大人になって読書にはまっている者です。

大体読んでいるのはサスペンス、ミステリー、ハードボイルド系の作品です。

決して活字中毒というほど読み漁ってはいないので、そこまで詳しくはありません。どうかおすすめの作家、作品を教えていただけると助かります。

多くの人の意見をお待ちしております!
一般的な評価は別として個人的な意見で構いません!
下記の条件に当てはまるもののみでお願いします!

◎条件◎
(1)以下の作家以外でお願いします。(もう読んでいるので・・・)
 松本清張、大沢在昌、宮部みゆき、横山秀夫、真保裕一、東野圭吾、雫井脩介、垣根涼介
(2)短編ではないもの
(3)最近の作品ではないもの(2年前以上のもの)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

個人的に好きな作家です。


・麻野 涼「国籍不明」他
・石黒 耀「死都日本」他
・荻原 浩「ハードボイルド・エッグ」他
・川端 裕人「竜とわれらの時代」他
・北上 秋彦「種の終焉(おわり)」他
・笹本 稜平「太平洋の薔薇」他
・中嶋 博行「司法戦争」他
・井上 尚登「T.R.Y.」他
・香納 諒一「あの夏、風の街に消えた」他
・沢木 冬吾「愛こそすべて、と愚か者は言った」他
・日明 恩「それでも、警官は微笑う」他
・阿部 陽一「フェニックスの弔鐘」他
    • good
    • 0

誉田哲也さんの作品


「ジウ」シリーズ

野沢尚さんの作品
脚本家としても有名な著者ですが小説も・・・
「砦なきもの」「深紅」など
http://nozawahisashi.jp/works/index3.html
彼が亡くなったことが私の読書する本を減らしているのは確かです。
    • good
    • 1

 五條瑛さんの革命シリーズと鉱物シリーズ。


 革命シリーズの一巻目は「断鎖」で、十年計画で現在七巻まで出ています。、
 鉱物シリーズの一巻目は「プラチナ・ビーズ」で、こちらは続く「スリーアゲーツ」と短編集の「動物園で会いましょう」、そしていくつかのスピンオフ以外は出ていません。
 どちらも凄くお勧めです。鉱物の主人公は暗いため、革命シリーズのほうが読みやすいですが、ブラチナビーズを先に読んでいると「断鎖」でにやりとできるので根気があるのでしたらそういう読み方をなさるといいと思います。

 あと、ほかの方も薦めてらっしゃいましたが日明恩さんと今野敏さんはこのジャンルのわりには読みやすくて面白いです。
 高村薫さんは、恐ろしく硬派な文章なので慣れていないと難しいかもしれません。
    • good
    • 0

藤原伊織


『テロリストのパラソル』
『ひまわりの祝祭』
『てのひらの闇』
『シリウスの道』

奥田英朗
『最悪』
『邪魔』

何度も何度も、読みました♪
    • good
    • 0
    • good
    • 0

・今野敏


http://www.age.ne.jp/x/b-konno/
・平井和正
http://www.wolfguy.com/
・門田泰明
公式サイトなし
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでま

もともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでまずは短いショートショートから読んでみようと思っています。そこで、皆さんのオススメのショートショートの作家さんを教えて頂けると嬉しいです。また、面白いエッセイを書いている作者さんも合わせて教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういうのが好みなのでしょう?ファンタジー?SF?ミステリー?ホラー?
わからないので、私のオススメを下記にあげておきますので、参考にどうぞ☆

『小松左京ショートショート全集』(SF作家さんの作品)
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」
東野圭吾さんの「毒笑小説」
横山秀夫『臨場』(『半落ち』が有名な作家ですが短編の方が断然面白いです)

有名処で言えば、芥川龍之介も短編小説作家さんなので、『蜘蛛の糸』とか『羅生門』も良いと思いますが、いかがでしょう?

Q作家と作品名

ルポルタージュ的な作品だと思うんですが、

ある作家が、刑務所生活を体験したいがために、
駐車違反の罰金を敢えて払わずに労役刑を受ける。

というルポですが…
お心当たりのある方、いらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。
m(_ _)m

Aベストアンサー

No.1の方のリンクは
東直己「札幌刑務所4泊5日体験記」扶桑社文庫(現在は光文社文庫で再販)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334736941
ハードボイルド作家は考えた。「一度は刑務所というものに入ってみたいものだ……」。
 かくして、ちょっとした交通違反の反則金をテッテイ的に踏み倒し続けた著者は、念願の押しかけ入所を果たしたのであった―。
 入ってみてわかった、塀の中の不可思議なオドロキに満ちた実態とは? 読めば読むほどしみじみと可笑しい、傑作ドキュメンタリー! 解説・ダンカン

