親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ガソリンランタン買いました。
車のトランクに横にして置いた場合(縦には置けないです)、ガソリンが漏れたりしませんか?
ちょっと不安なので質問してみました。

もし大丈夫だとしたら、「どうしてガソリンが漏れないのか」という説明も欲しいです。

これを買いました。

http://www.coleman.co.jp/shop/goods/goods.aspx?g …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

車の種類がわかりませんが、ランタンは必ず、立てて現地まで運びましょう。

そうでなくてもノーススターランタンの場合、筒型のマントルになるので現地について、あなた自身、やな思いをしますよ。 私の場合は、セダン(トヨタ チェイサー)で行ってる時からセカンドシートの足元にコールマンランタン(290、288、286)3台立てて運んでいました。その上にはシュラフ等の柔らかい物を乗せておく。 今でも車は変わりましたが車での置き場所の変更はなく、基本はセカンドシートの足元近辺です。 横にして積載した場合燃料キャップ、つまみがOFFになっていれば、基本的にはガソリンが漏れるという事は聞いた事がありません。
というか、私の周りのキャンパーの中に、ガソリンランタンを横にして積む人間がいませんが…。 マントル自身も壊れる恐れがありますが、ガラスのホヤも決定的な致命傷を受ける事でしょう。  コールマンランタンの種類の中でも、ソフトケースに入った物もありますが、基本的にはハードケースに入れて、グローブラップに包んで積載が1番おススメの積載方法かと思います。 あと、縦に積むにしても、横に積むにしてもマントルの予備は必ず、持って行く事です。 ホヤが割れても最悪、アルミホイルで代用出来ますが、マントルだけは代用品がありませんのでご注意を!  私の場合は1つのランタンに対してマントルの予備は3つ入れてあります。 といっても、3年位、マントル壊れていませんが。   それでは、楽しいキャンプライフを!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に参考になりました。横置きでもガソリン漏れはないとしても、マントルやグローブ破損のリスクも考えると、本来縦置きで運ぶのがベストなんですね。

あとグローブ破損でもアルミホイル代用の話は非常にためになりました。

お礼日時:2009/07/31 22:29

 ガソリンランタンはポンピングによってタンク内に内圧をかけ、その圧力でガソリンを抽送して点火する機構になっています。

(芯で燃料を吸い上げて燃焼させる方式は、ガソリンでは引火性が強すぎるので危険すぎて使えません)
 従って、横倒しにしたくらいでガソリンが漏れるようなモノは、"ガソリン燃焼器具"として成立しません。横倒しにしていたらガソリンが漏れた、という経験がある人は、エアステムをきちんと閉めていなかったかパッキンが傷んでいたかのどちらかでしょう。つまり使用方法かメンテナンスが不適切だった、ということです。

 横倒しにするとポンプ部からガソリンが漏れる、という状態では、使用するためにポンピングをすると100%確実にポンプ部から気化したガソリンが漏れてくる理屈です。そんな器具、危険で使えませんよね。

 ただし、燃焼の調節バルブやエアステムが開いていると、これも当然のことですがガソリンは漏れてきます。出口を開いているのですから当然です。
 エアステムというのは、コールマンでそういう呼称になっているのかどうか知りませんが、要するに「圧抜きバルブ」のことです。コールマンの器具ではポンピングノブ内蔵になっていて、ノブを時計回りに回せば締まり、反時計回りに回せば開く方式になっていたかと思います。
 使用時以外にはこれらのバルブは閉めていることがガソリン燃焼器具を使用する基本中の基本ですから、正しくメンテナンスしている器具を正しく使用している限り、ガソリンが漏れることはないはずです。

 というわけで、移動中は横倒しにするしないに拘わらず、燃料キャップはもちろんですが燃料バルブとエアステム(ポンプノブ)を締めておくことが必要です。あ、もちろんボンベ内圧は抜いておくこともです。

