私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

「いらっしゃいますか」というのが正しいようですね。


受け答えとしては、「おります」がいいようです。

・CHAPTER 4 敬語・言葉遣いNG集その3/電話編|今さら聞けない敬語のマナー|日立ソリューションズ
http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/tashin …

A 回答 (11件中1~10件)

学校文法的に言えば、



敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html
    • good
    • 26
この回答へのお礼

「いらっしゃる」が本当の標準のようですね。
「おられる」は「おる」という謙譲語に「られる」をプラスして相手に敬意を払った言い方になっている…わざわざ一旦相手を下ろして(?)から持ち上げる。これって何だか、趣があって「粋」な感じがしますね(笑)。

 そう言えば、関西(というか神戸あたり)の人の会話は、お笑い系の性格ではない人でも、とてもウィットに富んでいるし、とくに年輩の男性は、ワンクッション置いて話す、というか間合いが絶妙な気がするんですよね。なんか、こう、表面の言葉ではなくその言葉の裏の裏を、瞬時に読みとってから返す、みたいな(笑)。
 「寡黙な(?)東北人」である私としては、そういうコミュニケーションがとても新鮮で、会話を楽しんでいるなぁ、と感じるんです。個人的には、そういう緊張感って大好きです!

「言葉は生き物」と言われるとおり、様々な文化背景があってその土地土地で出来ていくものだから「○+○=○」みたいな数学的な理屈だけでは到底収まりきれないものなんではないか、と感じました。

 でも、もちろんスタンダードなものはそれとして正しく覚えていきたいと思います。

ご回答、面白いサイトの紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 02:31

「いらっしゃいますか?」がどちらの方が聞かれても違和感なく入ってくると思います。

地域によっては、「おる(居る)」ということばが謙譲語ではないこともあるようです。その場合はおられますか、でも気にならないはずです。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_片山たけし

職業:ITコンサルタント

広告・マーケティングのプロとして、受注できる会社HP、人材が応募したくなる採用サイト、ホームページリース商法被害支援を行っています。立地、売れない、アルバイトや社員の応募が無い、といった悩みをネットとリアルの両面から解決します!!

詳しくはこちら

専門家

「おる」は「いる」の謙譲語なので、尊敬表現として使う「おられますか?」は文法的に間違いです。



ただ、地域によっては日常的に尊敬語として使うところもあります。

地域に関わらず、正しく使うなら「いらっしゃいますか?」が正しい敬語表現となります。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_瀧本博史

職業:転職アドバイザー

ベストアンサーを複数いただいているのでご安心ください。現在、年間約2000件の職業相談を行なっている現役のキャリアコンサルタントです。国家資格2級キャリアコンサルティング技能士(熟練者資格)をもち、国立大学の特任講師、ハローワーク職員、自治体の職業相談員、就職指導や職業訓練校講師などの業務に携わり、22年の実績があります。心の状態に不安が残る方には、産業カウンセラーと心理相談員の視点から「心の問題」もケアしてきました。学生の方へは「進学・就職・面接」指導と講演、公務員試験対策(筆記・面接・論文)を行なっています。

詳しくはこちら

専門家

ビジネスマナー講師、企業研修講師をしております。


その立場からご回答します。

「標準語の敬語表現、ビジネス表現を優先する」ということであれば、
「おられる」は間違った使い方です。

「おる」は「いる」の謙譲表現のため、相手の動作に用いることはしません。
「れる」、「られる」の尊敬表現に「おる」という謙譲表現をつけているという、間違った(意味がわからない)敬語表現になってしまっています。

つまり以下のとおりです。

×(誤)=「〇〇様は、おられますか」
〇(正)=「〇〇様は、いらっしゃいますか」


ただし、ご質問に記載いただいたとおりで、関西の方には、上記の話は違和感を覚えられる方々も多いはずです。

「おられる」という表現を、相手を敬うときに、使っていらっしゃる方々が多いためです。

よって、「地域性を大切にする」というマナーを優先するのであれば、
場所によっては、
「おられる」を相手に使うのも、失礼にならない可能性があります。


マナーとは、お互いがスムーズに過ごすための心得です。
そう考えると、
時と場合によって、正解は異なる、と覚えていた方が良いかもしれませんね。
    • good
    • 0

専門家紹介

中川裕美子

職業:研修講師

人材開発コンサルタント、研修講師、キャリアアドバイザー、ヒプノセラピスト、地域創生コンサルタント。有限会社SONORI 代表取締役。会社は東京都中央区銀座、自宅とHealingのSalonは、山梨県北杜市小淵沢の八ヶ岳エリア。都会と田舎の二地域活動を実践する移住・田舎暮らしアドバイザーとしても、活動をしています。

