ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

2.5CDXべクトラ エアーバッグ警告ランプが、右のドアに、他の車が衝突ドア交換など行い後、点灯したままになりました。
エンジンをかけると1度は消えるのですが、また点灯します。
消す方法をおしえてください。
またこのまま使用するとどうなりますか。 

A 回答 (2件)

どうも、97ベクトラワゴン(Bボディ) GL に乗ってる者っす。




#1さんが触れている通り、コンピュータに記録されている記録を解除する必要がありますわ。

オペルの場合 GM のTECK-2っつー端末(ソフトはOPEL専用が必要)を使うんっすけど、少なくとも首都圏では輸入車を扱う町の修理工場でも普通に置いてありますわ。

基本メルセデスやBMWを扱っている修理工場ならたいていはサラッとやってくれるっす。

質問者様がどちらからの投稿か分からないので、メルセデス好事家が作ったリンク(http://www.asahi-net.or.jp/~FT9K-OZW/factory.htm)を貼っておきます(メルセデスのでっかいのとかいっぱいの中でやってもらうと「大衆車で、なんかスイマセン」とくりぃむ有田的口調になっちゃいますけど)。
ヤナセより安くて確実な所もあればヤナセとさほど変わらない工賃の所もあるので参考程度っすけど。


解除まではできませんが、私も利用しまくっているオペリスト御用達のサイト(http://motor.geocities.jp/opel_user2000/)に簡易診断のやり方(http://motor.geocities.jp/opel_user2000/obd2.html)が紹介されていますわ。

これはイギリスのオペルメンテナンスサイトが元ネタになっているようっすけど、結構使えますわ。

ただし、#5・#6の端子位置を綿密に確認してくださいね。
間違えると壊れちゃいますから。

ひょっとしたら依頼した工場の方がうっかりカプラーを入れ忘れた・入れ方が甘かった的なミスかもしれないので、気休め的にやってみると気は晴れますわ。


っつー事で、実はメンテナンス前提で作られている欧州車の中でもいじりやすいオペルは国産車と違って自分である程度“予測”ができるので嬉しいっす。

世界規模で好事家の方々がいろんな情報公開しているのも、強い味方っすわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いろんな意味でとても参考になりました。

お礼日時:2009/08/26 14:36

修理はディーラーで行いましたか?


外国車の多くのエアーバックは、安全装置維持のため、
異常のシグナルが一度流れると、意図的にコンピューター
に記憶され、安全のため、ディラーへユーザーが持ち込む
ように、ディラーでの解除以外、消灯できないです。
国産車の多くは、テスターが有れば出来ますが、
ベクトラは、町の修理屋さんでは無理でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはりディーラーがべスト、ですかね。

お礼日時:2009/08/26 14:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QアウディA4クワトロ3.0のエアバッグ警告灯が点灯したままです。

同じ質問をしましたが、回答するって表示欄がでていなかったので、再度質問をします。アウディA4クワトロの3.0ですが、先日メーターパネル内の「エアバッグ」の警告灯が点灯したので、ディーラーに診てもらったところ、2時間ほどテスターで調べていても原因がわからないとのこと。修理もできずにテスター使用料として5150円取られ、何日か預けてもらえばといわれましたが、あの様子だと原因を調査せず簡単に部品を交換するだけだと思います。状況としては、走行中でも、アイドリング中でも、エンジンを始動してだいたい6~7分で点灯します。
一度エンジンを止めて、また始動しても同じように6~7分で点灯します。詳しいメカニックの方、同じ経験をされた方、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。確か、半年前くらいの質問に同様なのがあったように記憶していますが、回答は見ていません。

Aベストアンサー

B5のS4を現在所有しております。
似たような症状に遭遇したことがありますが、自分の車の場合、ケーブルの交換で、直りました。
ただ、ダイアグノースで原因が分からない場合は、預けて、エアバック系統の部品を一つ一つ調べていかないと修理は難しいと思います。

ただ、アウディの車はブラックボックスと化しているので、原因が最後まで分からないことは多々ですよ。今のS4で、アウディは2台目で、過去にはクラシックなアウディも所有していましたが、笑えないような症状に遭遇してしまうのはよくあることです。故障を直すんでしたら、ディーラーに持ち込んでか、アウディを専門にやっているメカニックに持っていくかだと思います。

Qエアバック 警告灯

いつもお世話になります。先ほど自分でハンドル交換しました。純正から純正です。交換してセンターがずれていたので直すためエアバックをつけずに、走行してから警告灯が付きっぱなしになりました。そのまえに交換したときは、問題ありませんでした。配線もきちんとつなぎました。何が問題なのでしょう?どなたか詳しくアドバイスください。車は平成6年式のセルシオです。

Aベストアンサー

エアバッグ警告灯は一度ついてしまうと、リセットの処置をとるまで消えません。これはバッテリーをはずすなどの手段でもリセットされることはありません。

できればディーラーに行ってリセットさせることが望ましいのですが、方法が無い訳ではありませんので、記載しておきます。

エンジンルーム内のダイアグノーシスコネクタまたは運転席足元のカバー部分にある丸型のコネクターのふたを開けて、次の3つの端子を(ふたに端子の配列が記載されています)見つけます。1)TC 2)AB 3)E1の3つです。次にこれらの端子にリード線などを加工して差込み、イグニッションスイッチをオン(エンジンはかけない)にして、E1とTC・E1とABをTC側から初めて1秒に一度づつのタイミングで5回短絡させます。この操作を行った後エアバッグの警告灯が早い点滅を繰り返していればリセット成功です。リセットに成功したら、一度イグニッションキーをオフにし通常どおりエンジンをかければ警告灯は消灯します。ただし、この操作はなれが必要でタイミングが正確でないとだめなことはもちろんそれぞれを短絡させる間に間があってもうまくいきません。また、間違った端子を短絡させると故障の原因にもなりますので要注意です。

ディーラーに行けば専用の機器を接続してあっという間にリセットできます。

また、ステアリングコラム部分にエアバッグと車両側のハーネスを接続するためのケーブルリールがあるのですが、このケーブルリールは取り付け位置が決まっていて、位置を間違えると内部のケーブルが破断してしまいます。このような場合はケーブルリールASSYでの交換が必要です。

エアバッグについてはできるならば、十分な知識を持たないのであれば手を触れるべきではない装置であることを、警告しておきます。万一の事故の際の操作不良はもちろんですが、取り扱いを誤ると不意にエアバッグが動作して怪我の元にもなります。エアバッグの膨張速度は驚くほど速く、手にもった状態などで動作すれば間違いなく怪我をします。

エアバッグ警告灯は一度ついてしまうと、リセットの処置をとるまで消えません。これはバッテリーをはずすなどの手段でもリセットされることはありません。

できればディーラーに行ってリセットさせることが望ましいのですが、方法が無い訳ではありませんので、記載しておきます。

エンジンルーム内のダイアグノーシスコネクタまたは運転席足元のカバー部分にある丸型のコネクターのふたを開けて、次の3つの端子を(ふたに端子の配列が記載されています)見つけます。1)TC 2)AB 3)E1の3つで...続きを読む


人気Q&Aランキング