 知らない間にパッキンが傷んでいたりして漏れることもありますから、移動中は燃料は抜いておいた方が安全ですけどね。

 また、ランタンを横倒しで運搬した場合は、燃料漏れよりホヤやマントルの破損の方が可能性が高いです。ですので、可能ならば正立状態で運搬した方が間違いは少ないでしょう。横倒しにする場合はホヤは緩衝材で保護するとしても、マントルは交換に備えて予備を持って行った方が良いです。横倒しにしなくても、マントルの予備の1枚くらいは常時持っているべきですが。

 というわけで、簡潔に書けば正しくメンテしたモノを正しく使用している限り、横倒しにして運搬しても問題はない、ということです。
 ただし、正しい使用の方はともかく、正しいメンテの方は"いつでもok"とは限りません。早い話、パッキンの傷みなどはガソリンや気化ガソリンが漏れることで初めて気づくようなことが多々あります。
 ですので、正立で運搬するか横倒しにするならガソリンは抜いておくのが、より安全な方法でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漏れることはなさそうですね。安心しました^^
でも横置きにすると、他の方からもマントルやグローブ破損リスクがあるとのご指摘を受けました。
今後は縦置きします。

お礼日時:2009/07/31 22:35

私も似たようなのを持ってます。


試してみればすぐにわかることですが、だらだらと漏れたりはしません。
もれたとしてもたぶんじわじわ。
それでも気になるなら、運搬時は燃料を抜くとかすればいいのではないかと。
あと、横にするとホヤが割れやすくなるので、古いタオルなどで包む必要があるかも。
それでもマントルは壊れやすくなると思うので、予備を十分に持つ。
それくらいすれば、横にしてもまあなんとかなるでしょう。

でも、できれば、なんとかして縦に積んだほうがいいのは確かです。トランクでだめなら、後部座席とか。
あるいやヤフオクかなんかで売っぱらって、トランクに入るサイズのを買いなおすとかね。
    • good
    • 0

横にすると、そのポンプ部から漏れます(^^;



圧が掛かって無くてもジワジワと抜けてきますので鵜呑みにしないでご注意ください
    • good
    • 0

コールマンのランタン(に限らないですが)はタンク内のガソリンを、タンクについたポンプでタンク内を加圧して、タンクについたコックを開くことで、ジェネレータ(ガソリンを気化させる部分)に燃料を流して、その先で燃焼させる、そんな仕組みになっています。



昔からある灯油ランプやアルコールランプなどのように「芯が吸い上げた燃料に火をつける」という仕組みではありません。

このため、タンクのコック(火力調節)を閉めておけば燃料は出てきません。念を入れるなら、いったん給油口を開けて圧力を抜いて置けばよいでしょう。(気温が高いといったん圧力を抜いてもガソリンの気化で多少は圧力がかかる)
#給油口を開けるときはガソリンが流出しないように、角度や開けるスピードに注意するひつようがあります。

ただし、ランタンに限って言えば、マントルという、いわゆる光を放つパーツは素材的に脆いのですが、これは上あるいは下側からのみランタン本体に支えられている構造なので、横置きにして激しい震動が加わった場合に破損する可能性が無いともいえません。

#自分はガスランタンを2つ持っていますが、10数年使っていますが、マントルが破損して交換したことは1度もありません。買ったときに付けたのみです。

もちろん、芯で吸い上げる仕組みのランタンであれば芯を抜いて蓋をするなどしないと燃料が漏れる可能性があるのは言うまでもありません。(横置きしなくても車の振動や揺れでも)

あと、このジェネレータ構造の欠点として、火が消えてもジェネレータ内部に燃料がのこってしまい、傾けるとこれが流れ出てしまうという事はあります。(特にジェネレータが長い製品、たとえばツーバーナ等)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

圧を抜いた状態であればコックを閉めると漏れないわけですね。
ありがとうございました^^

マントルのほうも参考になりました。

ガソリン漏れとマントルの破損を考えると縦置きがよさそうですね。

お礼日時:2009/07/31 22:24

ガソリン漏れます


マントルもすぐ破れます

使いたい時に使えない器具でいいのであれば、横置きしてもいいでしょう(^^;

この回答への補足

それが「何故漏れるのか」という説明をお願いします。

補足日時:2009/07/29 16:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qランタンの運搬方法を教えて!

