた母親は死んだ。
「ぼく」は未紀の入院先の病室に通うようになる。やがて回復し始めた彼女は、「ぼく」にノートを託す。その謎めいた3つの手記を、「ぼく」は読み解こうとする。彼女が昔書いた物で、内容が本当なのか空想なのか、彼女自身にも分からなくなっていたのだ。

「いま、血を流しているところなのよ、パパ。なぜ、だれのために? パパのために、そしてパパをあいしたためにです。もちろん。」

野田秀樹も少年時代に「倉橋由美子病」にかかったと、講演で言っていた。一冊読むと病みつきになるのよね。池袋西武のスタジオ200だったかな。スタジオ200というのは、今はもうない。野田は先日NHKの深夜の番組で宮沢りえと対談していた。宮沢も年相応に老けていた。昔は妖精のように可愛かったのに。時は流れた。でも、『聖少女』は不滅です。
    • good
    • 1

桜庭一樹「私の男」。



父と娘の話です。
初めは虐待っぽさも感じるかもしれませんが、
徐々に愛し合っていく過程が面白いです。

直木賞受賞作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「私の男」は以前読んだことがありました。最近映画化されたようですね!
ありがとうございました!

お礼日時:2014/08/23 03:27

官能小説

    • good
    • 1
この回答へのお礼

出来れば、純文学と言われてるようなものでお願いします…(>_<)

お礼日時:2014/08/22 06:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近親相姦の小説

近親相姦の小説を探しています。
精神病等に関わらず、なんでもOKです。
別に描写等が細かくなくても構いません。苦悩等が有りでも構いません。
『殺戮にいたる病』を読みました。
このような猟奇的でも構いません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

板東真砂子さんの「狗神」

Q日本文学でこんなテーマのもの教えてください!

日本文学で昔の暗い部分を扱った小説を教えてください。(近親相姦・子殺し・娼婦がテーマのもの・差別をあつかったもの・夜這い など…)また、青空文庫も読んでいるのでそちらでもあったら教えてください。プロレタリア文学や女工哀史を読んで下層社会の苦しみのようなものを知り、もっとほかの闇の部分、または昔の性や恋愛のあり方(例えば近親相姦でも愛し合っているとか…)を読みたいと思っています。民俗学の本を読めと言われそうですが、今回は小説限定でお願いします。

Aベストアンサー

深沢七郎の「楢山節考」はかつての寒村での、子供の間引きとか人身売買とか、姥捨てとか、それから獣姦なども出てます。
他には大江健三郎の、「我らの狂気を生き延びる道を教えよ」の中の短編「狩猟で暮らしたわれらの先祖」には部落差別、近親相姦なんかがあり、なんとなく要望に近い気がします、暗くて重いですし。

直接近親相姦というのじゃないですが、それに近いものとして、且つ小説として面白いものとしては、
宮本輝の長編「避暑地の猫」とか、
さらに遠いものとしては大岡昇平の「母六夜」の中の「沼津」とかツルゲーネフの「はつこい」とかでしょうか、これらも許容範囲をかなり広く持てばご覧になってみるのも良ろしいかと。

Qエロ小説でも犯罪小説でも純文学?

質問1
芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。
まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、
苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。

こういうのも純文学、っていうんでしょうか?
エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・

純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。
そういう内容でもいいんですか?


質問2
それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか?
募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

Aベストアンサー

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人公の絵師、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。話を受け入れた良秀ですが、彼は「実際に見たものしか描けない」絵師でした。彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。しかしどうしても仕上がらない。燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿を書き加えたいが、どうしても描けない。つまり、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えて出ます。話を聞いた大殿は、その申し出を受け入れました。当日、屋敷に呼び出された良秀は、車に閉じ込められたわが娘の姿を見せつけられます。良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。これも明らかな「気違いじみた犯罪の描写」です。

ですから「犯罪を純文学に表現として入れるのは」問題ないと思います。


それとエロは作品全体がエロなら「官能小説」になりますが(例えば団鬼六作品)、一部描写では、全く問題は無いでしょう。大正時代は「接吻」と表現しただけでも「エロい」描写とされてましたからね。


質問2 =

こちらのURLをどうぞ

http://www.bunshun.co.jp/award/index.htm

質問1 =

芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人...続きを読む

Qテーマが近親相姦の本…

近親相姦…と言うとなんかすごいですが、兄妹・姉弟で好きになっちゃってせつない…系な話が読みたいんです。「罪にぬれたふたり」「僕は妹に恋をする」意外でお願いします。小説でもOKです。ちなみにエロ(笑)が読みたいわけではないです(^_^)ゞ全くないのもヘンですがそればっかり…ってのは困ります。うるさい好みですが御存じの方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

小説ですが…。
村山由佳さんの「星々の舟」という本があります。
ひとつの家族を描いた小説ですが、兄妹のせつない恋の話があります。
せつないですよ。
この本で、賞もお取りになっています。
是非どうぞ。
まったくエロではないです(笑)

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31110654

Q近親相姦

近親相姦を題材とした小説を探しています。
親から子への性的虐待では無く、オイディプス王の様に互いに知らずに、と言う形や、解っていても惹かれ合ってしまう、と言う様なあくまで「恋愛」的なものです。
主に親子の話を探しているのですが、兄妹(姉弟)でも構いません。
義理では無く、血縁関係にあるものでお願いします。
東野圭吾さんの「私が彼を殺した」
三浦哲郎さんの「百日紅の咲かない夏」
桜庭一樹さんの「私の男」
京極夏彦さんの「魍魎の匣」
以外にお勧めの小説がありましたら教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 江戸川乱歩「蔵の中」

Qきょうだい。

「禁断の果実」「天使禁猟区」「罪に濡れたふたり」などのような、実のきょうだいが愛し合う(両思い)お話って他にどんなものがあるでしょうか? 小説でも漫画でも構いません。成人指定のもの以外でお願いします。回答お待ちしております。

Aベストアンサー

とりあえず思いついたものを。。。

「今日もみんな元気です」猫山宮緒
漫画:双子が互いに好意を抱きあっているような・・

「この悲しみの世に」曽野綾子
小説:異母(父)きょうだいが子供まで生んだような・・・

Q姉弟、兄妹の恋愛または年の差カップルの恋愛小説

こんにちは。吉本ばななの「哀しい予感」を読んで姉弟の愛がすごくいいなあと思いました。
あたたかくてせつない気持ちになれる姉弟愛、兄妹愛を描いた小説を探しています。または年の差カップルの恋愛小説も読みたいです。
年の離れたきょうだい愛、とかでもいいです。
おすすめの本がありましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

姉弟愛って、近親相姦って意味ですか??


歳の差は、

ナラタージュ:島本理生
<先生と元生徒>

眠れるラプンツェル:山本文緒
<主婦と中学生>

ツ、イ、ラ、ク:姫野カオルコ
<先生と生徒>

なんかが面白かったですよ^^


人気Q&Aランキング