ドビッシーのピアノ曲のCDがほしいのですが、どのピアニストを選んだらいいのかわかりません。
ドビッシーなら「この人!」というようなおすすめのピアニストはいませんか?
因みに、私は女性演奏家アレルギーです。

A 回答 (3件)

私はドビッシーが好きで、自分でドビッシーを弾きもするのですが、サンソン フランソワ(故人)が一番良いと思います。

 (やはりフランスものはフランス人だと思います)

参考URLはフランソワによる名曲集、次は全集の一部です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G …

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G …

余談ですが、ピアニスト安川加寿子さんはドビッシーのピアノ曲の楽譜(多分全曲)を書かれており、最も弾き易い楽譜だと思います。女性演奏家アレルギーとおっしゃるので女性弁護の為(?)敢えて触れてみました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご自分でもお弾きになるんですね。
うらやましいです。私は弾けませんから。
早速フランソワのCDを探してみます。

因みに私が教わっていたピアノの先生は、自分の娘達には安川先生のところで、
ピアノを教わせていたそうです。(歳がバレるな)
私はメトードローズを三分の一やったくらいで、イヤになってやめてしまいました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/04/22 20:52

sacristainさん、こんにちは。


ドビュッシーのピアノ曲ですか...。

男性だったら、フランソワの演奏はとても素敵です。
たぶん、誰が聴いてもそれなりに高評価が得られる演奏ではないでしょうか。

しかし、sacristainさんが「女性演奏家アレルギー」であることを承知のうえで、それでもどうしてもおすすめしたいピアニストがいます。
それは、モニク・アース。女性ピアニストです。

私は、彼女の演奏に出会ってから、ドビュッシーがますます好きになりました。女性だから、という視点から入っていかずに、ぜひ一度彼女のCDを聴いてみてください。
私にとって彼女のドビュッシーピアノ全曲集は聖書のようなものです。ピアノ学習者の模範演奏としても最高だと思います。

参考URLに、私と同じくモニク・アースを気に入っていらっしゃる方のコメントが掲載されたページを挙げておきますので、ぜひ参考になさってください。

参考URL:http://kechikechiclassics.gooside.com/haas.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私が女性演奏家アレルギーになったのは、ピアノであれ、バイオリンであれ、下手だったり、私と波長の合わない
演奏家が偶然重なってしまったせいもあるかと思います。

ですから今回は、obepiyoさんのご意見を参考に、
思い切って、女性演奏家にもトライしてみたいと思います。
あえて女性演奏家のお勧め、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/25 17:10

前の人のサンソン・フランソワも捨てがたいですが、ベネディッティ・ミケランジェロやミシェル・ベロフ、古くはワルター・ギーゼキングもお勧めです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
是非売り場で視聴してみます。

お礼日時:2003/04/25 17:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノの先生を探しているのですが、どのように選んだらよいか・・・?

よろしくお願いします。

6歳の娘がピアノを習いたいというので、私が子どもの頃使っていたピアノの調律をし、さあ先生をどうしよう?という段階なのですが・・・。
近くにピアノを教えてくださるところが沢山ありすぎて、どのように選んだらいいか迷っております。
私自身8年くらい習ったところで、先生を変えたところ、全く弾き方がなっていなかったらしく、音の出し方ばかりで演奏をするどころではなくなり、つまらなくなりやめてしまったことがあり、最初の先生は重要なのではと思っております。
まだ小さいので厳しいだけではすぐ嫌になるでしょうし、でもせっかく
習うのなら、ピアノの音が大好きになってほしいのです。
将来演奏家になってほしいなどという希望は持っていませんが、音楽はピアノや歌など趣味としてもっていてほしいと思っています。

ピティナの先生紹介のページを見ましたが、指導賞を受賞した先生も近くにいらっしゃいました。
指導賞というのはどのように考えたらよいでしょうか?
幼児でも毎年コンクールに出るようにすすめる先生もいらっしゃるようですが、お金がかかるそうですね。
それから、指導年数というのはどうでしょうか?
最近は譜面を重視しない教え方だと聞いたこともありますが、昔と今とでは教本も教え方も違っているのでしょうか?
 