皆さん,こんばんは(こんにちは)

私は,ファミリーキャンプ暦数回の者です。
これまで,ランタンと調理器具は,主にガス製品でしたが,低温対策のため,コールマン ツーバーナーと ノーススター2000ランタンを購入しました。お庭でのテストは,共に良好,低温対策の目的が果たせそうです。
そこで,質問です。

質問1 「ランタン運搬時は縦置きにしなけらばならない」のはなぜか('_'?)?
・・・ノーススターは明るいですが,高さが想像以上にあることに驚きました。自分は,キャンプ用品のほとんどは,種類ごとにコンテナに収納して,自動車に積み込んでおります。ですが,ノーススターは大きいから,横積みにしようと思っておりましたところ,友人が,「縦置きに収納しないといけない。理由は分からないけど(。_゜)〃」と言っております。なぜですか?

質問2 「燃料は,出発前に,ツーバーナーとランタンのタンクに適正量を入れておき,補充用に1リットル缶を2つ持っていく」という方法は問題ないか
・・・4リットル缶はがさばるし,補給時に重いので,1リットル缶にしたい。何本も持っていくのが面倒なので,あらかじめタンクに入れておき,補充用に最低限の量2本を持っていきたいが,このような方法で問題はないですか?

皆様のご回答お待ちしておりますm(._.*)mペコッ

皆さん,こんばんは(こんにちは)

私は,ファミリーキャンプ暦数回の者です。
これまで,ランタンと調理器具は,主にガス製品でしたが,低温対策のため,コールマン ツーバーナーと ノーススター2000ランタンを購入しました。お庭でのテストは,共に良好,低温対策の目的が果たせそうです。
そこで,質問です。

質問1 「ランタン運搬時は縦置きにしなけらばならない」のはなぜか('_'?)?
・・・ノーススターは明るいですが,高さが想像以上にあることに驚きました。自分は,キャンプ用品のほとんど...続きを読む

Aベストアンサー

>>2 最初だけ1L缶2個かって,家には4Lを置き,せこせこ,
>  1L缶に補充していく作戦です(^^;;

キャップやパッキンなど再利用を目的に作られていませんので、ご注意ください

漏れる事があります。

SIGなど専用の燃料携行ボトルなどがありますので、それらに入れ替えたほーがいいですよ。

Qコールマンのフューエルファンネルの使い方

ランタンと一緒にコールマンのフューエルファンネルを友人から譲り受けたのですが、フューエルファンネルの使い方がいまいち分りません。
詳しい使い方を教えてください。
また、ガソリンフィラーと比べてどちらが使いやすいとか、こぼれにくいとかを知りたいのですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも過去の経験からフィラーよりファンネルを使用しております。

さて、使用方法ですが、

1.ランタンを地面に置く
  水平で注がなければ、推奨される量を越える可能性があるため。
  あまりに満タンにしてしまうと、空気の圧縮スペースが確保できないため。
2.ランタンの燃料を挿入する蓋をあける
3.ランタンのガソリン挿入口にファンネルを差し込む
  ファンネルは、その斜めの注ぎ口を地面へ平行にする
  差し込みはきっちり行う(隙間があると、期待通りの効果が得られない)
4.ガソリンの蓋を開けファンネルにガソリンをゆっくり注ぐ
  ガソリンは口が上を向くように注ぐことでこぼれにくい
5.ガソリンのランタン注入がとまり、ファンネル内部のゴム水平まで届いたら、ガソリンを注ぐのをやめる(ちょうど満タンになります)
6.ファンネルをゆっくり引き抜きファンネル内部のガソリンを注ぐ
  (私はこのときランタンを傾けます。よくこぼしてしまうので)
7.ガソリンのキャップを閉じて終了