●有限会社SONORI HP
http://www.sonori.info

●就活支援「無敵に幸せ☆就活&キャリアデザイン」
https://career2016.amebaownd.com

●SONORI 中川裕美子 Blog
http://ameblo.jp/sonori-info

●地方創生・移住支援コンサルタント 中川裕美子
https://sonori2017.wordpress.com/

●SONORIの研修教材販売サイト
https://sonori.official.ec/

●講演・研修のご依頼 等
http://www.sonori.info/pages/1544620/otoiaawse

詳しくはこちら

専門家

現在の標準的な日本語としても、「いらっしゃる」「おられる」は共に尊敬語として認められています。


「おる」の起源など諸説ありますが、

「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で尊敬の言い方として用いられる。

というのが基本です。
国語辞典をごらんになって下さい。そのように解説されております。

では。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そうでしたか。もっと勉強します。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:34

京都ですが、私の場合は「○○さんはお見えになりますか?」ですねぇ。


やや親しい場合は「○○さん、いはりますか?」になります。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

「いはりますか?」とっても京都らしい言葉ですね。
因みに私の住む方言では、「出掛けた」を「出はった」と言います。どちらかというと年輩者しか言いませんが。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:32

こんにちわ



関西で「おられる」がよく使われるのは
「いる」ということを「おる」という
方言があるからじゃないでしょうか?
    • good
    • 11
この回答へのお礼

そうですね。向こうでは「おる」って言いますね。
やはり「おられる」って西の言葉なのかな。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:28

私だったらどちらも使わず「XXさんをお願いしたいのですが。

御在席でしょうか」と聞きます。

自分では一番失礼に当たらない聞き方だと思っています。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

「ご在籍」なるほど!
この言い回しも良いですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:26

一般的に言って,「おられる」というのは敬語としては間違っています。


「れる」「られる」という表現をつける「れる敬語」は比較的分かりやすい敬語ですが,「おられる」というのは,「おる」という謙譲語に「れる」という敬語表現をつけたものですから,敬語としては基本的に間違っています。
ただ今では多くの方が「おられる」という表現を正しい敬語と思い込んでいて耳障りに感じないということもあるようです。テレビなどのメディアからも頻繁に聞かれます。しかしながら,適切な敬語を使うことを心がけたいというお気持ちならば,「いらっしゃいますか」と言うのが望ましいのではないかと思います。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

やはり標準日本語としては「いらっしゃいますか?」が正しいのですね。
覚えておきます。
個人的には「おられますか?」は、響きがなんとなく趣深いような気がして、ちょっと捨てがたいんですけどね /(^_^;)
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 01:59

東海地方に住んでいる者です。


私の会社は全国に営業所がありますので
さまざまな地域の方とやり取りすることが多いの
ですが、一般的に「いらっしゃいますか?」の方が
全国的にみて正しい標準語だと思います。
ちなみに東海地方の人間は「見えますか?」
を多様しているようですが、九州なんかでは
あまり聞きません。もしかしたら方言なのかも
しれませんが・・・・
あまり適切な回答じゃなくて申し訳ありませんが
私もたまたま最近他県から、転居してきて
同じような疑問を持っていました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「見えますか?」ですか?
その方言もなかなか面白いですね!
地域によってもこのような普段使う言葉の中に、文化の違いが見えてきますよね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 01:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「いません」「いないです」の敬語はなんというのでしょうか

敬語の使い方で、正しいのかそれとも間違いかハッキリさせたいので、質問します。

A君がB君に言いました。
A君:「今日、C君は社内にいた?」
B君:「今日は出張でいらっしゃらないです。」
   または「今日は出張でいらっしゃいません。」

二人とも同じ会社です。


この、「いらっしゃらない」「いらっしゃいません」は敬語として正しいのでしょうか?
なんとなく変な日本語のような気がするのですが。
私はこの2つが正しい敬語ではない気がするので、
私の場合「いません」や「いないです」と言います。敬語ではないと思いますが、
間違った敬語を堂々と使うよりは恥をかかないと思いまして、この使い方をしています。
要するに、「いません」「いないです」の敬語はなんというのでしょうか。

また、私の質問の最後にありました。
「~のでしょうか」には、「?」はつけるのか、つけないのか、
よく迷います。
ビジネスではどうなのか教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー


A:B,Cより先輩
B:Cより後輩
Bの返答:~で不在でした。Cが上司の場合:~でご不在でした。

又、外部(お客様)からの問いかけでは
A,B,C,上司、部下関係なく、
「あいにく(だれそれ)は、~で不在です。宜しければご伝言を
うけたまわります」という返答がいいでしょう。
本屋で自費で買いなさい。千円くらいで売ってる。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報