上記以外で
森史之助「労役でムショに行ってきた!」彩図社
http://www.saiz.co.jp/pages/bookisbn.php?isbn=978-4-88392-774-6
「労役」とはスピード違反や交通事故の罰金を払わない者を、刑務所などに留置し、罰金額に応じた労働を課す制度のこと。
元新聞記者の筆者は、埼玉県警に飲酒運転の罪で検挙され、25万の罰金を言い渡される。「25万払うくらいなら、労役で刑務所に入って、その実態を余すところなく観察してやろう」――そう考えた彼は、罰金を徹底的に踏み倒すことを決めた。
そして、晴れて(?)川越少年刑務所に留置された筆者を待っていたのは、お気楽ながらも辛い50日間だった……。

No.1の方のリンクは
東直己「札幌刑務所4泊5日体験記」扶桑社文庫(現在は光文社文庫で再販)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334736941
ハードボイルド作家は考えた。「一度は刑務所というものに入ってみたいものだ……」。
 かくして、ちょっとした交通違反の反則金をテッテイ的に踏み倒し続けた著者は、念願の押しかけ入所を果たしたのであった―。
 入ってみてわかった、塀の中の不可思議なオドロキに満ちた実態とは? 読めば読むほどしみじみと可笑しい、傑作ドキュメンタリー! 解説・ダンカ...続きを読む

Q新しい作家・作品に出会いたいです!

こんにちわ。20代、自宅休養中の者です。

いつも好きな作家を見つけたら、片っ端から作品を読むのですが、
最近は新しいお気に入りの作家さんに出会いません。
読んでみれば面白いのでしょうが、知る機会がないというか、
馴染みの作家以外の作品を買う勇気がないヘタレです(笑)

世の中、私が知らないだけで面白い作品は山ほどあるはずですよね。
なので『コレ読んでみたら?』って本があったら是非教えていただけないでしょうか?!

色んな作品を読む機会が出来たら嬉しいです。
ちなみに好きな作家は…
阿刀田高、村上春樹、村上竜、三浦綾子、五木寛之、
京極夏彦、恩田陸、奥田英朗、横溝正史、朱川湊人、
伊坂幸太郎、畠中恵、山岡荘八、ガサ・クリスティ、エドガー

などです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私もなかなか新しい作家さんを開拓できないタイプですので、質問者様の気持つが分かります。一応アンソロジー本を読んでみたり、直木賞作家や本屋大賞受賞作などを読んでみて、合う作家さんを見つけたりはしています。またはアンソロジー本なんかは沢山の作家さんが詰まっていますので、そこから開拓も出来ます。
http://www.hontai.jp/
http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/list1.htm
 似たような作風でといえば、畠中恵さんなら宮部みゆきさんの江戸モノはいかがですか?「堪忍箱」「あやし」「おそろし」などは少し悲しい感じのものですが、「霊験お初」シリーズは生き生きとした女の子が主人公です。もちろん現代の推理モノもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32107209
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31985178
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28313846
 また夢枕獏さんの「陰陽師」シリーズは「しゃばけ」のように不思議なものが沢山出てきますし、藤沢周平さんの市井に生きる江戸の人達を書いた「橋ものがたり」「時雨みち」などはいかがでしょうか?「親不幸長屋」などの時代劇アンソロジーものもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09446212
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31977779
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31890111
 京極夏彦さんのような感じなら藤木稟さんの朱雀十五シリーズはいかがでしょうか?「陀吉尼の紡ぐ糸」がシリーズ1作目なんですが、博学で毒舌な朱雀と主人公の男の人というところが京極堂シリーズと似ています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746894
 また不思議なモノが出てくるといえば梨木香歩さんの「家守綺譚」は普通にモノノケが出てきます。また「村田エフェンディ滞土録」は少し繋がっていますし、やはり不思議な感じの小説です。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31755265
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31875519
 朱川湊人さんのようなノスタルジックホラーは思いつかないんですが、宮本輝さんの「夢見通りの人々」とか「星々の悲しみ」とかがそんなイメージです。宮本さんの本は読みごたえがありますが、文章は読みやすいので他の上下巻でも割とサクサクと読めます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/05963098
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32099050
 奥田英朗さんのような伊良部医師のような破天荒な感じはなかなか思いつきませんが、中場利一さんの「岸和田少年愚連隊」シリーズはハチャメチャな感じがよく似ています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
 あとは角田光代さんの「対岸の彼女」や「ドララマチ」「マザコン」、浅田次郎さんの「天切り松闇がたり」シリーズや「プリズンホテル」、重松清さんの「カシオペアの丘で」「その日の前に」「青い鳥」などはいかがでしょうか?東野圭吾さんもお勧めです。