ファンネル内部の白い部分はガソリンでぬれてしまうので、数分乾かしておくことをお勧めします。

わたしも過去の経験からフィラーよりファンネルを使用しております。

さて、使用方法ですが、

1.ランタンを地面に置く
  水平で注がなければ、推奨される量を越える可能性があるため。
  あまりに満タンにしてしまうと、空気の圧縮スペースが確保できないため。
2.ランタンの燃料を挿入する蓋をあける
3.ランタンのガソリン挿入口にファンネルを差し込む
  ファンネルは、その斜めの注ぎ口を地面へ平行にする
  差し込みはきっちり行う(隙間があると、期待通りの効果が得られない)
...続きを読む

Qコールマンのランタン200Aの点火方法

現在コールマンの285を使用しいます。今回200Aを入手しましたので皆さんの点火方法を教えてください。285はベンチレーターとベイルが一体になっているので容易に脱着が可能でまたフレームの底の穴の部分も大きいためチャカマン等を挿入して直接点火も出来たのですが200Aはベンチレーターとベイルが一体ではなくフレームの隙間からもチャッカマンが入らないため、ベルを外す→ベンチレーターを外す→グローブ外す→点火→逆順しか思い当たりません。ベイルでベンチレーターをあまり傷つけたくないので皆さんの点火方法を参考にさせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も先日200Aを購入し点火時に何でフレーム下の穴から点火したらよいか色々調べていました。
そこで見つけたのがパーママッチです。
現在では製造されていないみたいですが、たまにオークション等で出品されるみたいです。私も欲しいのですが、値段が4000円くらいするので、考え中です。
それと私がやってみたのが、線香です。
線香でも一応着火できました。

参考URL:http://xjmarin.seesaa.net/image/stove_body31.htm

Qガソリンランタンの点火方法についてです。

ガソリンランタンの点火方法についてです。
先日、コールマンの286Aを購入しました。点火時にどうしてもランタンの外まで炎が上がってしまいます。
10秒ほどするとマントルが完全に着火し炎は収まるのですが、ガソリンランタンの場合はこんなものなのでしょうか?それとももっとうまく点火できるのでしょうか?
私の点火方法は、
(1)燃料バルブをOFF、ポンプノブを閉じる
(2)ガソリンを8割ほど入れる
(3)ポンピング(ポンプノブを指で押さえられなくなる位まで)
(4)下から火を入れ、燃料バルブを半分くらいまで開ける
です。
何かコツなどがあれば教えていただけると幸いです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。
>同じ機種を使ってらっしゃるんですね。
はい。定番ですね。

>nateomさんは炎を吹き出さずに点火されてますか?
最初のころは、すすで真っ黒になるくらい、ベンチレーターから炎を噴出させてましたが、
最近は炎が噴出すことはほとんど無いです。

>ちなみに”弱の位置”とおっしゃられているのは”LOW”でしょうか?
そうです。LOWにあわせてから追加ポンピングしています。
書き方が悪くてすいませんが、ライターに火をつけてつっこんだまま、
バルブをゆっくり開いて点火しますが、つまみは一気にLOWまでは開かず、
火のつきぐあいを見ながらじんわり開いていきます。
ついたら、ようやっとLOWまで回り、LOWの状態で追加ポンピングします。

>さっき現物を見て気づいたんですが"LOW"って結構"MAX"に近いんですね、ノズルの位置。

ノズル?つまみとしては、回る半分くらいのところがLOWかなと。

火の明るさ、という意味なら、たしかに、LOWの手前のほうがほの暗くていい感じ。
LOWまでくると結構明るすぎ。明るさの差は、MAXとLOWの差よりも、LOWとそのちょい手前の
差のほうが大きい気がします。

