私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

「いらっしゃいますか」というのが正しいようですね。


受け答えとしては、「おります」がいいようです。

・CHAPTER 4 敬語・言葉遣いNG集その3/電話編|今さら聞けない敬語のマナー|日立ソリューションズ
http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/tashin …

A 回答 (8件)

学校文法的に言えば、



敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html
    • good
    • 25
この回答へのお礼

「いらっしゃる」が本当の標準のようですね。
「おられる」は「おる」という謙譲語に「られる」をプラスして相手に敬意を払った言い方になっている…わざわざ一旦相手を下ろして(?)から持ち上げる。これって何だか、趣があって「粋」な感じがしますね(笑)。

 そう言えば、関西(というか神戸あたり)の人の会話は、お笑い系の性格ではない人でも、とてもウィットに富んでいるし、とくに年輩の男性は、ワンクッション置いて話す、というか間合いが絶妙な気がするんですよね。なんか、こう、表面の言葉ではなくその言葉の裏の裏を、瞬時に読みとってから返す、みたいな(笑)。
 「寡黙な(?)東北人」である私としては、そういうコミュニケーションがとても新鮮で、会話を楽しんでいるなぁ、と感じるんです。個人的には、そういう緊張感って大好きです!

「言葉は生き物」と言われるとおり、様々な文化背景があってその土地土地で出来ていくものだから「○+○=○」みたいな数学的な理屈だけでは到底収まりきれないものなんではないか、と感じました。

 でも、もちろんスタンダードなものはそれとして正しく覚えていきたいと思います。

ご回答、面白いサイトの紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 02:31

現在の標準的な日本語としても、「いらっしゃる」「おられる」は共に尊敬語として認められています。


「おる」の起源など諸説ありますが、

「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で尊敬の言い方として用いられる。

というのが基本です。
国語辞典をごらんになって下さい。そのように解説されております。

では。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そうでしたか。もっと勉強します。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:34

京都ですが、私の場合は「○○さんはお見えになりますか?」ですねぇ。


やや親しい場合は「○○さん、いはりますか?」になります。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

「いはりますか?」とっても京都らしい言葉ですね。
因みに私の住む方言では、「出掛けた」を「出はった」と言います。どちらかというと年輩者しか言いませんが。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:32

こんにちわ



関西で「おられる」がよく使われるのは
「いる」ということを「おる」という
方言があるからじゃないでしょうか?
    • good
    • 10
この回答へのお礼

そうですね。向こうでは「おる」って言いますね。
やはり「おられる」って西の言葉なのかな。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:28

私だったらどちらも使わず「XXさんをお願いしたいのですが。

御在席でしょうか」と聞きます。

自分では一番失礼に当たらない聞き方だと思っています。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

「ご在籍」なるほど!
この言い回しも良いですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/26 13:26

一般的に言って,「おられる」というのは敬語としては間違っています。


「れる」「られる」という表現をつける「れる敬語」は比較的分かりやすい敬語ですが,「おられる」というのは,「おる」という謙譲語に「れる」という敬語表現をつけたものですから,敬語としては基本的に間違っています。
ただ今では多くの方が「おられる」という表現を正しい敬語と思い込んでいて耳障りに感じないということもあるようです。テレビなどのメディアからも頻繁に聞かれます。しかしながら,適切な敬語を使うことを心がけたいというお気持ちならば,「いらっしゃいますか」と言うのが望ましいのではないかと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

やはり標準日本語としては「いらっしゃいますか?」が正しいのですね。
覚えておきます。
個人的には「おられますか?」は、響きがなんとなく趣深いような気がして、ちょっと捨てがたいんですけどね /(^_^;)
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 01:59

東海地方に住んでいる者です。


私の会社は全国に営業所がありますので
さまざまな地域の方とやり取りすることが多いの
ですが、一般的に「いらっしゃいますか?」の方が
全国的にみて正しい標準語だと思います。
ちなみに東海地方の人間は「見えますか?」
を多様しているようですが、九州なんかでは
あまり聞きません。もしかしたら方言なのかも
しれませんが・・・・
あまり適切な回答じゃなくて申し訳ありませんが
私もたまたま最近他県から、転居してきて
同じような疑問を持っていました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「見えますか?」ですか?
その方言もなかなか面白いですね!
地域によってもこのような普段使う言葉の中に、文化の違いが見えてきますよね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 01:55

質問者さんが感じていらっしゃったように、関西圏では「おられますか?」が使われているそうですが、それ以外の地域だと、「いらっしゃいますか?」の方をお使いになったほうが無難でしょう。