ピアノと歌を両方教えてくださる先生もいますか?
やはり別々に習うべきでしょうか?

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

6歳の娘がピアノを習いたいというので、私が子どもの頃使っていたピアノの調律をし、さあ先生をどうしよう?という段階なのですが・・・。
近くにピアノを教えてくださるところが沢山ありすぎて、どのように選んだらいいか迷っております。
私自身8年くらい習ったところで、先生を変えたところ、全く弾き方がなっていなかったらしく、音の出し方ばかりで演奏をするどころではなくなり、つまらなくなりやめてしまったことがあり、最初の先生は重要なのではと思っております。
まだ...続きを読む

Aベストアンサー

6歳というのはピアノを始めるのには良い年齢だと思います。弾くだけでなく、楽譜を読むことにも興味を示す年齢だからです。

特に初級者の指導にはベテラン教師をお勧めします。最低でも10年ほどの経験が欲しいところです。生徒がどのように成長して行くかと言うことを予測できるからです。

指導賞など、賞の有無は教師を評価する上で大切だと思います。

楽譜の読み方を重視するかどうかは考え方によります。が、楽譜の読み方は、国語に例えたら、本の読み方です。6歳になったら少しずつでも楽譜の読み方をきちんと教えなければ大変なことになります。この差は小学校を卒業するまでには明らかに出てしまいます。「楽譜が読めない」という理由でピアノを止めてしまった生徒を多く見ました。

お近くに先生が多いということは恵まれた環境であると思います。教育の一部としてのピアノレッスンだと思うのですね。大切なお子様の親として厳しくかつ徹底的に教師を評価するべきだと思います。実際にいろいろな先生にお会いして、ご自分で判断しなければいけません。そこで教師を探す手がかりとなることをいくつか。

学歴:音大や教育関係の大学のピアノ専攻卒業は最低条件。できれば「ピアノ教育学」履修が理想的。ピアノ科あるいはピアノ演奏科は、ピアノの教え方を習う学科ではありません。ピアノの教え方はピアノ教育学で学びます。

教育哲学: ポリシーをしっかり持った教師であること

経歴:初心者のレッスンの場合は最低でも10年の教師経験は欲しいところ

賞の有無:できれば何か欲しいところ

演奏:発表会で演奏できる先生。発表会のプログラムを見せてもらえば一目瞭然です。教師がお手本を示すのは当たり前。

事務:お金がかかわることですから、事務処理のきちんとできる方がよろしいです。

ルール:「約束事」を文書で提示できる方が理想

推薦状:第三者が書いた推薦状を提示できる方が理想

連絡: 病欠、時間の変更等、効率よく連絡ができるシステムであること

入会金: 無料が理想

発表会: 最低でも年に一度。年に2回やっている先生もいらっしゃいます。無料が理想ですが現実的に難しいようです。無料の先生もいらっしゃいますが。

実績: 発表会を覗いてみて生徒がどのような演奏をしているか聴いてみたら大体わかります。

人柄: これは非常に重要。否定的な発言を一言でも聞いたらアウト。

等、厳しいことを書きましたが、私の知っている限り上の条件を全て満たしている教師を知っています。根気よく探してみてはいかがでしょうか。

歌に関してはわかりません。

6歳というのはピアノを始めるのには良い年齢だと思います。弾くだけでなく、楽譜を読むことにも興味を示す年齢だからです。

特に初級者の指導にはベテラン教師をお勧めします。最低でも10年ほどの経験が欲しいところです。生徒がどのように成長して行くかと言うことを予測できるからです。

指導賞など、賞の有無は教師を評価する上で大切だと思います。

楽譜の読み方を重視するかどうかは考え方によります。が、楽譜の読み方は、国語に例えたら、本の読み方です。6歳になったら少しずつでも楽譜の読...続きを読む

Qピアノ演奏で、両手をつかっての演奏について。

ピアノを最近はじめました。片手だけで演奏するとうまく弾けるのですが
両手をつかうとなると、すごく難しいです。
しかも、片手のリズムともう一方のリズムが違ってて、
例えば左の手は、スローなデンポなのに、右は、けっこう
早いテンポだったりすると、早いテンポのリズムに左手がつられてしまい、うまくひけないんです。片手ずつ、練習して、キーを確認しなくてもひけるくらいに慣れても、どうも、両手になるとひけません。
なにかコツみたいなものがあれば伝授していただければ、
とても助かります。回答おねがします!