>あと、"LOW"も"MAX"も明るさあまり変わりなさげなのですが、nateomさんはどうお感じですか?
"MAX"だと結構燃焼音?も結構大きいんですね。

LOWからMAXに、つまみひねったらすぐに明るさが劇的に変わる、という感じは確かにしませんね。
LOW以下に下げてもしばらくは光ってますし、(でもだんだん暗くなって途中で消えちゃう)
ちょっと明るさが変わるまでにタイムラグがある感じがします。(うちのだけかもしれませんが)

maxもそうですが。lowでも燃焼音は大きいです。

で、音の問題もありますが、LOWで十分明るいし、結局LOWで使うケースが圧倒的ですね。

No2です。
>同じ機種を使ってらっしゃるんですね。
はい。定番ですね。

>nateomさんは炎を吹き出さずに点火されてますか?
最初のころは、すすで真っ黒になるくらい、ベンチレーターから炎を噴出させてましたが、
最近は炎が噴出すことはほとんど無いです。

>ちなみに”弱の位置”とおっしゃられているのは”LOW”でしょうか?
そうです。LOWにあわせてから追加ポンピングしています。
書き方が悪くてすいませんが、ライターに火をつけてつっこんだまま、
バルブをゆっくり開いて点火しますが、つまみは一気...続きを読む

Qノーススター2000の着火が異常?

ノーススター2000ランタンを2年ほど使っていますが、購入当初から着火が異様です。
症状は、自動着火スイッチを押すとガスの爆発みたいになります。P&ペグで着火方法の手ほどきを受け、ポンピング後に少し開いて濃いガス(このとき白いガス状になります)を抜き、いったん止めたあとしばらくして再び開いて(カチカチカチと)自動点火スイッチを押すのですが、必ずここで「ボッッ!」と炎がガラスのほやから漏れて、爆発に近いような点火です。改善されません。それでいつも手の甲の体毛はコゲコゲ。ガソリンの入れすぎやポンピングの不足など、注意しているのですが・・・。
どなたか同じような症状を経験した方などおられましたら、改善の方法アドバイス下さい。

Aベストアンサー

こんにちは!
確かにガソリンランタンは生ガスが出やすいので、ボッッ!となりやすいです。
ガスコンロのようにはいきませんね。
なるべく穏やかに着火するのは経験が必要です。
ポンピング後に生ガスを抜くところは良いのですが、その後のガスの出し具合と点火のタイミングが全てですからね。

>再度開いて(カチカチカチと)
のところが問題です。感じとしては耳を澄ませ、ゆっくりと開いてゆきガスが少しずつ出始めたら、すぐにカチカチカチです。(極端に言うと、カチカチカチしながらガスを出し始める感じ)
くれぐれも一気に開きません。

それとポンピングは十分にね!

では練習してみてください。

Q雨の日のランタン

雨の日にキャンプをした事が無いのですが、
ランタンは雨に濡れても平気なんでしょうか?

タープですが、今回はコールマンのスクリーンタープを使用する予定です
ランタンはスノピのパイルドライバーで吊るします

雨が降った場合、ランタンはどこへ吊るしたら良いですか?

Aベストアンサー

屋外で使用するキャンプ用品なのですから、雨の中で使っても
問題ありません。
ただし、風が強い日は、落下→ホヤの破損 に気をつけてください。
とは言っても、「ホヤが割れても、海外のキャンパーは平気で使って
いて、それ以来、自分もホヤなしで使っている」と、
かつて、清水国明さんが言っていましたが・・・

気になるなら、タープの中に吊るせばいいでしょうが、生地にあまり近いのは危険でしょう。
後は、いろいろな天候を経験して、自分なりのノウハウを蓄積してみてください。それこそが、キャンプの楽しみです。
「こうしなければいけない」とか「これを使わなければいけない」
というのは、ないんです。いろいろ試してみてください

QBBQコンロで焚き火はできないか?

現在サウスフィールド(アルペングループのグッズ)のコンロでBBQを楽しんでいます。
写真のモノを持っています。

焚き火をしてミニキャンプファイヤー&鍋料理(ダッチオーブン)なんかもしたいんですが焚き火台はBBQコンロに比べ高い!
見た感じそんなにゴツイわけでもないのに1000~2000円で買えるBBQコンロより何故高いのか・・・

そもそもBBQコンロで焚き火できないのでしょうか?