◆参考URL
↓の「発言」のところをクリックしてください。
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/btop.html

ことばのレシピ あははっ
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど! やはり「いらっしゃいますか?」が標準語としては正しいのですね! 
日本語は本当に表現が多様で、改めて日本人の価値観には深みがあると思いました。
興味深いサイト、教えて下さってありがとうございました。

お礼日時:2003/04/19 01:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Qお歳暮に○○をお送りしようと思いますというメールの返事

少しおつきあいのある年上の方(ご年配です)からメールがきまして
かいつまんで書くと

「お世話になっているのでお歳暮に○○をお送りしようと思っています。
苦手ではないですか?苦手なら他の好物を教えてください」

という内容のメールをいただきました。
苦手ではないですという文面が思い浮かばず困っています。
お力添えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

くるしゅうない? は冗談として、○○は大好物です。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「店内にいらっしゃるお客様にご案内いたします。当店の営業時間は朝10時00分からとなっております。開

「店内にいらっしゃるお客様にご案内いたします。当店の営業時間は朝10時00分からとなっております。開店まで今しばらく店頭にてお待ちくださいませ。」

文章のチェックをお願いいたします。
ショッピングモール内の店舗で、モールの出入り口は開いているが、当店は開店していないときに、お客様が間違えて店内に入ってしまった時に伝える文章です。
シャッターやカーテン等の侵入防止用のものはありません。

Aベストアンサー

文章としては「店頭」を「入り口にて」にするくらいでしょうか…。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/154103/meaning/m0u/

ただ、蛇足を承知で言えばこの文章を使う状況になる事自体が失敗だと思いますが。
(間違えて入ってしまうような状況を放置したままという意味で)

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q【接客の日本語】 いらっしゃいませ←必要 *客が入店したことを店員が認識しているか客が知るため 後ろ

【接客の日本語】

いらっしゃいませ←必要

*客が入店したことを店員が認識しているか客が知るため

後ろから失礼します←必要。

*いきなり無言で後ろに立たれるよりかはマシ。士気がゼロで幽霊みたいな店員がいるので驚かずに済むのでありがたい

○○ですね←必要

*頼んだ商品がちゃんと認識されているか双方の差異がないか確認は大事

客(はい)
かしこまりました←必要
少々お待ちください←必要か?

*かしこまりましたは必要。
!少々待つのはわかってるからとっとと作りたがれで1言は不要

後ろから失礼します←必要
○○です←必要

*注文した商品でない物を平気で持って来るので

失礼します←必要か?
(料理を置く)
失礼しました←必要か?

!後ろから失礼しますで注意するから○○ですでちゃんと商品合ってるか確認するので失礼します。失礼しましたの2言は不要では?

ありがとうございました←必要

*帰るのが認識されてないと悲しいので必要

いらっしゃいませ
後ろから失礼します
○○ですね
かしこまりました

後ろから失礼します
○○です
ありがとうございました

これで10言から7言にカット出来たので労働負荷が70%に削減出来た。

塵も積もれば山となる。

どう思いますか?

やっぱり接客のゴールデン台詞はこれが完璧なのだろうか?

接客

いらっしゃいませ

後ろから失礼します
○○ですね
(はい)
かしこまりました
少々お待ちください

後ろから失礼します
○○です
失礼します
(商品を置く)
失礼しました

ありがとうございました

【接客の日本語】

いらっしゃいませ←必要

*客が入店したことを店員が認識しているか客が知るため

後ろから失礼します←必要。

*いきなり無言で後ろに立たれるよりかはマシ。士気がゼロで幽霊みたいな店員がいるので驚かずに済むのでありがたい

○○ですね←必要

*頼んだ商品がちゃんと認識されているか双方の差異がないか確認は大事

客(はい)
かしこまりました←必要
少々お待ちください←必要か?

*かしこまりましたは必要。
!少々待つのはわかってるからとっとと作りたがれで1言は不要

後ろから失礼します←...続きを読む

Aベストアンサー

少なくとも、何の店なのかと扱う商材を特定してくれないと判断できない

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q課長に社内メール送るとき○○課長様ってつける?

課長に社内メールを送るときビジネスマナー的に文頭に書くのは「○○課長」であってますか?
それとも、○○課長様ってつけますか?
「○○課長へ」みたいに「へ」ってつけるのでしょうか?

Aベストアンサー

『◯◯課長』でよろしいかと思います。

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q職場の人たちがあまり話してくれなくなりました。

職場の人たちがあまり話してくれなくなりました。

Aベストアンサー

「職場」ということを意識するようになったからでは。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報