Aベストアンサー

気になったので、補足を。

No.1の方にはちょっと悪いのですが、

>私は楽譜に右手と左手の縦に線をひいて、どの音とどの音が一緒に弾くタイミングにあるのか、対応するのか、確認しています。

このやり方はそのときできるようになっても、のちのち不便だと思います。

なぜかというと、私の昔習っていたピアノの先生がそうしていたからです。音楽には何拍子というのがあるというのを知っていながら全然演奏するときは眼中になかったです。
当時はいいところまで進みましたが、ブランク後ピアノを弾こうと楽譜を見てみると、譜読みもできなくなってる上にリズムまで対応できずすぐ疲れてしまいました。

そこでネットで知り合った先生に(No.2のネタとは別人ですが)左右のタイミングあわせより拍子単位で動かすことを教わりました。そうしたら、どんな楽譜でもリズムで苦労することは少なくなりました。

ちなみに、
>これはよく右手で3連符、左手で八分音符といったような、

でしたら、右3回、左2回を1拍の中に詰め込む、、、のだそうです(笑)
難しいですね(笑)

参考になると幸いです。
失礼しました。

気になったので、補足を。

No.1の方にはちょっと悪いのですが、

>私は楽譜に右手と左手の縦に線をひいて、どの音とどの音が一緒に弾くタイミングにあるのか、対応するのか、確認しています。

このやり方はそのときできるようになっても、のちのち不便だと思います。

なぜかというと、私の昔習っていたピアノの先生がそうしていたからです。音楽には何拍子というのがあるというのを知っていながら全然演奏するときは眼中になかったです。
当時はいいところまで進みましたが、ブランク後ピアノを弾こ...続きを読む

Qハープでは演奏出来て、ピアノでは演奏不可なフレーズについて。

この前の質問でピアノには簡単で、ハープでは演奏不可なフレーズについてがよく分りましたが、
その逆、つまりハープでは演奏出来て、ピアノでは演奏不可なフレーズについて教えて下さいませんか?
出来れば実例についても教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、ハープ特有の奏法がそれほど追求されていない古典の曲なら、
ピアノでそのまま弾けないパッセージのある曲というのはほとんどないでしょう。

ハープで最も華やかな奏法はグリッサンドです。
ピアノにもグリッサンド奏法はありますが、白鍵だけか黒鍵だけに限ります。
片方の手で白鍵、もう片方の手で黒鍵というのも現代の曲にはありますが、
これはほとんど音響的、騒音的効果で、和音のアルペッジョや音階ではありません。

以前の回答で書いたように、ハープは1オクターブ内に7本の弦しかありません。
そのため、半音階が演奏できないという弱点はありますが、
逆に、ペダルで音高を変えられることから、
いろいろな調の音階に調律することができます。
グリッサンドは指1本でできるので、
変ホ長調の音階であろうと、嬰ト短調の音階であろうと、
ペダルでその音階に調律してしまえば、
指1本で最低音域から最高音域まで猛スピードでグリッサンドができます。
ピアノだと、ハ長調以外の音階のグリッサンドは不可能なので、
全部指で弾かなければならず、たとえ高度なテクニックを持っていたとしても、
ハープの最速のグリッサンドには追いつきません。

ひとつの例ですが、ベンジャミン・ブリテンという現代イギリスの作曲家に、
『キャロルの祭典』という合唱曲があります。
オリジナルはハープ伴奏ですが、ピアノで弾く場合の注意書きが入っています。
ハープが弾く各種音階のグリッサンドは、ピアノでは、
白鍵のみか黒鍵のみのグリッサンドで代用することになっています。
また、音階の速いグリッサンドは、音階ではなくアルペッジョで代用するようになっています。
Youtubeには、ピアノ伴奏のよい音源がないので比較しにくいのですが、
下の二つの動画で、変えてある箇所を一応挙げておきます。