御教授お願いします。


また、一般的なカセットコンロって野外では使えないんですかね?最近はカセットガス使うストーブみかけるんで、それがOKなら冬場でもない限りカセットコンロも野外で使えるような気がして・・・

Aベストアンサー

>そもそもBBQコンロで焚き火できないのでしょうか?

できますが。
炭焼こうが、焚き木を焼こうが同じことです。

今時のオートキャンプ場だと
焚き火台を使用しても
焚き火は禁止というところが多いので、
見ることは少ないだけだと思いますが。

ただ、炎がでかいので、下手すると
横についているつまみ部分のプラスチックは
溶けてしまいますよ(笑)

>一般的なカセットコンロって野外では使えないんですかね?

使えますよ。
カセットコンロは冷気と風に弱いので、
風防を考えたら普通に利用できます。
(無風なら考えるまでもないし)

ハイパワーコンロなら冬場でも使えます。
3500calなんかは昔のアウトドア用コンロと
そん色ないですしね。
自分は雪中キャンプでラーメンを作る程度なら
その手のものを使ってます。

Q高速道路でスキーキャリアが全部とれました!

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかったのですが、一台車がとおり、板が1枚ひかれました。(タイヤの跡がありました(T_T))
拾いに行くと、一番遠くに落ちていた(最初に外れたもの)のが、ボード1枚(ひかれた分です)と、鍵を閉めたのに片方の挟むところが開いた状態の前方のキャリア。手前には、3枚の板がついたまんまの後ろ側のキャリアがありました。
これから推測するには、走行中、前のキャリアの片方の挟むところが外れ、上に置かれたボードは先端が上向きに反っているので、もろに風の影響を受け、後ろ側に反り返って外れ、その反り返りで後ろ側のキャリアも外れたと思われます。
キャリアを止めていた車のボディーはえぐれていました。
もちろん板はボロボロ。。。
その後、7人乗りの車に6人で板5枚を無理矢理車に突っ込んで移動しました。
この場合、PL法とか消費者センターとかでなんとかできるものでしょうか?
板も車もキャリアーも、また、僕らの精神的なダメージは計り知れないものでした。
積載物の落下での事故は良く耳にしていましたので。。。
なにか、良い方法、アドバイス等をお願いします。
現在は、キャリアをメーカーに預け、不具合確認をしてもらってる状態です。

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品に比べて事故率が高いとか明らかにわかりづらい不適当な説明書であることが客観的に証明されることがやはり必要なきがします)がわからないとつらいと思います。
 私自身は法律に詳しくもなく当時の交渉や相談の結果をお話しているのですが、法律も裁判所の対応もメーカーの対応も当時と同じとは限りませんのであくまで当時の話として下の回答をさせていただきました。(当時はPL法なかったです)
 私自身はスキー保険にてお金を支払ってもらいました。(車はノーダメージでしたが)保険屋さんに年式とモデル名を伝えたところ、先方さんで計算した上でお金を支払ってもらいましたが、購入を安くしていたことから、キャリア分(どっからも補償は受けられなかった)+α位の入金がありました。
 また、事故後勉強した結果、スキーの運搬にはシステムキャリア+ルーフボックスの組み合わせにしました、やはり板にも良いし安全面もレベルが違いますから・・・。
 どのような物にも欠陥や事故はあると思うんですが、現実としてはお金で安全性を買うしかないんでしょうねぇ。まぁお金かけてもだめなときはだめなんでしょうが・・・。
 とにかく事故の証拠になるもの(事故現場の写真や回収したキャリアのパーツ)をあちこち持ち込んでみるしかないとは思います。
 ちなみに消費者センターのお世話になったこともありますが(他の製品で役に立ってもらったことがある)、多分今回のケースのような場合同じ商品による事故の発生率が高くない限り目立った成果を(消費者センター)得ることは難しいような気がします。
 

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品...続きを読む

Qスキーキャリアの装着でルーフに傷がつきませんか?