 長文失礼しました。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私もなかなか新しい作家さんを開拓できないタイプですので、質問者様の気持つが分かります。一応アンソロジー本を読んでみたり、直木賞作家や本屋大賞受賞作などを読んでみて、合う作家さんを見つけたりはしています。またはアンソロジー本なんかは沢山の作家さんが詰まっていますので、そこから開拓も出来ます。
http://www.hontai.jp/
http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/list1.htm
 似たような作風でといえば、畠中恵さんなら宮部みゆきさんの江戸モノはいかがですか?「堪忍箱」「あやし」...続きを読む

Q村上龍氏のような作品を書いている作家

読書歴が浅い者です。村上龍氏のような作風の作家を教えて下さい。
扱うテーマが、戦争、経済、援交、いじめ、ひきこもり、など、その時期の旬の話題を物語の設定に用いて、問題提起をしてきた作家は、他にはどんな方がおられるでしょうか?村上氏のように、作品が多数に渡る方であればありがたいですが、どなたでも構いません。教えていただきたいです。おすすめの作品名なども、教えていただけませんか?
ちなみに、他に私が最近読んだ作家としては、
村上春樹氏:ちょっと浮世離れしたSFっぽいストーリー
宮本輝氏:青春小説
などで、いずれも面白いのですが、人間ドラマが主題の作品が多くて、自分が求めるものとは微妙に異なりました。

Aベストアンサー

今晩は
いじめ問題などは重松清さんがよく小説にして書いてますよ。「ナイフ」だとか、「小さき者へ」だとか。「エイジ」は少年犯罪、「疾走」は援交問題などの様々な問題、「ビタミンF」は家族問題などを書いてますよ。
あとは、石田衣良さんが「池袋ウエストパーク」シリーズで現代にある様々な問題を、若者の目線から書いています。読みやすくてとても面白いですよ。
村上龍さんの作品は僕も何個か読みました。
「限りなく透明に近いブルー」は、麻薬問題を小説にしていてとても面白かったです。「69」も、1969年当時のことをありのままに書いてあって、村上龍さんの作品はどれも面白かったです。
面白そうな本があったら、良かったら読んでみてくださいね。

Qベテラン作家に対しての、編集者からの意見はどの程度作品に影響するのでしょうか?

ベテラン作家に名編集者あり、とはよく聞きますが…

ベテラン作家の定義は人によって異なると思いますので、
ここではわかりやすく、以下の様に設定させてください。

作家キャリア5年以上・芥川賞など大きな賞をいくつか受賞経験あり、
人気・知名度があり、作品を出せば文芸作品の売上上位にランクインする。賞の審査員の経験などもある。

例・桐野夏生さん、村上龍さん、山田詠美さんなど。

…のような作家が作品を書くにあたり、

質問1、どの程度、編集者の意見は作品に反映されるのでしょうか?
例えばマンガ家さんのネームのように、何度もボツになる・おおまかな設定や展開は編集者さんが考えることもある、などはベテランでもありえるのでしょうか? 

質問2、ベテラン・新米問わず、作家はデビュー後は出版社に依頼されて作品を書くのですか?それとも、作家の意志で書き、持ち込みのようにアピールし、原稿料交渉などで決まるのですか?
   
質問3、また、同じ出版社から出す本でも、作品ごとに担当は変わるのでしょうか?

なぜこんな質問をするかと言いますと、私は東野圭吾さんの作品をいくつか読んだのですが、内容はいいのにタイトルが良くないように
感じたからです。

「秘密」「手紙」「初恋」とシンプルと言えば聞こえはいいですが、使いまわされた言葉というか、もう少しひねったタイトルにしたらいいのに…と思ったのです。

「容疑者Xの献身」は素晴らしいタイトルだと思い、表紙の裏を見たら
元は「容疑者」というタイトルだったそうですが、出版にあたり改題したと書いてあり、直木賞を狙うにあたり出版社からの助言があったのかな、と思ったのです。
「容疑者」だったら手に取る人は減ったのではないでしょうか。

質問が多くなってしまい恐縮ですが、
わかる方、回答お待ちしています。

ベテラン作家に名編集者あり、とはよく聞きますが…

ベテラン作家の定義は人によって異なると思いますので、
ここではわかりやすく、以下の様に設定させてください。

作家キャリア5年以上・芥川賞など大きな賞をいくつか受賞経験あり、
人気・知名度があり、作品を出せば文芸作品の売上上位にランクインする。賞の審査員の経験などもある。

例・桐野夏生さん、村上龍さん、山田詠美さんなど。

…のような作家が作品を書くにあたり、

質問1、どの程度、編集者の意見は作品に反映されるのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

質問1…展開を編集者さんが考えるというか、変更を要求される
(流石に内容は考えません)

質問2…どちらもありうる
   
質問3…変わる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報