ハープ伴奏版(28分18秒の個所から、ニ長調のグリッサンド)
https://www.youtube.com/watch?v=-IEuxKCB6o8

ピアノ伴奏版(4分2秒の個所から、白鍵、つまりハ長調のグリッサンドで代用、
曲の終わりは、グリッサンドの代わりにアルペッジョ)
https://www.youtube.com/watch?v=4cHHlSWYkU0

ハープのグリッサンドは、和音のアルペッジョとしてもよく使います。
ペダルの操作で隣同士の弦を同じ高さに調律することができるので、
1オクターブ内の音の種類を4つまで減らすことができ、
4音から成る和音のアルペッジョを高速でグリッサンドとして演奏できます。
こういう個所は、ピアノでもアルペッジョとして弾くことができるので、
ほぼハープの原曲通りに弾けるケースは多いですが、やはり音域とスピードには限界があります。
両手で上下にかき混ぜるようなハープのグリッサンドの効果は、ピアノでは再現不可能です。

添付画像に、もういくつかの例を楽譜で示します。
①~③は、現代アルゼンチンの作曲家、アルベルト・ヒナステラの有名な『ハープ協奏曲』から。
④は、ラヴェルの『序奏とアレグロ』。
⑤は、武満徹の『レイン・スペル』という曲のハープのパート。

①は、ハ長調以外の音階のグリッサンドである上に、広い音域で早く弾かれ、
さらに、右手と左手が途中で交差するので、ピアノでは演奏不可能です。
②は、ペダル・グリッサンドといって、弦をはじいた後にペダルを踏んで音を半音ずり上げる奏法。
③は、スペースの都合で切り取ってありますが、上段も下段もト音記号で、
つまりこれも、右手と左手が同じ音の塊を逆方向に瞬間的にグリッサンドしています。
工夫次第では、ピアノでも似た効果で弾くことは出来ますが、同じというわけにはいきません。
④は、一度に4つの音をグリッサンドしています。ピアノで弾くとしたら2音に減らさざるを得ず、
さらに音を少し抜いてアルペッジョのように書き換えないとピアノに適した音型になりません。
この曲には、ラヴェル自身による2台ピアノ用編曲がありますが、
このグリッサンドは1音だけです。もっとも、ピアノは音量があるので、
特に聞きおとりがするというわけではありません。
⑤はすでに特殊な例で、5本の弦を半音より狭い四分の一音高く、または低く調律しています。
ピアノでは、四分の一音変える調律はそう簡単ではありませんが、
ハープの場合は、奏者が自分ですぐに変えられます。
十二平均律とは違う音階になるので、非常に不思議な音響になります。

ヒナステラ ハープ協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=PLSj_MW8itA

ラヴェル 序奏とアレグロ(原曲)
https://www.youtube.com/watch?v=bBm1w8J63mg
ラヴェル 序奏とアレグロ(2台ピアノ)
https://www.youtube.com/watch?v=x4mXMkSlg-o

武満徹 レイン・スペル
https://www.youtube.com/watch?v=F_E2rKxg3NE

あとは、近代以降になって開発された特殊奏法がいろいろあります。
ハーモニックス奏法は、弦の長さの二分の一の場所に軽く触れながら弾くと
1オクターブ上の音が鳴るというもので、音色が変わります。
ピアノでも、ソフトペダルを使ってある程度音色に変化はつけられますが、
こういう効果にはなりません。
また、弦の中央ではなく、楽器本体に近いところで弦をはじくと、
金属的な固い音がでますし、指ではなく爪で弾く奏法もあれば、
撥のような固いものではじくこともできます。
楽器の銅を叩く打楽器的な効果を狙った奏法もあります。
ピアノでは、手の届く場所を叩いてもあまりいい音がしません。

下の曲は、ジャズ・ハープ奏者のデボラ・ヘンソン-コナント作曲の『バロック・フラメンコ』です。
爪を使ってはじくような奏法や、胴体に近いところで弾くことで、
ギターのような硬質な音を出しています。こういう音色の変化はピアノでは無理ですし、
和音をグリッサンドで急速に連打するのも無理です。
胴を叩く奏法も使われています。

https://www.youtube.com/watch?v=h1IPeddPJUk&list=PLjufxE8nqtjrLXVZWSSGRdQBah7MCRWYI&index=10