今年買った車でスキーに行こうとキャリアを買ったまではいいのですが、
キャリアを開梱していてちょっと心配になったことがありました。
購入したのはTERZOの製品です。
キャリアが直接乗るフットはラバー製なので大丈夫かな?とは思うのですが、
金属製のホルダーが引っかかるルーフは傷がついてしまうのではないかと
気になっています。
最近よく車の上にキャリアを乗っけている皆さんを見かけますが如何ですか?

Aベストアンサー

現在、エルグランドにベースをつけてますがまさしくその保護ステッカーを使ってますよ。
オートバックスで4枚セットのものです。
保護という点では通常の取り付け状態でしたら問題ないです。
ただし、貼る時にしっかりと塗装のワックス分は落としておかないと1年ほどで剥がれてしまいます。
言い方を変えれば粘着力自体はそれほど強くないです。
剥がす時に塗装をいためる心配はないでしょう。
少なくとも内装品等を取り付ける時に使う両面テープのように強くはないです。


それよりも逆にはがれやすそうなのがちょっと気になります。
貼る前にその部分をしっかり洗ってきちんと貼りましょう。
私の車はパールホワイトで貼ってから3年ほど経ちますが、塗装への影響もほとんどないようです。

結論として、現実的で安くつくいい方法のひとつだと思いますよ、保護ステッカーは。

Qコールマンランタンのノズルつまり

コールマンのガソリンランプMODEL286を使っているのですが、ポンピング後、点火しようとしたところ、いつものシューという音がせず、点火しませんでした。
ノズルのつまりと思われますが、保障期間も過ぎており、自分で直せるところまでやってみようと思っています。
同じ経験をされた方で、構造に詳しい方がいましたら、分解の仕方、チェックのポイントなどありましたらアドバイスください。

Aベストアンサー

はじめまして。

文章でうまく伝える自信がありませんが、いくつかご注意された方がいいと思われる点と、手順を平たく書かせていただきます。

まず、タンクに入っているガソリンは抜いて下さい。
作業中に噴出する可能性がありますから。
燃料キャップも緩めるか、外しておいた方がいいでしょう。
あと、ナットがインチサイズですので、メンテ用に純正レンチがあります。あると便利かもしれません。
小さいモンキーレンチでもできると思います。

ガラスグローブまで外すと、銀色のパイプとジェネレーターが残りますよね。
銀色パイプにクリップがついていますので、それを上にずらすと、輻射熱遮蔽版(3本足に皿が載った様な物)が外せます。

ジェネレーターの根元に、厚みがうすいナットがありますのでそれを緩めると、その下のC字型のワッシャーが外せるようになります。
それを外してしまえば、銀色パイプが下の円盤ごとごっそり外せます。

そこまで行けば、ジェネレーターのナットを緩めればジェネレーターが外せます。外す時には火力調整ノブを最大にしておくと、ジェネレーター内の細い棒外す時に楽です。
(ここでガソリンが入っていると、噴出してしまうわけです。)

清掃には、ホワイトガソリンを使うのが常套手段ではないか思います。
車・バイク用のキャブレタークリーナーも有効でした。
細い棒の先を曲げないように・・・当たり前ですが?

取り付け時には、ジェネレーター内にスプリングとともに収めた細い棒のお尻だけ出して、本体側に引っ掛けて、火力ノブを全閉してあげるとうまくいき易いです。

うまく説明できなくてすみません。
なにか途中すっ飛ばしているかもしれません(汗)

はじめまして。

文章でうまく伝える自信がありませんが、いくつかご注意された方がいいと思われる点と、手順を平たく書かせていただきます。

まず、タンクに入っているガソリンは抜いて下さい。
作業中に噴出する可能性がありますから。
燃料キャップも緩めるか、外しておいた方がいいでしょう。
あと、ナットがインチサイズですので、メンテ用に純正レンチがあります。あると便利かもしれません。
小さいモンキーレンチでもできると思います。

ガラスグローブまで外すと、銀色のパイプとジェネレー...続きを読む


人気Q&Aランキング