その他にも特殊な奏法があり、弦に固いものを当てておいて、
はじいた後にそれを動かして音高を変えることもできますし、
弦全体を手のひらで叩くこともできます。
現代の作曲家ほど、ハープの特性を最大限に生かした曲を書くので、
ピアノへの編曲は不可能に近くなります。

ハープの特殊奏法
https://www.youtube.com/watch?v=qM4JLalMDro

https://www.youtube.com/watch?v=tdjGheaEtqc

基本的に、ハープ特有の奏法がそれほど追求されていない古典の曲なら、
ピアノでそのまま弾けないパッセージのある曲というのはほとんどないでしょう。

ハープで最も華やかな奏法はグリッサンドです。
ピアノにもグリッサンド奏法はありますが、白鍵だけか黒鍵だけに限ります。
片方の手で白鍵、もう片方の手で黒鍵というのも現代の曲にはありますが、
これはほとんど音響的、騒音的効果で、和音のアルペッジョや音階ではありません。

以前の回答で書いたように、ハープは1オクターブ内に7本の弦しかありません...続きを読む

Qギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏

ギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏法にはどういう決まりがあって弾いてるのでしょうか?
例えばビードルズやオアシスの場合片方がコードを弾いてもう片方がアクセント?(どう言えばいいかわかりません)的なことを弾いてます。このアクセントの人はなにか決まりがあって音選びをしていうのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが同時に存在可能になります。
そのへんが感覚的にわかれば、歌にコーラスも付けられますし、どういう音で弾いていいのかもわかります。
ギターリストのアドリブ演奏などはまさにこれです、そのコードの中で即興で作曲し演奏するわけです。

コードが鳴っていると、出していい音が決まります、出していけない音を出すとオンチに聞こえます。
ためしにC-F-G7-C を1小説づつくらいジャランジャランを弾いて、声で「あ~う~」とでたらめにメロディをつけてみてください。
コードに合う音、合わない音がわかってきます。
いろんなメロディがあることもわかります。
また、それが、簡単な作曲方法にもなります。

もっともっと、たくさんの音楽を聴き、ギターをイヤになるほど弾いてみてください、感覚的にわかってきます。
もし、キマリ(理論)を勉強したい、と言うなら、そういう解説の本もたくさんありますし、ネットにも情報が多くあります。

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが...続きを読む

Q楽器演奏者の呼び方 ピアニスト・ギタリスト…など

パーティーの出席者紹介で、それぞれの人が演奏している楽器を書きたいんですが、書き方が分からないものがいくつかあります。教えて下さい。
ピアノはピアニスト、ギターはギタリスト、他にベーシスト、ドラマーのようにしたいのですが…。
分からないのは
・サックス
・クラリネット
・フルート
・トランペット…はトランペッター??
・ゴスペル
また、ジャンルによっても若干違いがあったりするのでしょうか?
例えばクラシックならサクソフォニスト(?)だけど、ジャズならサックスプレーヤーがいいとか…。
できればピアニスト・ギタリストのような書き方にそろえたいと思っています。
変な質問ですみません。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ピアニストもギタリストも、英語でそれぞれの楽器の奏者を表す呼び方ですので、和英・英和辞典などを利用して調べてみると良いと思いますよ。

サックス→Saxophonist (サクソフォニスト)
クラリネット→Clarinetist (クラリネッティスト)
フルート→Flutist (フルーティスト)
トランペット→Trumpeter (トランペッター)

今ネット上でざっと調べた限りでは、英語の辞典に以上のような呼び方が載っていました。
あと、ゴスペルに関しては音楽のジャンルなどになり、楽器ではないので、パートにもよりますが、ソロをはるような方であればGospel Singer(ゴスペルシンガー)など、コーラス隊であればChorister(コリスター:ゴスペルなどのコーラス隊のことをChoir(クワイア)といい、その構成員という意味)などになるでしょうか。 そのあたりを参考にしてみるのが良いように思います。

参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報